Hatena::ブログ(Diary)

行く川の流れは絶えずして… このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-29

[]幕末年表 21:52 幕末年表を含むブックマーク 幕末年表のブックマークコメント

1862年5月高杉晋作上海にてアヘン戦争と太平天国の乱を知る

1862年8月21日 生麦事件

1863年5月10日長州藩アメリカ商船攘夷

1863年6月高杉晋作が『奇兵隊(きへいたい)』を創設

1864年6月には、新撰組隊士が志士を襲撃して殺傷する『池田屋事件』

1863年7月2日に薩英戦争

1863年8月18日禁門の政変

1864年8月に四国連合艦隊の攻撃を長州受ける

1865年5月第一長州征伐 禁門の変

1866年6月第二次長州征伐 高杉晋作が実権を握り、討幕の動き

1867年1月23日薩長同盟

2018-06-30

[]梅雨時の心と体のケア 17:51 梅雨時の心と体のケアを含むブックマーク 梅雨時の心と体のケアのブックマークコメント

昨日、梅雨明けしたらしい宣言なるものが出て、6月に梅雨明けしたのは観測史上初なのだとか。今年はなぜか季節の移り変わりがなぜか早くて、もうすでに夏。

最近、キンさんの定年ていつだっけ?と会社で聞かれることが多くなった。たしかにあと残すところ数年。年金の受給は65歳からだし、そもそも年金もらったからって家でブラブラしているわけにも行かない。まぁ、再雇用の条件にもよるのだろうけど、今の仕事続けられたらいいのだが、と漠然と思い描く程度。

今の仕事は、経験が必要とされるので、やりがいはあるんだけど、同じ世代のベテラン達が数年後にはポロポロと辞めてしまうので、残された若手達の行く末が少し心配。今のうちに、ドキュメント化してノウハウや知見を形として残しておきたいという思いもあり、報告書の作成をひとつひとつ進めている。

夕刻になると目の焦点が合いづらくなってきて、メガネを作ればいいのだろうけど、無理せず残業無しに帰路につくことが多くなった。

40歳前後のマネージャ達がバリバリ活躍するのを見ていると、彼が学生の時の面接官が自分だった事を思い出し、優秀なやつは入社前から際立っていたよな等と感慨にふけると同時に、彼を優秀と感じるのは自分が衰えたせいかもな、等とふと思う。

月60時間の残業なんてとても無理だし、体力では勝てず、培ったノウハウを生かしながら会社に貢献しているというのが今の自分

会社でのミーティングは目的とゴールを明確にして短時間で終わらせ効率を上げようとという取り組みが進んでいる。国の働き方改革の影響を受けたのだろうか。今まで1時間の枠で設定される事が一般的だった会議に30分枠での設定をする事が多くなった。

そんな効率を追い求める仕事のやり方をしていると仕事が早くはかどって、それはそれで良い。

また、一方で、目的なんか関係なく、ただおしゃべりの為のおしゃべり、というような無駄な時間も、心のメンテナンスのためには欠かせない。

心と身体のケア、最近自分がこころがけていること

2018-06-10

[] 機種変きっかけに断捨離10:20  機種変きっかけに断捨離をを含むブックマーク  機種変きっかけに断捨離をのブックマークコメント

4年前購入した時にはその画質の良さに感動すら覚えたスマートフォン電池が駄目になったのだろうか、残量が70%表示なのにブラウズすると突然シャットダウン。

予備のバッテリ購入して暫くは使い続けていたものの、もう無理!と諦め新機種に買い替え。

通勤時に片手で操作できる小型サイズを期待すると4インチクラスのスマホが欲しくなる。大画面高画質スマホを使いたい時にはデザリングすればオッケーと割り切り、普段使いようにとiPhoneSEを買ってみた。

昔は機種変の時にはお店側で電話帳の入れ替えとかをやってもらった気がするが、スマホになってからはお店側ではやらない事になったのだとか。入れ替え方をお店の人に聞くと「電話帳あずかり」とかいうソフトを使うんですというので、旧端末を一緒に操作してみたが、何度トライしても失敗。まぁ、いいや、機種変しても旧機種を自宅でwifiに接続すればなんとかなるだろうと腹をくくって機種変した。

電話帳、写真、様々なデータを機種変した時にどうやって乗り換えるのか?

その手順がアンドロイドiOSでは異なっているので、OSを変えてしまうと色々と手間がかかってしまう。基本的には、GoogleクラウドiCloudauクラウド、のいづれかを経由するという仕組みなんだろうけど、4年に一度しかやらないこの手の作業、覚えていられるはずはなく、そもそも4年後にはやり方変わっているし。

LINEなんてのは、機種変する時には、一操作抜かしてしまうと今までのやりとりが全部消滅してしまう。

スマホ電子マネー使えるようにしていたら、それを止める手立ても必要。クレカから電子マネーへのチャージしてた楽天edyとかは便利に使っていたけど、機種変して、さてどうやって辞めたらいいのやら?

-----

スマホを使い始めた頃、もうPC要らないね、全部スマホでいいじゃないと思っていたけど、スマホを無くす、あるいは機種変、という事になるとその乗り換え作業はずいぶんと手間だ。

電子マネーが普及し始めた頃、言われたキャッシュレス時代

キャッシュレス時代がもたらしたのがカードフル時代でお財布はカード類でパンパンに

そんなあなたにとって便利なのがアプリがカード代わりになるカードレス技術

最近はカードレスという言葉をよく目にするようになった

でも、一見便利なカードレス時代は、アプリ毎に異なるアカウントを必要とされるアカウントフル時代を招いている。

あのアカウント、このアカウント、どれもログインIDとパスワードが必要とされ、セキュリティに配慮するなら、パスワードは大文字小文字記号英数字8文字以上で定期的に変更せよと言われる。

覚えきれないからパスワードを使いまわしていると、稀にパスワード漏洩等とどじを踏むtwitterのような業者もいて、危うい状況に陥らされる。

アカウントフル時代」この面倒な時代に対処する方法は、始めたサービスを辞めるという習慣なのだと思う。

1年以上放置しっぱなしのアカウントクレジットカード、会員証、これらを断捨離するのが手早いだろう。

2018-05-14

[] ガイアの夜明け 有隣堂の挑戦 10:23  ガイアの夜明け 有隣堂の挑戦を含むブックマーク  ガイアの夜明け 有隣堂の挑戦のブックマークコメント

日比谷ミッドタウンに年間の営業利益の半分に相当する資金を投じて出店した有隣堂

横浜市民にとっては馴染みの深い書店、本を購入する際、レジで何種類もあるブックカバーの中からお気に入りの色を選択する、そんなささやかな楽しみを提供してくれているお店。

書籍売上事業は毎年赤字、創業して100年を超え同族経営の社長は6代目、その社長の40代の息子でもある専務が、書店の現状に危機感を覚え、クリエイティブディレクターの南貴之氏に売り場作りを全面的に任せた。

ヒビヤセントラルマーケットと名付けられたその場所には、高級メガネ点、レトロな理容店、居酒屋、アパレル雑貨店、等から構成され、出店者による選書が並ぶ一角だけが、そこが有隣堂の提供である事を思わせる。

コンセプトはふらっと立ち寄って何か面白い物が見つかるような場所にしたいのだという。

本屋に立ち寄る

その楽しみは、ふと手にとってページをめくって、新しい知識や刺激に出会う事、本屋という仕事を新たな刺激との出会いと定義すれば、日比谷ミッドタウンへの出店は新たな書店の役割の再定義となるのかも知れない。

番組では、コンセプト説明会が有隣堂の重役会議で発表されている場面を流していて、社長はひとこと、よう分からん、担当の専務は南さんと心中すると、その決意を述べていた。

4月度の売上は4000万円と計画を達成したらしい

さて、この試み、書店の新たな道を開くいちページとなるのか、それとも著名ディレクターの道楽として終わるのか

その行く先を見守っておきたいと思う

2018-01-18

[] あくなき効率を追い求め、走り抜けるコンビニ 10:25  あくなき効率を追い求め、走り抜けるコンビニを含むブックマーク  あくなき効率を追い求め、走り抜けるコンビニのブックマークコメント

甘いの辛いの色々あって、その真っ白なパッケージを手に取り裏側を見ると、湖池屋、東鳩と子供の頃、TVCMで馴染んだ会社の名前が並んでいる

お菓子メーカにとって、広告せずとも大量に買い付けてくれるコンビニ大手はお得意様

パッケージデザインに頭ひねる必要はないし、もしかしたら工場にファミマのトラックが横付けして運んでくれたら物流だってお任せだ。

安くて良い物が安全に手に入って、お店もお客もハッピー

いっけん、いいことづく目に見えるけど、お菓子メーカは新商品の開発に力を入れなくなるだろう。古いおじさん達は、湖池屋東ハトという名前は知っていても、今の子供達は知りやしない。ブランドが失われ、作りてのやりがいがなくなったら新しい商品なんて生まれない

パッケージ裏面の製造所を見ると今は各メーカで作られているようだけど、物流の都合でそのうち製造場所は集約される。お菓子だから海外での生産に至るかどうかは不明だけど、今の電機製品はどれも中国製

コンビニ小売支配はますます進む

先日、ふと思い立ち、コンビニでチリ産白ワインを買った

600円也と安いけど美味かった

フランス産というだけで高く売りつけていたビジネスモデルは崩壊か

ワインの良し悪しを語るほどの酒豪でもない自分のような消費者にとってコンビニ定番商品で納得いく味なら文句なし。獺祭だって置いてあるし、お酒もコンビニ支配が定番商品への集約を促したりするかも知れない。

売れ筋商品が即座に分かるコンビニという巨大なシステムは在庫という無駄をなくし、極限まで効率を高めていく

でも、顧客がまだ気がついていない価値のある商品は、そんなシステムから得られる情報からは生まれない

作りての遊び心と熱い思いが滲み出る

そんなワクワクする商品はどこから生まれてくるのだろう?

2017-12-10

[]ノーベル平和賞授賞式での被爆演説 22:54 ノーベル平和賞授賞式での被爆者演説を含むブックマーク ノーベル平和賞授賞式での被爆者演説のブックマークコメント

会社がインターネットで利用可能な新しい会議クラウドサービスを導入しはじめた。

使い方やトレーニングがネット上のサイトで受けられるようになっている。

サイトにアクセスしてみると説明用の言語が複数選べるようになっていた

イタリア語ポルトガル語スペイン語、英語、フランス語ドイツ語中国語韓国語、日本

世界中のITを利用する企業はこれらの言語が話されている国に活躍の場があるという事だろう

これらの言語が利用されるようになった歴史を振り返ると

ローマ帝国、大海洋時代、産業革命、フランス帝国第三帝国大日本帝国、等、その時代時代で覇権を握り、あるいは握ろうとし敗れた歴史が脳裏に浮かぶ

ロシア帝国が入っていないのはIT企業が少ないということか。帝国としての歴史はなくてもIT先進国韓国語には対応されている。

使う文字はアルファベット、漢字、ハングル、ひらがな

大学の授業が母国語で成り立つのは日本だけで、それは明治維新の時の先人たちが外国語の文献を日本語に翻訳してきた積み重ねの歴史のおかげときいたことがある

明治維新の富国強兵策がなく日本が植民地となっていたのなら、今私達がつかっている文字も言葉も違った言語、例えば英語になっていたのかも知れない。

言葉は民族の絆

第二次世界大戦後、イスラエルという国が作られヘブライ語が公用語とされた。それまでのユダヤ民族は、フランス系とドイツ系とでは異なる言葉で話していて、イスラエルに結集したユダヤ民族のアイデンティティーを呼び起こすために必要だったのだろう

-----

今日のノーベル賞授賞式では広島被爆されたサーロー 節子さんが被爆者としては初めて演説されるという。多くの被爆者が広島長崎にいるのに、その声が世界に伝わらなかったのに英語で話す彼女の演説核兵器禁止条約に際し多くの国の代表の気持ちを動かしたという。

言葉が違うと心は伝わらない。加害者は被害者の痛みに気がつくことはない。言語の違う国同士の戦争が悲惨な結果をもたらす

ノーベル文学賞カズオ・イシグロに送られるという

日本で無名だし、演説も日本語ではなく英語でしているので彼の母国への想いを理解するのは難しそうだ

言葉の違う人間を日本人は同胞だと認めないだろう

異なる言語を使いながら民族としてのアイデンティティーを2000年以上も維持し続けたユダヤ人

言語と民族としてのアイデンティティーについて、まとまりのない想いを綴ってみた。

2017-12-09

[]不揃のみかん達 21:16 不揃のみかん達を含むブックマーク 不揃のみかん達のブックマークコメント

11月の中頃、前日の雨が上がり、晴れ渡った青空を背に冠雪した富士山を右手にとらえながら新東名を西へ向かった

昨年定年を迎え故郷の三ヶ日で親のみかん畑を継いだ友人夫妻と会うために

約100本のみかんの木があるその畑でみかん狩りをしないかとのお誘いを受けた

小学生の頃、遠足でもいだ湯河原のみかんは酸っぱくって美味しくなかった。あの時は、熟して地面に落ちたのを選ぶといいよと大人から聞いた

とんでも無い大嘘だ

友人の話では、みかんは木によって味が少し違うので、一個もいで食べて美味しかったら、その木の実を収穫するといいよとの事

木によって味に違いはあったものの、どの木のみかんもとても美味しかった

みかん狩りって、楽しいんだ、という事をこの歳になって初めて知った

4箱、総量40kgのみかんをもぎ取り、友人から格安の値段で買い取り、あまりにも多いのでご近所におすそ分けした。あれから数週間経つものの、まだ食べ尽くせずにいる

傷もあるし形も不揃いでお店に並べるには難がありそうだけど、その味はどなたからも絶賛だ

-----

定年後、農業という話は時々耳にする

友人夫婦は互いの郷里が同じという事もあり、月に何度か三ヶ日まで足を運んで農業を楽しんでいるらしい

楽しそうでいいね、と言ったら、収穫は楽だし楽しい、でも真夏の薬剤散布が過酷だとのこと。山肌の足場の悪い畑で頭からポンチョのような物をかぶって薬を撒くらしい。下草刈りもあるし、摘果もしないと美味しいくならないらしい

東側に面したなだらかな山肌にある畑

目の前には浜名湖が拡がり、ただただ湖を眺めているだけでも清々しい

奥様がおっしゃるには三ヶ日は横浜より、ずっと温かいのだとか

その温暖な気候だけでなく、自分が生まれ育った郷里の持つ暖かさ

なつかしい同級生や親戚や、そんな旧知の人々との交わりが、なおいっそう、その土地を温かく感じさせていたのだろう

2017-12-05

[]人口知能AIがもたらす未来 21:18 人口知能AIがもたらす未来を含むブックマーク 人口知能AIがもたらす未来のブックマークコメント

昨晩テレビ東京にチャンネルを合わせたら、AIを特集した未来世紀ジパングに、日記に書いた本の著者山本一成さんが登場していた。

奇遇である

番組の中では将棋のAIソフトだけでなく、米国の警察でAIを導入して犯罪を減らしたり、従業員の健康管理にAIを応用している事例が紹介されていた。

カリフォルニアの警察では、地域のパトロール場所をAIにより犯罪発生率を計算した後決めている。車上狙い、ドラッグ、150mm四方で区切られたどの場所で今日犯罪が起きそうかを予知してくれる。このAI導入後犯罪が2割減ったという

従業員の健康管理AIは日本の食品製造会社での導入事例

毎朝、従業員は会社に備えらたカメラで写真を撮る。その表情をAIが画像解析をして、晴れ晴れとした気分か沈んだ気分かを数値化して提示する。その判定結果は人事部に届くようになっていて、疲れや沈んだ気分の社員へのサポートを人事と上長とで共に行うようになっている。

自動運転の画像解析用の半導体チップ開発会社として一躍有名になったのはトヨタとの提携で話題となったエヌビディアだ。コンピュータの特にゲーム用の画像処理半導体の会社としてその分野ではNo.1のエヌビディア。3D画像を高速で作り、描画する、その信号処理の速度の速さが、自動運転で欠かせない高速画像処理に生かされるという事だろう。

渋谷スクランブル交差点を歩く人達を瞬時に一人ひとり判別するデモが番組で紹介されていたが、その精度はたしかに、凄いものだと思う。

AIは人の仕事を奪うだろうか?

沢山の事例を知っている事が仕事をする上で欠かせない医師や弁護士といった領域では大量の情報を瞬時に処理できるAIは活躍の場があるだろう。

感情が入らない分、正確に判断できるはずだ

公平で、誤りなく、私欲もない、人工知能AI

好むと好まざるに関わらず、私たちは人工知能の存在を無視できなくなると思う

2017-12-03

[]知的な行動は「探索」と「評価」の2つを駆使している 16:29 知的な行動は「探索」と「評価」の2つを駆使しているを含むブックマーク 知的な行動は「探索」と「評価」の2つを駆使しているのブックマークコメント

探索とは未来を予測すること。評価とは予測された事象の確率を求めること

この評価の値をコンピューターに自動的にやらせるのが機械学習

機械学習のためには大量のデータが必要。

ネットの画像と文章を学習する事で画像にタグ付けするための情報が得られる

黒人の写真をゴリラと判別してしまったのはネット上にそのような情報があったから

黒魔術とディープラーニング

機械学習の様々手法

SVMロジスティック回帰、ディープラーニング、ランダムフォレスト

ドロップアウトによりディープラーニング過学習を防ぐ

言葉、音声、画像が応用先

マルチモダール  画像を入力して適切な説明文を出力するとか

言語の処理も画像として行なう

言語であれ何であれ、画像と結びつけるとディープラーニングの得意な対象となり人間を越えてしまえる

還元主義的な科学からの卒業、細部の構造を理解していけば全体を理解できる

人工知能の開発においては、必ず大量のデータが必要になる。最初は「教師あり学習』その後「強化学習」に移る

モンテカルロ囲碁、ランダムな場所に石を打ち勝率を予測する。学習を重ねる事で確率が上がる。

アルファ碁が示したのは囲碁は画像だったということ

プロ棋士達がアルファ碁の真似をしだした。意味もわからず。科学が宗教になった瞬間

知性 目的を設計できる能力

知能 目的に向かう道を探す能力

シンギュラリティの提唱者レイ・カーツワイル2045年との予想を2029年と早めた

人間の論理力の限界というより言葉で表現することの限界

ディープラーニングとは脳の視覚野の神経回路を模したニューラルネットワークを多層化したもの

アルファ碁はたくさん手を読んでいるのではなく猛烈に勘がいい

[]人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか? 16:28 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?を含むブックマーク 人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?のブックマークコメント

山本 一成 著

最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質

2029年に訪れるシンギュラリティ人工知能AIが人間の知恵を超え自ら学習し、人はAIに教えをこう日が来るという。ディープラーニングのなんたるかを知らずとも誕生して数年でしかないアルファ碁がプロ棋士に勝利した事実は多くの知的労働が計算機に取って代わられる日がそう遠くない事を予感させる。

専門用語を使わずにAI日進月歩の進化が将棋と囲碁を例にわかりやすく解説されている本

コンピュータに出来る事は単純な計算を高速に実行する事と大量のデータを蓄積する事のふたつ。人間が記述したプログラムにのっとり間違いの無い答えを出すのが取り柄だと思っていた。

2016年3月グーグルAI人工知能アルファ碁韓国の李セドル九段勝利した事件が話題となった。そのAIの持つ機能がディープラーニングと呼ばれる機械学習

機械学習というのは人が教えなくともコンピュータが過去の棋譜から自ら学ぶ技術。

人が思いつかない手を編み出し、今ではプロ棋士がアルファ碁の技を真似るようにすらなっているのだとか

-----

アルファ碁は盤上の碁石を画像認識して次の手を考えている

論理的にどの手が良いのかを計算するのではなく、いわば恐ろしく勘がいいAIなのだという

機械に対して勘がいい、と褒めるのも妙なものだが、ディープラーニングという技術には理屈では理解しえない手法が盛り込まれていて、著者はこれを黒魔術と呼んでいる。

このAIを更に強くするためにコンピュータ同士を対戦させて腕を磨くというから、なんだか映画マトリックスを彷彿とさせて気味が悪い。

-----

ディープラーニングのためには学習用の大量のデータが必要で、ネットに上がる画像や文章を片っ端から入力して機械学習をして画像認識の能力を高めるのだという

昔、ゴリラの写真をグーグルサーバに画像認識させたら、黒人、という回答が返ってきたのが話題となっていたが、そのような誤認識をしてしまうのはネットにその手の好ましからざる情報が溢れているせいだったらしい。

だから、計算機に正しく知恵をつけてもらうためには、みんなが「いい人」になって乱れた情報をネットに挙げないようにするのがいいと著者はすすめる

シンギュラリティの提唱者レイ・カーツワイル2045年との予想を2029年と早めた。人工知能技術の進化は指数関数的に早まっているのだとか

どんな未来が待ち受けているのやら

2017-12-02

[]シンギュラリティについて考えている 12:29 シンギュラリティについて考えているを含むブックマーク シンギュラリティについて考えているのブックマークコメント

AIが進化し人間の知能を超える時が2030年に訪れ世界が変わる。いいか悪いかは分からない。でも必ずくる。必ず来るなら、その時代が人々に幸せをもたらすように技術を利用しようよ

と力説するソフトバンク孫正義

https://www.youtube.com/watch?v=Zew9RU99NFg

2時間にわたる講演だけど先端技術に興味のある人なら楽しめる内容だ

特に、講演開始から30分経過後のボストンロボティックス社のロボットが凄い

物を持ち上げ運ぶ、障害を避けて走る、車輪で走る

その動きは人と変わらない

これらの一連の動きは人為的プログラムされたものではなく、ロボット上部のカメラで捕らえられた映像を瞬時に解析して行動に移されている。

センサーはカメラだけではなく、LIDARと呼ばれるレーザを照射してその反射光から物体との距離を測る仕組みも備わっている。きっと、人の目を超え、闇夜でも物の形が分かってしまうのだろう。

物を運ぶロボットが出来て、車が自動運転される時代が来たら、運送業界の長時間労働問題も過去のものとなっているのだろう。

今、昨晩頼んだ再配達の荷物をもってドライバーがインタホンのベルを押した

2017-12-01

[]便利さと引き換えに効率の奴隷 00:19 便利さと引き換えに効率の奴隷を含むブックマーク 便利さと引き換えに効率の奴隷のブックマークコメント

スマホの料金プランを変えたら、通勤途上でスマホをいじる機会が減った。

常時接続インターネットが手のひらにある。この便利さに慣れてしまうと、ついつい調べずには居られなくなる。

朝は天気、列車の遅延、駅での乗り換え、リアルタイムで分かるダイヤの乱れ。たかだか、1分やそこらの遅れでも駅での乗り換え時間に余裕が無いと、乗るべき電車を逃してしまう。

これは本当に便利なのだろうか?

気がつけば、乗るべき電車に駆け込む自分がいて、絶えず急かされ、自分の意志や感情を置き去りにして効率と秩序の奴隷になっている

月7GBまで使い放題の契約で3GBで終わってしまうと、なんだかもらいそびれたお小遣いと似た残念な気持ちになってくる。そして、新しい使った分だけプランだと外でネット接続控えてから、家で見ればいいじゃないという姿勢に変わりつつある。

車窓からボォーっと富士山を眺めているとその冠雪に気がつくし、心に浮かんだよしなしごとをこうしてmixiに帰宅後綴るのも悪くない

朝の車中で登校途上の高校生の男子ふたり

片手のスマホをいじりながらの雑談、たった2分という短い間に、目まぐるしく話題が変わる。パズドラ、愛子さん誕生日、テスト答案を親に見せるか否か、イカした駅員が居たの居ないの、等など。

若い子達のスマホの画面は目まぐるしく変わる。ブラウズされた画面が何個もあって、あっちいったりこっち見たり、勿論、割り込んできたLINEには速攻で返事。ちなみに、LINEの返事は三文字以内ですますのが昨今のお作法らしい。

「りょ」「おつ」「おこ」「てへ」

Twitterの40文字なんて長すぎて読めない。mixiなんて言わずもがな(笑)

どうせ短くするなら、季語を入れて五七五で表現出来たらいいのに、即時応答が習慣となった彼らの将来が心配ではある

2017-11-28

[]スマホ乗り換えて4年経ったけど… 23:39 スマホ乗り換えて4年経ったけど…を含むブックマーク スマホ乗り換えて4年経ったけど…のブックマークコメント

4年前にauからドコモMNPしようとしたらポイントあげるからとauに引き留められたあの日。

時代は移り、今やMVNOと呼ばれる格安スマホに乗り換えるのが賢いユーザのあり方だとか。MNPMVNO、似たような横文字ばかりで、年寄りにとっては甚だ分かりにくい携帯電話スマホの料金体系

7月からauで始まったのがピタットプラン

月々の利用パケット代に応じて支払う料金が変わるらしい。新料金プランが適用されるのは新機種購入時のみかと放おっておいたら、手持ちの機種でもプランの変更は可能と分かり早速安いプランに変更した。

今までのプランは上限が7GB/月のパケット制限だったものの、実使用では3GB程度にしか達せず、なんだか無駄に料金を負担している気がしていた。自宅ではADSL経由のwifiだし、通勤途上でSNSだニュースだという程度の利用なので、7GBも使う事は到底ない。

だったら、迷わずピタットプランに変更だ、と思いきや、このプランだと毎月割が適応されないという落とし穴がある。よってもって、人によっては乗り換えで損をする事もあるので要注意。

毎月割、誰でも割アップグレードプログラムEX、とか、あれやこれやの分かりにくいオプションの組み合わせ。理解するだけでも一苦労。auショップ店員に聞いてみようかと店に足を運んでみたものの、待ち札のレシート受取機械の待ち時間は90分。

最終的にはSIMロック解除して、端末代と通信代とが独立になればスッキリするのだろうけど、それは通信業者にとってはお得じゃないから、あの手この手で顧客の引き留めを図る商習慣

ちなみに最近のスマホSIMロック解除が可能らしい

ショップで手続きすると3000円取られるけど、ネットでポチすればタダで済むとか

SIMカードと端末が別々に売られるのはGSMユーザの欧州では20年前から常識、ようやく日本でもまともな料金体系で携帯電話スマホが売られるようになったということか

今のとこ、格安スマホに乗り換えた方が費用が節約できそうだが、時代はLTEの次の5Gへと進化する。格安スマホLTEでもたついているうちにドコモら大手は5Gでサクサク高速快適なユーザ体験を提供するという事か。

かたや総務省は5Gの電波割当をオークションで決めるとの報道もあり、今までと違ったサービスが登場してくる期待もある

そろそろスマホにも飽きてきたユーザ達

5Gで求められるサービスや端末は今と同じ形とは限らない

2017-08-20

[]満員のアルプススタンドと炎天下のマウンド 09:28 満員のアルプススタンドと炎天下のマウンドを含むブックマーク 満員のアルプススタンドと炎天下のマウンドのブックマークコメント

夏の甲子園が開催されている、正式には全国高校野球選手権大会

トーナメント方式で勝ち残った高校野球の県代表チームが甲子園での最後の戦いに望む野球の試合

甲子園が始まると、子供の頃、下着姿でテレビの前で扇風機を回しながら一日中、高校球児を応援していた父の姿を思い出す。

わざわざ真夏の炎天下でスポーツをしなくても良さそうなものだが、夏の風物詩として位置づけられてる高校野球は父のような観戦者にとって、開催時期は夏しかありえず、主催する朝日新聞にとっても、終戦記念日、お盆、と日本人が過去の悲しみと向き合い、郷里に思いをはせるこの時期以外での開催は議論の対象にすらなりえない。

日本の高度成長期と呼ばれた時代

都市は多くの地方出身者を受け入れ、労働者の大多数は8月のこのお盆の時期に故郷に帰った。田舎に帰ることのできなかった人達は甲子園に出場した郷里の県の代表の活躍にテレビの前で応援に熱中していたのだと思う。

なぜ野球なのか、なぜ真夏のこの時期なのか、なぜ県の代表なのか、なぜ甲子園なのか。

高校野球が支持されてきた背景には故郷への想いを重ねる観戦者がいたのではないか

試合が始まる前の5分間でNHKは各県の地元の局が取材した祭りや観光地等の地域の持つ特色を紹介する。それはまるで週末ののど自慢大会の導入部ようだ。

新聞は各チームを取材し連覇だったりチームを支える裏方の苦労話だったりと読者の感動を誘うエピソードを載せる。

マスコミの役割は事実を伝える事であって、感動話は週刊誌の仕事という批判はありそうだけど、購読者の減少を食い止めるのは、わかりやすい心を揺さぶる物語。

ネットの時代となり新聞やテレビのニュースを鵜呑みにする人達を情弱と揶揄する人達はスマホで情報を収集するけれど、そんなネット住人は既成のマスコミの顧客となりえない事は明らかで、購読者や視聴者が何を求めているのか、その彼らの関心を引きつけておけるのは感動の物語

そして今日も生の感動を求めてテレビの前で甲子園に見入っている視聴者に向け、心揺さぶる記事を新聞社は作り上げていくのだろう

2017-07-09

[]オープンダイアローグという精神医療のひとつの試み 17:09 オープンダイアローグという精神医療のひとつの試み を含むブックマーク オープンダイアローグという精神医療のひとつの試み のブックマークコメント

週末にある勉強会にて精神科医の院長から、オープンダイアローグという精神疾患の治療法(?)についての話を聞く機会があった。

ダイアローグ対話、モノローグは独り言

オープンダイアローグというのは精神疾患の患者さんに加えて二人のセラピストとで車座になりお互いの話を、聞く、話す、こんな行為によって薬を過剰に処方される事無く、心の病を治す方法らしい。

話すという行為を重視していて、結論を求めない、クローズしないので、オープンと呼ぶのだろう。80年代のフィンランドで開発され、薬による治療より効果がある事が実証されている

講演のあと、4人ずつでグループワークを行った

話してはひとり、残り三人はただ話を聞くだけ

話すという行為と聞くという行為を明確に分けた時にどう感じるか、その体験をするのが目的だった。

人の話を黙って聞くと、聞きながら様々な思いが湧く、それを自分の内的会話として心の中で繰り返す。聞き手にとってはモヤモヤとした想いが心に渦巻く事を体感する事になる

話し手にとっては、ただうなずいて聞いてくれる人がいるというのは、自分がその場にいていいのだという安心感が醸成されてくるのが分かる。

幻聴や妄想等の精神疾患も、その原因は患者本人の脳や身体にあるのではなく、人と人との関係に、その原因があるという事のようだ

したがって、自分が受け入れられ安心できる場で自分が感じている事を聞いてもらううちに患者自身が本当の原因に気が付き、治癒されてゆくのだという

もうひとつ、この会でポリフォニーという単語を初めて聞いた

シンフォニーの反対語としてのポリフォニー

シンフォニーは予定調和なので、物事を予定通り運ぼうとしたり、周囲との調和にこだわって過剰に適応したりしない、その事をポリフォニーという言葉で表現していたようだ

仕事の現場では生産性の向上や効率の改善を常日頃求められる。

パワーポイントを使って業務の報告をする時には短時間で必要な情報を無駄なく重複する事無く表現される事が期待されているし(MECE)、どんな仕事にも日程や目標のような目に見える形での成果を要求される。

言ってみれば、仕事の現場というのは共に働くチームや組織から目に見えぬシンフォニーで縛られているともいえ、これは病の遠因とも成りえそうだ

話を聞くということ

調和を乱す事をおそれないということ

心の病を防ぐヒントをもらったような気がした

2017-07-05

[]高解像度だけでいいのかな? 17:10 高解像度だけでいいのかな? を含むブックマーク 高解像度だけでいいのかな? のブックマークコメント

都議会選が終わって豊洲への移転もはっきりした訳だけど、2020年の東京オリンピック用の駐車場確保のために築地の跡地には環状2号線という道路が走り、駐車場としても利用される予定なのだとか。

東京オリンピックに向けては放送業界の周辺では4k,8k放送の開始が予定されていて、多くの家電メーカがテレビからは撤退したものの、生き残った数社にとっては地デジ普及のバブルよもう一度と期待が膨らんでいるのだとか。

BSなんかのフルハイビジョンが2kと呼ばれる方法なので、8kとなると解像度が4倍となって、人の顔なら髪の一本一本が見えてしまう程にクリアで高画質の画像が2020年には放送として送られてくる。

BSでみるなら別のパラボラアンテナが必要で、それは、右旋、左旋、と呼ばれる衛星から送られてくる電波の回転方向が逆だから。ケーブルでも放送はされるのだろうけど、周波数が高くなったり広くなったりと、対応可能な業者とそうでない業者とがあるかも知れない。

テレビも新規購入が必要だけど、まずは電器店の店頭でその画質に触れてみるのがいいだろう。

高画質だ、大画面だと、喜んでいる人は多いけど、居間に50インチの液晶TVを買った経験から思ったのは、確かに初めはその大きさに驚いたものの、最近では、リビングの50インチより寝室の20インチの方がなんだかしっくりきて観ていても疲れない。

そもそもテレビって使っていない時には真っ黒になっているのが当たり前とされているけど、リビングに巨大なブラックホール、四角いけど、ポッカリと空いているのってインテリアとしてどうかなと感じる。

しかも、いまどきリアルタイムで見るよりBDレコーダの録画をぱぱっと早送りしながらストーリを追ったりするので、結果的に番組を観ながら操作するのはひとり、団欒の中心にはテレビがあった、三丁目の夕日の時代は遠い昔。

今時の学生は、大学生や、もしかしたら高校生だって、Netfixで自分の部屋で映画をみている。就学前の児童だってyoutubeで好きな映像を自分で見つける時代だ。

そんな時代に8k放送と言われても、喜んでテレビを買うのは、一人暮らしのお年寄りか、独身貴族しか思い浮かばない。

映像をじっくりと見るならやはり映画館がいいと思う

鑑賞中に誰も声をかけてこないし、うっかりネットサーフという脇道にはまる事もない。

ジャン=リュック・ゴダールの『勝手にしやがれ』を映画館で観てたら、ロベール・ドアノーのモノクロ写真を思い出し、優れた映像に触れるには、高解像度技術より作り手のハートが大事だねと思えたし、ひとりで没入できる環境も欠かせないといえるだろう。

2017-06-19

[]ポピュリズム 豊洲移転 築地ブランド アマゾン 17:11 ポピュリズム 豊洲移転 築地ブランド アマゾンを含むブックマーク ポピュリズム 豊洲移転 築地ブランド アマゾンのブックマークコメント

昨年米国大統領選で「アメリカファースト」をスローガンとして誕生したトランプ政権、既存マスコミを排除しツイッターで自ら発信し国民の指示を得た。過激言動は様々な批判を受けながらも彼の言葉は人を酔わせ、票を集めた。

これがいわゆるポピュリズム

そして、「都民ファースト」を全面に出し既存政党と闘うジャンヌ・ダルクのごとき小池都知事の政治手法は日本版ポピュリズム

昨日、築地市場からの移転をめぐり、豊洲の無害化は出来ませんでした、でも豊洲への移転を進めさせて欲しいと市場関係者の前で頭を下げた都知事。

これまでは専門家委員会委員長が科学的には安全だ、飲むわけでもないので豊洲地下水が飲料水としての環境規準を越えたからといって問題はないと理路整然と説明しても市場関係者からは怒号を浴びせられてきた。

科学が風評に負けてはいけないという言葉に触れたのは石原元都知事

市場に直接赴き頭を下げ、話に耳を傾けた都知事の姿をみたねじり鉢巻の仲買人は我々市場関係者の気持ちを都知事はわかってくれたと答えていた。

理屈じゃない誠意だよと、政治家にとって必要なのは、とその姿を見て感じた。

昨年秋に予定されていた移転をここまで引き伸ばしたコストは都民が負うのだろう。合理的に考えれば無駄な延期でしか無いはずなのに

感情に訴える事をポピュリズム断じてしまう人は政治家には向かない

アマゾンダッシュボタンでポチするだけでwifi経由で発注されて商品が家に届き、レジなし無人コンビニアマゾンゴーでは画像認識で顧客の商品購入が識別され、スマホ通信機能で店を出るときには自動的に支払いが完了していて、レジが不要になるという時代。

そんなイノベーションを次々仕掛けるアマゾンが1.5兆円で自然・有機食品小売り大手ホールフーズを買収し米国の小売業の株が下落。

これは何を意味するのか?

無人アマゾンの倉庫から宅配で自然食品が配送される時代がそこまで来ているというのに、人手を介した仲買人の集まる市場は存続しうるのか?という事を示唆しているのだと言えよう

築地というブランドは産地ではなくただの食品の中継所を表す場所名にすぎない

10年後、築地ブランドのシールが貼ってある商品がアマゾンの倉庫から届く日が来ると思う。築地の仲買人が選んだらそれは築地ブランドと呼べるものね

和牛という名のオーストラリア産牛肉があるのと同様に

2017-05-03

[]イタリア映画「大人の事情」(原題、赤の他人) 17:13 イタリア映画「大人の事情」(原題、赤の他人)を含むブックマーク イタリア映画「大人の事情」(原題、赤の他人)のブックマークコメント

物語の舞台は、月食の夜に開催された幼馴染の男たち4人がパートナーを連れて夕食会を楽しむために集まった友人宅のマンション。

ホスト役は17歳の娘がいる医師の夫とカウンセラーの妻の夫婦、他には義母と同居している倦怠期の夫婦、若い女性と結婚したタクシードライバー、病欠のパートナーを置いてきた男。以上7人が登場人物

幼馴染でお互いになんでも知っているから秘密なんてなにもない、じゃ隠し事が何もないのなら、携帯電話の中身を知られても大丈夫よね、というカウンセラーの妻の言葉をきっかけに始まったゲーム。

ゲームのルールは、夕食会の最中、電話がかかってきたら全員が聞いている状態でスピーカホンで話すこと、そして、受けたメールを読み上げること。そんな大人のゲームをきっかけに夫婦で隠し合っていた秘密が暴かれ、友達同士での隠し事もさらされる。

暴かれる当人達にとっては一大事なんだろうけど観ている観客は大爆笑のブラック・コメディ

本国イタリアではヒット作となったらしい

携帯電話スマートフォンの普及で同居の家族であってもお互いの交友関係は分からなくなってしまった。

そのスマートフォンにロックをかける、あるいは、かけない、それって世間の人達はどうしているのだろう?

夫婦なんだから隠し事はなし、は誠実さのしるし?

そもそも相方の携帯を覗き見したりするものなのか

妻にとって夫の素行が気になるのは当然だと思うし、ましてや子供もいて家族を守りたいと思えば、夫の不義を見逃しにはできないだろう。

台詞の多い映画だし、字幕を追いながら内容を理解するのは少し不便

人間関係程度は事前に知っとくと見やすいかも

映画の結末は大したこと無いけど、久々に笑えた映画でした

2017-04-15

[][]鉄腕アトムの時代の終焉 17:15 鉄腕アトムの時代の終焉 を含むブックマーク 鉄腕アトムの時代の終焉 のブックマークコメント

幼い頃、あるいは青春期に影響を受けた物語は社会に出て多くの経験を積んだのちでも、その人の人生の岐路における判断にとても大きな影響を与えるように思える。

僕らが子供だった頃、手塚治虫の鉄腕アトムというアニメを通じて、ウランコバルト、という元素が耳慣れた言葉となり、科学技術は生活を豊かにする事を疑う事はなかった。

石油ショックを経て、日本のエネルギー自給の危うさが身にしみた国民は原子力発電にその活路を見出そうとしたし、国策として国民の合意もあり原子力発電はその比率を上げていった。

2011年の東日本大震災での福島原発事故でのメルトダウンに見舞われながら、なぜ東芝経営者達が原子力発電に注力するという会社の方針を転換できなかったのか?

それは当時の経営者達が若い頃に原子力夢物語を刷り込まれていたせいなのだと僕は思う

たしかにメルトダウンはあった。でも、被爆で亡くなった人はいないし、この事故の経験をむしろばねとして世界にうって出る、そうあのトップは信じたのだと思う

「企業は経営者の器以上に大きくならない」

その自覚があれば、当時の東芝のトップには別の判断が働いたろうと想像するが、日立の後塵を拝する事に忸怩たる思いがあった社長らは世界規模の原子力発電を手がけることで会社を大きくしようとした。

その日立はリーマン・ショック後2009年3月7900億円もの赤字を出し、子会社から復帰した川村氏のリストラにより復活を果たす。川村氏については以前この日記にも書いたが、その川村氏が東京電力の会長に就任する事が先月末報道された。

東芝WHを手放し、福島原発廃炉作業はこれからも続く

原子力工学を学ぶ若者はもういないし、あのアトムの時代輝いていた原子力への憧憬は消え去った。

そして、東芝米国原子力事業のもたらす損害額の見積もりが監査法人と折り合わなかったのか、延期した決算発表に監査法人のお墨付きは得られず、赤字の穴埋めのため半導体メモリ事業を売却する事となった。

売却額は2兆円とも3兆円とも言われ、技術流出を防ぎたい日本政府は中韓企業への売却に難色を示し、合弁相手のウエスタンデジタルからは他企業への売却は契約違反だと釘を刺され、台湾企業のホンハイのトップはソフトバンクの孫さんを巻き込み買収へと意欲を示す。

当の東芝のトップは医療事業をキャノンに売却した功績が買われて社長になった方で、原子力半導体門外漢

この交渉の行方はどこに向かうのか?

日本企業、台湾企業、米国企業

政府はそんな色目で企業を仕分けしているけど、結局のとこ、企業の将来を決めるのは、トップの器

誰が何をどう判断するのか?

半導体メモリのような年に数千億円も巨大投資が必要とされる事業においては、冷静な分析力と思い切った決断力がトップには必要とされる。

21世紀に入り、日本の多くのエレクトロニクス企業は何万人もの社員をリストラしてきた

リストラと無縁と思われていた東芝が、粉飾決済、海外事業の失敗、が続き、いまや上場廃止の瀬戸際にある

アトムに憧れ、技術者の道を選んだ若者も多い

今の若い人達にとっての憧れって何だろう?

安全な日本、住みやすい日本

豊かな日本を支える経済力の裏付けは、優れたサービスや商品を実現可能にする技術力なんじゃなかろうか

若者が憧れる物語はいつの時代でも必要だと思う

2017-03-12

[]「成功のコンセプト」から引用 15:32 「成功のコンセプト」から引用を含むブックマーク 「成功のコンセプト」から引用のブックマークコメント

未来は不確定だ。明日何が起きるかは誰にも分からない。それは、この世に存在しているあらゆるものが変化し続けているからだ。

昔の人はその真理を、無情という言葉で表現した。僕はそのことを、1995年に起きた阪神淡路大震災で深く悟らされた。人生は一度しか無い。だからこそ何かを成し遂げたいと思う。

ダービニアン アプローチ

グーグル インターネット世界の自然淘汰に自分たちのサービスの将来を委ねる。種をばらまいて元気に芽を出したものだけを育てるという戦略

僕はこれを改善モデル と呼んでいる

未来へのビジョンを信じて改善を行っていく

月5万円の出店費用は楽天人件費サーバにかかるコストを計算すれば限界に近い金額だった。サーバーへの負荷が増加すればシステムへの多額の投資が必要になる。

日本国内の某所数カ所にそれぞれ数千台のサーバー収容するデータセンターを儲けて稼働させている。一箇所のデータセンターオフィスビル並の大きさがある。

地道は改善の積み重ねによる知の集積があって初めてパラダイム・シフトが起きる。激変する時代に対応するために必要なのは日々の準備だ

会議の目的は説明する事ではなく決断することだ。前日の5時までに会議資料を提出する事に決めている。

ハーバードビジネススクールでの収穫は会社のサイズが重要なのではなく、自分自身がどれほどの付加価値を生み出しているのかが最も重要という価値観だった。

面白い仕事はない。仕事を面白くする人間がいるのだ

楽天では掃除は自分でする。

仕事場のゴミを自分で拾うとう意識は仕事場を自分の家と思う意識に繋がる。

アメリカでは自分が暮らしている地域社会に貢献する事が大切とされる。家族はその地域の最小単位。それゆえ家庭を守る事が重要な義務になる。これは建前であるが、現実がどうあれ、そのような文化的な価値観を持っているということだ。アメリカ文化では、会社とは家庭を守るために生きる個人集合体。だから仕事とプライベートをはっきり分けるし、仕事机に家族の写真を飾ることは美徳であって甘えでもなんでもない。

アメリカ的な会社がいいとか日本的な会社がいいとかいう問題ではなく、事実としてそうであるならば、その事実をどう生かすかという問題なのだ。

2017-02-28

[]「騎士団長殺し」を手には入れたけど… 22:34 「騎士団長殺し」を手には入れたけど…を含むブックマーク 「騎士団長殺し」を手には入れたけど…のブックマークコメント

この日記を書き始めてから今月で10年になった

古い日記には、当時のマイミクさん達とのやりとりが事細かく記載されていて読み返すとその頃の記憶が蘇りとても懐かしい気持ちになる。

既に多くのマイミクさん達は他のSNSに引っ越しされていて、寂しいような気持ちも無いわけではないけど、mixi社自身も日記よりゲームで稼ぐようになっている事もあり、この場が持っていたもかつての賑わいは消えつつある。

とはいえ、昔を振り返るのにはここmixiは捨てがたい

2009年6月の日記を読み返すと村上春樹の「1Q84」を読んで思い巡らした様々な事柄が遠い記憶となって鮮明に思い出されて感慨深い

そして、その村上春樹の7年ぶりの長編「騎士団長殺し」が出版され、電車内での長時間の移動での退屈しのぎもあって、特に書店でページを繰る事もなく山積みとされていた二冊を購入、この週末には読み終えてしまった。

きっと、まだ手にとってすらいない人もいるだろうからネタバレにならない程度にその感想を述べてみたい。

この本を読み始める前に、「村上春樹の面白さって何?と聞かれても答えようはなくて、質問者と自分の嗜好が違うんだな、そう感じるだけ」なんて言葉をつぶやいてみたら、10人近くの人にリツィートされて、ああ同じ感想を持っている人もいるのかなと思った。

でも、一方で、自分がいつか村上春樹をツマランと思う日が来るだろうという自覚もあって、実は、この新刊本がもしかしたら、その来るべきピリオドとなる本なのかも知れないと読後に感じた。

初めて村上春樹を読む人にとっては面白いかも知れないけど、古くからの愛読者にとっては登場人物が今まで書かれていた物語の登場人物とかぶってしまい、新しい刺激の乏しさに不満が生じてしまう。

40近い章から構成されているこの新刊本、一つ一つの章には、その章だけで完結した短編集として味わう事もできる程に良く描けていると思うし、一人称で書かれているこの本は初めて彼の著作にふれる読者にとってはとっつき易い作品といえると思う。

これだけの章があるのだから、ひとつの章くらいならネタバレも許していただけるだろうと思い、心に残った章にひとつだけ触れてみたい。

一方的に妻から離婚を言い渡された主人公が、家を出てしばらくでて彷徨の末、みずからの荷物を取りに帰宅した時の事

かれは冷蔵庫の中身がかつては存在しなかった冷凍食品で埋め尽くされている事に気がつく場面がある。

村上春樹の小説には料理を作るシーンが多い

それは彼自身が料理が好きだという事もあるだろうし、料理というのが家族の絆の象徴として描かれている事でもあるのだと思う。

この主人公が住んでいた時には彼自身が料理をする事もあり、冷凍食品はなかった、なのに彼が不在となり冷蔵庫の中身が変わった事は何を意味するのだろう?

料理に対するこだわりの違いが彼女を離婚へと決断させた一因となっていたのでは、とこの記述をみて思った。

手料理を作り食べる事に価値観を見出していた主人公である夫

一方で手料理へのこだわりが、ひとつの呪いとしてまとわりついているように感じていた妻

なんだかそんな事を離婚に至る原因のひとつとして著者は描きたかったのだろうな、というのが僕の感想

料理へのこだわりって、その人が日々の生活を大切にしたい、そして家族との絆を大切にしたい、そんな思いが伝わってくる。

でも一方で、料理よりも、絵画を書くこと、小説を読むこと、歌をうたうこと、により価値を見出す人だっているわけで、それは結局のとこ人生の味わいをどこに見出すかの差でしか無いのだろうと僕は思う。

この新刊本、人に勧めるかどうかと尋ねられたら、まずは書店にて数章読み進めることを推奨したい。

そこで展開される世界はいつもの村上ファンタジー

それを面白いとおもうか否かは読者次第

話題なっているから、百万部売れているから、そんな事はどうでもいい

大切なのは自分の感性に訴えかけるなにかが、あるか、ないか、それだけだと思うから

2017-02-18

[]サザエさんのスポンサーはきっと降りるだろうな東芝22:36 サザエさんのスポンサーはきっと降りるだろうな東芝はを含むブックマーク サザエさんのスポンサーはきっと降りるだろうな東芝はのブックマークコメント

先週末、金曜日午後に一人で一時間程話さなきゃならない報告会があって、手元に缶コーヒー置いて乾く喉を潤しながらで、乾燥には気をつけていたはずなのに終わった時には喉がいがらっぽくなっていた。

その夜、都心での飲み会で旧交を温め、また翌土曜日にも中華街での新年会と二連チャン。日曜の昼間には別段支障なく出掛けたものの、帰宅してからの夕刻よりあれよあれよと全身倦怠感に包まれ夕食後はもはやベッドから起き上がる事もしんどく思える程の体調。月曜朝には7度8分の体に鞭打ちかかりつけ医へ。診断はなんと生まれて初めてかかったインフルエンザA型。

薬を飲み、ベッドの中で眠ること8時間、夜には平熱となっていたのはタミフルのせいか。風邪とは全く異なるこの急激な変化。インフルエンザは風邪とは違うのよ、とはこの事だったのか

平熱に戻りはしたものの自宅待機2日間

驚いたのは2月14日の東芝記者会見

昼12時に四半期決算発表の予定が急に中止になり、最後は夜6時半に正式決算発表は延期と通達、理由は原発事業を巡る損失が7000億円もあり、損失額について監査法人の同意が得られなかったからとのこと。その損失を社長が知ったのが去年年末で更に米国子会社において内部告発があり調査中なのだとか。

当初、東芝は優良事業の半導体の株の一部売却(二割)により3000億円を調達して債務超過を免れるつもりだったが、この原発事業の損失により半導体事業の全ての株を手放す事も考えざるを得ないと方針変換、さらには、この3月末の債務超過を回避するのを諦め、半導体事業の売却先をじっくり見極める事とし東証一部から二部への降格も受容する事となりそうだ。

140年の歴史を持つ一流企業東芝に何が起きてしまったのだろう

事の発端は14年末のSESCへの東芝内部からの原発事業での不適切な会計処理についての告発。これにより15年5月8日に決算発表を延期する事になり、「チャレンジ」と呼ばれる粉飾で2200億円の利益水増しが後に明らかとなり、7月21日には歴代三社長が辞任する事となった。

その後、医療事業をキャノンへ売却、青梅事業所閉鎖、等資産売却を進めて心機一転立て直しを図っていたはずなのに、06年に6000億円で買収したウェスティングハウス(WE)の子会社での損失で一気に債務超過となってしまった。

過去の経緯をたどると、06年に資産2000億円のWE社を買収し企業規模の拡大を目論むがリーマンショックによる赤字で当時のN社長が09年辞任、その後継者として原発事業出身のS社長が着任。その後両社長の確執により13年にT社長が就任した。S社長誕生はWE買収での実績をN社長が高く評価したからであり、T社長はN社長がPC事業を担当していた時の購買担当だったというから、一連の人事にはN社長の思惑が強く働いただろうと推察される。

S社長は東芝日立の後塵を拝する事が許せず企業規模の拡大を目指し、制御不能な海外企業の買収によりその野望を果たそうとした。

かたや日立に目を転じてみると、その業績のV字回復に活躍したのが09年より5年間社長と会長を務めた川村氏の名前が上がってくる。03年に子会社に飛ばされたが、その手腕を買われて本社に呼び戻された川村氏。

99年に乗り合わせたANA機がハイジャックされ、非番の機長らの行動により命を救われた事に感銘を受け、自分自身も日立の立て直しに責任感を持ってのぞんだという。その経緯は「ザ・ラストマン」という彼の著書に書かれていた。そして、会長の座を降りた後には顧問につくこともなく潔くその身を引いた。

企業規模に大小はあるけど、優良企業というものは存在しえないのだとこの両社を比較して思う。

それは企業の優劣ではなく、経営者の優劣なのだろう

かたや粉飾決算が明らかとなり辞任した後も本社に個室を持ちハイヤーでの送迎を続けた経営者と業績の回復に目処を付けその身を引いた経営者と。

東芝の場合、もし福島原発での事故が無く、原子力発電建設工事のコストがかさむこともなく、新興国での需要は増え、N社長の野望通り、原子力半導体を軸とした巨大企業となり得ていたかも知れない。

しかし、経営に「if」なんてものを振り返って省みる意味などなにもない。

今置かれている現状を正しく認識して、辞めるべき事業からは撤退すべきだし、誤った判断は直ちに見直すべきだ。それが出来ないのなら後進に道を潔く譲るべきだろう。

福島原発廃炉には欠かせない東芝の技術

半導体事業の価値は一兆円を超え、技術優位を保てている日本の数少ない半導体事業の一つ

安全保障の一躍を担う国策として原発を続ける意味

連結で20万人の東芝社員の雇用

JALが倒産した時以上のインパクトがこの東芝の再建にはある気がしていて、目が離せない

2017-01-28

[][]スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのか 11:16 スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのかを含むブックマーク スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのかのブックマークコメント

日本が26%、ドイツ21%、スウェーデン19%、米国15%と二位のイタリア22%を大きく引き離して日本は65歳以上の高齢化率で世界一のようだ。

福祉大国スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのか

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45510

というこちらの記事によると

介護サービス付き特別住宅の老人は単独での外出が認められている。

・子供等親族と暮らす老人は少数4%(日本は44%)で9割は自宅暮らし

胃ろうや無理な食事介助等行わず自然な形での看取りが一般的

・日本では介護施設で病状が悪化すると病院での延命措置が取られるがスウェーデンでは原則的に同じ施設で亡くなる

また、これら福祉政策を遂行するための財源は

・消費税25%、相続税はなし

・国民負担率(所得に対する社会保障費と税金の割合)は59%(日本43%)

・議員は兼業

・死んだら共同墓地ミンネスルンドと呼ばれる森のなかでの散骨

等という事が書かれていた

高齢化社会を迎えた日本が直面する問題というのは、国民の死生観、家族観、共同体との関わり方、等、ずいぶんと多岐に渡る課題を解決しなくちゃならないんだなという事をこの記事を読んで思う。

ある中小事業体で面接官を担当した友人は、50歳以上の中高年を採用するにあたって気になるのは親の介護の有無だと言っていた。たしかに、その年代だと親も80歳を超えていて同居の親の介護がきっかけで突然退職される事も多く、プライベートな事ではあるけど問わずにはいられないとの事。

介護離職ゼロと政府は言っていて、親と同居する老人が44%も居る日本では、働く子供にとっては親の事をないがしろには出来ない。

進んだ医療が人の終末の選択を本人ではなく家族に与える事で、残された家族にとっても問題を難しくしているのだろうか。

人は必ず死ぬという事を老人本人がどう受け入れるのか

地方に行けば、墓はどうするのか?とか

遺産は誰が受け取るのか?とか

親の介護をしなかったから遺産はわけないとか

漱石の「こころ」に書かれていたように、遺産相続を巡る争いは明治の昔から存在する

自分の爺さん達は60代で亡くなっていたけど、あの頃の常識(親の面倒は長男がみる等)を今の時代にそのまま当てはめようとしても様々軋轢をうむだろう

スウェーデンと同じ施策はとても取れないと思うけど、昔と同じようにはいかないようね、日本は。

という事を思った記事でした

2017-01-22

[]アメリカ、ファースト、と叫ぶ米国大統領 15:47 アメリカ、ファースト、と叫ぶ米国大統領を含むブックマーク アメリカ、ファースト、と叫ぶ米国大統領のブックマークコメント

8年前、米国初の黒人大統領誕生の時にはその就任演説を聞いた感動を日記に書き留めていた。昨日のトランプ大統領の演説については何を感じたのだろう?

アメリカ、ファースト

ルールは2つ、米国産を買う事、米国労働者に仕事を上げること

Bring back, 仕事、国境、富、夢

偉大なアメリカを取り戻す

印象に残ったフレーズはこんな所

世界に自由と民主主義を拡げる事はもうやらない

世界中どの国も自国の富と幸せを第一に追求する権利を持っている

が、新大統領の方針

トランプ大統領を選んだ米国民の本音は綺麗事はもういい、仕事をくれ、昔のあの豊かだった暮らしを取り戻したい。グローバリズムに伴い国外に仕事を奪われた俺達、その声を無視してきたワシントンのエリートたちにはうんざりだ

というのが、米国民の多数の声

共産主義下にある中国の首相は、初のダボス会議での基調講演において自由貿易の堅持を主張、かたや民主主義資本主義の盟主であるはずの米国大統領は隣国との壁を高くし保護主義を支持している。

-----

オバマ政権の8年間で失業率は下がり、世帯収入も増えたはずなのに、米国のラストベルトと呼ばれる中西部の人達は失業とドラックにおかされ自国の繁栄からは取り残されていたという。

製鉄所が閉鎖され失業したのであれば、職を求めて移住すれば良さそうなものだけど、生まれ育った土地、親族や仲間のいる土地というのは容易には離れがたいものだ。

自由貿易とかグローバリズムというのは、世界全体でみれば貧困が減って生活が豊かになる人達を増やす仕組みなのだと言えるけど、安い労働力を求めて工場を移転する企業のあり方に歯止めをかける手段はなく、工場閉鎖に伴い失業した人達にとっては憎しみの対象となった。

-----

人は、貧困にあるという経済的理由があったとしても、移住したり、国境を超えたり、する事を容易にできるわけではない。

住んでいる土地には家族や仲間がいる。

言葉の壁もある

習慣の違いもある

何を正しいと考え、何を幸せと感じるのか

その拠り所は宗教や民族にあるのだと思う

グローバリズム自由貿易も、それは保護貿易主義が戦争の原因となった先の大戦の反省から生まれた近代国家の秩序のひとつだ。

米国に端を発する保護貿易主義があらたな争いの種となる恐れはないのだろうか。

と懸念する一方、これら秩序とは別に、生活に根ざした宗教民族主義がこれからの世界で大きな力を持っていくのであろうなと思う。

2016-12-24

[] AI研究の志の高さ 17:43  AI研究の志の高さを含むブックマーク  AI研究の志の高さのブックマークコメント

 NECプレゼン資料では、これらの技術を、その本質の狙いよりは、社会問題解決という面に矮小化しているきらいもあるが、この4点は、AIIOTの重要な問題点の指摘である。すなわち、

IoTビッグデータの利用においては、デジタル化された後はいいが、多くのセンサで得た膨大なアナログデータをいかにデジタル化するのか、

いくつかの分野ではディープラーニングの成果があっても、結局は専門家が目的関数を与え、学習させている場合が多い、

ディープラーニングは大量のビッグデータを処理し、ある閾値に達すればいいが、そこまでいかない過渡的減少、スモールデータでは、どう扱うのか、

大電力を要する現在のアーキテクチャは脳からは程遠く、ある特別解であり、限界が見えている。これは、長年、広い意味でのAI、ニューロコンピュータ量子コンピュータ等も含め、この分野に関わってきたからこそ、指摘できる現在のAIの問題であり、逆にいえば、NECの取組みの志は高い。

「若様のブログ〜辛口アナリストが斬る · 2016年10〜12月」 より

2016-12-18

[]facebook、常習性の罠 14:08 facebook、常習性の罠を含むブックマーク facebook、常習性の罠のブックマークコメント

ここ、mixiも始まった当初は、個人日記の公開というスタンスでスタートしたのだが、他のSNSに顧客奪われだしてから、フォトやつぶやきやさまざまな機能が追加されてきた。

FaceBookもupdateの度に機能が追加されて、便利になるかと思いきや、自分のようにフォローを整理したいなとか既読の記事はもう見えなくてもいいのに、とか思っている人間にとっては使い勝手の悪さが目立ってしまっている。

ツィッターなら先に読んでおきたいフォローは別リストにして整理しておくとか自由に使えて便利なのに。

-----

こういう、ユーザにとって便利な機能をあえて付け加えてこないのはなぜなのか?

察するに、仲良しグループで同時に盛り上がる、そこにSNSの価値を見出しているからではないかと思いだした。

かつて、お茶の間のだんらんが地上波テレビ番組をネタとして盛り上がっていた時代があった。流行りのドラマを見るために、飲み会を先に切り上げるなんていうのも僕らの学生時代にはあって、話のネタとして地位はゆるぎなくテレビに与えられていた。

それがVTRの普及と共にいつでも見れるようになり、ネタとしての同時性が失われてしまった。

さらにハードディスクレコーダに番組を録画するようになってからは、居間にいる家族が同時にテレビを見る習慣が希薄化して、もはや居間に大画面テレビを置く理由すら消失しつつあるように思える。

「盛り上がりに欠かせないのは同時性」

その事をSNS業界は放送文化の衰退に見出したのだと思う

-----

FBあたりで盛り上がっている書き込みをみると、コメントやいいねは即日、遅くとも一週間以内にコメントされないとタイムラインから消え行く運命にあるようだ

FBを一週間まとめて読むとか読みたいフォロワーだけを優先して読むなどというユーザ固有の使い勝手向上を許さず、FBのアルゴリズムに則った規則に従いタイムラインに上げるべき記事とスルーすべき記事とが分別されている。

一週間に一度しかアクセスしないユーザには不自由な思いをさせて、常時接続させるように仕向ける。それはあたかも常習性を引き起こす麻薬のようなものだといえまいか

あるネット記事によれば、

ソーシャルメディアを使う10代の脳を観察した米大学の研究チームは、彼らの脳の「依存症と関係する部位」が活性化されることを明らかにした。「いいね!」は、タバコギャンブルと同じ影響を脳にもたらすのだ。

という事らしい

医学的に観測されるまでもなく、LINEはずし、というイジメの言葉からも想像できるように、常習性の高いSNSである、LINEやFBというのは依存症という弊害をもたらす可能性はあるように思う

-----

かつて、テレビは一億総白痴化をもたらすと警告した評論家がいた

新しいメティアはいつも最初は叩かれるものさ、と澄ましていられないほどに、高密着度SNS弊害は大きい

AIだなんだと機械学習の成果の盛り込まれたFBのアルゴリズム

そんなものに振り回される事なきよう自らの思考力は保っておきたいものだ

2016-12-10

[]DeNAのトップがなぜ謝罪しているのか? 09:04 DeNAのトップがなぜ謝罪しているのか?を含むブックマーク DeNAのトップがなぜ謝罪しているのか?のブックマークコメント

先週DeNAの南場会長ら3名が3時間もお詫びの記者会見

いったいDeNAが何をやらかしたのか?と調べてみた

原因はDeNAが運営する健康関連のサイトに投稿されている記事に明らかな誤りがあり、記事の真偽に責任は負わないと明記していたものの上場企業としての社会的責任を取りサイトも閉鎖した、という事

キュレーションと呼ばれるのは様々なサイトの情報を寄せ集めて紹介する手法の事で、そのサイトにも色んな健康関連の情報が載せられていたようだ。

ただ、その記事はSEO(Search Engine Optimization)というGoogle検索の上位に上がってくる為の表示技術を用いていて、DeNA側からも記事の作成者に対してテクニックを指導していた事も明らかになっている。

記事の真偽が怪しげでも検索の上位にランクされれば、サイトを訪れる人が増え、広告収入も増え、ゲーム売上の落ちているDeNAとしては新規事業としての期待も大きかったとのこと

元々は起業家村田マリ氏が始めたビジネスをDeNAが買収し、村田氏自身もDeNAキュレーション事業執行役員としてこのサイト運営の責任者として仕事をしている

このサイトに上がってくる記事は、クラウドアウトソーシングと呼ばれる、いわばネット利用の外注への業務発注、という仕組みを利用していて、1文字0.5円、8000文字、以上という支払い条件で素人に記事を作らせていたようだ。

結果として、ネットの記事をパクッて表現を少し変えた、怪しげな記事を乱造、本来、編集者として責任者を置くべきなのに不在、と上場企業としてはなんともお粗末は管理体制

そもそも、記事についてDeNAは責任を負っておらず、何らかの問題が生じた場合には執筆者個人に責任を取ってもらうことになっているらしい。

キュレーション、例えば、matomeなんちゃら、みたいなサイトが増えたなと感じてはいたが、背景に、こんな風にシロートの小銭稼ぎの実態があるとは知らなかった。

考えてみれば、分かると思うけど、200字詰め原稿用紙1枚で100円にしかならない仕事でオリジナルな文章など書けるはずはない。

最近では、キーワードをいくつかいれて文字数を指定すると、適当にサイトを巡って、文章を産み出すソフトウエアが2万円程度で手に入るのだとか

きっと荒稼ぎする執筆者はこんなソフトもうまく利用していたのだろう

小保方事件で剽窃はまかりならんと大学では指導しているのに、インターン生とし称して学生集めてパクリ文章を作らせていたとしたら、その企業としての姿勢は厳しく問われるのもやむを得ない。

Google検索も所詮は機械検索、ある種のアルゴリズムが働いているのだから、根気よく付き合ってみれば、上位に表示されるためのコツを割り出すことは容易なこと

ガセネタ

検索

文章の自動生成

技術の進化がもたらす虚構

その虚構のすきを突いて儲ける手段をみつける起業家

法律に追いつかれる前に、とっとと儲けて国外逃亡

この事件、たぶん、まだ続きがありそうだ

2016-11-27

[][]8年前の米国大統領就任とも比較しつつグローバリズムについて 14:29 8年前の米国大統領就任とも比較しつつグローバリズムについてを含むブックマーク 8年前の米国大統領就任とも比較しつつグローバリズムについてのブックマークコメント

America first ! と主張したトランプ氏が大統領選を勝ち抜き、英国がEUを離脱する事はBrexitと呼ぶらしい。

世界のエリート達はグローバリズムによる平和と経済的発展を理路整然と説明するけど、そんなものは既得権益擁護の嘘っぱちだと感じている人民の声が集まり、過半数を超える投票の結果となっった。

全てのエレクトロニクス製品はスマホに集約され、そのスマホの世界でも利益を上げているのはアップル一社になりつつある。

機内で火を吹いたギャラクシーノートは出荷を止め、生産地ベトナムでの雇用不安が拡がる。

同じアンドロイド端末なら安けりゃいい、結果としてサムソンより中国ファーウェイを選ぶ人が増え、大統領の失脚も予想される韓国の優良企業の先行きに暗雲が立ち込める。

2009年1月の自分の日記を読むと当時誕生したオバマ政権への期待感、新生トヨタへのグローバル展開にも触れていて興味深い

あれから8年

米軍撤退後の中東の治安は悪化し、軽自動車も取り込み全方位で攻めるトヨタ存在感は増している。

アメリカイーロン・マスク率いるテスラ・モーターズホームページを見ると自動運転のデモが見れる。

https://www.tesla.com/jp/models

ハンドルが付いていない完全自動運転の車、本当に公道を走れるようになるのだろうか?

この所、高齢者による事故がさかんに報道されるけど、人が起こす事故の確率より完全自動運転の車による事故率が低い事が証明されれば、全ての車は自動運転へと置き換わっていくのだろう。

この完全自動化の鍵は個々の車のセンサーや判断機能よりも、もしかしたら最新の地図情報の取得の方が大事なんじゃなかろうか

そういう意味ではグーグルマップなのかも知れないし、道路上の監視カメラの充実なのかも知れないし、いづれにせよ、通信機能を持たない車は公道から排除されるに違いない

グローバリズムと技術の進化は相互に強く結びついている

市場が大きいから莫大な研究開発費はペイするし、インターネットが世界を結びつけグローバリズムを推進しているのは間違いない。

そんな世界に、アンチグローバリズムのうねりが漂い、形となって吹き出したのが英国のEU脱退であり、米国大統領選の結果であった。

来年1月、トランプ大統領はどんな演説をするのか?

大統領選でのアジテーションは封印され、結構まともな政治をするのでは、との期待から、ここの所株価も上がっているみたいだけど、先行きは未知数

2016-11-20 windws tips

[]widnowsショートカット 22:31 widnowsショートカットを含むブックマーク widnowsショートカットのブックマークコメント

alt + f4 : でアクティブウィンドウ閉じる

win + 数字 : タスクバー上のアプリを開く

デスクトップをクリックして mとenterすれば memoが開く

alt + → : outlook で予定表とメールを切り替え

http://www.geocities.jp/kagemusyamk1/e.short2.html

[]windows シャットダウンボタン 07:55 windows シャットダウンボタンを含むブックマーク windows シャットダウンボタンのブックマークコメント

windowsシャットダウンボタン作り方

デスクトップマウスもっていって、右ボタンでショートカットの作成

項目の場所を入力して下さい、で、

shutdown.exe /s /t 00

完了

[]windows 日本語入力 tips 21:24 windows 日本語入力 tipsを含むブックマーク windows 日本語入力 tipsのブックマークコメント

-----

windows10でのwindows update はスタートメニューで左ボタンを押して設定 メニューから

右ボタンでコントロールパネルを出しても、そこにはupdate機能は存在しない

-----

windowsで日本語入力において 変換 無変換 により ひらがな 直接入力に 切り替える方法

コントロール パネル\時計、言語、および地域\言語

google 日本語入力 オプション

キー設定 / キー設定の選択

カスタム / 編集

下記2モードにておいて

 変換入力中

 直接入力

HENKAN     ひらがな入力に切り替え

MUHENKAN    IMEを無効化

にそれぞれを編集し、適用をする

2016-10-30

[] EQ診断?感情の多寡の見える化 16:53  EQ診断?感情の多寡の見える化を含むブックマーク  EQ診断?感情の多寡の見える化のブックマークコメント

職場でEQ診断目的のwebでのアンケート形式(250問)の仕事が課せられた。

「仕事に優先順位をつけて作業しているか?」とか「聞き上手だと言われた事がある」だとか、設問にどの程度あてはまるかを5段階で回答せよとの問い。IQ知能指数EQは感情指数で、という事は知ってはいた。

自己診断の結果の読み方を教えてくれるセミナーが開講されるので出席せよと。また、結果は上司には報告されないが、結果を今後どう活用するかは未定とのこと。

ビジネスで成功する人のパターンをある米国の大学で調査したら、知能の高い人より、自らの感情制御に優れ他人の心を操る事が得意な人という結果が出て、じゃ、そういう能力を高める技術を磨こうよ。というのがEQという用語が注目された背景にあるようだ。

感情の抑制力の「見える化

そんなもん無理じゃないの、とか自分は思う

マネージメントとしての適性に対人関係の保ち方の巧拙が効くは認めるけど、それって、本人の積み重ねてきた経験に裏打ちされた能力次第。

EQ診断して、レーダーチャートであなたの弱点はここ、とか言われてなんとかなるものではない。

一方で、部下があなたの事をどう見ているか?

新しい事に意欲的に挑戦しているかとか

面倒見がいいかとか

そんなアンケートの数値結果が送付されてきた

職場毎に点数化されて、あの部は何点だとか、この課は何点だとかが分かるらしい

アンケートは無記名なのだが、その点数の分布を見ると誰がどう付けたのだろう?上司としてはそんな事が気になるらしい。

上司が部下から評価される

パワハラへの抑止効果があればいいのだろうけど、こういう評価結果見せられるマネージメントも大変だなと思う

インターネットが普及して、ネット経由で様々な教育や調査が可能になった、ように見える。

でも、こんな風に文字と数値だけがやりとりされて、人の感情をいじくり回して、昭和世代の自分は違和感を感じてしまう。

EQ診断なんてしなくても10分も会話したら、相手のこと、色々と分かるじゃない

部下のアンケートより飲みにでも行ったら、本音が出るかもよ

リアルの世界をネット置き換えるのって無理なんじゃないのかな

このEQ診断の会社のホームページ見たら、ストレスチェックが厚労省により義務付けられていて、企業様での対応をサポートするサービスもしているのだとか。

これもまた、ストレスチェックとかをwebのアンケートとかでやって、という話だと思うのだけど、上司との会話も無いのにアンケートだけやらされたら、それって返ってストレスになりはしないのだろうか。

見える化」「仕組み」どんなに技術が進んでも、ストレスの有無は対人関係で決まるもの。

温もりの感じられない技術は人の助けにはならないと思う

2016-10-16

[] ノーベル文学賞って、なに? 16:57  ノーベル文学賞って、なに?を含むブックマーク  ノーベル文学賞って、なに?のブックマークコメント

先週ボブ・ディランのノーベル文学賞が話題に、と同時に、ノミネートNo.1だった村上春樹氏が取れなかった事を残念がる声が多かったと。

受賞者を決めている委員達は平均年齢70近い有識者達なのだとか。かつて文学賞を取った作家達は、その生い立ちの苦労話や作品のテーマのリベラリズムやら政治的な要素を持っている人達だったのだとか。村上作品からは政治的な匂いは感じられない。彼の作品に魅入られる読者は、心の奥底に潜む真理、国境も宗教も越えた普遍性、それらを作品から感じ取っているのだそうだ。

彼の作品はある種麻薬のような中毒性がある気がする。ハルキストと呼ばれる人達は、心に闇を抱えた患者みたいなものか。しかし、物語を通じて自分の心の闇と向き合える人は健全だともいえる。

個人的には村上春樹が受賞する事はあまり嬉しくはない。仮に受賞したとしたら、ボブ・ディランのようにコメントもせず、できれば受賞したお金を受け取らずに寄付にでも回してくれたらいいのになと思う。大勢の人達に評価される作家であるより、自分自身の作品を乗り越えて新たな作品を世に問うことの方がはるかに難しいことだろうし、村上氏にはこれからも書き続けてほしいと願うから

自分にとっては村上作品を読むのも映画を見るのも漫画をみるのも、いづれもエンターテイメントの一つに過ぎない。高邁な理想、そういうものとは縁遠い大衆のひとりでしかない自分。そんな自分をワクワクさせてくれたら、それでいい

彼は作品の題材をどこから探してくるのだろう?

例えば、芥川賞をとった「コンビニ人間」。

話の題材としてコンビニの風景は身近だし、登場人物も、いかにもいそうな不思議ちゃん、という印象で楽しく読ませてもらった。でもコンビニで働く作家自身の体験がベースになっている事は間違いなく、そういう意味で私小説というのは、いづれネタが切れて壁にぶつかる気がする。

村上春樹の場合、オウム事件の「アンダーグランド」のようなインタビュー記事や「少年カフカ」のような読者との対話を通じて、様々人々の体験を知り感じ、そこから新しい物語の芽を育てていると思う

自分の体験より他人への理解

それこそが作品に新たなテーマを取り入れる素地なのだろう

ノルウエイの森から比喩的表現を取り払うと分量が三分の一位になって読みやすくなるそうだ。面白いコメントだと思った。

でも、比喩的表現のできる人との会話は楽しいし、話をふくらませる事が会話の盛り上がりには欠かせないと思うのだけど、どうかな。

会話の中で比喩を使うのは、相手とどこで共感できるのか、物事の持つ多面性のどこにお互いが共通の興味を見いだせるのか、それを探っているからなんじゃなかろうか

文学というローカルな言語でしか表現しえないクリエイティブなコンテンツに対して普遍的な価値基準で賞を与えるという事自体無理がある気がしていて、そういう意味では音楽のような言葉の持つ意味に必ずしも縛られずにすむ表現方法にノーベル賞が与えられた事は、それはそれで理にかなっているのかも知れない。

2016-09-18

[]「シン・ゴジラ」と「君の名は。」どちらが好みか? 16:57 「シン・ゴジラ」と「君の名は。」どちらが好みか?を含むブックマーク 「シン・ゴジラ」と「君の名は。」どちらが好みか?のブックマークコメント


FBやらTWやらで、良かった、と騒ぐ友達が多いものだから、あまり期待せずに見に行った映画「シン・ゴジラ

上陸して歩いているだけで街を壊してしまうものだから、日本政府が総力結集して退治する、っていうだけのストーリなのだが、あの大震災での対応と重なって見え、見ごたえのある特撮と最後のオチの意外な展開に大笑いしつつ、楽しんでしまった

同僚に勧めたら、A氏は絶賛、B氏は夫婦で見に行ったけど全くつまらんかったと真逆の反応

「君の名は。」も激賞している友人の書き込みにつられ見に行ってみたが、途中でオチが予想できてしまい、緻密なアニメによる写実的描写の高い技術には感動したけど、青春の淡い男女のときめきと田舎の風景が喚起するノスタルジーだけでは落涙に至るほどの感動は得られなかった。

なぜ人によって、好きな映画と嫌いな映画があるのだろう?

美しい映像

心踊る音楽

意外性のあるストーリ展開

映画の良し悪しを決めるのは色んな要素があって、そもそも、良し悪しという評価個人の主観をないがしろにしている気がして、個人好き嫌いで映画は語られればいいやと想っているのだけど、面白いと思った映画にケチ付けられると、もうこの人と映画の話題は辞めておこうと思ってしまう。

だから、なぜ個人の主観に相違があるのか?

なんて事に興味が湧いてしまう

僕自身は、映画を音響や映像の設備が整った映画館で見るという事に重きを置いてはおらず、場末の映画館のマイナーな映画が時には面白く、印象に残ることがある。

最近では、小泉今日子の「ふきげんな過去」のような北品川辺りの昭和テイストの街並みを舞台とした物語が、キョンキョン時代の彼女を知るいちファンとしては面白かったりした。

品川港南口の高層ビルを背景とした北品川界隈の屋形船のならぶ運河の風景

そういった風景の醸し出すストーリ

美しい映像とは無縁だけど、あの物語は記憶に残った

シン・ゴジラ」をつまらんと言ってたB氏は、スター・ウォーズのような迫力のある特撮を期待していたのかも知れない。

美しい映像を期待する観客にとっては、字幕の多い説明調の映画はややこしくてかなわんという事だろう。

右脳左脳、映画を見て、どちらを刺激されたいかの違いという事か

映画の感想の違いというのは、何に由来するのか?

未だ興味は尽きない