本と奇妙な煙 このページをアンテナに追加 RSSフィード

1000 | 01 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2004-05-30 はたらくひとのにほんご このエントリーを含むブックマーク

『はたらくひとのにほんご(仕事編) タイ語版』

http://www.ovta.or.jp/div/publishing/crs_idx_gogaku.html

例文がどれも完全3K対応でしみじみ。

コピー30枚よろしくなんて浮かれたフレーズは皆無。

まるでコントのように決めはセリフは、安全第一だ!

あぶない!どけ。おい、気をつけろ。作業中合図をよく見ろ。

すみません。気をつけます。

安全第一だ。

  

この機械に触らないで。

どうしてですか。

180℃だ。やけどするよ。

安全第一だ。

  

このワイヤーつぶれてます。

危ないから、それ。使わないで

はい、安全第一ですね。

  

製品を箱に詰めて。やり方わかるね。

はい、わかります。これで最後ですか?

いや、まだまだある。

  

夜遅くまでうるさい。迷惑だ。大声で歌わないように。

はい、すみません。

それから夜中洗濯やらないように。洗濯機掃除機は夜9時まで。

刑事コロンボ「殺しの序曲」に無愛想なウェイトレス役で

ジェイミー・リー・カーティスが出てた。

昔の方が顔が長くないぞ。逆整形したな。

2004-05-28 たのむから聴いてくれ

Peculiar Smoke「Rummyrror」公開。

http://nextmusic.weez.mu/index.php?command=profmusic&profid=20040528034319

ラムズフェルドの虐待バレても辞めません会見の

"I would not resign simply because people

try to make a political issue out of it."から。

『拒否できない日本』 『拒否できない日本』を含むブックマーク

拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる (文春新書)

日米構造協議についてのネタ本は

「日米の衝突」(ISBN:4140087277

「通商交渉国益を巡るドラマ」(ISBN:4532161827

「日米経済摩擦の政治学」(ISBN:4022564156

  

規制緩和を要求するアメリカが公正取引委員会だけは強化。

談合を糾弾させアメリカ企業の参入増加を狙う。

国際会計基準を導入、系列・株式持ち合いを解消させ、

日本企業買収促進・本国からのコントロールを容易にする。

司法制度改革の目的。公取だけではまどろっこしいので

アメリカ企業が直接日本のライバル会社を独禁で訴えられるように。

さらに集団訴訟をしやすくし市民を焚きつけ談合企業を訴訟。

でも陪審員制度導入が重大刑事犯罪のみなのは

民事で導入するとアメリカ企業が不利になるから。

   

レーガンが財政赤字のツケをを日本と西ドイツに押し付けてきた時

断固拒否した西ドイツを日本は批難し、対日強硬派民主党から守ってくれる

共和党政権という理由でアメリカのいいなりに。

まるでイラク戦争でフランス・ドイツを批難してるのと

おなじパターンじゃないかと述べる著者ですが、

終盤に色濃くなるアングロサクソンへの怨念に

将来ソエジー化しそうな気配あり。

そもそも経済は一方だけが焼け野原とはならんのではないか。

それに無茶したら無茶されるだろう。ねえ。

2004-05-26 どーでもいい話

来週のマシューTVは竹内結子が猫耳コスプレだYO!

原沙知絵がメイドコスプレをしてたが、性格も体格も男らしいので

萌え要素ゼロ。堂本ならずとも「正直しんどい」。

逆に言うとその似合わなさがある意味変態的であった。

原沙知絵、好きなんだけど。うーむ。

そう外人にとって漢字とかなを瞬時に区別するのはかなり困難らしい。

ひらがなは線の少ない丸い文字で漢字は複雑カクカクてなカンジで

漠然と区別しているので「一」や「川」を何故瞬時に漢字として

認識できるのか不思議でならんそうである。

「一い千こ川り二し工つ仁に」

まあそういうわけで性別なんて。なんてね。

   

武器は大切に・リサイクル万歳 武器は大切に・リサイクル万歳を含むブックマーク

<1914年製スプリングフィールド・M1903の場合>

第一次世界大戦中、アメリカ軍と供に欧州へ旅立つ。

大戦終了後イギリス倉庫に保管。

1939年ソ連のフィンランド侵攻に際し

イギリスからフィンンランドに送り出されるが、

勝利したソ連に持ち去られる。

ベトナム戦争勃発。ソ連から中国経由で北ベトナムに送られ、

南ベトナム領内にてアメリカ軍によって回収。

半世紀を費やして母国に帰還。

資料(ISBN:4898310117

2004-05-25 国辱ってなにかね このエントリーを含むブックマーク

日本の首相が元脱走米兵の私に空手形を切ってきたので

「マイニチ朝日を読んでる」と言ってやった。

日本の国民は国辱だと騒いでいるが私は5月16日の宮沢喜一の

話の方が驚きだ。もうタブーじゃないのかね。

それともミヤザワは政界のダン池田なのか。

日米構造協議で、日本は習うこともあったし、改めたこともある。

無駄ではなかったが、随分とんでもないことまでやったもんだ。

なんだか日本沈没後ハワイで余生を過す元首相の思い出話みたいな

人事のような話し振りだな。名誉白人つもりなのかね。

そういや石原慎太郎も年金未払い謝罪会見で小沢にケチをつけていたが。

http://mytown.asahi.com/tokyo/news02.asp?c=5&kiji=734

幹事長のときにやったことは絶対に許せないね。

やっちゃいけない日米の構造協議をやったわけでしょう。

こいつは原爆落とされても負けてないって言いはるタイプだな。

わたしは1991年の吉本隆明の発言を収録した本(ISBN:4896672615)を

引っぱり出して読み返してみた。吉本はこれだけ完全に負けたら従うしかないし、

占領軍による農地改革に匹敵するもので

いい影響が出るのではと13年前に語っている。

国辱ってなにかね。負けるってのはどういうことだ。

石原のような強がりは言わずに熱く敗戦を語る吉本の言葉を

北朝鮮から長々と引用してあげよう。暇な人だけ読みなさい。

実力に格段のちがいがあるということになります。

この格段のちがいは声を荒らげれば直るというものでもないし、

ごまかせば流れてしまうというものでもなくて、

ぐうの音も出ないぐらいの敗北感なのです。そこまでやられると、

ちょっということを聞くよりしようがないということに、

学問的・研究的、あるいは経済政策的にはなるとおもいます。

根性だけはりきっても、実力が伴わなけれぱどうしようもないとすれぽ、

ここまでやられたらどうしようもないなという感じをわたしはもちました。

(中略)

二回目の世界大戦の敗戦のようなものだとおもいます。

つまりかつての一回目の敗戦のように、空爆で町が壊れているとか、

人が死んでいるというように、眼にはみえませんし、

そんなことをいわれても、別に何もそんなことは感じないよと

おもわれるかもしれません。(中略)

二回目の敗戦は眼にはみえませんし、眼にみえるところでは

たいへん繁栄して気持よさそうにしているとみえるわけです。

しかし本当は首から上はソ連と一緒に敗戦しているし、

首から下はアメリカに従属して敗戦している

構造協議米国案によって日本の社会経済は正確に解剖しつくされ、

完膚ないまでに頭脳的な従属を強いられたといっていい。

武力による敗戦もみじめといえぱみじめだが、

平和な時期の社会経済的な頭脳の敗北は眼に視えないだけに、

もっとみじめだともいえる。この社会経済的な力量の大差の敗北から

真っ直ぐに中東戦争でのアメリカ追従はうまれている。(中略)

ほんとうにだらしがないのは、きみでありわたしなのだ。

これはデモや集会などでは拭いきれない

わたしたちの知識の赤い痣だといってよい。

悔しいし、残念ですが、ほんとういうとたいへんな衝撃でした。

これだけやられたら、どんなに威張ってもダメだよ、

いうとうりする以外ないよっていえるくらい、

完膚なきまでにやられています。

日本の経済学者は恥じて死ぬべきだと思います。

2004-05-22 「君」はいったい誰なんだい? このエントリーを含むブックマーク

「ニホン語、話せますか?」

ニホン語、話せますか?

ニホン語、話せますか?

野崎訳に不満があった著者マーク・ピーターセンは、村上春樹訳「キャッチャー・イン・ザ・ライ」に期待していたのだが。やっぱり春樹も一般論のyou*1を「君」と訳していた。これがどんなに気持ちが悪いかを春樹の文を例に説明。「歳を取るにしたがって、ひとり旅は退屈なものになる」の英訳文は

The older you get,the less fun it is to travel by yourself.

これを春樹方式で訳すと「君が歳を取るにしたがって、たぶん君だってひとり旅が退屈なものになるだろう」となる。自分の小説ならそんなヘンな書き方はしないのに、

なぜ訳す場合にはそうしてしまうのか不思議でしょうがない。

[念のために書いておくと、著者は別の項で柴田元幸や高見浩といった優れた才能によって正しい翻訳が増えていると評価しているし、村上春樹の小説にも好意的である]

   

肝心の村上春樹はどう言っているかというと

http://www.hakusuisha.co.jp/topics/rye2.html

村上 僕はそれとは逆に、この小説におけるyouという架空の「語りかけられ手」は、作品にとって意外に大きな意味を持っているんじゃないかなと、テキストを読んでみてあらためて感じたんです。じゃあこの「君」っていったい誰なんだ、というのも小説のひとつの仕掛けみたいになっている部分もあるし。

(中略)

村上 そういうことですね。ひとつの考え方としては、「君」というのが自分自身の純粋な投影であってもおかしくないということです。それがオルターエゴ(もうひとつの自我)的なものであってもおかしくない。そうじゃないかもしれないけど、いずれにせよ、そのへんの感触は大事なんじゃないかと。

   

さてこれから書くことはなんだか春樹を擁護してるように

読めてしまうかもしれないけど、そうではありません。

ネイティヴである著者の主張が正しいと思うのです。

ただ、なんていうんだろう、

英語の歌詞カードを睨みながら勝手に誤訳して

妄想をひろげてしまったことってありません。

そして正確な訳を知って、なんとなく自分の妄想訳の方が

なにやら深い世界に到達してるように思えて

釈然としないというか少しガッカリというか。

   

訳比較(後に行くほど著者は低評価)

昭和27年橋本福夫訳

「ひとに話しなんかするもんじゃないね。

ひとに話してみると誰もかれもがなつかしくなってくるからね」

昭和39年野崎孝訳

「誰にもなんにも話さない方がいいぜ。話せば、話しに出てきた連中が

現に身近にいないのが、物足りなくなって来るんだから」

平成15年村上春樹訳

「だから君も他人にやたら打ち明け話なんかしないほうがいいぜ。

そんなことをしたらたぶん君だって、

誰彼かまわず懐かしく思い出したりするだろうからさ」

*1:youは誰でもない。強いて言えば漠然と「読者」を指している

2004-05-18 アブグレイブ斬り このエントリーを含むブックマーク

Peculiar Smoke名義「DIPhonia Alarm」公開。

http://nextmusic.weez.mu/index.php?command=profmusic&profid=20040517214507

1.ともかくゆったりしたカンジする。出だしはいいカンジ。

 これはいいかも。なんとかしたい。

2.なんとなく流れがないような気がする。もっさりしている。

 いつものように誤魔化すべきか。でもつなぎパートだから。

 とりあえず、ここは辛抱だ。

3.ありゃ、ここで速度がでるはずなのだが、ぐだぐだに。

 方法はわかっているのだが、どうにもならん。挫折。

4.普通の人に聴き易いものにするつもりだったのが、

 どうもその通俗性さえも失っているような。

5.画期的なところはクリッピングがない(爆)

6.残念。アブグレイブ斬り。

It's also important for the people of Iraq to know that

in a democracy everything is not perfect.

2004-05-17 頭脳に深い印象を存し、反覆せしめる可能性が必要だ

「著作権を確立した人々」(ISBN:4792331854

旧著作権法下での事件 旧著作権法下での事件を含むブックマーク

浪曲師桃中軒雲右衛門吹込みレコード無断複製での裁判。

一審、二審とも被告側が有罪となるが、下記の主張で無罪を獲得。

弁理士荒木虎太郎は、一審の判決が出たあたりから、

 ̄星Ρ厂腓浪未燭靴堂山攵紊涼作をしたのかどうか、していないと思う。

同人の浪花節は他の者のそれと違って独創的か、声が違うから

独創的というならば、天賦の音声、天然の美景と同じでこれを美術というのか。

かりに独創的として果たして音楽か、雲右衛門の声が独創的でも、

それは著作物ではない、と疑問の声を挙げた。

[無罪判決を出した裁判長横田秀雄の言]

作曲が著作権を得るためには旋律が一種の定型をなし、

頭脳に深い印象を存し、反覆せしめる可能性が必要だ。

浪花節は、演奏者の脳裡に定型を遺留せしめないから音楽の著作物でない。

「楽曲ヲ他ノ鰯盤二写シ取リテ音盤ヲ製造シ利ヲ営ムコトノ正義ノ観念

二反スルハ論ヲ侯タサル所」だが取締法規がない以上仕方がない。

ゴーストライターは罪になるか ゴーストライターは罪になるかを含むブックマーク

タレント本については本人が著作したとは世間は思っていないから、いいんじゃねえの、ってことに一応なっているのだが、

121条の立法趣旨が、名前を使われた者の氏名権の保護だけではなく、世人の信用も保護するものである、とすると警察はゴーストライターを非親告罪で逮捕できる。

タレントとゴーストライターがよくても、タレントが書いたと思っている読者を欺いている罪で逮捕できる。重松清もスワヒリ・ショーンペンですよ。

ちなみにボス教授の指揮命令による代作*1は、職務著作に該当するかぎり、合法。「釈然としないが、解釈上やむを得ない」そうです。

*1:甲と乙の関係が雇用契約のある場合に限るという説もあるが、判例通説、使用者の指揮監督下にあればよい、としている

2004-05-15 ぼくもそのほうがずっと怖い このエントリーを含むブックマーク

ああ、とうとう石原慎太郎が逆ギレですよ。

御利巧なボクでさえ払い損ねる国民年金なんてけしからん、

よくも恥をかかせてくれたな、制度が悪い、

即刻、消費税で強制徴収じゃああ、とハッスルしそうです。

自分のことしか考えない無責任な愚民供め、

年金体制崩壊ではないか、とお叱りをくっていたら、

貰う気のないものには誰だって金をだす気はないという、

当たり前の事実が判明したのであった。

選良の矜持って、なに?

さて、山形浩生「自由には必ず責任伴う」。

http://www.be.asahi.com/20040515/W12/0025.html

たしかに自分探しはマヌケだ。

年金同様愚民はお叱りを受けるべきなのであるが。

政府の方々は責任を果たしているのだろうか。

国益にかなった行動をとっているのだろうか。

うまくいかない政治経済諸々の憂さを

日本探しで晴らしているだけではないのか。

ガッパ長官が照れ笑いを浮かべ謝罪会見

「国益のことをすっかり忘れておりました」と

わかりやすい展開にならないのが残念だが。

選良に矜持はないが、愚民は責任を気にせねばならん。

恥をかかせれば強制徴収、邦人保護の観点で拘束だ。

厳しい時代だなあ。

(でも、なんでチマチマ予備校時代のことまでほじくるマスコミが

「未納の500人に最後通告」については詳しく報じないのだ。)

2004-05-13 はじめての強制収容所-ボーア戦争 このエントリーを含むブックマーク

ボーア戦争

夏目金之助本で気になったので南ア戦争本

ボーア戦争」(ISBN:4634647001)を借りてみた。

で、いきなり恥をさらすと、ボーア(ブール)人を

黒い方々だと思っていました。

ほんとはオランダ系白人&フランス系新教徒なのです。

そんな低学歴が以下テキトーに書く。

  • 英国の戦争大義の変化

前)ボーア人の土地が原住民に侵食されている。

 これは南アにおける白人全体の危機である。

 よってイギリスが併合すべきである

後)ボーア人のアフリカ黒人に対する人種差別を正す

「文明の使命」による正義の戦いである

  • プロパガンダ

1895年にできたばかりの映画をさっそく活用。

当時のカメラはデカイので、当然戦闘映像はヤラセ。

場所もロンドン郊外「嵐が丘」で撮影。

  • 焦土作戦

1899年のハーグ協定を無視してゲリラ壊滅を目指し農家を焼き払う。

難民化した家族の困窮によるボーア人ゲリラの軟化という、

英国の意図に反し、ゲリラの敵愾心を助長したのであった。

  • 史上はじめての強制収容所

始めは捕虜収容・難民キャンプとしての性格が強かったが、

徐々にゲリラ対策(補給断)として、その家族を収容するように。

  • 愛国者コナン・ドイル

ホームズの印税をつぎこんで赤字覚悟でパンフ作成。

英国のダムダム弾使用、強制収容所、焦土作戦、

これらはどれも「赤新聞」の悪意あるデッチあげと主張。

  • チャーチル、拘束ブレイク

25歳従軍記者チャーチル捕虜となる。脱走後は軍人としても活動、

帰国後従軍記を執筆たちまちベストセラー。

親も名士のマスコミのスターは26歳で初当選、出世街道まっしぐら。

  • ガンジー、ビンビンラディンするの巻

南アでも英領インド同様のインド人の地位を認めてくれと活動。

ボーア人の方がイギリス人より人種差別的であり、

大英帝国の一員として戦争に参加。2年半に及ぶ英国への

軍事的・財政的貢献が報われなかったことで、

帝国への幻滅を感じたガンジーは以後逆ビンビンに非暴力抵抗化。

  • 自由党党首ロイド・ジョージが暴露

1902年チェンバレン植民相と軍需産業の癒着発覚。

  • トリビア

英国軍の赤い制服が目立って標的になりやすかったので、

以後カーキ色に変更された

2004-05-11 今日は僕の誕生日 このエントリーを含むブックマーク

ようやく借りた現代詩手帖特集版高橋源一郎(ISBN:478371858X

  • 「さようなら、ギャングたち」執筆時の仮想読者はただ一人。

 それは吉本隆明。

  • 「虹の彼方」はトーンを統一するため毎回最初から読んで

 書き足していった。当然めちゃ時間かかって、うんざりした。

 基本的には「ゴースト」まではそんなやり方だった。

 (小生の音楽制作方法も同様なのですが、小説でやりますか)

  • 「ゴーストバスターズ」は完成度にとらわれすぎて、

 壊すという発想がなかったために失敗した。

意味のない文学的修辞を小説は使うべきではない。なぜなら、

それは一見、文学の味方に見えて、実は敵だからです。(中略)

何か妙なことをやろうとして失敗して黙っている、

そのゴロンとした感じ。そういうのを持ってる作家はおもしろい。

  • 読んでいるときに頁をとめて他の事を考えたくなるのが、よい小説。

 以前からの説なんですが、最近その意味がようやくわかったYO。

 聴いてる脳味噌にはうすい膜がかかりっぱなしの

 よくできているだけの音楽というのがあり、その一方に

 急に脳味噌が活性化していろんな考えが浮かんでくる、

 中学生のヘタクソな吹奏楽演奏があると、そういうことだ。

2004-05-07 サラリーマン金之助 このエントリーを含むブックマーク

1900年10月29日

どーも、サラリーマン金之助です。昨日やっとロンドンに着きました。

今日は南ア戦争義勇兵凱旋祝賀パレードの人出に、植民地戦争反対デモやフーリガンが加わり群集が渦をまき、トラファルガー広場まで押し流されて酷い目に遭いました。現在英国は戦争の是非を巡って大論争中でありまして、そこに凱旋パレードがあったものだから、大変な騒ぎになったのです。

この戦争1902年まで続いて英国はブール軍のゲリラ攻撃に苦しみ、死傷者も英国側の方が多く国際社会での威信は失墜し、「イギリスは戦争に勝って政治に負けた」と言われることになるとか。僕も2年後に「夏目狂せり」なんて噂が広まったりするらしいけど。

日本では本当に「サラリーマン金之助」なんてドラマが始まったらしいね。金太郎と金之助じゃ大分違うと思うけど。そこがTBSの駄目なとこだな。いやあ本気でドラマにするとはなあ。妻のイメージを訊かれて、神田うのと葉月里緒菜が合体した酷い女ですと答えておいたのですが、結局、妻の鏡子役は深キョンになったようですね。不思議ちゃんだからあまりヒステリーは似合わない気がします。

[参考]夏目金之助 ロンドンに狂せり

夏目金之助 ロンドンに狂せり

夏目金之助 ロンドンに狂せり

2004-05-04 太平洋戦争時、アメリカは日本をどう見たか? このエントリーを含むブックマーク


敵国日本―太平洋戦争時、アメリカは日本をどう見たか? (刀水歴史全書)

作者: ヒューバイアス,Hugh Byas,内山秀夫,増田修代

出版社/メーカー: 刀水書房

発売日: 2001/10

|本| Amazon.co.jp

タイムズ特派員(1914-1922日本在住)の著書。1942発刊。

この点*1については、先の大戦後のドイツで経験したことを思いだせば、われわれの迷いは覚める。ドイツで戦後の反動が台頭した時、自分たちの苦しみは、戦争そのものがもたらしたものではなく、リベラル派が署名した不公平な平和条約から生じたものだという説得は、何百万ものドイツ人たちには、たやすく納得できることであった。

(略)

 われわれは内政干渉という印象を相手に与える行為は厳に慎むべきである。もし文民が停戦条約にいかなる責任をとることをも拒否するなら、それは、われわれにとっても、日本の将来にとっても、よりよいことであるかもしれない。彼らが拒否することは、戦争責任を否認し、東条大将もしくは、だれか他の軍部の代理人が罪の重荷を担わねばならないということを意味することになるからである。

 連合国の勝利のあかつきに、われわれがもし文民の政府を要求すれば、軍国主義者たちは黙ってそれを受け入れ、内心それを喜ぶであろう。その結果、その政府は二十四時間以内に用意されよう。だが日本人はだれも、こんなことにだまされはしない。だまされているのはわれわれの方なのである。というのは、われわれの中には、政府の変革は政治構造の変化であると考える者がいるかもしれないからだ。しかし、これは建物でいえば、その正面をかえることにすら相当しない。ただ、ペンキを塗り直した程度のことなのである。

ほんの数年前に、日本は世界の綿花取引で、英国からその首位の座を奪った。これは決して日本が軍隊をアメリカ南部の諸州に派遣したからでもなければ、重要資源を押さえる支配権をえたからでもない。ポケットに信用状を入れて綿花市場に乗り込んだ日本人バイヤーがやり遂げただけのことなのである。

*1:和平交渉は軍部ではなく戦争に責任のない文民とという提案