Hatena::ブログ(Diary)

元南国大学生がご当地プログラマを目指す日記 Twitter

2012-08-23

僕の今やってることとか。

Page not found · GitHub Pages

を見て、自分がやってるやつをもっと公開していかないとなぁと思ったので、まとめておきます

エロコフ連鎖

no title

AVタイトル自動生成させるスクリプトを書いてます。

これまでのAVのタイトルのデータを元に、

タイトルの文構造パターンをいくつか見つけて、

その後、そのパターンにあった単語をつなぎあわせてタイトルを作ろうと思ってます。

その中で、機械学習自然言語処理の理解が必要になっていてそこを今学習中って感じです。

構文パターンを認識するアルゴリズムとかあればいいんだけどなぁ。

Objective-CiPhoneアプリの制作

千屋という組織に属することになりました。

このブログエントリを見て共感して、リプライを送ったらすぐにメンバーに入れてくれました。

そこで、iPhoneアプリのお仕事が始まりそうなので、勉強しています。

現状としては、まだ日本語ドキュメント - Apple Developerをちょこちょこやってるだけですが…

そういえば、今日レビューを待っていたアプリが1つ、リジェクトされました。

ここしばらくは、Objective-Cとも戯れることが多そう。

これもGithubリポジトリあげたりしよう。


学生ビジネスコンテストTI-RAHP制作

学生ビジネスコンテストTI-RA

このサイトの制作をしました。

(と言っても、bootstrapのそのままのテンプレに当てはめただけだけど…)

手抜きでごめんなさい。

今回第2回目で、1回目のときに僕は確か、オーディエンス賞とかいうのを頂いた気がします。そこからの付き合いで今回ボクに作成のお願いが来ました。

自分のペースでやらせてもらったので、本当にありがたいことです。

ちゃっかり、ギー沖の宣伝もさせてもらった


あ、あと。

忘れてたや…。これこれ。僕の考えてるやつ。

これはよつくりましょう>僕




書いてみると全然頑張ってない感満載なので、今後も精進します。

エキスパートPythonプログラミング読み(2)


2章 構文ベストプラクティス クラス以外

 →中にある要素をnext()で取り出す

  • ジェネレータ

 →yield

  →処理の途中の値を返す

 →ループ処理やシーケンス(並んだ順番)で返す関数はまずジェネレータ

 →sendメソッド

  →sendから送られた値を受け取れるようになった

   →外部からデータを送れる

 →コルーチン

  →複数の箇所で実行を一時停止・再開する

  →Pythonではスレッドを使う

  →複数のクライアントからクエリを受け取るときとかに使う。

 →ジェネレータ式

  →()を使って、リスト内包表記の書き方でかく

   →yieldの代わり

    →イテレータのように動作するリスト内包表記は、ジェネレータ式使う

 →itertoolsモジュール

  →islice

   →特定の場所からイテレータを動かしたいとき

  →tee

   →データの再処理に使用

  →groupby

   →Unixでのuniqと一緒

   →「get uuuuuup」だったら「1g1e1t5u1p」って返す

 →関数やメソッドをラッピング、見た目をわかりやすく

  →ラッピングって何

   →受け取った関数を拡張して返す

  →クラスメソッドに@でやってくれる

 

 →元の関数を呼び出すサブ関数を定義し、それを返す

  →やっちゃうと元の関数をラップしちゃって変わっちゃう

   →functoolsの@wrapsで大丈夫

 →使うならラッパーのみ。他のメソッドや関数に適用できないなら、デコレータは×

 →用途

  →引数チェック

  →キャッシュ

   →利用頻度が高いものをデータに保存

   →メモ化

    →サブルーチンの呼び出し結果を持って再計算を防ぐ

  →プロキシ

   →代理としてネット接続

  →コンテクストプロバイダ

わかってないに等しいな...orz