killhiguchiのお友達を作ろう このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

1)私は疼痛性障害(慢性疼痛・心因性疼痛・身体表現性障害)です。緩解しています。ブログを、同じ病気の人の役にも立つよう改良中です。治療については固有名詞は避けています。

2)文法毒電波に注意。

@killhiguchi(2013)「現代日本語において、複語尾の終止法独自の用法を、喚体メカニズムで説明する可能性につ いて」Semiannual Journal of Languages and Linguistics 2(1).

の解説を行いました。

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10

その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20

その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28 その29 その30 その31・完結 補遺

Semiannual Journal of Languages and Linguistics(SJLL)のお買い求めはこちら

2016-07-25

18:46 を含むブックマーク のブックマークコメント

 1ヶ月近く前から左人差し指と右親指が痛かった。意を決して整形外科へ。不明。ヘバーデン結節かもしれないと言われる。かもしれない。様子見。
 明日は耳鼻科に行かねばならない。また金がとんでいく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160725

2016-07-24

19:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

 今年は暑中見舞いを出さない。

[] 17:59 を含むブックマーク のブックマークコメント

 兼業の可能性。
 今までのところ、土日だけ外で働く道は無理と判明した。家で働く道は潰れていない。
 平日に3時間ほど使う在宅の仕事をこれから探す。時給換算で900円以上を目指す。最初は低くてもいい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160724

2016-07-03

副業の見通し 02:56 副業の見通しを含むブックマーク 副業の見通しのブックマークコメント

 大分立ってきた。でも、すごくつらそうだ。
 本当にそこまでして今の仕事を続けるのか。
 副業しても年60万ほどが限度。40万くらいかもしれない。
 今の収入で、年に90万近く貯金可能ではと思ったが、今年が不運が続いたとはいえ、それは不可能だと分かった。この先も不運は増えることはあっても減らないだろう。50万の貯金がやっとだろう。
 50万+40万=90万。今の仕事が65歳までだとしても2000万には届かない。65歳からは何らかの細々とした収入を得るとしても、大した収入にはならないだろう。実質2000万未満で老後を過ごさねばならない。200万で割って10年。75歳まで。それはなんぼなんでもまずい。年金は1800万くらいのはずだ。それを足して20年弱。うーん。
 65になった時に、父母はもういまい。いても介護が必要だろう。その金を父母の貯金で賄えなければ全て終わりだ。その頃甥姪は30前。頼るには若すぎる。だが手なずけておいて損はない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160703

2016-06-25

20:00 を含むブックマーク のブックマークコメント

 副業で月5万というのはなかなか難しそうだ。それでもその線を目指さなければならない。好きな仕事を続けつつ生活を送っていくためには。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160625

2016-06-24

兼業の可能性 23:49 兼業の可能性を含むブックマーク 兼業の可能性のブックマークコメント

 可能である。問題はどういう仕事にするかだ。レジ打ちでも、夜の本屋でもいい。問題は疲れ具合と収入のバランス。収入をどこまで求めるのか。平日はどんなに働いても3時間。平日働かずに土日のみにするのか。それで本業に差し支えが出ないのか。

23:47 金を含むブックマーク 金のブックマークコメント

 恐らく今年度は、頑張っても50万しか貯まらないことが分かってきた。自営業をするにはどの道来年度からは無理。勿論親に借金する手はある。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160624

2016-06-19

22:42 足を含むブックマーク 足のブックマークコメント

 足底板の調整が終わった。
 痛みがなくなるかは、今の痛みが収まらない限り分からないので、薬で炎症を抑えながら、足底板を着けて歩き続けることになろう。
 靴・履物を全て買い変えねばならないので、買った。非常に痛い出費だ。靴屋の店員に非常に世話になった。
 このような生活がひょっとすれば死ぬまで続くのだろう。面倒くさい。

[]コミットメント&アクション 22:40 コミットメント&アクションを含むブックマーク コミットメント&アクションのブックマークコメント

 価値に沿った行動目標が定まった。
 まず短期的には、法令を調べねばならない。副業が可能かどうか。不可能であった場合、かなり考えねばならない。どこまで遠回りを許容するのか、あるいは、どれだけ家族に迷惑をかけるのか。
 その上で、家族と話すことになるだろう。その後で、振り回して迷惑をかけた方たちに謝ることになるだろう。
 もっと、もっと、早くに価値のワークをすべきだった。ここまで引き延ばしてきた私自身に全ての責任がある。その責任の痛みも引き受けねばならぬ。しんどいが希望には満ちている。だがしんどい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160619

2016-06-15

[]足 00:04 足を含むブックマーク 足のブックマークコメント

 両足が痛くなり始めている。
 足底板は完成して金を払ったが、まだ微調整が必要で手元にはない。
 来週には着けることができるはずだ。そうすると事態が楽になるはずだ。
 周りの人にも理解しにくいことなのだろうが、痛みは受け入れている。それ故に、痛くても、速足で歩こうと思えば歩ける。足を引きずらないでもいられる。しかしそうしていない。それは、この痛みが基質的な痛みであり、実際に筋肉などが痛んでいるのが明らかだからだ。ここで私は痛みと痛んでいることを区別している。言葉が似ているがぜんぜん別物で、前者は感覚的・心理的で後者は物理的・基質的・生物的だ。これはなかなか理解されない。普通、痛みには苦しみが伴う。痛みから苦しみを切り離すのがマインドフルネスであり、それによって痛みに行動を阻害されない選択をする自由を得ていると思う。しかし、その選択をしなくても良い。その自由もある。マインドフルネスは選択の自由を得るためのものだ。実際に痛んでいるのであれば、苦しみ云々は別にして、速足で歩くことは痛んでいる状態を悪化させることであり、足のためにならない。苦しみ同様、痛みも悪化するだろうがそれは問題ではない。基質的な状態の悪化は、長期的に、歩けない事態を招くかもしれない。そうであれば、速足を止め、足を引きずる選択をするのが合理的でもある。よって私は足を引きずっている。でもそれによって他の部分に負荷がかかることが多いので、時には引きずらないでも歩く。それが分かりにくいのだろう。分かりにくさによる無理解を恐れる気持ちを受け入れて、日々、引きずったり速足にしたりして歩いている。痛みは別にしながらも、薬も塗っている。足底板も作っている。
 そういう日々である。

[][]久々のマインドフルネス講習 23:54 久々のマインドフルネス講習を含むブックマーク 久々のマインドフルネス講習のブックマークコメント

 先日、マインドフルネスの講習に行ってきた。懐かしい人たちと会うことができ、非常に嬉しかった。その気持ちに気づけたのも良かった。
 講師の先生に合うのは2年ぶりくらいか?来福参照。あの時は喜びで痛くなったなあ。
 いくつもの大事なことを思い出させてくれた。まず、今の転職活動が私の価値に沿ったものであるのか、疑いが出てきた。2年前、転職活動を始めたときは、価値エクササイズ終わりにあるように、確かに行っているし、手元に記録も残っている。それをもとに、他の自治体であっても、司書で行くのだ、と決めたのだった。家族と話し合いをしたのだった。だが、?年強の転職活動の後、正規の公務員は無理だと考えてから、昨年度の晩秋以降、自営業と決めてから、価値ときちんと向き合っただろうか。昨年度の夏も価値のワークは行っている。このブログにも記録がある。手元に記録はないが。だが、それは自営業を目指す前のものだ。自営業になることを決めてから、あるいは、どの職種にするかを迷った時に、価値のワークをしただろうか。金銭的な問題は大事であるし、自分の向き不向きも大事であるが、そのことだけを考えていたのではないだろうか。
 価値に沿わない道であれば、今の選択は、今の逡巡は、今の決断は、今の苦悩は、果たして私の人生を自分で生きていることになるのだろうか。勿論、価値に沿うために、反対方向に進んだり横にそれたりすることはある。だがそれは価値を見定めている場合に限り有効だ。私は価値を見失っているのではないか。
 ということで、価値のワークを帰郷してから行っていた。少し雑念が多く、それをマインドフルに受け入れ、価値のワークに時間を取って向かい合うために、今日まで時間がかかってしまった。それでもまだ途中なので、明日以降も続ける。今のところ意外な結果になっている。と同時に、やっぱりという結果でもある。しっくりくる結果でもある。そして苦しい道になりそうでもある。辛いだろう。そしてそれに進むためには多くの人に謝り、多くの人を説得しなければならないだろう。両親と面倒なことを話し、Sに心から謝らねばならないだろう。それだけではすまないだろう。
 今週中に進路を明確にするつもりだ。これも有言実行の一環だ。久々のフレーズ。以下に自分が埋没し、自分の人生の主導権を取っていなかったかを思い知らされる。
 講習に行って良かったことはいくつもあるのだが、もう一つは、やはり同じ病の人々に出会えたことだ。自分は一人ではない、明日からも頑張ろうと思えた。そして、私の存在も周りの方に良い影響を与えたようだ。それも嬉しいことだ。
 明日もより良く生きねば。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160615

2016-06-05

22:11 を含むブックマーク のブックマークコメント

 両足を引きずって歩いている。明日、足底板の仮合わせがある。完成すれば楽になると期待する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160605

2016-05-30

18:31 を含むブックマーク のブックマークコメント

 右足の痛みがひどくなり、5月中旬よりまともに歩けていない。
 治療は足底板の特注しかない模様。片足2万円。ますます金が貯まらない。
 八方ふさがりの感触。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160530

2016-05-08

22:08 を含むブックマーク のブックマークコメント

 何が正しいのか分からん。全部投げ出したい。

04:34 を含むブックマーク のブックマークコメント

 もうダメかもしれん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160508

2016-04-29

20:50 を含むブックマーク のブックマークコメント

 やっと散髪。やっと衣替え。
 そして馬鹿みたいに眠る。信じられん。電気も点けっぱなしで眼鏡もかけっぱなしで。もう歳なのか。
 今飯を食う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160429

2016-04-26

21:11 を含むブックマーク のブックマークコメント

 今帰った。
 先々週まで遅くまで働いていたので、本来ならば先週後半あたりから時間通りに帰って、GWにかけて思いっきり転職活動ができる予定であった。
 すべてインフルがぶち壊しである。4日間休んだせいで、仕事がたまっている。明後日まで早く帰れそうにない。何だこれは。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160426

2016-04-24

18:00 を含むブックマーク のブックマークコメント

 熱下がる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160424

2016-04-22

14:43 を含むブックマーク のブックマークコメント

 風邪だと思ってたのはインフルだった。ウソだろ。
 仕事も私生活も狂いまくる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160422

2016-04-20

15:27 を含むブックマーク のブックマークコメント

 風邪で2日連続早退。熱はもう下がった。あとは、寝てない食ってないで力がないので、今から蓄える。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160420

2016-04-18

[] 21:49 を含むブックマーク のブックマークコメント

 夜遅くに耳鼻科に行く。右耳の外耳炎の痛みが非常にひどいから。今帰る。
 今から職業の絞り込みを始める。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160418

2016-04-17

[] 20:50 を含むブックマーク のブックマークコメント

 痛みを受け入れられない。そのせいで週末が全て潰れた。
 非常に焦る気持ちがある。転職のめどを立てる途中の作業が終わっていない。それで来週は予定が入っている。振り替え休日はGWまでない。春物も出していない。
 多くのものを受け入れねばならない。それをしなければ前に進めない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160417

2016-04-15

[] 04:15 を含むブックマーク のブックマークコメント

 久々に激痛が続いている。
 アクセプトして仕事には行っているが、帰るとマインドフルになる気がしなくなる。
 そういう気持ちをコソアクセプトしなければ。
 取り敢えずは、今日は帰ってから1時間アクセプトすることに挑戦する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160415

2016-04-13

[]モ=文の持つ根源的排他性を拒否すること 20:44 モ=文の持つ根源的排他性を拒否することを含むブックマーク モ=文の持つ根源的排他性を拒否することのブックマークコメント

 モ自体に合説性があるわけではない。
 であれば、ハ自体に分説性があるわけでもない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160413

2016-04-12

[] 23:05 を含むブックマーク のブックマークコメント

 寝落ちしてしまった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160412

2016-04-11

[] 21:08 を含むブックマーク のブックマークコメント

 もう、復習ばかりである。
 大前提は今カネがないということである。経験から計算して年に50万貯められれば良い方である。
 そうである以上、元手のかかる自営業は不可である。本屋などもってのほかだ。
 元手がかかるということで、資格取得に大学や専門学校での単位取得を必要とする仕事も不可である。
 また、いくら好きでもない仕事でもやるとは言っても、向いていない仕事は無理である。屋台を出すとか体力勝負とか技を磨くとかセンスで勝負とか、そういうやつはダメである。
 そうなると、道は主に3つである。元手のかからないものから始める、インターネットを主な媒体とした仕事。特許翻訳はこちらにはいる。もう一つは、取得に数年かかることは覚悟の上で法律に関わる資格を取り、事務所に勤めて経験を積み、独立。土地家屋調査などはこっちである。特に後者の方が人工知能に職を奪われる見込みが少ない。前者で言語学書などの翻訳をするというのは本当に夢だけれど、それが叶う見込みは非常に少ない。そして、最後が、これも人工知能に奪われにくい、塾講師などだ。日本語教師も含まれる。この場合も即開業ではなく、数年は勤める。だが、この道は自分に向いているようにはどうしても思えない。けれど、その向いていなさは、法律関係への向いていなさとどう違うのかが分からない。法律も向いているとは思えない。
 だが、特許翻訳の将来を恐れるのであれば、最早道は、法律関係か人に教えるかしかなくなってくる。とても嫌な選択だ。法律関係は、司法書士や行政書士がこの土地では駄目だというのが分かっているので、それ以外を調べている。
 本当に嫌だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160411