killhiguchiのお友達を作ろう このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

 

2018-04-06

[]主題 22:43 主題を含むブックマーク 主題のブックマークコメント

「誰が左利きなの?」「太郎が左利きだ」の「太郎が」は主題ではないだろう。
「次郎は左利きだね。じゃあ太郎は?」「太郎は左利きだ」の「太郎は」が主題なのも間違いないだろう。
では「誰が左利きなの?」「太郎は左利きだよ、とりあえず」の「太郎は」は主題だろうか?主題ではないとすべきだろう。ガ格相当のハであっても主題でない場合がありうる。対比かどうかはこの際おいておく。
「誰が左利きなの?」「次郎が左利きだ。太郎も左利きだ」の「太郎も」は主題ではないだろう。
では「次郎は左利きだね。じゃあ太郎は?」「太郎も左利きだ」の「太郎も」は主題だろうか?主題と考えるべきだろう。モでも主題の場合とそうでない場合があるのだ。だが、主題であるかどうかの統語的テストが使えない。客観的に、あるモが主題かどうかをテストする方法を見つけなければ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180406

2018-03-23 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ゲット。今日は職場の送別会。
昨年の送別会の時にも

ゲットした。
自分もいつも10割でありたいし、信頼されるよう誠実な馬鹿正直でいたい。仕事では。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180323

2018-03-21 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ここ2カ月、本をやけ買いをしてしまった。はあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180321

2018-03-14

[]洗礼、堅信礼、聖体拝受をまとめる 23:04 洗礼、堅信礼、聖体拝受をまとめるを含むブックマーク 洗礼、堅信礼、聖体拝受をまとめるのブックマークコメント

 家畜はほぼ貴族(一部、平民の会社)の経営する工場で生産される。生産後、個体品質の差によって性能向上が行なわれる。家畜にとっては学校に当たる。出荷が学校卒業に当たる。性能が特段優れている個体のみが貴族に出荷される。
 工場製でない家畜、すなわち邪蛮に生息する野生の家畜もいる。それらを捕獲・調教するのは貴族のみである。用途は肉便器か性具に限られる傾向がある。
 これらの家畜には白神崇拝信仰が、遺伝的・後天的に与えられている。その過程で、白神の恩寵を感覚的に齎す、いくつかの通過儀礼がおこなわれる。
 ただし、人間にとっては嘔吐を催す儀式である場合もあり、人間と同様に育成されるのが目的である家畜(食用畜や子宮畜など)の場合は、その儀式は行なわれない。
1)洗礼
 尿洗礼により白神信仰に入る儀式である。工場製のものは初等学校に入る入学式を兼ねて受ける。この場合は物質複製機にかけられた工場所有貴族の尿に全身を浸す浸礼である。
 捕獲された原家畜の場合は、畜籍登録時に所有者である貴族から出たばかりの聖水による灌水礼である。
2)堅信礼
 かつては聖体拝受とまとめられていたが、現在は分けられている。白神に仕え使用されるという恵みを受ける資格を得る。
 工場製の場合は、学校卒業時にその工場製であるという烙印を受ける。出荷印である。この烙印は通常は不可視である。複数の上級学校を卒業した個体であっても、最終学校の卒業時にのみ烙印が押される。
 原家畜の場合、調教が仕上がったのを確認する作業が行なわれ、調教済み家畜による、邪蛮生息の親族(6親等以内の血族と配偶者と3親等以内の姻族)の鏖殺をもってはじめて、飼い主の烙印が押され、使用の恩恵に浴することになる。
3)聖体拝受
 堅信礼との前後は、工場製か原家畜かによって異なる。
 工場製にとっての聖体拝受は、出荷され購入されて所属場所が決まった後に行なわれる。購入主の尊体尊血、すなわち大便と経血(もしくは恥垢)を領聖する。購入先が個人でなく公共機関や企業・団体の場合は、その責任者のものを物質複製機にかけたものになる。
 原家畜の場合は順番は逆であり、領聖ののちに堅信礼を行なう。
4)婚姻
 この用語はかつては舌人形のみに用いられていたが、今日では全ての家畜に行なわれる儀礼を指す。初めて白神に使用される恵みを指す。
 工場製で貴族使用となった個体にとって、もっとも胸が高鳴る儀式である。
5)告解
 全ての家畜は毎日業務報告を行なう。これは義務ではない。家畜には権利も義務もない。家畜は業務報告するものなのである。
 家畜の生は罪と汚辱と醜さに満ちている。全ての家畜は日々のそれを含む逐一を毎日報告し、報告後も生存を赦されるという恵みを授けられ、悔悛し、次の日に臨む。
 業務報告を点検するのも家畜による有魂計算機であり(専用の有魂計算機を聴罪機という。)、その中で人間生活にとって意味のある報告だけが人間に届けられる。
6)終油(聖傅)
 業務報告には自己のパフォーマンスの低下も含まれる。一定以上の低下を自認した場合は、その個体は終末願いを出し、黒奴に運搬されて畜肥になる。畜肥になってすぐ、土の上から聖唾を垂らされる。この恵みの儀式を終油もしくは聖傅と呼ぶ。
 慈畜心が深い貴族が家畜を畜肥にせず屠殺する場合もあるが、その場合は、屠殺行為自体が聖傅である。
7)叙花
 畜肥となった家畜は花を咲かせるが、その花のうち一輪は不凋花として購入主に保存され、生前最も私淑していた白神(ワギモカ・ワギモコ)に捧げられるという恵みを受ける。
 平民は死ぬので、平民がワギモカ・ワギモコの場合は、葬儀の際、地面や床に撒かれ人々が踏みしめる花として使用される。これは、公共機関などに所属する家畜の場合も同様である。
 貴族をワギモカ・ワギモコとした場合、貴族は不死であるので、畜肥が分解され切って効能が切れる直前に咲かせた花を即座に、踏みしめるのに使用する。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180314

2018-03-10 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

舌の口内炎が非常に痛い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180310

2018-03-04 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

パネルディスカッションについて勉強しただけで終わってしまった週末。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180304

2018-03-01

[]『PALM』と『FSS』 04:00 『PALM』と『FSS』を含むブックマーク 『PALM』と『FSS』のブックマークコメント

2月に両方共新刊が出た。多分今年の異常気象はそのせいだろう。

[]『坂道のアポロン04:00 『坂道のアポロン』を含むブックマーク 『坂道のアポロン』のブックマークコメント

映画が文科省タイアップなのだが、あの作品のどこにキャリア教育の視点があるのか。高校卒業前に失踪しても神父になる、夢を諦めて周囲の圧力で家業の医者になる、という点がキャリア教育なのか。人生はままならないがその中でも挫折しながら仕事に就くのだ、とかそういうメッセージを、いやうそくさいな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180301

2018-01-08 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

3連休は風邪であった。せめて今晩くらいは絵を描こう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180108

2018-01-01

[]aboutness関係の様々 13:10 aboutness関係の様々を含むブックマーク aboutness関係の様々のブックマークコメント

「太郎は学生{だ/である}。」→「学生{の/である}太郎」
「幹事は太郎{だ/である}。」→「太郎{*の/??である}幹事」(「幹事{の/である}太郎」)
「ジキル博士はハイド氏{だ/である}。」→「ハイド氏{*の/である}ジキル博士」
「太郎は台所{だ/である}。」→「台所{の/*である}太郎」
「太郎は鰻丼{だ/である}。」→「鰻丼{の/*である}太郎」
「牡蠣料理は広島{だ/である}。」→「広島{#の/*である}牡蠣料理」
「魚は鯛{だ/である}。」→「鯛{*の/*である}魚」
 倒置指定文「AはBだ」のAが主題ではないということの現れだろうか。
 同一性文やウナギ文やカキ文は主文現象なのだろうか。

「次郎は太郎が学生だと思った。」「次郎は太郎を学生だと思った。」
「*次郎は幹事が太郎だと思った。」「次郎は幹事を太郎だと思った。(なぜOKなのだ)」
「次郎はジキル博士がハイド氏だと思った。」「次郎はジキル博士をハイド氏だと思った。」
「次郎は太郎が台所だと思った。(総記ならOK)」「*次郎は太郎を台所だと思った。」
「次郎は太郎が鰻丼だと思った。(総記ならOK)」「*次郎は太郎を鰻丼だと思った。」
「次郎は牡蠣料理が広島だと思った。(総記でも厳しい)」「*次郎は牡蠣料理を広島だと思った。」
「*次郎は魚が鯛だと思った。」「*次郎は魚を鯛だと思った。」
 例外的格付与はただのaboutonessではだめだというのはいいとしても、属性でなければならないとは言えない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20180101

2017-12-29 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今日は大掃除をしたり本棚を組み立てたりしたので趣味をする体力がない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171229

2017-12-26 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

今のところ、決められた時間で趣味をするというコミットメントは守られている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171226

2017-12-24 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

忙しい忙しいでは、いかん。転職の勉強と同じで、毎日決められた時間は必ず趣味に費やさないと、このままでは作品を作らないままになってしまう。
明日から1日1時間は絶対趣味に費やす。夜9時半から10時半。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171224

2017-11-29

[]『認知類型論原理』 18:58 『認知類型論原理』を含むブックマーク 『認知類型論原理』のブックマークコメント

買って激しく後悔した。電波だ。

[] 18:57 を含むブックマーク のブックマークコメント

結石は出た。しかし明らかにそれ以外の大きい痛みが腹部と背中にある。いくつも検査したが何も出なかった。これも疼痛性障害の痛みなのだろうか。ただ、ロキソニンが効くのである。ということは、実は何らかの炎症があるのだろうか。それとも、疼痛性障害がよくなってきていて薬が効くようになっているのだろうか。まあ、当面はアクセプトしながら、ロキソニンということになるのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171129

2017-10-25

腸炎ではなかった 21:55 腸炎ではなかったを含むブックマーク 腸炎ではなかったのブックマークコメント

 結石。
 教訓。医者は自分の専門しか見ない。あるいは、いくつかの検査で否定された病気を、他の検査で探そうとはしない。そのせいで、見えているはずのものが見えないことがある。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171025

2017-10-18

[]展覧会 19:40 展覧会を含むブックマーク 展覧会のブックマークコメント

2017-10-01 - killhiguchiのお友達を作ろうで書いたように、初めて展覧会に出品した。このページ「幻想美少年展 第参章」開催中です! - ギャラリーソラト Gallery Sorath の下の方に、私の作品の写真が載っている。奇妙な感じだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171018

2017-10-10

腸炎 22:43 腸炎を含むブックマーク 腸炎のブックマークコメント

 今年も厄年か。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171010

2017-10-09

[]下腹部 19:33 下腹部を含むブックマーク 下腹部のブックマークコメント

 非常に気持ち悪い。痛いのではない。今日一日アクセプトしていたが、これは生物的に何か起きているのではないか。病院に行かねばならぬのか。

[]宝石の国 00:35 宝石の国を含むブックマーク 宝石の国のブックマークコメント

 案の定、アニメを何回も見返してしまう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171009

2017-10-01

[]展覧会 00:53 展覧会を含むブックマーク 展覧会のブックマークコメント

などというものに出すことになった。幻想美少年展 第参章 - ギャラリーソラト Gallery Sorath
以前、もう5年以上前だが、入院したところの准看護師さんが趣味で水彩画を描いていて、それを近隣の郵便局に貼ってもらったり公民館の展覧会に出したりしているのを聞いて、そういうことで人と繋がって行くことが大事だと思ったのだが、私の絵は公序良俗的なやつではないので、ネット上でしか繋がっていなかった。ネット上では非常にありがたい出会いがたくさんあった。私の絵は実物を見ても面白くもないものなので、どれほど展覧会に参加する意義があるのか甚だ不明だが、でも誘われたのは何かの縁だろうと思い、参加することにした。
良縁が増えるといい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20171001

2017-09-24 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

やっと風邪から立ち直る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170924

2017-09-22

[]述体3分割 05:27 述体3分割を含むブックマーク 述体3分割のブックマークコメント

やはり一昨日のは上手くいかない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170922

2017-09-19

[]述体の三分割。 23:06 述体の三分割。を含むブックマーク 述体の三分割。のブックマークコメント

 喚体の基本的分割は、叫ばれた名を持つモノがどこに存在するかだった。モノの基本が存在であれば、その様々は存在位置による。価値次元にあるか事実次元にあるかで分かれ、価値次元にあるのが希望喚体であった。事実次元のうち、今ここにあるのが感動喚体であり、それ以外が非感動喚体であった。
 対して、述体の基本的分割はどうなるか。そこが今一つはっきりしなかった。述語で述べることが可能になるということは肯否が可能になるということだ。あるいは、命題を構成することが可能になったということは真偽が問えるようになったということだ。どちらも名詞一語の喚体では不可能である。真偽が問えないかどうか、肯否が可能かどうかが基本的分割線となるだろう。疑問、仮定、祈願、いずれも述体を構成しただけであって即自的な意味での肯定作用はともかく積極的に肯定されてはいない。主述の組み合わせを仮構しただけである。これをかつては異世界開拓と呼んだ。対して、真偽判断可能なもののうち積極的に肯定され真偽が明確に定まっているものは、当然、話者の知識であるが、眼前描写や嘘もここに含まれる。かつては知識文と呼んだ。そして残りが判断実践文である。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/killhiguchi/20170919