Hatena::ブログ(Diary)

kirisakipieroの日記

 | 

2014-04-09 7のこれからと8について このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

お久しぶりですBkです。

最近になってマリオカート8の情報が増えてワクワクしてます、

今回のPVのコースの配分や標識の配置を見ていたら初心者でも走りやすいコースが多くて何よりです。

期待の8の発売後は7のwi-fi過疎化が進み、

居残る自分には嬉しいやら嬉しくないやらで、

マリオカートwiiの発売後のマリオカートDSに似たような状況になりそうでVR上げが更に厳しそうですね(^^;)

8が7のような廃れたwi-fi環境にならないように願っています。

カップはある程度決まっている模様。

なお判明している新コース全てに反重力が搭載されています。

キノコカップ

マリオカートスタジアム:

サーキット状のスタジアム。

最終カーブが土管のあるダート地帯になっており今回も打開やTAで苦しめそうですね。


ウォーターパーク:

水を取り入れた遊園地。

スピンターボのできる動く物体があり、水中慣れには最適のコースかもしれません。


スイートスイートキャニオン:

シュガーラッシュにあるお菓子の世界に似たコースで大砲グライダーがあります。

シロップらしき水があったり、ダートがチョコになっています。

パックンスライダーミュージックパークパックンフラワーと同じく巨大なパックンフラワーがいます。


ドッスンいせき:

遺跡のコース。

遺跡外はグライダーや水中、

遺跡内は反重力で

石でできた大きな歯車が転がっています。


フラワーカップ

マリオサーキット:

コースは8の字というよりメビウスの輪に近い形で、

マリオカート8象徴となるメインコース

マリオカートでは初登場のクリボータワーとGC マリオサーキットヨッシーサーキットパックンフラワーが登場します。


キノピオハーバー:

ニューヨーク近郊の港町に似たコース。

町中には路面電車がコインをぶら下げながら走っています。

終点の駅は7の64 カラカラさばくトンネルのように入ると場外判定になりそうです。

トワイテッドマンション:

ルイージマンション2の宣伝のようなお化け屋敷のコース。

ワリオシップの骨プクプクや波打つ床など今までの要素を合わせています。


ヘイホーフォールズ:

作業するヘイホー達がいる自然の滝コース。

前半のダッシュボードで加速しながら滝登りをする風景はロックロックマウンテンの最後を沸騰させます。


【甲羅カップ】

wii モーモーカントリ:

コース全体が朝方の様子になっており

背景だった風車がコースの一部になっています。

グライダーボードが追加されて、

BGMがよりのどかな雰囲気になっている。


DS プクプクビーチ:

元々あったジャンプ台でジャンプアクションが出せるようになり、

桟橋から海岸へはグライダーで飛行している、

スタート近くにモンテ族が観光客としています。


GBA マリオサーキット:

コース全体が広くなりゴール近くのピットにはF1レースを沸騰させるような建物とダート内に看板と山積みのタイヤ、

SFC マリオサーキットのオイルとそのオイルの周りにパイロンが追加されています。

最初から細長いヘアピンカーブはジャッキによって持ち上がり反重力で走るようになっています。


64 キノピオハイウェイ:

コース全体がリニューアルされて都会近郊の高速道路のようです。

コース中に流れるように動くアイテムボックスが追加されています。

防音壁には反重力で走りアイテムボックスをとれたり、

荷台の空いたトラックにはグライダーボードがつき、

動くグライダーボードになっているのでTAやレースで走り方が変わってきそうです。

今回の車は左右の車線によって車の移動方向が違うようです。

また元々のアイテムボックスの場所にはコインが置かれています。


バナナカップ

GC カラカラさばく:

コース後半がオアシスになった理由かもしれませんが竜巻が削除されています。

オアシスには地中からの地下水の源が穴となって場外判定になりそうです。

小さな砂丘は植物が生い茂るオアシスの小島になっておりジャンプアクションができます。

SFC ドーナツへいや3:

コース全体が広くなり、世界観が3DランドとNEWマリオブラーザズを合わせたような感じです。

ゴールポールはカラフルなSFC色の積木になっています。

スペシャルカップのコースですが難易度と水があることから下げられたのでしょう。

場外判定だった水中は潜れるようになりレースの幅が広まったようです。

コース後半は水浸しの地形にチョロプーの空けた穴でジャンプアクションができるようです。


64 ピーチサーキット:

世界観が近年のマリオの作品に近いものとなっています。

原作では曲がりにいカーブがそのままでライン取りが重要になっています。

コースの赤白のモノクロの壁は城壁のようになり、

ピーチ城には城の前に柵と城門ができて侵入不可能になっています。

ジャンプ台やゴールポールや観客席も豪華になって、

湖にはキノピオ達がボートで観戦しています。


3DS DKジャングル:

ドンキーコングリータンズ3Dの宣伝のように再録されています。

元スペシャルアップのコースですが“バナナカップ”にちなんで下ろしたのでしょう。

遺跡の内部は大きく変更されました。

原作にあったバグSCは柵により防止、

アイテムボックスが巨大なバナナの像の後ろに移動しており

スペースがある分ボックスの数が増えています。

反重力が遺跡全体にとりいれて混戦による場外行きが回避しやすそうです。

 |