あかいくらし

2016-03-04

3月/DiRT Rally簡易攻略メモ



車体が無事なら誤差です誤差。



DiRT Rally簡易攻略メモ(ただしパッド操作の)

・まずは操作設定から。サイドブレーキとシフトの配置は特に重要なので要検討。お薦めはX,BにシフトでAにサイドブレーキを。サイドブレーキターンの一連の流れ、減速と同時にギアダウン、サイドブレーキ、加速してからのギアアップまでの操作がスムーズになるぞ。十字にはライトやシートの位置調整、ワイパーはワイだけにY等。左スティックのボタンには何も割り当てないのが無難。
ステアリングの感度はレスポンスに直結するので100に。直進性は思い切って0へ。デッドゾーンはパッドの具合によりけりで0〜10%程。シビア過ぎるときは感度90、直進性10がおすすめ。

・アシスト設定。ABS等の補正は挙動が不自然になるので全て切ってしまおう。外部カメラは…このDiRT Rallyは車内と車外でエンジン音や環境音の響きが全く異なる等、徹底的にSEに拘ったゲームなので、そういう意味でも外部カメラを切ってしまうのは勿体無いぞ。という訳で音に。オンに。
・HUDはお好みで。タイム表示で気が散る&視界が悪いと感じたらオフに。ペースノートのアイコン表示も走行中に注視してしまい状況把握がおざなりになるので、一通り覚えたら切ってしまおう。覚えられなくても切ってしまおう。エンジンの回転数は耳で、ギアは経験と体で覚えてしまえばメーターが無くても何とかなるような気もしたけど気のせいでした。こればかりは表示しましょう。

・ゲームプレイ設定。コドラの指示タイミングは慣れない内は遅めに。カメラの視野はお好みで。自分は0.6に設定。そして重要なのがカメラ揺れの項目。これは0%にして補正を切ってしまおう。何故かと言うと、路面の状態や車の挙動を視覚的に捉えるため。荷重の方向と傾き、跳ねているのか安定しているのか、はたまた滑っているのかを把握しやすくなります。

・サウンド設定。廉価品のステレオ・スピーカー使用時はダイナミックレンジを低に。コドラの音声が妙に小さい場合はドライバ側の設定の見直しを。例として、Realtek HDの場合はフルレンジ・スピーカーとスピーカーフィルのチェックをオフに。


テクニック等

・DiRT RALLYにおいて最も大切なペースノート解説はこちらのブログに。【DiRT Rally】ペースノートの意味 - 暇人雑記 全て覚えましょう。
・使用頻度が高いのは・・・アクセルと同時にブレーキを踏んで速度と姿勢を制御する左足ブレーキ、コーナー突入時にサイドブレーキを引くサイドブレーキターン、コーナー途中でアクセルを全快にするパワードリフト、コーナー手前でハンドルをコーナーとは逆に切ってから曲がるスカンジナビアンフリック(フェイントモーションとも)。名前だけでも覚えておこう。
・コースは要所要所の危険地帯だけ覚えておき、残りはナビに任せに走ると楽。ウェールズの二連続水溜りや材木置き場付近のゲート、ドイツだと戦闘機周辺、モンテカルロの凍結路面での連続ヘアピンなど。
・転んでも泣かない。1回2回のスピン程度なら誤差の範囲なので、気を取り直して走り切るのが実時間と集中力的に正解。
チューニングは最高難易度の1位やオンラインの上位を目指さない限り初期値でOK。
・特にギア比の設定がタイムに影響を与えるとのもっぱらの話。短くすると加速性、長くすると最高速度が上昇。最適なギア比の求め方は・・・走行中トップギアの最高速度へ全く届かないなら短く、すぐ頭打ちするようなら長く変更。短か過ぎると頻繁にギアチェンジをする羽目になり、却って回転数を失いタイムが伸びる気も。この辺、正直良くわからないです。迷ったら中間に設定するのが按配かと。
・妙に事故が多発するときはチューニング戻し忘れていないかをチェック。グラベル設定のままターマックを走っていたり、その逆の可能性あり。自分で弄ったりワークショップの設定を適応しているとよくあるミスです。

雑多な項目

・Career/Championships選択画面よりXボタンでChampionship Detailsを表示させ、次にLBを押すと進行中の全イベントをリタイアすることができます。その際、難易度が1段階低下します。
・修理クルーは予算をケチらず腕利きの中から選ぶこと。お薦めはN.Puente C.Rinuccini N.Okazawara R.Altmanの4人。
・クルーチーフのレベルは最終的に6まで上がります。目安としては、60年代から一通りのクラスを走り10年代の最高難易度を3回走り終える頃には到達できるかと。
・低難易度で1位を取るよりも高難易度で入賞付近を狙う方が効率よく稼げるので、臆さず上位にチャレンジしましょう。オンは報酬低めなので腕試し程度に。
・プレイ中頻繁にデスクトップに戻される場合は実行ファイル.exeの詳細設定からデスクトップコンポジションを無効に。
・言語設定をフランスにするとナビが女性に。何時もとは違うラリーをしたい時にどうぞ。

各時代ごとの特徴及び車両解説

60年代】この時代ならミニ・クーパー、ご存知英国の大衆車を。軽さを活かした軽快な走りが特徴で、馬力こそ心許ないものの癖のないハンドリングで扱いやすいぞ。そして何よりデザインが可愛い。V1.1で追加されたAlpine A110は70年代のマシンに喰らいつける程に高性能で操作性も抜群。初心者救済用?
【70年代】後輪駆動の全盛期。ここから一気に操作が難しくなるぞ。慎重にアクセルを吹かしながら確実にコーナーを曲がること。70年代の筆頭は間違いなくLancia Stratosだ!ただ、こいつは無事故で走り切っただけでベテランの仲間入り出来る相当なじゃじゃ馬なので、後輪駆動に慣れるまでは置いておくのが無難。決して性能が悪いわけではなく、ピーキー過ぎるハンドリングや視認性の良いコックピット、軽快なエンジン音は一度味わうと病みつきになるぞ。対照的に扱いやすいのはKadett GT/E 16vか。
【80年代】70年代からの順当進化、ここからターボチャージャー付のマシンが登場。V1.1で追加されたRenault 5 Turboは良好な安定性と引き換えに、少しでも速度を乗せると途端曲がり辛くなるのが特徴。コーナー直前でサイドブレーキを噛ませて滑らせるように走ると◯。ドリフト練習に最適。
【グループB】狂気の時代の幕開けと共に4WDの解禁だ!個性的な1トン500馬力の化物を操り糞狭い森の中や雪原を時速150kmの超スピードで駆け抜けろ!僅かな段差で文字通りお空を跳んでると脳みそがとろけそう死ぬ廃人になるぞ。ここではAudi Sport Quattro Rallyが扱いやすい。205 T16 Evo2はエンジンの回転特性が独特で、出だしこそ遅いものの5k/rpmを超えてから一気にレッドゾーンへ突入するロケットのような加速性が特徴。回転数とギアの管理を一瞬でも怠ると即エンストする癖の強いマシンで玄人向け。Delta S4は操作性こそシビアなものの、全体的に性能の良いバランス型。グループB全体にも言えることですが、馬力の割に車重が軽いせいで、僅かな傾斜でバランスを崩し、簡単に明後日の方向に吹き飛びます。タイヤの接地を意識しながら走りましょう。
【グループB(RWD)】狂気の時代+後輪駆動=制御不能、乗りこなせないです。Manta 400が比較的扱いやすい様子。
【グループA】 グループBから馬力を削いでブレーキとハンドリングを向上させた優等生。ここから操作性が大きく上昇、個性は低下。Impreza 1995が安定した性能でお薦め。Escort RS Cosworthは特徴の7即ギアを今一つ活かせていない感あり。
【F2キットカー】現代的な前輪駆動車でのラリー。ハンドリングの癖が強い。地味。
【R4】WRCの下位カテゴリで、登場車種はImpreza WRX STI 2011とLancer Evolution Xの2台。お好きな方をどうぞ。自分はインプ派です。
【00年代】グループAの正統進化。この辺りに来ると車種間の性能差を実感し難いので、好みで選んでもOK。
10年代】現行WRCマシン。300馬力級では頭1つ優れた加速性と、悪路・雪道をもろともしない抜群の安定性が売り。高性能故か修理時間が馬鹿にならないので事故には注意。
【ラリークロス】他車と併走する普通のレース。上記のラリーとは違ったテクを要求されるので自分は苦手。1人で黙々と走るのが好きなのさ。
【ヒルクライム】600〜900馬力級のモンスターマシンでパイクスピーク山のふもとから頂点を目指す競技。超ストイック。

気が向いたら追記。ところで自分の腕前ですが、挙動アシストなし・外部カメラ(ボンネット視点)とリトライあり・最高難易度の組み合わせでグループB総合1位、00年代の総合2位、10年代だと総合3位に入賞しました。外部カメラとリトライを無視すれば少しだけ誇れる記録です。

最終更新:18年4月

0304
メモ:Star Wars Galactic Battlegrounds Saga Steam版を今から遊ぶ。

ギャラクティック・バトルグラウンドスターウォーズの世界を舞台としたクラシックRTSです。
最近配信されたSteam版は近年のOSで動かすと不具合が出るので、その解決方法と一部日本語化の方法を。
1,このフォーラムの修正ファイルをDL&インストール
2,ここの日本語体験版をDL&インストール
3,インストールした体験版のフォルダ、Star Wars Galactic Battlegrounds Trial\Gameからlanguage.dllをコピー。
4,Steam版のインストールフォルダ、STAR WARS - Galactic Battlegrounds Saga\Gameに体験版のlanguage.dllをペースト。

ランチャーのStart Gameで本体のみ起動、Clone Campaignsを選択後にWide Screenで画面のワイド化、Start Gameで拡張パック込で起動します。拡張パック分のストーリー・ユニット解説・技術ツリー等は未翻訳ですが、本体のみのプレイと割り切れば概ね遊べます。

2016-01-12

1月/2月


0214
f:id:kijinsan:20160225174503p:image:w400
いらない。

0213
f:id:kijinsan:20160213194034p:image:w360

0212
古い洋ゲーの怪しいジパング観を紹介するサイト。後世に残るべき遺産。

0210
f:id:kijinsan:20160210012005p:image:w360

0209
メモ:Star Wars Jedi Knight Dark Forces II steam版を今から遊ぶ

ジェダイナイト/ダークフォース2は、スターウォーズの世界を舞台にしたクラシックFPSです。グラフィックがVoodoo最適化されているためか最近のPCでは高確率で不具合が出るので、その回避方法とStam版では削除されたBGMの復活方法を。ちなみにGOG版はBGMノーカットのようです。
1,ここのフォーラムのリンク先からMusic Restoration Patchをダウンロード&導入。
2,ここのフォーラムのリンク先から修正ファイルをダウンロードJK.EXE以外を導入。.EXEを上書きするとゲーム後半のムービーが再生されなくなる様子。
3,起動設定またはショートカットのリンク先に『-windowGUI -displayconfig』を追加するとウインドウモード及び上級グラフィック設定が開放されます。ただしウインドウモードはバグ多め。その他の設定はここのWikiが参考になります。

ゲームの内容について。非常に、非常にクラシックな名作です。傭兵であるカイル・カターン父親の死の真相を求める内に、隠されていたライトセーバーを見つけ出してジェダイへの道を歩み出す…という、旧三部作を追体験させるような物語が、実写とCGで作られたカットシーンを織り交ぜながら進行します。映画に忠実なBGMとSE、開放的なフィールドに作りこまれたマップ構造が素晴らしく、今遊んでも十分に楽しめるでしょう。難点は戦闘面でのシビアなバランスと、いつ落ちるともしれない不安定なプログラムです。幸いにして制限のないクイックセーブが行えるため、トライ・エラー・プログラムエラーの繰り返しでフォースとともにあらんことを。

0112
握力を鍛え始めました。夏までにリンゴを潰せる65kg超えを目指します。

2014-12-30

realMyst Masterpiece Edition

f:id:kijinsan:20141230145320j:image:w600

realMyst Masterpiece Edition

ポイントクリック型ADVの名作、MYSTの3Dリメイク作realMystの再リメイク作。realMystは10年ほど前にノーヒントでクリア済(ちょっとした自慢)


物語

f:id:kijinsan:20141230145319j:image:w600

暗闇の中、あなたは表紙に『MYST』と書かれた一冊の本を見つけ手に取ります。
その本のページには見たことがない孤島が描かれており、見つめていると・・・なんと、絵が動き出したではありませんか!
とたん、あなたは体が吸い込まれるような感覚に襲われ、ふと気が付くと本に描かれた孤島、ミスト島に降り立っていました。

f:id:kijinsan:20141230150152j:image:w600

あなたはこの無人の、そして閉ざされた孤島を探索している内に図書室を訪れ、赤と青の二冊の本を見つけます。
それぞれの本の中にはアクナー、そしてシーラスという名の二人の兄弟が、何者かに閉じ込められていました。
彼らが言うには、青(赤)の本に閉じ込められたのは、自分のせいではなく兄(弟)が犯した悪逆が原因とのこと。
混乱するあなたに対し兄弟たちは、自分に協力するのならば、このミスト島から脱出する方法を教えると言います。

f:id:kijinsan:20141230150154j:image:w600

互いに責任をなすりつけ合う兄弟から、あなたに言い渡された脱出の条件とは・・・。


システム

謎解きはMystから、基本的なシステム回りははrealMystと変わらず。
クラシックなポイントクリック型のアドベンチャーです。


操作性

f:id:kijinsan:20141230152519j:image:w600

クラシック操作時は初代Mystと同じくクリックで移動するのですが、視点の移動があまり練られておらず、急に方向転換したかと思えば横や後ろにスライドしたりと少し不自然。段差を乗り越えるときにはカメラが素早く揺れるため少し酔います。
この操作時のみShiftキーで初代Mystのイメージを表示させることが可能。

自由視点操作は一般的なFPSと同じ。マウスカーソルを画面端に動かさないと視点が動かない仕様のため快適とは言えないです。
ちなみにrealMystやMyst Vではマウスを動かす→同時に視点が動くといった、ごく自然な操作感でした。


グラフィック

f:id:kijinsan:20141230155437j:image:w600

今で言う写実的なCGとは違い、時代を感じさせる作りですが、十分に美しいです。
多少の差異はあるものの、Mystの再現という点では素晴らしい出来栄えです。

f:id:kijinsan:20141230155340j:image:w600

最低設定にすると、いかにもな味のあるCGくささを醸しだして良いです。

f:id:kijinsan:20141230160136j:image:w600

ミスト島や一部のステージでは時間の経過より夕方から夜、そして朝へと移り変わります。

f:id:kijinsan:20141230160354j:image:w300 f:id:kijinsan:20141230160352j:image:w300

夜になると周囲が闇に包まれ暗くなり、探索が困難に。MEで新たに追加された懐中電灯はFキーで点灯/消灯を切り替えられます。
realMystでも時間の変化はありましたが、飽くまで演出であり、やや暗くなる程度に抑えていたので視界は常に確保されていました。これをゲームに支障をきたすまで暗くしたのは正直疑問です。

写真や絵等、一部のテクスチャはrealMystから流用されているため、近くで見ると粗さが気になります。


各時代

f:id:kijinsan:20141230155440j:image:w600

メカニックの時代。言うことなし。この場所の再現性は非常に高いです。

f:id:kijinsan:20141230174107j:image:w300 f:id:kijinsan:20141230174108j:image:w300

陰鬱なストーンシップ時代。とにかく黒いです。暗いを通り越して黒いです。

f:id:kijinsan:20141230174105j:image:w600

セレーネの時代はシアンを基調とした透明感のあるイメージでしたが、全体的に赤みがかった色合いに。記憶との乖離が激しく、納得出来ないです。あと不自然に霧が濃い。

f:id:kijinsan:20141230160138j:image:w600

チャネルウッドの時代。自分はこの時代が1番のお気に入り。
自然に溢れる幻想的な風景の中で響き渡る、カエルの鳴き声と水の流れる音、鳥の鳴き声と木の軋む音。どれを取っても心地よいです


BGM/SE

変わらず。印象的な音楽はいつまでも耳に残ります。
夜間でも鳥が囀るのがやや気になるくらいでした。


総評


完成度の高いゲーム性は変わらず
realMystを洗練させたグラフィック
初代Mystとの画像比較機能

×
不自然な操作性
違和感のあるカメラワーク
一部テクスチャの粗さ
色調の変更
暗い
懐中電灯


元が名作なので特別に酷いというわけではないのですが、折角のリメイクにも関わらず今一歩といった所。
とはいえ、移植ばかりでシリーズの音沙汰がなかった中、こういった形で再びMYSTが世に出されることは素直に嬉しいです。

近々配信されるアップデートでグラフィックとシステムの改良が施されるとのことなので、期待しながら待っています。

f:id:kijinsan:20141229142911j:image:w600

2014-12-23

レッドクリークバレーへ

f:id:kijinsan:20141222023844j:image:w800

The Vanishing of Ethan Carterより

きれい

f:id:kijinsan:20141222040202j:image:w800

Lr5でちょっと弄る

f:id:kijinsan:20141222040203j:image:w400 f:id:kijinsan:20141223144505j:image:w400

うん

f:id:kijinsan:20141223144503j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223145249j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223150126j:image:w400 f:id:kijinsan:20141223150124j:image:w400

?

f:id:kijinsan:20141223145212j:image:w800

7:04

f:id:kijinsan:20141225194245j:image:w400 f:id:kijinsan:20141225194243j:image:w400

f:id:kijinsan:20141225172520j:image:w800

f:id:kijinsan:20141225172519j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223151131j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223151124j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223151130j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223151128j:image:w400 f:id:kijinsan:20141223151127j:image:w400

f:id:kijinsan:20141223160614j:image:w800

7:00

f:id:kijinsan:20141223160847j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223161213j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223161212j:image:w400 f:id:kijinsan:20141223172046j:image:w400

f:id:kijinsan:20141223174108j:image:w800

f:id:kijinsan:20141223174726j:image:w800