平和の温故知新@はてな このページをアンテナに追加 Twitter

プロフィール メールフォーム

07年02月28日

[]買い物

そういえば、昨日いろいろ新刊を買ったときに少年陰陽師・・・じゃなくて「少年検閲官」を購入。

行きつけの本屋に置いてなかったのだけど、重版分が再入荷したっぽい。

めでたいことです。


ちなみに「僕僕先生」も読み中。

寝る前の短時間で半分読めちゃうくらい手軽だった。

[]ひぐらし日記

(前回のあらすじ)

盥回し→暇潰し→綿流しの順に進行。


以後、順調に

目明し→鬼隠しとプレイ。怖さではやはり綿流しが断トツ。

次は・・・罪滅しに入れない?

しょうがないので祟殺しのフラグを立ててひと段落


スタートボタンでシーンスキップが出来ることに気づいたのだけれども、未読部分では使わないことにする。時間はかかるものの、細部は覚えてないので思い出すため。

確か前半4編をやったのが04年秋頃、目明しが04年冬で以降はリアルタイム。比較的最近やった皆殺し編は相当だるい予感。

(まぁそれでも皆殺しすら去年の1月ごろなので結構前ですが。


ちなみに前回の日記で「祭囃し編」に言及しているものの、これは間違い。PS2版新規シナリオ差し替えられているらしい。

さてさて、あとどのくらいかかることやら・・・

07年02月27日

[]「ハルヒ 2期」の検索で来る人が多い

最近新刊の話題もあり、たまにアキバblogやオタロードblogからリンクされることもあって昨年11月10日付の「ハルヒ2期は来年秋らしい」という記事へのアクセスが目立つ。

ただ、今の私的にはちょっとこの話の信憑性について疑問に思うところも。

らきすたを2クールやったら秋になってしまうし、1クールだとしても間が無さすぎるように思う。労務に気を使う京アニがそんな無茶をするだろうか。


結局のところ「現時点では確たる情報ソース無し」という考えでお願いしたいところ。

07年02月26日

[]申し込み完了

コミケへの申し込みをアンケートなども含めて完了。

・・・はてさて、どうなることやら。

[]昨日の買い物

昨日はみみけっとに行ってきました。

・・・あー、そこそこ、ドン引きしないように。

猫のぱらいそというサークルさんの狼と香辛料を買ってきただけです。

2冊ほど余分に買ってきたので、オフなどで会う可能性のある希望者は連絡どぞ。ラミカもついてまっせ。

↓みたいな感じでまんだらけ通販委託しているようなので、興味のある方はそっちでもいいと思います。

screenshot


なんか昨日も書いた気がしますが・・・

平和の温故知新はマイナー作品のライトノベルキャラ絵師さんを全力で応援しています。


追記

うーむ、はてなスクリーンショットが上手く機能していないので画像が見れないかも・・・

07年02月25日

[]ひぐらし日記

(基本的にプレイ済みの人向け)

初回プレイ盥回し編で終了。

2回目はなぜか暇潰し編がアンロックされたのでプレイ

3回目は綿流し編。ついさっき終了。やっぱこれが一番怖いですわ。全部判ってるんだけど怖かった。

順当に目明し編がアンロック


次は鬼隠しか目明しかな。皆殺しと祭囃しはまだまだアンロックされないっぽい。

序盤〜中盤のシナリオは救いが無いのでしんどいのよね・・・


ちょっと気になるのは、フローチャートの見慣れない箇所に分岐があること。

フローの位置から何のシナリオかは推測できるのだけど、後半の分岐とか何を指しているのだろう?

[]TOPイラスト更新

鶴屋さんみくるさんiM@Sバージョン。素敵です。

ネタの指定は私で、キャラの選択はツジマ氏。


平和の温故知新はライトノベルキャラを描く絵師を応援しています。

[]まんたんブロードレビュー2月版

今月は配布日が休日だったため、出かけたついでに渋谷の大盛堂で確保。

以下、今回は格納してみます。

続きを読む

07年02月24日

[]私信

安眠練炭さんより指示を受領する。

そういや私のPCメアドプロフィールページから削除したのでした。

いまはメールフォームを使ってもらうようにしています。


続きを読む

07年02月23日

[]ライトノベル担当記者さんの有川浩インタビュー

“危機”に出でよ、日和らない上司! 〜有川浩『図書館戦争』シリーズ

ライトノベルを買う大人は恥ずかしいか? 〜有川浩『図書館戦争』シリーズ


なんか記者さんの名前に見覚えがあるなぁ・・・と思ったら、【ヒットの“共犯者”に聞く】 涼宮ハルヒの場合 I記者さんでした。

ライトノベル系の記事を出す記者さんで名前を覚えたのはまんたんの渡辺記者以来2人目かもしれません。


んで内容なのですが、個人的には2本目のインタビューが良かったです。ミリタリー好きになった理由とか旦那さんについてとかを話しています。

読後は有川浩氏を応援したくなる気持ちが更に上昇。今後も新作即買いの対象です。

以下、印象深いところをちょっと長めですが引用します。

有川 大人の読者さんに対しては、ライトノベルは、パッケージングで損をしているところがすごくあったりしますね。けれど、基本的には少年少女のものだから、パッケージングがそうであることは当たり前なんですよね。それを「みっともない」とか、「恥ずかしい」とかいうのは大人の勝手な言い分であって。だから、私は大人のためのライトノベルというのを書きたいというのがずっとあって。ハードカバーでも、ずっとライトノベルを書いているつもりですね。

上記のような感じで有川氏のライトノベル定義について触れられていたのですが、内容は新城カズマ氏のそれと近い方向性でした。ライトノベル「超」入門 [ソフトバンク新書]で述べられていた、「ライトノベルは形式(レーベルとかか挿絵とか)ではなく手段」という考えです。

桜庭一樹氏や橋本紡氏のスタンスとはまた違う感じのようで興味深いです。


有川 個人的には、私は大人になってもライトノベルみたいな話が読みたいんですよ。学生の頃に楽しんだ、痛快で爽快な。でも自分が大人になっちゃったから、子供ばっかり活躍するよりは、もうちょっと大人にも活躍してほしいな、みたいな感じの。だから、大人にもライトノベルを分けてくれという感じ…。私はそういうスタンスですね。

このスタンスである限り有川氏を応援できるんじゃないかなー、と。

図書館シリーズ」の実績を考えると、こういう路線もアリなんじゃないかと思えてきますね。

とりあえず次は「図書館シリーズ」の完結っぽいですが、電撃文庫のほうには戻ってきたりしないのかなぁ・・・?


インタビュー全体の感想としては、ちょっと記者さんの体験談が多い印象が(苦笑

ただその分、インタビューバックグラウンドにある意図が判りやすいので読みにくいということは無かったです。

それと写真がいいなぁ、と思いました。ライトノベル関連の記事だとたまに「写真がちょっと・・・」というものがありますけれど、今回のこれはプロの仕事という感じ。

かなり楽しく読めたので、今後もこういう記事が出ることを期待したいところです。

[]ヤングアニマル七草氏のイラスト

コンビニヤングアニマルを見かける。

すると、なぜか七草氏のイラストが載っていた。

・・・ん?と思ってパラパラ見たところ、「表紙のグラビアアイドルが実写版しにがみのバラッド。の主演」→「じゃあ七草氏のイラストモチーフにしたコスプレグラビアだ!」という流れらしい。

参考:人気急上昇中のしょーこチャンが、主演ドラマ「しにがみのバラッド。」とのコラボ・グラビアで登場!!


モチーフになったイラスト画集「ななくさのバラッド。」からだとか。

・・・七草氏のイラストは好みの部類なんですが、コスプレには向いてないような・・・と思いましたとさ。

あるいは、「コスプレする前提」で描くと違うのだろうか。よくわかりません。

個人的口直しに画集の表紙をぺたり。

ななくさのバラッド。

07年02月22日

[]新刊「涼宮ハルヒの分裂情報楽天で確認される

ラノベの杜〜新刊案内〜 角川スニーカー文庫


流石です。とりあえず確定でいいんじゃないかと。

や、昨日あたりから噂が出ていたのは確認していたのですけれど、セブンアンドワイなんかにはまだ登録が無かったのですよね・・・

前述の噂の件から考えても、もう書店レベルには新刊告知出ているんじゃないかと思います。


さて今回の表紙は誰かなぁ・・・?


23日追記

セブンアンドワイにも登録確認されたようです。

同時発売はもうちょっと増えるかも。

[]PS2ひぐらし雑感

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)


とりあえず綿流し直前までプレイ


共通ルートっぽいものを設定していて、そこから各シナリオに入る感じなのかな。

イラスト違和感無し。音楽も思っていたよりはマシ。効果音はほぼそのまま。

さてさて、飽きずに終わるかが問題です。

07年02月21日

[]ラノベ議論は巡るよどこまでも

・昔、ライトノベル論があった

(直近で大きかったのは04年頃の解説本ブームの頃。昨年もあった気がする。)

・誰かが以前の議論を知らずに関連した記事を書く

(しばしば事実誤認や見解の相違を生む)

・昔の議論を知っている人が対抗記事を書く

(議論の参加者のこともあるし、そうでないこともある)

・もういちどライトノベル論が始まる←いまここ?

教養主義と非教養主義がぶつかる。特にSFがよく引き合いに出される)

[最初に戻る]

07年02月20日

[]あー・・・

やっぱり最初っからがっつりリンク&TBするべきだったかなぁ・・・?

今回の判断は裏目に出た気分。

07年02月19日

[]判らないように書く話

私は直接関係が無いのだけれど、気になる話題ではあるのでノーリンクで言及という荒業を使います。わかる人だけわかってください。


(前提)

「歴史が完成していないジャンルなので世代間の断絶がある」

「特に04年前後のライトノベル論ブームの前後で大きく隔たりがあるっぽい」


(今回のポイント

「自分が書くことは自分の主観でしかない」→「予防線を貼っても曲解される可能性について問題意識の個人差」

事実誤認は訂正すべきだけれども、それ以上は個々人の考え方による」

異論を述べるときは無闇に攻撃的な文言を入れない」


個人的には非難している内容に同意する部分もあります。例としてあげている箇所はちょっと引っかかりつつもスルーした箇所だったり。

それを踏まえるとやっぱりライトノベル版動ポは必要・・・というのが個人的な考え。できれば動ポみたいに荒れない、無難な内容のやつを希望

希望するだけかよ!とかそういう話はまた別途。

(参考:ラノベ論とかその辺


それともう一つ。webでのライトノベル論とかその辺の話題って高確率でループしますね。お恥ずかしい話ですがこのサイトも開設当初はライトノベルの定義について熱く語っていたりします。最近はその手の議論を生暖かく見守る感じに。ある程度の周期でサイトの消滅と新生が起こり、歴史は繰り返す・・・と思っています。

(更に言えば、古参サイトほど落ち着きが出てきて荒れる話題に消極的になる気が。

ウチのスタンスは「基本的にスルー、明確な誤認とか認識違いがあるときは対抗記事を出す」感じでしょうか。複数の見方が提示されていれば、後の判断は見た人任せにしちゃっていいと思ってます。

あんまりまとまっていませんがとりあえずそんなところで。


即座に追記

うん、どうみても釣られてるよね。首を突っ込まないのも選択だよね・・・と、某所をみて凹んだ。


20日追記

こっそり書いたつもりなのに他所との絡みなどでがっつりホッテントリ入りした件について

今更ながら言っておきますと、上のやつを書き上げた後にREVさんの記事に気がつきました・・・

あと昔の話題幾つか発掘。

ライトノベルの基礎教養(無くても困らないがあると役に立つもの)

教養主義に関する私の考えなど。

ラノベ語りは何のため?誰のため?

なんか後半グダグダですが、まぁ当時の私の考えと言うことで・・・

あと、プロフィールにもいろいろ抜粋してあるので気になった方は左上のIDリンクからどうぞ。

07年02月18日

[]買い物

富士見の新刊を買いに出かけたら空振り・・・

もう一つの目的であるハヤテだけ買うのも癪なので、既刊に手を出してみたり。

ハヤテのごとく! 10 (少年サンデーコミックス)神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン (GA文庫)ウィザーズ・ブレイン〈3〉光使いの詩 (電撃文庫)ウィザーズ・ブレイン〈4〉世界樹の街〈上〉 (電撃文庫)ウィザーズ・ブレイン〈4〉世界樹の街〈下〉ウィザーズ・ブレイン〈5〉賢人の庭〈上〉 (電撃文庫)ウィザーズ・ブレイン〈5〉賢人の庭〈下〉 (電撃文庫)

画像が出ませんがウィザブレは3巻も購入)


ポリフォニカを買ったら栞を選べ、とか言われたので適当に引いたところなんかテレカも当たりました。我ながらどうでもいいところで運を使います・・・

ウィザーズ・ブレインは既刊一気読み対象だったのだけどついつい後回しにしていました。電撃hpの特集を読むためにもそろそろ読み時かな、と。

07年02月17日

[][]「射手座の日」とか「クジラのソラ」とか「エンダーのゲーム」みたいなゲームがすぐそこに

『NEW SPACE ORDER』

 プレイヤーは、国家指導者となり、星々を占領し、内政軍政を整備し、艦船生産し、敵と艦隊戦を行い覇権を争います。


いま開催中のAOUショーに出展しているそうです。

RTSリアルタイムストラテジー)という、異様にややこしいゲームジャンルですがハマると相当面白そう。

問題は筐体が特殊で普及していないところかな。つかPCで出すべきじゃあ・・・

戦場の絆」の半球ドームスクリーンでこういうのやったら凄そうですな。


記事タイトル宇宙戦争ゲームがある小説から。他にもあるのかもしれませんが一番に浮かんだのは「クジラのソラ」だったり。

07年02月16日

[]07年電撃大賞選評公開

第13回 電撃大賞 入賞作品

気が向いたらのライトノベル週報より)


小説部門とイラスト部門の選評が公開されています。

(まぁウチで取り扱うのは小説部門のみですが・・・

各作品を読み終えた後に選評に目を通せばだいぶ面白いと思います。一部に作品のネタバレがあるので注意。

やはり内容は各審査員の視点や好みが出ますね。「あの方にはこの作品合わなかったろうなぁ」とか、「あの方はこの作品を気に入るよねぇ」とかとか。

中でも電撃文庫編集長コメントは「売る側」の最前線にいる方ですし興味深いものが多かったですね。


そういえば電撃大賞って審査員や賞金リニューアルってしてなかったような気がします。去年幾つか改定されたりガガガ&ルルルの高額賞金が話題になったりしましたが、電撃はリニューアルしたりするんでしょうかね?

07年02月15日

[]電撃文庫「扉の外」の評価が両極端

扉の外 (電撃文庫)

扉の外 (電撃文庫)

今期の新人でおそらく一番出来がいいのは「ミミズクと夜の王」なのですが、一番物議を醸しているのはこっちのようです。

web上にあがっている感想から評判を抜粋してみました。

感想はてなダイアリー、各種感想TBサイトから集めました)

[評判の良い点]

・ほどよくエロス

ルールが非常におもしろい

ミステリアスな展開

・社会の縮図的なサークルでの人間関係や心理状態の変化なども上手く描かれていた

・人同士の対話の重要

・とにかく構成力が抜群にウマい

・書きたい方向性は明確に示されている

・一旦話が動き出すと、どんな展開になるのか楽しみ

・中盤は熱中

・前半部分は萌え

・適度な中二病

主人公の突発的な行動

・設定、主人公立ち位置ストーリーの流れ、あとがき

・特殊な状況下に置かれた人間の行動がリアルに描かれている

・少しずつ狂気に感染していく過程

・途中途中で微エロい

[評判の悪い点]

・序盤が退屈

・変な感じに後味が悪い

・いろいろできそうなのに、全部が全部中途半端な感じ

・納得のいくゴールではなかった

・読み終わった後のやるせなさ

ラストがどうにも

・よくわからない終わり方

肩透かしラストシーン

・埋まらないピースが多すぎ

主人公思考回路

主人公にどうしようもない嫌悪感

・ぐだぐだのまま終了

・設定の説明が下手

[印象的な感想]

御影瑛路佐竹彬を足して2で割ったらこんな感じになる気がする御影

・「16週なんて、もの凄く中途半端なところで打ち切られたジャンプの新連載」

映画CUBE』を見た時と同じ様な印象


うーん、ここまで評価が割れる新人作品も珍しいかも。

ウケの良い部分と悪い部分がはっきりしていて、それぞれをどう受け止めるかということかもしれません。

07年02月14日

[][]「図書館危機」短文感想

図書館危機

図書館危機


ベタラブロマさいこー!

いやはや、予想通りに一気読み。月曜は遅くなったから手をつけないで正解でした。

前の巻からのネタも活きてるし、今回の最後はしっかり盛り上がってます。そして読み終えてからのカバーイラストネタ探し楽しいこと。

このまま何かの間違いで本屋大賞も獲って映像化されないかなー・・・


余談

電撃hp vol.44で「図書館内乱」の後日談が掲載されたのですが、今回つつがなく収録されています。うまく前後との整合性もとってありました。

初出書いてくれてもいいのになー、とか思うのですがまぁ大したことじゃないですかそうですか。

07年02月13日

[]はてなキーワードよりまとまっている気がする現代学園異能の記事

現代学園異能 - Masupedia


うん、凄くよくまとまっている。このままはてなキーワードの説明文と差し替えたくなるくらいに。

ちょっと気になったのは定義に「電撃文庫であること」が必須っぽく読めること。必須じゃないはず。

全体的にシャナモデルの説明文なのでちょっと事例を絞りすぎているものの、そのぶん判りやすさは大幅アップしているように思う。

あ、それと代表作品に「断章のグリム」が抜けてますな。


学園異能云々に関してはだいぶ普及しちゃってるので、わざわざ私が語ることは無い・・・と思ってるのについ言及してしまうなぁ。

[]07年電撃大賞受賞者の動向

電撃hp vol.46から抜粋

今月の電撃hpには受賞者インタビューが載っています。


紅玉いづき橋本和也土橋真二郎樹戸栄斗
作品ミミズクと夜の王世界平和は一家団欒のあとに扉の外なつきフルスイング
絵師磯野宏夫さめだ小判白身魚ほんだありま
受賞内容大賞金賞金賞銀賞
概要童話のようなファンタジー家族もの人間心理シミュレーション人情もの
応募時原題発売時と同じ発売日と同じもしも人工知能が世界を支配していた場合のシュミレーションケース1ケツバット女、笑う夏希
続きは?次回作執筆2巻目執筆続編みたいな形で執筆2巻目執筆
次の刊行時期は?プロットが通れば初夏あたり努力次第5月か6月言及なし
印象に残っている作品・作家コバルト若木未生ブギーポップ東野圭吾メタルギアソリッド

感想サイト界隈では今のところミミズクの評価が圧倒的、扉の外は評価真っ二つ、ケツバット女はイラストが話題な感じですね。

個人的には「世界平和は一家団欒のあとに」に期待。


余談

先日のサイン会の時に「大賞の紅玉いづき氏はハードカバー路線に行く」と言う意見に賛成多数だったり。

07年02月12日

[]サイン会とか買い物とか

出かけるときに「クジラの彼」を忘れて一度撮りに戻ったりしましたが、サイン会は特に何事も無く終了。

図書館危機」はすぐに読んでしまう予感。

ちょっと面白い話を聞けたのだけど、ネットで書いていいか聞かなかったのでとりあえず自粛・・・


んで、概ねいつもの面子で世間話とか。奈須きのこは凄いね、とかとか。

ついでに以下のものを購入

ヨイコノミライ1〜4」

煌夜祭

ROOM No.1301 SS3」

電撃hp vol.46」

BATTLE FANTASIA W」(6日の日記で紹介したもの。とらで委託してた)


他にもボチボチ動かなきゃな・・・。

[]ライトノベルの市場価値(大げさ

まんだらけ なんば店 ライトノベル 2月の高価買取情報

秋山瑞人 全作品 \120〜

高橋弥七郎 (新刊)灼眼のシャナ 14 \300

谷川流 涼宮ハルヒシリーズ 2〜 \200

ヤマグチノボル (新刊)ゼロの使い魔 10 \300

雨木シュウスケ (新刊)攻殻のレギオス 5 \300

奈須きのこ DDD \600

西尾維新物語 上、下 \600

※全て美本の場合の買取価格です。品物の保存状態や急激な在庫状況の変動などによりかわる場合がございます。

※こちらに載っていないタイトルも取扱っております。お気軽にお問合せください。

(以上いろいろ抜粋)

なるほど、という値段設定。つか、ここには一時期とてもお世話になってました。

以下、気づいたこと列挙。


・200円が一つの節目

・「乃木坂春香」高いなぁ

キノはたぶん流通量が多いので相対的に価格が下がる

シャナは新刊以外余っているために買取していないかも

シャナはきっと映画の時期にまた動くんじゃないかなぁ

竹宮ゆゆこ作品高め設定に納得

成田良悟作品が古いのも200円なのはアニメ化対策のはず

・ちょ、「銀星みつあみ」は鷹見一幸作品だって(笑

ハルヒ普通に200円、これもたくさん出回ってるでしょうし・・・

MF文庫は全体的に高水準。ちょっと微妙な作品が200円な気がする

・反対に「かのこん」はもう少し上げてもいいと思ったり

桜庭一樹の砂糖菓子は未だに出入りがあるのかな?これも200円

・ポリフォニカも強気設定ですな


いまはもう使っていませんが、なんば店は本当に掘り出し物も多くて良い店でした。

こういうところの担当の人とは一度話をしてみたいなぁ・・・と思いつつ話す機会は無かったのであった。

一期一会、諸行無常(何


追記

ライトノベル中古買取はやはりブックオフのような新古書店系が取り扱いは多いものの、買い取り査定に「人気」とか「希少価値」とかを加味するシステムでは無いので持ち込むなら上記リンクのようなところがオススメかも。

ただ問題もあり、ここまで細かく値付けできるお店ってそうそうありません。つか東京でそういう店知りません。もし知ってるかたがいたらこっそり教えてください。

・・・まぁ、最近はほとんど新刊で買っているという説もありますが!


追記の追記

引用部分を追加

07年02月08日

[]反動?

ここ最近読書ペースが落ちていた反動か、逆に本読み衝動が強まってきたかも。

そんなことを思いつつ「悪魔のミカタ666読了。よござんした。

[]本日の結果+メモ

そして今日は1冊も読み終わらなかったのだった。


余談

電撃の新人さんたちのうち、大賞作品にだけ解説がついている(有川浩氏が書いている)


更に余談

やっぱりはまぞうって購入報告に使われることが多いなぁ。未だ他に感想なし。

07年02月07日

[][]「狼と香辛料4」感想

狼と香辛料 (4) (電撃文庫)

狼と香辛料 (4) (電撃文庫)


中世経済ファンタジー兼「ホロかわいいよホロ」の第4巻。

もう1巻から1年経つというのだから、月日が経つのは早いものです。

今回も中世の雰囲気やホロの魅力をたっぷり味あわせてくれました。

(以下、ネタバレはしないけど一応格納)

続きを読む

[]戯言とか思い付きとか

その1

はてな感想の1ゲット&のべるのぶろぐ感想TBの1ゲット&まいじゃー感想TB1ゲット

3つ達成できてかなり嬉しい。最近読むのが遅かったからリベンジなんだよ!(何


その2

汝は人狼なりや?」の「狼と香辛料バージョンというダメ天啓が閃く。

キャラクタールールを置き換えればいけると思うのだがどうか?

(最大の問題はホロが人を襲わないところ。致命傷のような気がしないでもない。

つか最近、某所で「人狼BBS」と呼ばれる系統のゲームに初参加していたのですが、プレイ中は「人狼は誰だ・・?」とかやってたのにホロのことはサッパリ思い出しませんでした。


その3

今月は完璧に発売日を読みきって新刊ゲット。まぁその割に電撃hp探すの忘れたけど・・・

ついでといってはなんだが僕僕先生もみつけたので購入。釣られてますか?(苦笑

図書館危機はすぐに読めないけど、きっとサイン会の日の夜には一気読みする予感がするからよしとする。

差し当たり次は「悪魔のミカタ」その後に新人勢と「針山さん」のつもり。

え?シャナいぬかみっ?すみません買ってません・・・


追記

む、まいじゃーに飛ばしたTBが届いてないかも。なんでだろ?

[]個人的新人おすすめセレクション(富士見編)

1月〜2月は新人の季節なので読んだ分だけでもやっておこうかな、と。もう発売から2週間くらい経っているのはご愛嬌。

今回はファンタジアミステリーあわせて以下の4冊から。

イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)太陽戦士サンササン (富士見ファンタジア文庫)麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ (富士見ミステリー文庫)僕たちのパラドクス―Acacia2279 (富士見ミステリー文庫)


結論から言っちゃいますと・・・

個人的イチオシ→「イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)

文句なし傑作→ 「太陽戦士サンササン (富士見ファンタジア文庫)

感想サンササンしか書いていませんがどちらも自信を持って「面白かった」と言い切れます。

サンササンには「バカバカしいことを敢えてやるカッコよさ」

イヴには「約束と夢物語の美しさ」

が、あります。

無論どういう本が合うかは人によりますが、参考になれば幸いです。

07年02月06日

[]MADネタひとつ

BATTLE FANTASIA W


先日、白翁さんが来ていたときに見つけました。

OSAKAのユーキ・ユーキとか遊びにいくヨのエリスとかありえない(笑

私は未読だけどもまじあかからのキャラ参戦確認。

逆にスパロボ側の元ネタが完全には判らないのが残念。

07年02月04日

[]ラノサイ杯を終えて

うわ、気づいたら数日更新してなかったですよ。

各所の反応とか見てたらつい、自分のところの更新を忘れていました。


フラット化するラノベ感想界

個人的には

存在意義が無くなるほど結果が似るのは避けたい」

「完全に差別化させるつもりはない」

という、やや矛盾気味の方針です。


この辺もあって今回は部門分けしたのだけれど、そこらへんどうなんでしょう?

次回(やるとしたら)への反省としては以下の2点くらいです。

  • 上下巻完結作品を新人枠にする
  • シリーズ部門は期間中発表作品なら全部カウントする

07年02月01日

[]結果発表

2006年下半期ラノサイ杯結果ページ(シリーズ部門)書影あり)

2006年下半期ラノサイ杯結果ページ(シリーズ部門軽量版)

2006年下半期ラノサイ杯結果ページ(新人・新作部門)書影あり)

2006年下半期ラノサイ杯結果ページ(新人・新作部門軽量版)


以上のような結果になりました。

詳しい解説は後日としますが、まずは投票・宣伝・協力いただいた皆様、

本当にありがとうございました


意見ご要望などありましたらコメントメールフォームでご連絡ください。

次回もあるとは確約できませんが、参考にしたいと思います。


追記&お詫び

申し訳ありません。現在投票結果に一部参加者投票が反映されていないことが判明いたしました。

本日中に修正した結果に更新する予定です。

すみません・・・


2月2日追記

な、直ったんじゃないかなー・・・と思います。

すみません、記述ミスなどの修正はもう締め切らせてください。

対象外作品への投票などもカウントから外しています。

そして既に自サイトで結果を紹介していただいた方々には大変申し訳ありませんでした。首位は変わらなかったものの、いくつか順位に変動がありました。

結果の解説は更に延期の予定です。。

[]有川浩先生サイン会東京)詳細情報

0000 | 00 |
0006 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 04 |
2014 | 04 |
2015 | 03 | 04 | 10 |
2016 | 01 | 03 |
2018 | 03 | 07 |