Hatena::ブログ(Diary)

きものひろば@3代目


あづまや きものひろばのUSTREAM番組!
着物の情報や和に関する事など
基本毎週 日曜日 午後9時から生放送中!


あづまやUstreamの番組ページへ 過去の録画を見るにはこちらから

2013-09-09

[]次期みかん染の打ち合わせ 18:42

f:id:kimonoya3daime:20130909112314j:image

久しぶりにお隣の蒲郡へ行って来ました。

蒲郡と言えば「みかん染め木綿着物」です。

今回は待っていらっしゃる方も多い?w 次期みかん染めの開発の打ち合わせに行って来ました。

f:id:kimonoya3daime:20130909135101j:image

東京日本橋で10月20日〜22日に行われる「きものサローネ」に間に合わせる事が出来るか!?

を目標に、テキスタイルデザイナーの鈴木さんと村越試織さんと密度の濃い打ち合わせをして来ました。

今回は完全に新たに糸選定からデザイン、織りまで行う事になり改めてテキスタイルの奥深さ、難しさを痛感して来ました。

結果は。。。それは見てのお楽しみに!!


次はせっかく蒲郡まで来たので、「三河木綿わたっ子友の会」の棉畑も視察にちょっと立ち寄りました。


f:id:kimonoya3daime:20130909182632j:image

f:id:kimonoya3daime:20130909182633j:image


2つの写真を見比べてみて下さい。

5月に友の会の皆さんと行って来た畑です。全く同じ場所から撮影しています。

元気に育っていました!当店の三河木綿を織って下さっている織元さん達が大事に育てられて来た成果が見られます。

皆さん本当にご苦労様です!


f:id:kimonoya3daime:20130909171138j:image

f:id:kimonoya3daime:20130909171125j:image


もうすでにコットンボールが弾けて棉が出て来ている物もあり、収穫間近の様子です。


f:id:kimonoya3daime:20130909180503j:image


先日、送られて来ました報告案内です。

昨年収穫した木綿で織られたガーゼのハンカチが同封されています。

このように形となって出来上がると喜びもひとしおですね!

今年は去年より収穫量も多い予想です。

台風などの被害がでなければ来年はどんな形になるのか楽しみですね!


将来的にこの木綿で織ったみかん染着物が出来上がる事を夢見ています。。。。

2011-11-20

[]テックスビジョンミカワ 11:37

f:id:kimonoya3daime:20111118132519j:image

先日、蒲郡で行われたテックスビジョンミカワに行ってきました。

当店のみかん染め木綿着物が2年前のテックスビジョンからの出会いからはじまった事もあり、新たな発見を求めて見に行ってきました。

テックスビジョンのHP

http://www.texvision-mikawa.jp/

繊維のまち蒲郡ということで、銘打っている通りもともと三河は織物が盛んな土地なんです。

この日は蒲郡の繊維メーカーさんや織元さんが集まり、新商品の発表や体験コーナーなど開かれていました。

f:id:kimonoya3daime:20111118141701j:image

司会者のお二方には「みかん染め」を着て頂いています。男性も女性もコーディネートさせて頂きました。

f:id:kimonoya3daime:20111118141720j:image

f:id:kimonoya3daime:20111118141714j:image

コンセプトは「お気楽普段着きもの」みかん染めの着物にポップな水玉の半幅帯(breey工房製)、帯締めはみかん染めの生地で作った丸ぐけ、帯留めはこれもオリジナル手作りのみかんを輪切りした柄のトンボ玉を使いました。半襟は「ぺたこ」さんの手刺繍半襟です。

f:id:kimonoya3daime:20111118144934j:image

私の一番の関心は、今年蒲郡で育てた棉。

無事収穫を終え、会場に飾ってありました。

織物組合の理事長さんが来年度には、是非もっと増やして行きたいとの事。

協力をお願いしますということで、是非当店も参加させて下さいと会議所さんにお願いしておきました!

来年には皆さんで棉の種を植える所から体験して頂きたいと思っています。

f:id:kimonoya3daime:20111118140739j:image

f:id:kimonoya3daime:20111118140955j:image

その他にも採れた綿を実際に糸にする実演や手織り機での実演もあり、来場者の皆さんに地産地消の意識が高まったのではないでしょうか?

他のサイトでも色々な出会いと発見があり、また新たな動きが出来そうです。

新しいタイプの三河木綿も頼んで来ました。おそらく近日中に織り上がってきます。

お楽しみに!

タマゴンタマゴン 2012/01/04 06:44 みかん染めの生地で作った丸ぐけの帯締め♪ステキですねっ
どこで手に入りますか?

2011-09-16

[]棉畑から生まれる希望 10:45

先週、蒲郡三河木綿の試作品を見に行きました。


みかん染めが変わり織りで織ってとても好評でしたので、

通常の三河木綿も変わり織りで出来ないかと織元さんに相談したら、すぐに試作を織ってくださいました。

f:id:kimonoya3daime:20110912124707j:image:medium

f:id:kimonoya3daime:20110912124339j:image:medium

出来上がった反物は、思った通り「柔らかい風合い」が出ました。

どうしても木綿は新品のうちはゴワゴワ感が出てしまうのです。

もう一点、通常木綿は糸に糊毛を付けて織るのですがこの織元さんは糊は全く付けなくて織ります。

早速、水通しをして、お客様の反応を見ると。。「良い!」「凄く良い!」との反応(嬉

次回は本気で柄と色を決めて販売します!お楽しみに!


f:id:kimonoya3daime:20110912144916j:image:medium

次は、みかん染めの話と蒲郡で綿を栽培し始めたという話を以前から聞いていまして、いてもたってもいられずその話を聞きに行きました。


画像は、綿畑の様子です。


f:id:kimonoya3daime:20110912144554j:image:medium

f:id:kimonoya3daime:20110912144444j:image:medium

驚くべき所は、なんとこの綿、我が街「西尾にある天竹神社(棉伝来発祥の地と言い伝えのある神社)」から種を頂いてその種で植えたということ。

*詳しい伝来の話などはこちらこちらを参照してください。

当然私も地元ですので、その神社が神事として、伝わった綿を先祖代々ずっと守り続けて来ているという事は知っていましたが、その種を使って地元に植えて収穫する。そんな凄い話が現実になった事を聞くと本当にうれしくて、ず〜っと蒲郡に行くのを楽しみにしていました。


f:id:kimonoya3daime:20110912112310j:image:medium


5月に植え、やっと収穫を迎えた綿です。

何もかも初めて、植えて育てたという事で、木も実も綿も通常の綿の木よりかなり小さいと言われましたが、まずは収穫出来た事が第一歩です。



そこから話は実際に皆さんの手元へお届けできるようにしたいお話へ続くのですが、とても1回のブログでは書ききれませんし夢みたいな話なのでまた別の機会に。



市販への道は当然まだまだ夢の話になりそうですが、どうせ趣味でしょ?では終わらせる訳にはいきません。これからず〜っと私も見守り続け、私が応援できる部分は応援していきたいと思います。

2011-05-19

[]いよいよ! 16:41

いよいよ、蒲郡みかん染めの試織が行われるとの事で、

蒲郡のM試織さんへ行って来ました。


今年度の

「糸の色はどうだろう〜」

「風合いは?」

もう見るまではドキドキでした。


で、下記画像

f:id:kimonoya3daime:20110519162757j:image

分かりやすく、前年度のみかん染めと比べて写真を撮ってみました。

でも、、写真ではわかりにくいですね(汗

どちらかというと、今年度の色合いは昨年の色より「やさしい雰囲気」

ニュアンスがとっても難しいのですが、上品な仕上がりになりました。

昨年と織り方や糸の番手はまったく一緒ですが、糸の染めは変えてあります。

大きく変えたのは2点。

一番濃い色の経糸の媒染材のパーセンテージを少し減らし、中間の色合いに段差を持たせるようにもう1種類の媒染材も減らしています。

と言ってもその他の糸の色や横糸は変えていないので、大幅に去年の色から変わった印象はありません。


今年のみかん染めは 「上品」 です(笑

f:id:kimonoya3daime:20110519162756j:image

画像は横糸のチーズ(糸巻きのこと)


さぁこれからこの試織の布を実際に当店で裁断、お仕立てを大急ぎで行い、着用して洗濯も実際に行い、良ければすぐに本番織りに出します。


もちろん、染色試験場さんでの結果は去年の物より優れているとの結果。

ただし、やっぱり実用してみてからお客様に渡したいのがこだわり。


もうひとつのドキドキが始まります。


f:id:kimonoya3daime:20110519163837j:image

f:id:kimonoya3daime:20110519163836j:image

工場にはもう一つの謎のみかん染が織機に掛かっていました。

まだまだこちらは完全に試作品らしいですが、この素材。。。凄すぎます。

経糸の細さって言ったらもう・・・しかも糸は100%自然繊維。

こちらの試織の布も当店で試してみます。

2011-04-21

[]ちょっと遅れています。。 09:37

f:id:kimonoya3daime:20100517225150j:image

今年度の、「蒲郡みかん染め三河木綿」は当初、5月から販売予定でしたが、ちょっと遅れそうです。

もうすでにご予約を頂いている、また入荷の案内を送ってほしいというお客様もいらっしゃいます。

大変、申し訳ございませんが、おそらく6月の初めにはなんとか間に合わせる予定です。


遅れた理由は、昨年を超えた堅牢度を草木染め100%で出すことを糸染めの部分で試験を繰り返していたのが理由です。毎年必ず進歩を見せ、より完成度の高い商品になるように努力しています。どうぞご理解くださいませ。



上記の理由にも触れましたが、ブログでも色々書いた、堅牢度の問題なども検討しましたが、

「100%草木染めの先染め糸を使用(みかん染め)」

に戻しました。


やっぱり、本物の染めに拘りたい。そういう思いの方が上回りました。

蒲郡のみかん染めでなければ出ない色。唯一無二のみかん染め。


今の時点で決まっている事は、


「変わり織りオンリーで2柄展開」

「従来の縞柄の他に織り柄(ジャガード織り?)」



とにかく今年も、大量には生産しません。というか出来ません。数量限定販売です。



どうぞご期待ください!!