新・所長室@奇妙愛博士の些末事研究所

2008-10-07 古い映画で新しい発見日記

[][][]「ハード・ボイルド / 新・男たちの挽歌」感想 02:55

昨日に続いて映画の感想を。

 

[ハード・ボイルド / 新・男たちの挽歌] (再見)

【レンタル専用版】ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌【レンタル専用版】ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌
チョウ・ユンファ トニー・レオン テレサ・モー ウォン・チョウサン ジョン・ウー 國村隼 テレサ・モウ ウォン・チョーサン フィリップ・チャン 國村準

Blowout Japan 2004-09-10
売り上げランキング : 27655

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハリウッドデビュー直前のジョン・ウー監督が、香港で最後に撮影した作品 (1992年公開) 。邦題は「新・男たちの挽歌」だが、監督と主演 (チョウ・ユンファ) が共通してるだけで、ストーリーは「男たちの挽歌」とは無関係だ。まあ、スティーブン・セガールの映画が、何でもかんでも沈黙させちゃったり、マイケル・パレの映画がみんな「なんちゃら・オブ・ファイヤーだったりするのと同じですな。

んで、ビデオ発売時に何度も見たんだけど、DVDが安売りしてたので、購入して久々 (約 10年ぶり) に鑑賞。したらば、いくつか気付いた事があるので、その辺をつらつらと書いてみよう。

 

■その1:「インファナル・アフェア」(2002年公開) への影響

息苦しいほどの緊張感と、虚々実々の駆け引きが魅力の「インファナル・アフェア」に、辺り構わず撃って撃って撃って撃って撃って (中略) 撃って撃って撃ちまくる「ハード・ボイルド」が、いったいどんな影響を与えたかというと、それは潜入捜査官の描写である。

共通点をざっと挙げると、「警察学校卒業と同時 (「インファナル・アフェア」では卒業直前) に潜入捜査官になったため、まともな警官として働いたことがない」「ギャングたちの信頼を得るため、殺しも含めた犯罪行為に手を染めており、警官としてのアイデンティティを見失いつつある」「潜入捜査官としての身分を知っているのは、直属の上司だけ」「演じてるのが、同じトニー・レオン」(オイ) といった辺り。

おまけに、「ビルの屋上で上司に不満をぶちまけるが、誕生日のプレゼントで懐柔されてしまう」という、まるっきり同じシーンまであったりして、「影響っつーか、ぶっちゃけパクリなんじゃね?」と思ってしまうほど似ているのであった。まあ、最初に書いたとおり、似てるのはそこだけで、映画全体としてはまるで違う物に仕上がってるから、問題ないけどねー。つーか、むしろ、同じ設定を使って、ここまで違う話にできるのかと感心するっすよ。どっちも大好きだしな。

 

■その2:カモカのおっちゃん、香港に行く

映画の序盤、飲茶の店で、テキーラ (チョウ・ユンファ) と激しい銃撃戦を繰り広げる殺し屋が登場するんだけど、今回初めて、それが國村隼であることに気付く私。いや、どっかで見た顔だなーとは思ってたんだけど、まさか香港映画でお目にかかるとは、思ってもみなかったんでさー。て言うか、何で出てるんですか國村さん。しかも「役名:殺し屋」なんて役で。まあ、一言も喋らず、無表情なまま撃ちまくる姿が、すげえカッコイイんでオッケーですけどね、ええ。

あ、それと、悪役側のボスを演じてるのがアンソニー・ウォンであることも、今回初めて気付いたぞ。まあ、私が彼を意識し始めたのは、「ザ・ミッション 非情の掟」とか「インファナル・アフェア」辺りからだからなぁ。後、頭髪の量も全然違ってるし …… って、この話題は深入りすると、我が身を省みて落ち込むのでやめておこう。

ちなみに私は「アゲイン / 男たちの挽歌 III」に時任三郎が出てるのを見て、よく似た俳優だなー」と思ったまま見終えてしまうという、輝かしい実績を持ってたりもするのであった。いや、だって、香港の俳優が広東語で吹き替えてたから、声が全然違ったんだもん。牛若丸三郎太の格好もしてなかったし。← 日本でももうしません

 

■その3:全員その場を動くな!香港国際警察だ!(違)

前述した飲茶のシーンでは、チョウ・ユンファが「トカレフの二丁拳銃による銃撃戦」という、大変に珍しいものを見せてくれる。トカレフスキーな私としては嬉しい限りである。どれくらい嬉しいかというと、思わずトカレフのエアガンを二丁買ってしまったほどだ。バカですかそうですか。

んで、思ったんだけど、伊藤明弘の「ジオブリーダーズ」に「トカレフの征」と名乗るガンマンが登場して、両手に持ったトカレフを撃ちまくってたんだが、もしかしたら、このシーンに影響を受けたのではあるまいか。

ariahisaedaariahisaeda 2008/10/08 12:29 トニー・レオンも不幸オーラの出ている人なので、悲劇の潜入捜査官はよく似合うんですねー。しかし、そこまで同じシーンだと彼自身は文句言わなかったんだろうか?

kimyouaikimyouai 2008/10/13 22:03 ●アリアさん
んー、伝聞情報なんですが、トニーは、オーバーな感情表現を求めるジョン・ウーの演出が苦手だったらしいんですよ。それが正しいとしたら、リターンマッチみたいな気持ちで「インファナル・アフェア」の役を受けたんじゃないですかね。私の推測に過ぎませんけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kimyouai/20081007
Connection: close