Hatena::ブログ(Diary)

FROM THE PLANET WITH LOVE♪ このページをアンテナに追加 RSSフィード

Cnt

2017.03.29 Wed

[] 貴女の世界に愛を 2017.03 23:22


i






  


…… あ っ ……


   …… 閣下 ……



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170329

2017.03.20 Mon

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170320

2017.03.19 Sun

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170319

2017.03.18 Sat

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170318

2017.03.17 Fri

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170317

2017.03.16 Thu

[] 可能性は 0% ぢゃない vs 可能性はほぼ 0% に等しい


 

  .




JALの東京行最終便に乗るべく、

空港へ。、


ぢつは、2月の運時刻に基づき

行動していたのだが、

ぢつは、今日は2月29日ではなく、

最終便の時刻も、

3月は2月より10分早くなっていた。


搭乗には何の問題もなかったのですが、

やっぱり、余裕を持って行動するというのは

重要だねぇ〜〜 ( A^^;; )。


ん?、何かイベントをしている。


なんだぁ〜〜?


B737−800が、運行10周年?。



燃費が良いだけあって、B737−800の通路は狭い。

その狭い通路に


窓際のA席を取っておいた σ(-_-) だが、

B席、C席には、

すでにおばちゃんたちがブランケットをかけ、

その上からきちんとシートベルトを掛け

熱心に話しに花を咲かせている 凸 - -#


「 すいませ〜〜ん 」 と、

何度言っても気付いてもらえず。


いつしか、 σ(-_-) の後ろには、

より後方に行こうとする乗客たちの行列が。


CAのサポートもあって、

どうにか窓際A席に座れた σ(-_-) だが、

フライト中もオバちゃんたちのおしゃべりは

σ(-_-) の左下にあるだろう CFM56−7B (何馬力相当なんだ?)の

発動機音よりも煩く

羽田まで続いたのであった (-人-) 。



i

[][][] □ 23:45


職場の女性同僚は、

B737−800運行10周年イベントで、

歴代CAカレンダー2017』を貰ったと、

思い込んでいる。






トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170316

2017.03.15 Wed

[] 貴女の世界に愛を 2017.03 23:22


i






  


…… あ っ ……


   …… 閣下 ……



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170315

2017.03.14 Tue

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170314

2017.03.13 Mon

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170313

2017.03.12 Sun

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170312

2017.03.11 Sat

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170311

2017.03.10 Fri

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170310

2017.03.09 Thu

kiratei2017-03-09

[] 大型グラビア猫 正式デビュー?! 


  .



今月のいろいろ


3月というのはいろいろありますねえ。

末っ子君は中3ということで受験生です。

成績は良くないですが2月の時点で県立の工業高校の推薦が受かっているので遊び倒しております。

この様子を見ていた長女は納得いかぬ顔。

長女はこつこつと勉強するタイプで総合学科の推薦の合格を勝ち取ったタイプ。

まあ、学校のレベルの違いはあるものの行き先が決まって親としてはほっとしております。


子ども3人とも違う学校へ進むことになります。

長女 県立の総合学科の高校から県立大学へ進学。その後就職

次女 私立の高校から就職。

長男 県立の工業高校へ。


これから中学校の愛校作業として教室の掃除へ行かないとだし来週には卒業式。

その数日後に高校の入学説明会

制服もいるし教科書も購入しないといけないし。

出費が〜〜〜〜。


天気も良く分からない状態で8日には隣の市で大雪警報が出ていたし…。

車のタイヤはいつ交換できるんでせうか。

スタットレス嫌いなんだよね(^^ゞ。




特に意味は無いけど我が家のにゃんこ達。

下の写真。背中の真ん中にハート型があります。

きっと丸い黒い模様に冬毛の長い白い毛が被さってできたもの。


夜中に運動会をするのはやめてほしいわあ ( 笑 ) 。




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170309

2017.03.08 Wed

[] 顧客  20:17


  .


メモを見ると、

  開店は、2013.04.22 オープン。

    ただし、2013.0417 よりプレオープン。


σ(-_-) 個人としては、

  『 経営者 』 ではなく、

    『 ラーメン屋 の 主人 』 であって欲しかったな。


閉店のお知らせ

          2017.02.07 23:09:25

大変急なお知らせですが、

3月15日(水)を持ちまして 『 NOODLE STOCK 鶴おか 』 を閉店とさせていただきます。


1年前から2号店出店の準備を進めてまいりましたが

一番大事な人員確保ができず、

2店舗同時に運営する事が困難になりました。


オープンからずっと支えてくれた子や途中から入った子達が就職の為、

数名卒業してしまい人員確保が追いつきません。

これは、自分の力不足です。本当に不甲斐ないです。



新店舗の準備に関しましても色々とトラブルが続き、

やっと2月に入り見通しが少しついてきた次第です。


無理をして2店舗運営する事はできますが、

残っているスタッフの労働等の事を考えますと

今世の中で問題視されている事態が起きかねないと考えました。


経営者としては失格だと思いますが、

一人の人間として出した決断は間違っていないと信じております。


今は、人員確保の面で 『 NOODLE STOCK 鶴おか 』 を閉店と致しますが、

年内には舞台を東京に移して、

お店としてさらにパワーアップし新しい人員を増やし、

手厚い雇用を目指して頑張りたいと思います。


この度は、お店を応援してくださった皆様、

また草加の皆様、残念な結果になりまして誠に申し訳ございませんでした。



i

[][][] □ 23:45


固定されたツイート

NOODLE STOCK 鶴おか店長‏ @yuta_tsuruo 3月15日 16:36


材料切れの為只今のお時間を持ちまして四年間の営業を終了させて頂きました。


ご来店頂きましたお客様寒い中のご来店ありがとうございましたm(__)m


四年間こちらで店長を務められたのも皆様のご支援がありましたお陰です。


重ねて御礼申し上げます。


また八潮の新店舗も宜しくお願い致します。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170308

2017.03.07 Tue

[] 目指すべきは、高高度衛星軌道! 20:58



  あくまで、『 V - 2 』 …… というより、

  『 A4 』 のスペックですが …… 。



V2の射程距離は、約 1,000 kg の弾頭でおよそ 300 km

  • 構成:1段式液体ロケット
  • 全長:約 14 m
  • 直径:約 1.7 m
  • 離陸時質量:12,800 kg
  • 離陸時推力:27,000 kgf

推進剤は、アルコールエタノール)と水の混合燃料、及び、液体酸素酸化剤)である。混合燃料は重量軽減のためアルミニウムの燃料タンクに貯蔵されたが、アルミニウムは稀少かつ高価であったため、ドイツの戦時経済にとっては大きな負担となった。


推進剤は、過酸化水素によって駆動されるターボポンプによって主燃焼室に運ばれる。このときアルコールと液体酸素の混合比が常に適切になるようにいくつかのノズルを通る。また、燃料は主燃焼機の壁を通るようになっており、これは混合燃料を予熱すると同時に、再生冷却によって燃焼室を冷却して過熱による強度低下や溶融を防ぐ働きをしている。再生冷却だけでは冷却が不十分なので炎が燃焼室の壁面と接触しないようにフィルム冷却のために燃料のエチルアルコールを噴射した。


ロケットの進行方向を変えるための燃焼ガスの向きを制御する方式として、黒鉛製の推力偏向板(ジェットベーン、Jet vane)が使われた。これは、現在の大気圏外を飛行するロケットで主流の方式であるジンバル機構(ノズル全体の向きを変える方式)に比べると、燃焼ガスの運動量損失が大きいという欠点はあるが、機構がごく簡単なため、当時の工作技術の下では合理的選択であった。推力偏向板は離陸後、低速時には安定翼の効果が不十分なので十分な速度に達するまで効果があった。大気圏外に到達する時にはエンジンは停止して慣性で放物線状に飛行した。


ロケットの軌道制御装置として真空管を用いた簡単なアナログコンピュータによる慣性誘導が用いられた。試験段階では、ロケットの激しい振動によって真空管のフィラメントが切れたため、制御不能となったロケットが試験場周辺に墜落するという事故が絶えなかったが、原因が分かって防振対策が施されてから安定飛行するようになった。飛行距離は燃料残量で計算され、燃焼が完了するとロケットは加速を停止し、程なく放物線飛行カーブの頂点(約80km)に達した。しかし、命中精度が低く、兵器としての価値はさほどのものではなかった。このことから、後期になると地上から送信する電波信号で目標への誘導する方式のものも作られた。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170307

2017.03.06 Mon

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170306

2017.03.05 Sun

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170305

2017.03.04 Sat

kiratei2017-03-04

[] 古き躯を棄て


  




2017.03.04  .

2017.02

2017.01.07


2016.12

2016.11.23

2016.10

2016.09.24

2016.08.13

2016.07

2016.06.25

2016.05.08

2016.04

2016.03.20

2016.02

2016.01.30 .

2015.12.13

2015.11

2015.10.17

2015.09

2015.08.22

2015.07.12

2015.06

2015.05.23

2015.04.12

2015.03

2015.02.21  .

2015.01



2014.12.28

2014.11

2014.10.18

2014.09

2014.08.31

2014.07.12

2014.06

2014.05.25

2014.04.12

2014.03

2014.02.16

2014.01


2013.12.22

2013.11.02

2013.10

2013.09.07

2013.08

2013.07.21

2013.06.01

2013.05

2013.04.13

2013.03.01

2013.02

2013.01.13


2012.12

2012.11

2012.10.28

2012.09.15

2012.08

2012.07.15

2012.06.03

2012.05

2012.04.22

2012.03.03

2012.02

2012.01.21  .


2011.12

2011.11.13  .

2011.10

2011.09.23

2011.08.06

2011.07

2011.06.12

2011.05

2011.04.29

2011.03.06

2011.02

2011.01.22



2010.12

2010.11.21

2010.10

2010.09.12

2010.08

2010.07.18

2010.06

2010.05.23  .

2010.04.04

2010.03

2010.02.06

2010.01



2009.12.19

2009.11

2009.10.24

2009.09.05

2009.08

2009.07.20

2009.06.06

2009.05

2009.04.25

2009.03.15

2009.02

2009.01.18  .



2008.12

2008.11.16  .

2008.10

2008.09.14

2008.08

2008.07.19

2008.06

2008.05.31  .

2008.04.06

2008.03

2008.02.23

2008.01.06


2007.12

2007.11.10  .

2007.10

2007.09.22

2007.08.12

2007.07

2007.06.30

2007.05.19

2007.04.14

2007.03.03

2007.02

2007.01.13


2006.12.02  .

2006.11

2006.10.21

2006.09.02

2006.08

2006.07.22

2006.06.17

2006.05.13  .

2006.04.08

2006.03

2006.02.25

2006.01.08


2005.12

2005.11.26  .

2005.10.21

2005.09.03

2005.08

2005.07

2005.06.29

2005.05.12

2005.04

2005.03.29

2005.02.09

2005.01


2004.12.27  .

2004.11

2004.10.07

2004.09

2004.08.25



  ” 古き躯を捨て 、 蛇は 此処へ甦るべし ”







トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170304

2017.03.03 Fri

[] 貴女の世界に愛を 2017.03


i






  



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170303

2017.03.02 Thu

[] JAL 737-800 記念品 00:36


  .


B737−800運航10周年の記念で貰った清酒

職場の同僚女性にあげる。


  .


しかし、この同僚女性は、

記念品には、きっと JAL歴代CA制服カレンダーが入っていて、

σ(-_-) がこっそり隠匿した …… と、思い込んでいる(笑) 。


← …… 左は 妄想画像 です。





トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170302

2017.03.01 Wed

kiratei2017-03-01

[] JAL 737-800 就航から10年 23:44


 

  .




JALの東京行最終便に乗るべく、

空港へ。、


ぢつは、2月の運時刻に基づき

行動していたのだが、

ぢつは、今日は2月29日ではなく、

最終便の時刻も、

3月は2月より10分早くなっていた。


搭乗には何の問題もなかったのですが、

やっぱり、余裕を持って行動するというのは

重要だねぇ〜〜 ( A^^;; )。


ん?、何かイベントをしている。


なんだぁ〜〜?


B737−800が、運行10周年?。



燃費が良いだけあって、B737−800の通路は狭い。

その狭い通路に


窓際のA席を取っておいた σ(-_-) だが、

B席、C席には、

すでにおばちゃんたちがブランケットをかけ、

その上からきちんとシートベルトを掛け

熱心に話しに花を咲かせている 凸 - -#


「 すいませ〜〜ん 」 と、

何度言っても気付いてもらえず。


いつしか、 σ(-_-) の後ろには、

より後方に行こうとする乗客たちの行列が。


CAのサポートもあって、

どうにか窓際A席に座れた σ(-_-) だが、

フライト中もオバちゃんたちのおしゃべりは

σ(-_-) の左下にあるだろう CFM56−7B (何馬力相当なんだ?)の

発動機音よりも煩く

羽田まで続いたのであった (-人-) 。



i

[][][] □ 23:45


職場の女性同僚は、

B737−800運行10周年イベントで、

歴代CAカレンダー2017』を貰ったと、

思い込んでいる。






トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170301

2017.03.00 Tue

[] 2017.03

i

. .
  

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170300

2017.02.31 Fri

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170231

2017.02.30 Thu

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170230

2017.02.29 Wed

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170229

2017.02.28 Tue

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170228

2017.02.27 Mon

[] ちょっと、河豚を喰いたくなって 03:50


  .



ちょっと、河豚を喰べたくなって。


もしくは、ちょっと、実導入された ティルトローター式垂直離着陸機を見に。





初期値は 0 、もしくは NUL


なんか、後から状況を聞くと、

こんな面倒で複雑な案件部分、誰がやるんだ?という話になり、

その打ち合わせには参加していない σ(-_-) にやらせようという展開になったらしい。


問題は、そのことが σ(-_-) まで指示としてきちんと降りてこなかった事と、

担当は σ(-_-) という事が周知の事実として、あずかり知らぬうちに知れ渡っていたことで。


そして、期限ももうすぐなのに、まったく進んでいなかったことが問題になり、

はじめて、誰も σ(-_-) に指示していなかったことがわかったらしい。


で、急遽、 明確にσ(-_-) に指示出され、

σ(-_-) は、いまさら …… と、トラブルになったわけである。


そして、この話のオチは、

期限が来たとき、

σ(-_-) の担当した部分は、他の部分とは比較にならないくらいの完成度で

仕上がっていたことで。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170227

2017.02.26 Sun

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170226

2017.02.25 Sat

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170225

2017.02.24 Fri

kiratei2017-02-24


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170224

2017.02.23 Thu

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20170223