平和の温故知新@はてな このページをアンテナに追加 Twitter

プロフィール メールフォーム

08年02月29日

[]「アイマスL4U」ファーストインプレッション

アイドルマスター ライブフォーユー! (オリジナルアニメDVD同梱版) - Xbox360

アイドルマスター ライブフォーユー! (オリジナルアニメDVD同梱版) - Xbox360


なんかついったーで催促されたので簡単に感想を。

前作はアーケード移植で基本的には育てゲー的な部分が大きかったのですが、

今回は「ライブを楽しむ」ことに特化され、手軽にプレイできるようになっています。

以下、ざっくりとゲームの流れ

キャラ選択

・楽曲、衣装その他諸々の設定

ライブシーン(音ゲーモードor撮影モードを選択)

・終了

「誰に」「どの曲を」「どんな衣装で」歌わせるか試行錯誤して楽しむ・・・ホントにこれだけです。

作成した映像画像は記録できるので、そっち方面の楽しみもありますね。

カメラワークを手動操作したり、歌詞表示を消したりとニコニコ素材用の機能も充実してました。


とりあえずやってみた印象としては「前作で面倒だった部分が削ぎ落とされている」というものでした。

以前は育成要素もあったので、キャラと楽曲の組み合わせを気軽に変えたりはできなかったのですが、

今回は好きなように変えて遊べるわけです。

衣装やアクセサリもかなり集めやすく、ダウンロード系以外は1日で集まりました。

発売前から公式MAD素材とか言われていましたが、まさにそんな感じですね。


さすがにこれ単体だとゲームとしてちょっと物足りないでしょうが、

じっくり遊びたいなら前作をプレイすればいいんですよね。

あっちはあっちで全要素見ようと思ったらかなり時間かかるし。

そういう意味では、ファンディスク的なつくりとして、とても良く出来ていると感じました。


追記

あ、そうそう。

XboxLiveのフレンド登録してある人は、フレンド内限定ランキングを見ることが出来ます。

平和P」で登録してるんで、ランキングから登録してある動画を見たりすることも。

08年02月28日

[]スレイヤーズ新作アニメにも驚いたけど、新装版が出ることも驚きです

『めが・ぶら』神坂先生からの最新情報

そんなわけで、緊急重大発表は『スレイヤーズ』の新作TVアニメでした。

(略)

アニメ化するからといって第3部が始まるようなことはありませんが、本編15巻分のカバーイラスト新規描き下ろし新装版は発売予定。

まずアニメ化については本編2部でなく、オリジナルストーリーらしいので一安心。

結構重要決断だと思います。


んで、ついでに書いてあった新装版について。

15巻ぶん、ということは1巻については3度目のイラスト変更になるようですね。

(参考:Amazonに現時点の表紙が2種類とも掲載されています

これでカバーイラストから白枠が無くなったりすると面白いかも。

[]本日の購入物

アイドルマスター ライブフォーユー! (オリジナルアニメDVD同梱版) - Xbox360

アイドルマスター ライブフォーユー! (オリジナルアニメDVD同梱版) - Xbox360


ちなみに書きそびれていたのですが先週にコレ↓も購入していたり。

モンスターハンターポータブル 2nd - PSP

モンスターハンターポータブル 2nd - PSP


いや、本気で時間が足りません・・・!

08年02月27日 「渚フォルテッシモ3」

[]原作に負けない「ゆるさ」を見せたノベライズらき☆すたオンライン」感想

らき☆すた―らき☆すたオンライン (角川スニーカー文庫)

らき☆すた―らき☆すたオンライン (角川スニーカー文庫)


bk1で入荷してたので、さっくりと注文&読了

以下、念のため格納

続きを読む

[]プチオンリー「狼と同人誌サークル一覧が公開

狼と香辛料プチオンリーイベント 狼の同人誌

「狼の同人誌」参加サークル一覧

●名称:狼の同人誌

●内容:狼と香辛料ONLY同人誌即売会

●日時:2008年3月23日(日)11:30〜15:00

●場所:大田区産業プラザPiO 1階大展示ホール

●募集SP数:みみけっと18全体で200前後


みみけっと内のプチオンリーという形での開催ですが、

告知文を見る限りは落選も出たようです。

これがアニメ化効果かッ!

みみけっとには前回も「狼と香辛料」本を探しにいったのですが、

その時は数冊しか無かったんですよ・・・

いやはや、メディア展開って凄いですね。


余談

ネタなべ。(・ω・ノ)ノ 賢狼ホロの可愛さは異常はてなブックマーク経由)

ホロのイラストがたくさんあったので紹介。

一番のお気に入りは最初に紹介してある「♪わっちわっちにしーてやろうー♪」です。ホロかわいいよホロ。

イラストを見てると、服装によって「これは2巻ベースだな」とかもわかってニヤリとしたり。

08年02月26日

[]今月のコミック版「鋼殻のレギオス」はフェリがツインテールを披露

DRAGON AGE Pure (ドラゴンエイジピュア) 2008年 04月号 [雑誌]

DRAGON AGE Pure (ドラゴンエイジピュア) 2008年 04月号 [雑誌]

毎回買うのをやめようか悩みつつ、今回も買ってしまいました・・・

お気に入りの作品ほどページ数が少ないのが悩みです。

でも、フェリのツインテールが見れたから良しとします。

目次ページの「フェリフェリにしてやんよ」バージョンも良かったです。

ツインテールにすると似てるような似てないような・・・(笑


以下、関連?

鋼殻のレギオス 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 122-1)ホワイト・オペラ 鋼殻のレギオス 7 (富士見ファンタジア文庫)ねんどろいど 初音ミク (ノンスケール ABS/PVC塗装済み可動フィギュア)

08年02月25日 「BBB S5」

[]「まんたんブロードレビュー2月版

コンテンツレーダー「フルメタル・パニック!

新刊発売に合わせて、まんたんでも特集が。

通常の書評枠でなく、注目作品を扱うコーナーでの起用にニヤリ。

クライマックスの展開を示唆するような賀東氏の発言もありました。

一番気になったのは「あと1巻」と繰り返し書いてあるところ、ホントに1冊で済むのかな・・・?


書評

不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス)」(評:福井健太書評家・ライター

→既読

まんたんブロードは初お目見えでしょうか。

書くことの多い西尾維新氏の作品について、ちょっと窮屈な印象もありますがわかりやすかったです。

最後に「きみとぼくが壊した世界」にも言及していました。

そういえばタイトルだけ予告がありましたね。


えむえむっ! (MF文庫J)」(評:榎本海月/ライター

→既読

MF文庫Jからまさかの登場。

いや、新刊も買ってますけど、まさか書評欄で見ることになるとは・・・

案の定、書評についても「何も考えないで笑いたい人にオススメ(要約)」とか書かれているし。

ウェブ版の書評は3巻の表紙でしたが、こちらは最新刊の画像が使われているあたり、仕事が細かいですね(笑


Bullet Butlers 〜黒騎士は弾丸のごとく駆け抜ける〜2 (ガガガ文庫)」(評:前島賢ライター

→未読

最後は久しぶりのガガガ文庫エロゲノベライズ作品は紙面初登場かも。

原作をやっていないのでスルーしていたのですが、内容的には原作プレイでも大丈夫なのかも。

古橋デモンベインと似た匂いがすると思ってしまうのは気のせいでしょうか。


今月は既読率3の2。ハードカバーが入ってない月は3の3にしたかった・・・

ちょうど最近読んだ「ベン・トー」や「とある飛空士への追憶」などはまんたん書評に取り上げられそうな作品でした。

イメージとしては前者は榎本氏、後者は前島氏の書評を読んでみたいと感じました。

いや、ちょうど今月がそんな感じだったので(笑


以下、書泉ブックタワーデータ

08年1月11日2月10日まで

1.聖刻郡龍伝 竜虎の刻

2.スレイヤーズすぺしゃる30

3.空の境界(下)

4.ブギーポップクエスチョン 沈黙ピラミッド

5.まぶらほ 凛の巻


あ、そうそう。

アニメ批評のコーナーで「バッカーノ!」も取り上げられていましたね。

ルパン三世」「カウボーイビバップ」の系譜、という扱いでちょっと面白かったです。


小説「マルジナリアの妙薬」(作:新城カズマイトウ・シヲリ 画:箸井地図

第十一回「小論(2) ロケットでは辿り着けない処」


ちょ、クレジットが変わってるよ!

前回のレビュー意図せず「新城カズマイトウ・シヲリ」と書いたら、今月はまさにその通りになってました。

(前回はなんでまたこんな表記にしたんだろ?)

お話の方は続いているようで続いていないような・・・もう読んでいる方も混乱してきました。

紙面左下のイトウシオリさんイラストが読者の心境を良く表しているんじゃないでしょうか。

次回、最終回が楽しみです。


まとめ

2面の広告が「ひぐらしのなく頃に絆」で、紙面のニュースコーナーにも「ひぐらしDS発売」と連動してたのがちょっと面白かったり。

アルケミストはまんたんへの広告出稿多いですね。

まんたんは3月で紙面が一区切りつくので、普段は感想書いていませんが表紙・マンガなども含めて次回を楽しみにしています。

予告を見る限り「図書館戦争」を扱ってそうなので期待です。

[]bk1在庫情報を確認する小ネタ

ラノベの杜 発売カレンダー

ラノベの杜で知りました。

上記リンクだと、在庫情報が視覚化されてわかりやすいですね。


はてなでもできるのかどうか実験。

bk1 円環少女 7 夢のように、夜明けのように

とりあえず画像の取得はできちゃいましたが、これが月末に更新されているかどうか、ですな。


余談

なんでらきすたノベライズ2巻はかがみが表紙じゃ無いのだ!絶望した!

08年02月24日 「灼熱のエスクード」

[]品薄だった「暴風ガールズファイト」が在庫復活したとのこと

暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)

暴風ガールズファイト (ファミ通文庫)

暴風ガールズファイト 2 (ファミ通文庫)

暴風ガールズファイト 2 (ファミ通文庫)

暴風ガールズファイト2巻が一部再入荷したようです!


人気投票企画も開催された「暴風ガールズファイト」ですが、

ネット書店リアル書店も?)で品薄気味だったのが解消されたようです。

リンク先では、bk1セブンアンドワイ紀伊國屋書店BookWebなどでの在庫が確認されたようですが、

この記事を書いている時点でAmazonも新品の取り扱いがありました。


この作品、ライトノベルとはやや相性の良くない「スポーツもの」なのですが、

作者が活き活きと書いているのが伝わってくる、良質の作品です。

友人のスポーツ経験者に勧めても割と好評でした。

個人的にも好きな作品なので、これを機に少しでも売れて欲しいですね。

08年02月23日

[]フルメタ新刊の感想リンク集ネタバレOKチャットの告知

新刊発売から数日経過したので、感想リンク集を作成。

ネタバレしてる感想が多いため、未読の方はご注意ください。


また、今日と明日の土日にかけて某所にチャットルームを手配しました。

「フルメタル・パニック!」ネタバレOKチャット(除湿仕様)

新刊について語りたい人はこちらへどうぞ。

私も時間はちょっと不定ですが、参加しようと思います。

いちおうメインは22時〜24時くらい?


ではでは感想リンク集いきます。

続きを読む

08年02月21日 「とある飛空士への追憶」

[]そろそろ富士見ファンタジア文庫の白枠が無くなる気がする

白地に女の子話の自分分まとめ(オタわむれ06年12月の記事)

富士見ファンタジア文庫表紙デザイン変遷の現時点でのまとめ (後天性無気力症候群06年12月の記事)

これまでの経緯を3行で書いてみます。

・昔の富士見ファンタジア文庫は表紙のデザインがバラバラだった

・創刊以降、基本的に白枠のフォーマットを使用してきた

・05年以降、白枠を使わない作品が増えてきた←いまここ


んで、今月の富士見新刊を見てみましょう

灼熱のエスクード―MATERIAL GIRL (富士見ファンタジア文庫)ぼくと彼女に降る夜―フェイクマスター‐虚夢を語る者 (富士見ファンタジア文庫)緋色のルシフェラーゼ〈2〉 (富士見ファンタジア文庫)EME RED END―W‐JACK (富士見ファンタジア文庫)輝け!へっぽこ冒険譚〈3〉―ソード・ワールド・ノベル (富士見ファンタジア文庫)

全ての歌を夢見る子供たち―黄昏色の詠使い〈5〉 (富士見ファンタジア文庫)せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)召喚教師 リアルバウトハイスクール〈16〉 (富士見ファンタジア文庫)デモンパラサイト〈4〉氷の魔人は、闇に惑う。 (富士見ファンタジア文庫)BLACK BLOOD BROTHERS〈S5〉ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集 (富士見ファンタジア文庫)

上述のリンクラノベの杜も参照するとよりわかりやすいかもしれません。

10作品中2作品がフォント含めた完全なフォーマット撤廃。

5作品がフォントのみ既存のままで、程度の差はあれ白枠からはみ出し。

いわゆる「白枠フォーマット通り」な作品は3つとなっています。

また、「ぼくと彼女に降る夜」は2巻に合わせて1巻の白枠を撤廃した新装版を刊行するようです。

これまでは「珍しく白枠じゃない作品がある」という状況でしたが、

ここ最近「白枠を守っている作品の方が珍しい」状況になりつつあるようです。

ざっと見た傾向としては以下のような特徴があります。

・新規シリーズは白枠を使用しないことが多い

新装版を刊行する際に白枠を撤廃する

・ここ最近アニメ化した作品は枠が外れやすい?

創刊20周年の今年、月刊ドラゴンマガジンリニューアルも行うことですし、

白枠フォーマットのの全面撤廃が行われる日も近いのではないでしょうか。


余談1

ただし、個人的には白枠撤廃について全面肯定はしていなかったりします。

なぜなら最近ライトノベルレーベルは白枠が無いため、

「むしろ白枠があったほうが見分けやすい」ことがあるから、です。

まぁ、このあたりは慣れの問題かも知れませんが。


余談2

フォントと白枠撤廃した作品を富士見ミステリー文庫みたい」というのはもはやお約束ですね。


追記

コメントにもあるとおり、初期の富士見ファンタジア文庫

フォーマットが決まっていなかった」

というほどではなく、ある程度白枠のフォーマットが定まっていたようです。

これを受けて記事の一部を修正しました。

08年02月20日

[]一迅社文庫5月20日に創刊らしいので速報でお伝えします

一迅社文庫 公式サイト

screenshot


情報だけは昨年の「このラノ」で出ており、書店向けに情報が出回っていた・・・なんていう噂もあった一迅社文庫について、公式サイトで発表がありました。

5月20日に7作品刊行での創刊で、夏には少女向けレーベルの創刊も。

コミック百合姫」発の百合小説も出すようですで、これはごく一部の人に喜ばれそう。

5月の創刊ラインナップは以下の通り。作品名は仮題も多いので割愛します。

著:十文字青 イラスト:青稀シン

著:杉井光 イラスト:椎野唯

著:西川真音 イラスト:しろ

著:朱門優 イラスト:鍋島

著:魁 イラスト:桐野霞

著:わかつきひかる イラスト巻田佳春

著:黒史郎 イラスト:ニリツ


作家さん達のうち、名前に聞き覚えが無かったのは黒史郎氏のみ。

この方はざっと検索した感じ、ホラー方面の方なのかな?

第一印象としてはやはり「シナリオライター多いよ!」というのに尽きます。

イメージ的にガガガ文庫と近いものも感じますが、

こちらは現時点で新人賞が無い+漫画ノベライズが無い」ところが異なりますね。

少女向けではノベライズもあるようですし、個人的には一迅社が手がけている「東方」系のノベライズなども期待したいかも。

08年02月19日 「せまるニック・オブ・タイム」

[]ラノベサイトとしての目標と、アンテナ登録数の話

下克上ネタへ思いのほか反応があったので、ちょっと続きを。

まず、いちせさんのコメントへ回答です。

月10万円稼げるとしたら1年ちょい、6万円でも2年弱で回収できるのかー。……下克上のチャンス?<をい

本当に2年で回収できるとしてもやりません(笑

というか色々計算に含んでない要素が多すぎる気がします!


真面目な話をすると、下克上云々を実現したいならまずサイトの方向性から見直す必要があるかな、と。

サイトは「名台詞」という扱いやすネタを軸にしています。

しかしウチはライトノベル系のニュースという安定供給されない題材を軸にしているので、この時点で結構なハンデが。

また最近みたいにゲームで遊んでる時間があるなら更新or読書しろ、ということにもなります。

他の事をを犠牲にしてまで更新するとしんどくなるので、「下克上」とか言ってみたりはするものの実際の行動が伴っていないのが現状です。

むしろそれぞれのサイトメインコンテンツ棲み分けが出来ている方が気分的に楽ですよね。

最近は1ヶ月あたりのアクセス数も横ばいなので、「リソースは一定に抑えつつ、内容はより充実させる」というのが当面の目標です。


ちなみにこのサイトの長期的な目標は他にもいくつかあって

・「このライトノベルがすごい!」に協力者として参加する

・某サイトの柱リンク集に掲載される

などがあったりします。

まぁこの二つはサイト始めた頃からの目標ですし、気長にいこうかと。


あ、そうそう。

いちせさんがもうひとネタくれていました。

はてなアンテナ被登録数の話。

ウチは現在241件なのですが、他のサイト含めた過去データがあったのでリンクしておきます。

サイト別、アンテナ数、ブクマ数(REVさんの作った表)

えーと、過去ログも漁りつつ自分のサイトだけ見やすいよう表にすると以下のような感じに

平和温故知新」の被アンテナ数の経過

URL06年8月06年10月07年3月07年6月07年10月08年2月
http://d.hatena.ne.jp/kim-peace/87件108件131件158件200件241件

こっちは順調に増加しているので、ありがたいことです。

体感的には100件から200件に行くまでが長かった印象ですね。

しかし前述のリンクにあった海燕さんの登録数、雲の上過ぎてたどり着ける気がまったくしないのはなぜでしょう・・・

ともあれ、ある程度の人数に読まれていることは常に意識しつつ、自分のペースで更新できるよう引き続き努力したいと思います。

[]フルメタル・パニック!シリーズ最新刊「せまるニック・オブ・タイム」がAmazon1位に

Amazon.co.jp ランキング: 本で1位 !(賀東氏公式ブログ

f:id:kim-peace:20080219230312j:image


これを書いている時点でも確認できました。

富士見看板シリーズなのであまり不思議ではない結果ではありますが、めでたいものはお祝いする方向で。

1〜2週間後くらいに発表の各種書籍売り上げランキングも期待ですね。


余談

今週末の土曜か日曜にネタバレありのフルメタ感想チャットを開催しようかと思います。

土日どっちがいいか希望があったらコメントなりメールフォームなりでご連絡ください。

私自身は土曜だと深夜からの参加になりそうです・・・

08年02月18日 「君のための物語」

[]早売り実績のあるbk1富士見の新刊をフライング販売してた

bk1 富士見書房 2008年2月の検索結果

screenshot


某氏の日記とかついったー経由にて。

昨夜、ガガガ文庫の新刊と一緒にポチッとしたら今晩には着いてしまいました。

どうやら土曜日くらいには24時間発送になっていたらしく、早ければ日曜日に届いたそうです。

搬入日と土日と月曜が取次お休みであることの結果と思われますが、

それ自体は他の書店もありそうな話です。

搬入して準備ができたらすぐに24時間発送にしちゃうあたりがたぶんbk1クオリティ

関東圏の人なら、明日発送でも書店より早く並んじゃうかもしれません。

でも以前の年末早売りの際も翌年は早売りしなくなったし、来月あたりにはまた20日発売に戻っていそうです。

[]完結までもう少し!クライマックス直前な「せまるニック・オブ・タイム

(あれ?Amazon書影登録早いなぁ)


人気シリーズ最新刊。

アニメ再放送があったり「このラノ」1位オビなどもあったので、目にした事のある方も増えているかも。

今から読むとちと長いシリーズですが、読んで損は無いと断言します。

以下、いつもより5割り増しくらいでネタバレ気味。

未読者は回避推奨です。

続きを読む

[]2月末発売のドラゴンマガジンから「フルメタル・パニック!」リバイバル連載開始

新刊発売・TVアニメと話題沸騰のフルメタが、四季童子描き下ろしイラスト+賀東招二コメント付きでリバイバル連載スタート

ソースフルメタ新刊のオビ折り返し部分より。

というかこれしか情報がないのでなんとも言えないです・・・

イラストを一新しつつ、賀東氏にはあまり負担をかけない形でドラマガ部数アップのためのテコ入れという感じでしょうか。

もしかしたらスレイヤーズのように長編1巻のイラストリニューアルなんかもあったりして。

08年02月17日

[]アニメバッカーノ!オールナイトイベントチケットが一日で完売

バッカーノ! 5 [DVD]

バッカーノ! 5 [DVD]

「バッカーノ!」 オールナイトde大バカ騒ぎ!

予定枚数終了


すみません、ここまで人気なのは予想外でした。

昨日のうちに予約しなきゃダメでしたか・・・

というわけで、行こうと思ってたもののチケット買えずに負け組決定でした。

[]ライトノベル大手サイト「まいじゃー推進委員会ドメインを移行

重要なお知らせ:ドメインをmaijar.jpに移行しました。

まいじゃー推進委員会!より重要なお知らせです。

まいじゃーでの運用ドメインを正式に

http://maijar.jp/に移行します。というか移行済み。

とのこと。

ドメイントラブル怖いなぁ、と思いつつもうちの場合はてなに頼っているので説得力が無いですね(汗

いろいろあったようですがひとまず落ち着いたようなので、「お疲れ様でした」というところ。


余談

・・・実質的に2度移転したようなものだから、アクセス数落ちてたりするんだろうか・・・?

もしや下克上のチャンス?

08年02月16日 「オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫」

[][]「ギレンの野望 アクシズの脅威」ジオンクリア感想

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威 - PSP

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威 - PSP


集中してリソース投入した結果。ようやくジオン編をクリア

連邦ティターンズエゥーゴアクシズネオジオン(CCA)の順に撃破。

最後の方はちょっと雑なプレイになりましたが、ドーガ系量産とα・アジール開発ができたので良しとします。

(というか、ギレン様のジオンだとサザビーとか開発できないのかも)

やはりティターンズエゥーゴとの三つ巴状態が一番きつかったです。

準備不足で兵器の性能差はあるわ、戦線は拡大するわで大変でした。

ただ、一番面白かったのもこのあたりなんですよね。

一度自軍が有利になればそうそうひっくり返ることはないので、後半は割と楽でした。


次は連邦系、エゥーゴあたりでプレイしてみるつもり。

ざっと情報を集めた限りだと、序盤は辛そう・・・

08年02月15日

08年02月14日

[][]「狼と香辛料」第六幕まで視聴

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]

6話にて小説の1巻エピソードが終了。一区切りと言うことで感想を。

現時点まででは原作から変更はあまり無く、アニメオリジナルキャラクロエがいたくらいでしたが

このワンポイントに絞った変更はかなり良かったんじゃないかと思います。

1話視聴の時に気になっていた作画に関しては無難に安定。

むしろ背景とか小物なんかの描写が頑張っているなぁ、と感じました。

声優さんや台詞に関しては慣れのせいか特に違和感がなくなってきました。

強いて言えばロレンスがたまにルルーシュっぽく見えるくらい(苦笑


全12話(DVDでは13話)と言う情報も出ているし、後半は2巻のエピソードをやって終了でしょうか。

最新刊の短編エピソードなどがどの程度差し挟まれるかが気になるところ。

DVDのみ収録のエピソードが6話と7話の間に入るので、ここで買い物エピソードなのかも。

2巻でロレンス達が陥るピンチシリーズ中でも屈指の絶望感が漂ってたので、

それをどうアニメで再現してくれるのか楽しみにしています。

08年02月13日

[]台湾角川が「このライトノベルがすごい!」を使った宣伝をしていた

『2008這本輕小真�害!』

はてなブックマーク及びkabityuの日記経由)


最初に見たときは台湾でも「このライトノベルがすごい!2008」をやったのかと思いましたが、

よくよく見ると角川の台湾現地法人が日本の「このラノ」を紹介したページのようです。

「30作品のうちおよそ3分の2が台湾角川の作品です!」と言っているみたい。

実はここでいう「3分の2」という割合、国内よりちょっと下がっています。

国内だと角川グループの一員であるファミ通文庫の作品が、台湾だと違う版元からも出ているようなのです。

(この辺はウィキペディアの「ライトノベル」の項目に記述が多いです)

また、電撃文庫などの作品でも台湾角川からの出版予定が無いと思われる作品もあり、該当数が減ってしまいます。

なので

国内:30作品中24作品が角川グループより出版

台湾:30作品中18作品が台湾角川より出版

となります。

国内だと「8割が角川作品!」と言えたのに・・・と考えるとちょっと面白いですね。

リンク先では表紙も掲載されていて、いくつかは日本版の表紙が混ざってますが、向こうで使っている表紙画像を数多く見ることができます。

国内とは発売ペースも異なるので、電撃の既存シリーズが「○○月発売予定!」になっていたりも。

ちなみに国内の角川書店ではこういうサイトを作ってはいません。幾つか文庫オビの交換や雑誌特集をやったくらい?

もし角川グループのライトノベル総合サイトとかができるのなら、こういう宣伝方法もありなのかもしれませんね。

(そういや「ライトノベルアワード」は今年もやるのかな・・・?)

ともあれ、海外でのライトノベル事情を垣間見ることができて、興味深かったです。




余談

野暮を承知で言うんですが・・・

宝島社には筋通してるんですよね!

表紙関係の権利も国内よりややこしくなってる気がしますけどきっとうまく処理してるんですよね!!

[]「狼と香辛料」の抱き枕ヤフオク高値安定中

オークション検索 「狼と香辛料 抱き枕」


某氏とメッセで会話中に見つけたネタ

現在存在する「狼と香辛料」の抱き枕は2種類あります

電撃文庫通販文倉十氏がイラストを描いたもの

コミケ限定販売でアニメ版キャラデザ黒田和也氏が描いたもの


定価は前者が8000円くらい、後者が10000円ですね。全体的に相場は2倍ちょい越えた感じです。

ものすごいプレミア、というわけではないですがそれなりに需要があるようですね。

どちらも現在は一般販売していないのと、アニメ人気によるところが大きいんじゃないでしょうか。

抱き枕製造責任者のハセ・クライスナー工場長には今こそ更なる増産を求めたいところです。


・・・え、私?

毎晩隣で寝ていますが何か?

いやまじめな話、安眠グッズとして効果的ですよ。ホントホント。

08年02月12日 「under」

[]「デスノート」っぽい雰囲気の角川スニーカー新人作品は編集部もイチ押しの模様

編集部に質問状:「デビルズ・ダイス」 悪魔のさいころが生む驚がくの展開に注目


本自体は未読なのですが、記事の内容で気になった箇所があったので紹介

引用した内容は担当編集さんのものです。

 興味を持たれた方は、1巻の3分の1を無料で読めるようにサイトも用意したので、そちらを読んでみて下さい。立ち読みサイトは冒頭の10ページほど掲載するのが通例ですが、「そんなんじゃこの作品の面白さは伝わらない!」と無理を言って大量掲載しました。

んで、特設サイトはこちら

立ち読みサイト自体はそれほど珍しくなくなってきましたが、

1巻の3分の1も読めるというのは面白いと思いました。


・・・ちなみに、あらすじその他から察するに「デスノート決断主義」な作品の気配がかなり濃かったです。

まいじゃー推進委員会の感想を一部引用しましょう。

デスノート好きならたぶん気に入るんじゃないでしょうか?

(略)

思わず読者としても『おいおいそこまでやるのか』とツッコミ入れたくなるくらい明らかにやりすぎてるのがポイント

第一印象そのまんまっぽいですが、ここまで来ると逆に興味が出てきました。


余談

応募時作品のアンチヒーローものは「中年の悲哀」がテーマだったらしい。

・・・これはこれで、読んでみたいかも。

[]緊急特別企画「あなたのオススメラノベを教えて下さい」

指名されたものの、今は「ギレンの野望」で手一杯なので、思いつくままに書きます。

とりあえず私のラノベ略歴は過去ログにあったりします。

私とラノベの出逢い1

私とラノベの出逢い2

私とラノベの出逢い3


読み返すと文章のアレさ加減に頭が痛いですがまぁそれはそれ。

要約すると

「初めて読んだラノベ」→「フォーチュンクエスト

「影響を受けたラノベ」→「スレイヤーズ」「ブギーポップ

「好きなラノベ」→「フルメタル・パニック!他多数

といったところ。

その他「成田良悟作品(特に越佐とデュラ)がいかに好きか」あたりも割りと長く書けそうです。


・・・で、この話題どうやって広げればいいですかね(汗

やはりバトン仕様とかにするべき?

08年02月10日

[]生存報告

今日ライトノベル関連じゃないオフ会に参加。

いろいろ新鮮で楽しかったです。

・・・でも、近くに座った方たちがラノベ読みだったのであんまりいつもと変わらなかったかも(汗


昨日は一日中ギレンやってました。

順調に第一部の一年戦争を消化し、ジオンvsエゥーゴvsティターンズの三つ巴戦に突入しています。

いちおう「ほうかご百物語 (電撃文庫)」と「ツァラトゥストラへの階段〈2〉 (電撃文庫)」は読了

08年02月08日 「ミスマルカ興国物語」

[][]ギレンの野望PS版の正当な後継作かも 「ギレンの野望 アクシズの脅威」雑感

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威 - PSP

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威 - PSP


SS版からのファンだったこのシリーズのためなら、PSP購入も迷いませんでした。

PS版の機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜は名作。

・・・さすがにPS2の「独立戦争記」は挫折しましたけど。

以下、基本的にこのシリーズをやったことのある人向けの文章です。


とりあえず基本から、ということでジオン軍スタート

基本的な部分は変わってないなぁ・・・と思いながら進めたところ、序盤で一度ひっかかりました。

ええ、連邦潜水艦がウザいのを忘れていました。

水中用MSの開発前は、ドダイを6小隊くらい持っていかないと拠点制圧時が伸び伸びになります。

他にもよくよく見ると無視できない変更点が幾つもありました。

・ドダイが最初から作れる

PS版にあった「外交コマンドが無い

バランス的に資源が余り、資金が足りない

・開発はそれほど焦らなくても良くなっている

・新コマンド「改造」でザク2J型をドダイ付きに変更できる

パイロット専用機は「改造」で作るので開発プランが出ない

(この仕様、誰がどの機体のカスタム機に乗ってるか覚えてないといけないと言うなかなか微妙な・・・)

ズゴック級のMSでも1ターンで作れる(多分、後半ためのバランス調整?)


他、良かった点としてはCPU思考時間やオート戦闘関連が充実していたこと。

残念な点は容量の関係か、ムービー図鑑がショボいことが挙げられます。

Zガンダム以降のシナリオなどはまだプレイしていないので未知数ですね。

全体として、シリーズファンなら買っても大丈夫かと。

当然ながらガンダム知らない場合はあんまりオススメできません。


余談

このゲーム、面白さのツボが普通ガンダムゲーとは違うんですよね。

計画的に部隊運用すれば、量産機でガンダムを倒したりできるのが面白いです。

SS版だったころ、初めてドムを量産できた時の感動は未だに覚えています。

ちなみにシリーズ全般で連邦だとコスト的な関係ガンタンクガンダム以上に活躍したりも(笑

08年02月07日

[]あとはPS3


買ってしまった。

とりあえずゲームの方はまた後日感想書くとして、ゲーム以外にもなにか使い道を見つけたいところ。

とは言うものの、音声データ動画データもあまり取り扱わないからなぁ。

ワンセグもいらないので、当面は普通ゲーム機として使うことになりそう。

08年02月06日 「狼と香辛料7」

[]ホロの内面がわかる書下ろしが傑作、な「狼と香辛料7」感想

狼と香辛料〈7〉Side Colors (電撃文庫)

狼と香辛料〈7〉Side Colors (電撃文庫)


TVアニメも絶賛放映中、な人気シリーズ第7弾。

今回は短編集で、電撃hp掲載だった中編と短編に書き下ろし短編が一つ収録です。

以下、ネタバレ格納

続きを読む

08年02月05日 「繰り世界のエトランジェ第二幕」

[]電撃文庫新刊に備えて、読了順を検討してみる

まず、2月の新刊リストラノベの杜参照。いつもお世話になってます。

全部で13作品あります。うち、購入確定分を抽出してリスト

ほうかご百物語 [第14回電撃小説大賞<大賞>]

君のための物語 [第14回電撃小説大賞<金賞>]

under 異界ノスタルジア [第14回電撃小説大賞<銀賞>]

藤堂家はカミガカリ [第14回電撃小説大賞<銀賞>]

狼と香辛料 VII Side Colors

MAMA

ラッキーチャンス!2

オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫

悪魔のミカタ666 (5) モンストラムレッド

ツァラトゥストラへの階段

とりあえず10作品まで減りました。柴村仁氏の新作はちょっと気になるけど新人月だし評価待ち。

三十三間堂タロットは買ってないです・・・


さてさて。

何はともあれ最初に手をつけるのは「狼と香辛料」です。

発売直後から感想も多く見かけるので、できれば早めに読んでおきたいので。

その後、新人に手をつけたいところ。

ケモノ耳繋がり&大賞ということで「ほうかご百物語」あたりかも。

次、いつものパターンだとここでお気に入り作品を挟みます。

続きが気になる&イラストポイント高い「ツァラトゥストラへの階段2」あたりにいきそう。

続いてはもう一つくらい新人にいくはず。

あらすじを読んだ限りだと銀賞の二作品「under」か「藤堂家はカミガカリ」かな。

ここら辺からさすがに順番を決めるのが難しくなってきますが、

「新人>ベテラン>新人>ベテラン・・・」みたいな感じに読むことが多いです。

発売から数日経過するので、他の人の評判も考慮します。

ちなみにトリはほぼ間違いなく「悪魔のミカタ666」です。

だって面白いに違いないから


・・・まとめると「美味しいものは最初と最後に」ってのが私の読書傾向ですね。

順調にいけば明日くらいには入手できるはずなので、うまく予定通りにいけばいいのですが。

ちなみに作品感想は書いたり書かなかったりです。書かざるをえないくらい、面白い作品があることを期待しています。


余談

1月からこっち、土日に出かけたり飲み会が多かったりで少し積み本が残ってるんですよね・・・

ハードカバー以外は15日くらいまでになるべく消化したいところ。

08年02月04日 「千の剣の舞う空に」

[]「バカとテスト召喚獣派閥表を作ってみた

バカとテストと召喚獣3.5 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣3.5 (ファミ通文庫)

バカテス面白いよ派
  ├─明久派
  │   ├─バカさ加減が素敵だよ派(明久王道派)
  │   ├─雄二×明久だよ派(BL派)
  │   └─女装してこその明久だよ派(女装派)
  ├─秀吉派
  │   ├─男なんだけど素敵だよ派(秀吉王道派)
  │   ├─女としか思えないよ派(過激派)
  │   └─性別とか関係ないよ派(性別:秀吉派)
  ├─美波派
  │   └─ツンデレが素敵だよ派(美波王道派)
  ├─翔子派
  │   └─クーデレが素敵だよ派(翔子王道派)
  └─瑞希派
      └─真のヒロインは彼女だよ派(瑞希王道派)


試召システムいらないよ派
  └─3.5巻が一番面白かったよ派

思いつきだけで作りました。後悔はちょっとしています。

適当に持ち帰って改変していただいても構いません。

はてなスターで自分がどの派閥なのか自己主張していってもOKです。むしろ歓迎。

修正の要望があればコメント欄にどうぞ。気が向いたら改善するかもしれません。

作成に関しては派閥ジェネレーターを利用させていただきました。


追記

コメント欄の指摘を受けてちょっとだけ修正。

また、冬コミでバカテス本を作ってたうららさんがもっと気合の入った派閥表を作られています。

・・・ってか、カップリング派閥まで出来上がってるよ!?

もちろん私は「ツンデレ同級生も捨てがたいよ」ということで島田美波派です。

[][]ラノベ読み的「涼宮ハルヒの戸惑レビュー


先日購入していたのですが、書く機会がなかったので今更ながらレビューを。

先日のオフ会でも「CMだけじゃゲーム内容がよくわからん」と一部で評判の作品。

とりあえず簡潔にまとめると以下のようになります。

プレイヤーキョンになって、ハルヒに振り回されつつゲームを作るためのスケジュール調整に奔走するのがメインです

・作れるゲームは複数種類あり、完成したゲームはちょっとだけ遊ぶことができます

ハルヒが満足するまで終わりそうにありません


ヌルいキャラゲーノベルゲーム想像している人はやらない方がいいです。

感覚としては「スケジュールの管理に特化したガンパレードマーチ」みたいなものなので、中途で心折れる人も多いかと思われます。

ってか、私もそのうち心が折れそうです。今週はギレンの野望もでるのに・・・

古きよき「ときメモ」とか「ウィザーズハーモニー」みたいにパラメータ管理が要求されるので、

どちらかといえばゲーマー向けなんじゃないでしょうか。

というか正直なところラノベ読みにはあんまり優しくないかも


ちなみに、パッケージ以外のキャラデザや背景素材は基本的にアニメ版準拠らしく、

アニメで使われた背景素材なども数多く出てきます。

ちょっと驚いたのが休日イベントで「喫茶ドリーム」の外観がそのまま背景イラストとして出てきたこと。

ざっくり検索して確認してみたら、アニメで使われた素材そのままのようです。

以前、舞台探訪をした身としては、距離感や位置関係が掴めて楽しめますね。


PSP版のハルヒはちょっと微妙・・・という声も聞こえますが、

こっちはこっちでなかなか癖のあるゲームになっていると思います。

歯ごたえのあるゲームが好きで、ハルヒアニメ小説を体験済みならオススメです。

ラノベは読むけどゲームはあんまり・・・という人は覚悟がいるかも。

ラノベ読み的」にはなんとも紹介の仕方に困るゲームでした(汗


余談

このゲーム、販売はバンプレストですが制作会社は「株式会社アクリア」というところだそうです。

昨年に社名変更があったらしく、旧社名は「株式会社サワノ」だとか。

ちなみにこの会社の過去実績を見ると

魔法先生ネギま!1時間お子ちゃま先生魔法使い!(PS2)

魔法先生ネギま!2時間目 戦う乙女たち!麻帆良大運動会SP!(PS2)

・・・ああ、なんか納得しました。ネギま仕様ガンパレ作った会社ですね。

08年02月03日 「群青の空を越えて」

[]ファミ通文庫新人の良質なゲーム小説「千の剣の舞う空に」感想

千の剣の舞う空に (ファミ通文庫)

千の剣の舞う空に (ファミ通文庫)


オンラインゲーム」を扱ったえんため大賞の優秀賞受賞作。

読む前の評判は「スラムオンライン (ハヤカワ文庫 JA (800))」だったのですが、読後の印象は「連射王〈上〉」でした。

題材自体は目にする機会が増えつつありますが、それを踏まえても充分に面白かったです。おすすめ


まず良かった点としてイラストについて。

内容からするとガチで写実的なイラストにする手もあったと思うのですが、

可愛い系のイラストも合っていたように思います。

ってか、かなりお気に入りかも。今後名前を覚えようと思うくらいに。

次、内容。

序盤にメイン二人以外の出番がほとんど無く、口絵を見ていたので「?」だったのですが

読んでいくうちにその辺りも納得がいきました。

後半にならないと出番が無いのも、ちゃんと意味があったんですね。

ちなみにクラスメイトだと杉田さんがイイと思うんですが如何でしょう。

オンラインゲーム部分については格ゲーとしてのシステム周りにちょっと違和感があったのですが、

重要なのはそこでなく「ゲームを通して描かれるもの」のほうなので、最終的には気になりませんでした。

最後の終わり方も「この作品ならこうだよね」というもので読後感が良かったです。


・・・しかしまぁ、これハヤカワからリアルフィクションとして出てもおかしくないですよね?

内容にもそれほど遊びが無く、首尾一貫して「現実と虚構」をテーマ物語が進行していたように思います。

もしシリーズ化して2巻を出すなら主役は交代して欲しいですね。

同じゲーム世界での、違う形でのボーイミーツガールを読んでみたいです。


余談

真山さんのネット上でのキャラ外見が全体的に露出高めな件について。

08年02月02日 「薔薇のマリア9」

[]DS版「狼と香辛料」の発売予定日は5月29日

Amazonでは発売日が変なことになっていましたが、いつの間にか発売日が公式サイトで発表に。

何気に商品イラストも変わっていますね。

相変わらず特典内容が微妙なので、初回限定版を買うかどうかは悩みどころなのですが・・・

ゲーム内容自体はちょっと面白そうなので、予約&購入はほぼ間違いないと思います。

08年02月01日

[]「まんたんブロードレビュー1月版

レビュー開始以来最も遅くなりましたが、ようやく更新

書評

アストロノト! (MF文庫J)」(評:榎本海月/ライター

→既読 オススメ

作品についてはさんざんオススメしてるので特に言うことなし。

作品の発売からそれほど日をあけずに書評が紹介されたのが印象的でした。


ゴールデンスランバー」(評:飯田一史/ライター

→未読

レアな評者さん再び。

伊坂作品はほとんど読んでいないのであまり語ることがありません。

「陽気なギャング〜」くらいは読むべきかなぁ。


イグナシス覚醒―レジェンド・オブ・レギオス〈2〉 (Style‐F)」(評:工藤淳/「まんが王」八王子店ライトノベル担当

→未読 

購入はしてあるものの、文庫じゃないので持ち歩けず置いたままに。

ちょっとだけ読んだ感想だと、レギオスシリーズとの繋がりが見えてきたとか。

あまり放置せずに、はやく手をつけたいところ。


既読率は3の1、イグナシス読んでればなぁ。

以下、恒例の書泉ブックタワーデータ

先月分が空いたので、連続した記録じゃなくなってしまいましたが・・・

07年12月11日〜08年1月10日まで

1.ゼロの使い魔13

2.薬師寺涼子怪奇事件簿 水妖日にご用心

3.魔法戦士リウイ ファーラムの剣

4.風の聖痕Ignition 幸せなイチニチ

5.マリア様がみてる キラキラまわる



小説「マルジナリアの妙薬」(作:新城カズマイトウ・シヲリ 画:箸井地図

第十話「小論(1) もうひとりのトールキン

まだまだ続く「イトウ・シヲリ」さんシリーズ

ここまでくるとそれほど違和感が無くなってきました(笑

今回の重要キーワード物語の生存本能」ですね。

一連の作品についてもこれで納得できました。


「もうひとりのトールキン」については初耳。

つか、トールキンの略歴もほとんど知らなかったので・・・

お話的にはそのまま続くみたいですね。


まとめ

あんまり目立った扱いではないものの「直木賞桜庭一樹」の記事もありました。

短いながら的確な要約をしているあたり、以前から何度も取り上げているまんたんならではだなぁ、と思ったり。

0000 | 00 |
0006 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 04 |
2014 | 04 |
2015 | 03 | 04 | 10 |
2016 | 01 | 03 |
2018 | 03 |