鍵の壊れた部屋で見る夢

ライトノベルとジュブナイルポルノを中心とした読書感想系サイト。ミステリもたまに。書いてる人は”のりぽん・ザ・リッパー”さん。 /「陽だまりの楽園」「切裂き猫の書庫」ジュブナイルポルノ感想INDEXmixiTwitter解錠アンテナ
0000 | 01 |
2000 | 01 | 02 | 05 | 12 |
2003 | 01 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 12 |
2015 | 03 |
 | 

2004-05-13

[]「孤狼と月 フェンネル大陸 偽王伝」 高里椎奈 (講談社ノベルス「孤狼と月 フェンネル大陸 偽王伝」 高里椎奈 (講談社ノベルス)を含むブックマーク

獣兵師団を率いる姫将軍フェンベルクの物語。

しーなたんがメフィスト賞出でなければ、ホワイトハートかコバルトかってなくらい、すごーく普通のファンタジー小説。

冒頭の戦争パートから王宮の話までは、フェンベルクかわいーという感じで楽しく読めたのだけど、投獄されるまでが急ぎ過ぎだと思った。

もうちょっとフェンの内面描写やら兄弟姉妹の関係やらを書きこんでくれれば盛り上がるだろうに、勿体無い。

というか、そこまでで1巻で良かったんじゃ?

中盤以降の展開はフェンの受難と再生のお話。ラストはなかなか無難なところに落ち着いてて、読後感は良かったざんす。

いままでまったく見えていなかった真実の1つを知ることで少女が成長していく。

ある男が抱えたジレンマ、隠されていた真実、少女の再生、が1つの線でつながってるのはなかなか良かったんじゃないかな。

さして上手い作品ではないけれど、王道ファンタジーと謳っていいくらいの面白さはあるかと。

ディーラー襲撃計画における”信頼”という言葉の使い方とか、テオというキャラのポジションなんかは、いかにもしーなたんっぽくて微笑ましい。

あと、サチというキャラが深山木秋とかぶりまくってるのは如何なものか。

[]「さよならトロイメライ2」 壱乗寺かるた (富士見ミステリー文庫「さよならトロイメライ2」 壱乗寺かるた (富士見ミステリー文庫)を含むブックマーク

学園内連続爆破事件を軸に話を展開させてはいるものの、前作に比べると本格ミステリ度は大幅ダウン。

どうやら編集に殺人事件は駄目とか言われたらしい。

「平井骸惚」や「黒白」は殺人事件OKで「トロイメライ」では駄目だという理由はなんなんざんしょ。学園ものだから?

 富士ミス編集部の考えてることは相変わらずよくわかりません。

ということで、前作であったミステリ部分の良さがばっさりなくなってしまったのが残念きわまりないのだけど、

キャラ萌え度は大幅増量。読んでる間は結構楽しかったですよ。

和服少女な八千代ちゃんが泣いたり照れたりでポイントを上げ、入院してしまった巫城お嬢様はトーマ君に甘えまくりでこっ恥ずかしいのなんの。

主人公のトーマ君も前作に比べるとだいぶ落ち着いてきたおかげで、”読者を選ぶ”と評された語り口もおとなしめで読みやすくなってきたし、

キャラもの学園ものとしてはまあまあの出来ではないかと思われます。

ただ、ミステリ寄りの読者としては、そっちも忘れて欲しくはないんですがのう…。第1作目の密室トリックやロジック部分が面白かっただけに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kirisakineko/20040513
 | 

この日記のはてなブックマーク数