ほてなダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-11-01 Tue

[] ソウ2

サスペンスと思わせておいて笑撃のラストで観客を笑いのズンドコに突き落とす。

デヴィッド・フィンチャー監督の 『ゲーム』 と双璧をなす一発芸ムービー。

これは、前作 『SAW ソウ』 を観たときに僕が書いたこと。

でも、これは悪口を言っているのではなく、僕なりの褒め方だったんですよ。


しかし、今度のラストは前作のような 「んなアホなぁ〜」 的なオチではなかった。

いい意味で普通のホラー映画になっていて楽しめました。

前作を観ていなくても面白いと思いますが、やはり知ってる人にしか分からないこともあるので、未見の方はぜひ前作を観てから。

今回使われた神経ガスについて 「Tokyo Subway Attack*1 に使われたと同じもの」 というジグソウのセリフがありましたが、字幕ではそれには一切触れていませんでした。

あと、小ネタとして、例の家の場所を 「Last House on the Left*2」 だと説明したりもしていました。他にもホラーファンにしか分からない遊びがあったのかも?


B00067HCXUSAW ソウ DTSエディション

おすすめ平均 star
starヤバイですよこれは
star密室の2人の演技が素晴らしい!!
starこの手の映画は・・・・・と思っていましたが!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:地下鉄サリン事件

*2ウェス・クレイヴン監督 『鮮血の美学』 (別題 『白昼の暴行魔 II』) の原題

sabunorisabunori 2005/11/01 19:58 はじめまして、sabunoriと申します。
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。
「神経ガス」の「Tokyo Subway Attackに・・・」というくだり、
ブログを読ませていただいて確かにそう言っていたような
記憶が蘇りました。(ってあんまりよくわかってないのですが)
続編モノにしては頑張ったな、という好感触な作品でした。

kintkint 2005/11/01 20:21 sabunoriさん、ありがとうございます。
そうですね〜、やはりあの事件の被害者の方たちに配慮して、あえて訳さなかったのだと思います。ま、単に字数制限で書けなかっただけかも知れませんけど・・・。

ナマニクナマニク 2005/11/01 21:31 TBご馳走様です〜。
Tokyo Subway Attackは私も気がつきましたー。
でも、サリンって遅効性に出来るモンなのかな。
でも、Last House on the Leftは解らなかったですよ。(;゜∀゜)

イヅノスケイヅノスケ 2005/11/01 21:40 TBありがとうございます。イヅノスケと申します。
さっそくこちらからもTBさせていただきました!
私なんか、字幕を追いかけるのでせいいっぱい・・・
英語が分かる方がうらやましいです。

「SAW2」!見に行った甲斐がありました。
確かにホラーの要素も館の中で繰り広げられていましたし、
ラストの音楽も前作同様スリルあふれる演出でしたしね。
十分楽しめた作品だと思います。

るるる@fabるるる@fab 2005/11/01 22:06 私も地下鉄に関する訳は、被害者の心境に配慮して・・・の事ではなかったかと思います。そのままだと何かしらのクレームがあったかもしれないですし。内容的にはそれで全く意味がわからなくなる箇所ではなかったのでそれほど気になりませんでした。

kintkint 2005/11/02 00:38 >ナマニクさん、どもです〜。
輸入盤DVD紹介以外の日記的なことは、ここに書いてます。こちらもヨロシクお願いしますね。

>イヅノスケさん、ありがとうございます。
他にも何か「あ、これはっ!」と思ったセリフがあった気がするのですが、歳のせいか観終わったら忘れていました(泣。

>るるる@fabさん、ありがとうございます。
事件から10年経った今、外国映画で地下鉄サリン事件に触れているということは、この映画を観る世界中の観客にも、今でもその意味が分かる程の事件だという前提でのセリフだと思うんです。
今日、映画館で僕の隣に座っていたのは高校生5人組でした。それで、このぐらいの子なら事件当時は5〜6歳、ひょっとしたら地下鉄サリン事件を知らないんじゃないかと、ふと思ったわけです。
全然関係の無い外国人が「それほどスゴイ事件だったんだよ」と言っているのに、たかがホラー映画のちょっとしたセリフとは言え、日本人自身がそれを無かったことみたいに扱うのはいかがなものかと。
被害者への配慮はもちろん大事なことですが、なんか腫れ物に触るように慎重になり過ぎるのもどうかなぁと感じました。