鍵の壊れた部屋で見る夢

ライトノベルとジュブナイルポルノを中心とした読書感想系サイト。ミステリもたまに。書いてる人は”のりぽん・ザ・リッパー”さん。 /「陽だまりの楽園」「切裂き猫の書庫」ジュブナイルポルノ感想INDEXmixiTwitter解錠アンテナ
0000 | 01 |
2000 | 01 | 02 | 05 | 12 |
2003 | 01 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 12 |
2015 | 03 |
 | 

2004-10-19

[]「食卓にビールを 2」 小林めぐみ (富士見ミステリー文庫「食卓にビールを 2」 小林めぐみ (富士見ミステリー文庫)を含むブックマーク

プチ銀河を育てるという模型を買ってしまった主人公。

早速作ってみるが手違いで変な生物が生まれてしまい…。

中編「スネークマスター編」+二つの短編を収録したSFちっくコメディの第二弾。

SF的なガジェットや科学ネタを使ってヘンテコなシチュエーションを作りだしつつ雰囲気はあくまで軽やかに、

話があれよあれよと転がっていく様が楽しい。前作とノリはほとんど同じ。夫婦漫才な会話が面白いなあ。

スネークマスター編に関しては、結局スネークマスターが何なのかまったく明かされてないじゃん!とツッコミたいところではありますが、

きっと3巻の書き下ろしで続きがあるんだろう。ありますよね? ねー?

クライマックスで何気にいい話っぽくなってるのが良かったざんす。あやうく感動しそうになりましたヨ。

[]「生首に聞いてみろ」 法月綸太郎 (角川書店) 「生首に聞いてみろ」 法月綸太郎 (角川書店)を含むブックマーク

彫刻家の遺作となった石膏像の首が斬られ頭部が持ち去られた。

ただのいたずらなのか、あるいはモデルとなった娘の殺害予告なのか!?

次第に明らかになる彫刻家とその周囲の人間関係、

石膏像の損傷盗難事件が一転陰惨な殺人事件へと。警察の捜査と綸太郎の推理が丁寧に描かれております。

まさに端正な本格ミステリという感じで素晴らしい。

後からあれってそんな意味があったのかーと感心させられるトリックの使い方や、

見かけの事件と見えてない部分の二重構造、エピローグまで読んでようやく判明する伏線の妙味などなど、さすが法月綸太郎と言うほかない程の上手さ。

そして、読了後に心に重くのしかかってくる事件の悲劇性。最後の数行のなんと痛切なこと……。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kirisakineko/20041019
 | 

この日記のはてなブックマーク数
Connection: close