ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

コミュニケーションのカタチが変わるということ 2nd RSSフィード Twitter

2008-02-03

AMNブロガーミーティング「仮想空間とブログ」


1/29にアジャイルメディア・ネットワークのブロガーミーティングへ行ってきました。

今回は仮想空間『Splumeスプリューム)』

f:id:kikuiken:20080203213440g:image


日本発の3次元空間「Splume(スプリューム)」を運営する株式会社スプリューム様に会場を提供頂きサービスの説明の後、参加ブロガーの方にも実際に空間を作成・体験頂きました。

「仮想空間とブログ」ブロガーミーティングにご参加いただき、ありがとうございました。 : AMNブログ


secondlifeの亜流的に扱われがちなSplumeですが、じつは違う概念のもとで開発されたサービスです。

そもそも、スタート自体こちらのほうが早いとのことですが、secondlifeブームの時の便乗露出を是としてしまったため、このような誤解をされているそうです。

梶塚社長ご自身が、ちょっとメディアコントロールを間違えたと後悔していました。


Splumeの最大の特徴は、ユーザーそれぞれのサーバ上に仮想空間が置かれること。

secondlifeのようにサービス事業者の一つのサーバにアクセスするのではありません。

ブログサービスの3D版のように考えると近いかもしれません。

空間作成だけなら私でも容易なレベルだし。


会自体はいつもより少人数で、ひとりひとりにPCが与えられ、微妙に緊張した感じでした。

仮想空間自体が好き放題いいやすいネタなため、辛辣な意見も出たりしましたが、それでも皆真剣で、しっかりとスプリュームの方と対話することができました。

なんか金儲けのことばっかり考えてる広告代理店(笑)としては、こういうマーケティングファーストでなくアイデアファーストなサービスは、とても好ましい感じがします。

エンジニアな人が多いのでしょう、スプリュームの人は、皆さんは誠実で真剣でした。

自分たちの自信作が市場でブレイクしていないことを残念がっていて。


確かにsecondlifeとは全く違うサービスで、

なおさら成功パターンがどこにあるか誰にも分からず、

ゼロベースで需要サービスを考えることの大変さを改めて思い知りました。

でも成功して欲しいと思います。



余談:

となりがMovaTwitter開発者のF-shinさんで、微妙に緊張しましたが、この人のサービスイン発想の柔軟性は凄いわ。

F-shinさんのエントリー:

セカンドライフの魅力がたかがチャットだったら、ちょっと大げさすぎないか?

http://www.milkstand.net/fsgarage/archives/001157.html

勉強になりました。