Hatena::ブログ(Diary)

kinneko@転職先募集中の日記

検索エンジンから来た方へ: 申し訳ないですが、日記なので日々積み重なっています。
目的の情報にたどり着くには、右の検索窓から日記内を再検索してください。
北陸エリア内(もしくはエリア外でも)で転職先を探しています。
(マジです。ネタではありません。ホントですって...)
詳細履歴書をご希望の方はメールでご連絡下さいませ。(kinneko at gmail.com)
chromeで見ると、死ぬほど出るGoogleの広告がブロックできないので、
firefoxでABPを入れるとすっきり見られます。

2018-04-06

frpを使ったNAT配下マシンの中継接続

ちょっとした余興に使うのに、goで書かれたfrpを使って、NAT配下のraspi上のowncloudを、さくらのクラウドに置いたインスタンスで中継接続させてみた。

有料になっちゃった、ngrokを自前でやる的なもの。


frpの日本語の資料はないけど、中国語はいっぱいわかりやすいのがあったw

androidのowncloudクライアントβ(99円)からも普通に接続している。

proxy配下からの接続も問題なし。

まったくのゼロから2時間くらい。

一番時間かかったのは本題ではないowncloud。

frpはmakeせずにバイナリ配布の各アーキテクチャ向けのを使った。

frpは、sshだけなら設定は超簡単だった。

webの中継は独特な感じでめんどくさい。何ヶ所かちょっと試行錯誤あった。

TSL化とfrpの認証は設定していない。

owncloud config.iniのtrusted_hostの設定は、さくら側のIPをハードコートしてしまったので解決してない。

*では通らなかった。制限をしない方法はないんだろうか?


数日使ってみたが、超安定している。

速度も、まぁこんなもんじゃないかなという感じ。

認証強化とTLS化したらそれでそのまま使っていいかも。

ownClowdのクライアントがイマイチだけど。それはDAVクライアントでいいかな。

中継サーバー側はどのくらいの接続を許すのか、どのくらいのルールを書けるのか、あとモニタサーバーを起動してみてないので、それを見てみるか。daemonをsystemd配下にするのもいるな。

NASやWebCamにfrp組み込んでみるのもいいかも。

sourceからのビルドもやってみないと。


しかし、技書話人伝 の準備のが先かw

まだ原稿できてないw

印刷と製本も手でやるので時間が苦しい。

2018-03-26

procからuuid作ると、14文字目が4になる

uuidをファイル名にしてたくさん作ったものをlsして気がついた。

漫然と表示してただけなら気が付かなかったかも。


再現テスト。

#!/bin/bash
for i in `seq 1000`
do
  cat /proc/sys/kernel/random/uuid | awk -F'-' '{print $1$2$3$4$5}u' >> test.log
done
cat test.log| cut -c 13 | sort | uniq -c

$ ./test.sh

1000 4

面白い。


環境はAWS t2.microでubuntu 16.04.4。

$ uname -a

Linux ip-xxx-xxx-xxx-xxx 4.4.0-1049-aws #58-Ubuntu SMP Fri Jan 12 23:17:09 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

$ cat /etc/os-release

NAME="Ubuntu"

VERSION="16.04.4 LTS (Xenial Xerus)"

ID=ubuntu

ID_LIKE=debian

PRETTY_NAME="Ubuntu 16.04.4 LTS"

VERSION_ID="16.04"

HOME_URL="http://www.ubuntu.com/"

SUPPORT_URL="http://help.ubuntu.com/"

BUG_REPORT_URL="http://bugs.launchpad.net/ubuntu/"

VERSION_CODENAME=xenial

UBUNTU_CODENAME=xenial


UUIDって、完全乱数かと思ってたら、ver4ではバリアントとバージョン情報が入るのね。

16進表記ではRRRRRRRR-RRRR-4RRR-rRRR-RRRRRRRRRRRRとなり、バリアント(10)とバージョン(0100)を除くすべてのビットを乱数(R:122ビット)で生成する。

規則性が埋もれているのであれば、扱いには注意しないといけないな...

2018-02-13

High Sierraにしたら、sshでパスフレーズを必ず聞かれるようになってめんどくさい

Sierraからだそうですけど。

$ vi ~/.ssh/config

UseRoaming no

これしか書いてなかった…


以下追記。

ServerAliveInterval 1200

ServerAliveCountMax 12

TCPKeepAlive yes

Compression yes

AddKeysToAgent yes

UseKeychain yes

GSSAPIAuthentication no

こんな感じに。


しかし、初回は同じように聞かれる。

そのあとは覚えてくれるようだ。

2018-01-16

スペクターとメルトダウンのシェルスクリプト簡易チェッカーがあったので試してみた

speed47/spectre-meltdown-checker: Spectre & Meltdown vulnerability/mitigation checker for Linux

https://github.com/speed47/spectre-meltdown-checker

何か実行して調べるわけではなく、いろんなパラメータから状態を調べるだけのよう。

ダウンロードして実行してみる。


さくらのクラウド

ターゲットは、まだ対策がされていない"さくらのクラウド"でのインスタンス。

ダウンロードして実行権限を与える。

ubuntu@psv:~/test$ wget https://raw.githubusercontent.com/speed47/spectre-meltdown-checker/master/spectre-meltdown-checker.sh
--2018-01-16 13:33:29--  https://raw.githubusercontent.com/speed47/spectre-meltdown-checker/master/spectre-meltdown-checker.sh
Resolving raw.githubusercontent.com (raw.githubusercontent.com)... 151.101.228.133
Connecting to raw.githubusercontent.com (raw.githubusercontent.com)|151.101.228.133|:443... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 36439 (36K) [text/plain]
Saving to: ‘spectre-meltdown-checker.sh’

spectre-meltdown-ch 100%[===================>]  35.58K  --.-KB/s    in 0.03s

2018-01-16 13:33:29 (1.26 MB/s) - ‘spectre-meltdown-checker.sh’ saved [36439/36439]

ubuntu@psv:~/test$ chmod +x spectre-meltdown-checker.sh

rootで実行しろってことだけど、ユーザー権限でもある程度はわかる。

ubuntu@psv:~/test$ ./spectre-meltdown-checker.sh
Spectre and Meltdown mitigation detection tool v0.31

Note that you should launch this script with root privileges to get accurate information.
We'll proceed but you might see permission denied errors.
To run it as root, you can try the following command: sudo ./spectre-meltdown-checker.sh

Checking for vulnerabilities against running kernel Linux 4.4.0-96-generic #119-Ubuntu SMP Tue Sep 12 14:59:54 UTC 2017 x86_64
CPU is Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 0 @ 2.50GHz
./spectre-meltdown-checker.sh: 1: ./spectre-meltdown-checker.sh: cannot open /boot/vmlinuz-4.4.0-96-generic: Permission denied
./spectre-meltdown-checker.sh: 1: ./spectre-meltdown-checker.sh: cannot open /boot/vmlinuz-4.4.0-96-generic: Permission denied
./spectre-meltdown-checker.sh: 1: ./spectre-meltdown-checker.sh: cannot open /boot/vmlinuz-4.4.0-96-generic: Permission denied
./spectre-meltdown-checker.sh: 1: ./spectre-meltdown-checker.sh: cannot open /boot/vmlinuz-4.4.0-96-generic: Permission denied
./spectre-meltdown-checker.sh: 1: ./spectre-meltdown-checker.sh: cannot open /boot/vmlinuz-4.4.0-96-generic: Permission denied
./spectre-meltdown-checker.sh: 1: ./spectre-meltdown-checker.sh: cannot open /boot/vmlinuz-4.4.0-96-generic: Permission denied

CVE-2017-5753 [bounds check bypass] aka 'Spectre Variant 1'
* Checking count of LFENCE opcodes in kernel:  UNKNOWN
> STATUS:  UNKNOWN  (couldn't check (couldn't extract your kernel from /boot/vmlinuz-4.4.0-96-generic))

CVE-2017-5715 [branch target injection] aka 'Spectre Variant 2'
* Mitigation 1
*   Hardware (CPU microcode) support for mitigation
*     The SPEC_CTRL MSR is available:  UNKNOWN  (couldn't read /dev/cpu/0/msr, is msr support enabled in your kernel?)
*     The SPEC_CTRL CPUID feature bit is set:  UNKNOWN  (couldn't read /dev/cpu/0/cpuidr, is cpuid support enabled in your kernel?)
*   Kernel support for IBRS:  NO
*   IBRS enabled for Kernel space:  NO
*   IBRS enabled for User space:  NO
* Mitigation 2
*   Kernel compiled with retpoline option:  NO
*   Kernel compiled with a retpoline-aware compiler:  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (IBRS hardware + kernel support OR kernel with retpoline are needed to mitigate the vulnerability)

CVE-2017-5754 [rogue data cache load] aka 'Meltdown' aka 'Variant 3'
* Kernel supports Page Table Isolation (PTI):  NO
* PTI enabled and active:  NO
* Checking if we're running under Xen PV (64 bits):  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (PTI is needed to mitigate the vulnerability)

A false sense of security is worse than no security at all, see --disclaimer

rootでやってみる。

ubuntu@psv:~/test$ sudo ./spectre-meltdown-checker.sh
[sudo] password for ubuntu:
Spectre and Meltdown mitigation detection tool v0.31

Checking for vulnerabilities against running kernel Linux 4.4.0-96-generic #119-Ubuntu SMP Tue Sep 12 14:59:54 UTC 2017 x86_64
CPU is Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2640 0 @ 2.50GHz

CVE-2017-5753 [bounds check bypass] aka 'Spectre Variant 1'
* Checking count of LFENCE opcodes in kernel:  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (only 33 opcodes found, should be >= 70, heuristic to be improved when official patches become available)

CVE-2017-5715 [branch target injection] aka 'Spectre Variant 2'
* Mitigation 1
*   Hardware (CPU microcode) support for mitigation
*     The SPEC_CTRL MSR is available:  YES
*     The SPEC_CTRL CPUID feature bit is set:  NO
*   Kernel support for IBRS:  NO
*   IBRS enabled for Kernel space:  NO
*   IBRS enabled for User space:  NO
* Mitigation 2
*   Kernel compiled with retpoline option:  NO
*   Kernel compiled with a retpoline-aware compiler:  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (IBRS hardware + kernel support OR kernel with retpoline are needed to mitigate the vulnerability)

CVE-2017-5754 [rogue data cache load] aka 'Meltdown' aka 'Variant 3'
* Kernel supports Page Table Isolation (PTI):  NO
* PTI enabled and active:  NO
* Checking if we're running under Xen PV (64 bits):  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (PTI is needed to mitigate the vulnerability)

A false sense of security is worse than no security at all, see --disclaimer

リアルな表示は、エスケープシーケンでカラフルになっているから、もっとわかりやすいよ。

対策はされていない。


ubuntu@psv:~$ uname -a
Linux psv 4.4.0-96-generic #119-Ubuntu SMP Tue Sep 12 14:59:54 UTC 2017 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
ubuntu@psv:~$ sudo apt-get update
ubuntu@psv:~$ sudo apt-get upgrade
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
Calculating upgrade... Done
The following packages have been kept back:
  libdrm-amdgpu1 libdrm2 libegl1-mesa libgbm1 libgl1-mesa-dri
  libwayland-egl1-mesa linux-generic linux-headers-generic linux-image-generic
The following packages will be upgraded:
  libgdk-pixbuf2.0-0 libgdk-pixbuf2.0-common ubuntu-mono
3 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 9 not upgraded.
Need to get 346 kB of archives.
After this operation, 0 B of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] y
(snip)

xenial-updates/mainにも、xenial-security/mainにも、対策パッケージは来ていないようだ。


AWS

AWSでもやってみようかな。

$ sudo ./spectre-meltdown-checker.sh
Spectre and Meltdown mitigation detection tool v0.31

Checking for vulnerabilities against running kernel Linux 4.4.0-1039-aws #48-Ubuntu SMP Wed Oct 11 15:15:01 UTC 2017 x86_64
CPU is Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2686 v4 @ 2.30GHz

CVE-2017-5753 [bounds check bypass] aka 'Spectre Variant 1'
* Checking count of LFENCE opcodes in kernel:  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (only 33 opcodes found, should be >= 70, heuristic to be improved when official patches become available)

CVE-2017-5715 [branch target injection] aka 'Spectre Variant 2'
* Mitigation 1
*   Hardware (CPU microcode) support for mitigation
*     The SPEC_CTRL MSR is available:  YES
*     The SPEC_CTRL CPUID feature bit is set:  NO
*   Kernel support for IBRS:  NO
*   IBRS enabled for Kernel space:  NO
*   IBRS enabled for User space:  NO
* Mitigation 2
*   Kernel compiled with retpoline option:  NO
*   Kernel compiled with a retpoline-aware compiler:  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (IBRS hardware + kernel support OR kernel with retpoline are needed to mitigate the vulnerability)

CVE-2017-5754 [rogue data cache load] aka 'Meltdown' aka 'Variant 3'
* Kernel supports Page Table Isolation (PTI):  NO
* PTI enabled and active:  NO
* Checking if we're running under Xen PV (64 bits):  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (PTI is needed to mitigate the vulnerability)

A false sense of security is worse than no security at all, see --disclaimer

EC2の中身までは責任の範囲外で、自分でやれってことね。



パッケージアップデートして再起動。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
Calculating upgrade... Done
The following packages were automatically installed and are no longer required:
  linux-aws-headers-4.4.0-1028 linux-aws-headers-4.4.0-1035
  linux-aws-headers-4.4.0-1038 linux-aws-headers-4.4.0-1041
  linux-aws-headers-4.4.0-1043 linux-aws-headers-4.4.0-1044
  linux-headers-4.4.0-1028-aws linux-headers-4.4.0-1035-aws
  linux-headers-4.4.0-1038-aws linux-headers-4.4.0-1041-aws
  linux-headers-4.4.0-1043-aws linux-headers-4.4.0-1044-aws
  linux-image-4.4.0-1028-aws linux-image-4.4.0-1035-aws
  linux-image-4.4.0-1038-aws linux-image-4.4.0-1041-aws
  linux-image-4.4.0-1043-aws linux-image-4.4.0-1044-aws
Use 'sudo apt autoremove' to remove them.
The following packages have been kept back:
  libdrm2
The following packages will be upgraded:
  grub-common grub-pc grub-pc-bin grub2-common libseccomp2 squashfs-tools
  unattended-upgrades
7 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 1 not upgraded.
Need to get 3,477 kB of archives.
After this operation, 28.7 kB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] y
(snip)
$ sudo reboot

AWSのは独自パッケージのようだ。


そんなに新しくないな。

$ uname -a
Linux ip-xxx-xxx-xxx-xxx 4.4.0-1048-aws #57-Ubuntu SMP Tue Jan 9 21:45:57 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

実行する。

$ sudo ./spectre-meltdown-checker.sh
Spectre and Meltdown mitigation detection tool v0.31

Checking for vulnerabilities against running kernel Linux 4.4.0-1048-aws #57-Ubuntu SMP Tue Jan 9 21:45:57 UTC 2018 x86_64
CPU is Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2686 v4 @ 2.30GHz

CVE-2017-5753 [bounds check bypass] aka 'Spectre Variant 1'
* Checking count of LFENCE opcodes in kernel:  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (only 35 opcodes found, should be >= 70, heuristic to be improved when official patches become available)

CVE-2017-5715 [branch target injection] aka 'Spectre Variant 2'
* Mitigation 1
*   Hardware (CPU microcode) support for mitigation
*     The SPEC_CTRL MSR is available:  YES
*     The SPEC_CTRL CPUID feature bit is set:  NO
*   Kernel support for IBRS:  NO
*   IBRS enabled for Kernel space:  NO
*   IBRS enabled for User space:  NO
* Mitigation 2
*   Kernel compiled with retpoline option:  NO
*   Kernel compiled with a retpoline-aware compiler:  NO
> STATUS:  VULNERABLE  (IBRS hardware + kernel support OR kernel with retpoline are needed to mitigate the vulnerability)

CVE-2017-5754 [rogue data cache load] aka 'Meltdown' aka 'Variant 3'
* Kernel supports Page Table Isolation (PTI):  YES
* PTI enabled and active:  YES
* Checking if we're running under Xen PV (64 bits):  NO
> STATUS:  NOT VULNERABLE  (PTI mitigates the vulnerability)

A false sense of security is worse than no security at all, see --disclaimer

スペクターは未対策。

メルトダウンの対策がされたのはわかった。

2018-01-10

Wedge Mobile Keyboardの電源接触不良の修理

店でさわってみて、キータッチがよさげで気になっていたMSのWedge Mobile Keyboardが某フリマに出ていた。

電源入らなくなったということでゼロ円。

先日まで使えていたということで、BTキーボードゆえ特に劣化するようなパーツもない構造と推測、修理可能ではないかと判断する。

さっそく依頼。

送料380円で東京から送ってもらった。

実際には、500円かかってたけど差額はいらないって。どうもありがとうw

電池交換したら使えなくなったということで、電池ボックス付近の接触不良という見立て。


単4電池を2本入れてみる。

なんか、電池ボックスのロックがガバガバなんだけど...

ロックしても、少し突出しているような。原因はこれっぽい。

電源はFn+ESCという変な組み合わせ。押しても反応しない。

電源状態は数字の7の下あたりにあるLEDでわかるのだけど、これが点灯しない。

通常はどこかに照度センサーがあって、カバー外したら電源入る仕様のようだ。

つまり、暗いところでは使えない?

照度センサーにゴミでも付いたという可能性もある。


分解は難しい筐体だ。

ネジ類は表面には見当たらない。

キートップは外れない。キーを壊したら使えないので無理はしない。

電池と回路が内蔵されていると思われるスタンド部のラバータッチのカバーも外れない。

BTボタン側もすぐには外れない感じ。

可動部のある電池ボックス側からアプローチする。

電池ボックスのレールからスライド部が外れた。

特に破損している部品はなさそう。

ロック機構にはまる突出部がある。

端子が少しへこんだところに付いている。

本体側はスプリングが出ていて、そこに端子が接触するようだ。

電池ボックスのレールやロックにガタがきやすく、そこから接触不良になる構造だった。

接点のスプリングも短い。

これ以上の分解は破壊なしには困難な感じ。

使えることが前提なので破壊は避ける。

接点を調整すると、普通に電源が入り、BTボタンの長押しでペアリングして使えるようになった。


全体にあんまり設計よくない感じ。

キーの隙間にはゴミが入りやすいし、キートップが外しにくく、掃除も困難。

打ち心地は悪く無い。

BSボタンが小さいので自分で使うにはイマイチか。

英語配列ならよかったのに日本語配列なのが残念だ。

中央で曲げてスタンドにもなるラバー加工のカバーが重い。

セットすると持ち歩く気をなくす重さ。たぶん、中にズズかなんかの合金のプレートが入っているのじゃなかろうか。

重くないと、タブレットを保持できないという設計なんだろうけど、持ち歩きでこれは致命的。

カバーの装着もスライドさせるのははめにくいし、外しにくい。上からかぶせたり、そのまま無理やり取ったりするのもなんかダメな感じ。

カバーは自作で代替品を3Dプリントしたらよくなるんじゃないだろうか。