Hatena::ブログ(Diary)

kinneko@転職先募集中の日記

検索エンジンから来た方へ: 申し訳ないですが、日記なので日々積み重なっています。
目的の情報にたどり着くには、右の検索窓から日記内を再検索してください。
北陸エリア内(もしくはエリア外でも)で転職先を探しています。
(マジです。ネタではありません。ホントですって...)
詳細履歴書をご希望の方はメールでご連絡下さいませ。(kinneko at gmail.com)
chromeで見ると、死ぬほど出るGoogleの広告がブロックできないので、
firefoxでABPを入れるとすっきり見られます。

2012-07-30

ソニーがカーナビ撤退 スマホ普及で市場細る カメラや音楽機器も苦戦続く

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD270FP_X20C12A7TJ0000/

米アマゾン、9月にも電子書籍配信開始 日本向け

http://www.asahi.com/business/update/0728/TKY201207270824.html

社長が年内になにか発表するって言ってるんだから、どーでもいいでしょ?

グーグル、モバイルへの移行で「成長の痛み」規模は拡大したが、利益圧迫される

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35712

バッテリーを食わない、位置情報アプリの開発キット

http://wired.jp/2012/07/22/skyhook-launches-mobile-location-tracking-tech-that-wont-drain-battery-power/

こうしたことが可能になる理由について、モーガン氏は次のように説明している。「このSDKの機能を使うと、ユーザーがある場所にチェックインした時点で、周囲8〜16kmほどの場所にあるすべてのWi-Fi接続ポイントや携帯基地局に関する情報をダウンロードして、端末内に保存するようになる。その後はいちいちネットワークに接続しなくても、ユーザーの位置を確かめられる」(モーガン氏)

「それに対して、他社のSDKでつくったアプリの場合、位置情報の確認のために毎回サーヴァーに接続する必要がある。そうしたプロセスを最適化できれば、バッテリー消費量をかなり抑えられる」(モーガン氏)

skyhook

http://www.skyhookwireless.com/

会社をうまく動かすために積み上げた知られざる工夫の数々が光るサイバーコネクトツー福岡本社見学ツアー

http://gigazine.net/news/20120722-cc2/

シャープのロボット家電「COCOROBO」が予想を上回る実績を上げている理由〜ソフト・基板・掃除機能の開発者に聞く

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/newtech/20120730_549047.html

ピルクス、Bluetooth搭載ADK対応Arduino互換ボード「PIRKUS-ADK」を発売

http://news.mynavi.jp/news/2012/07/27/118/

2万6040円は高い。

沿道のツイートで中継障害? IOC「つぶやき控えて」

http://www.asahi.com/sports/update/0730/TKY201207300003.html

 ロイター通信によると、障害が起きたのは全地球測位システム(GPS)を使った通信システム。後続集団が先頭からどのくらい引き離されているかを示すデータが得られず、ツイッター上には視聴者からの不満が多く寄せられたという。

データの授受に3Gを使ってたってことかな?

介護ロボ、保険対象に 15年度から利用料9割補助

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2901R_Z20C12A7MM8000/

 政府は介護・福祉に役立つ先端機器(介護ロボット)への公的保険の適用範囲を拡大する。歩行・食事など介護される人の自立を助ける機器、入浴・車いすへの移乗など介護する人の仕事を助ける機器などを介護保険の対象とする。必要な機能を絞り込んだうえで2015年度から利用料の9割を補助する。介護士の不足に対応すると同時に、国内メーカーに安価で使い勝手のいい製品の開発を促す。

実名制がコメント荒らしを解決できない、驚くほど確かな証拠

http://jp.techcrunch.com/archives/20120729surprisingly-good-evidence-that-real-name-policies-fail-to-improve-comments/

理論はともかく、この議論の参考になる確かな証拠がある。韓国では4年にわたり厳格な実名コメントルールを課してきた。2003年に政治的ウェブサイトから始め、2007年には訪問者30万人以上のサイトにも拡大し、ある著名人の自殺に関してネット上の名誉棄損が言及された一年後には、年間訪問者10万人へと強化された。しかしこのポリシーは、韓国通信委員会の調査によって迷惑コメントが0.9%しか減っていないことがわかるとすぐに廃止が決定された。韓国サイトには、おそらく価値ある個人情報を求めてハッカーたちも殺到した。

カーネギーメロン大学のDaegon ChoとAllessandro Acquistiによる継続分析の結果、実名ポリシーは一部の利用者層において、罵りコメントの頻度をむしろ高めていることがわかった。同ポリシーは、罵倒や「反道徳的」行動を全体では最大30%減少させたが、個々のユーザーはたじろいでいない。1、2件のコメントを投稿する「ライト・ユーザー」は同ポリシーの影響を強く受けているが、「ヘビー」な連中(11〜16コメント以上)はひるむ様子がない。

委員会の推定によると悪質なコメントは全体の13%だけであることから、わずか30%の減少は、汚れたコメントシステムにとっては焼け石に水だろう。

[] InstallESD.dmgからのリカバリを試す

純正Mac miniにそのままUbuntu入れようとしたらCD起動できない。

ドライブ換装したものは問題なかったのだけど、何があるのだろう?

MBR/GPTの問題かな?

それともEFI/BIOS互換の問題かな?

前にやったやつと同じ条件にしてみるため、ネットワークリカバリして、ドライブをゼロ書きする。

FATとかでフォーマットしたらいいのだろうか?

前はHFS+だったけど。

まずは、今回もそれで上書きしてみた。


このまま一度OSXのインストールをすると、5,6時間待つことになる。

前回バックアップしておいたインストールイメージを使ってみる。

手元に手頃なUSBメモリがなかったので、遅いけど8GBのmicroSDを使う。

ディスクユーティリティで、Lionの"InstallESD.dmg"をSDに復元する。

復元は、メディアは選べないのね。

パーティションを選ぶことになる。

これで起動できるのかね?

"Mac OS X Install ESD"という名前のボリュームが復元された。


これをMac miniの後ろのSDスロットに差し込んでみる。

Winキーを押しながら起動。

普通に起動してきた。

USBメモリより便利かもしれない。

インストールを選んで10分ほど。

インストールを終わって、再起動した。

再起動しても、インストール作業は続いていた。

残り22分とか出る。

終わると、また再起動した。

それでも、数時間もダウンロードを待たなくてもいいのは素晴らしい!


一度インストールを終わると、起動ディスクの一覧の中にUbuntuCDも出てくるようになった。

出荷状態で出てこないというのは、どうにも解せないが、もう元にはもどらないので、これでOKということで。


と、思ったが、どうにも画面が砂の嵐で、Ubuntu起動画面にならない。

ううう。

あと、やってないのは、OSXのアップデートだけなんだけど...


Winボタン押しながら再起動したらできた。

うーん。

いろいろ不明のままなので、気持ち悪い。

URL短縮のBitly、トレンディング・リンクの検索エンジン「Realtime」を発表

http://jp.techcrunch.com/archives/20120728bitly-announces-realtime-a-search-engine-for-trending-links/

Bitlyは新しいBitly Labsプロジェクト、Realtimeを発表した。これは最も多くクリックされたbitlyリンクを見つけるサービスだ。Realtimeは現在プライベートベータ中で、検索はソーシャルネットワーク、キーワード、タイトルなどで絞り込める。

ひと目で(Mac)OS Xの歴史が分かる画像【作: @loop99】

http://wayohoo.com/mac/news/history-of-mac-os-x.html

グラフで見るAMD CPUアーキテクチャーとプロセスの進化

http://ascii.jp/elem/000/000/712/712692/

[] git鯖の構築 -2-

こんどは、前よりHDDもRAMも少ない素のMac mini環境。

UbuntuServer 11.04は入った。

インストーラーで入れたのは、sshdだけ。

gitをパッケージインストールした。


httpで鯖を公開してしまうのは、いろいろとリスクもあるので、gitプロトコルのみの許可にする。

Web公開はローカルだけにしておく。


gitのリポジトリを作成しておく。

kinneko@gitsv2:~$ sudo mkdir -p /var/git/EVT/test.git
kinneko@gitsv2:~$ cd /var/git/EVT/test.git
kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo git --bare init --shared
Initialized empty shared Git repository in /var/git/EVT/test.git/
kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo groupadd developer
kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo usermod -G developer kinneko
kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo chown root:developer -R ./

gitサーバーを動かす。

Ubuntuだと、起動スクリプト類がgit-daemon-runという専用のパッケージになっているそうな。

依存するrunitのインストールで、

grep: /etc/inittab: No such file or directory

と出ているのが気になるところ。

gitlogとgitdaemonというユーザーが自動追加された。

デフォルトの設定ファイルでは、gitディレクトリが"/nonexistent"になっているようで、起動時にエラーを出している。

しかし、起動はしている。

 1905 ?        Ss     0:00 runsvdir -P /etc/service log: ..................................................
 1945 ?        Ss     0:00 runsv git-daemon
 1946 ?        S      0:00 svlogd -tt /var/log/git-daemon
 1947 ?        S      0:00 /usr/lib/git-core/git-daemon --verbose --base-path=/var/cache /var/cache/git

設定を編集しておく。

kinneko@gitsv2:~$ sudo vi /etc/sv/git-daemon/run
#!/bin/sh
exec 2>&1
echo 'git-daemon starting.'
exec chpst -ugitdaemon \
  "$(git --exec-path)"/git-daemon --verbose --base-path=/var/cache /var/cache/git

nonexistentは判定で存在しなかったから出しただけなのかな。

  "$(git --exec-path)"/git-daemon --verbose --base-path=/var/git --export-all --enable=receive-pack 

現在のサービス状態を見る。

kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo sv stat git-daemon
run: git-daemon: (pid 1947) 2141s; run: log: (pid 1946) 2141s

一応動いているみたい。


サービスを停止・起動する。

kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo sv stop git-daemon
ok: down: git-daemon: 0s, normally up
kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo sv start git-daemon
timeout: down: git-daemon: 1s, normally up, want up

なんか、ps見ても、止まっている気がしないわ...

logのほうは別に停止起動をする必要があるみたい。

kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo sv stop git-daemon/log
ok: down: git-daemon/log: 0s, normally up
kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo sv start git-daemon/log
ok: run: git-daemon/log: (pid 2682) 1s
kinneko@gitsv2:/var/git/EVT/test.git$ sudo sv stat git-daemon/log
run: git-daemon/log: (pid 2682) 16s

こちらは、svlogdのプロセスがなくなるので、明確に止まるのが確認できる。


簡単すぎて不安になるくらいだな。

でも、普通のsysvスタイルになってない起動システムは、嫌な感じがするのは年寄りですか、そーですか。

About X11 and OS X Mountain Lion

http://support.apple.com/kb/HT5293?viewlocale=en_US&locale=en_US

Appleでの配布はやめるし、OSSの使ってねってことか。

http://xquartz.macosforge.org/landing/

OS X Mountain Lionで、Time Machineの「複数の場所でバックアップ」機能を利用するには、ドライブ設定時に「両方」を選択する

http://www.macotakara.jp/blog/index.php?ID=17251