きのこ キノコ 茸 木の子

2011年01月22日(土) 晴・寒

[] こもれびコーヒー


NPO法人自立サポートセンターもやい

〒162-0814 東京都新宿区小川町8-20 こもれび荘


が販売している「こもれびコーヒー こもれびブレンド」。


東ティモールの豆(掛け値なしに美味しい)にキリマンジャロラオスを合わせた自家焙煎コーヒーで、まろやかな甘さとコク、ほんのわずかな苦味のバランスが取れた上質な味。


普段はPARCIC東ティモールコーヒーを愛用しているのですが、こもれびブレンドも捨てがたい味で、困ってしまいます。


写真は、ゴールデンレトリーバレスキューに預けられた11歳のレトリーバ。知人が今、引き取って、「お試し」期間中。



2011年2月19日から、鎌仲ひとみ監督ミツバチの羽音と地球の回転」が東京渋谷ユーロスペースロードショー公開されるそうです。詳しくは、


ミツバチの羽音と地球の回転 公式サイトをご覧下さい。


Mushroompicker communityMushroompicker community 2011/06/27 08:21 Hi!
We think you might be interested so we invite you to join the newest and best mushroom picking forums on the web: http://mushroompicker.com
Visit us and enjoy your stay!

2010年11月13日(土) 薄曇・肌寒

[] ビッグイシュー


ビッグイシュー日本版11月1日発売の154号(ボンジョヴィが表紙)は、秋のきのこ特集です。


ビッグイシューはホームレスを支援する雑誌イギリス発ですが、日本版もいろいろなところで売っています。300円。


大学新卒就職内定率が57%ちょっとというニュースがありました。新卒内定率の低さだけでなく、新卒以外は採らないという一斉採用を考え直さないと、卒業したときに就職できなかった人がそれをずっと引きずってしまうことになります。


きのこは、まずセンボンクズタケ[Psathyrella multissima]。




それから、懐かしのシロノハイイロシメジ[Clitocybe robusta]。ハイイロシメジとの区別は勝手に匂いでしています。どちらも独特ですが、少し違うのです。



こちらは、ヒダから柄にかけての拡大。垂生しているのがわかります。



autocadkursuautocadkursu 2011/12/29 19:30 Thank you for useful information that you

2010年11月09日(火) 晴・冷えてきた

[] スッポンタケ


スッポンタケ[Phallus impudicus]。春から晩秋まで、いつでも生えるようですが、いつでも生えるがために、探して出会うことはなかなか少ないきのこです。


といっても、それほど珍しいきのこではありません。





でも、いつ出会うかわからないので、なかなか写真には収めずにきました。


11月3日里山登山道脇のちょっと開けたような草地に、群生してました。


2010年10月26日(火) 雨・曇・暖かい朝・寒い夕方

[] ウラベニホテイシメジクサウラベニタケ


このところ世間を騒がせているウラベニホテイシメジクサウラベニタケ2006年10月9日の記事から写真を再掲してみました。



ウラベニホテイシメジは一般に大型。傘は水をはじきます。あと、柄が地中深く入っていることがあります(そうでないこともあります)。


クサウラベニタケはひょろひょろ小型で、雨が降ると傘に水がしみこみます。


標準和名イッポンシメジは結構大型で傘も水をはじくので、ちょっとウラベニホテイシメジとの区別が微妙


ウラベニホテイシメジは、傘にかすり模様があって、指で押したようなクレータみたいなものがあって、粉っぽい臭いがします。そして、ちょっと苦い。


10センチくらい離れて、両方が生えていることもありますから、注意しましょう。


といったことをそのときは書きましたが、実物を知らない場合はこうした言葉で区別はできないので、ご注意を。


他に、今日きのこはまず、ベニテングタケ[Amanita muscaria]。定番ですが、シラカバなどと共生する、つまり北の方のきのこなので、ハナイグチと同じように、あまり採りません。



もちろん毒キノコ。それほど強い毒ではないと言われていますが。


それからハナイグチ[Suillus grevillei]の大きくなったもの。



社会ネタでは、雨宮処凛さんの「『誰かが自分より得・楽してるっぽい』問題。の巻」。


2010年10月15日(金) 曇・暖

[] 続いて・・・


墨田だけでなく、ウラベニホテイシメジクサウラベニタケが混入していたという事故が続発しているようですね。


見慣れるとわかるのですが、見慣れていないとやはりわからないので、困ります。東京周辺の里山ではいつも有毒のクサウラベニタケがざっくざっく生えているのですが、今年は広い範囲で北は北海道でもクサウラベニタケが例年になく出ているようです。


というわけで、クサウラベニタケのお写真



傘の表面はつるっというかぬめっというか(といっても粘性はありません)、そんな感じ。また、柄はひ弱な感じで、どっしりしていません。といってもやはり有毒の似たきのこイッポンシメジはもっとがっしりした感じなのですが(注意:秩父地方ではイッポンシメジといえば食用のウラベニホテイシメジを指します)。


一方、ウラベニホテイシメジはもう少しオリーブっぽい色合いがあって、傘に指で押したような部分があり、微妙に絹のかすりがかかったような感じ。



どちらの写真も、拡大して見てください。もちろん、きのこ専門家が言うように、きのこはあくまで微生物なので肉眼での識別にはいつも誤りの危険があります。


さて、それとは別に、本日きのこは、まずモエギタケ[Stropharia aeruginosa]。モエギタケは珍しくないきのこのはずですが、久しぶりに出会いました。



山渓フィールドブックスの『きのこ』によると、「有毒とされていたことがあったが、志田信男氏によれば可食であるという」とのことです。でも、食べたいとは思いません。


もう一つは、ハナイグチ[Suillus grevillei]。



まだ幼菌です。


長野県ではジコボウ、北海道ではラクヨウ(落葉松[ラクヨウ]林に生えるため)と呼ばれ、人気のきのこ長野北海道では季節になると市場でよく見かけます。


歩きやすく見つけやすい落葉松林に生えるので、きのこ狩りをする地域ではみんなが採っちゃって、ほとんど採れません。写真は、これを含めて3つだけ、林のはずれに残っていたもの。


2010年10月04日(月) 曇・雨・涼

[] 墨田


墨田区イベントで、クリタケと間違えてニガクリタケが売られていた、というニュースがありました。


まだ2パックは行方が確認されていない、とか。。。


ちょっと怖いです。


秋のきのこがどんどん出始めたようです。お仕事が忙しくてなかなか行けませんが、秋のきのこの前に慌てて、夏のきのこ写真を少しアップしておきます。まずは、ハイカラテングタケ。2010年9月撮影です。背の高さは30センチ近くあったでしょうか。



傘は、こんな感じ↓



2010年09月11日(土) 残暑

[] 天法


1カ月以上あいだがあいてしまいました。夏、暑かったので。


友人が、「天法」をお土産にもってきてくれました。長野お酒で、まだ飲んでいません。


本日きのこは、Aseroe rubra(アカイカタケ)。マウイ島で友人が撮影してくれたもの。



日本図鑑写真を見ると、アカイカタケ[Aseroe rubra]の足はとても多く、説明にも足が多いように書いてあります。ネットのお写真も。


京都府レッドデータブック



ところで、Aseroe rubraで検索して出てくる写真の多くは、それほど足が多くないんです。たまたま、元記事英語日本語になっているもの:


Wikipedia 本日の写真 / 2010年1月19日 / アカイカタケCommentsAdd Star



2010年07月23日(金) 晴・暑

[] 猛暑


イラクバスラからお医者さんが来て各地で講演会をするとのことです。詳しくは、イラク・ホープ・ダイアリーの「7/24〜7/29イラクのバスラの医師来日。神戸、広島、名古屋、東京」をご覧下さい。


本日は、ツルタケ。あまり代わり映えしません。



傘の縁にある皺(線条のパターン)は、こんな感じ。



FujikaFujika 2010/07/29 13:24 こんにちは。ご無沙汰しております。
梅雨が明けて以来晴れっぱなしで、きのこはあまり見かけず寂しい限りです。
と思っていたら、先日家庭菜園のトウモロコシに黒穂菌(ウイトラコチェHUITLACOCHE)がついているのを発見しました。
不気味な外見に涙目になりながらも試食してみましたので、よかったらブログ覗いて見て下さいませ。

kinkinkinokinokinkinkinokino 2010/08/03 21:34 こんにちは。書き込みありがとうございます。実はしばらく前に拝見して、「あら、すごい勇気」と思っていました。大きさがわかりませんが、何だか砂肝のような貝の内臓のような感じですね!

ちなみに、うちのトウモロコシ第一弾は、多少虫が入っていましたが、特に問題なく実りました。

2010年07月11日(日) 曇り/雨・蒸暑

[] 日本酒焼酎


最近わかったことがあります。日本酒の味は大好きなのですが、飲むとぐったりと疲れること。一方、焼酎は(たぶん結構良いものを飲んでいるのだと思いますが)、疲れないし、顔にも出ません。


不思議、でもないかしら。


さて、本日は、「ヤマドリタケ」4種類。といっても、ヤマドリタケモドキ[Boletus reticulatus]、アカヤマドリ[Leccinum extremiorientale]、ムラサキヤマドリタケ[Boletus violaceofuscus]、コガネヤマドリ[Boletus auripes]で、ヤマドリタケ[Boletus edulis]ではありません。


コガネヤマドリ以外は、子ども






2010年06月26日(土) 曇・湿気・暑

[] 戦闘機150億円


新聞に載っていました。ひどい無駄使い。自民党時代に累積した財政赤字小泉首相が減らすとか言ってたけど、実は小泉政権時代にもものすごく増えてたんですね)が恐ろしい規模になっているのに。


関東周辺の平地では、梅雨から夏のきのこが色々出始めました。大きなものとしては、ベニタケの仲間、テングタケの仲間、イグチの仲間。定番ですね。


メカバイロタケ。これまでこのブログで紹介していたヒメカバイロタケの写真は雨に濡れてちょっとよくなかったので、今度はちょっといいです。



2010年06月16日(水) 雨・梅雨

[] そろそろ


関東は、梅雨のようです。そろそろ、いろいろなきのこが出始めました。


本日写真は、たぶんコキララタケ。根元に菌糸塊があるのとコキララタケ、ないとキララタケ、などと言われていますが、目で見るだけではまあそれほどよくわかりませんね。



写真は大きくなります。


アラゲキクラゲなども出始めました。これは結構、雨次第で通年で出ているのですが。


2010年06月05日(土) 曇・暖

[] ガザ


イスラエル軍ガザに物資を送ろうとする人道船団を襲撃して10人(19人?)を殺してから1週間近く。


探してみると、数年前からイスラエルの封鎖を受けているガザは本当に酷い状況に置かれているようです。パレスチナ情報センターに基本的な情報がありました。


襲撃に抗議し真相究明を求める署名がありました。

http://www.avaaz.org/en/gaza_flotilla_1/?vl


本日きのこは、スジオチバタケ[Marasmius purpureostriatus]。この季節から見られるようになります。



こっちは、ちょっといたずら。



2010年05月30日(日) 曇・肌寒

[] なぜか焼酎


このところ、少し焼酎を飲んでいます。島美人(だったけ)とか。日本酒の方が好きですが。


久しぶりに更新。まずは桜の花びらとともに、アミガサタケ。GW撮影です。



それから、チャワンタケのようなかたちをしたもの。フクロシトネタケに近いもののような気がします。5月半ばの撮影ですが、本日、見てみたら、平らに(フクロシトネタケのように)なっていました。ただし、カメラを持っていなかったので、本日写真はなしです。



上からの写真



2010年04月23日(金) 曇・雨・寒

[] 群馬


群馬泉のめずらしいラベルのお酒を手に入れました。しっかりしていて、すっきりしていて美味。


ずいぶん更新をさぼっていたのですが、ようやく少し更新。アミガサタケ4態です。


まずはトガリアミガサタケ。都心部では3月半ばから末が季節でしょうか。



黒っぽくて尖っています。ものの本では、頭が黄色くて丸い方が高級だとか。でもスペインフランス市場で出ている乾燥したものはほとんどトガリ。乾燥品の香りはいいです。


次に、ちょっとポンボケですが、頭の凹みが黒っぽいもの。大きなものには見られないので、大きくなると普通のアミガサタケになるのかしら。



トガリの発生から1〜2週間遅れます。


昨年から見つけたアミガサタケ。こちらは結構な大きさで頭の長さは7センチから8センチ。この場所のものは乾きやすいのです。



最後は、色の薄い細身のアミガサタケ。例年、小型のチャアミガサタケのようなものが生える場所です。



その他、雨もあっていろいろなきのこが見られるようになりました。

Sergy OrloffSergy Orloff 2010/04/24 00:55 You have very beautiful morels in Japan. I find it only once where I live. I already found (and ate) many Gyromitra though.

kinkinkinokinokinkinkinokino 2010/04/24 17:28 Thanks for your comment. In fact, Morels are abundant even in small parks in the centre of Tokyo at this season. On the other hand, we need to go to outskirts of Tokyo to get Gyromitra, though I'm too scared to serve them on table.

2010年03月15日(月) 薄曇・暖・花粉

[] アミガサタケ


今日はお昼に時間があったので、ツバキキンカクチャワンタケを探そうと散策したところ、初物のアミガサタケに出会いました。キンカクチャワンタケは例年すぐ見つかるのですが、何だか「きのこ目」がなくなった感じです。



今年は、いろいろな事情で冬のきのこをまったく追えずに終わりました。エノキタケさえ採ってません。


去年はいつ頃初物が顔を出したのだろうとこの日記を見ると3月11日でした。去年よりは、少し遅め。それにしても、恥ずかしいことに、「去年もエノキタケさえ採らずに春になった」と書いています。


あらあらあらあら


FujikaFujika 2010/04/13 11:40 こんにちは。ご無沙汰しています。
こちらもアミガサタケ出てましたよ〜。
でも、こちらの写真のような肉厚の立派なものではなく、ごく小さくて色ももっと黄色っぽいようなものでした。
(記事アップしましたのでよかったら見にいらして下さい)
昨年はアミガサタケさっぱりだったので今年は期待しています。

kinkinkinokinokinkinkinokino 2010/04/23 06:28 Fujikaさま
ご無沙汰しております。ときおり採集生活さんも覗いているのですが、このところは不精していました。しいたけも出ていますね! こちらもしいたけでました。葉タマネギと炒め物に入れました。アミガサタケその他は3月半ばからいくつか写真があるので、そろそろアップいたします。