平和の温故知新@はてな このページをアンテナに追加 Twitter

プロフィール メールフォーム

10年05月28日

[]大迫純一氏の逝去について


【訃報】大迫純一氏GA文庫blog


氏の作品について多くを読んでいない私には語ることのできる言葉が多くありませんが、

故人のご冥福をお祈り申し上げます。


本来、こういうエントリも書かないほうがよいかと思っていましたが、

小説家としての大迫純一氏について詳しく書かれた下記エントリを読んで、

記事に起こすことにしました。

【追悼】大迫純一氏 急逝(夜光蟲の囁き)


素敵な作品を、ありがとうございました。

10年05月27日

[]アニメ版俺の妹がこんなに可愛いわけがないロゴについての公式?コメント

俺の妹がこんなに可愛いわけがない



きりりん
@kirino_kousaka
 ライトノベル作品のアニメ化にあたって、タイトルロゴって変わったり変わらなかったりしますよね。俺妹の場合フォントが変わってたりはせず、色が変わっているだけ?http://d.hatena.ne.jp/kim-peace/20100511/p1(2010-05-27 00:13:15) link
きりりん
@kirino_kousaka
 ロゴは、原作でもお世話になってるデザイナーさんに同じロゴアニメ用に起こしてもらったんだってさ。(2010-05-27 00:13:26) link


・・・あ、そういえば逆書評とかありましたね(ぉ

まさか感想記事の余談に反応されるとは・・・


アニメロゴだけど原作イメージからは変更なし、ということのようです。

禁書目録超電磁砲の時みたいにアニメ化でとても印象に残るデザインロゴが生まれることもありますが、

個人的には馴染みがあるロゴだと安心感がありますね。


そして、原作の方の表紙ロゴもよく見ると毎回イラストに合わせて配置が変わってることにいまさら気づきました。

ここらへん、意外と手がかかってるのでは・・・?

10年05月26日

[]森田季節氏の傑作短編「ウタカイ」を改めて紹介してみる

http://blog-imgs-36.fc2.com/m/o/r/moritarail/20100126235618bcf.jpg

ウタカイ(森田電鉄)


MF文庫Jの作家17人が集合した豪華合同誌が冬コミ3日目に頒布予定(08年12月3日過去ログ


森田季節氏が東方の紅魔館SSを告知していたのをきっかけに、web版が公開されていたことに気づきました。

再読してテンションが上がったので紹介してみます。

微妙に今更感が漂うのはスルーして下さい(汗


これ、リンク張った08年冬コミ頒布同人誌「みみっく!」に収録だったやつなのですが、

短編ながらもとても面白く、かなり印象に残っていました。

「ウタカイ」という和歌全国大会決勝にて【熱狂の火人(かじん)】と呼ばれる女子中学生歌人、登尾伊勢

【幽幻(ゆうげん)の歌使い】の異名を持つ朝良木鏡霞の出会いと闘いが描かれます。

登尾の傍若無人っぷりは銀盤の桜野タズサを彷彿とさせる部分も(笑

得点式の和歌バトル、好対照な主要キャラ、後半の怒濤の勢いなどなど、

魅力の多い作品ですので興味のある方は一読をオススメしておきます。



余談

森田季節氏は6月角川書店MF文庫Jからそれぞれ新作を刊行されるとのこと。

特に前者は「デビュー作を気にいっている方」には期待できる内容のようです。

10年05月25日

[]「フルメタル・パニック!」完結編続報!下巻は8月刊行の模様

f:id:kim-peace:20100525235500j:image


mangaohclub
@mangaohclub
 富士見書房ファンタジア文庫フルメタル・パニック」??がそれぞれ7月8月連続刊行予定!! 完結記念セットの注文書が到着しました。 読者キャンペーンも行うようで、帯に付いている応募券二枚一口で応募すると「フルメタ」らしい豪華プレゼントが当たるそうです! らしいって何か気になる!!(2010-05-25 19:45:48) link


「フルメタル・パニック!」7月に完結編の上巻が発売の模様(20日付過去ログ


画像宇佐見雅已さんからの借り物です。感謝

まんが王さんのPostも含めて、書店向けFAXからの情報ですね。

先日の上巻刊行情報から間をおかず、下巻も8月には刊行とのこと。


・・・え、ということは↓と同時に堪能できるってことですか?

なにそれ幸せすぎる。

アナザーセンチュリーズエピソード R - PS3

アナザーセンチュリーズエピソード R - PS3

時期的にコミケ終りで一息ついてる頃合いですし、今年の夏はフルメタ三昧で熱くなりそうです。

・・・これで更なるアニメ化とか発表されたらもう成仏してしまうかもしれん・・・

10年05月24日

[]ラノベっぽいパッケージエロゲがまた一つ

screenshot

体験版の評価が高い、「リアル妹がいる大泉くんのばあい」のパッケージ見本アキバblog


少し前に↑の画像を見かけたのですが、ネタじゃなかったんですね・・・

アキバblogのほうのリンク画像にもありますが、全体的には電撃文庫イメージで、

裏表紙にテキスト&絵があるところなどはスーパーダッシュ文庫な感じ。

背表紙イラストを入れてるレーベルは複数ありますが、

配置的にはMF文庫Jが近いかも。


公式サイトの製作日記では下記のような裏話?も

リア妹の企画書を見た時、どことなくラノベっぽい感じがするなぁ〜と感じました。

まぁ、ずいぶんチャレンジングなタイトルだなぁと先に思ったわけですがいいぞもっとやれと思ったのはバレバレで……清涼感漂う感じで、スッキリとしたロゴデザインパッケージもその線で行ってみるか、という所でデザインネタを纏めました。

エロゲパッケージってピンクとか派手で目立つタイトルが多いので、白バックでシンプルに、という所でいけばある意味目立つかな、という思惑もございました。


折角だから、パッケージ自体を本っぽくしてやれ!

これはまだどこもやってないぞしめしめオレ天才じゃね?www

と思っていたのが3月の頃。

この時の私は、まだそのネタは既にZER○さんが通ってきた道だということを知らなかったのでございます。


・・・あー、あのアレですね・・・

不幸な偶然によりネタが被ってしまった感はあるものの、

ライトノベル界隈だと増殖しすぎて敬遠されることもある

「白バックでシンプルに」というのを

あえて選んでるあたり興味深いなぁ、と感じました。


余談

ALcot繋がりでこっそり書いておくと「幼なじみは大統領」が面白かったです。

本命イリーナ、対抗エルということでひとつ。

(いや、まだコンプしてないですが)


更に余談

ついったー経由で見かけたこの手のネタもう一つ。

サフィズムの舷窓

サフィズムの舷窓

こういうのもあったのか・・・と、今更知りました(汗

10年05月22日

[]KSLライブ2010に行ってきた

D

PCゲーム 「クドわふたー」 OPテーマ 「one's future」

PCゲーム 「クドわふたー」 OPテーマ 「one's future」

My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】

My Soul, Your Beats!/Brave Song 【初回生産限定盤】


知り合いに誘ってもらって昼の部に行ってきました。感謝

や、すごい楽しかったです。

意外と自分が鍵っ子だったことを再確認した感じ。

(こないだホワルバの時も同じこと言ったけどな!)


わふたーのアレやリトバスCLANNADAir系の各曲でもテンション上がりましたが、

AB!のガルデモ2曲は特に盛り上がりました。

国歌やだんご大家族もいいですが、やっぱライブばえする曲って強いなぁ、と思いました。


・・・そして、またリトバスやりたい気分がムクムクとw

10年05月20日

[]「フルメタル・パニック!7月に完結編の上巻が発売の模様


フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)  富士見ファンタジア文庫

賀東 招二

出版社名 富士見書房

発売予定日 2010年7月17日

予約締切日 2010年6月29日

予定税込価格 609円



MOON PHASE 雑記経由、e-honの刊行予定より。

2010年7月17日発売とのこと。

今月のドラゴンマガジン掲載の刊行予定には名前がなく、

7月は無理かなー・・・と思っていたのですが、なんとか間に合ったようです。

しかし、上巻がでてすぐに下巻が出るとは限らないわけで、ちょっと複雑な心境になりました。

(「分裂」は禁句!)

あと世の中には「上下巻」意外に「上中下巻」とか「中I・中供廚箸「完結編」とかあるんですが!


えーと、実際頭の中の冷静な部分は「手にとるまで油断するな」と警告してるんですが、

それでも嬉しいニュースには違いないので、素直に喜びたいと思います。

というか、LNFでのあの頼もしい口ぶりを聞いてしまったので

実はあまり待つのが苦痛じゃなかったりも。

10年05月18日

[]「シュタインズゲート」が伝説作家海羽超史郎」の手で小説

f:id:kim-peace:20100518190622j:image

ラスト・ビジョン (電撃文庫)

ラスト・ビジョン (電撃文庫)


ドラゴンマガジン早売りより。

Windows版も告知されたADVシュタインズゲートの小説版富士見ドラゴンブックから刊行予定とのこと。

これだけならまぁ普通ニュースなんですが、ノベライズを「あの」海羽超史郎が手がけるとなると、

俄然気になるラノベ読みのひとも多いかと。


海羽超史郎」さんは電撃ゲーム小説大賞の第7回にて奨励賞を受賞された方です。

新人賞の同期だと渡瀬草一郎さん、三枝零一さん、甲田学人さんらがいますね。

刊行された作品は新人賞応募作の「天剣王器」と「ラストビジョン」の2作品のみ。

その後は実に9年もの長い間、作品の発表がありませんでした。

しかしながら読んだ人の印象には残るタイプの作品を書かれるため、

数年ほど前までは何かの拍子に話題に上ることも多い方でした。


個人的にも「ラストビジョン」については今でも割と鮮烈な印象が残ってるくらい面白かった作品ですし、

シュタゲともちょっとした共通点があります。

(細部はさすがにうろ覚え

あんまりネタばれしない方が面白い作品なので詳しくは書きませんが、

シュタゲが好きな人で、もし見かけることがあったらぜひ読んでみて欲しいです。

ちなみに(ラストビジョンの)イラストデュラララ!!などでおなじみのヤスダスズヒト氏。

割と昔の作品でもイラスト担当されていますね。


ドラマガには7月の刊行予定まで掲載されていましたが、

そこに記載は無かったので早くとも8月以降の刊行と思われます。

とりあえずは続報を待つのみですが、またひとつ楽しみなニュースが増えました。


追記

有村さんのブクマコメより。id:K_NATSUBA氏による感想リンク集貼っておきます。

・・・しかしやはり、リンク切れ多いですね・・・


ラストビジョン感想リンク集

http://kaolu4s.sp.land.to/LVR.htm


追記再び

コメント欄にて指摘を頂きました。

シュタゲ小説版挿絵画像にあるとおりhuke氏だと思われます。

ヤスダ氏が担当されてるのは「ラストビジョン」のほうですね。

[]ついにシリーズ完結「SH@PPLE」9巻感想

SH@PPLE〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE―しゃっぷる―(2) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE―しゃっぷる―(3) (富士見ファンタジア文庫)

SH@PPLE―しゃっぷる―(4) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE―しゃっぷる―(5) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE(6)  ―しゃっぷる― (富士見ファンタジア文庫)

SH@PPLE―しゃっぷる―(7) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE―しゃっぷる―(8) (富士見ファンタジア文庫)SH@PPLE  ―しゃっぷる―(9) (富士見ファンタジア文庫)


富士見ファンタジア文庫で続いていた双子入れ替わりラブコメもついに完結。

シリーズ開始当初からリアルタイムで追いかけてきた作品なので、感慨もひとしおです。

アニメ化こそありませんでしたが、コミック化したりドラマCDになったりと、色々幸せでした。

竹岡氏のblogによれば少女向けも含めて最長記録のシリーズとのことで、本当にお疲れ様でした。


以下、ネタバレ対策のため格納。

続きを読む

10年05月17日

[]品薄気味だった「俺と彼女魔王勇者生徒会長」の重版分が5月24日以降に流通の見込み?

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)


mangaohclub
@mangaohclub
 ネット界隈では略して「おかま」になっているようですが、電撃文庫 「俺と彼女魔王勇者生徒会長」 哀川護 http://bit.ly/cBpOCc 早くも重版決定!! 5/24頃上がりだそうです。 その週には入荷しそう! しかし凄い勢いだぁ。(2010-05-17 17:35:17) link


先日の記事から続報。

前回、記事を上げた後はアキバblogで報じられたり、

オタロードBlogで再入荷の様子が取り上げられるなど、ネットでの言及も増えてきた感じです。

前回紹介したAmazonランキングも相変わらず高順位。在庫切れ状態なのでもう少し落ちると思ったのですが・・・

http://www.rankbank.net/amaran/history/?cat=book&asin=4048685481


さすがにこれは重版かかるかなー、と思っていたら冒頭にあるように決定した模様です。

お約束どおりAmazonマケプレでは値が上がってますが、丁寧に書店を探すか重版待ちするのが良いかと思われます。


余談

個人的に今回の件で興味深いところは

「まず売れる」→「データが出て評判になる」→「評判になってまた売れる」

という流れになっている点ですね。

最初にちゃんと売れないとこうはならないのですが、その売れた理由って何なのかな、と。

先日、知人連中と飲んだ際には「属性がわかりやすい題名と良質なイラスト?」という話になりましたが、

実際のところはどうなんでしょうね。

[]「これはゾンビですか?」はい、やっぱり重大発表はアニメ化でしたとさ

ゾンビのアニメ化企画進行中を原作者自ら配信!?

注目のWEBラジオこれはゾンビですか? はい、木村心一のワンハートウィズユー(仮)」は、ファンタジア文庫新刊『これはゾンビですか?5 ああ、マイダーリンはロクデナシ』の発売日と同じ5月20日(木)より、YouTube 角川アニメチャンネル内にて配信開始!

WEBラジオ

 「これはゾンビですか? はい、木村心一のワンハートウィズユー(仮)」

 Youtube内「角川アニメチャンネルhttp://www.youtube.com/user/KADOKAWAanime)」のどこかで

 2010年5月20日(木)配信開始


■『これはゾンビですか?Twitterアカウント

 zombie_haruna

 http://twitter.com/zombie_haruna


「これはゾンビですか?」ドラマガでの重大発表はなんと「Twitter開始」3月20日過去ログ

ここんとこ忙しかったせいで2ヶ月があっという間だなぁ・・・

ということで、大方の予想通りにアニメ化のようです。正確には「企画進行中」ですが。

ここ数日、画像ソースこそないもののネットでも噂は出てましたし、

前回のひっかけもあって若干盛り上がりに欠けるような気も(汗


ちなみにご存じの方も多いでしょうが、イラストこぶいち氏についてはMF文庫J緋弾のアリアアニメ化が発表されています。

緋弾のアリア (MF文庫J)

緋弾のアリア (MF文庫J)

かなり忙しくなってしまうことが予想されますが、無事にどちらも成功するといいなぁ、と応援しています。

10年05月14日

[]あなたは「富士見ミステリー文庫」を知っていますか?

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)

■企画ページ

富士見ミステリー文庫ファン度調査(完結編)

主催者による紹介記事

帰ってきた!? 「富士見ミステリー文庫 読書調査」(鍵の壊れた部屋で見る夢)


釣りタイトルすみません

いや、「去年からラノベ読み始めたよ」と言う人なら知らない可能性もゼロじゃないかと思いまして(汗


そんな前置きはともかく本題に。

上記リンク先にて富士見ミステリー文庫全作品の既読率調査が行われています。

自分は「チェック合計: 58 (全315冊)」でまぁそこそこ・・・かと思いきや、

但し書きのところにあった「『Dクラッカーズ』はファンタジア文庫版でも可」というのを見落としたので、

実際にはもう少し増えそうな感じ。


自分が「富士ミス」として強く印象に残ってるのは、

初読で何が起こったのかわからなかった「閉鎖のシステム

イラストも含めてダークな雰囲気の演出が秀逸な「SHI-NO」

「恋はミステリー」で走り抜けた「ROOM No.1301」ですね。

・・・しかし、もう富士ミスが出なくなって1年とか、早いですよね・・・

10年05月13日

[]電撃文庫俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」の注目度が上昇中?

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)


興味深い動きがあったので紹介。

『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』評判よくて売れまくり(主にライトノベルを読むよ^0^/)


月曜日の時点で大阪屋ランキングが出たのですが、そこで新人作品としては珍しい高順位だったので少しずつ話題に。

月曜夜には↓の記事(感想リンク多め)も出ており、ついったー上でもチラホラと名前をみかけましたね。

哀川譲のラノベ「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」が大好評にゅーあきばどっとこむ


昨夜の時点でも下記の記事(内容的には新情報特になし)が出ており、気になっていたのですが・・・

電撃の新人作品「俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長」がベテランより売れている件についてゴールデンタイムズ)


オリコン文庫ランキング2010年05月17日 付)

オリコンでも10位。電撃文庫の中では2位に。

Amazonランキングも確認してみましたが、発売からずっと50位以内をキープしています。

http://www.rankbank.net/amaran/history/?cat=book&asin=4048685481


Amazonなんかだと既にやや品薄気味になってるようで、

昨年似たようなことになったアクセル・ワールドやロウきゅーぶのことを連想します。

ちなみに、実際に買って読んでみたところ、かませ犬ヒロインっぽい金髪ツインテール吸血鬼娘が実に可愛かったのでオススメです。

鑑美かわいいよ鑑美。


余談

この作品の略称について、「おかま」派と「魔王勇者まおゆう)」派と「とがとで」派がいるみたいです。

web小説のほうのまおゆうと区別しようと思うと2番目の案は消えて、

あまりの聞こえの悪さに案1が消えて、自分的には「とがとで」になりました。

え、わかりにくい?いやほら、「はがない」とかありますから・・・


追記

まんたん経由、まんが王八王子店の事例を紹介し忘れました(汗

本の王子様:「咲」と「迷い猫オーバーラン!」が1位に ラノベ「俺と彼女…」にも注目 - MANTANWEB(まんたんウェブ

こちらでも名指しで紹介されています。既に初回入荷分は売り切った模様。


6月8日追記

このエントリで紹介した作品について、盗作の疑いがあるため絶版・回収の告知がありました。

今後は一般的な手段での入手は難しくなると思われます。

10年05月12日

[]即決していた


ついったーURLが流れているのを見たと思ったら、

次の瞬間には決済メールが届いていた・・・(AAry

C†Cの時は自重できたはずなのに・・・


とりあえず、私が好きなKOTOKOさん曲でも最上位のやつ置いておきますね

D

10年05月11日

[][]「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」6巻感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがない


連休中、不在だったせいで感想書くには時期を逃した感がありますね(汗

あ、新刊のオビ裏で告知してたアニメスタッフについて、

公式サイトでより詳細が出ていますね。

キャラクター原案:かんざきひろ

アニメキャラクターデザイン織田広之

音楽:神前暁

あたりが追加の情報の模様。

あれ?織田広之さんって確か・・・(笑

(まぁ、検索したらすぐわかることですが)


さてさて、気を取り直して以下は原作6巻の感想

続きを読む

10年05月10日

[]現在進行形で拡散中のweb小説魔王勇者(まおゆう)」を紹介してみる

魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」目次


海燕さんが無駄に長いすばらしい紹介エントリを書いていたし、

紹介するサイトも増えてきたので既にご存知の方もいるかも知れませんが、

先月末はずっとこれを読んでいました。

↑は2chVIP板のスレッドタイトルですが、読んだ人は「魔王勇者」とか「まおゆう」なんて呼んでますね。

私が読み始めたのが4月26日、すぐにハマって13スレ目の完結まで読み終えたのが4月の30日。

この4日間、完全にラノベ読むのがストップしてました。

読書に使える時間は全部、iPhonePCでこの小説を読んでいたという・・・

そのくらい、中毒性の高いお話です。

ちなみに上記リンクが目次なのは、まとめサイトTOPや他ページにキャラ絵などのネタバレ要素があるから。

敷居さんと同様、私も最初はなるべく白紙の状態で読み始めて欲しいと思うので、

ちょっとアレですが目次にリンクします。


どういうお話

成立経緯なんかを説明すると長くなるのでリンク集にて代用。

人生を変えることのできる物語/魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」 - ピアノ・ファイア

泣けるほどおもしろすぎるネット小説を読んだので熱烈推薦するよ。 - Something Orange

君の知らない魔王と勇者の物語 - 敷居の先住民

魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」 ママレードサンド(橙乃ままれ)著  その先の物語〜次世代の物語類型のテンプレート (1) - 物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために

魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」〜「先の物語」という意味(その1) - 今何処(今の話の何処が面白いのかというと…)

「魔王×勇者」が「その先の物語」を描けた理由未来私考)


まぁとりあえず「魔王といえば世界の半分をやろうとか言うよね」くらいの予備知識で、

1スレ目だけでも読んでみるのがいいんじゃないかと思います。

この話が「どこ」を目指しているのかわかったときは、本気で鳥肌モノでした。


ライトノベルで例えるなら

とはいえ、もうちょい興味を持ってもらうために私が読みながら連想したライトノベル作品を挙げておきます。

抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 (富士見ファンタジア文庫)

抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 (富士見ファンタジア文庫)

新装版A君(17)の戦争1 まもるべきもの (富士見ファンタジア文庫)

新装版A君(17)の戦争1 まもるべきもの (富士見ファンタジア文庫)

まず「魔王」といえばこの二つ。

善悪逆転くらいなら割とよくありますし、過去ログにもあるように、他にもいろいろあるのですが、「魔王」という言葉イメージをうまく外している点でこの2つを。

A君のほうは「その世界には存在しない知識を駆使する」なんてところも共通です。


狼と香辛料〈14〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈14〉 (電撃文庫)

続いて、その魔王が駆使する技能から連想したのがコレ。

「まおゆう」はもちろんアクションシーンもありますが、

「経済」が物語の中でかなり大きな比重を占めています。

新しい知識が伝播していく様子は読んでいてワクワクしますね。


第六大陸〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)

第六大陸〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)

んで、次にこれ。まぁ他の小川一水作品も併せて思い浮かべた感じではありますが。

魔王勇者が目指す目的は「第六大陸」で描かれる途方もない目標に通じるものがあるのでは、と。

そして主役級の男女のラブラブっぷりにも通じるものがあるようなないような。


そして最後。

スプライト4巻なのには訳があって、この巻で作中人物達が体験する

世界統一ゲーム(レヴァイアサン)」というゲームを強く想起したからです。

冲方さんはこのゲームで「世界平和にするには」という問いの難しさと、

それが可能かもしれないという希望を見せてくれましたが、

「まおゆう」の二人が目指す『あの丘の向こう』は、

それと同等かそれ以上のものを見せてくれます。


いくつかの余談

ちなみにこの作品、成立した背景には超有名RPGドラゴンクエスト」の存在がありますが、

更にその関連作品「ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説」とも繋がりがあります。

この辺りの作品に触れているなら、感動はより大きくなるはず。


また、現在進行形で評判が広まっているため、その中から面白い動きも出てきました。

桝田省治氏による『魔王勇者』書籍化プロジェクト進行中 Togetter - まとめ

このあたり、読んだ人が「なにかしたくなってしまう」という作品なのかな、とも思います。

個人的にはGA文庫とかが書籍化してくれたら・・・とも考えましたが、

ちょっと作品のほうが独特なので、クリアすべき課題は多いかも。

媒体的には漫画が一番適しているのかな、とも思います。

この作品が多くの人の目に増えるのは大歓迎なので、こういう動きはどんどんやってほしいところです。


最後の余談。

今回はこの作品のみの紹介ですが、いま実は同じ作者「橙乃ままれ」氏による別作品も読んでいます。

黒髪娘「そんなにじろじろ見るものではないぞ」

ログ・ホライズン


2つめの長編に行く前に、1つ目のほうをオススメされたので読み中です。

まぁさすがにラノベも読むようにペース配分しますけど。

ログ・ホライズンのほうも途方もない面白さらしいので、今から楽しみです。

10年05月09日 連休終わり

[]帰宅しました

全日程を終えて無事に戻りました。

結局、予定を途中で伸ばして2日〜9日までずっとフラフラしてました。

ほとんど経験のないくらいの長旅でしたが、行った先に知り合い多めだったので

不安はほとんどなかったですね。

むしろiPhone電池切れに悩まされました・・・

ともあれ、旅先でお会いした皆様、ありがとうございました。

メモも一部イベントしかとってないし、レポート記事はあんまり書く気がないんですが、

需要とかありますかね・・・

行った先ははいちおうこんな感じ。


ライトノベルフェスティバル

・徳島マチアソビ

・敷居邸オフ その1(ニコマスとホワルバ2充)

・奈良のつけ麺屋「無心」

・関西ラ管連オフ

京都大学SF読書会

・敷居邸オフ その2(ドミニオン充)

・京都の天下一品本店

・名古屋麻雀オフ


適当に興味ある部分にスター付けていただくと、あとでなにか書くかも。

10年05月05日 連休半ば

[]生きてます

大きなトラブルもなく予定を消化中。

徳島はいいとこでした。暑かったけど。

今日は京都〜奈良〜大阪と回ってオフったりつけ麺食べたりしてました。

これまでお会いした皆さん、ありがとうございました。


そしてこれからお会いする予定の皆さんもよろしくお願いします。

しばらくは関西方面を回る予定なのですが、

9日早々に帰宅する予定はちょっと延びてしまいそうな感じ。

10年05月01日 連休初日

[]お知らせ

ちょっとあちこち出かけるので、しばらく更新はお休みします。

各種連絡手段は使えるので、なにかありましたら適当にご連絡下さい。


以下、ざっくり予定

5月2日 LNF

5月3日 徳島

5月4日 京都

5月5日 大阪

5月6日〜7日 大阪〜京都らへん

5月8日 名古屋


・・・あれ?もしかして過去に類をみないくらいの長旅?

0000 | 00 |
0006 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 04 |
2014 | 04 |
2015 | 03 | 04 | 10 |
2016 | 01 | 03 |
2018 | 03 | 07 |