平和の温故知新@はてな このページをアンテナに追加 Twitter

プロフィール メールフォーム

08年01月31日

[]「狼と香辛料」賢狼ホロのフィギュアが3月下旬に発売予定になってた

狼と香辛料:ヒロイン「ホロ」がフィギュアにまんたんウェブ

 コスプレ衣装大手のコスパが、人気ライトノベル原作テレビアニメ狼と香辛料」のヒロイン、ホロのフィギュアを3月下旬に発売することが分かった。7800円。

これ↓ですね。

レジーニャ 狼と香辛料 賢狼ホロ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)


うーむ、これはちょっとだけ欲しい。

けど、値段なども考えるとちょっと躊躇してしまう部分も。

悩みどころです。

リンク先では、「カラーリングが異なる限定版も同時発売予定」なんていう気になる記述もあります。


余談1

ホロって作中で何度か服装を変えているんですが、やはり1巻時点のこの服装がメインのイメージなのでしょうね。

アニメだと今後どうなるのか、ちょっと気になります。


余談2

全裸じゃないのか・・・」とか思ってしまった。なんかもう色々とゴメンナサイ。

08年01月30日

[]「暴風ガールズファイト人気投票企画の結果が発表

暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)暴風ガールズファイト 2 (ファミ通文庫)

暴風ガールズファイトキャラクター人気投票、気になる結果は? とっときの級長秘蔵イラストもあるでよ。


とりあえず未読の人はまず読むところから。

ラクロステーマなのですが、作者の思い入れが伝わってくる良い作品です。

「弱小チームがメンバー集めて全国制覇を目指す」なんてシチュエーションに反応するひとにオススメ


リンク先では結果に合わせた記念イラストも公開されていますが、

1位の人単独のイラストは必見です。

くらふと氏グッジョブ

08年01月29日 「バカとテストと召還獣3.5」

[]燃え尽き気味

うーむ、ラノサイ杯で力尽きたのか、更新意欲が落ちています。

昨日は結局、ドラマガの新情報スルーしちゃったし。

まんたんぶろーどは忙しいこともあってまだ入手できず。

明日には復活したいなぁ・・・

08年01月27日 「人類は衰退しました」再読

08年01月26日

[]締め切りまで24時間を切った「2007年ライトノベルサイト杯」第二回中間報告

中途経過確認ページ


投票締め切りまであと1日を切って、78人から679票199冊に投票を頂きました。

重ねてになりますが、投票ありがとうございます。

この調子で今回は100人を越えると嬉しいなぁ。


いくつか投票ミスも発生しています。

コピーペーストミスや、

新規作品部門

前回から変わらず「時載りリンネ!」が首位を維持。

2番手以降は混戦模様なので、ここからの追い上げ次第では入れ替わりもあるかも?


既存作品部門

文学少女」がぶっちぎりで首位

こっちは正直決まったかな?という感じがあります。「とらドラ」だけは逆転可能な位置につけていますね。

それ以降はかなりのダンゴ状態。ある程度得票している作品はどれもオススメばかりです。


投票よろしくお願いいたします

ということで締め切りは今日、土曜の24時です。

日曜は結果発表日なのでご注意を。

特にいつもギリギリ投票極楽トンボさんが今回もまだ投票していないので、

今回こそちゃんと間に合うように投票してくれることを期待しています(笑

もちろん、他の方も投票歓迎です。ぜひぜひ投票願います。

08年01月24日

[]角川スニーカー文庫 3月の新刊で「らき☆すたノベライズふたたび

らき☆すた―らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫)

らき☆すた―らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫)

3月の新刊「らき☆すたオンライン」


ごく一部の人に大好評だったノベライズ作品の第二弾。今度はオンラインゲーム舞台のようです。

3月の新刊=2月末には書店に並ぶので、ほぼ1ヵ月後には刊行されますね。

前作、ノベライズとしては満足だったものの「殺人事件」の部分がコメントに困る印象でした。

今回もあらすじを見る限り一筋縄ではいかないかもしれません。

[]富士見ファンタジア文庫生徒会の一存」の話題が目立つ気がする

まずはざっとおさらい。この作品は1月の富士見ファンタジア文庫で発表された新作です。

作者は「マテリアルゴーストシリーズを発表した葵せきな氏。

イラスト漫画版のH2Oやエロゲメーカー「枕」の仕事担当されている狗神煌氏です。

発売にあたってはゲーマーズで特典小説が付いていましたが、

入手できなかった難民も発生したようです。

作者の公式blogによれば本編もやや品薄気味であり、重版が2月初旬には出回るとのこと。

そしてなんと、ゲーマーズ特典も重版決定です。


感想考察などを書いたサイトは以下のような感じです。

 読了。壮絶でした。脳ミソがとろけました。

2008-01-23 - 後天性無気力症候群

「これはこれでアリじゃね?」と「ひでえ核地雷」で評価がまっぷたつに分かれそうな感じ。

空気系ライトノベル『生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1』 - WINDBIRD

 富士見ファンタジアというレーベルは数年に一度、ナニ考えているんだろうかこのひとたちというようなワケワカメな奇怪な作品を世に送り出すことがありまして。

 2008/1/23追記 なんかバカ売れらしいです。アキバではほぼ壊滅してました

富士見ファンタジア新刊とか - 玲朧月の気分次第で何か書/描こう

愛すべきバカな小説だがそれがいい

生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1 | まいじゃー推進委員会!

馬鹿馬鹿しさに笑うもよし、0.1秒で本を閉じるもよし。

しかし最後まで読むことをお薦めしたい。無意味無駄をぞんぶんに楽しんでほしい。

さあ? 雑談×雑談×雑談×雑談×雑談 『生徒会の一存』

中身なんてほとんどない!そこにあるのはただ純粋な笑いだけ!!

生徒会の一存 −碧陽学園生徒会議事録1 ( 読書 ) - 彩彩華美 - Yahoo!ブログ

あー、面白かった。今後も、ぜひお笑い方面に突き抜けてほしいですね。

個人的にオススメ

no title

感想の数多いよ!ネガティブ感想見当たらないよ!!

ざっと見て回った範囲だと概ね好評のようです。感想記事の数も多く、ここに挙げたのはほんの一部になってしまいました。

2chラ板の富士見スレだと賛否両論っぽいので、批判も確認したい方はこっちのほうが参考になるかも。

しかしまぁ、この流れなら「今話題になっている作品である」と言っていい気がします。

作者公式blogによれば、2巻「生徒会の二心」は4月発売予定ですし、今後の動向も注目していきたいと思います。


余談1

2月初旬に重版ということなのですが、電撃文庫に抵抗して平台に居続けられるかどうかが見所だと思います。


余談2

販促短編ドラゴンマガジンのほうが面白く感じました。不意打ち気味だったせいかも?(笑

08年01月23日 「生徒会の一存」

[]新キャラが活躍!な「アストロノト!2」感想

アストロノト!〈2〉 (MF文庫J)

アストロノト!〈2〉 (MF文庫J)


サイトでも1巻を大プッシュしていたMF文庫Jの新人さん。

あまり間をおかずに2巻のお目見えとなりました。

ちなみに07年下期のライトノベルサイト杯新規部門でも票が集まってますね。

今作も基本路線は前回と変わらず、細かい点で引っかかるところはあれど、読んでいて楽しいと断言できる作品でした。

以下、内容に関する記述もあるので隔離

続きを読む

[]3月に秋葉原で「かのこん」「ゼロの使い魔」のイベントが開催決定

かのこん〈8〉コイビトたちのヒミツ (MF文庫J)ゼロの使い魔13 聖国の世界扉(ワールド・ドア) (MF文庫J)

ソースMF文庫J新刊の折込チラシより。


・「かのこん」「ゼロの使い魔イベント開催決定!

3月9日、秋葉原で何かが起こる!

・詳しくは1月26日発売の月刊コミックアライブ3月号をチェック!


チラシにはこれ以上の情報はなし。

昨年開催された、電撃文庫春の祭典MF文庫J版といったところでしょうか。

サイン会声優のトークイベントなどがあるかも?


余談

折込チラシにはアニメ版ゼロの使い魔」3期の放送開始日は3月に発表とも記述がありました。

[]スパロボOGサーガにナムカプのあのコンビが参戦で大喜び

ナムコ クロス カプコン PlayStation 2 the Best

ナムコ クロス カプコン PlayStation 2 the Best

ファミ通早売りキャプ画像

(そのうち消えるかも)


祝!零児&シャオムゥ復活!!

いやぁ、密かにお気に入りだったキャラ達がまさかスパロボで日の目をみるとは・・・

初めてバンダイナムコ合併感謝したかもしれません。

このシャオムゥというキャラ


ケモノ属性

・見た目は少女、でも年齢は765歳

一人称が「わし」二人称は「ぬし」


・・・と、どこぞの賢狼さんに負けてないスペックです。「わっち」とか言ったらそのまんまだよ・・・!

ネタバレを気にしない人は以下の動画萌え転がってください。

また、普通ゲームオススメです。↓はOPムービー

しかしまぁ、ナムカプ続編でないかなぁ・・・


・・・え、KOS-MOSも参戦?

うーん、ゼノサーガやってないんですよね・・・

08年01月22日

[]ライトノベルネタネットラジオが始まってた

ライトノベルを語るラジオ #01

ライトノベルを語るラジオ #02

ライトノベルを語るラジオ


id:kuroradiさんの企画。少し前から気になっていたのですが、第二回でラノサイ杯を取り上げていただいたのでこっちも紹介(笑

自主制作ラジオ番組とか懐かしいなぁ・・・学生時代に作ったなぁ・・・とかちょっと遠い目をしてみたり。

10日ごとに更新のようですので、テーマを設けてのおたより募集などがあると面白いかもしれませんね。

[]ライトノベルフェスティバルの1月読書会は盛りだくさん

1月の読書会について

ライトノベル読書会1月定例会」

●日程:1月27日(日) (13時〜17時)

●会場:渋谷区勤労福祉会館 トレーニング室 (→地図

     東京都渋谷区神南1丁目19−8

●参加費:300円(※お茶がでます)

●今回のテーマ

・「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

・「扉の外」

・「2月発売の電撃大賞受賞作を大予想」

・「ライトノベルキャラ スカート当てクイズ


いつもは和室で開催なのですが、今月はトレーニング室で開催。

椅子とかあるんだろうか・・・?(汗

それに、最後の企画タイトルだけで大体想像が付いてしまったのがなんとも。


ちなみによく「読書会ってなにするの?」と聞かれるのですが、

作品について思ったことなど話し合って、他の人の感じ方を知るのがメインですね。

個人的にはオフ会に参加するのとあんまり違わない感覚だったりします。

08年01月21日

[]人物一覧表が欲しくなるライトノベル作品リスト その1

先日、twitterでちょこちょこやり取りしていたネタ

シリーズが長期に渡り、登場人物が増えてきて混乱する作品ってあるよね?」というお話

合わせてネットの各所に散らばってる、登場人物一覧なんかも紹介します。

(注意:以下には複数ページへリンクが貼ってありますが、情報が正しい保障はありません。)


シリーズとのリンクも多い「ブギーポップシリーズ

ブギーポップ・クエスチョン沈黙ピラミッド (電撃文庫)

ブギーポップ・クエスチョン沈黙ピラミッド (電撃文庫)

このネタのきっかけになったシリーズ。「ブギー」だけなら16作品くらい。

同じ作者の他シリーズとのリンクも多く、かなり相関関係は難解です。

登場人物があっさり死亡することもあるんですが、死亡してから後々の作品で出番があったりも。

登場人物一覧の他にも、時系列一覧が欲しくなること必至です。


まずはベタウィキペディアブギーポップシリーズの登場人物あたりを見てもいいのですが、

上遠野浩平の世界Wikiというページもあります。

人気&長寿シリーズだけに、個人サイトの一覧表も多く見かけますね。


とにかく人が死なない「バッカーノ!シリーズ

バッカーノ!2002「B side」―Blood Sabbath (電撃文庫)バッカーノ!2002「A side」―Bullet Garden (電撃文庫)

こちらも難易度高めのシリーズ。作品数は13(特典本など除く)で、とにかく登場人物が多いです。

現在は年代ごとに「19xx」「20xx」「17xx」とシリーズが3つに分かれて、それぞれが関連していることも。

基本的に群像劇の上、変な組み合わせで相関関係ができるあたりが原因ですね。


これもやっぱりウィキペディアが基本ですね。

また、うちのサイトでも何度か紹介している「バッカーノ!」登場人物メモ(ネタバレ)バッカーノ人物表などが役に立つと思います。


1人あたり3つの名前が存在したり・・・な「ムシウタシリーズ

ムシウタbug〈6th.〉夢恋する咎人 (角川スニーカー文庫)

ムシウタbug〈6th.〉夢恋する咎人 (角川スニーカー文庫)

難易度が高くなる要因のひとつに「異名が多い」というのも挙げられます。

このシリーズの場合、登場人物に「本名」「コードネームA」「コードネームB」とか付くことが多いため、かなり覚えるのが大変です。

一例としてヒロインふたる様「杏本詩歌」には「ふゆほたる」「スノウ・フライ」という異名が付きます。

本編である長編過去エピソードである短編登場人物が錯綜したりすると、尚のこと混乱できます。


この作品はウィキペディアの独壇場っぽいですね。

項目「ムシウタ」と「ムシウタbug」に分かれているものの、

両方眺めれば概要は把握できると思います。

角川の公式サイトも頑張っているんですが、相関図では限界がある気がします。


まとめ

ひとまず今回はここまで。その2があるかどうかは未定です。

他にも一覧表が欲しい作品はあると思うので、その辺りはコメント募集ということで。

合わせて個人サイトデータベースとかも発掘できるといいかもしれません。

ある程度まとまってREVさんところに引き取ってもらえたら万々歳ですね。


余談

このネタって「ライトノベル作品の長期シリーズ化」というお題にも繋がりそうだけど、めんどいので気が向いたらということで。

他にも「長期シリーズ=相関図の複雑化」ではなさそうなあたりとか、「出版社ガイドブックを出すより、ウィキペディアの方が情報が早い」点など、考察できそうなネタがいくつか埋まっていますね。

08年01月17日

[]ガガガ文庫で「絶対可憐チルドレンノベライズ 作家三雲岳斗

ソースガガガ文庫新刊の折込チラシより。


内容としては記事見出しそのままなんですが・・・

強いて言うなら

イラストはおそらく原作者椎名高志氏本人であること」

→「ハヤテのごとく!」が同じパターンのため

「発売が3月かそれ以降であること」

→2月は既に発売予定が公開されているため

また18日に情報公開される3月新刊最後の1冊がコレである可能性はそこそこ高いと思います。

16日付のサンデーでは何も告知無かったですっけ?


更に、三雲岳斗氏の略歴ウィキペディアから引用

三雲岳斗(みくも がくと 1970年‐)

1998年、『コールドゲヘナ』で第5回電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)銀賞を受賞し、デビュー

1999年、『M.G.H.』で第1回日本SF新人賞、『アースリバース』で第5回スニーカー大賞特別賞を受賞。

現在の代表作としては↓がありますね

アスラクライン〈9〉KLEIN Re‐MIX (電撃文庫)

アスラクライン〈9〉KLEIN Re‐MIX (電撃文庫)

また、「少女ノイズ」という単行本も発表しています。


余談

もしコレが3月新刊だった場合、同じ月に「ハヤテのごとく!」2巻も発売するんですよね。

・・・予算達成度、底上げするために今年度中に出したのかな・・・とか思ってしまいました。

いや、なにも根拠ないですけどね。

08年01月16日 「そらいろな」

[]2007年下半期ライトノベルサイト杯 第1次中間報告

中途経過確認ページ


現時点で26人、237票、116冊への投票がありました。

投票していただいた皆様、ありがとうございます。

特に嬉しいのが「前は見てただけだったけど今回は参加」というコメントですね。

苦労もありますが、続けてきて良かったと思えます。


新規部門雑感

「時載りリンネ!」がややリードしていますが、概ね混戦模様ですね。

タイムリー人気投票企画も行われている「暴風ガールズファイト」も票を集めています。

それ以降の作品も大きく引き離されてはいないので、票の集まり方次第でどう転ぶか判らない感じですね。


既存部門雑感

文学少女」強し!

現時点では既に独走態勢に入りつつありますね。今後もコンスタントに票が入ると思われます。

とはいえ他の作品もそれぞれじっくり票を固めているので、「とりあえずこれは入れなくて大丈夫だろう」的な動きが出ると入れ替わりもありうるかも。

こちらの部門は完結作品に票が集まる傾向ですね。

支持基盤が固まりきってない感のある07年上期開始のシリーズはちょっと苦戦気味かも。


全体の感想投票ミスなどについて

全体としては順調に投票が増加し、安定したペースと言えそうです。

いまのところ大きな投票ミスはないですし、そういった意味でも安心です(笑

また、気のせいかもしれませんが少女向けレーベル作品が健闘している印象がありますね。

投票者の傾向上、ハンデがあるはずなのですが、新規/既存ともにそこそこ票を集めています。

時間があるときに投票者の傾向をじっくり調べると、面白いかもしれませんね。


投票既刊はあと1週間ほど。皆さん奮ってご投票ください。

08年01月15日 「ポリフォニカまぁぶる2」

[]ラノサイ杯投票する方法を解説してみる

2007年下半期ライトノベルサイト杯 概要ページ


ライトノベルサイト杯について「投票方法がわかりにくい」という声があったので、可能な範囲で簡単な手順をご紹介します。

サイト持ちであり、ラノベ読みであるのが参加の必須条件です。

繰り返しになりますが、読書量は関係ありません。気にせずに投票していただいて構いません。


ステップ1.投票する作品を決める

以下のリンクから、投票作品を決めます。

2007年下半期ライトノベルサイト杯投票対象作品(新規作品部門)

2007年下半期ライトノベルサイト杯投票対象作品(既存作品部門)

まずざっとリストを眺めて既読作品を確認しつつ、面白かったものを抜き出すのが良いと思われます。

それぞれのリストは作品数も多いですが様々な条件でソートできるので、見やすい設定を探してみてください。

個人的には「label」でレーベル別にソートするのをオススメします。


ステップ2.決めた作品の投票コードメモ

前述の作品リストには【07下期ラノベ投票/xxxx/xxxxxxxxxxxxx】といった投票コードがついています。

気になった作品はこれをコピペしてメモ帳にでも貼り付けると良いでしょう。

作品名も添えておくと後で投票用のエントリが書きやすくなります。


ステップ3.投票用のエントリを書く

はてなダイアリーユーザーは、2007年下半期ライトノベルサイト杯と記載したエントリを用意しましょう。

はてな以外のサイトの方は、エントリを書いた後に受付ページへTBすればOKです。

準備したエントリに、メモしておいた投票コードを記載してください。

コピペミスには注意!)

好みに応じて投票作品への想いを書き綴ったり、過去感想記事へリンクを貼るのも良いですね。


ステップ4.集計結果を確認する

半日〜1日以内には投票内容が反映されます。

投票状況の確認ができるページも用意されているので、うまく反映されているか確認をお願いします。

問題ない場合は、結果を楽しみにお待ちください。

うまくいかなかった場合は、メールフォームに連絡いただければ対応いたします。



以上、奮ってご応募ください。

もし、投票したい作品がリストに無い場合は、ご自分で投票コードを記述いただくか、集計人までタイトルをお知らせください。

随時対応させていただきます。

08年01月14日 「ROOM No.1301 SS4」

[]アニメ版ゲーム版の「狼と香辛料」特典について検討中

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]

狼と香辛料:DVD1巻、4月2日発売 ジグソーパズルなどが特典に


アニメも始まって各種アイテムの販売予定も立ってきた「狼と香辛料」ですが、

現時点で発表されている特典情報をまとめてみます。

ちなみに私はゲームは購入するつもりですが、アニメは保留中という状況です。


DVD

まず本編は1巻のみ3話分のエピソードが収録。

以降は2話ずつ収録で、3巻に未放映エピソードを収録。

さらに通常版/限定版に関わらず、以下の映像特典が追加。

第1巻:ノンテロップオープニング

第2巻:TVCM集〜その1〜

第3巻:ノンテロップエンディング

第4巻:TVCM集〜その2〜

5巻以降は未定

これはまぁ妥当なところ。TVCM集がちょっと微妙なくらい。

OPEDの出来は良かったので、ノンテロップ版には惹かれますね。

5巻以降では出番の少なそうなクロエとかノーラへ救済措置としてのショートアニメなんかに期待。

更に限定版だと以下の内容が追加

文倉 十 描き下ろし・300ピースジグソーパズル

文倉 十 描き下ろし・エンディングアニメ イラストカード

オールカラーリーフレット

”ほろろんプレゼント”抽選応募券

こっちはちょっとコメントに困ります・・・

いやま、ジグソーパズルとかあればやるんでしょうけど。

「ほろろんプレゼント」に関してはリンク先参照で。

要は更なるグッズやファンイベントへの応募券ですね。

どの程度の倍率になるのか不明ですが、これもどちらかというと声優ファン向けの印象。

原作原理主義派としては「書き下ろし小説」だと一番欲しくなるんですが、新刊の締め切りも微妙らしいから、無理はできないと思われます。


ゲーム版

こちらはAmazon商品情報や、電撃の缶詰で情報が出ていますね。

限定版には以下のような特典が付く模様。

ホロのわっちボイス入り巾着

ホロが歌うキャラソンCD

等身大ホロポスター

・・・微妙

うーん、こっちは全くといっていいほど限定版を買う気がしないですねぇ。

声優方面にあまり興味の無い私には辛い仕様です

行商SLG部分の簡単な解説書とかでも充分嬉しいんですが、予約特典なんかで付いてくれないものでしょうか。


まとめ

もう少し情報が出てこないとなんとも言えませんが、購入確定なゲーム版の方が特典いらないという状況はちと困りもの。

アニメの方はかなり悩みますが、未放映エピソード収録の3巻は買ってしまうかも。

メカビインタビューで「原作2巻まで消化」とか書いてあったはずなので、

アマーティの活躍を見たいならDVDを買うべきなんだろうか。

08年01月13日 「ブギーポップクエスチョン」

[]都合により

更新が出来ていません。明日の夜にはなにか書きたいなぁ・・・

ちなみにアクセス数的には先日のフルメタAmazonネタが大好評なため、普段より多いくらい。

08年01月12日 「The Book 〜jojo’s bizarre adventure 4th another day〜」

[]投票開始なので2007年下半期ライトノベルサイト杯投票します

2007年下半期ライトノベルサイト杯 概要ページ


新規作品部門

アストロノト!

アストロノト! (MF文庫J)

暴風ガールズファイトシリーズ

暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)暴風ガールズファイト 2 (ファミ通文庫)

ガン×スクール=パラダイス!

ガン×スクール=パラダイス! (集英社スーパーダッシュ文庫)

ガン×スクール=パラダイス! (集英社スーパーダッシュ文庫)

バトルフィールドは空騒ぎ!シリーズ

バトルフィールドは空騒ぎ! -週末の旅団- (ファミ通文庫)バトルフィールドは空騒ぎ!2 -人形遣い- (ファミ通文庫)

ドラゴンキラーシリーズ

ドラゴンキラーあります (C・NOVELSファンタジア)ドラゴンキラーいっぱいあります (C・NOVELSファンタジア)ドラゴンキラー売ります (C・NOVELSファンタジア)


以下、悩みつつ次点とした作品

「<本の姫>は謳う」シリーズ

「鉄球姫エミリー」シリーズ

C3 -シーキューブ-」シリーズ


既存作品部門

図書館戦争シリーズ

図書館革命

図書館革命

Fate/Zeroシリーズ

screenshot

とらドラ!シリーズ

とらドラ! (6) (電撃文庫 た 20-9)

とらドラ! (6) (電撃文庫 た 20-9)

狼と香辛料シリーズ

狼と香辛料 (6) (電撃文庫)

狼と香辛料 (6) (電撃文庫)

ゼロの使い魔シリーズ


以下、次点だった作品たち。この辺のは全部オススメなのに・・・!

ウィザーズ・ブレイン

バッカーノ!

悪魔のミカタ

Dクラッカーズ

BBB

バカとテスト召喚獣3

学校の階段7

人類は衰退しました

刀語

モノケロス

銀河英雄伝説


最後、投票コードを格納してひとまず投票終了。

シリーズ解説は後日追記するか、別立てで記事にするかも。

続きを読む

08年01月11日 「C3 ―シーキューブ― II」

[]「とらドラ!」の逢坂大河を激写してみた

とらドラ!逢坂大河 (1/8スケールPVC製塗装済み完成品)

とらドラ!逢坂大河 (1/8スケールPVC製塗装済み完成品)


注意:このエントリはたいへん頭の悪いエントリです。ドン引き禁止な!!

続きを読む

08年01月10日 「戦闘城塞マスラヲ3」

[][]アニメ版狼と香辛料感想

狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]


原作は全て既読。イロイロ不安な点もありましたが、まずは「動いているだけで楽しい」1話でした。

作画については思ってたほど酷くなかったので判断保留。とりあえずコケずに済んだ感じ。

ホロ、声に関してはそれほど違和感なし。台詞回しはもうちょい聞いてみないとなんとも。

むしろロレンス、ちょっと声に違和感あり。脳内CVがもうちょい年齢高いイメージだからかも。

オリキャラクロエ立ち位置的には1巻のあの人と互換なのかな?

儲け話に乗ったらフラグ立っただろうに・・・

しかしまぁ、全裸フラフラしてるホロより、クロエの方が微妙エロかったです(笑

OPも良かったですが、個人的にはEDが好印象でした。

原作絵師さんの描き下ろしイラストを使いつつ、完全な止め絵でもなかったのところがポイント高いですね。


総じて安心できる内容だったので、2話以降も楽しみにしたいと思います。

・・・それにしても、関東在住なのに視聴が1日遅れるのはなんとも微妙

[]ガガガ文庫、3月の刊行予定に「ハヤテのごとく」「オモイデ教外伝」「樹海人魚」の2巻

小学館::ガガガ文庫:刊行予定

ハヤテのごとく!―Hayate the combat butler 春休みの白皇学院に、幻の三千院ナギを見た by ハヤテ (ガガガ文庫)新興宗教オモイデ教外伝 1 (1) (ガガガ文庫)樹海人魚 (ガガガ文庫)


ガガガ文庫で1番売れている作品(たぶん)」「原田宇陀児の新作」「中村九郎の新作」となかなかニュース性のありそうな内容だったので。

もう1タイトル未発表作品があって、そちらは18日に公開予定とのこと。

3冊のうち、どの続編に喜ぶかで意見が分かれそうなところですね。

私は3冊とも歓迎です。ってか、ハヤテ以外は打ち切られた可能性も考えてました・・・(汗

逆にハヤテ新刊は「ようやく」という印象。築地氏の仕事量を考えると仕方ない気もするけど、

出せば出すだけ売れそうな作品だけにチャンスロスかもしれません。

[]2月23日に池袋テアトルダイヤにて「バッカーノ!オールナイト上映イベントが開催

バッカーノ! 2 [DVD]

バッカーノ! 2 [DVD]

画像適当にDVD2巻をチョイス)

池袋テアトルダイヤにてオールナイト上映会開催決定!!

8日に情報出ていたのを忘れていました。

2月23日(土)の夜から翌朝までかけて、放送済みの1話〜13話とDVD限定収録の14話を合わせて上映とのこと。

キャストのトークショウもあるみたいですし、詳細は今後発表のようです。

DVDは買わないのでこっちを観に行くのもいいなぁ、と考え中。

欲を言えば、放送順じゃなくてエピソード順に上映・・・とかだと面白いのですが、さすがに編集作業が大変そうですね。

08年01月09日 「とある魔術の禁書目録15」

[]今月の注目検索ワード

アクセス解析を見ていると、なんか単語二つのとある検索ワードが目に付いたので確認してみました。

結果↓

グーグル先生で2位!

ヤフー検索だとなんと1位!!

・・・ということが判明。そりゃアクセス目立つわけだ。




その検索キーワードは・・・

狼と香辛料 抱き枕でした。

・・・公式ブログとかぶっちぎって1位ってのは、なんとも・・・(汗

あ、ちなみにグーグル先生の1位はウーパーさんでした

なんとなく仲間がいてホッとしました。

08年01月08日 「ムシウタbug6」

[]「フルメタルパニックふもっふ」がAmazonによってアラスカへ配送されたらしい

Wiiが1秒間に17台売れた―Amazonのホリデーシーズン

Amazonは200以上の国に、ピークの日には390万個の商品を出荷し、99%を期限までに配送することができたそうです。最も遠くへの配送の一つは「Full Metal Panic Fumoffu」(※2003年放送の日本のアニメ作品)のDVDをアラスカに届ける事だったということです


ちょっといい話

アラスカにはきっとクルーゾーさんみたいなマニアがいるのでしょう(笑

ちなみに公式ブログで賀東氏本人がコメントしています。

いやあ。光栄っす(笑)

俺もアマゾンには頼りっぱなし。


既出だけど余談二つ

新刊「せまるニック・オブ・タイム」は二月予定だとか。なんとか今年度内には間に合いそうですね。

また、「リボルテックシリーズからなんとレーバテインがリリースされるとのこと。

これはもう据え置きゲーム機スパロボ最新作で大活躍してもらうしか!

[]超能力バトル全開!な15巻目「とある魔術の禁書目録15」感想

表紙を見ると丸分かりなんでこれだけは書いちゃいますが、今回は一方通行が主役です。

(まぁ数日間は上の表紙画像出ないけど)

以下、公式発売日前のため格納


続きを読む

[]富士見新刊「生徒会の一存」はゲーマーズで買うと「書き下ろし小説」が付くらしい

ゲーマーズフェア情報 2008年1月

○小説のおまけに、小説がついてくる(のべるのぶろぐ)


ちょっと面白いネタだったので紹介。

小説小説」というのも興味深いですが「ゲーマーズが実施」というところも興味深いです。

ライトノベル系の特典商法って、ここ最近とらのあなアニメイトが実施するという印象だったのですが、

もしかすると今後はゲーマーズも参戦してくるのかも。


そういえば、先月のドラマガ予告編載ってたんだよな・・・と思って引っ張り出して読んでみたら、作品自体もイロイロ酷かったです。

以下、文中で本当に出てきた単語。

伝説生徒会伝説

生徒会の島の魔法戦士

「鋼殻の生徒会

「とある生徒会禁書目録

・・・いやいや、それはヤバイだろう(汗

マテリアルゴースト」の作者さんによる新作ということもあり、色んな意味で楽しみになってきました。

問題は普段行かないゲーマーズに行って買う必要があることだなぁ・・・


あ、ちなみに富士見年賀状企画メッセージ付きイラストが見れます。

↓の左上

screenshot

08年01月07日 「姫宮さんの中の人3」

[]ラノベ関連ニュース雑感2件

新風舎が民事再生法の適用を申請 書籍制作は継続

ちーちゃんは悠久の向こう (新風舎文庫)うそつき―嘘をつくたびに眺めたくなる月 (新風舎文庫)ピーターパン・エンドロール

うーん、なんとも反応に困るニュース

ここの商売方法は裁判沙汰にもなってるので自業自得ではあるんですが、

業績不振の原因が「報道による批判」ってのがなぁ。

日日日ファンなら上記3作品が新風舎の刊行なので、消えないうちに確保しておくのがいいかもしれません。

うそつき」は読んでませんが、残り二作は他のレーベル作品よりも青春ものとしての要素が強い作品です。


直木賞候補:桜庭一樹さん「私の男」で2度目のノミネート

まんたんの目の付け所にニヤリとさせられるニュース

内容自体は昨年中に何人かの方からありえる話として聞いていたのでそれほど驚かず。

言いたいこととしては

「どうかGOSICKだけは完結させて下さい」

ということに尽きます。

荒野の恋や砂糖菓子ならともかく、こっちをイラスト抜きで単行本化はちょっとキツいしなぁ・・・

08年01月06日 「薔薇のマリア8」

[]2007年下半期ライトノベルサイト杯 開催のお知らせ

恒例のライトノベルサイト杯の季節がやってまいりました。

今回で4回目、2年目に突入です。そろそろ部門分けとか固定したいですねー・・・(汗

毎度のごとく、一部のルールが変わっているのでご注意願います。

はてなユーザーを念頭に置いて方式を決めていますが、その他のサイトでも参加できます。

宣伝の意味も含め(笑)ニュースサイト管理人さんによる投票も歓迎です

また投票期間は1月12日0時から1月26日24時です。早まらないように!


企画説明

企画は、はてなキーワード機能を使い、ライトノベル関連サイト管理人おすすめライトノベルについて語る」ためのものです。

ラノベ感想書評サイトはもちろんですが、「サイト持ち&ラノベ読み」であれば誰でも投票できます。マンガ系でもゲーム系でも、ラノベに関する話題も取り扱っているならガシガシ投票してください。

「あんまりラノベ読まないしなぁ・・・」→読書量を気にする必要はありません。

「部門ごとに5作品も選べないよ!」→片方の部門だけ参加や両部門1作品ずつでも大丈夫。投票方法はあなた次第です。

ライトノベルじゃないかもしれないけど応募OK?」→投票者がそうだと思うなら投票OKです


企画は結果表示について、順位付けの形をとってはおりますが、これは各作品の優劣を決定付けるものではありません

普段からライトノベルを読んでいる方々に、それぞれのお勧めを教えてもらう企画です。結果として、まだ見ぬ良書に出会えた人がいれば幸いです。


企画を行う以前に、07年上期と06年下期におすすめ作品を募集する企画を行いました。よろしければ参照ください。

2007年上半期ライトノベルサイト杯

2006年下半期ライトノベルサイト杯

ライトノベルサイト杯とは


概要

企画「新規作品部門」「既存作品部門」に分けて実施します。


「新規作品部門」=「2007年7月1日以降の日付で新規に発表された作品」

「既存作品部門」=「2007年6月30日以前に発表された作品を持つシリーズ」(期間中に新刊が無いシリーズは除外します)


上記の2部門を設定し、07年7月から12月末までに刊行された作品を対象として、各部門最大5作品ずつ投票することができます。

投票期間は1月12日0時から1月26日24時までとします。

基本的にはてなダイアリー利用者を中心に投票方式を考案していますが、その他のサイトからでも投票できるよう

外部トラックバックを受け付ける専用ページも用意しています。

また、投票結果は以下のキーワードページにて公開します。


2007年下半期ラノサイ杯結果ページ(新規作品部門)

2007年下半期ラノサイ杯結果ページ(新規作品部門軽量版)

2007年下半期ラノサイ杯結果ページ(既存作品部門)

2007年下半期ラノサイ杯結果ページ(既存作品部門軽量版)


前回からの変更点

部門分けの基準を「新規作品部門」「既存作品部門」に変更します

これに伴い、新人作家の作品は刊行点数に関わらず自動的に「新規作品部門」に含まれます



参加方法

1.キーワード2007年下半期ライトノベルサイト杯」を含めたエントリを書く

(二重の角カッコで囲むことで、明示的にキーワードへのリンクになります。)

部門ごとに投票エントリを分けても集計は可能です。(その場合はキーワードの言及を忘れないようにお願いします)


2.そのエントリに、2007年7月〜12月中に発表されたお気に入りのライトノベル

二つの部門でそれぞれ最大5つまで挙げてください。

割り振る票数は5:5が基本ですが、1:1でも3:0でも構いません。

また、挙げる作品は以下の書式に沿って記述してください。


【07下期ラノベ投票/新規/xxxxxxxxxx】

【07下期ラノベ投票/既存/xxxxxxxxxx】


(後半には対象書籍の13桁のISBNコードを必ず記述してください)

(10桁のISBNコードにも対応していますが、なるべく13桁記法でお願いします)

例(新規作品部門に一冊だけ投票する場合)

私は新規作品部門にこの作品をおすすめします。

人類は衰退しました (ガガガ文庫)

人類は衰退しました (ガガガ文庫)

【07下期ラノベ投票/新規/9784094510010】

例(既存作品部門に一冊だけ投票する場合)

私は既存作品部門にこの作品ををおすすめします。

【07下期ラノベ投票/既存/9784829119211】

(注意!)はまぞうなどによるISBN記法は必須ではありません。「【07下期ラノベ〜】」が必須です。ハイフンなどは不要です。10桁のISBNコードにも対応しています。


3.キーワードへの言及が確認されると集計スクリプトが巡回を行います。その後、集計人がチェックした後、結果を以下のページで公表します。


2007年下半期ラノサイ杯結果ページ(新規作品部門)

2007年下半期ラノサイ杯結果ページ(新規作品部門軽量版)

2007年下半期ラノサイ杯結果ページ(既存作品部門)

2007年下半期ラノサイ杯結果ページ(既存作品部門軽量版)


投票方法(外部blogを利用する場合)

外部TBページへのトラックバック投票としてカウントされます。

TB機能を持たないサイトの場合は手動TB送信ページからTBを送信することにより投票が可能です。

投票するための記述方式は、はてなダイアリーの場合と同じです。


投票時の注意点

・部門ごとの投票数を間違えてえないようご注意ください

ISBNコードコピペミスをしないようご注意ください

感想の有無は自由です。過去ログへのリンクも歓迎します。

・何をライトノベルとするかの定義は自由です

角川スニーカー文庫HJ文庫コバルト文庫などは7月〜12月の新刊が対象です。12月下旬に発売された作品は「1月の新刊」にあたるため対象外となります。

・対象期間以前に既刊がある作品は既存作品部門です。対象期間中に新刊が無いシリーズ投票できません

・各部門とも「1シリーズ1票」となります。対象期間中に発表された作品であればどれに投票しても問題ありません。

(結果表示は集計の都合上、最新刊に合算されます)

・期間中に新書版と文庫版など、版型の違う作品が出版された場合、それぞれ別シリーズとして集計します

・復刊や新装版も投票対象に含みますが、旧版との合算はされません

・復刊や新装版は「新規」扱いとなります

・特装版(CDなどの特典つきのもの)は通常版と合算します

・部門間違えなどの投票ミスは修正頂かない限り、基本的に無効票扱いです

・上下巻構成の作品も1作品1票となります

ベテラン作家でも新規シリーズを始めた場合は「新規作品」部門です

 (ex:「DOORS」や「アビスゲート」は新規

・対象期間中にデビューの新人で複数冊出している場合も新規部門です。

 (ex:「鉄球姫エミリー」「バトルフィールドは空騒ぎ! 」などが該当

・同一世界観でもシリーズ名が変わっている場合は別々に集計します

 (ex:「ポリフォニカシリーズは色別に集計&「ぱれっと」「レオン・ザレザレクター」も一つと数えます

 (ex:「シュピーゲルシリーズレーベル別で集計し、両シリーズとも「既存」扱いです

・その他、一部の作品は集計人の判断で「新規」と「既存」を分類しています

 (ex:「吸血鬼のひめごと」は新シリーズとも考えられるが「吸血鬼のおしごと」と同一として「既存」扱い

対象作品一覧

集計スクリプト担当の一歩さんにより、対象作品リストが公開されています。

リストは対象期間の全ての作品を登録しているわけではないため、このリスト以外の作品も投票可能です。

一般的に「ライトノベル」と呼ばれるレーベルの作品は登録済みですが、一部レーベルは未登録のため投票があった場合は随時追加します。


2007年下半期ライトノベルサイト杯投票対象作品(新規作品部門)

2007年下半期ライトノベルサイト杯投票対象作品(既存作品部門)

08年01月04日 「ぷいぷい7!」

[]投票対象リストできました

2007年下半期ライトノベルサイト杯投票対象作品(新規作品部門)

2007年下半期ライトノベルサイト杯投票対象作品(既存作品部門)


ざっくりと部門分け&シリーズ作品の関連付けを済ませました。

あ、ちなみに分類の仕方は以下のような感じにしてみました。

「新規作品部門」→2007年7月1日以降の日付で発表された新作・シリーズ作品

「既存作品部門」→2007年6月30日以前に発表された作品を持つシリーズ作品

分類が間違っている箇所もあると思うので、気づいたところはコメントメールフォームなどから指摘いただけるとありがたいです。

例年は個人的に数名の方に事前チェックをお願いしてましたが、今回は年末年始バタバタしてたのでいきなり一般公開です(汗


以下、FAQ的なもののためのメモ

・「きみそぼ」ノベルスは既存

・「きみぼく」&「きみそぼ」単行本は新規

・FQ復刊はもちろん新規扱い

・ルルルの特装版は「一応」別々の扱い

 (このへん、復刊などで版型が変わると別物扱いの法則)

・「たまなま」は最新刊が1月新刊なので除外

コードギアスも最新刊が1月なので(略

マリみても例によって1月新刊が(略

ムシウタも(略

・マスラヲ(ry

・つーか1月のスニーカーシリーズもの最新作が多すぎるんじゃー!

HJ文庫Gのウォーハンマーも「一応」別々

吸血鬼のひめごとは「一応」既存扱い

・伝勇伝→大伝勇伝は繋がってるという認識で既存扱い、真伝勇伝は別シリーズということで新規扱いにしてみました

魔法のiらんど文庫と同名作品の単行本は別々

ポリフォニカは色別(金色も黒とは別、ぱれっとも1つ)

遠まわりする雛は悩んだ結果「クドリャフカ」と同一シリーズという結論

・「Fate/Zero」と「めもらるクーク」は書誌情報作ってみました

・今回も美少女文庫リスト入りしてません(汗

リスト外のものも要望や実際の投票があれば随時追加、ということで

08年01月03日 「うみねこのなく頃に 第2話」

[]引きこもり中のお知らせ

いつも「平和温故知新」をご覧頂いてありがとうございます。

ただいま、当サイト管理人ゲームラノベなどのために引きこもっていて更新が滞っております。

更新が再開されるまで、先日極楽トンボ氏よりお贈り頂いたフィギュア画像をご覧になってお待ちください。

f:id:kim-peace:20071225014448j:image


(本当はパンチラ写真も撮ったのだけど、自重します)

0000 | 00 |
0006 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 04 |
2014 | 04 |
2015 | 03 | 04 | 10 |
2016 | 01 | 03 |
2018 | 03 |