平和の温故知新@はてな このページをアンテナに追加 Twitter

プロフィール メールフォーム

08年04月29日

[]呟き

とある美琴の二次創作:NtyPe「いちゃいちゃレールガン!」(ラノ漫)

とある魔術の禁書目録」の同人誌過去に6冊ほど見ましたが、インデックスメインの本は1冊もなかったり、そのくせ某ガンガンに非道いことをされた某女史の本は2冊もあったりで悲喜こもごもなのでありますが(ちなみに内訳は黒子×美琴本2冊、姫神本2冊、神裂本1冊、ファンブック1冊)


某可哀想なヒロイン本以外は持ってるかも。

というか、ファンブックってもしかして・・・

・・・コミック版も好調みたいだし、いま禁書目録本として委託したら既刊でも通るのだろうか。

08年04月28日

[]「狼と香辛料」から経済を勉強する人のために「支倉凍砂の30冊」を再紹介

「狼と香辛料」が読売新聞の書評で絶賛される([ 悠 々 日 記 ])

CLANNADは人生、Fateは文学、そして、狼と香辛料は経済(神奈井総社@rNote)

狼と香辛料原作者が薦める経済書リストとか出たら読む人も居るのではないでしょうか。

上記2つのリンクは「狼と香辛料」が読売新聞書評欄に取り上げられた件について紹介しています。

引用した「経済書リスト」という部分を読んで、下の内容を思い出しました。


下調べ?(すぱイしー ているず)

→こちらにリストと支倉氏のコメント


支倉凍砂の30冊(一本足の蛸)

→こっちははまぞうをつかったリンクと、幾つかの注釈つきリスト


・・・と、ここまで書いてきて先日の支倉凍砂語録に記載のあった資料が、

支倉凍砂の30冊」の1番目と2番目に挙げられたものであることに気づきました。

狼と香辛料」から中世の経済を学ぶなら、

北の十字軍 (講談社選書メチエ)

金と香辛料―中世における実業家の誕生

の2冊から始めるのが良いのかも。


余談

一番上のリンクコメント欄で指摘があったのですが、

読売新聞で「狼と香辛料」の書評を書いているのは「女子大生会計士の事件簿」シリーズの著者の方なのですね。

[]propellerのサイトで朱門優氏が一迅社文庫で発表する作品の特設ページが公開

ある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。 propeller オフィシャルホームページ

一迅社から5月20日に発売予定の「ある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。」の特設ページが

著者の所属先であるpropellerにて公開されています。

propellerはガガガ文庫にもノベライズ作品を提供したりしてるのですが、

今回は作品単独でエロゲ作品ふうの特設ページが作られており、かなり気合が入ってる印象ですね。

[]「化物語アニメ化シール付きがあったので、つい購入

f:id:kim-peace:20080428205720j:image

西尾維新初心者にもオススメの「化物語」がアニメ化っぽい


上の記事を書いた時点では自分で確認できてなかったのですが、今日見かけたので購入してきました。

ちなみに新宿のジュンク堂で確認。

上巻は7刷で下巻は6刷です。共に4月21日付。

・・・布教しまくったせいで、先に買ったほうはみるからにボロボロですね・・・


そういえば5月上旬には「傷物語」が出ますから、公式発表はこれに合わせて行われるかもしれません。

08年04月25日

[][]「戦場のヴァルキュリア」ごく狭い範囲の感想

戦場のヴァルキュリア(通常版) - PS3

戦場のヴァルキュリア(通常版) - PS3

PS3 戦場のヴァルキュリア イーディちゃんの入隊・除隊(ニコニコ動画)

D

第7小隊のアイドルはわたくしですわ!(公式ブログ・陣中日誌)


公式ブログを見る限り、スタッフにもかなり愛されている模様です。

固有スキル

田舎育ち」*1とか、

パニック*2とか、

キャラを立てるような要素が盛り込まれているのも好印象。


・・・なんか「ちょろい人だなぁ」とかどこかから言われそうだけどキニシナイ!

*1:土の上にいると射撃能力がアップ

*2:敵の迎撃を受けると能力ダウン

08年04月24日

[]西尾維新初心者にもオススメの「化物語」がアニメ化っぽい

化物語(上) (講談社BOX)化物語(下) (講談社BOX)


化物語がアニメ化か?(やくろあんてな)

【情報】西尾作品がついに…!(戯言日和)


私自身では目視確認できていないので、厳密にはソース未確認なのですが・・・

今回は掲載の価値ありと判断しました。

すみませんが信じる信じないは各自で判断願います。

以下、確定だという前提でつらつらと雑感です。


個人的に「化物語」って、わかりやすい西尾維新作品の魅力が楽しめるので、入門書として適していると思うんですよね。

講談社BOXにはいろいろ思うところもあるんですが、内容については太鼓判押せます。

まぁ、いまだと文庫戯言シリーズから入るという手もあるんですがそれはそれ。

あのシリーズはちょっとアニメ化しにくいところもあるんじゃないでしょうか。


そんなわけで「化物語」をうまくアニメ化すればそれはもう「面白い」ものになるでしょう。

既刊の売り上げも底上げできるでしょうし、続きが出るならそっちの売り上げ増も見込めます。

コミカライズして更に展開を広げてもいいですね。

そしてそれらの展開を一通り終えててから、戯言シリーズ文庫版が佳境に来た頃に満を持してこっちもアニメ化、なんて展開も想像できてしまいます。


色々と理由があると思われますが、これまであまりメディアミックスされてこなかった

西尾維新」ワールドのメディア展開は、かなり夢が広がる意味を持っているように感じました。

[]「狼と香辛料アニメ2期の可能性を推測してみる

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]狼と香辛料2<限定パック>(初回限定生産) [DVD]狼と香辛料3<限定パック>(初回限定生産) [DVD]


資料その1:月刊アスキーのライトノベル記事はかなり中身が濃かった

・三「アニメDVD1巻の予約巻数が出た時点で2期が決定」

電撃文庫編集の三木氏による、シャナアニメ2期についての言及です。


資料その2:デイリーチャート補完スレ〜DVDアニメ&特撮・最新〜

灼眼のシャナ 【全8巻】

巻数 初動 2週計 発売日

01巻 9,090 10,916 06.01.25

こっちが資料1で言及されているアニメ1期の売り上げ数値と思われます。

この数値が多いのか少ないのかについてのコメントは詳しくないので自重します。

指標っぽいものとしては「1ゼーガ」なんて単位も。


資料その3:アニメDVD売上データ補完スレ

順位/先週/週間売上数/累積売上数/週数/タイトル/発売日

13 -- *7,374 **7,374 **1 狼と香辛料 1 <限定パック> 08/04/02

そしておそらくこれが「狼と香辛料」1巻の初速数値。翌週には1000くらい上乗せしてますね。

上で紹介した単位「ゼーガ」だど4ゼーガくらい?


その他、考慮すべきと思われる要素

・「シャナ」と「狼と香辛料」の予算の違い

・限定パック、通常版などによる売り上げ実態のバラつき


2期やるんじゃないの?←結論

割と控えめに見積っても「やらないのは勿体無い」ような感じに見えるのですが・・・どうでしょうか。


A.2009年冬、1クールで予算は同程度

B.2009年以降、2クールで予算アップ


上二つのどちらかは、まさに今頃企画立案中なのではないかと思ったり。

・・・ただ、今回のアニメ化小説も相当売り上げを伸ばしたみたいなので、

既刊の売り上げ増はあまり見込めないのかも。

こないだのLNFで支倉氏は「あと5冊くらい」と言ってたので、

原作の刊行ペース的にもアニメ2期に合わせた調整はできそうです。

むしろ、コミック版やアニメDVD、関連CDとか周辺の関係各社が前向き検討しそうな気もしますね。

08年04月23日

[]「よくわかる現代魔法」2〜5巻はカバーかけかえ、6巻は夏頃

よくわかる現代魔法 1 new edition (スーパーダッシュ文庫)

よくわかる現代魔法 1 new edition (スーパーダッシュ文庫)

ネタ元は新装版1巻あとがきから。

以下、これまでのあらすじ。


新装版1巻の発売が告知され「新作マダー?」の声

ジャンプSQ.IIにて漫画化したのち、ジャンプSQにて連載開始との発表

・「6巻(新作)が出ます」と言う告知に安堵の声

・2〜5巻は新装版ではなく、カバーかけかえらしい←イマココ


ここまで色々と動きがあるとアニメ化を期待したいところなのですが、

放送中の「紅」と発表があった「アキカン!」が控えてるので当面は難しいのかも。


追記

上の流れには含めていませんが、新潮社から「キャラクターズ」が5月30日に発売されますね。

刊行予定としてはこっちが先になるはず。

[][]恋も冒険もスケールアップ!今度は火星だ!!「アストロノト!3」感想

アストロノト!3 (MF文庫J)

アストロノト!3 (MF文庫J)


金髪ツインツンデレ娘がメインヒロインであるため、個人的にとてもお気に入りのシリーズ第3弾。

3冊読んできて思いましたが、伏線の仕込みとその開示の仕方がちょうどいい具合なのかもしれません。

金髪ツインツンデレ好き」「ロケットもの好き」「ノリ重視」「ケモノスキー」「ハッピーエンド好き」などの方にオススメです。

以下、詳細な感想は格納

続きを読む

[]電子書籍サイトダイナミックアーク」の配信予定に賀東昭二氏の「ドラグネットミラージュ」が登場

近日配信予定書籍(ダイナミックアーク)

ドラグネット・ミラージュ (竹書房ゼータ文庫)

ドラグネット・ミラージュ (竹書房ゼータ文庫)



配信決定は嬉しいんですが、こうなるということは竹書房から権利が引き上げられてるはずなわけで・・・

・・・ともあれ、このまま2巻もおそらく出るでしょうし、手元にない人には朗報なのかも。

「ドラグネットミラージュ」1巻についてはZ文庫版だと「著者:きぬたさとし」となっていたのですが、

2巻で「著者:賀東昭二」に変更されていました。

今回の電子書籍化に合わせて、1巻も表記を改めたようですね。

08年04月22日

[]6月12日発売予定のメタルギアソリッド4ノベライズを「虐殺器官」の伊藤計劃氏が担当

HIDEOBLOG(小島監督公式ブログ)

「メタルギアソリッド ガンズ・オブ・ザ・パトリオット」伊藤計劃:第弐位相(伊藤計劃氏の日記)

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)


話題になっていたようなのに、気づくのが遅れてしまいました。

昨日開始のはずだった「METAL GEAR ONLINE」のβテストが頓挫してしょんぼりでしたが、このニュースでちょっと持ち直しました。

虐殺器官」は読んでいないものの、作中でときメモネタが使われているらしい、ということは印象に残っています。

もともとかなりのMGSファンとのことなので、内容も楽しみです。

ゲームだけでなくこっちも手を出してみようと考え中。

[]桜庭一樹バーチャロン関係について知りたい

人気作家10人を一挙紹介! 今、小説の“エンタメ度”が上昇中!(日経トレンディネット)

screenshot


たまたま読んでいた特集記事で、桜庭一樹氏の仕事風景らしき画像を見かけたのですが、机の上に気になるものが。

どーみてもバーチャロイドに見えたので調べてみるとどうもコレっぽい

と、確定したはいいものの、なんでこれがあるのか良くわからないんですよね・・・

昔の日記によると「活字倶楽部」に似たような写真があったっぽいことも伺えるものの、詳細は不明。

もし知ってる人がいましたら、ご教授願えませんでしょうか。

08年04月21日

[]角川グループが「ライトノベル春の百冊フェア」を実施

「ライトノベル春の100冊フェア」開催!

screenshot


元ネタはおそらく「角川 夏の百冊」かと思われます。

対象商品のオビが変わるので、それを応募券にして賞品ゲット、というパターン

2枚1口の応募で、賞品は以下の2種類です。

A賞・・・特製図書カード(1000円分)50名

B賞・・・特製クリアしおりセット  500名


で、肝心の100冊の内訳なのですが。

う、うーん・・・

シリーズものでも途中しか入っていなかったり、

既に充分売れていそうな人気シリーズが入っていたり、

富士見ミステリー文庫が影も形も無かったり

ちょっと微妙かなぁと思うところも。


フルメタとか文学少女とかは「このラノ」オビがかかってたはずですが、もう用済みなんですかねー・・・

ちなみに一番興味深かったのは電撃文庫のセレクト。

完結済みの「田村くん」が入っていることを除けば、どの作品も今後に期待できそうな作品ばかりという印象でした。


・・・自分なりの「百冊」をここは作るべきなのだろうか。


追記

・・・と、ここまでがっつり18日の記事を再掲。

記事作成した直後に見れなくなったので、何か事情があったものと思われます。

覚えてる範囲では、内容に違いは見つけられませんでした。

08年04月19日

[]メモ

意識調査してみたいもの


リアリティレベル許容範囲

・学校で階段レース

スーパーで半額弁当争奪戦

図書館で銃撃戦

自衛隊vsお化けザリガニ


個人的には全部アリ


エロゲラノベユーザー分布

ラノベは読むけど、エロゲはやらない

ラノベがメインで、エロゲもやる

ラノベエロゲ、どちらも守備範囲

エロゲがメインで、ラノベも読む

エロゲはやるけど、ラノベは読まない


自分は上から2番目?

ラノベは新人発掘するけど、エロゲ無難にチョイスするので。

08年04月18日

[]かなりどうでもいい本田透氏に関するライトノベル・トリビア

世界の電波男 ― 喪男の文学史

世界の電波男 ― 喪男の文学史


本田透氏の新刊『世界電波男喪男文学史』の表紙に描かれている人物は

同氏の『イマジン秘蹟シリーズ角川スニーカー文庫)に登場するひきこもり姉・尾津玲於奈である。


・・・いや、そんだけです。

[]角川グループが「ライトノベル春の百冊フェア」を実施

「ライトノベル春の100冊フェア」開催!

screenshot


元ネタはおそらく「角川 夏の百冊」かと思われます。

対象商品のオビが変わるので、それを応募券にして賞品ゲット、というパターン

2枚1口の応募で、賞品は以下の2種類です。

A賞・・・特製図書カード(1000円分)50名

B賞・・・特製クリアしおりセット  500名


で、肝心の100冊の内訳なのですが。

う、うーん・・・

シリーズものでも途中しか入っていなかったり、

既に充分売れていそうな人気シリーズが入っていたり、

富士見ミステリー文庫が影も形も無かったり

ちょっと微妙かなぁと思うところも。


フルメタとか文学少女とかは「このラノ」オビがかかってたはずですが、もう用済みなんですかねー・・・

ちなみに一番興味深かったのは電撃文庫のセレクト。

完結済みの「田村くん」が入っていることを除けば、どの作品も今後に期待できそうな作品ばかりという印象でした。


・・・自分なりの「百冊」をここは作るべきなのだろうか。

08年04月16日

[]冲方丁スプライトシュピーゲル」新刊が富士見ファンタジアNo.1記録を更新

スプライトシュピーゲル 4 テンペスト 富士見ファンタジア文庫

冲方 丁著

税込価格¥798 (本体 : ¥760)

出版 : 富士見書房

サイズ : 15cm / 541p

ISBN : 978-4-8291-3281-4

発行年月 : 2008.4


ゐんどさんがコメントしていたので、調べてみたら富士見ファンタジアの記録更新したっぽいですね。

値段も他とは200円くらい違っていますが、これはまぁ当然でしょう。

内容については心配してないのですが、これはずいぶんと気合を入れて読む必要がありそうです。

参考:厚い/薄いライトノヴェルズ


ちなみに少し前に「Dクラ」の富士見ファンタジア版が記録更新していたようですが、

それまでのレコードホルダーは「イェマドの後継者」だったようです。なつかしい。

また電撃の「ゆらゆらと〜」シリーズも最新刊が相当な厚さだったのですが、

参考リンク先には反映されていない模様です。ちなみに553pでした


余談

・・・と、ここまで書いて先月出た「銃姫」9巻がMF文庫にしてはページ数多いのに、お値段据え置きだった事実に気づく。

値段が決まっているのでページ数制限あったはずなんだけど、高殿センセもさすがと言うかなんというか。

[]スパロボZに落胆

先生・・・フルメタが参戦した据え置きスパロボの新作がやりたいです・・・!

ガンダムOOも来なかったみたいだし、まだ希望はあるけど。


というか

フルメタアニメ4期>スパロボ参戦」

という展開のほうが、レーバテイン登場確定するから面白くなるなぁ。

今は我慢か・・・

08年04月15日

[]販促物「ホロの等身大ポップ」が既に売り切れていた

screenshot

『狼と香辛料』お嫁さんホロの等身大ポップ


はてなブックマークで注目されたのが4月7日で、4月9日には売り切れていたようです。

限定200個って割と多いと思っていたのに、こんなに早く消えるとは・・・

・・・べ、別に買いそびれて残念とか思ってませんよ?

[]桜坂洋よくわかる現代魔法新装版は1巻のみで次は6巻を執筆

スーパーダッシュ文庫 作家・イラストレーターインタビュー第54回 作家・桜坂洋さん


4月刊行の1巻新装版の後は、最新刊の6巻ということのようです。

新装版だけで新刊は出ないんじゃないか」と心配する声もありましたが、

これでまずはひと安心ですね。

ちなみに、5月末には「キャラクターズ」が出て、6月末にはSF方面でも動きがあるとか。

08年04月14日

[]次の予定

昨日のLNFで(ごく一部の相手と)話題にしたのですが、博麗神社例大祭(第5回)のサークルリストが公開されていました。

知り合いのところも幾つか確認できたので、次のイベントお出かけはこれになるかも。

08年04月13日

[]準備完了

現在、午前二時すぎ。

LNFの準備が終わったのでいいかげん寝ます・・・

レポートは書けるかなぁ?

[]第7回ライトノベルフェスティバル雑感

お会いした皆さん、お疲れ様でした。

バタバタしてゆっくり話せないことも多かったですが、

色々な方とお会いする機会が出来て良かったです。


支倉氏企画

・滑り出しがやや手探り?

・「工場長ー!」コールがかかった(笑

・上の階だと音声が聞き取りにくかった?

・中盤でケモノ耳について語ると饒舌になる工場長

・「狼と香辛料Cafe」のリポートgdgd

・締めがちょっと唐突じゃなかったかなぁ


須賀しのぶチャットインタビュー

・「メールインタビューで良かった」という指摘多数


発展形お茶会

・人多いよ!

・昼食に出るなどして、途中から参加の人に優しくなかったかも

・「私、ラノベ初心者です〜フリートーク〜」が大人気

・やっぱイベントに来るような人は、自分も語りたいのかなぁ


ライトノベル天気予報

・各社それぞれに宣伝&告知

中の人の話が聞ける貴重な機会ですな

・噂のダイナミックアーク一迅社文庫

・ここでいきなり田中ロミオメールインタビュー

・音声読み上げソフトは面白いけど、スタッフが読み上げてもよかったような

ロミオ氏はかなり面白い回答が多かったあたり、さすがと言うべきか


総括

昨年より改善された箇所もあるけど、まだちょっと不手際が目に付いたかも。

まず会場を固定して、そこの中で試行錯誤するべきなのかも。

08年04月11日

[][]「おまもりひまり3」感想

おまもりひまり3 (角川コミックス ドラゴンJr. 101-3)

おまもりひまり3 (角川コミックス ドラゴンJr. 101-3)

本屋に寄ったら発売していた。

相変わらずエロいなぁ、と思いながらも読了

キャラはちょっと微妙なものの、既存キャラが活躍してたのでOK

08年04月10日

08年04月09日

[][]「別冊 図書館戦争」中途感想

別冊 図書館戦争〈1〉

別冊 図書館戦争〈1〉


まだ半分くらいしか読んでないんですが。

甘すぎて萌え死ぬ

これ絶対に外で読めないわー・・・

08年04月08日

[]葉山透デビュー作「ルークレイリア」が新レーベルで復活らしい

「LAFI.NET」(作者公式サイト)

 そう、葉山透デビュー作である、

「ルクレリ復活!!です!!」

(中略)

 しかも新装で新レーベルの創刊第一弾刊行のメンバーとして、です。とてもとても光栄なことです。


「9S」シリーズなどが人気の葉山透氏のデビュー作が復活するそうです。

イラストレータも変わる模様。

ルークレイリア」は葉山透氏のデビュー作で、ファンタジー世界でのミステリーものです。

第一回富士見ヤングミステリー大賞最終選考作品でもあります。

富士見ミステリー文庫でこれまで3冊が発表されていましたが、続きが出ていませんでした。

レーベルへの移籍ということで、移籍先もかなり気になるところです。

詳細発表はこれからということですが、ファンには嬉しいお知らせですね。


金の瞳の女神―ルーク&レイリア (富士見ミステリー文庫)アルテナの少女―ルーク&レイリア〈2〉 (富士見ミステリー文庫)ネフィムの魔海―ルーク&レイリア〈3〉 (富士見ミステリー文庫)

[]電撃文庫雑誌企画「電撃コラボレーション」が文庫化

ソースは新刊折り込みチラシから。

8月〜10月に三ヶ月連続で三冊刊行とのこと。

なるほど、15周年記念として文庫化という手がありましたね。

入手の難しい商品に収録されていたものもあるので、嬉しい知らせです。

電撃コラボレーションについて」はウィキペディアに記述がありました。

個人的には「豪華客船MW号」の企画は外してほしくないところ。

[][]クリスマスで正念場!?「とらドラ!7」感想

とらドラ!〈7〉 (電撃文庫)

とらドラ!〈7〉 (電撃文庫)

アニメ化も決まった人気シリーズ

あとがきを読む限り、年内にアニメ化っぽいのだけど・・・秋か冬なのだろうか。

以下、いつもどおり「続きを読む」記法入り。

続きを読む

08年04月07日

[]「とらドラ!」アニメ化は新刊オビにも掲載

screenshot

screenshot

いつものやつです。

アニメ化情報が出て以降、各所の反応を見ているとやはり声優さんについての言及が多かったですね。

キャスト発表はいつになるのか、気になります。

[]コミック版「春期限定いちごタルト事件担当編集インタビューに思うこと

担当編集に質問状:「春期限定いちごタルト事件」 日常の不思議な謎をマンガで


まんたんウェブにてコミック版「春期限定いちごタルト事件」の担当編集さんがインタビューに答えています。

−−なぜ、この小説マンガにしようと思ったのですか

 小鳩くんと小山内さんの2人のキャラクターと設定が「マンガに向いている」と思ったからです。

やばい、大物だ・・・!(ゴクリ

その直後に

ミステリー小説なので、逆に「なんて向いていないんだ」と思う場面もあります

と続くのはご愛嬌。

こっちが普通の反応だよねぇ・・・

雑誌連載分がどの辺まで進んでいるのか不明ですが、夏ごろには漫画版も急展開になるっぽい?

秋までには「秋期限定マロングラッセ事件」も読めると幸せだなぁ、と思ったり。

08年04月06日

[]アイマスCDの話


知り合いの某氏が買いそうなジャケだなぁ・・・と思ったり。

内容的にも私よりちょっと上の世代ねらいうちかも。

[]思い入れのあるムービー紹介コーナー(その2)

MADムービーにハマるきっかけになったのがこれ。

神藝工房 go_ing_my_↑

D


んで、その後も神月社氏のムービーはちょこちょこ追いかけてたわけですが。

この青空に約束を― 主題歌 「Allegretto 〜そらときみ〜」 full KOTOKO

D

この辺の作品で、神月ムービーKOTOKOボイスにハマる、と。


おまけ

プリンセスブライド -Princess Bride!- KOTOKO(エロ自重版)

D


こっちもかなり好み。ゲーム自体は未プレイですが、絵師のみやま零氏もポイント高し。

08年04月05日

[]「されど罪人は竜と踊る」の移籍が正式発表

浅井ラボ、ガガガ文庫へ!!

みなさんにビッグニュースをお届けします。

一部ではすでに話題になっていますが、

浅井ラボ氏が「されど罪人は竜と踊る」シリーズとともに、

ガガガ文庫にやって来ます。


ということで確定。

ちょっとバタバタしましたが、公式告知も出たのでもう大丈夫でしょう。

シリーズ既刊だけでなく、新作も読めることを期待しています。

08年04月04日

[]支倉凍砂語録

LNF対策として予習中。文脈はかなり勝手に要約してるので、参考にする場合は原典にあたることをオススメします。


キャラ ★ メル 2008年 05月号 [雑誌]

キャラ ★ メル 2008年 05月号 [雑誌]

中世の経済は好きで資料を集めていた

舞台イメージはドイツあたり

・腹ペコキャラとお酒呑みはなんかツボな感じ

・ホロの原型は「さくらん」

・「狼と香辛料」以前はSFっぽい作品を書いていた

・ホロの狼の設定は「金枝篇」が元ネタ

ネットで見てると正解はふたりしかいなかった(1巻の頃?)

・麦の豊作の神が狼というのはメジャーネタ

耳と尻尾趣味

・昔からすごい好きだった

小説で耳と尻尾をちゃんと書いている作品が皆無

・優先順位的には「最近尻尾、昔は耳」

耳と尻尾による感情表現趣味

・「狼と香辛料」以前は一次選考も通過したことが無かった

・「受賞作は基本のストーリーラインは直さない」(担当編集談)

・当初はホロが狼耳と尻尾を持つ理由が全くないと言う指摘があった

・後付で変身のシーンを追加

・ホロが耳と尻尾を隠せないのも作者の都合

・3巻くらいまではネット感想を相当見ていた

・1巻の売れ方がめちゃめちゃ良かったわけではない(担当編集談)

ネットライトノベルファンが投票するサイトで1位になった(担当編集談)

ネット感想で「顔芸」が多すぎると言われたことがある

・誤解されたくないと思って、解釈の余地を減らしてしまう

・会話シーンは勢いで書ける

・書くのはあんまり楽しくない、でも業だから書く


電撃hp 49

電撃hp 49

アニメがらみの仕事シリーズ構成の確認など

・注文はほとんどつけていない

ストーリーの根幹は同じで、キャラが一人だけ違う*1

・応募原稿では一応、会話をメインにしようと考えていた

ネット上のチャットでの面白さみたいなものを表現できたらいいな、と

世界観は一応史実を取り入れているが、かなりウソもついている

・偉い人たちはなるべく登場させないようにしている

・14世紀から15世紀ぐらいのドイツ近辺を一応、参考にしている

・異種間恋愛的な部分はあまり考えてない

・最終巻の構想はある

・ホロの花魁言葉には過去形が無い

・耳と尻尾好きの原点は「甲竜伝説ヴィルガスト*2

・14歳くらいから書き始め、16歳で初投稿

・最初の投稿先はスニーカーだった

・応募作品に自分の作品ぽいのが混ざってくれると嬉しい


メカビ 2008年冬号 (講談社 Mook)

メカビ 2008年冬号 (講談社 Mook)

しまった買ってねぇ


やくろさんに補完していただきました。

ありがとうございます。とても助かります。

支倉凍砂語録の補完(やくろあんてな)

そういえば副題にツッコミいれてるのはこのインタビューだけですね。黒幕のフランさん流石です


このライトノベルがすごい!2007

このライトノベルがすごい!2007

・会話が受けたのかなと思っている

キャラクターについても先に会話ありきで作っていた

・ホロは自分の好みのタイプではない

・とにかく商売の話を書きたかった

舞台としては12世紀から15世紀ぐらいのドイツ北部から北欧

・「金と香辛料」をきっかけに資料集めをはじめる

・大本のきっかけは「北の十字軍」という本

尊敬する作家、好きな作家としては司馬遼太郎

・作品で言うと「燃えよ剣」と「風神の門」

小説自体あまり読まない。漫画が多い

・自分の書いた原稿はあまり読み返したくない

・書いてる途中は自分で書いてるものが面白いと思えない

・今後は似たような世界観でもありそうでなかった物語を書ければ


電撃hp (Volume40)

電撃hp (Volume40)

創作のきっかけは漫画が好きで自分で世界を作ってみたいと思ったところから

・資料集めから書きはじめまでは4年ぐらい。書きあげたのは実質二ヶ月。

・最初の打ち合わせで担当編集に「あなたは日本語がおかしい」と言われた

文庫化に当たって3回に分けて修正作業を行った


つ、疲れた・・・

えーと、あと紙媒体インタビューとか対談ってありましたっけ?

電撃15年祭のレポートはあんまり役に立ちそうに無いのでひとまず保留。

*1:ヤレイのことですな

*2このキャラかな?

08年04月03日

[]電子書籍配信サイト「ダイナミックアーク」でゼータ文庫などの作品が復活

ダイナミックアーク

絶版ラノベ配信サイト、ダイナミックプロが開設

 第1弾として、安彦良和さんが本文・イラストともに手がけた「聖王子ククルカン」や、あらいりゅうじさん作の「影踏みシティ」(イラストは『初音ミク』で知られるKEIさん)など5作品の配信を始めた。価格は1冊当たり315円で、35%を印税として作家に支払う。出版社を通さず、作家と個別に交渉して作品の提供を受けた。


公式サイトによると、ラインナップは以下のような感じ

続きを読む

[]「とらドラ!」アニメ化の確定ソースを確認

超弩級学園ラブコメ「とらドラ!」アニメ化決定!(Forest Field)

screenshot

参考:『とらドラ!』がアニメ化?(ウィンドバード::Recreation)


掲載された写真は、新刊が並ぶ時期に書店に貼り出されるポスターですね。

正式名なんていうんだろう・・?

新刊オビによる告知が1報かと思ったら、思わぬところから確定情報が。

先日発売されたコミック版も評判が良かったので、

このままの勢いで原作認知度も高まってくれるといいなぁ。


・・・ちなみに私は「逢坂大河役の声優は釘宮じゃなくていいよ」派です。

[]ガガガ文庫5月の新刊に浅井ラボ「されど罪人は竜と踊る1」(が、あったけど消えました)

小学館オンライン 文庫刊行予定

されど罪人は竜と踊る (角川スニーカー文庫)

されど罪人は竜と踊る (角川スニーカー文庫)

ラノベの杜更新されていたので、そこ経由で。

(またこのパターンかよ)

もともとは角川スニーカーから出ていたシリーズですが、

刊行ペースが不規則になり2年近く新刊が出ていませんでした。

作者自身がブログトラブルがあったことに言及していたため、

シリーズの読者は心配していたのではないでしょうか。


レーベル移籍ということで色々あったと思われますが、

ひとまずは新天地での活躍を期待したいです。

・・・ガガガレーベルカラーに馴染むかもしれない、と思うのは私だけ?


追記

さっくりとリンク先から情報が消えたようです。

ソースが消えてしまったので、信じる信じないは各自の判断でお願いします。


1.5月発売じゃなかった

2.5月発売だけどまだ情報公開OKではなかった

3.そもそも刊行自体が決定していなかった


個人的には2だと嬉しいのですが。

とりあえずは今月の公式サイト更新を待とうと思います。


参考:http://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1206708265/65-

110あたりからの「歓喜→落胆」という落差っぷりに涙。


4日追記

コメント欄で指摘を頂いたように、情報が復活したようです。

前回は無かったイラストの項目にスニーカー版からそのまま宮城氏の名前が確認できます。

これ以上変更は無いと思いますが、ガガガ文庫公式サイトのほうで告知されたら再度記事にするかも。

08年04月02日

[]ガガガ文庫で「GS美神小説版が刊行予定?

小学館オンライン 文庫刊行予定


ラノベの杜更新されていたので、そこ経由で。

アニメ化に合わせて絶対可憐チルドレンのノベライズも行いますし、

創刊1年目にしてマルチ展開の態勢が整ってきたのかもしれません。

・・・本当は参入直後からこういう戦略をやれば(ry

[]うえお久光の単行本「シフト」が文庫化

「電撃bootleg」電撃文庫新刊情報

◇シフトI -世界はクリアを待っている-

著/うえお久光

絵/STS

シフト ―世界はクリアを待っている―

シフト ―世界はクリアを待っている―

データは単行本1巻のもの


メルマガの新刊情報によれば、うえお久光氏の単行本が文庫化されるようです。

内容はファンタジーとも、ゲーム小説ともとれる物語で、2巻まで出ていました。

単行本の際は児童書意識したような装丁でしたが、ちょっとお値段が張るのがネックだったように思います。

今回の文庫化イラストが付くという1点においてかなり嬉しいですね。

単行本も持っていますが、書き下ろし部分もあるなら間違いなく買うでしょう。

絵師のSTS氏のサイトこちらでしょうか。

もしそうなら、クリーチャー方面のイラストにも期待できますね。



単行本から電撃文庫へ移行した事例は過去にもありますが、近年では珍しい事例です。

有川浩氏の「空の中」以降、活発化していた単行本シリーズから文庫化作品がでるということは

他の人気作品、たとえば「図書館戦争」などにも文庫化する可能性があるかもしれません。

[]直木賞作家桜庭一樹ファミ通文庫作品「荒野の恋」が完結せずに文藝春秋から再刊行

ラノベの杜 桜庭一樹「荒野」

e-hon/荒野/桜庭一樹

文藝春秋

5/下旬発売

●荒野 【著:桜庭一樹/絵:】

 予定税込価格 1,995円


おとなになるすこし前。少女は、遙かな荒野にたたずんでいる。山野内荒野、十二歳。恋愛小説家の父と暮らす少女に、新しい家族がやってきた。”恋”とは、”好き”とは?感動の直木賞受賞第一作。

荒野の恋〈第1部〉catch the tail (ファミ通文庫)

荒野の恋〈第1部〉catch the tail (ファミ通文庫)

荒野の恋 第二部 bump of love (ファミ通文庫)

荒野の恋 第二部 bump of love (ファミ通文庫)

データファミ通文庫のものです。


3部作と告知があり、ファミ通文庫で2巻まで刊行されていた「荒野の恋シリーズと思われる作品が、文藝春秋から刊行される模様です。

値段から推測するに、3部作の内容をまとめた単行本でしょうか。

続きが読めるのは嬉しいニュースですが、ミギー氏のイラストのファンには悲しいお知らせとなってしいまいました。


同じくファミ通文庫の「赤×ピンク」は角川文庫から刊行されているので、

次は「推定少女」あたりがファミ通文庫以外のレーベルから刊行かも。

[]買っちゃった

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]

狼と香辛料1<限定パック>(初回限定生産) [DVD]


ううっ、結局のところ「狼と香辛料関係物はかなり買ってしまっている自分がいる・・・

2巻以降やフィギュアは買ったら負けだと思っている。

08年04月01日

0000 | 00 |
0006 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 04 |
2014 | 04 |
2015 | 03 | 04 | 10 |
2016 | 01 | 03 |
2018 | 03 | 07 |