ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

コミュニケーションのカタチが変わるということ 2nd RSSフィード Twitter

2008-02-26

100SHIKIケータイ会議:F905iフォト


もうじきレビュー参加者による写真自慢大会が始まりそうです。

なので私も参戦。



f:id:kikuiken:20080223163656j:image:w450

f:id:kikuiken:20080223163719j:image:w450




f:id:kikuiken:20080223163859j:image:w450

f:id:kikuiken:20080223163936j:image:w450

f:id:kikuiken:20080223164714j:image:w450

f:id:kikuiken:20080223164812j:image:w450



そして

f:id:kikuiken:20080223165029j:image:w450

これ、ぜひクリックしてみてください。



上から、最高画質3.2M、オリジナルサイズの864*480、そしてパノラマです。

(3.2Mはアップロード時にリサイズされてますが)

春一番が吹いた日の逗子海岸です。

ちょっと記憶以上の写真がとれたりして楽しい。




FOMA F905i徹底レビューまとめサイト【ケータイ会議 sponsored by 富士通】

FOMA F905i徹底レビューまとめサイト【ケータイ会議 sponsored by 富士通】


トンネル広告


銀座線の溜池→赤坂見附間(渋谷行き)には、(多分)日本唯一の地下鉄トンネル広告がある。

2004年にできた当時は話題になったのだけれど、これが一向にイカさない。

画像は幻灯機レベルだし、音は出ないし。物珍しいのは最初のうちだけ。


だったのだけれど、

今流れている東ハト「ふわ丸」のCFはとてもいい。

f:id:kikuiken:20080226192635j:image

多分専用につくったんじゃないだろうか、真っ暗なトンネルの中を、朧の様な忍者が銀座線に併走する。

せっかくなのでF905iで撮ってみた。ヨコモーションは仰々しくないので恥ずかしくない。

D

あまり上手に取れてないね。



トンネル広告にはトンネルのコンテキストがあって、そういうのを上手く捉えると、こんなに良いメディアになるんだなと。

どんな商材でもイケる訳ではないけど。


こっちでキチンとしたのが見られます。これだと今ひとつ気分が出ないけどね。

http://tohato.jp/products/fuwamaru/

DACに民放各社が出資


DACにメディアの資本が加わることになりました。

 [東京 26日 ロイター] デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(4281.OJ: 株価, 企業情報, レポート)は26日、日本テレビ放送網(9404.T: 株価, ニュース, レポート)などを割当先に自己株式を処分すると発表した。調達する資金は4億円超となる。

割当先はほかにTBS(9401.T: 株価, ニュース, レポート)、フジテレビジョン(4676.T: 株価, ニュース, レポート)、テレビ朝日(9409.T: 株価, ニュース, レポート)、テレビ東京(9411.T: 株価, ニュース, レポート)、日本経済新聞デジタルメディア。自己株処分により調達した資金は、商品開発や広告技術開発およびこれらの基盤となるシステム開発費などに充当する。

DAC<4281.OJ>、日テレ<9404.T>などに4億円超で自己株処分 | Reuters

http://www.dac.co.jp/dacfiles/200802_zikokabushobun.pdf


株価は往時の1/3といえど、キャッシュフローは問題ないはずなので、関係強化とみるべきでしょうか。

cciは既に昨年5月に各社が資本参加済です(ソフトバンクグループが手放した株を分配購入)

日テレ以外は「ネットやんなきゃ(汗)」の解決を、出資/資本提携ベクトルばかりに向けてるようでナンですが。

 サイバー・コミュニケーションズ(cci)はこのほど、メディア関連7社が同社の発行済株式を取得したと発表した。取得した株式は7社合計で2万5600株、発行済株式総数に対して4.98%となる。

 株式を取得したのは、フジテレビジョン、東京放送、日本テレビ放送網、テレビ朝日、テレビ東京、トランス・コスモス、日本経済新聞デジタルメディアの7社。

メディア7社がcciの株式取得--ネット広告で協業 - CNET Venture View



自分自身で判断する


ネットには、多くの人間が書評などを行っています。

誰かが言ったから買う、とか、Amazonで人気だから買う、とか。

そういう集合知によって発生する付加価値が、ネットにはほぼ必ず付いてきます。

Googleから検索するという、たったそれだけの行為でも、検索順位と言う付加価値が付いて回ります。

逆に本屋と言うのは、ほぼ全ての本が平等であり、どれを買うかは本人が調べ、考え、選び、そして購入に至ります。

本屋の面白さはここにあると私は思っています。

ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら感動して泣かれた話*ホームページを作る人のネタ帳


うん。