ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

平和の温故知新@はてな このページをアンテナに追加 Twitter

プロフィール メールフォーム

06年08月28日

[]「○○なライトノベル」を増やそう(一覧付き)

なんとかなラノベ

お題について回答してもいいのだけど、

項目を増やす方向にネタが浮かんだので列挙してみんとす。


つか、某雑誌にこういう企画あったよね・・・

そして、「これをまとめると同人誌一冊作れるんじゃね?」

という余計なアイディアも浮かぶ。

・・・いや、思いついただけですけど。

やるかどうかなんてわかりませんけど!!


熱血なライトノベル

変わった職業が出るライトノベル(改題)

ケモノor尻尾なライトノベル

言葉遊び(戯言)なライトノベル

青春してるライトノベル

東方ファンタジーなライトノベル

おバカなライトノベル(注意:ネタです)

メイドさんなライトノベル

変わった魔王の出てくるライトノベル

神様が登場人物なライトノベル

主人公がヘタレなライトノベル




追記

幾つか注意点というかお約束

「作品選択基準は独断と偏見に満ちています」

「〜な要素も含む、といった作品は除外される傾向があります」

「基本的に、各項目が好きな方にオススメできるような作品を選んでいます」

「紹介している作品はほぼ全て最新刊と思われるものを選択しています」

「項目は順次追加されたり、新項目として独立したりするかもしれません」

[]熱血なライトノベル

「展開が少年漫画的」

「勢い良く読ませる内容」

とある魔術の禁書目録(インデックス) (10) (電撃文庫)

現在、電撃で最も勢いのある熱血作品。

各巻ごとに超能力オカルトテーマになっていて奥も深い。

「とある魔術の応援目録」絶賛通販準備中!

お・り・が・み 澱の神 (角川スニーカー文庫)(完結)

勢いのある展開が持ち味で、先ごろ見事に完結した作品。

強さのインフレを上手くコントロールしている。

「お・り・が・み初心者読本CD」も、絶賛通販準備中!

フルメタル・パニック! 燃えるワン・マン・フォース (富士見ファンタジア文庫)

ダイハード」が大好きな作者が燃え作品を作ったらこうなります。

ボーイミーツガールを軸に、とことん「ワクワクする」シーンの詰まったシリーズです。

コメディ主体の短編も、本編とのギャップがあって楽しめます。

斬魔大聖デモンベイン 軍神強襲 (角川スニーカー文庫)

元はPCゲームですが、「ロボ+クトゥルー」というぶっ飛んだ組み合わせに、

人外ロリキャラと格好良い男性キャラを詰め込んだ怪作。

リンクで紹介している、古橋秀之氏のノベライズ原作同様に熱いです。

9S(ナインエス)〈7〉 (電撃文庫)

超能力バトルもの、といった面が強く出ていますが、

この作品の真価は主人公男女二人が共に戦う姿にこそあるでしょう。

ケレン味たっぷりの敵役、脇役も見所です。

エトセトラ上等。 (MF文庫J)

どこにでもいる普通高校生テンション高めに突っ走ります。

その主たる理由は「惚れた相手を救うため」

・・・これが燃えずにいられましょうか!

シリーズ自体は紹介している短編集で一区切り。ただしまだ続くようです。


全体的にシリーズ展開多し。

このジャンルに1巻完結はあきらめたほうがいいかも。

[]変わった職業が出るライトノベル(改題)

「登場人物の職業が内容に大きく関わる作品」

(追加)「ライトノベルとして一般的な職業(探偵・何でも屋)などは除外」

魔法鍵師カルナの冒険〈4〉世界で一番好きなあなたへ (MF文庫J)魔法鍵師:個人)

桜乃きらほの恋愛処方箋 (MF文庫J)魔法医師:個人)

テレビドラマの「職業もの」をうまくラノベに落とし込んでいます。

鍵あけ描写や、魔法治療の様子とそれに伴う人間ドラマが見所。

図書館戦争(図書隊員:組織

図書館司書が銃を持って戦う、作者の趣味全快の作品。

それだけに留まらず、「ラブコメ趣味もてんこ盛りです。

戦う司書と黒蟻の迷宮 BOOK3 (集英社スーパーダッシュ文庫)(戦う司書組織

(一部未読)

一つ上と違うのは、舞台ファンタジー世界というところ。

管理する本は、死者の記憶を持っています。

そんな設定ならではの物語が展開されます。

ラジオガール・ウィズ・ジャミング (電撃文庫 (1288))海賊放送局組織

架空世界の戦後間もない時代に、

ゲリラ放送を続ける女の子物語です。

マスメディアの底力を見ることができるでしょう。

シリアスレイジ (4) (電撃文庫 (1295))(変異種採集者:個人?)

自然を相手にする職業ですが、そこには人間も抜いては語れません。

同種の職業で、様々な立場キャラが描かれます。


既存の職業にひとひねり加えたのが多いですな。

や、たまたまそういうのを集めたともいいますが。


追記:

条件を一部変更。合わせて項目名を変更。

既存リストから揉め事処理屋と魔王を除外。

以下作品をコメント欄より追加。

よくわかる現代魔法 TMTOWTDI たったひとつじゃない冴えたやりかた (集英社スーパーダッシュ文庫)(現代魔法使い:個人)

フルメタル・パニック! 燃えるワン・マン・フォース (富士見ファンタジア文庫)少年兵兼傭兵組織

[]ケモノor尻尾なライトノベル

「文字通りケモノキャラが出てくる作品」

ケモノに例えられるキャラが出てくる作品」

「ここでは悪魔娘の類は除外」

狼と香辛料 (2) (電撃文庫)(しっぽアリ)

もはや説明不要。ホロかわいいよホロ。

あ、経済ファンタジーとしても興味深く読めますよ?

とらドラ〈2!〉 (電撃文庫)(しっぽナシ)

しっぽは無いけど、あっても違和感ありません。

タイガーなので、迂闊に近づくと要注意です。

ラブコメしてる姿は可愛いですよ。

いぬかみっ!〈10〉 (電撃文庫)(しっぽアリ)

未読

かのこん〈4〉オトメたちのヒミツ (MF文庫J)(しっぽアリ)

一部未読。

間接的なエロ描写が話題になりやすいですが、

隠れた要素としてしっぽ成分も濃い目です。

オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)(しっぽナシ)

こっちはオオカミですが、実在のケモノではなく

童話のオオカミがモチーフ

ラブコメには定評のある作者が、人情話を交えて楽しませてくれます。

狂乱家族日記 六さつめ (ファミ通文庫)(しっぽアリ)

猫耳でシッポの付いた人妻さんが家族のために大奮闘します(本当

ただ、全編に渡り作者の趣味で味付けされているので要注意。

ハマるとなかなか楽しめます。

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)(しっぽナシ)

かつて「狼」とまで呼ばれた少女が、「小市民」になるべく努力する話。

や、まぁ本筋は日常ミステリなのですが、

このキャラクタの魅力はそんじょそこらのラノベに負けていないと思います。

たぬきつ!(1) (ファミ通文庫)(しっぽアリ?)

未読。題名どおり狸らしいです。

あそびにいくヨ!〈8〉バレンタインデーのおひっこし (MF文庫J)(しっぽアリ)

宇宙人だけどネコです。耳も尻尾もあります。

更にマスコット的なネコ型ロボも出てきます。

彼女らに世界中が振り回されるお話です。


じ、冗談抜きで多いんですけど・・・

挙げたの全部ここ半年くらいの作品ですよ?

やはり次の時代は「しっぽ」なのか・・・


追記

以下作品をコメント欄より追加。

はにかみトライアングル〈3〉 (電撃文庫)(しっぽアリ)

未読

我が家のお稲荷さま。〈5〉 (電撃文庫)(しっぽアリ)

一部未読

わがままな狐がたまには格好いいところを見せるお話。

日常ほのぼの要素もあり。

紅牙のルビーウルフ〈3〉西の春嵐 (富士見ファンタジア文庫)(しっぽアリ)

一部未読

王道ファンタジーかと思いきや、ヒロインは狼娘です。

サブキャラの狼たちもふさふさでもこもこです。


さらにしっぽ度合い追加。

「どかどかどかん」「十二国記」は個人的な規定値を満たさなかったので、

かなり迷いましたが不採用にしました。すみません。

どちらも、「ケモノ小説」というより別の言い方がしっくりくるもので・・・


追記その2

以下作品をコメント欄の指摘により追加

魔獣戦士ルナ・ヴァルガー〈12〉天命 (角川文庫―スニーカー文庫)(しっぽアリ)

未読。トカゲっつうかドラゴンというか・・・

もはやしっぽとかそういうレベルではないような・・・

[]青春してるライトノベル

青い春ですよ!せーしゅんですよッ!!」

「更に恋愛ものとそれ以外(スポーツ系)に分類できるかも」

「今回は恋愛ものを中心にセレクト」

わたしたちの田村くん〈2〉 (電撃文庫)(一応完結?)

空とタマ―Autumn Sky,Spring Fly (富士見ミステリー文庫)(1冊完結)

ニライカナイをさがして (富士見ミステリー文庫)(1冊完結)

悠久展望台のカイ (MF文庫J)(1冊完結?)

天使のレシピ〈2〉 (電撃文庫)

イリヤの空、UFOの夏〈その4〉 (電撃文庫)(完結)

テーマだけに、区切り良いものが多い。

時期がら、夏にオススメな作品が揃っているのも特徴かも。

夏はやはり青春する季節なんでしょーか。

[]おバカなライトノベル

既に企画があるようなので、

本項目は某まいじゃーな人パスします(笑

[]執筆およそ2時間のあとがきのようなもの

疲れたよ!!!1!

ちなみに、

SF」「ミステリ

「現代ファンタジーとか学園異能とか新伝奇とか」

この辺は蛇が出そうなのでつつきませんでした。


や、しかしまぁ分類してみると「分類不能」の存在が浮かび上がって面白い。

それがまたライトノベルの良い所なんだろうなぁ。

そしてもう一つ。

川上稔氏の日記(06年08月17日)より

物事をカテゴライズジャンル化とも言うか)することで対象を理解した気になるのは馬鹿のすることだというのは、ずっと昔から言われてきたことだよなー、とか。 その中でももっとも馬鹿なのは、既存のカテゴリに対し、自分のカテゴリ名を与えて「既存を自分のものにしようとする」カテゴライズだよなー、とか。

色々と反省と自戒

ただ、「カテゴライズすることによる判りやすさ」には価値があると信じたいところ。

まとまってないけど終わる。


追記

メイドさんライトノベルを追加。

このネタで一週間引っ張れたんじゃねぇの?という心の声に軽く凹む。


追記その2

こっちにも一覧投下

熱血なライトノベル

変わった職業が出るライトノベル(改題)

ケモノor尻尾なライトノベル

言葉遊び(戯言)なライトノベル

青春してるライトノベル

東方ファンタジーなライトノベル

おバカなライトノベル(注意:ネタです)

メイドさんなライトノベル

変わった魔王の出てくるライトノベル

とりあえずメンテはこれでひと段落

あとはツッコミ待ちかな。


追記その3

2期工事終了。

建て増しし過ぎて凄いことになってきました。

反省点としては、作品選択条件の定義が曖昧だったことが挙げられます。

またしばらく反応の様子見します。


追記その4

2.5期工事中断。

全作品の紹介文はちょっと勘弁してください・・・

既読のものは明日も引き続き書き込みます。

0000 | 00 |
0006 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 04 |
2014 | 04 |
2015 | 03 | 04 | 10 |
2016 | 01 | 03 |