killhiguchiのお友達を作ろう このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

1)私は疼痛性障害(慢性疼痛・心因性疼痛・身体表現性障害)です。緩解しています。ブログを、同じ病気の人の役にも立つよう改良中です。治療については固有名詞は避けています。

2)文法毒電波に注意。

@killhiguchi(2013)「現代日本語において、複語尾の終止法独自の用法を、喚体メカニズムで説明する可能性につ いて」Semiannual Journal of Languages and Linguistics 2(1).

の解説を行いました。

その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10

その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20

その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28 その29 その30 その31・完結 補遺

Semiannual Journal of Languages and Linguistics(SJLL)のお買い求めはこちら

2016-11-25

[]主題のモ 23:08 主題のモを含むブックマーク 主題のモのブックマークコメント

 「皿が花瓶を倒して割れた。」において「割れた」のは「皿」でも「花瓶」でもありうる。テ節に続く主節の省略された主語は、テ節の主語でもありうるしヲ格でもありうる。テの後に少しポーズが必要か。
 「皿は花瓶を倒して割れた。」においては、「割れた」の主語は「皿」でしかありえない。主題が省略された主語になる。「花瓶は皿が倒して割れた。」においても、省略された主語は、主題の「花瓶」になる。
 「皿も花瓶を倒して割れた。」においても「割れた」のは「皿」だろう。「花瓶も皿が倒して割れた。」でも「花瓶」だろう。モが主題かどうかは学説によって異なるが証拠が示されることは少なかった。この例はモでも主題の場合があると言えることの証拠になりうる。
 対して「皿だけが花瓶を倒して割れた。」「花瓶だけを皿が倒して割れた。」では「割れた」のはテ節の主語「皿」に限られる。ダケをマデに変えても同様である。これは別の説明を必要とする。
(20161204:「皿」と「花瓶」を間違えていた個所を修正。他にも面倒な注記をしようかと考えたが、やめた。人生は有限だ。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161125

2016-11-23

[] 17:29 を含むブックマーク のブックマークコメント

 在宅ワークのサイトに本気で登録し始めている。自己紹介的なのって、すごくHPが削られる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161123

2016-11-21

22:32 を含むブックマーク のブックマークコメント

 今月中に来年度のことを決める。

[] 22:32 を含むブックマーク のブックマークコメント

 思ったほど体重が減らない。もっと脂質を制限しなければ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161121

2016-11-06

[]ダイエット再開 23:08 ダイエット再開を含むブックマーク ダイエット再開のブックマークコメント

 怪我の連続によって中断していたダイエットを再開する。
 年度末までには60キロ台になって、東京に行ける体にする。

[]シタコトガアル 16:50 シタコトガアルを含むブックマーク シタコトガアルのブックマークコメント

 シタコトガアルは経験を表わす。無生物が主語(主題か?)の場合もあるので、履歴と言った方が良いか。
 アルが述語なので、主題ハPコトガアルという所有を表わす形式なのだろう。主題が現在、過去の事態Pを所有している。そのため、文全体として過去の出来事を表わしているように見える。
 そうであれば、アルが未来を表わせばどうなるか。シタコトガアルは未来における履歴、つまり未来完了のようなことを表わすはずである。その場合のタは過去ではなく、一般に非主文末のタが相対時制過去であるように、主文末のアルが表わす未来よりも前の事態を表わすことになる。
 しかし、所有のアルは未来における所有を表わせるのか。「私は今小銭がある。」に対して「私は明日小銭がある。」は言えるのか。存在の未来は可能である「今あの机には鉛筆がある。」「明日あの机の上には鉛筆がある。」しかし、「今あの机には足がある。明日はあの机の足はなくなっている。」に対して、「今はあの机には足がない。明日あの机には足がある。」はおかしい。
 確かに「明日私は予定がある。」と言えるが、この「明日」はアルに係っているのではないと見るべきである。「予定」に係っているのではないか。アルは、あくまで現在の所有を述べているのではないか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161106

2016-11-01

貯金 23:01 貯金を含むブックマーク 貯金のブックマークコメント

 今年を振り返ると、月12000円ずつしか貯金できていない。予定では月60000円のはずだった。
 まず医療費がケタ違いであった。月10000円ほど高い。
 交通費に保険を予測し忘れたのが大きい。来年度はもっと安い保険に変えねば。これで月10000円ほど多い。
 そして存外家族のための買い物(食費・生活費を入れる代わりになっているとはいえ)が多い。月5000円ほど多い。
 外食も意外に多い。8000円ほど多い。
 そして、訳が分からない雑費が月10000円ほどある。これの中身を見てみると、一番多いのはコピー代である。しかしこれは大した金額にはならない。あとは本当にもろもろとしか言いようのないものたちである。これらをもっと項目立てて行かないと削れない。
 健康に気をつけることが大事。
 外食を控えることが大事。同時に家に入れる生活費をもっと限定する必要がある。
 そして保険。
 はあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161101

2016-10-26 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

久々に料理で怪我をする。人差し指の一部が欠損。
今年は厄年だろうか。
次々に病院に行っている。病院に行かない週がない。
先日の大地震でも、他に一切被害がないにもかかわらず、私の部屋の本棚だけが崩壊した。片付けが非常に面倒くさいし、新しい本棚を買う金などない。
厄払い的なことをすべきなのだろうか。
こんな時だからこその転職なのか、こんな時は転職を控えるべきなのか。出費の多いときはどちらだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161026

2016-10-23

[] 21:04 を含むブックマーク のブックマークコメント

堂々巡りを繰り返すばかり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161023

2016-10-16 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

五十肩の具合は、運動のせいか非常にいい。
減量も、初めて一週間になるが、この調子で足裏への負荷を減らしていければいい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161016

2016-10-10

21:19 を含むブックマーク のブックマークコメント

右五十肩はかなり厳しい。痛みを受け入れながら動くが、咄嗟のときは非常に厳しい。
右の歯も痛くなってきた。一日一病院か。

21:19 を含むブックマーク のブックマークコメント

最近の週末は、昼食を食べると眠たくなって夕方まで寝るというのが続いている。
年寄りだ。
だが、多分、前日に夜更かししてるのに、朝早くに用事のあることが続いているせいではないかとも思う。規則正しい生活、か。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161010

2016-10-09 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

五十肩になる。弱り目に祟り目ってるだろ、今年。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161009

2016-10-02 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

風邪薬のせいだとしても、眠りすぎだ。
何もできていない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20161002

2016-09-17

00:34 を含むブックマーク のブックマークコメント

 またしても原稿依頼を断れなかった。3連休のうち1日は費やすことにする。あと2日は仕事関係。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160917

2016-09-11

21:34 を含むブックマーク のブックマークコメント

 週末が仕事と甥姪の相手で消えてしまった。
 何をしているんだ私は。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160911

2016-09-06

日記を間引く 23:43 日記を間引くを含むブックマーク 日記を間引くのブックマークコメント

 このブログは当初いくつかの志を持ってはじめられた。
 一つは表題のとおりである。そのために自己の全てを写し取ろうとした。しかし、それが目的のための正しい態度ではないことが今の私には分かっている。
 他の目的は面倒なので最早書かないが、いずれにせよ、己を全てここに書くことは、私のためにすらならないことが明らかである。
 よって、過去の日記より、今の私にとって必要でないものを間引くことにする。あるいは、間引いても良い程度に、今の私にとって、過去の私はどうでもいい存在なのかもしれない。どうでもいいというのとは違うか。冷徹に見るべき存在ではなく、抱きしめてやるべき存在なのだろう。だから過去の私を不必要に自分でいじめるような記事は間引いた方が良いのだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160906

2016-09-01

21:40 を含むブックマーク のブックマークコメント

 夏の間足掻いたが、結局、副業は意味がないと分かっただけだったのか。この仕事は続けられないのか。
 だが自営をするにしても、今年度の貯蓄だけでは全く開業できないことが明らかである。恐らく、今年度程度に色んな出費があることを勘案すれば、あと2年はかかる。もっと体調に悪いところが出る可能性もある。そうであれば、自営をするために今の仕事を続けて回転資金を貯めるのはダメだ。両親に借金する方が確かである。
 だが、まだ副業のやり方があるのではないか。これを追求しないことには後悔が残る。確実に。だがタイムリミットはいつにすべきか。もう今からでは今年度の簿記が無理になってしまっている。来年度の春を目指すとする。そうすると、来年度は今の仕事を続けるのは確定とする。翻訳の修行も足りていないのでこれはよい。いや本当にこれでいいのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160901

2016-08-28

20:34 を含むブックマーク のブックマークコメント

 目の痛さからか頭が非常に痛い。アクセプトできない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160828

2016-08-27

21:23 を含むブックマーク のブックマークコメント

 データ入力をやってみて、一番堪えたのは目の痛みだった。もう若くないのだ。果たしてこの調子で今後20年近く副業としてやっていけるのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160827

2016-08-19

21:38 を含むブックマーク のブックマークコメント

 時間の使い方が下手だからか。もっと規則正しくすれば余る時間を副業に充てれるはずだ。
 それとも副業で稼ごうなどというのが非現実的なのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160819

2016-08-13

21:49 を含むブックマーク のブックマークコメント

 無理な気がしてきた。ここ数日行ってきたが。
 副業を行なうというのは全く簡単なものではない。
 ドラマや小説などで、特に女性がいくつものパートを掛け持ちし、などという描写があるが、全く大変すぎる。
 好きな仕事を貫き、かつ収入を得ようとすると副業をせざるをえない、ということで試している。
 しかしこれが無理となれば、話しはまた元に戻る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160813

2016-08-08

17:44 を含むブックマーク のブックマークコメント

 指はテーピングをすることで大分楽になっている。
 ただ、両方の親指の付け根も痛み始めている。
 今日から在宅ワークについて調べ始める。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160808

2016-08-03

21:36 を含むブックマーク のブックマークコメント

 指の調子は変わらず。
 夏バテなのか非常にしんどい。仕事中はマインドフルにアクセプトしているが、家に帰ると家事をすませば布団に直行している。
 耳鼻咽喉科の薬に眠気の成分があるのでそのせいかもしれない。
 盆辺りで在宅ワークをいくつか試そうというのが今の目標。その後で家族に諮る。
 だが、夏休みが昨年から短くなったせいで、やらねばならない仕事ができないので、家に持って帰る公算が大きい。凄く嫌だ。
 私がいなくなる前に自館の変えられるところ全部変えてしまいたいのだが。やはり後任に期待するしかないのか。館は一人が作るものではないのだから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20160803