Hatena::ブログ(Diary)

きものひろば@3代目


あづまや きものひろばのUSTREAM番組!
着物の情報や和に関する事など
基本毎週 日曜日 午後9時から生放送中!


あづまやUstreamの番組ページへ 過去の録画を見るにはこちらから

2014-09-24

[]水通しの重要性 14:00

f:id:kimonoya3daime:20140616132501j:image

当店は、普段着の木綿や麻の着物をお買い上げ頂いた時には

全部当店独自で水通しをしています。

なぜかはかなり以前に以下のブログに書きましたが、

http://d.hatena.ne.jp/kimonoya3daime/20110325

ほとんどの木綿は新品の状態から縮めて仕立てないと駄目なんです。

例えば、一部の産地の木綿の反物は、

「13m」の長さの反物が

水通し後には

「12m」になります。

およそ10%も縮む物もあるんです。

皆さんにわかり易く言うと、そのまま仕立ててしまうと身丈が160cmの着物ですと144cmになってしまうんです。

もちろん、水通しをしてくれる業者さんに出せば良いのですが、私の経験上、業者さんは綺麗に仕上げてくれる反面、しっかり縮ませているかどうかといえば「ちょっと?」だったのです。

自分が自分の着物で色々経験し、今ではお客様の着物もすべて独自で水通しをしています。

水通しをすると少しの小シワは残っちゃいますが、そこは木綿本来の風合い、自然なシワの出方があります。

始めのうちは多少シワが気になるかもしれませんが、木綿を良く買う方はわかっていらっしゃいます。

着れば着る程、また洗う程なじんで来る。それが木綿なんです。


さぁ皆さんも木綿の着物を試してみませんか?

遠州木綿(オーダー仕立て込みで¥17,500から)

三河木綿(オーダー仕立て込みで¥23,760から)


当店のホームページ(以下のURL)でご覧頂けます。もちろんネットからお買い上げの商品も水通しをさせて頂いています。

http://kimono-hiroba.jp/SHOP/948410/list.html


最後に木綿の着物の洗い方をご覧下さい。

(産地や染織方法によって洗い方は異なります。洗う場合は自己責任でお願いします。)

http://youtu.be/khBbOsWWnyU

Connection: close