ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

きこりの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005/08/10 (水) マッサージ中毒

[] おかしな郵政解散擁護論

先日も述べた通り、ここ最近になるまで小泉支持者が積極的に「郵政民営化」問題について発言しているのを聞いた事はありませんでした。が、あの解散が決まった途端、「小さな政府」「公務員削減」を声高に主張し始めてます。

◆Irregular Expression「やはりマスコミがひた隠しにする郵政解散の理由と争点」

(http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200508091144.html)

 

「郵政解散-小泉総理記者会見全文(2005/8/8)」

私は今、国会で、郵政民営化必要無いという結論出されましたけれども、もう一度国民に聞いてみたいと思います。「本当に郵便局の仕事は国家公務員じゃなきゃ出来ないのか?」と、「民間人ではやっちゃいけないのか?」と。

 

これが出来ないでどんな公務員削減が出来るのでしょうか?

どういう行政改革出来るんでしょうか?

 

これが出来なくて「もっと大事な事が有る」、もっとも大事な事、公務員の特権を守ろうとしてるんじゃないですか?国家公務員の身分を守ろうとしてるんじゃないですか?反対勢力は?!

んで、

今回の解散の理由、選挙の争点は全てこれに集約される。そしてこれを補完するのが、コメント欄でも紹介してあった、自民党中川秀直国対委員長の↓この発言

「歳入が40兆円しかないのに支出が80兆円もある。こんな事で国が持つ訳が無い。80兆のうち40兆は公務員の給料。それを削るには公務員を減らすしかない。だから経営が優良な郵政からやる。これが出来なきゃ公務員なんか減らせるわけ無い。日本は持たない」

もし周りに「郵政民営化?良く分かんな〜い」とか言ってる人にはこの二つの発言だけでもプリントアウトして見せりゃいい。この考え方に賛同する人は自民党を応援すればいいし、反対する人即ち「大きな政府、官主導で結構、役人天国もやむを得ない」という人は民主党自民党から公認を与えられなかった守旧派に投票すればいい。

何と言うか、こんな出来の悪いプロパガンダにコロッと「おかげで良く分かっちゃった〜♪」なんて騙される人に投票されても困るんですが。

 

そのエントリーに(id:drmccoy:20050809#p4)さんがツッコミを入れてます。

この太字部分がおかしい。何のために公務員を減らすかというと、支出が80兆円の半分を占める公務員の給料を減らすためだと言う。ところが、郵便局は黒字経営なので、郵便局の職員の給料を含めてそれでまかなわれている。郵政事業に税金は投入していないのである。従って、民営化しても一切歳出の削減にはならない。

 

郵政を民営化すればたしかに公務員の数を減らすという見た目の目標は達成できるが、国家財政から人件費を削減するという点では何の貢献もないので、この点は要注意。逆に、公務員の数だけは減るから、何か改革がなされたかのような錯覚をおこす事になり、逆効果だと思う。

ご指摘の通り郵便事業は黒字であり、税金も投入されておらず、中山議員自身が述べてるように経営は優良である。なのに、その優良な所を民営化すると言う。

 

ちょっと待て。

 

そもそも、かつての国鉄のように赤字体質の組織を改め、スリム化してその体質から脱却する為に、民営化が必要だと言うのなら分かる。しかし“黒字だからこそ、まずそこから構造改革、リストラを始めるきっかけ”にされるんじゃ、頑張っている(実際どうかは別として)役人はたまったもんじゃない。id:drmccoyさんがコメント欄で言うように、

おっしゃる通り論点が違いますね。論点を変えているのはgoriさんの書き方であって、それを指摘したつもりでした。「黒字の事業すら民営化できないようでは赤字の部分はもっとできない」この論理はおかしくないでしょうか?では、黒字の事業が民営化できれば赤字の部分はできるんですか?相関関係は無いと思いますよ。これこそ論点をそらす言い方だと思います。黒字の部分はそのままで、赤字の部分だけ切り離したほうが良いと考えるのが普通だと思うんですが。素朴な疑問として。

まさにその通り。だいたい、郵政民営化が成功すれば道路公団の改革もうまくいく、そんな理屈はどこにもありません。小泉やその支持者達は「小さな政府」とやらを目指しているらしいですが、「民営化=官から民へ」というのは本来、あくまで組織の運営論として効率を上げる為に導入するものであるはずです。しかしながら、同じコメント欄でこう述べる人がいます。

国の事業をなるべく小さくするために、黒字事業を民営化することは、おかしくないのではないでしょうか。

(略)

また、すぐに国が口を出す体質も改めたほうが良いと思っていますので基本的には小さな政府のほうに賛成です。財政赤字でも。

こういう論理にまでなってくると、財政赤字の解消の為の民営化という“手段”がいつの間にか“目的”そのものにすり替ってしまいます。こうした論が怪しからんと思うのは「まず民営化ありき」という思考停止が見え隠れしてしているからですね。だから、小泉支持者達もそれをある程度自覚していたからこそ、今回の解散に至るまで沈黙をしていたのだと思います。

 

「小さな政府」というのは少なくともイコール国家の主権委譲ではないはずです。ましてや「民=善、官=悪」の二元論でもないはず。とにかく国が事業から手を引かねばならない、その後どうなろうと全く関与しないのが最善、というのでは「市場万能主義」ですらなく、単なるアナーキズムです。そこでまた「地方分権」というフレーズもよく耳にするんだけど、どうも日本で語られるそれは、中央集権制度からの脱却と言うよりは、マルキストの「国家統制からの独立」といったサヨク臭がプンプン漂ってくる。小泉はどうも日本独特の社会主義的政治制度から、アメリカ型の国家を目指してる感が強いのですが、私は「やっぱり日本には日本に適した政治制度があるんじゃないの?」と思うわけです。アメリカの共和党政権が「小さな政府」を標榜出来たりするのは、州単位の確立された独立の気風があり、同時にキリスト教という共通の歴史的バックボーンがあるからで、それをそのまま日本に持ち込んでもうまくいかんだろ、という感想を持ってます。だからね、しっかりとしたね、国家観も持っていない政治家が地方分権!と叫んでも説得力が無い。「戦後六十年決議」とかいう、過去の祖国を誹謗する決議に賛成している連中、戦後民主主義に毒されている奴らなんて信用出来るわけが無いんだ(小泉はその最たるもの)。だからこんな背骨の無い議員より、自民と民主のごく一部の戦後六十年決議に反対した議員、拉致議連に所属している先生方の当選を祈らなきゃいかんね。祖国愛も持ち合わせていない連中同士の闘い、そんな下らない権力争いに巻き込まれちゃいけないんだよ、今度の選挙は。

 

おっと話が飛んだ。で、「大きな政府だと官の権力が腐敗を起こして弊害化してしまう、だから国の事業を民営化していく小さな政府こそ正義だ!」と言わんばかりの論調を見るとオイオイと思うわけです。まあこのテの人達は小さな政府が、ってより小泉の言う事為す事が、と入れ替えても良いんじゃないかと(笑)。

 

でも、小泉もその反対派もおかしい所は、この民営化問題って「田舎の郵便局が無くなると困る人が〜」って話じゃ無くて、ぶっちゃけ400兆円もある郵貯を誰がどうやって管理していくの?という問題なんでしょ、実は。それが論点になっていない所がおかしい。「その金を市場に流せや、経済を流動化させんかい」とかアメリカに命令されてそれを忠実に実行して持ち株会社がうんたらかんたらで、自分の血の巡りの悪い頭ではよく分からなくなってきちゃうんだけど。そんじゃそれは民ならうまく行くんかい、と問えばそうでもなくて、現に銀行の不良債権問題が起こったわけで。結局、その解消の為に税金を投入して債権の回収の為に貸し出しを渋っているわけでしょ。民であり、貸し付けのプロである銀行がその有り様なのに、親方日の丸の役所の人間がちゃんと審査なんて出来るのかよ、ってすごく単純に思うわけだな。先週のサンデープロジェクトを見てたら、小泉シンパのコメンテーターが「小泉・竹中改革(不良債権処理)で景気は回復した!」と亀井を責めていたが、経済にはトンと疎い自分でも嘘だって分かる。そんな貸し出しを渋って、金の流れを締め付けて景気が回復するわけねーじゃん。「景気は踊り場から脱した」とか言うけど、いっつもこんな微妙な表現なのな。本当に回復してたとしても竹中の功績じゃなかろう。

 

そもそも、郵政事業を民営化すると民業を圧迫する、なんて話はどこへ行ったのかね。国鉄からJRへ、というのは私鉄との関係を考慮すると、ある程度棲み分けが出来ていたんじゃないかと思うんだが、クロネコヤマトは郵パックによってローソンからはじき出された格好だよね。クロネコヤマトだって立派な“民”だろ?違うの?

 

一応断っておくと、別に「役人の無駄遣いを減らそう」という意見に反対してるわけじゃない。でも小泉が好きというだけで、やる事為す事全て後付けで弁護して、絶賛するのは健全じゃないよね、と言いたい。いるでしょ。「終戦記念日靖国参拝しないというのも一つのカードだ」とか「村山談話を引用して謝罪するのも高等な外交戦術だ」とか「油濁法は経済制裁の一種」とか言ってる人達。全部見事に共通している。

 

国民の役人の怠惰に対する怒りは十分出来る。でもその対象は、ろくすっぽ仕事もしないで高給を貰っている地方公務員だったり、天下りをする官僚とかであって、郵便局員じゃないよね。知り合いに局員がいるけども話を聞く限りだと、むしろ警察のような固めの組織でしかもノルマが色々あって厳しい雰囲気すら漂わせてる。なのに、全て“公務員”と一括にして断罪する手法は、反日で国をまとめようとする中共のようなやり口だ。今回の解散で小泉内閣支持率が8ポイント上昇したというが、小泉の政策というより、その“敵”を設定して戦うその姿が受けたのだね。この「受けた」ってのは、お笑いが受けた、というのと大して変わらんよ。

 

まあ、こんな感じでごく最近、仲間内で郵政民営化について語り合ったわけなんだけど。その内の一人が言った事で印象に残っているのは「要はそれ(小泉の郵政改革)が受けているのは、あの役人め、俺達がこんなに苦しんでいるのに良い生活しやがって!という妬みが根底にあるんだよ」という意見。確かに、この現象は“ルサンチマン”だ。そうとしか言い様が無い。そうやって小泉は国民の支持を受け、今までやってきた。これからもそうするのだろう。

 

 

あ、goriさんの新エントリーだ。なになに・・・

◆「民主党郵政民営化から逃げるな!」

(http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200508102123.html)

紹介したエントリーに書いてあるとおり、国家財政の危機を回避するには増税により税収を増やし、小さな政府にして支出を減らす以外に無い(原文では「サービスを減らす」と書いてあるが語感がネガティブなのでここでは「小さな政府」と言い換えます)、

・・・「小さな政府」って、増税じゃなくて減税や規制緩和で市場を喚起して税収を増やす事じゃないのか?つーかいくら小泉自民党を応援してるからって、勝手にポジティブに言い換えるなよ!そういうのを一般的に“プロパガンダ”って言うんですが。

umikazeumikaze 2005/08/11 03:14 何も分からない人間からの素朴な疑問なんですが、「黒字で経営が健全な団体に、どうしてメスを入れる必要があるんだろう」って思います。「郵政の資金が様々な団体へ流れており、天下りを助長させているからそれを防ぐ」とも仰っていましたが、役人の天下り自体を止めることもできないし、議員年金の問題だってマスコミが騒いだにも関わらず結局有耶無耶になってしまった。あれだけ改革改革と声高に叫んでも、結局役人には逆らえなくて、身内に甘い体質が露呈されてしまった気がします。前から言われていることかもしれませんが。

小泉さんは物事の優先順位を間違えているような気がします。郵政事業にメスを入れるのは、もっと後でも良かったのに。

kikori2660kikori2660 2005/08/11 03:39 そうなんですよね、郵政よりもっとやる事あるだろう、と思います。何故そこまで郵政に拘る?というのが普通の疑問ですよね。また、その癒着や天下りの廃止と、民営化も別の話なんじゃあないかと。

名無しさん名無しさん 2005/08/11 06:32 どうもはじめまして。
だいぶ前に書いた記事ですが参考にどうぞ

http://blog.livedoor.jp/nanashisann/archives/8254472.html
http://blog.livedoor.jp/nanashisann/archives/8510003.html
http://blog.livedoor.jp/nanashisann/archives/cat_369466.html

drmccoydrmccoy 2005/08/11 14:38 余所でgoriさん=山本一太説というのを見ましたが、まあ、それはどうかと思いますが、小泉内閣への支持をアピールするというのが根底にあるんでしょうね。まあ、そのようなブログは多いですが、読んでいて、小泉首相への支持を広げるために無理して評価しているという気がします。

普通は、政策の内容や成果を良しと思った結果として首相を支持するわけですが、支持しているから(したいから?)政策や成果が良いものに見えてしまっているのではないかと・・・。小泉首相には芸能人的な人気があるように思います。

kikori2660kikori2660 2005/08/11 18:29 >名無しさん
はじめまして。エントリーは非常に勉強になりました。経済学者で言えば丹羽春喜さんに近いご意見ですね。必要以上に、インフレや借金の恐怖に怯える必要はないんですよね。

>drmccoyさん
私もその某所でその説を見ましたが、さすがにないですよね(笑)。年齢としては我々と同じくらい、音楽のREMIXが趣味の一般人のようですが、自民党の勉強会などに参加して議員さんと実懇になっているような印象を受けますね。

???? 2005/08/11 19:15 私は「やっぱり日本には日本に適した政治制度があるんじゃないの?」と思うわけです。

>>では、日本に適した構造改革とは何なのか、具体案を教えてください。批判のための批判では意味がありません。
ぜひ「具体案」をお願いします。


アメリカの共和党政権が「小さな政府」を標榜出来たりするのは、州単位の確立された独立の気風があり、同時にキリスト教という共通の歴史的バックボーンがあるからで、それをそのまま日本に持ち込んでもうまくいかんだろ

>>サッチャーも「小さな政府」で改革を成功しました。それは州単位?の独立した気風があったのでしょうか?
また、キリスト教国家ではないと、小さな政府ができないという根拠は何でしょうか?



国家観も持っていない政治家が地方分権!と叫んでも説得力が無い。
 
>>日本は言論の自由が中国や北朝鮮と違いあるのはお分かりで?貴君は中国や北朝鮮と日本を同じにしたいのですか?大いに議論すれば良いではありませんか。


経済にはトンと疎い自分でも嘘だって分かる。

>>では、何故、みずほ銀行は経営建て直しして、現在公的資金を政府に返還しようとしているのでしょうか?
これこそ小泉・竹中体制の成功ではないのでしょうかね?
西村先生はそれに反対しましたが「結果」回復軌道に乗っているのは誰だって分かるのでは?
(保守は経済に弱いのが多いので分からないのでしょうが)

kikori2660kikori2660 2005/08/11 23:09 >??さん
君はいつもろくすっぽ挨拶もせずに書き散らす、あの彼だな。質問の答えが聞きたかったら、まずそれからだね。俺も茶を進ぜた後に反論してあげよう。

名無しさん名無しさん 2005/08/12 00:16 >>kikoriさん
どうもです。そうですね。丹羽さんに近い、というかまんまです。
あれの補足説明だと思っていただければ幸いです。

しかし不良債権処理なんぞ国民に要らん痛みを強いただけなのに・・・
いまだ不良債権処理神話が横行しているのは悲しい限りです。

郵貯にしたって資金需要があるならとっくの昔に銀行が貸し出してるっていうのに・・・

ほんと、何のための民営化なのか分わかりません。
公務員減らしたら失業者が増えてデフレが進むだけだというのに

kikori2660kikori2660 2005/08/12 01:02 >名無しさん
やはりそうでしたか。西村真悟も丹羽先生の経済論を支持しています(ご存知だったかもしれませんが)。

??に対する反論じゃないけど(笑)、不良債権処理でデフレ解消も景気回復も可能だなんて、根拠が全くありません。あると主張するなら、あるという方がそれを証明すべきなんですよ。

しかし小泉はちっとも失業者対策に対して言及がありませんな。

ヒマ人ヒマ人 2005/08/12 01:43 どうもこんばんは。いつぞやのヒマ人です。
公務員減らして歳出を抑えるとか言いつつ郵政民営化しても郵便職員の公務員年金は
そのままとかアホな話聞いて何だか冷めましたよ。
公務員の特権を守ろうとしてるのは誰なんですかねぇ。

>??さん
きこりサンはあなたにだけ挨拶を求めるようなそんな人なので
記事に対して突っ込みたい気持ちは分かりますが
あんまり効果ないと思いますよ。
そもそもオマケの政治談義に真面目に突っ込んでも仕方ないですし。

kikori2660kikori2660 2005/08/12 01:57 >ヒマ人さん
いつぞやの、っていつでしたっけ・・・?

>きこりサンはあなたにだけ挨拶を求めるようなそんな人なので
少しだけ思い出した気もするんですが、たしかあなたですらちゃんと挨拶をしていると思いマス。えらいえらい

dennoupriondennouprion 2005/08/12 09:29 郵政事業は巨額の税金免除を受けて黒字になっているわけだから、直接的な税金投入がないだけで間接的に投入されているので、
民営化は歳出削減にはなりませんが、民営化して法人税などを払わせれば歳入は増やせるのでは?

kikori2660kikori2660 2005/08/12 14:31 どうもこんにちは。>dennouprionさん
>民営化して法人税などを払わせれば歳入は増やせるのでは?
確かに増えるでしょうね。でも小泉は「民間に出来る事は民間に」としか言ってませんね。それが目的ならきちんとそう述べるべきですね。何故しないのでしょうか。それ以上にロジックとしておかしいのが「黒字の(優良な)ところからきっかけに民営化をしていくべき」「郵便事業は税金が無いから黒字なんだ」この二つを同時に述べる人ですね。税金の免除でやっと黒字になるのなら、優良な国営企業じゃないという事になります。なのにそれを民営化しようという。そして小さな政府を標榜するなら、国がガチガチに固めた巨大企業を作って民業圧迫するより、クロネコヤマトやその他の宅配業者を育てるべきなのではないですか?

???? 2005/08/12 16:37 こんにちわ。

国がガチガチに固めた巨大企業を作って民業圧迫するより、クロネコヤマトやその他の宅配業者を育てるべきなのではないですか?

>>売上高1兆円を超え、海外営業所を沢山もっている優良企業のヤマト運輸を「育てるべき」というのは、ヤマト運輸は「育っていない」ということなのでしょうか?きこりさんはベンチャー企業だという認識なのですね???
珍説ありがとうございます。

???? 2005/08/12 16:46 こんにちわ。

小泉は「民間に出来る事は民間に」としか言ってませんね。それが目的ならきちんとそう述べるべきですね。

>>一々、民間になれば法人税を払う。。。そんなの小学校の社会科の授業で習うでしょうが。。。
それがロジックですか。。。
経済学苦手なのは分かりますが、議論レベル低すぎです。
つくる会の公民はそんなことも書いていないのですか。。。
勉強してください。

kikori2660kikori2660 2005/08/12 17:51 ありがとうございます。勉強してください。と、いうことは特に何か質問があるわけじゃないのですね。それではサヨうなら。

徳保隆夫徳保隆夫 2005/08/13 16:37 gori さんが「紹介したエントリー」はご覧いただけましたでしょうか。小さな政府を目指しつつ増税も必要である理由を、書いております。

kikori2660kikori2660 2005/08/13 16:59 >徳保隆夫さん
財政難解消の為には、歳入を増やして歳出を減らす。これを望むのは当然です。しかし、増税する事で歳入を増やすのは「小さな政府」ではありませんよね?あなたもそうはおっしゃってはいない。なのにgoriさんはあなたの「サービスの低下」という表現を勝手に「小さな政府」に言い換えている。これは誤りではないのですか?

徳保隆夫徳保隆夫 2005/08/13 22:43 なるほど。ただ、「小さな政府」という言葉は、しばしば歳入側を無視して、支出と経済規模の比だけを見て使われることも事実ではないでしょうか。逆の例ですが、米国ブッシュ政権の減税+支出増は「大きな政府」への転換とも評されました。

黒字の特殊法人を民営化し、経営の自由度を増せば、もっと黒字になります。逆に経営を縛り続けるなら、税金を払うため赤字転落することは竹中さんの答弁通り。政府は前者を目指すので、地方では必ずサービスが低下します。それは財政危機を乗り切るためには仕方ない、というのが私の立場。

表現の選択は各自の意見によって左右されます。私はネガティブな「サービスの低下」という表現を選択しましたが、語義的には gori さんの言い換えも理解できます。「誤り」とは考えていません。

kikori2660kikori2660 2005/08/13 22:58 >徳保隆夫さん
「小さな政府」という言葉は随分と柔軟な言葉なんですねぇ。それじゃあもう「痛みを伴う構造改革」などと言う必要も無いわけですね。いやぁ、便利便利。

徳保隆夫徳保隆夫 2005/08/13 23:43 仰る通りだと思います。おそらく今後の日本で(特定の税ではなく全体としての)減税を伴う「小さな政府」はありえないと思いますので、耳あたりのよい言葉には注意が必要ですね。

ホロウィツィックホロウィツィック 2005/08/29 23:16 RinRin王国さんから紹介されてやってきたしがない鉄ヲタです。
私鉄とJRが棲み分けできている、赤字国鉄をJRは再建した、ということも
本当はツッコミどころだと思うのです。
JR四国はクルマ社会化ですっかり赤字なのに対し、JR西日本は元は国の投資で
恵まれたインフラを活かしてキツキツの高速運転で私鉄から客を奪って黒字……
で尼崎の事故ですからね。
JR北海道も冬の雪道でクルマが使い物にならなくなる冬の収入でなんとか
保っている、という現状ですし。
JRがなくても私鉄やクルマで代替は効きますが、郵便はそうはいかないと思う
のですがどうでしょうか?
JR西日本も全体では黒字なのに効率化を目指してローカル線を廃止しました。
郵便事業も全体では黒字でも「効率化」で「遠隔地割増料金」を取るように
なったら地方切り捨てもいいところでしょうね。
貯金を切れば国民生活金融公庫による安心な中小企業への融資がなくなるし、
本当に「弱者&地方」はアウトオブ眼中なんですね>小泉&竹中。

kikori2660kikori2660 2005/08/30 00:00 >ホロウィツィックさん
はじめまして。
>私鉄とJRが棲み分けできている、赤字国鉄をJRは再建した、ということも
本当はツッコミどころだと思うのです。

おっしゃる通りでした。以前、別の方からJR西日本の実態についてツッコミを受けていましたが、すっかり失念していました。

>JR西日本は元は国の投資で恵まれたインフラを活かしてキツキツの高速運転で私鉄から客を奪って黒字……で尼崎の事故ですからね。

そうなんですよね。全くの民業圧迫です。

>郵便事業も全体では黒字でも「効率化」で「遠隔地割増料金」を取るようになったら地方切り捨てもいいところでしょうね。

本当に民営化を突き詰めれば、当然そうなるでしょうね。現在の法案でも将来の見直しに言及してますし。国のサービスは赤字だとしてもやり続けなければならない事情だってあるはずです。しかも現在は黒字で公社化して十分やっていける。それを「民間で出来るものは民間で」のワンフレーズで全て否定出来るのかよく分かりません。

しかし話は変わりますが、昔青春18キップで北海道を旅行した時に、あまりに本数が少なくて絶句しましたね。朝の一本を逃したら普通列車が既に無い。ひそかに鉄オタに憧れてたんですが、あっさり断念しました(笑)。

もけもけもけもけ 2005/08/30 00:38 ちょっと違うね。
「郵便局が、今何故儲かっているか」をしらべてみなよ。
ある一定期間のみ限定の、都合のいい「儲け話」の上手く乗っかれただけの事だよ。
今後はジリ貧。

ホロウィツィックホロウィツィック 2005/08/30 01:11 政府も公社のままで11年間は黒字を維持可能としていますが、何故ジリ貧と?
国鉄の場合は無茶なインフラ整備の借金を背負わされて赤字扱いされましたが、郵政でそのような赤字をしょわされる要因はないはずだし。
なんにせよ「赤字ローカル線」をバス代行にするような方策は郵政では採れない。これは公的サービスでしかやれない点。
まぁ郵政だけにこだわるように世論を仕向けられ、それに乗っている方を見ていると同情を禁じ得ないのでもう1つ。
イラク問題についてあそこまでご執心だった小泉が今回の自民マニフェストでは申し訳程度にしか触れてない。
アメリカの好景気のおこぼれに預かるためにイラク支援をしたのに、今回の選挙ではその功績を言わない。
私は小泉の唯一の功績はアメリカにイラク問題から何から楯突かなかったために輸出を許してもらえた点だけだと思ってます。
でも選挙の争点にそれを言うとマスコミにそっぽを向かれるので言えない小泉くんの情けなさ(w。
その上、アメリカ自身は財政出動で景気回復したにもかかわらず米政府当局は「日本の緊縮財政政策は全面支援」。
ここまでアメリカべったりになったおかげで輸出産業と金を転がす連中だけが儲かる凄い民間市場の構造。
小泉シンパは弱者のことをもうちょっと見ましょう。

kikori2660kikori2660 2005/08/30 02:04 ジリ賓の根拠が「メールが普及したから」ぐらいじゃないっすか。賛成派の人の言い分って。メールが普及しても、郵便は簡単には無くなりませんよ。本も新聞も無くならない。
 
>米政府当局は「日本の緊縮財政政策は全面支援」。

たしか小渕政権の時は、ブッシュパパの命令で恒久減税、Jr.になるとそれを廃止して緊縮財政。正反対の政策なのにどちらの時も「小さな政府」とか言ってましたね。

ホロウィツィックホロウィツィック 2005/08/30 02:57 新参者なのに毎回丁寧なレス恐縮です。

小泉シンパに突っ込まれないうちに細くします。
小渕政権時代は「民主党クリントン」ですね。
小泉はJrで合ってますが。
小渕があと1年続いてくれればここまで不景気にはならなかったかと思うと……。
ちなみに、パパブッシュは1989〜1993年ですから……宮沢&細川位だったかと思いますが、コロコロ変わった時期でデータがすぐにはそろいません。

さて、北海道関係でちょっと小ネタを。
北海道で18きっぷを使えたのは青函トンネル開通直後位の1990年、ちょうどパパブッシュの頃までですね。
それ以降はどんどんローカル線がなくなり、幹線の特急列車に客が誘導されました。
その頃までに廃止されたローカル線の代行バスや第三セクターは……15年経って代行バスまでも廃止という憂き目にあいつつあります。
交通機関は自家用車があれば何とかなりますが……郵政でこれをやったらどうなることやら。

kikori2660kikori2660 2005/08/30 03:27 >ホロウィツィックさん
よく考えたら任期が全然違いますね^^;)。お恥ずかしい限りです。
小渕の経済政策は今になると結構評価する方が多いですよね。

北海道は代行バスまでが廃止ですか。父も母も実家が北海道の元炭鉱町なので、寂しい限りですね。祖父母は既に亡くなっているので、私は二度とその町には行く事も無いでしょう。

もけもけもけもけ 2005/08/30 07:30 >ジリ賓の根拠が「メールが普及したから」ぐらいじゃないっすか
はずれ。
それくらいなら、そんなこと言わない。
「特殊法人への融資利率」。はい、あとはノーコメント。
(あんまし本気で調べてもらえなかったようだし・・)
特定郵便局長への異様な報酬も、改善すべき事項。

kikori2660kikori2660 2005/08/30 08:13 ふーん、そんだけか。

もけもけもけもけ 2005/08/31 00:52 http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/
よく纏まってるページが合ったので、貼り。
・・・反論期待。

kikori2660kikori2660 2005/08/31 08:01 なにをどう反論して欲しいんだかさっぱり分からん。というか君、人のフンドシで相撲を取り杉。