Hatena::ブログ(Diary)

In bethu ingine このページをアンテナに追加 RSSフィード

23-09-16 これでまで読んだ本、いろいろ

[]宮城谷昌光や中二病満載のラノベとか

「主人公最強」的軽いものが読みたくなったので、「魔法科高校の劣等生」を読んでみた。噂通りの「主人公tueee」ではあるが、やや文章が独特で特に会話において誰が話しているのかがつかみづらい。会話文の後ろに誰が話したかが書いてある書き方を見たのは、初めてかもしれない。かなり特徴のある話し方をする人もいるので、特に後から誰が話したか説明してくれなくてもいいなぁ、と感じた。会話部分がつながっておらず、「 」の中で段落変更するのになれるのはかなり時間がかかった。これも初めて見る書き方だ。また、ラノベの、ラノベゆえんのこととして仕方がないのかもしれないが、「ここ! この部分重複線だから! 大事なことなので本文中に何度もちらばせてあるから、忘れないようにしてね!」がややうるさい。

批評文としては正しくないだめ出しからスタートではあるが、上記の会話における問題を除けば、テンポも速いし、さくさく読めてしまって、二冊を1日で読み終えてしまったときは、ちょっとお金がもったいなく思った。

宮城谷昌光も基本的には地の文は長くないし、会話文は誰が誰にどう話したか書いてないが誰の台詞かは自然に分かるし、無駄を極力削った感じでこれも非常に読みやすい。はじめに商(=殷)による夏に対する革命を主題としてものを読み、次に周による革命時の商(=殷)側の重臣を主人公としたものを読み、どうせ持ち歩くこともないだろうと周による革命時の大主人公である『太公望』を呼んだ。『太公望』だけ文庫ではなく単行本だったので持ち歩く気にはならなかったので、読み返しを避けてしまっていた。いずれもある意味「主人公tueee」ではあるのだが、時に悩み、時に失敗し、他人を頼ったり他人の意見を参考にしたりするので、多少はその主人公補正が薄くなっている。主人公補正があるように見えるのは、著者自身が理想的と思える人物を主人公に据えるからに他ならないのだが。

文字が全くない夏時代から商への変化をこれだけ長大な話にするのはすごいし、文字があったとしても基本的には支配階級の人間しか使用しなかった商から周への変化についても同様だ。資料にしても同時代のものはなく、過去に書かれた、しかも現存しないものであったりするので、ほとんどの部分が歴史の流れの中という制限かにおける想像に過ぎないのだが、あり得ただろう話として作り上げる力は見事だと思う。

相変わらず終わり方の淡泊なところが個人的にはちょっと残念なところか。

23-11-15

[]奇貨居くべし・春風編、瞳の中の大河

緊縮財政につき再読。

奇貨居くべし―春風篇 (中公文庫)

奇貨居くべし―春風篇 (中公文庫)

秦の宰相となった呂不韋の少年時代。

愛と知識に飢えた大商人の息子として描かれている。言えに居所がないからか沈思黙考する見目麗しき少年であり、自らと周囲とのことがらを良く分かっている。史料が鳴くよく分からない人物の内面を詳細に述べながらダラダラしないのは宮城谷の特徴かな。知略を働かせるところが早く見たい。


瞳の中の大河 (角川文庫)

瞳の中の大河 (角川文庫)

愛と憎しみに複雑に絡め取られた主人公の、それでも愛と正義(理想としてのだが)を貫こうとした生涯。「内戦が終わり、誰も圧砕に苦しまず、みんなが小さな幸せを噛み締めて生きること」だけを求めて、それでもきれい事ではすまないことも分かっていながら純粋に目的に向かい、自らの命を捧げたかのような人生。

海を知らない二人のほんの一瞬の邂逅によって生まれた娘が、ついに海にまで達した、というエピローグにぐっときた。

29-10-15

[]宮城谷版三国志

三国志 第十二巻 (文春文庫)

三国志 第十二巻 (文春文庫)

全十二巻読了。

残念なことは、宮城谷昌光による個人を主人公にした小説による、その個人の心情の細かな描写が非常に少ないこと。ただでさえ淡白な彼の筆が、より淡白になって時々に現れる登場人物たちについてが、単なる紹介で終わってしまう感が多かったことか。

宮城谷はおそらく曹操を一番書きたかったに違いないと思わせるほど、曹操の人物造形は多かった。おそらく彼が全巻の中で最も徳と義を兼ね備えた人物だったからだと思う。その次に諸葛亮が彼にとって好ましい人物だったかと思われるが、それでも曹操に比べれば〜、という意図が読み取れなくもない。

できれば「曹操伝」とかにしても良かったのでは亡かろうかと。

劉備の人物像を描くのがもっとも難しそうであった。老荘思想的、とか、何事にも囚われない、といわれても、結局のところ感情に突き動かされて前後関係を考えない人物だな、としか思えなかった。国家形勢を自らの身体的には理解できなかった人物。

それでも晩年でそれまでの人間性を覆さなかったのは劉備で、曹操も最後は頭が固くなり、孫権に至っては国家の礎を崩す寸前にまでもうろくしてしまった。

結局三国時代とは、三国鼎立なんてものではなく、後漢王朝末期からの政治的社会的混乱期が続いていただけの時代にしか見えなかった。これが隋成立まで、あるいは隋も短命王朝なので唐まで続く混乱の400年間の一時代だったのかもしれない。

しかしなんで三国志は大人気なんだろうか。

28-10-15

[]されど罪人は竜と踊る 2巻 

されど罪人は竜と踊る 2 ~Ash to Wish~ (ガガガ文庫)

されど罪人は竜と踊る 2 ~Ash to Wish~ (ガガガ文庫)

相変わらずなかの悪い二人の、日常におけるのと同じように戦闘中にも交わす相手へのひどい言葉(それでもあまりの美貌にほとんどすべての女性が惚れてしまうギギナの美しさを心の中で描写してしまうことは忘れない)と相反するような息の合った戦いぶり。今回はさらに商売敵たちとも手を組んで、切り込んでいく前衛のギギナの(本人は気がついていないという設定ではあるが)献身的な戦闘と、良い意味で腹黒で卑劣で主人公チートを合わせた後衛のガユスの頭脳プレイと何もかも持って行ってしまう最強(本文中では「禁忌」)の術×2。

敵の正体が実はアレ、というのには途中で気がついてしまったのが残念。

世界観やら主人公たちやらの中二病的設定は置いておいても、相変わらず言葉が多すぎではあるが政治的背景は好み。社会的地位は底辺に近い政治的には全くの無力の二人、対、国家の最高権力の一翼を担いその勢力の大きさとそれに伴う社会的責任と国家のために無慈悲となるも厭わない人物との、主人公たちが感じる敗北感に似た感覚は共感ができてしまう、そういう背景が華麗なる中二病舞台の背景にあるところがよい。


で、赤い指輪がどういう状況で渡されたのか忘れてしまったので、1巻を読み直すという状況。三回目だよ、アホだな。

されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫)

されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫)

29-09-15

[]ブラッド・ソング・戦士の掟

やっと読み終わった。何故か途中で読むのを止めていた。

主人公は1巻目より少し大人になった。若くして伝説の戦士になったが、老獪な国王の手先となる運命になったところで読み進めるのが嫌になった。

1巻の最初を思うと、ただの人殺しになりたくなかったのに、というのが透けて見えて。


さて。3巻目を本屋で見つけられるといいな。