Hatena::ブログ(Diary)

IS Memo RSSフィード

2010-06-03

Automatorを使ったファイル名の変更方法について

Mac OS X Snow LeopardAutomator を使い、複数の画像ファイル名を一度に変更する方法についてのメモです。

キーボードの 「cmd」+「shift」+「3」 もしくは 「cmd」+「shift」+「4」 を同時に押すことでPNGファイルのスクリーンショット*1デスクトップに作成することができます。

スクリーンショットファイルの名前には作成日時が含まれるようになっていますが、次の画像のようにいくつか空白が含まれてしまいます。

f:id:kikupi084:20100603234559p:image

空白が含まれない連番のファイル名になっていると、インターネットアップロードする際などに便利です。

ファイル名変更前の準備

  1. 新しくフォルダを作成し、ファイル名を変更するスクリーンショットファイルを設置します。

  2. スクリーンショットファイルは pngファイルですが、もし別の拡張子のファイル(jpg,txt など)がまざっている場合は、別のフォルダに移動します。

ファイル名変更の手順

ファイル名変更の前に・・

  • 重要なファイルの名前を変更する場合は、他のファイルを使って実行前に必ずテストを行ってください。
  • これからファイル名を変更するファイルが置かれたフォルダ内に、同じ拡張子のファイルが入ったフォルダがあると、その中のファイル名も変更されてしまいますので、ご注意ください。
    f:id:kikupi084:20100603234558p:image
  1. Finder で Applications フォルダを開き、Automator を起動します。


  2. f:id:kikupi084:20100603235539p:image
  3. テンプレート選択画面が表示されるので、「Workflow」を選択します。


  4. f:id:kikupi084:20100603234556p:image
  5. 画面左側のアクション選択画面で「Library -> Files & Folders」を選択します。


  6. f:id:kikupi084:20100603234555p:image:w600
  7. 「Files & Folders」のリストから「Find Finder Items」を選択し、画面右側「Drag actions or files here to build your workflow」のエリアにドラッグ&ドロップします。


  8. f:id:kikupi084:20100603234554p:image:w600
  9. 「Files & Folders」のリストから「Rename Finder Items」を選択し、「Find Finder Items」フローの下のエリアにドラッグ&ドロップします。


  10. f:id:kikupi084:20100603234553p:image
  11. 「Copy Finder Items」と「Add Date or Time to Finder Item Names」のフローが「Find Finder Items」の下に表示されました。
    本手順ではスクリーンショットファイルの名前をそのまま変更するので、「Copy Finder Items」フロー右上の「×」をクリックしてフローを削除します。
    「Copy Finder Items」フローを削除しない場合は、デスクトップにファイルの名前が変更されたコピーファイルが作成されます。


  12. f:id:kikupi084:20100603234552p:image
  13. 上記画像のように設定を行います。
    • 「Find Finder Items」フローの「Search」では、これからファイル名を変更するファイルが置かれたフォルダを選択します.a
    • 検索条件では「Name」+「contains」+「png」として、名前に”png”を含むファイルを対象とします.b*2
    • 「Add Date or Time to Finder Item Names」のフローでは、「Add Date or Time」の部分を「Make Sequential」に変更します.連番つきのファイル名に変更できるようになります.フローの名前が「Make Finder Item Names Sequential」に変わります.c
    • 「Add number to」では「new name」を選択し、ファイル名に含める文字列を入力します.d
    • 「Place number」では「after name」を選択します.ファイル名に含める文字列のあとに連番の数字が加えられるようになります.e
    • 「start numbers at」では”1”と入力します.連番の数字が1から始まります.f
    • 「separated by」では「dash」を選択します.ファイル名に含める文字列と連番のあいだにハイフンが加えられます.空白やアンダースコアなども可能です.g
    • 「make all numbers」では”2”と入力します.連番が2桁表示になります.h
    • 「Example」では現在の設定によってファイル名がどのように表示されるかを示しています.i


  14. ワークフローの設定後、Automator 画面右上にある「Run」ボタンをクリックしてフローを実行します。


  15. f:id:kikupi084:20100603234551p:image
  16. ファイル名が変更されました。


AutomatorOS X Tiger 以降で使用できます。

*1404 Mouse Not Found:tips - Mac OS Xのスクリーンショット - Mac OS Xスクリーンショット取得について参考になるサイトです。

*2:上記の例では「Name」+「contains」+「png」としていますが、「Extention」+「contains」+「png」として拡張子で指定することも可能です。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kikupi084/20100603/1275584190
Connection: close