平和の温故知新@はてな このページをアンテナに追加 Twitter

プロフィール メールフォーム

08年12月08日

[]作者曰く「全てが詰まっています!」な「狼と香辛料ノ全テ」感想

狼と香辛料ノ全テ

狼と香辛料ノ全テ

狼と香辛料ノ全テ 「恥ずかしいもの たくさん載ってます」アキバblog

公式ガイドブック「狼と香辛料ノ全テ」が12月10日に刊行予定10月1日付け過去ログ


記事タイトルはアキバblogに掲載されていた、公式POPコメントから。

過去ログでは10日発売と書いていましたが、6日頃から都内の書店には並んでいたようです。

やや遅れたものの、入手したので感想を。


一見した感じ、内容としては基本的なガイドブックと変わらず、

各巻解説や世界観の解説がメインですね。

既に各種メディアミックスを済ませているので、

そこからの素材提供や関係者コメントインタビューなども収録されています。

各巻解説で、文章だとイメージしにくい複雑な取引の図解があったり、

短編書下ろしがあるのが嬉しいところ。

あ、そういえば「文倉十氏の描いたクロエ」は初めて見ました。

どうも雑誌掲載とDVD特典絡みのイラストだったようで、ここでないと見る機会が無かったかも。

黒田和也氏のホロ抱き枕イラスト」なんてのも収録。こっちは持ってないんだよなぁ・・・

著者・イラストレーターインタビューでは、既に知っている内容も(主に支倉氏インタに)ありましたが、

それ以上に新事実も色々明かされていて興味深かったです。

キャラの成り立ちとか、初期ラフとあわせて読むと面白かったですね。


残念な点としてはやや価格が高めなところ。

とある魔術の禁書目録(インデックス)ノ全テ」や「灼眼のシャナノ全テ」に比べると1.5倍程度の価格設定です。

まぁサイズが違いますし、イラスト・文章量も豊富なので仕方ないのかも。

全体的に読み応えがあり、資料としても使えそうな素材が数多く収録されているガイドブックでした。

原作ファン・アニメファン問わずに楽しめる、良い出来だったように思います。


以下、短編書き下ろし一言感想

何この激甘ホロ視点

思わぬ伏兵でした。工場長の手のひらの上ですね。


余談

デザイン編集協力に「株式会社クリエンタ」という見慣れない名前があったのでぐぐる先生に聞いてみました。

編集制作プロダクションで、MF文庫Jの「ナルキッソス」を編集担当した方もおられる模様。

今後、名前を見かける機会が増えていったりするのでしょうか。

http://www.crenter.jp/index.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kim-peace/20081208/p1
0000 | 00 |
0006 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 04 |
2014 | 04 |
2015 | 03 | 04 | 10 |
2016 | 01 | 03 |
Connection: close