ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

コミュニケーションのカタチが変わるということ 2nd RSSフィード Twitter

2008-02-11

kikuiken2008-02-11

スピンオフ会


広告系ブロガー新年会から、色々な人に色々なところで会ってます。

動画人JAPANや、Y!のカンファレンスや、AMNブロガーズミーティングなどなど。

先日はNoriさんが会社まで来てくれました。


で、先週火曜には初の夜のスピンオフ会。

メンバーは、

うちのこが多いのはたまたまです。

Pekkunと三茶くんがもともとの友人だったりして。


場は微妙な初対面感を持ちつつも始まり、凄く楽しい会になりました。

で、楽しい話は色々あっても言えないことは言えなかったりするんですが、

最近でもっとも衝撃を受けたキャンペーン「まんがの達人+ニコ動」の話を

仕掛けた本人であるウメちゃんから聞けたのはよかった。

詳しくは本人のエントリーを見てください。

http://dreamyou.blog26.fc2.com/blog-entry-161.html

http://dreamyou.blog26.fc2.com/blog-entry-162.html


ニコ動を真剣に使った初の(?)広告キャンペーンであることや、

その脱力具合も素晴らしいんですが、

このキャンペーンで最も素晴らしいと思ったのは、

ユーザーをきちんと認め、彼らの世界観にシンパシーを持って接しているところです。

SMOの世界では企業が生活者に誠意を持って向き合うことが必要ですが、

それはプロダクトを受け入れてもらうための論法になってしまいがちです。プロダクトファースト。

そうではなく、ユーザーの文化を親しみを持って受け入れるところから、メッセージの発信が始まっている。

Cosmologyが、ファーストとかセカンドとかそんな話でさえなく、根底を成すあたりまえのものとして存在している。

それが素晴らしいと思います。


はてなはニコ動を貼れないので、URLを。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2064781

f:id:kikuiken:20080211225808j:image:w300

どどど、どらっ!、ささささざえさ!、ミミミミミッk××××!(笑)


実は午前中の某社のカンファレンスでの、

「あえて問題点を残しとくとブロガーは 引っかかって くるんですよ」

みたいな発言に凄まじく削れていたので、勇気をもらった気がします。

文字にすると大差なくても、そのスタンスは全く違いました。


総合広告会社ではインタラクティブセクションは別世界扱いされることが多くて、

自分たちが発信するメッセージは萎縮されたり怖がられたりすることが多くて、

自分たちが特別な選ばれた人間であると思うようになりがちです。

でもこうやって社外の同士と飲むと、自分の至らなさに気付いたり奮い起こされたり。

触発されまくります。


ということで、次は則天去私さんたちと。

たのしみ。


dreamyoudreamyou 2008/02/12 21:19 ご紹介いただき、ありがとうございます!

「生活者を受け入れましょう」なんてことは良く言われていますが、
それを本当に実行できることって少ないと思います、自分も含めて。
つい、押し付けちゃうんですよね。。

あと、今回の施策では、
「個人的に、ニコニコ動画が大好き!」という点が活きた気がします。
彼ら彼女らがつくる、動画やコメントの数々に、日々感動してます。
そういう体験をもとに、
「どうすれば、楽しんでもらえるだろう?」
という発想ができたのが良かったのかな、なんて思います。

・・・今後、もっと、企業と生活者が一体となったコミュニケーションが求められてくるときに、使える場の有力な1つだと思いますよ、ニコニコ動画は。

kikuikenkikuiken 2008/02/13 02:53 勝手に色々いってごめんなさい。
でも、なんか嬉しかったんですよね。この企画に接したことが。
ニコ動は...やっぱ暗黒面が怖いなw
また飲みに行きましょう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。