killhiguchiのお友達を作ろう このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

1)私は疼痛性障害(慢性疼痛・心因性疼痛・身体表現性障害)です。緩解しています。ブログを、同じ病気の人の役にも立つよう改良中です。治療については固有名詞は避けています。

2)文法毒電波に注意。

@killhiguchi(2013)「現代日本語において、複語尾の終止法独自の用法を、喚体メカニズムで説明する可能性につ いて」Semiannual Journal of Languages and Linguistics 2(1).

の解説を行いました。

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10

その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20

その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28 その29 その30 その31・完結 補遺

Semiannual Journal of Languages and Linguistics(SJLL)のお買い求めはこちら

2017-03-19 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

逃避行動ばかりしている。絵を書かねば。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170319

2017-03-16

古文漢文不要論を見直す 21:00 古文漢文不要論を見直すを含むブックマーク 古文漢文不要論を見直すのブックマークコメント

 私は根っからの古文漢文不要論者だ。(昔のブログ記事に書いたが、消してしまったようだ。)
 しかし、教育勅語超訳する人々が多いのを見るにつれ、そうだろうかを思いなおすようになった。教育勅語がどうだろうと構いはしない。それを適当に訳す人、捻じ曲げる人がいようと構いはしない。その歪曲を検証できる人が少なくなることがいけない。
 だが、他の文化圏でも古い文献の歪曲はあろうし、それを検証するために学校教育で古い言葉を教えるというのはあんまりな気がする。やっぱり考え直さなくてよいか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170316

2017-03-04 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170304

2017-02-26

[]宝石の国 16:19 宝石の国を含むブックマーク 宝石の国のブックマークコメント

宝石の国(6) (アフタヌーンKC)

宝石の国(6) (アフタヌーンKC)

 はまってしまった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170226

2017-02-18

[]モ 22:03 モを含むブックマーク モのブックマークコメント


















[]喚体 21:59 喚体を含むブックマーク 喚体のブックマークコメント











































トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170218

2017-02-05 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 仕事が行き詰っており、非常に困る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170205

2017-01-07

[]喚体 14:43 喚体を含むブックマーク 喚体のブックマークコメント

 年末に喚体についてここにまとまった文章を書くべく下書きしていたのがすべて消えてしまって、心が折れていたのだが、再び書く時間もしばらくはないだろうから、覚書を記す。
 山田孝雄の喚体は、述語で述べず体言を中心とする表現であり、感動喚体と希望喚体の2種があることになっている。
 そこですぐに浮かぶ疑問は4つである。
1)感動喚体と希望喚体は形式が異なる。なぜそれぞれそのような形式なのか。
2)なぜ喚体は感動と希望の2種なのか。
3)その2種の共通性は、体言を中心とする以外にもあるのか。
4)喚体と、述語で述べる述体の共通点は何か。
 山田孝雄を始めとして、これらの疑問のいくつかは既に答えられている。しかし、森重敏、川端善明、尾上圭介、石神照雄、野村剛史、仁科明と展開される中で、それぞれ無視できないほどの答えの異なりを見せ、それに伴って喚体の内包と外延が大きく異なってきている。
 それを少しでもまとめようとするものである。
 本当に、消えて気落ちしたのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170107

2017-01-06

試験第一 00:19 試験第一を含むブックマーク 試験第一のブックマークコメント

 というわけで、藤村シシンが地元に来るというのに、行かないことに決めた。涙を飲んで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170106

2017-01-05

ブクブク 23:18 ブクブクを含むブックマーク ブクブクのブックマークコメント

 年末体調を壊して、もう治ったのだが、その間運動をしなかったせいでぶくぶく太った。元の黙阿弥である。
 しかし、月末の試験に向けて勉強せねばならず、時間が惜しく、運動する気がしない。
 試験が済んでから運動する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170105

2016-12-27

21:24 を含むブックマーク のブックマークコメント

 先週より体調が悪く、10日運動をしていない。今日は早く帰って寝ていたら、姪の音痴な歌声に起こされた。
 明日が仕事納めだという気が全然しない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161227

2016-12-25

21:06 を含むブックマーク のブックマークコメント

 年賀状が終わった。これで今年しなければならないことは、履歴書を書くことと試験勉強だけだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161225

2016-12-23

ボードゲーム 21:27 ボードゲームを含むブックマーク ボードゲームのブックマークコメント

 生まれて初めて外国語をしゃべりながらボードゲームをした。死ぬほど疲れた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161223

2016-12-13

[]この仕事を続ける 23:34 この仕事を続けるを含むブックマーク この仕事を続けるのブックマークコメント

 転職はしない。老いるまでこの仕事を続ける。私の生きがいはここにある。
 しかし待遇は悪い。よって待遇改善の運動を行なう。また味方も自分の知識も十分とは言えない。よってともに向上するために組織を作る。
 このように考えた。
 問題は老後の不安だけである。待遇改善がすぐに実現できるはずもなく、私が勤めるのもあとたかだか20年である。その月日で老後の蓄えはできない。今年1年でできた蓄えは本当にわずかである。もっと切り詰める余地があることは分かったので、来年はもっとたまるとしても微々たるものである。
 とりあえず副業を行なっている。微々たるものでもしないよりはマシである。最低、月3万を目指す。
 それでも老後は暗澹としている。今でも食費さえ収めていない。家族に申し訳なく思うので、その分は家事の負担を重くする。
 だが結局のところ、私は老後はどうでもいいとかどうにでもなるとかとしか思っていないのだ。甘いのだ。

逃げ恥 23:28 逃げ恥を含むブックマーク 逃げ恥のブックマークコメント

 『逃げ恥』のドラマが毎回胸に刺さる。
 海野つなみはもう10年を越えるくらい漫画を買う作家だし、ドラマ化も喜ばしいし、こんなにブームになっていることは意外だし、だがそんなことは今はどうでもいい。
 半月ほど前に友人と別れた。もっと私が気持ちを受けとめることができたら、結末は違っていたのかもしれないと思う。相手の気持ちを考えると、今も苦しいのだろうと思う。私の拒絶は逃げであったとも言えると思う。
 だがあれ以外の選択肢はなかった。相手の気持ちが変わらない限りは、私が寄り添おうとどうしようと、事態は良い方向にはならなかった。寄り添って受け入れて、その結果、あまり私が望まない方向に結果がなったとして、それは全く私には受け入れがたいのは明らかだ。相手の気持ちが変わる手伝いをするという手もあったのかもしれない。だがどんな手なのかさっぱり分からない。
 折角できた友人だった。失うのはとてもつらかった。だが現実的な選択肢はそれ以外になかった。今から回復できる選択肢はないのかと毎日探している。だがない。
 私の破局というのはいつもこうだ。何回か出かける。とても楽しいと思う。話しもあう。得るものも大きい。人生はいいものだと思う。だが相手が本当に望んでいるものが全く別のものであり、それが私には受け入れがたいものであることが判明する。常に判明する。そして破局。私に問題があると言われればそうだ。私が変わればいいと言われればそうだ。だが私はこういう人間だということは最初に言ってある。結局、友人関係・人間関係は契約のようにはいかないということだ。約款に書いてあるからというのは何の束縛にもならない。
 勿論今回はこれらの悶々はマインドフルに受け入れている。だが、だからと言って次に同じようなことがあった場合にうまくやれることにはならない。

foolishbluefoolishblue 2016/12/14 21:30 お久しぶりです
お誕生日 おめでとうさんです

わたしは
老いてきました

killhiguchikillhiguchi 2016/12/15 22:21  大変、大変ご無沙汰しています。
 ここ数年は自分のことだけにかまけた人生を送ってきました。全くご連絡もせずにすみません。いかがお過ごしでしょうか。
 考えればお会いしてからかなりの歳月が過ぎているのですね。
 お祝いありがとうございます。私も老いました。日々老いを感じます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161213

2016-11-25

[]主題のモ 23:08 主題のモを含むブックマーク 主題のモのブックマークコメント

 「皿が花瓶を倒して割れた。」において「割れた」のは「皿」でも「花瓶」でもありうる。テ節に続く主節の省略された主語は、テ節の主語でもありうるしヲ格でもありうる。テの後に少しポーズが必要か。
 「皿は花瓶を倒して割れた。」においては、「割れた」の主語は「皿」でしかありえない。主題が省略された主語になる。「花瓶は皿が倒して割れた。」においても、省略された主語は、主題の「花瓶」になる。
 「皿も花瓶を倒して割れた。」においても「割れた」のは「皿」だろう。「花瓶も皿が倒して割れた。」でも「花瓶」だろう。モが主題かどうかは学説によって異なるが証拠が示されることは少なかった。この例はモでも主題の場合があると言えることの証拠になりうる。
 対して「皿だけが花瓶を倒して割れた。」「花瓶だけを皿が倒して割れた。」では「割れた」のはテ節の主語「皿」に限られる。ダケをマデに変えても同様である。これは別の説明を必要とする。
(20161204:「皿」と「花瓶」を間違えていた個所を修正。他にも面倒な注記をしようかと考えたが、やめた。人生は有限だ。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161125

2016-11-23

[] 17:29 を含むブックマーク のブックマークコメント

 在宅ワークのサイトに本気で登録し始めている。自己紹介的なのって、すごくHPが削られる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161123

2016-11-21

22:32 を含むブックマーク のブックマークコメント

 今月中に来年度のことを決める。

[] 22:32 を含むブックマーク のブックマークコメント

 思ったほど体重が減らない。もっと脂質を制限しなければ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161121

2016-11-06

[]ダイエット再開 23:08 ダイエット再開を含むブックマーク ダイエット再開のブックマークコメント

 怪我の連続によって中断していたダイエットを再開する。
 年度末までには60キロ台になって、東京に行ける体にする。

[]シタコトガアル 16:50 シタコトガアルを含むブックマーク シタコトガアルのブックマークコメント

 シタコトガアルは経験を表わす。無生物が主語(主題か?)の場合もあるので、履歴と言った方が良いか。
 アルが述語なので、主題ハPコトガアルという所有を表わす形式なのだろう。主題が現在、過去の事態Pを所有している。そのため、文全体として過去の出来事を表わしているように見える。
 そうであれば、アルが未来を表わせばどうなるか。シタコトガアルは未来における履歴、つまり未来完了のようなことを表わすはずである。その場合のタは過去ではなく、一般に非主文末のタが相対時制過去であるように、主文末のアルが表わす未来よりも前の事態を表わすことになる。
 しかし、所有のアルは未来における所有を表わせるのか。「私は今小銭がある。」に対して「私は明日小銭がある。」は言えるのか。存在の未来は可能である「今あの机には鉛筆がある。」「明日あの机の上には鉛筆がある。」しかし、「今あの机には足がある。明日はあの机の足はなくなっている。」に対して、「今はあの机には足がない。明日あの机には足がある。」はおかしい。
 確かに「明日私は予定がある。」と言えるが、この「明日」はアルに係っているのではないと見るべきである。「予定」に係っているのではないか。アルは、あくまで現在の所有を述べているのではないか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161106

2016-11-01

貯金 23:01 貯金を含むブックマーク 貯金のブックマークコメント

 今年を振り返ると、月12000円ずつしか貯金できていない。予定では月60000円のはずだった。
 まず医療費がケタ違いであった。月10000円ほど高い。
 交通費に保険を予測し忘れたのが大きい。来年度はもっと安い保険に変えねば。これで月10000円ほど多い。
 そして存外家族のための買い物(食費・生活費を入れる代わりになっているとはいえ)が多い。月5000円ほど多い。
 外食も意外に多い。8000円ほど多い。
 そして、訳が分からない雑費が月10000円ほどある。これの中身を見てみると、一番多いのはコピー代である。しかしこれは大した金額にはならない。あとは本当にもろもろとしか言いようのないものたちである。これらをもっと項目立てて行かないと削れない。
 健康に気をつけることが大事。
 外食を控えることが大事。同時に家に入れる生活費をもっと限定する必要がある。
 そして保険。
 はあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161101

2016-10-26 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

久々に料理で怪我をする。人差し指の一部が欠損。
今年は厄年だろうか。
次々に病院に行っている。病院に行かない週がない。
先日の大地震でも、他に一切被害がないにもかかわらず、私の部屋の本棚だけが崩壊した。片付けが非常に面倒くさいし、新しい本棚を買う金などない。
厄払い的なことをすべきなのだろうか。
こんな時だからこその転職なのか、こんな時は転職を控えるべきなのか。出費の多いときはどちらだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161026

2016-10-23

[] 21:04 を含むブックマーク のブックマークコメント

堂々巡りを繰り返すばかり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161023

2016-10-16 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

五十肩の具合は、運動のせいか非常にいい。
減量も、初めて一週間になるが、この調子で足裏への負荷を減らしていければいい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161016