平和の温故知新@はてな このページをアンテナに追加 Twitter

プロフィール メールフォーム

12年02月22日

[]今日見かけて「お?」となった本

まおゆう魔王勇者 (5) あの丘の向こうに 特装版

まおゆう魔王勇者 (5) あの丘の向こうに 特装版

SS速報VIP傑作集 勇者と魔王篇

SS速報VIP傑作集 勇者と魔王篇


デザイナー名は未チェック。

ロゴの配色がポイントだと思います。

12年02月21日

[][]ガンパレの芝村氏が書く傭兵小説マージナルオペレーション感想

マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)

マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)


久しぶりにライトノベルタグ感想書くけど、対象は版型的に微妙判定な星界社FICTIONSなのだった。

凄いなぁ、と思ったのは淡々としてるのに妙に読ませる文体

積み本多いし軽くパラ読みするつもりだけだったんですが、

気がついたら一気読みしていました。

しかもページ数はそれほど多くないわりに、結構ボリューム感と気になる終わり方が。

これ「01」ってナンバリングされてますけど続くんですよね……?


ちなみに「30歳ニートが傭兵に」ってのがこの作品のわかりやすい釣り針だと思うのですが、

この主人公のスキルというのが「銃を撃つこと」ではないあたり、ちょっと面白かったです。

幾つかのFPSや、それこそ先日発売のACVにある「オペレーターモード(司令官モード)」などを知っていると、

より具体的にイメージしやすいかも。

……書いてて思い出しましたが、主人公これ典型的なニートというには微妙ですよね、という気も。


あと表紙にもお目見えしている少女が大変可愛らしいのですが、

彼女の置かれた環境を考えると、あんましキャラの可愛さに浸かるのもどうかという気持ちになってもやもや

続刊があるとしたらその辺もどうなるのか気になりますし、

今後も追っていくことになりそうです。


余談

読んでて、ずっと昔に読んだ「猛き箱舟」を連想するなどした。

あの作品はハードボイルドとかビルドゥングス・ロマンとか評されるはずなんですが、

ということはこの作品もそれらに近いところに位置するのでしょうか。

判断できるほど知識が無いので、まとまらないまま終わる。

12年02月19日

[]モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(後編)

モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(前編)

モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(中編)


ようやく後編に。

トレーナー三姉妹の意外な魅力

D

モバマスには多彩なアイドル達の能力を上げる「レッスン」で他のアイドルを鍛えるために使うカードとして、

トレーナー」「ベテラントレーナー」「マスタートレーナー」という3種類のキャラが設定されています

これらはゲーム中の色んな箇所で入手でき、基本的にはアイドル強化のために使われます*1

だがしかし、彼女らは実は三姉妹らしい設定がされていたり、

メインメンバーに入れると専用セリフが用意されていたり、

はては親愛度上げていくとちゃんとMAX時にイベントがあったりします。

性格付けもしっかりされていて、トレーナーさんはメインにしてアイドル活動させると

ややMっぽく困ったセリフ多め。

ベテランさんはSっ気ある感じのセリフが多めです。動画も参照。

マスターさんは未入手だからわかんないですが……


ぶっちゃけここらへんのキャラ萌え要素が仕組まれているとは思わず、

うまいこと意表をつかれました。

人気投票とかあったら地味に順位上げてきそうな方々です。


以下、ちょうど育て中だった[新春]トレーナーさんのスクショを幾つか。

f:id:kim-peace:20120220012505p:image

f:id:kim-peace:20120220012509p:image

f:id:kim-peace:20120220012458p:image:w360

運営の施策が本気でお金をむしりに来ててこわい、という話

前編でガチャこええ、って話はしましたが、今回は他にも幾つか感じたところを。

現在モバマス上ではバレンタインイベント実施中なのですが、

これのなかに「特定日時にログインすると専用イベントと共にアイドルからのチョコが貰える」ってのがありました。

このチョコ、回復アイテムイベントお助け効果的なものも持っており、

トレードできたりしたら微妙だなぁと思ってたら譲渡不可である意味安心したのですが……

イベント中盤、2/14過ぎたくらいに突如、課金アイテムとしてショップ販売が始まりました。

期間限定だったので数日だけでしたが、なんかこう「そこでもお金取りに来るんだ……」的なものがありました。


モバマスというゲーム全体を見てみても、ゲームデザイン的にはやっぱり課金ありきなんですよね。

(まぁそういうゲームなので当然ですが)

たぶんですけど、通常のゲーム部分にはあんまり奥行き無いっぽいので、

毎月なにかしらのイベントユーザーモチベーション維持していくのかな、と予想しています

そしてイベントで上位にいくには課金必須になるバランスに……

運営側からしたらアクティブユーザー数を見つつ「どのくらい課金させるのか」を考えて、

あれこれイベント仕掛けているはずで、これが高いレベルで安定しちゃうと辛いです

個人的に想定している「これくらいなら課金していいかな」と思っているラインを超えられちゃうと、

そのうちついていけなくなるんだろうなぁ、という予感があります


この手のゲームライトノベルの天敵になるという話

ようやっとライトノベルサイトらしい話題ですよ……!


とりあえず前提として、これ別にモバマスラノベに限った話じゃないところがスタート地点です。

ソーシャルゲーム全般」「読書全般」にも多く適用できるはず。

ケータイスマホで遊ぶソーシャルゲームについては主なプレイ環境

通勤・通学などの移動時間と、生活の中でできた空き時間になるはずで、

そこって「読書」が充てられてた時間にもろかぶりしているんですよね……

実際のところ、自分もこの2週間ほど読書量が激減しています

課金は我慢できても、「可処分時間をどう割り振るか」はコントロールしきれていないのがなんとも。


ライトノベルの話で言うと、一般的には中学大学くらいまでに読むようになって、

そこから離れたり戻ったりしつつ読んでいる人が多めだと思うのですが、

この「習慣が確定していない時期」にソーシャルゲームのほうが定着しちゃうと、

相対的にライトノベルユーザー数は減っちゃうんじゃないかなぁ、というのがます1つ。


そして今回のモバマスのように「オタクがハマるソーシャルゲーム」が更に出てくると、

既にライトノベルを読む習慣が付いている層も切り崩すことになると思うんですよね。

もちろん、双方にあるもの、ないものがそれぞれ存在するので、あっという間に置き換わることはないでしょうが

生活スタイルが少しだけ変わるなんてことはありえるかも、と考えます

今のところモバマスや他のソーシャルゲームには文字数をあんまり使わない関係上なのか、

ドラマチックな物語」というのは少ないっぽいので、

ここらへんは映像作品やノベルゲー含む文字媒体の作品がしばらく優勢なのかなぁ、と思う次第です。


あ、ここまで書いてベクターこいけん!があることを思い出した(汗

これモバゲープレイできるし、アニメにもなるんですよね。

こういうのも含め、今後どういうものが支持されていくのかは見守って行きたいと思います


まとめ

ここまで色々書いてきたわけですが、とりあえずモバマス面白いよ!(ただし課金は程々に)というのが結論ということで。

ゲームのほうは数ヶ月経過するとまた状況変わってるかも知れませんが、

アイドルマスター」というコンテンツにとっては大きな転換点になったのは間違いなく、

今後も色々と新展開に期待です。

具体的には、据え置き機ゲームの新作を大幅に路線変更してくれないかなぁ、と。

いまの育成ゲーム部分はアイドルの増加に耐え切れないと思うので、

割と手軽にモバマスアイドル勢も含めてプロデュースできるようなゲームが出てくれると嬉しいかも。


それでは皆さん、よいモバマス生活を。

*1:レッスンに使ったカードは消えます

12年02月17日

[]モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(中編)

モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(前編)(16日付過去ログ

モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(後編)

前回の続きから

じゃあどういうところが面白いの?という話

そりゃあアイドルたちが可愛いんですよ!!


もちろん765プロメンバーはモバゲーでも大変魅力的なのですが、

それに匹敵するくらい、モバマスで追加された面々も高いポテンシャルを持っています

まず単純に人数が多く、各種イベントなどで出るバージョン違いのカードも含めると、

150枚100人以上のアイドルが設定されています

これだけいるとまぁ様々なタイプがいるので、大概の人はざっと見渡すと一人二人は確実にツボるキャラがいるんじゃないでしょうか。

前回最後に貼ったバストサイズ順はある意味わかりやすいですね(笑

年齢的にも9歳くらいから29歳ぐらいまでいたはず最高31歳とのこと。三十路……!

べびプリすら凌駕するとは……


ゲーム内では基本的に各アイドルに対して「画像」「各種セリフ」「プロフィール」が設定されているだけで、

ストーリー的なものはほぼ無いのですが、その隙間に想像の余地があるのもうまくハマったのではないでしょうか。

pixivあたりでは結構な数の二次創作漫画も出ているようですし、

同人ジャンルとしても母体のアイマスジャンルがあるので、そこから更に波及しそう。


ちなみにこのゲーム、通常同じカードを2枚揃えると「特訓」というのが出来て、

カードを合体して能力値を引き継ぎつつ強化することができます

更にはイラストも「通常時=だいたい私服」「特訓後=アイドルっぽい衣装に!」となるので、

育てたアイドル愛着が湧きやすくなっています

ちなみに自分は↓の2キャラが大変ツボったのですが・・・

f:id:kim-peace:20120216232428j:image:w360f:id:kim-peace:20120216232333j:image:w360

左のキャラ荒木比奈は「〜っス」口調とかややボサボサ髪にジャージ趣味漫画描きとなかなかオタク受けしそうな設定。だがそれがいい

猪名川由宇とか思い出しますね(関西弁じゃないけど)

右のキャラ神谷奈緒も「趣味アニメ鑑賞」とかまたそっち系かよ……と思いつつ可愛く感じるんだからしょうがない。

全体的にセリフが照れ隠し多めで和みます。特訓するとだいぶデレ入って破壊力増。








この二人が、特訓するとこうなります

f:id:kim-peace:20120216232917j:image:w360f:id:kim-peace:20120216232329j:image:w360



イメージをそのまま昇華するキャラもいれば、チェンジしてくるキャラもいて、

特訓するのが楽しくなる部分もうまいなぁ、と思うわけです。

「親愛度」というパラメータMAXにした時に見られる簡単なイベント演出もあって、

少ないテキストながら、うまくユーザーのツボをくすぐるなぁ、と感心するほど。


以上、とりあえず主な魅力であるアイドルの可愛さについてでした。

……しかし、ここまでまだモバマス屈指の魅力を持つトレーナーさん達には増れていないのだった。


参考:モバマスの画像貼っていくスレ


トレード」が生み出すスタドリ基軸のモバマス経済圏

既に前後編で終わらせるのは諦めた!


えーと、次は「トレード」について。

モバマスには名前の通りユーザー間でアイドルアイテムマニー*1などをやり取りする機能があり、

幾つか制限もありますが、基本的にはかなり自由に取引ができる環境にあります

そしてユーザーはそれぞれ独自の「需要」と「供給」に充てられるものを持っているので、

一種の「市場」ができるのは必然だといえるでしょう。

なんでモバマスでスタドリがメインの通貨になったのか正確な理由は知らないのですが、

「スタミナドリンク」はゲームで使うリソースの一つ「スタミナ」を最大値まで回復させてくれます

このスタミナは現実時間3分につき1回復するので、一定の期間により多いアクションを行うには、

スタドリが必要不可欠であり、したがって重要度も上がる……ということなのかもしれません。


ともあれ、現在モバマスでは比較的入手容易なSレアだとスタドリ15〜20、レアでスタドリ1〜4とか、

常に相場が変動しながら日々取引がされています

(追記)入手条件が厳しいSレアだとスタドリ200〜400なんていう数字も。

最近だと、開催中のバレンタインイベントにおいて、ある程度やり込めば入手できるSレアとあるカードが、

供給多めになったのか、じわじわ取引レートが落ちていく様子が観測出来ました。

ここで早めに売り抜けるもよし、イベント終わって入手不可になってからまた価値が上がると踏んで寝かせておくもよし、

といった、一種の株取引みたいになってるんですね。

自分はこういう動きを追うのが割と好きらしく、古くはFF11やってたころにジュノ市場とかも眺めていたものです。

アイドル人身売買」とか書くと字面がアレですし、色んな理由から敬遠するプレイヤーさんもいると思うのですが、

こういう自然発生する「経済」ってのは面白いと個人的には思います


あ、そうそう、トレードやってみる場合はそれなりに下調べすることをお勧めます

相場より高いレートで取引持ちかけてくる人なんかもたまにはいますので。


参考:モバマス経済学 〜たとえ日銀が許しても、バンナムはデフレを許さない


終わらなかったので、次回に続く。


またプレイヤー向け追記

ちょうど今日から同じ会社が運営する「戦国サーガ」との始まりましたね。

モバマスから招待してSレアゲット、というまたホイホイ仕様ですが、

順当につられて招待先探しているので、まだやっていない人がいたら適当にお声掛け下さい。

*1:本来のゲーム内通貨

12年02月16日

[]アキバblogの「松智洋先生インタビュー」をお手伝いしました

パパのいうことを聞きなさい!  9 (スーパーダッシュ文庫)

パパのいうことを聞きなさい! 9 (スーパーダッシュ文庫)

パパのいうことを聞きなさい! vol.1(Blu-ray)

パパのいうことを聞きなさい! vol.1(Blu-ray)

アニメ『パパのいうことを聞きなさい!』放映記念! 松智洋先生インタビュー(前編)

アニメ『パパのいうことを聞きなさい!』放映記念! 松智洋先生インタビュー(後編)


ということでいつものごとくアキバblogインタビュー企画です。

今回は松智洋先生お話を聞いてきました。

毎度の話なんですが、いろいろ話を聞きすぎて取捨選択にすげえ悩むんですよね・・・

録音データは2時間に届いていました。


前半はパパ聞きアニメの話。時期的に2話のあの展開や3話のアレコレが中心。

「メインスタッフはなるべく男性で構成されている」というこだわりが興味深かったです。

アニメだとOPや各種番宣1話辺りまでで罠仕掛けてますが、

ベース家族もののテレビドラマなんだなぁ、と再確認する部分も。


後半は原作の話がたくさん。

アニメ初見組の方すんません……(汗

ちなみに原作2巻以降登場の悪い虫前島くんについては、

記事にした分の倍くらい語っています。いや、つい話が弾んで……

アニメで登場したらある意味大人気だと思うのですが、

今の感じだと最後にチョイ顔出しくらいなのかも。


そして、昨年に物議を醸したあの件についても少しだけ言及をさせて頂きました。

「話せる部分」についてはあんな感じになりました、ということで。

正直なところ、各巻イラストレーター交代はどうなんでしょう、という気持ちもあったんですが

確かに誰か一人が代役に立つとその人にかかる負荷も高くなってしまうというのも理解できました。

(というか別レーベルでそういう事例もある)


ともあれ、諸々ひっくるめて何かしら得るものがあれば幸いです。

[]モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(前編)

f:id:kim-peace:20120216232412p:image

かーずSPの中の人、モゲマスに十五万円突っ込んだ


知り合いが重課金者って怖いですよね(挨拶

どうも、モバマス課金者の平和Pです。


始めた経緯から現在までと課金課金あれこれ

アイドルマスター シンデレラガールズ通称モバマスモゲマス、シンデマスとかいろいろ呼ばれる本作ですが、

年末くらいまでは自分スルー態勢でした。

敷居さんたちがコピー本出してたのを把握していたくらい。

んで、1月末当たりから周囲の人間がやってる姿を見かけるようになり、

泥沼っぷりが話題になった「双葉杏」のSレアコンプガチャの噂なども聞こえてきたタイミングで始めてみました。

始めるにあたっては幾つかWeb上に初心者心得を書いているサイトがあるので、そこらへんも参照しつつ、

なるべく課金はしない方向でスタート。


1週間ほど開催中だったイベント企画などもやりつつ過ごしていたら、

冒頭にリンクしたTogetterのような感じで廃人っぷりが話題になり、

そして時節柄バレンタインイベントをこなしつつ現在に至ります

現在はとにかく色んなアイドルを育成して「アルバム」を埋めている状態。

ちなみにここまでで使ったお金は1000円くらい。

お試しガチャ1回だけであとは全部「ゲーム内通貨」とすら言われるアイテム、「スタミナドリンク通称スタドリ)」に使ってます

(スタドリは普通に課金購入するとだいたい1本100円相当)


もし「無課金でも楽しめるの?」と聞かれたら、

「完全無課金はそれなりにストレスたまるので、少しだけ課金するほうがいいかも」と答えます

あと強調しておきますガチャ危険です

特にコンプガチャは超危険*1

パチンコやら競馬やらのギャンブルだと思って付き合ったほうがいいと思います


参考:モバイルSNSゲームが儲かる本当の理由。かーずSPはなぜ15万もつぎ込んだのか?


・・・なんかこの記事だいぶ長文になる気がしますね。いまのうちに前後編にするべくちょい調整。


自分場合は招待してくれた友人が送ってくれたレアや、スタドリを使ってレア級のカードトレードで入手したり、

コラボキャンペーンなどで貰えるガチャチケットをつかって運良くレア引いたりしてやりくりしています

Sレアは基本手に入らないものとして見なかったことにする気持ちで。

トップの画像は少し前のメインメンバーですが、右端のナターリアさんはスタドリ2本でトレード

つまり約200円課金して入手でした。

やるかどうか、やるならどういうスタンスで、とかそれなりにしっかり方針決めるのを推奨します


うーん、課金についての話だけでこんだけいくとは。

あと書きたいこととしては

  1. モバマスで登場したアイドルたちがいか可愛い
  2. そしてさらにトレーナー三姉妹がいか可愛いのかについて
  3. トレードによって構成されるモバマス経済圏が面白い
  4. 幾つかの運営の施策が本気でお金をむしりに来ててこわい
  5. 改めて感じますけどこの手のゲームライトノベルの天敵だわ、という話

って感じですかね。

とりあえず最後動画二つ置いて今日は〆


D

普通にキャラまとめしてる方を貼ろうと思っていたけど、

こっちのほうがテンポ良く面白かったので……

画像にある各キャラ一言コメントニコ動コメントどちらもなかなかのはっちゃけぷり。

千早についてはノーコメント


D

課金騎兵ネタむせる

プレイしててもしてなくても面白く、

見る人の廃っぷりによっては泣ける動画になる。

今回は比較版を貼ってみました。


後編につづく。

→中編になりました(汗

モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(中編)


→遅くなりましたが後編も書きました。

モバマス始めて10日ほど経過したからそろそろ私的に振り返ってみる(後編)


追記(主にモバマスプレイヤー向け)

そもそもの目的だった加入してるプロダクションの紹介とか忘れてたよ!!

ぼちぼち協力しつつメンバー随時募集中です。

最近クール系向け施設が建ったけど、

自分所属するパッション系後回しになりそうな流れで涙目


ガラケープロダクションへのリンク

http://pf.mbga.jp/12008305/?guid=ON&url=http%3A%2F%2F125.6.169.35%2Fidolmaster%2Fknights%2Fknights_top_for_other%3Fknights_id%3D73248%26rnd%3D619796483

スマホプロダクションへのリンク

http://sp.pf.mbga.jp/12008305/?guid=ON&url=http%3A%2F%2F125.6.169.35%2Fidolmaster%2Fknights%2Fknights_top_for_other%3Fknights_id%3D73248%26rnd%3D776511335

*1課金して回すガチャでのみ手に入るレアカードを揃えるとSレアカードがもらえるガチャのこと

12年02月08日

[][]ライトノベル関連のネタいろいろ

しっかりした更新ができないのでネタの原型だけ書き留めつつ、

最近精力的にライトノベルネタサイト更新しているid:yuki_tomo624さんに話を振ってみよう、と思っていたのに

何のネタを振ろうとしてたか忘れたでござる・・・


編集者担当作品数

担当作数に言及されているのは珍しいなぁ、と思ったので。

庄司氏はブログなどでも比較担当作を明言しているので、

丁寧に調べたらピックアップできるんではなかろうか、と。



ホライゾン謎の求心力

アニメ版の境ホラが売上も好調らしく、先日出たサントラも好評でした。

ここらへん、商品の作り方がかなり徹底して「原作の延長線上」を意識している気がしていて、

否応なしに購入してしまう力があると思うんですよね。

このへん、もう少し掘り下げて考えてみたい。


ファンタジー新人賞作品

富士見ファンタジアなのに新人賞作品にファンタジーがない」みたいな呟きを

いつだったか見たんですが、3月に出るっぽいですよ。

http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201201fantasiataisho/

・・・って、イラストrefeiaさんなのか。

2月には電撃、3月には富士見新人賞作品を担当って凄い。

ちなみに新人賞作品はライジンライジンだけ読み終わり。

題名の意味(2つ目のライジンのほう)をまだ把握できていない・・・


緋弾のアリアAA面白い

あ、忘れてたネタこれかも。

先日あった飲み会でも話題にしたなぁ。

先週末の部屋掃除中に1巻が出てきたのでパラパラしたんですが、

電撃文庫系のスピンオフ作品や「学校の階段」を除くと、

数少ないライトノベル原作で定期購入している漫画作品になります。


スピンオフなので「先の展開を知ってる」ということもないし、

原作主要キャラは基本的にサブポジションで、

こっちはこっちの主要キャラ活躍します。

あとAAならでは・・・となると、原作との距離感でしょうか。

割と原作最新刊ではAAキャラへの言及もあってニヤリ度高いですし、

AAのほうでも時系列を調整してうまく原作エピソードの別側面を見せてくれます。

程良く双方が影響し合ってるので、両方揃えた時に効果が高い感じ。


そろそろまたライトノベルコミカライズ事情とか、

「どんなコミカライズが読みたいのか」みたいな話はしたい気もします。


コミカライズ版「学校の階段」も面白い

学校の階段 (1) (ファミ通クリアコミックス)学校の階段 (2) (ファミ通クリアコミックス)学校の階段 (3) (ファミ通クリアコミックス)


3巻買い忘れてて切腹ものでしたが、4巻が3月にでるので幸せ

こっちは基本的に原作通りの展開ですが、

漫画ならではの見せ方」をしているので買っている感じが強め。


そして原作も3月には外伝の刊行が告知されてて二倍幸せ

http://ranobe-mori.net/label/famitsu-bunko/



・・・とりあえずこんなところで。

[]2月頭からセブンイレブンMF文庫Jが売られているらしい


幾つかのツイートを見るに2月2日あたりからっぽいですね。

対象地域は不明。

取扱品は「ゼロの使い魔」「まよチキ!」あたりが確認されている模様です。

正式流通なのか試験的なものなのかは不明。

詳細情報募集中です。


コンビニライトノベルというとスマッシュ文庫が挑戦していましたが、

基本的にはあんまり合わないらしく、定着していませんでした。

手に取れる場所が増えるのは基本的に歓迎なのですが、

多くの読者はそっち系に強い書店に足を運んだり、

ネット通販利用したりで、案外利用しないのかも。

12年02月04日

[]3月スマッシュ文庫が妹ネタ推しすぎてやばい

妹がゾンビなんですけど! 3 (スマッシュ文庫)

妹がゾンビなんですけど! 3 (スマッシュ文庫)

ウルトラマン妹 (スマッシュ文庫)

ウルトラマン妹 (スマッシュ文庫)

イモート・オブ・ザ・リング (スマッシュ文庫)

イモート・オブ・ザ・リング (スマッシュ文庫)

妹がスーパー戦隊に就職しました (スマッシュ文庫)

妹がスーパー戦隊に就職しました (スマッシュ文庫)


一見するとまずウルトラマンネタに釣られますが、

「 イモート・オブ・ザ・リング(仮)」もじわじわくる

しかもあらすじがちょっとだけ公開されていますが、こんな感じ。

内容紹介

ある日のこと、身長が低くホビ男、ホビ子とあだ名される兄妹が学校の校庭で指輪を拾う…それは異世界からもたらされた闇の指輪だった……。

・・・まじで指輪物語なのか・・・

いろんな意味でドキドキです。さすがは「奥ノ細道オブ・ザ・デッド」を送り出した文庫です。


余談

スーパー戦隊妹ものを書かれている大橋崇行氏は、

ライトノベル研究序説」に参加されていた方の模様。

研究と実作を兼ねているとしたら、かなり興味深い事例になるのでは。

12年02月02日

[]生存報告


更新滞って10日越えしているとは・・・

スカイリムやったりACVやったりしていたら他にもいろいろありまして・・・

ゆっくりしてたのは1月の2日〜5日だけだった気がする。


そして2月もなんかアレな感じに。

ここ2年ほどこの時期に札幌でラノベオフやってたんですが、今年は無理そう。

もう少し暖かくなった頃にはできるといいなぁ。

0000 | 00 |
0006 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 04 |
2014 | 04 |
2015 | 03 | 04 | 10 |
2016 | 01 | 03 |
2018 | 03 | 07 |