Hatena::ブログ(Diary)

夜明け前

2010-10-11

バカとテストと召喚獣8

19:08

いいですね、同棲(姉つき)。今回は、試召戦争よりも明久と雄二の逃亡劇が見どころかと。

毎度おなじみ、誤解が誤解を呼んで始まる大騒動。これがマンネリだと言う人もいるだろうが、それがいいんです。手を替え品を替え、ドタバタに持っていくその手腕に自分はいつも感心させられます。

≪雄二と二人、隠れていた秋教室から勢いよく飛び出す。逆境なんていつものこと。いつまでも愚痴ってないで出来ることをやってやろうじゃないか!≫

この前向きさを見習って頑張ります。

ちなみに、今回一番好きな部分はあとがきです。「もし勤め先に『バカテス』を書いていることがばれたら…」をお題に笑わせてくれます。お堅い仕事と作家業の二足のわらじを履く著者には脱帽。

上から目線ですいません。

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)

カンピオーネ

19:04

はい、出ました。またハーレム形成です。いったい世の中どうなってるの。やはり、「力が正義」なんでしょうか?羅王みたいに覇を唱えないとだめなのかしらねぇ。

今回は孫悟空との戦いなんですが、そんなことどうでもいいです。ええ、どうでもいいんです。大事なのは、いかにハーレムが作られていくか、その過程を愉しめば、それだけでこの作品を読んだ価値があるのですから。

一応、軽く触れると今回は、スケールの大きさは、魔王3人分の激しさと面白さがてんこ盛りになっているので、戦闘場面では、これまで以上のスリルとアクションが入っています。


……冷静に読むと、非常に投げやりな文章ですいません。


追想五断章

19:01

失われた五つの短編とそれにまつわる物語を描いた作品ですが、面白かったです!銃弾飛び交うアクションとかは全然出てこない地味なお話なんだけども、それを感じさせない味わい深い世界観が楽しめます。するめのように、噛めば噛むほど味が出てきて、最後はかぶりつきになること確実です。秋の夜長にお薦めしたい一品です。

追想五断章

追想五断章

文学少女見習いの卒業

18:56

文学少女見習いの卒業

親友の瞳と心葉が付き合うことになった?

なぜ?なに?どうして?その真相を探る菜乃が知った事実とは…。

心葉との別れ、親友との別れを乗り越えて、その先に始まる新しい生活に向けて歩き出す菜乃の成長の物語に心が暖かくなりました。

誰もが経験する卒業というノスタルジィ。切なさと喜びが入り混じった不思議な感情を思い起こさせるすてきな作品でした。


≪わたしの初恋。

 なんて、贅沢な片思いだったんだろう。

 一番大好きな人の、あんなに近くにいられて、毎日、話をしたり視 線を交わしたり、悩みを打ち明けたり、頭をなでてもらったり。

        中略

 幸せでした。

 とっても幸せでした。≫


透き通った美しさと瑞々しさを持った文章は、是非本編で確かめてほしいです。

“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)

“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)

藍色藍色 2011/03/26 02:18 こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。