Hatena::ブログ(Diary)

FROM THE PLANET WITH LOVE♪ このページをアンテナに追加 RSSフィード

Cnt

2017.12.13 Wed

[]  久しぶりに 略歴 ( 美化 ×400 % ) 23:25


  



インターフェース誌 祐安 重夫 「 いきあたりばったり読書日記 」 に憧れ、神田神保町を彷徨する。


大学院 を 放り出される ( 修士 ( 工学 ) )。


1985 〜    Σプロジェクト

1995.01.17 阪神・淡路大震災

1995.03.20 地下鉄サリン事件

1997.07.19 『 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に 』 公開

2004.10.23 新潟県中越地震

2008.09.15 リーマンショック

2011.03.11 東日本大震災


システム〜プログラムなど、持論を証明するための道具!を豪語していたものの、

情報機器開発事業部門に配属。

新入社員歓迎会で 「 研究! 」 をうっかり口に出し、怒鳴られる。

面接で、 「 研究にしか興味ありません 」 と、つい本音を言い切り、決裂。


放り出される。


本社営業部門 の システム/ネットワーク管理者 として拾ってもらう。


不祥事が発覚、社長交代。

交代した社長 (理系) が、技術力、特にシステム開発能力強化を打ち出し、

営業部門の人員も例外無く受講させる!と言い出す。


社内大学を受講。

講座講師に呟く。 曰く 「 偉くなったものだな …… 」。


「 な、なんで、こんな奴が、営業部門に?!」

「 " こんな奴 " だからさ …… ( ふっ )」


社内大学を、歴代TOPの成績で修了。営業部門所属の σ(^_^) が …… 。、


詩篇 第10巻72番に登場する。

L'an mil neuf cens nonante neuf sept mois

Du ciel viendra un grand Roi deffraieur

Resusciter le grand Roi d'Angolmois.

Avant apres Mars regner par bon heur.

百詩篇 第10巻72番に登場する。

1999年7ヶ月、

空から恐怖の大王が来るだろう、

アンゴルモアの大王を蘇らせ、

マルスの前後に首尾よく支配するために。


バックパックひとつで、荒廃した世界を放浪。


東京に舞い戻り、マンションを借り、

就職活動を始める。


4月は、新卒社員の受け入れがあるので …… と、

10月採用となり、


再び、バックパックひとつで、荒廃した世界に修行の旅に出る。


入社後、すぐに九州に研修に出される。

研修とは、さぼるもの、眠倒すものと信じていた σ(-_-) であるが、

東京の上長には、 σ(-_-) の

また、研修を終え日焼けした σ(^_^) を受け入れた某部長からは、

「ボクは …… 、九州のメンバに友人が多いんですが …… 。

 おまえ、よく海に突き落とされなかったなぁ〜〜!。

 九州の奴等も、甘くなったなぁ〜〜」と、しみじみ言われる。


 このころから、モバイルPCを持って、丸の内を駆け巡るも、

 維持とメンテが大変になり、

 髪型、服装と靴が、怠惰になっていく。




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiratei/20171213