Hatena::ブログ(Diary)

日日平安

2017-01-07 漫画:岩本ナオ「金の国 水の国」/西炯子「姉の結婚」

結婚にまつわる2つの物語。


岩本ナオ「金の国 水の国」

おとぎ話のような可愛らしい物語で癒される。

ハイライトは結婚相手をどのように選ぶか尋ねられたB国の若者が答えるシーン。心を打たれるいいシーンだと思う。でもそれは難しい、と思ってしまう人もいるのでは。

とりあえず、この物語のヒロイン・サーラのように、いつも機嫌良くニコニコしてくれる人がいいのではないかと。この話の最後に、残ったビスケットをサーラが遠慮なくいただいてしまうところが好きだ。

軽やかに、染み込んでくる優しいマンガでした。おすすめ。

ストーリーと絵のバランスが絶妙。他の作品も読んでみたいです。



西炯子「姉の結婚」

対して、こちらはすげー重い(笑)。

地味かっこい美女・ヨリさんとクレバーな変態イケメン医師・真木のアラフォー不倫物語(なんだこれ)。

姉の結婚(8) (フラワーコミックスα)

姉の結婚(8) (フラワーコミックスα)

あらすじだけ書けば本当にうんざりする内容なのだが、そこは西炯子。読ませるなあと思う。リアルな部分をアンリアルな筆致で描くので、ついつい引き込まれてしまう。

妻帯者から好きと言われることは、やはり傷つくことなのだが、男の方はその辺よくわかっていないというのもリアルだと思う。真木は一途でクレバーな性格にも関わらず、中盤まで何がヨリを傷つけているのか気づいていないようだった。ヨリの方も自分を選べと言えないことで、自分で自分を傷つけている。

少し考えてしまうのは、ヨリのように結婚とか家族に幸せなイメージを持てない人が、じゃあ一体何を拠り所にすればいいのかと言えば、彼女の出した結論のよりに、もう愛しかない、と。前向きな意味ではなく、悲壮感漂う彼女の想いは、なんかわかる。そしてそれは確かに打ちのめされるな、と。ある種の人間にとって、愛されることも愛することも途方もなく難しいことなのだ。

でもヨリは、良くも悪くも弱い人だから、依存対象がそこにあれば結構うまくやれるのではないかと思った。マンガとはいえ、流されっぷりが凄まじくて最終的には少し引いた・・・。

2017-01-01 あけましておめでとうございます

今年はこっそり復活予定です。

ぼうっとしていると時間ばかり過ぎてしまうので、インプット計画を立ててみました。

毎月本2冊、映画2本、展覧会1回を目安にしようかと。

そんな感じでゆるゆると、よろしくお願いします。

2013-01-12

2012年に読んだ本

あけましておめでとうございます。

読書メーカーさんが記録しておいてくれたので、コピペ。

読書メーカーさんの名前を思い出せずに、ブクログへ行って、ちょっと見ない間にずいぶん変わってしまったなあと思ったのは内緒です。

この他に、ミレニアムシリーズと獣の奏者の後編2冊は購入して読みました。あとは青空文庫で短いものをいろいろ。iphoneだと200ページぐらいが限界で、芥川の『河童』は挫折しました。

2012年の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:3882ページ
ナイス:20ナイス
感想・レビュー:0件
月間平均冊数:0.9冊
月間平均ページ:324ページ

東海道四谷怪談 (岩波文庫 黄 213-1)東海道四谷怪談 (岩波文庫 黄 213-1)
読了日:5月17日 著者:鶴屋 南北,河竹 繁俊
雪の練習生雪の練習生
読了日:4月28日 著者:多和田 葉子
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
読了日:4月21日 著者:伊藤 計劃
黄金の王 白銀の王 (角川文庫)黄金の王 白銀の王 (角川文庫)
読了日:3月28日 著者:沢村 凜
政府は必ず嘘をつく  アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること  角川SSC新書政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書
読了日:3月28日 著者:堤 未果
百鬼夜行抄12 (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄12 (ソノラマコミック文庫)
読了日:3月25日 著者:今 市子
ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
読了日:3月25日 著者:J.D.サリンジャー
高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫)高野聖・眉かくしの霊 (岩波文庫)
読了日:3月18日 著者:泉 鏡花
嵐が丘―改訳 (角川文庫)嵐が丘―改訳 (角川文庫)
読了日:2月29日 著者:E.ブロンテ
李嗣源(下) (朝日文庫)李嗣源(下) (朝日文庫)
読了日:1月24日 著者:仁木英之
李嗣源(上) (朝日文庫)李嗣源(上) (朝日文庫)
読了日:1月24日 著者:仁木英之

2012年に読んだ本まとめ
読書メーター