Hatena::ブログ(Diary)

A puzzler on the trail

2010-08-07

メインのブログをBloggerに

最近ここはTwitterのログ保管庫になっていますが、しばらくメインにしていたLivedoor blogから再度引っ越します。いくつか試した結果、Bloggerに引っ越すことにしました。

ブログ: http://ser-lys.blogspot.com/

2009-09-02

なぜ生物学者で物理学や数学を嫌いな人がいるのか

理系バカと文系バカ (PHP新書)」を読んで感じたこと。文系理系の距離よりも、理論屋と実験屋の距離の方が遠いかもしれないということです(苦笑)。

理系バカと文系バカ (PHP新書)

理系バカと文系バカ (PHP新書)

理論屋はどちらかというと演繹的な思考を得意として、実験屋はどちらかというと帰納的な思考が得意な人がなるというイメージがあります。それを再度確認させられたのは本書の次の分です。

物理学」を敬遠するのは文系人間だけではない。理系人間のなかにも「物理学」に拒絶反応を示す人たちがいる。それは「生物学」の人たちだ。「生物学」に進んだ人は生き物が好きな人はもちろんだが、「物理学」と「数学」が嫌いで「生物」を選んだ人が意外と多い。そのため「物理学」や「数学」を毛嫌いしている人も多い。

生物系の人で、「物理学」や「数学」を「嫌い」なタイプって、いくつかあると思いますが、そのひとつは本書の中に書かれているタイプです。

以前、生物学者の池田清彦さんのこんなエピソードを聞いたことがある。池田さんも、xが入ってきた時点で数学が分からなくなったそうだ。原因は「x=1というのは何か」というものだ。池田さんは、「イコールというのは同じことだろう。<1=1>は分かる。1が1と同じになりイコールは分かるんだけど、xと1は違うのに、なぜ<x=1>なんだろう?」。ここで分からなくなったそうだ。実は数学は、根源的にものを考える人ほど、分からなくなる。

で、「数学」や「物理学」の授業はというと、「このように考えるものだ」とどちらかというと演繹的に進められていって、その「なぜ」が解消されないまま進んでしまう。それで、「数学」や「物理学」に嫌気がさした人が、観察される現象の「なぜ」をひたすら追求する学問である生物学に流れてきているのでしょう。まあ、とはいっても、「物理学」や「数学」の知識がないと実験データを読めませんから、生物学でも物理学数学の知識はある程度必要とされるんですけどね。

あと、生物学の場合、実験環境の統制には限界がありますから、統一理論とか綺麗な数理モデルを作ろうとする指向はどちらかといえば弱いですし。綺麗な数理モデルが役に立つ分野は限られていて、ひたすら実験・観察結果から事実を積み上げていくという分野の方が圧倒的に多いですね。そのため、「嫌い」というよりも自分の分野ではあまり使えないと思ってスルー気味のタイプの人も多いかと思います。

そしてこの本を読み終わって感じたこと。著者の竹内さんってどちらかといえば理論屋さんだなあと(苦笑)。

2009-08-31

逆基準性の問題と税の直間比率見直し

会計学はこう考える (ちくま新書)」を読んで、逆基準性の問題が日本の法人税論議に与える影響が気になりました。

会計学はこう考える (ちくま新書)

会計学はこう考える (ちくま新書)

「逆基準性の問題」とは、会計上の利益を基準として課税所得を算定する原則に対して、実際には課税所得を基準として会計における利益計算がおこなわれることです。要は、企業は利益を極大化するように経営されるはずが、税金の支払額を最小化するように経営されることです。株式上場企業ではでは配当原資等になる利益が小さくなってしまいますから、利益が小さくなるような経営に対しては株主からの圧力でブレーキがかかるはずです。しかしながら従来の日本企業では経営陣がそのようなジレンマに遭うことが少なく、逆基準性の問題が顕在化していると指摘されています。そうであるとすれば、利益率の国際比較で日本企業の低収益性が問題にされますが、日本企業においては利益率に下方バイアスが存在する可能性がありますね。また、法人税率についても、企業のそのような行動を前提として税率が決められているとすれば、見かけ上高税率に見える可能性がありますね。

選挙の季節で消費税についても触れられていましたが、間接税の比重を上げた方が良いように思えます。直間比率見直し論者の方がよく主張されるように、企業が活動する以上、利益の有無にかかわらず支払わなければいけませんからね。外形標準課税の導入とかは抵抗が強いでしょうし。消費税を上げる代わりにベーシックインカムの導入と、所得税、法人税減税とセットなら副作用も少なくてすむと思うんですけど。でも、いまの日本の政治状況からは、消費税の増税はしばらく無理だろうなあ。

2009-08-28

コメント欄をゲストコメントに戻しました。

最近、ちょっとした話題だとtwitterに書いてしまうこともあって、ここの更新頻度落ちていますが、「スパムコメント、スパムブログ対策を強化しました - はてなダイアリー日記」という記事をみて、コメント欄の制限をなくしました。まあ、スパムコメントの削除とかが面倒というのもあって、ログインユーザのみにしていたんですが、対策強化されたのならとりあえず解除してみましょうということで。

2009-08-23

科学者かそうでないかの見分け方

少し前のエントリーになりますが、まっとうな神経科学者の方々は現在の脳科学ブームにたいしてかなりの危機感を抱いていますね。過大な期待をかけられてブームになって、当然のごとく一般の人の目からは期待はずれに終わって、取り残されたまっとうな研究者が苦労するというのは科学の世界では繰り返されていますから。

ただ、僕がここで強調したいのは「現在のfMRI(のみならず神経科学という学問全体)では出来ません」ということを、現場の研究者が恥じたり臆することなくきちんと世間に向かって表明することの大切さです。基礎科学研究への世間の風当たりが厳しい昨今においては、パトロンたる国や国民(「納税者」ともいう)を納得させられるような研究の「見込まれる成果」や「有用性」をアピールすることが重要であることはいうまでもありません。ですが、一方でそのような風潮は容易に「まだできない」「今は無理」という基礎科学研究の実態を容易に覆い隠してしまいます。

そういった「現在の科学の限界」を隠すことと引き換えにバラ色の未来を約束することで、ニセ科学や「似非脳科学」がつけ入る隙を作り出しているのだとすればこれは実に由々しきことです。そういったまがいものが跋扈し続ければ、いずれは本物の科学そのものの信頼性もまとめて失われることになりかねません(「啓蒙と警鐘:骨相学の教訓に学ぶ」)。たとえ一時的に世間からの期待感を削ぐことになっても、研究者はその誠実さを示すために科学が作り出し得るバラ色の未来像だけでなく「現在の科学の限界」をも勇気を持って示すべきです。

大「脳」洋航海記 » Blog Archive » 現場の研究者はその研究の素晴らしさを語ると同時に「難しさ」も語るべきだ

He seems to be a professor of law. While we were chatting, I was shocked in his words.

What he said was
“I heard recent fMRI technology can surely detect who is lying and who is not lying by monitoring brain activity, right ? That is wonderful! We should use that.”.

I expected someone will deny it. But nothing happened. Then, I reluctantly said,
“Sir, that is myth. You should not buy it.”.myth - BrainHackers - Naotaka Fuji

どうも世間には、fMRINIRSを含む脳機能イメージング装置に対して、なんでも出来る、なんでも分かるというような思い込みがあるような気がしてならない。

現場でそれを使っている人間には、その限界を思い知らされることばかりなので、このギャップには、本当に困惑する。

たしかに、自分の研究を広く知ってもらい、また役に立つ研究だと思ってもらうには、いろいろな方法でアピールすることが重要だとは思うが、今のマスコミの取り上げ方(と、それに便乗する一部の研究者の姿勢)には、問題が多いと思う。

やはり、「分かりやすさ」だけではなく、その「難しさ」についても話すことが、どこかで必要なんじゃないだろうか。

Procrastinator's column:fMRIでは、そんなこと分かりません!!

これらのエントリーを見られると、現在の脳科学ブームの危うさがわかるかと思います。昔は測定手段がかなり限られていたこともあってわからないですんでいたことが、測定技術の進歩からいろいろなデータが得られるようになって、逆にデータの解釈をめぐって混乱が起きているような。

結局科学者の見分け方って、できることを語ると同時に、現状できないこと、わからないことを率直に語れるかだと思います。もちろん未知の領域にチャレンジする以上、困難を乗り越えてブレイクスルーするためには夢を抱き語ることは重要です。そうでないと研究費も集まりませんしね(苦笑)。ただ、できることしか語らないとしたら科学者としてはちょっと?と思ってしまいます。