本と奇妙な煙 このページをアンテナに追加 RSSフィード

1000 | 01 |
2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |

2004-08-31 『カフカの生涯』 このエントリーを含むブックマーク

カフカの生涯

カフカの生涯

他人を罵倒したい気持ちを、こんな文章にむせび泣いて解消しようと借りる。

職探しの時点でカフカはいまだ一つの作品も公にしたことがなく、執筆によって、俗にいう「一ヘラーも稼いだことがない」人間だった。

身一つで商会をおこした父親からみると、まさしく虫ケラ同然で、そして実際、ゴキブリのように家族のあまり物に寄食している。

そしたら他の部分も面白かった。

ドイツ語圏ではマンやヘッセと並び称され84歳で死ぬまでに83冊の本を書いた人気作家マックス・ブロートは結局無名の友人カフカの遺稿を編集したことで後世に名を残すことになる。

売れっこ作家の友人を通してカフカは文学の現況をじっと見ていたようである。小説の書き方、読まれ方。そのなかでねばり強く自分の「書体」といったものをつくっていった。幸いにも友人のように、あちこちから注文がくるわけではないので、つくったものをこわす時間がたっぷりあった。

ブロートは友人をモデルに主人公を生み出したが、カフカは人気作家をモデルに自分のスタイルを生み出したかのようである。要するに売れっこ作家の好む書き方をつぎつぎと消していく。まるきり友人と逆の書き方をこころがける。

世間知らずで決断を先送りし決定は他人まかせ、叔父のコネで就職した会社を半年ばかりで辞め、保険協会に勤めることになる。

保険金請求の現場に出たカフカは騒音だらけの工場、過酷な労働現場、タフな経営者に触れる。

カフカは数多くの出張を通して近代産業の内幕というものをよく知っていた。その点、二十世紀の作家たちのなかで、ただ一人の例外だった。(略)

公務出張はともかくも書類の山から解放してくれる。出張旅費が定まっていて、ホテルは二流どまり。食事は莱食のレストランを見つけて、そこですませた。絵葉書に見る工場や宿舎は美しいが、実態はいかにひどいものであるか、カフカは目のあたりにしていた。機械と人間が雑居しているぐあいで、むき出しの歯車が轟音をたててまわっている。圧延機が獣のように口をあけしめしていた。いつなんどき人体が紙のように圧延されないともかぎらない。

2004-08-30 つわもの叢書

[]つわもの叢書 つわもの叢書を含むブックマーク

制作中のヤツは2分超までできた。

もう残りはテキトーにやっつけようぜ。

参レコ立ち読み。コンプじゃなくてオーバードライヴ、

片チャンにリバーブとかの知識を仕入れて

Reasonでごにょごにょ配列してみる。

できたヤツをもとに新しいのを作り出す。

また物欲が。エフェクターが欲しい。欲しいぞ。

そんな男らしい物欲にのせて。

明治・大正・昭和 軍隊マニュアル (光文社新書)

『明治・大正・昭和軍隊マニュアル』

体躯はむくむくと肉づき申し、心も晴々しく、

此の気象にて世事に従い候わんか

天下何事か成らざらん等と時折気炎を上げ居り候。

多数のうちには間々悲観的気風を帯び居り候

僚友も見受けられ候も、夫等は意志の薄弱なる

腰抜けどもに過ぎざるべく、此の輩は世に出でても

矢張り同然に人後に落つべき弱者と申すべく、

楽観も悲観も要は心の持ちよう一つと存じ

小生は爾後の炎熱を見事に撃退して呉れんずと

大に緊揮一番して、日夜の練武に奮励仕り居り候

文学界九月号「ニッポンの名文」山口文憲

ホモ雑誌交友欄の「真面目で毛深い人」といった

言語感覚を面白がる。

「ケツを犯されると、よがり泣いてまるで

女のようになってしがみついてくる男が好き(略)

(だから、そういう)女泣きする毛深い男を愛したい」

「私は耳に障害ありの褌を締めて3年になります」

水泳北島の俺様エキスは織田ですから裕二切腹*1

 

セーラーヴィーナスに高橋かおりの面影

 阿波踊る仕掛人年上女房アタック*2

*1:何度目だ映画「バタアシ金魚」。貧乳好きのストレートですがTVでやってると何故か観ちゃうね。

*2:世評の高さに数回チェックしてみたけど微妙。ともかく高橋かおりに激似の小松彩夏を頼りに観る。演技センスからして将来仕掛人男優に騙されそうな予感

2004-08-29 軽い帝国

軽い帝国*1

ボスニア、コソボ、アフガニスタンにおける国家建設

 この力の真空を埋めるのは、本来はアフガニスタンという国家であるべきだが、実態はドスタムやアタが率いる軍閥がそれを埋めている。彼らは、国家建設を妨げる最大の要因である。

しかし、それは彼らが封建社会の遺物であったり、制服を着ただけの昔からいる無法者であるからではない。それは、マザリシャリフで交渉にのぞむ軍閥が、中央アジアにおけるアメリカとソ連の勢力圏争いから派生した、近代後期の産物であるからだ。

今日、アメリカが勝利をおさめた結果、それぞれの軍閥は英語を流暢に話すプレス担当者を抱えており、彼らは海外メディアとのインタビューに忙しい。

彼らは現地の支持者の獲得にも余念がない。ドスタムは、自分の地方テレビ局をもっており、そのカメラマンたちは、彼の姿を夜のニュースで放映すべく、中庭で待機している。彼らの力は主として武力に依存しているが、彼らは自らをビジネスマン、徴税者、部族の代表、そして氏族の指導者であると見なしている。(略)

  

国際赤十字の支援によって、収容者たちの健康状態がどうにか回復すると、善意の将軍は和解の象徴として収容者たちをパキスタンに帰還させた。このようにして有力な軍閥指導者たちは、アフガニスタンにおいて政治的なゲームに従事していた*2

  

ドスタムは最新の衛星電話スラーヤを使って電話をかけている。彼は政治家になろうとしている。それゆえに、彼は白いシャツとスラックスを身にまとい、民間人のような服装をしている。アタ導師は、明るいグレーのスーツを着ており、システム手帳を手にしている。(略)

  

ここアフガニスタンにおいて畏怖の念は、アメリカのプレゼンスの規模によってではなく、アメリカの空軍力の時間的な正確さと破壊力によって保たれている。軍閥指導者たちは、タリバンが攻撃される様を見て、これが自分たちにも起こりうることをよく理解した。目下のところ、これが平和を保っている。

[]ペナルティ録画失敗 ペナルティ録画失敗を含むブックマーク

うだる日本の高遠さん物語

 「可哀想な」私を寺島しのぶが熱演している*3

  

とりそこねし「笑金」にペナルティ*4

  

また一回目で死んでしまうの岡本綾*5

*1:この本からココを長文引用する意味はないが、毎日更新するにはしょうがないのよと言い訳してみる

*2:ドスタム将軍は自分の管理する監獄に収容されていたパキスタン人タリバン戦闘員が餓死しかけていたのを、国際赤十字に食糧支援させ、手柄は自分のものにした

*3:幸いにして実現していないが、なんだかしそう

*4:「コンセント」を録画しつつ「チャイナタウン」をチラ見していたらすっかり忘れた。中原俊監督作だから我慢して観たが、淫乱フリーライターが精神に異常をきたしてコノ混乱は私が皆のコンセントになってシャーマンになるための試練なのというゴリランディワールド。市川実和子に全裸になられてもなあ。こんなものを録画したばかりに、ペナルティがっ!

*5:どっちも好きだが、竹内結子との人気の開きは何故。小悪魔性の差なのか

2004-08-28 『現代短歌 そのこころみ』関川夏央 このエントリーを含むブックマーク

現代短歌 そのこころみ

現代短歌 そのこころみ

id:kingfish:20040821)からの続き。

永井陽子の短歌。

血縁といふはひとりもなし

  街は樹海のやうにしづかに暮れて

  

父を見送り母を見送り

  この世にはだあれもゐないながき夏至の日

「戦争の責任」の一端を引き受けた想いでシベリア抑留から引き揚げてくれば、ただ「運のわるい男」と見られているだけであり、故郷に帰れば赤化洗脳を問い詰められる。

石原吉郎らの異常な体験は斟酌されず、感謝されもしなかった。強制収容所では、ふたりでひとつの食器をあてがわれた。仲間と、「確固たる目的」である「食うこと」を「媒介」として対立し、しかし離れられない。

  

媒介とことしもなげに言ひはなつ

  間を奔る*1火のあるを知れ

しかしそれは、「中華民国の唯一の指導者と世界が認めている蒋介石を、対手にしないなどと、陸軍にかつがれて自ら交渉の道を閉ざすような声明なんか出して、近衛はほんとうに馬鹿だよ」と上海・東亜同文書院の院長大内暢三が慨嘆したごとく、日華事変を泥沼に導く自殺的言辞にすぎなかった。(略)

「事変景気」と異常なナチスドイツ熱に浮かれながらも、漠然とした不安が国民のなかに拡散しつつあった頃、「討匪行」に従う渡辺直己は歌った。

  

壕の中に坐せしめて撃ちし朱占匪は哀願もせず眼をあきしまま

  

日本は日華事変を法的には「戦争」と認めず、また兵鈷の貧弱さから捕虜を留置・調査する余裕と施設を持たず、ゆえに捕虜はゲリラとして処断されることが多かった。それは日本の戦時における致命的失政であった。

*1:あはひをはしる

2004-08-26 四本淑三【brainStream】部分配信の行方 このエントリーを含むブックマーク

以前日記に勝手に保存した四本淑三さんの考察に検索飛来が多いのではてなの方に保存したほうがリンクしやすかろうと以前から思っていたところ

ナイスなタイミングでファッキンなニュースが。

『独禁法違反容疑「着うた」立ち入り検査』

そこでさっそく四本淑三【brainStream】を再録。

http://b1.alt-r.com/zc/view.php3?m=0&n=1025&p=0

オリジナルはとっくの昔にあっさりと消去されてます。中身の無さを長文で誤魔化すバカとそれにあっさり騙される厨房諸君は以下の簡潔かつ深い考察を少しは見習うように。

2004-02-02 04:26:22 四本淑三

部分配信の行方

  

表現のスタイルはメディアに合わせて変化するものだけど、ラジオがヒットソングの尺を3分間に規定したのと同様、ケータイが30秒間の新しいスタイルを生み出したのだとすれば、それはそれで愉快なことだ。そうでなければ、そもそも着うたというのは何を評価すべきかよく解らない。

で、もしこの延長線上にフルレングス配信があるのだとすれば、我々がとり得る態度は今のところ3つある。

素直に喜ぶ方法、

30秒を超える長い曲など古臭いとせせら笑う方法、

そして完璧にして排他的な配信システムの完成を嘆く方法。

2004-08-24 はじめてのクロ

[]はじめてのクロ はじめてのクロを含むブックマーク

子供の寝顔はカワイイのに、

なぜ大人になるとそうではないのか。

大人の顔は意識で成立しているからだろうか。

老人の寝顔などは老残のひとこと。

死顔といえば殆どが棺の中のもので、

キレイな顔とは言えないものばかり。

夕刻、呼吸がはげしくなり時々もがいて声をあげた。

うわあこの調子で夜中うめかれたらどうしようと

薄情な感想を抱きつつ食事をとり再びのぞくと、

緑の目をぱっちりあけて、とてもカワイイ顔をしていた。

腹の辺りをみると動きがなかった。

保護したときからずっと禍々しい状態だったのに、

常套句がぴったりくる「やすらかな死顔」だった。

いやたぶん僕が薄情に食事をとっている間

ぜいぜいうぎゃうぎゃやっていたのだろうけど。

どうもいつも思いやりがなくてうっかりしているのだ。

そんなものは見てもしょうがないしさ。

もうプリンさえ飲み込めなくなったらオシマイで

だんだん呼吸が弱くなっていく

人間の手を握ってやってどうなるんだ。

そんな瞬間になんの意味があるんだ。

人間の場合はすぐに綿だのなんだの詰められて

ひどい顔になってしまうのだが、

臭い息を吐き続けた黒猫から何かが去って、

残ったのは初めて見るカワイイ顔だった。

少し枯れかかった法要の百合を切って箱に入れた。

2004-08-23 君はオマリーが好きかい?

[]君はオマリーが好きかい? 君はオマリーが好きかい?を含むブックマーク

前日に続き「大リーグと都市の物語」(ISBN:4582850766

人気・収益ともに絶大だったドジャーズを

ロスに移転させたウォルター・オマリー。

当然ブルックリンのファンからはヒトラー級極悪人扱い。

市街地球場の限界(収容数、駐車場)、治安悪化、

収益の比重が放映権にシフトしつつあったことetcを

見越して人口・産業の伸びがある西部への移転だった。

東部に集中していた球団の西へ移転が続いたことからも

先見の明があったといえる。

   

93年のナ・リーグ拡張での新球団参加料?は95億円*1

その他開設費が25億円。

大都市既存球団は150億円から250億円の価値があるとされる。

  

タンパ移転を匂わせてホワイトソックスは

シカゴ市から好条件を獲得した。

5億円の増収が見込める150億円の新球場提供。

赤字発生の場合、シカゴ市とイリノイ州で年間10億円負担。

91年から10年間、球場維持管理補助費、総計2億円負担。

2001年以降年間入場者数が150万人を下回った場合

30万枚の入場券購入義務。

  

大リーグオーナーはアメリカかカナダ出身者という

厳密な方針があるにもかかわらず、シアトルからの

球団移転を阻止するためにコミッショナーは

日系企業のマリナーズ所有を認めた。

   

90年大リーグコミッショナーが出した移転承認条件。

フランチャイズが長年にわたり相当額の赤字を出している。

球場設備が貧弱かつ改善の見込みがない。

市側が無関心で支援する意志がないことを表明している。

そのコミュニティでの再建がまったく無駄である。

[]クロ クロを含むブックマーク

ただただ寝たきりの黒猫。曽(ブッチュ)我さん式に

適当にクロと呼んでいます。ブラッキーも可。

ミニホットタオルで目ヤニをふいてやると

顔をあげて怒る。時々苦しい声をあげる。

もう水を舐めることさえ苦しそう。

ゆるやかに下降線であるが、なんとなく

このままずっと生きていそうにも思える。

さすがに小便の回数はへった。

*1:1ドル=100円で換算

2004-08-22 張本勲、心の叫び

[]張本勲、心の叫び 張本勲、心の叫びを含むブックマーク

中央公論*1九月号

「二リーグでは経済的に成り立たない」

シダックス代表志太勤はプロ野球経営難の一因に

2軍のコストを指摘しているが、以前にも書いた通り

(id:kingfish:20040720) プロアマのこじれがなければ

社会人野球がマイナーリーグの役目を果たせるわけである。

なんでもっとプロアマ問題を話題にしないのか不思議だ。

「喝! 選手よ、甘えるな」張本勲

例の親分とやってるコーナー並のゆるゆる発言もあるが、

『「ファン無視」だと言うなら、なぜもっと応援してくれなかった。

今回騒いでいる人の多くはなんの責任もない人だ。』*2

という張本の怒りは正しいと思う。

何度も言うが潰れるってことは、

必要じゃないって言われたってことなのよ。

   

「大リーグと都市の物語」

大リーグと都市の物語 (平凡社新書)

大リーグと都市の物語 (平凡社新書)

3Aバイソンズの推定買収額は3000万ドル超。

91年には124万人*3でマイナー最多観客動員数。

横浜ベイスターズの2軍は「分社化」して独立採算の「湘南シーレックス」となり本拠地動員数はイースタン一位。

51-65年に大リーグの第三代コミッショナーを務めたフォード・フリックは多くの赤字球団を抱えるマイナーリーグの窮状を見かねて、50万ドルの基金設立によるリーグの総体的治癒にのりだした。

大リーグ側は資金難解決のためにマイナーリーグ球団に保有株式の一部を地元優良企業等に売却するよう命じた。結果的にこの行為は「球団と周辺コミュニティとの親密感」と「資金供給」という二つの幸運をもたらした。

67年には大リーグのテレビ収入の一部がマイナーリーグにも回されるようになった。将来のスーパースターが育つ過程を見守り、全国区になる前に知る快感等も作用して、マイナーリーグ全体の観客動員数は73年から92年にかけて約2.5倍に増加した、

他にも面白い話がのってるので翌日。

*1:読売新聞グループですからぁ、切腹

*2:図書館読みなので記憶引用

*3:2003年観客動員数:広島94万人、パ4球団130万人前後

2004-08-21 乙女ちっくやのう、われ

図書館行ったら、関川夏央の新刊が!

現代短歌 そのこころみ

現代短歌 そのこころみ

最近の政治的発言にはやや翳りを感じるので

短歌の方がいいかもしれないとかなんとか

エラソーなことは言わずに有難く読む。

途中だけど他に書くこともないので。

俵マラチンコに先駆けること四半世紀

1964年に村木道彦はこんな短歌をつくっていた。

失恋の<われ>をしばらく刑に処す

  アイスクリーム断ちという刑

  

するだろう

  ぼくをすてたるものがたりマシュマロくちにほおばりながら

  

マフラーは風になび交うくび長き少女の縊死を誘うほどの赤

  

ましろにはあらぬ繃帯

  ひのくれを小指のかたちのままにころがる

以降徐々に下降し一時は作歌をやめた村木は

俵の登場に刺激を受けて復帰したんだニャー。

この続きは(id:kingfish:20040828)へ

[]黒猫 黒猫を含むブックマーク

2時間おきに排泄する黒猫。

前日までの悪い成分たっぷりの茶褐色ではない

さらさら透明な黄色いしみがペットシートに。

よい傾向であるが、一方で水を飲む元気がなくなってきている。

薄情な話だが、土日は休みで死骸を引き取ってもらえないので

とりあえず月曜までは生きているように。

2004-08-20 安楽死でも1万はかかるとか

[]安楽死でも1万 安楽死でも1万を含むブックマーク

起きて外の猫をみたら泡を吹いていた。

どうもネット情報からすると熱中症のようである。

ざぶりと氷風呂につけようかと思ったが

観念して獣医に行く。とりあえず原因を調べるための

血液検査で5千円と恐ろしい事を言うので、

仮に治っても飼う余裕はないし、可哀想だけど

金はだせないと事情を説明したら

実費で点滴とノミとり処置をしてくれた。2625円。

昼休み時間中だったにもかかわらず診察料もとらなかった。

晴れて涼しい室内に入れることになった黒猫。

冷たい点滴で熱中症はおさまったようである。

病気なのかもわからないし展望もない。

結局振り出しに戻ったというところか。

寝ようかと思ったら急に哀れな声をあげだした。

元気が出てきた証拠なのだろうか。

声が気になって眠れないので、

薄情だが寝室のドアを閉めて眠らせていただきます。

2004-08-19 黒猫フォーク

[]歌い屋たち/なぎら健壱 歌い屋たち/なぎら健壱を含むブックマーク

お盆でバタバタしたのか集中できない。

これで四日なにもしていない。

人に会って作れなくなる音楽なんて

駄目じゃねえのかと少し思う。

さすがにそろそろ作り出そうと思っていたら

瀕死の黒猫の面倒をみる羽目になった。

近所の子供の説明によると、屋根から落ちた、

○○ちゃんが石を投げていたetcとのこと。

死んだかのようにまったく動かないが、

水をつけた手を口にやるとちゃんと舐める。

とりあえずマンション1階の自宅ベランダに運び

様子をみる。貧乏なので獣医なぞには行きません。

野良猫あがりの室内猫が一匹いるし、ノミとかいやだし、

この暑い中かわいそうではあるが、

道端よりはマシだろうということで勘弁してもらう。

離乳食猫缶を買ってきて与えてみるが食う元気はない。

もったいないのでいつもドライ一筋かつお節が御馳走の

元野良に与えると猫まっしぐらで感動して食べる。

不憫な奴。ドライばかりでごめんね。

朝まで面倒見れないので寝る前に無理矢理水をやったら、

箱の内側を足でガシガシ蹴った。

案外、明日の朝には元気になっていたりして。

ねらったわけじゃなく、ホントに偶然なんですけど、

歌い屋たち

歌い屋たち

歌い屋たち/なぎら健壱

反体制フォークを信じる主人公が人と出会ってその価値観を揺さぶられる話。タレントとしてタフに稼げる自分を抑制するためにフォークシンガーであるためにヅラなのか。

「まずヅラをはずせ」というのは正しい意見だし、タフにざっくりいくのがいいとは思うのだが、ヅラでなければつくれない音楽もあるしなあと、

わかってあげたい気持ちもあるのである。

眠たいので、いい加減です。

2004-08-18 阿呆律動/エリック・ホッファー このエントリーを含むブックマーク


魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集

作者: エリックホッファー 中本義彦

出版社: 作品社 発売日: 2003/02

魂の錬金術―エリック・ホッファー

アフォリズム集からの引用。

いい加減なタイトルもどきはさしたる意味もなく

カールくコッチで適当につけたものです。

  • 世界一のならずもの国家

強者が弱者の真似を始めるとき、世界に大きな災厄がふりかかる。

弾圧と粛清という強者の掌中にある無比の手段は、弱者が生き残るための絶望的な手段でもある。

  • 長文粘着激昂野郎

公言する内容を十分に理解していない場合、われわれは熱狂と不寛容をもって、それを語る。不寛容は、触る価値のないものに貼り付けられた「触るな」という表示のようなものである。われわれは髪が乱れていても気にしないが、ハゲを隠すカツラのことは知られたくないのである。

  • 保守厨房

弱者が自らの強さを印象づけようとするとき、邪悪なことをなしうることを意味深長にほのめかす。邪悪さが弱者を魅了するのは、それが多くの場合、権力意識の獲得を約束するからである。

  • 市民政治家の末路

仲間の保護者として出発し、刑務所の看守になりおわる可能性は、つねに排除できない。

  • 2ch

われわれは他人のなかに自分と同じ汚点を見出すことによって、いわば他人との血縁関係を主張する。だから、悪意とはひとつの社会的能力なのである。

  • 山形浩生のからまれ地獄

憤慨は不正の自覚よりも、弱さの自覚から生じる。われわれはいわれなき非難よりも、部分的であれ正当な非難に対して憤慨する。非難される余地のない人は、おそらく憤慨しえない。

われわれは苦痛を与えるとき、それがたとえ自分自身に対してであっても、権力意識をもつ。

  • 世論

ささいな不快感のほうが、大きな犠牲よりも耐えがたいものである。というのも、後者が現在の誤りを証明するのに対して、前者は現在を悪化させるだけだからである。

  • 自己責任

異議申し立てをする少数者が自由を感じるのは、自分たちの意思を多数者に強制するときだけである。彼らが最も嫌悪するのは、多数者の異議である。

  • 長文薀蓄恫喝野郎

われわれは何を言いたいのかわからないときほど、饒舌である。言うべきことがあるとき、言葉はほとんど必要ない。

2004-08-17 一周忌の朝の夢

予定を変更して緊急私信 予定を変更して緊急私信を含むブックマーク

先日はてなの「バカフェミ」キーワード欄を見て

ギョッ!としてしまいました。

なんだかこれではアブナイ人のようです。

そのせいかアンテナ登録先の方が

不安感を抱かれたようなので説明してみる。

   

皆さんも、どういったキッカケで読み始めたのかも

忘れた全く見知らぬ人のネット日記を

ついつい読み続けていたりはしないでしょうか。

そういった場合その人の趣味嗜好はあまり問題ではなく*1

日記自体の空気というか雰囲気が重要なのでして、

悪意*2をもっての生態観察・情報収集*3でもなく、

その人の日常を淡々と楽しむというか、

「また寿司だ、ボクは閉店間際の半額弁当なのに」etc

てなホノボノした調子で楽しんでいるのです。

悪意とかはいっさいないのです*4

こちらから人に論争をしかけたことは殆どありません。

胃によくないからやりたくないよ。

まあそういうわけなので安心して下さい。

[]一周忌の朝の夢 一周忌の朝の夢を含むブックマーク

3畳くらいの四角い枠。百円を入れるとサイケな空間が出現。

初期ビートルズのハモリとかがサンプリングされた

ラテンタッチの音楽に合わせて4つのタイコを叩くと

黄色潜水艦アニメではなくサイケ彩色されたリアルデッサンの

後期髭面ポールがあちこちヒラヒラと動く。紐を引くとビーム。

広がる空間にのびていく光のすじがとてもきれい。

これで百円はなんて安いんだと感動。

*1:それはそれで失礼か?

*2:悪意があったらこちらの正体がわかる「はてなアンテナ」には入れないと思うが、プレッシャーをかける意図でわざと入れるという発想もあるのか

*3:モ羅ドの存在を知ったり、それについて思考したりはするので、情報収集してないというわけでもないが

*4:それはそれで拍子抜けかもしれないので、フーンと平目顔で読んでいる時もたまにはあると書いておこう

HALHAL 2004/08/17 23:11 喪ラドは私のなかではかなり過激な部分にはいるので、それで過剰に。すいません。
寿司好き!のHAL

2004-08-15 昭和20年11月23日のプレイボール このエントリーを含むブックマーク

前日からの続き。

『昭和20年11月23日のプレイボール』

別にこの日を狙ったわけではないが、そんな内容。

昭和十二年。

いまから思えば、戦争の影は静かに日本の背後に忍びよっていたわけだが、藤本*1はそんなことには気がつかなかった。日本は豊かであり、日本軍は、少なくとも藤本の眼から見れば、日本を支えられるほど強大であった。

日本は、昭和十二年から中国を相手に戦争をはじめていたが、日本の「よき時代」に育った彼の知っている過去の歴史から考えると、それは適当なタイミングを見はからって、日本の勝利のうちに終わるはずであった。

当時の日本の「左翼誌」であった「改造」や「中央公論」を見ても、わずか八年後のあの「昭和二十年」をささやかにでも予見させるような論文はひとつもない。

戦争は「軍」がやるものであり、国民は「軍」を応援さえしていれば、日本は安泰のはずなのであった。   

幸い、呉昌征*2はその育った環境から、台湾人なるが故の差別を受けたことは、一度もなかった。強いていえば、台湾籍なるが故に、兵隊にとられなかった、ということぐらいであろうか。

当時の日本軍隊は台湾人を「兵隊」にすら「してやらなかった」という方が正確かも知れない。多くの台湾人は時には「軍夫」といい、時には「奉公隊」という名前の下に、星(正規の階級章)ひとつつけられず、南海の果てに消えた。

   

この時*3、既に読売新聞社は労働組合によって占拠されていた。紙面も組合のペースによって編集されており、一見しただけでは、内容は「アカハタ」と変わりはなかった。

(中略)

読売本社の前には「戦犯正力松太郎を倒せ」の大きな紙が貼りつけられ、読売新聞の印刷職員が朝日新聞社の方にあわただしく走っていった。自社の印刷機械を戦災で焼いてしまった読売新聞は、「共闘」している朝日新聞の輪転機で、今日も刷られているのであった。

ピッチャーゴロをキャッチャーに投げたり、ファーストにころがしたという伝説を持つ白木義一郎は30年近く公明党参議院議員をやっている。

短い文章からでも人柄の面白さが伝わってくるのだが、こういう人が大作とどう折り合いをつけてるのだろう。

「戦争が終わったときねぇ。たしか千葉にいて補助憲兵なんてヘンなことやらされてたけど、サア、戦争は終わったんだ、ってえことで"すぐ帰ろうや"っていったら、上のヤツが怒りやがってね。テメエラ不忠者なんていいやがってね。冗談じゃない、オマエさんたちゃ好きで憲兵になったんか知らねえが、オレたちゃ一銭五厘天皇陛下がやれってえから仰せに従ったけど、今度は天皇陛下がやめろってえからやめるんで、何もオマエさんたちにデカイツラされることはないって、上官の机の上にアグラかいてね。いや、ふしぎな時代でしたね」

*1:藤本定義・「リーグ優勝」九回の巨人軍監督

*2:彼の連続得点21試合の記録は51年ぶりに日本ハム・小笠原によって破られた

*3:昭和二十年十月。2ヵ月後に正力が戦犯容疑で逮捕される

2004-08-14 ナベツネvs正力松太郎 3

[]ナベツネvs正力松太郎 3 ナベツネvs正力松太郎 3を含むブックマーク

『昭和20年11月23日のプレイボール』(ISBN:4087492117)

他にも面白い話が書いてあるのでそれは明日。

引用部は昭和11年、2・26事件の年の話。

読売新聞は「東京巨人軍」を母体としてリーグを

結成しようとしていたが、「新愛知」*1も、

それに対抗して別のリーグを持とうと考えていた。

正力松太郎を中心とした読売は、いわば「財閥」を

バックとして「阪神」「阪急」などを作りあげていったが、

「新愛知」はこれに対して「職業野球は企業のために

あってはならない」という思想から、

官僚をバックにリーグを結成しようと考えていた。

「新愛知」が協力を依頼したのは、元警視総監の宮田瑞穂であった。

当時の警視総監というのは、現在と違って、

総理大臣に次ぐ陰の実力者とまでいわれたもので、

その権威は絶大なものがあった。現に、その宮田瑞穂の

もと邸宅が現在の自民党本部である、といえば、

当時の宮田の実力がどの程度のものか想像できるであろう。

(中略)

本来なら「プロ」なのだから、儲けを考えるのが当然である。

しかし、日本のプロ野球は違っていた。

はじめから、これは「意地」の仕事なのであった。

鈴木竜二*2が戦争中、あのような逆境の中で、

なお依怙地なまでに野球を続けたのも、

そもそも日本の「職業野球」なるものが、

独立した企業でなかったからこそ、出来たことなのである。

*1:後に「中部日本新聞」として中日ドラゴンズの母体となる

*2:「新愛知」に協力を依頼された宮田瑞穂によって「大東京」の代表に

2004-08-13 中国・朝鮮の地名・人名の読みかた

中国・朝鮮の地名・人名の読みかた 中国・朝鮮の地名・人名の読みかたを含むブックマーク

ところで新聞界が最初にこの問題で混乱したのは昭和六年の満州事変の時だった。大陸からの膨大な電報の中に続々と中国固有の難解な地名・人名が現れるので、これを受ける新聞、通信社も大変だが、読者にとっても、難解な文字ほど振り仮名がないので、会話になると不便この上もないという声が起きた。

そもそも、この中国文字の音符統一に先鞭をつけたのは、高田知一郎編集局長時代の報知新聞である。大正後期、報知は中国の地名、人名にすべて中国式の振り仮名をつけ、難解な文字は全部カナ文字に改めたが、あまりにも急激な改革だったため、かえって読者の不人気を招き、率先して行った漢字制限とともに、不首尾に終わった。だが満州事変以来「報知の運動は無意味でなかった」と識者の間では惜しむ声があがったという。

『新聞経営の先人』(春原昭彦)

[]一周忌をやらないとどうなるか 一周忌をやらないとどうなるかを含むブックマーク

お経だのなんだの無駄だから個々に墓参りしてくれ、

ということにしたのだが、そうするとその度

山の中にある墓地まで案内することになるわけで

気も使うし肝掴むしキモ突かれるのである。

おとなしく一周忌をやって一度に済ませた方が

確かに楽なのかもしれない。

2004-08-09 WarBusherStalkPeace

[]新曲についてぐだぐだと 新曲についてぐだぐだとを含むブックマーク

「WarBusherStalkPeace」完成

http://nextmusic.weez.mu/index.php?command=profmusic&profid=20040809135548

長かった。三週間以上かかった。

勝手にぐずぐずと制作過程を振り返る。

0:20 7/17でココまでできてた(当日記参照)

   壊れそうなのは世界じゃなくて自分の心ですから

0:50 このあたり煮詰まっててかなり哀れ

   ぐだぐだ感全開

1:30 8/4にサンプリングにエフェクトかけだしたら

   勢いがついてやっつけ仕事。前半に18日かかって、

   後半はたったの4日。しかもカラフル。

   前半の地味な展開が悔やまれるような

   それでよかったような

ブッシュが"Give me four more years,

and America will continue to march toward peace"

とか言うとります。

[] 千田是也の由来  千田是也の由来を含むブックマーク

関東大震災時千駄ヶ谷付近で自警団に朝鮮人と

間違えられて殺されかけた伊藤圀夫は

「千駄ヶ谷のコリアン」をもじって命名。

2004-08-07 タイトルさえも思いつかん このエントリーを含むブックマーク

頭が働かないので、ざっくり引用してみました。

本当の戦争―すべての人が戦争について知っておくべき437の事柄

「本当の戦争」(ISBN:4087734102

公式最長狙撃記録は2300メートル。

ヴェトナムでは30〜50万人の売春婦がいた。

湾岸戦争ではたいていタイにセックス寄港した。etc。

  • <94>戦闘中のほうが給料は高くなるのでしょうか?

そのとおり。月150ドルの割り増しがある。その月の給料は無税になる。

  • <104>生理になったらどうしますか?

充分な期間もつだけの生理用品を必ず持参する。余分には手に入らない場合が多い。

  • <326>捕虜になると、どうなりますか?

最初の二四時間は、すさまじい死の恐怖に加え、ショックと心的外傷に悩まされる。感情を抑制しようとするが、明晰に考えることができない。二四時間から四八時間たつと、落ち着き始める。生き延びられるだろうと希望を抱くだろうが、死の恐怖もつきまとう。頭痛や頻繁な尿意といった身体的症状も見られるかもしれない。四八時間たち、それまでに拷問されなければ、状況に慣れてくるはずだ。束縛状態に置かれた場合、生き延びようという意志の強い者ほど生き延びられる。そういう人問は、捕われてから数日もしくは数週間で、生きようと意識的に決意する。

  • <333>自分を捕虜にした敵と友情をはぐくむようなことはありますか?

あるかもしれない。捕われて四八時間たち、いかなる拷問もなされなかった場合、自分を捕えている相手にあまり悪感情を抱かないことが多い。ときには捕えた側が捕虜に好意的な感情を抱くこともある。しかし、ふつう捕虜とそれを捕えている者のあいだに絆ができるのは、死と拷問の脅しと思いやりのある扱いを交互に受けた場合に限られる。

2004-08-04 クラヤミ玩具に銀の釘

オサマが磔刑にされた。

告発されて十字架の上に釘うたれた。

彼は吊されてしばらく死なないでいた。

「ここいらの連中は安っぽいね。

私の国では磔刑にするときは銀の釘を使う」

   

涼しい夜の星々のあいだで

多くの飛行機が爆音をひびかせていた。

外の世界に

太陽があらわれてのきみの顔を見つける、

あらゆることを思い出して。

   

戦争は親切だ、ぼくたちはきみがあらわれるまで

戦争の親切さを知らなかった。

下記本をリミックス。

シカゴ詩集 (岩波文庫)

シカゴ詩集 (岩波文庫)

[] を含むブックマーク

久々にレコードを引っぱり出してReasonで

エフェクトかけたら少し出来た。

今週中にどうにか死体ぞんびの肢体。

2004-08-01 新庄、豊田さんが一億円くれるって

ボケかた上手

「ボケかた上手」赤瀬川原平(ISBN:410452302X

豊田泰光の三大提案(2002年4月発表)

  • ホームスチールに一億円
  • 三塁打増加狙いで球場を広げる
  • 野球7回制

(こぼれ話)

吉田義男は畑のようにグラウンドをならしていた。

一番上の土がパウダースノーのようになっていて、

打球の勢いを止めてしまうのだ。

さらに守備位置からバッターに向けて何本も線を引き

打球目測のための物差しにしていたようである。

[]ちょっと再開 ちょっと再開を含むブックマーク

結局いつものやり方でちょっとだけ再開。

行くところがなくて舞い戻ってきた

家出妻のような悲しい気分。

自分のキャラ設定を忘れて

蒸気少年番宣で大友克弘について熱く語る

パペットマペットを見てしまった気分。