Hatena::ブログ(Diary)

菊子とアートな生活を Let’s enjoy arts with Kikuko!

2009年11月3日(文化の日)開設 

2017-01-03

新年おめでとうございます

23:52

f:id:kiku-art:20161014171803j:image

新年おめでとうございます。

今年も皆さまにとって、幸せなことがたくさんありますように!

昨年は、CD “Tomorrow” が完成し、関連イベント「吉田菊子 新作CD発表! 朗読&コンサート」を行いました。

また、収録した3曲を、私のYouTubeチャンネルで公開しました。 

https://www.youtube.com/user/kikuko122448

初めてのチャレンジが多く、エネルギーを注ぎ込んだため、昨年はブログの更新ができませんでしたが、

これから振り返りをして、ご報告していきたいと思います。

2016-01-01

あけましておめでとうございます。

22:20

f:id:kiku-art:20151231014541j:image

あけましておめでとうございます。

今年も皆さまにとって、幸多き年となりますよう、お祈り申し上げます。


昨年の秋、「ジャズピアニストの進藤陽悟さんに、私の曲をアレンジしていただいて、ミニアルバムを作ろう!」と、

ふと思いつきました。


進藤さんは快く引き受けてくださり、

サックスプレイヤーの渡辺ファイアーさんを誘ってくださいました。


レコーディングは12月2日。


その後、作業を猛スピードで進め、12月の終わり頃には編集を終え、

CD業者さんに発注しました。


進藤さん、ファイアーさん、そしてジャケット写真等を撮影してくださった

カメラマンの諸永恒夫さん、ありがとうございました!


アルバム“Tomorrow” 、どうぞお楽しみに!


♪  ♪  ♪


限定公開YouTubeで、曲の一部を試聴することができます! ぜひお聴きください。...続きを読む

1、Tomorrow

https://www.youtube.com/watch?v=df_RIqDPWdM


2、欠片 (かけら A Piece of My Heart)

https://www.youtube.com/watch?v=7N-e6IS_j_s


3、ひとみ

https://www.youtube.com/watch?v=aorSt0bqGdY


作曲 吉田菊子

編曲 進藤陽悟


渡辺ファイアー ソプラノサックス (1)、アルトサックス (3)

進藤陽悟 ピアノ


♪  ♪  ♪

Tomorrow”CDご注文方法:

以下の内容を、問い合わせ先にメールでお知らせください。

お代金の振込先、送料を含めた金額をご案内します。

CD1枚分の送料は、ゆうメールでお送りする場合、140円です。(2016年10月現在)

お振込み確認後、14日以内にお品物を発送します。

1. ご氏名とフリガナ

2. 郵便番号とご住所

3. お電話番号

4. ご希望枚数

5.吉田菊子ブログ(とお書きください)

問い合わせ先: 吉田菊子 kikuart001☆gmail.com

(メールアドレスの☆を@に置き換えてください。)

MottchiMottchi 2016/02/15 23:58 3曲収録のアルバムを拝聴いたしました。
素敵な彼女と、ジャケットのような木漏れ日の風景の中で
一緒に聴いてみたいと思いました。
 5月の朗読&コンサートに参加希望です!

kiku-artkiku-art 2016/02/16 00:09 Mottchiさん、アルバムをお聴きくださり、またコメントをくださり、
ありがとうございます!

5月、お目にかかることを楽しみにしています。

2015-06-24

「朗読の日」イベントに出演、『若草物語』を朗読

00:38

f:id:kiku-art:20150621172040j:image

f:id:kiku-art:20150716210138j:image

先日の6月21日(日)、東京銀座の博品館劇場で行われた

NPO日本朗読文化協会主催の「第13回 朗読の日」イベント(第2日目Dステージ第2部)に出演し、

オルコット作『若草物語』のワンシーンを朗読しました。


戦地に赴いた父が重病になり、二女ジョーはある決心を。

 彼女の心情を描こうと思います”。(プログラムより)


「朗読の日」イベントには初参加であり、ステージで朗読を行うことも初めてでした。


加賀美幸子先生から、「どう朗読したらよいか、人々に伝わるか・・・、よく考えてください」という

アドバイスをいただき、家で練習を重ねました。


また、演出の飯田先生は、バックに流す音楽を選び、「目線を中央の席のあたりに。

その席の人に語りかけるように」などのアドバイスをくださいました。


暗いステージにひとり立ち、徐々に明るくなるライトのもと朗読を始めると、

じっと耳を傾けてくださるお客さまとの、温かい一体感を感じました。

とても充実したひとときでした。


ご来場くださったお客さま、本当にありがとうございました。


先生方にも、心からお礼申し上げます。


終演後、加賀美先生が、「今年は戦後70年。次回は“戦争”という重いテーマを取り上げなさい」と

おっしゃいました。

来年のステージでは、その重いテーマに取り組み、命について考え、

会場の皆さまに語りかけていきたいと思います。

f:id:kiku-art:20150621173950j:image

f:id:kiku-art:20150620110319j:image

f:id:kiku-art:20150620110320j:image

2015-03-24

「百人一首 朗読と音楽」のイベント『古典の響きと心』 お客さまからのご感想 (2015年2月まで)

20:04

f:id:kiku-art:20150321184032j:image

右から長尾春花さん(ヴァイオリン)、景山梨乃さん(ハープ)、加賀美幸子さん(朗読)、

中村千恵子さん(銀座十字屋会長)、中村翔太郎さん(ヴィオラ、サプライズ出演)、吉田菊子

♪ ♪ ♪

2014年12月8日、銀座十字屋ホールで開催されたイベント、

『古典の響きと心』にお運びくださったお客さまから、

ご感想をいただきました。

ありがとうございました。

以下にご紹介しますので、どうぞご覧ください。

♪ ♪ ♪

「感動しました」

今日は素晴らしい音楽と朗読に心が満たされ、銀座のイルミネーションの中を母と二人、「素敵だったわね」といいながら家路につきました。

CDもたいへん心を打たれましたが、実際に会場で朗読とバイオリンハープビオラを聴きますと、より一層吉田さんが音楽に込めた思いが伝わってきました。

生の音って本当に素晴らしいですね。全ての音(加賀美さんのお声も)が一つになり、百人一首の歌の情景を浮かび上がらせていました。

私のこの感情は吉田さんにもしお会いしたとしても伝えられなかったでしょう。ただ「よかったです」の一言だったかもしれません。文章で書けば、話しことばよりは少し私の心の真実に近いものが表せると思いました。

これからも吉田さんをはじめ、長尾さんや景山さんを応援していきたいと思います。

(M.O.様)

♪ ♪ ♪

音楽もよかったよ

一曲一曲が一首一首に合っててすごくよかった

周りの人もすごいわねーて言ってたのが聞こえたよ

(Y.M.様)

♪ ♪ ♪

「ありがとうございました」

昨日は

心満たされる時間をありがとうございました。

百人一首に曲をつけようとなさる先生の音楽への思いの深さ、見識は素晴らしいですね。

音楽で心が包みこまれ

もういちど百人一首をひもといてみたいな・・と

友人は一曲目で涙がでたと感動のことば!

もちろん、加賀美さんの朗読は秀逸でした。

若い音楽家の皆さんにも感謝とエールを

CDを聴きながら眠りに就く幸せな夜でした。

(T.K.様)

♪ ♪ ♪

先日は、午後の素敵なコンサートを聞かせていただきまして、ありがとうございました。

それぞれの曲がどこまでも美しく、楽しませていただきました。久しぶりに古典に触れることもできて、うれしかったです。

(K.S.様)

♪ ♪ ♪

十二月八日の『古典の響きと心』はすばらしかったです。

加賀美さんの古典に対する熱情は伝わり、

百人一首の朗読も音楽に合わせると、

独特の味わいがかもし出されていました。

それとともに、吉田さんの心の中から溢れ、

つむがれた清らかなメロディに

うっとりしました。

(K.Y.様)

♪ ♪ ♪

十字屋ホールでの音楽と

朗読のしらべは素敵でしたね。

同伴した友人も大満足で、

一足早いクリスマスプレゼントを

頂いた気分でした。

(Y.M.様)

♪ ♪ ♪

f:id:kiku-art:20150321184029j:image


ご無沙汰しております。

ぜひ行きたいのですが、残念ながら伺えません。

実はわたしもあの「朗読とクラッシック」はLIVEでやったら、おもしろいだろうな、と思っていたので……。

たとえば、JAZZなんかだと、演奏者同士、その場に居合わせた観客とが反応してその場でアドリブ展開しますよね、ああいうLIVEならでは、一期一会みたいなやり方は、クラッシックでも可能なのでしょうか。

どのように朗読と音楽を融合されていくのか、たいへん興味があります。

それにしても、確実にこういう企画を実現されていく吉田さんの音楽活動にはいつも感心させられ、刺激を頂いています。また、機会があれば、その時は是非伺いたいと思います。

コンサートのご成功をお祈りします!

〜〜〜〜〜〜〜〜

ますますコンサートに関心がわきました。というより話を聞いただけで興奮してゾクゾクしています。

「あらかじめ考えた装飾には、

自分で弾けるかどうかという、高度な技術を必要とする要素を入れられるので、

今までの殻を破ることができる」

「朗読の加賀美さんと演奏者たちが顔を合わせるのは、

本番2時間前のリハーサルが初めてです。(初対面です)」

「いったいどういうことになるのか、未知数です。」

上記のことはまさに「LIVE」ですね。朗読者も演奏者も予定調和の演奏ではない、一回性の生を「生きる」という意味で「LIVE」です。そして、その演奏を受け取る観客も……。

とても素晴らしい挑戦で、こういうことにトライする吉田さんはじめ皆さんの勇気を尊敬します。

ほんとに4人にそれぞれカメラがついてその日の朝からLIVE終了までドキュメンタリーで撮りたいくらいです。

これでは「コンサートの成功をお祈りします」などと月並みなことはとても言えません。

なんて言えばいいのかな、今、適切な言葉がみつかりませんが、皆さんが今まで経験したことがないような全く違った新しい何かを得られるといいですね!

〜〜〜〜〜〜〜〜

和歌”とのコラボレーションLIVE、吉田さんの思い描かれた以上の成果が上がったようで良かったですね。いま、改めて頂いたCDを聞きながらこのメールを書いています。

「生の音って本当に素晴らしいですね。全ての音(加賀美さんのお声も)が一つになり、百人一首の歌の情景を浮かび上がらせていました」

この感想が全てを言い表しているように思いました。その場にいなかった私にも、「そうか、すべてが一つの音になったんだ」と気づかされる発見があり、また感動しました。これは女性の感性なのかな、男はどうしても意味を探ってしまい、こういう肝心な感覚に疎いので。

また、銀座という場所もよかったのでは……?心が満たされる、包み込まれるような音楽の余韻に浸るにはあの街は歴史があり、懐の深いところがあって、とても適していると思います。これが六本木渋谷新宿ではそうはいかないでしょう。

(N.H.様)

♪ ♪ ♪

ご感想をくださった皆さま、心よりお礼申し上げます。

f:id:kiku-art:20150321184030j:image

今回、スタッフとして参加したフルートの窪田恵美さんも一緒に。

この4人は、高校時代からの同級生

様々な組み合わせで演奏活動をしていますので、ぜひお聴きください!


f:id:kiku-art:20150321184031j:image

ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました!

2015-03-23

YouTube動画「百人一首 朗読と音楽」 お客さまからのご感想 (2015年2月まで)

20:00

2014年の正月と桜の季節にYouTubeで公開したCD「百人一首 朗読と音楽」の動画につきまして、

たくさんのお客さまからご感想をいただきました。ありがとうございました。

以下にご紹介しますので、どうぞご覧ください。


♪ ♪ ♪

先日、加賀美さんの講演会を拝聴し、そのNHKでよく聞く美しい声とすばらしい朗読にすっかり魅了され、ネットで検索をしていましたところ、加賀美さんと弦楽器の演奏が一緒になっているものに出会いました。

最初にビオラの中村翔太郎さんの演奏をYouTubeで見させていただいて、美しい旋律と音色にとろけてしまいました。

それから、他の皆様の演奏も聴かせていただきましたが、どなたの演奏も素敵で即座にCDを検索してしまいました。

CDが届くのを楽しみにしています♪ よろしくお願いいたします。

(Y.K.様)

♪ ♪ ♪

映像見ました。いや、素晴らしいですね。

CDで聴いたときも25曲みんな好きだし、いい音だしてるなあと思っていた

のですが、演奏者のみなさんの経歴をみて改めて納得しました。

中でもバイオリンの長尾さんがすごいですね、個人的にはそう感じました。

音自体もそうですけど、弾いている姿に圧倒的なオーラがあります。

撮影したいくらい!

広いホールでこの人がソロを始めたら、オーディエンスの耳目を一身に惹き付けて離さないだろうな、場の空気を独り占めしてしまうでしょうね。

演奏する長尾さんから発せられる「気」が圧倒的な力を持っています。それでいて紡ぎだす音色はやさしいんですよね。

(N.H.様)

♪ ♪ ♪

私の実家では冬になると家族で百人一首を取る習慣があり

かるた会」と称して知人宅に集まる大人に混ざって

夜遅くまでにぎやかに楽しんだものでした。

今年のお正月ももちろん、実家で盛り上がりましたよ。

ただ父が高齢で当時に勢いはなく、少し寂しい気持ちもありましたが。

ところが、そんな私達も和歌としての知識はまったくなくて

上の句の五文字と、下の句はかるたの字面で覚えているという有様、

これでは坊主めくりの延長ではないか、と思いつつ、

ついつい源平合戦に勤しんでおります。

YouTubeで菊子さんの素敵な音楽と一緒に加賀美さんの朗読を聴いてみると

私達がワーキャー言って取り合うのとはまさに別世界。

ちょっぴり反省しております。

菊子さんの素晴らしい作品と、それと共に日本語を大切にする気持ちに

とても感銘を受けました。

素敵な活動をされていて本当に尊敬します。

(Y.K.様)

♪ ♪ ♪

見ましたよ。

なかなかいいじゃないですか。

あの、バイオリンの女の人、すごくいいね。あの曲も。

そう、やっぱりお正月は、百人一首

菊子さんも精力的にご活躍ですごい。

(K.K.様)

♪ ♪ ♪

YouTubeにて、「桜の巻」をさっそく拝聴・拝見いたしました。

青空を覆い隠すほどの満開の桜

時折柔らかな風に煽られて花弁がひらひらと宙を舞うような...

そんなイメージの世界(私の勝手な想像なのですが)を楽しみました!

(M.O.様)

♪ ♪ ♪

今年の桜はとても綺麗で幸せな気持ちになります。

今、昨日母と見た桜を思い浮かべながら、YouTubeを拝見いたしました。

(C.N.様)

♪ ♪ ♪

桜が満開ですね!

YouTube拝見しました。

漢字で示されると、又言葉がすっと入って来て、情景が思い浮かび

音楽ともすごく合っていて素敵ですね!  癒されました!

より多くの方のお耳に届きますように!

(K.Y.様)

♪ ♪ ♪

桜も満開を過ぎて、広尾あたりはもう花吹雪です。

素敵ですね。

楽しみに聞かせていただいています。

(K.I.様)

♪ ♪ ♪

YouTube、春のプロモーション・ビデオ、とてもいいですね。

(Y.O.様)

♪ ♪ ♪

良かったですよ、つい聞きいってしまいました。

(H.S.様)

♪ ♪ ♪

自己流とは言えども、素敵な曲を色々書いていて、すごいなあ、と思っています。

自分で曲を作るのは自由にしたとしても、生徒が書いてくるものに対して、

自分でも作曲する人だったらどんな風にアドヴァイスするのかな、などと

思ったりもしてました。

これからも色々企画していってくださいね。

(K.K.様)

♪ ♪ ♪

早速、家族で聴きました。

とても良いお仕事をされていらっしゃいますね。

娘は、初めてハープの演奏を見たらしく、興味津々でした。

(Y.K.様)

♪ ♪ ♪

素敵な映像と音楽ありがとう。

これだけのことしてるんだから積極的に海外展開って言うのもどうかな(笑)

(K.F.様)

♪ ♪ ♪

この度はおめでとうございます。

YouTubeで拝見させていただきました。

百人一首と音楽。

なかなかピンと来なかったのですが、朗読と、音楽とが素敵にまざりあって、この空間が、いい空気が流れているような、時間がゆっくり流れているような感じがしました。

(K.T.様)

♪ ♪ ♪

「感動は続きます」

桜の季節となりました。YouTubeで「桜の巻」を聴きました。

美しい音に心が洗われ、最後には感極まって泣けてくる音楽。再び感激しました!

(M.O.様 2015年3月)


♪ ♪ ♪


ご感想をくださった皆さま、心よりお礼申し上げます。