それらすべては架空となりて

2015-12-31

二次創作短歌について

題詠100首の中に特に説明なく二次創作短歌が入っております。

基本的にその作品を観たことがあるひと向けの歌なので、鑑賞に支障があったらすみません。
気にせずスルーして頂ければ幸いです。

『おそ松さんで9首(二次創作短歌)』


諸事情により内容が変わります(新型マーケティング戦略) 072:諸

ライブ会場のガールズきゃあきゃあと推しの名前を叫び続ける 073:会場

一番に唾をつけたの覚えてるだからお前は俺のものだよ 074:唾

スター・システムの短編映画祭いろんな生を輪廻がごとく 075:短

たいていの校舎裏には猫がいて僕の安全地帯はそこだ 076:舎

等分で分けても別のものに成る同じ器に違うたましい 077:等

限りなく似ている塩基配列ソースコード暗号化せよ 078:ソース

真夜中の書道教室いつまでも筆を下ろす場所がわからない 079:筆

目標もないまま生きているけれどいまのところはこれでいいのだ 080:標



おそ松さん面白いです。ショートコント集がまた見たい。
双子萌え属性があるのでむつごもドンと来いなんですけど、最速組のブームが終わった頃に視聴するBS組なこともあり、同人的なハマり方はしてない感じです。

『キングスマンで10首(二次創作短歌)』


君のことなら色々と知っている経緯も顛末もこれからも 051:緯

ハイヒール替わりに板ばねを履いた殺し屋を追えないガンサイト 052:サイト

腐ってる林檎を取り除くことが林檎の箱の為になるんだ 053:腐

敬礼は踵を鳴らすドイツ式 すれ違いざま潜ませる毒 054:踵

奥さんが愛した夫のみならず息子までもが謎の組織に 055:夫

仕上げにはトップハットが要るでしょうシルクサテンのリボンが付いた 056:リボン

教官で分析官でパイロット オーバースペック気味の魔術師 057:析

世界から選りすぐられた偽りの紳士淑女の花火が上がる 058:士

持つ者の持ち物を持たざる者に再分配する建前の税 059:税

さあ諸君 孔雀みたいに着飾って害虫駆除のLIVEを見よう 060:孔雀



これは主体もなにもわりとそのまんまで詠んでます。
DVD等のレンタルも開始されておりますので、気になる方はぜひ。
痛快バイオレンスコメディ系スパイアクションです。

『血界戦線で10首(二次創作短歌)』


昨日から続く明日は今日よりも複雑怪奇になる空模様 011:怪

手も足も出なかったんだ臆病でおろかな僕を叱ってほしい 012:おろか

僕たちを週刊少年漫画誌のヒーローみたいに救ってみろよ 013:刊

薄めても消えずに残る焚き込んだ泥の薫りのような恋です 014:込

地上から遠く離れた衛星のように見守っているよ君を 015:衛

荒涼の街の真中に目を凝らす 闇の中にも光はある と 016:荒

想い出は消えないように鍵掛けて小さなカメラ画面の奥に 017:画面

私たち私と彼になる彼をどうか救ってあげてヒーロー 018:救

この街の冬はたいそう寒くてね 靴の底から冷気があがる 019:靴

園芸で言うなら変異株でしょう亜種は進化の袋小路だ 020:亜



上から順に主体になっているのは、街、レオ、ブラック、チェイン、レオ、クラウス、レオ→ホワイト(アニメ最終回エンディング)、ホワイト、スティーブン、ツェッドです。

2015-12-29 題詠Blog2015に参加して詠んだもの一覧


『転勤族の妻短歌10首』

夕暮れの公園砂場すべりだい帰宅希望の点呼を取るね 001:呼

ETCゲートを抜けて降る坂 急なRであなたに傾ぐ 002:急

明日から新たな街で暮らすのでこの合鍵はもう不要です 003:要

街灯と反比例して光る星あまり栄えてない地方都市 004:栄

あまり栄えてない都市の中心にある駅ビルでスタバのラテを 005:中心

貴婦人の嗜みですね長袖で肌を隠して渡る真夏日 006:婦

何度目のリセットボタンご破算で願いましてはまたやり直し 007:度

暖房とテレビをつけてコーヒーとジャムトーストで迎える朝だ 008:ジャム

今はまだここは異文化文化圏2年住んだら都に変わる 009:異

4個入り3百円の紅玉に脂肪と糖を詰め込んで焼く 010:玉



血界戦線で10首(二次創作短歌)』

昨日から続く明日は今日よりも複雑怪奇になる空模様 011:怪

手も足も出なかったんだ臆病でおろかな僕を叱ってほしい 012:おろか

僕たちを週刊少年漫画誌のヒーローみたいに救ってみろよ 013:刊

薄めても消えずに残る焚き込んだ泥の薫りのような恋です 014:込

地上から遠く離れた衛星のように見守っているよ君を 015:衛

荒涼の街の真中に目を凝らす 闇の中にも光はある と 016:荒

想い出は消えないように鍵掛けて小さなカメラ画面の奥に 017:画面

私たち私と彼になる彼をどうか救ってあげてヒーロー 018:救

この街の冬はたいそう寒くてね 靴の底から冷気があがる 019:靴

園芸で言うなら変異株でしょう亜種は進化の袋小路だ 020:亜



『童謡で10首』

靴音も明るく歌え晴れた日におててつないで小道をゆけば 021:小

屋根のうえ砕けて消えるシャボン玉ぼくらの敵は風と太陽 022:砕

もう居ないあなたを想う春の日に柱の傷は一昨年のまま 023:柱

裏庭で真っ赤に燃える彼岸花 誰そ彼時はひときわつよく 024:真

鈴なりの七夕飾りさらさらと葉擦れの音が響くコンコース 025:さらさら

加湿器の湯気も消えゆく真冬日にアラレが窓をこんこん叩く 026:湿

災害緊急避難ベルが鳴る『ロンドン橋はフォーリング・ダウン』 027:ダウン

かあさんが徹夜で編んだ故郷のあみものブック改稿二版 028:改

山ガールはつなつのアルプス登山 一万尺の高さで踊れ 029:尺

肌寒し物憂い秋の夕暮の窓の外には照る山紅葉 030:物



『転勤族の妻短歌10首パート2』

転居してから認識をあらためる あれは便利のいい街だった 031:認

黄昏はつるべ落としに日が暮れて足元さえも暗がりのなか 032:昏

ルールさえわからないままマウンドへ 後逸しても怒らないでね 033:逸

三ヶ月前まで住んでいた街の駅ビルにあるホテルに泊まる 034:前

挨拶の熨斗が掛かった白い粉(液体洗剤派ですと言えず) 035:液

自宅より徒歩圏内のバス停に余白ばかりがある時刻表 036:バス

はつなつのはつねつじわり長引いてスマートフォンで探す診療所 037:療

余所者を見分けるための合言葉なんじゃないかな難読地名 038:読

座らねば見えぬ景色もありますしせっかくだから楽しむ所存 039:せっかく

惜しみなく清き流れは行き渡る川にお掘に側溝にまで 040:清



『ノンセクションその1』

ヘルシーでやさしい湯気を吸い込んで輪り続けている換気扇 041:扇

特別の御開帳ですさあ君も回向柱で如来と握手 042:特

国鉄所有跡地に立つビルのダンジョン難易度はどれくらい? 043:旧

砂濡れのビジネスシューズ らくだでの移動は経費で落ちますかねえ 044:らくだ

わたくしは売り物じゃありませんからセールスポイントなんて無いです 045:売

ローカル百貨店の天井は低い 平日昼は人も少なく 046:貨

うどんとか鰹のたたきを食べたいね 四国八十八ケ所巡り 047:四国

着々と増えゆく負債総額に現実逃避して終末論 048:負

バス停に立って尼僧はバスを待ちどんな色より目立つ薄墨 049:尼

ねえそこに「CQ」誰かいませんか「I seek you」応答してよ  050:答



キングスマンで10首(二次創作短歌)』

君のことなら色々と知っている経緯も顛末もこれからも 051:緯

ハイヒール替わりに板ばねを履いた殺し屋を追えないガンサイト 052:サイト

腐ってる林檎を取り除くことが林檎の箱の為になるんだ 053:腐

敬礼は踵を鳴らすドイツ式 すれ違いざま潜ませる毒 054:踵

奥さんが愛した夫のみならず息子までもが謎の組織に 055:夫

仕上げにはトップハットが要るでしょうシルクサテンのリボンが付いた 056:リボン

教官で分析官でパイロット オーバースペック気味の魔術師 057:析

世界から選りすぐられた偽りの紳士淑女の花火が上がる 058:士

持つ者の持ち物を持たざる者に再分配する建前の税 059:税

さあ諸君 孔雀みたいに着飾って害虫駆除のLIVEを見よう 060:孔雀



『ノンセクションその2』

今生を愉しむライフハックかな宗教じみた恋をすること 061:宗

押入れの奥地の古い手紙には万年筆のインクのにじみ 062:万年

週末の夜の夜食に買い置いた出前一丁ごまラー油つき 063:丁

悪いけどうちに余裕はないからとヒッチハイクの猫を断る 064:裕

スローインからのシュートで一点差 いま運命のキックオフです 065:スロー

玉ねぎと焼き鳥缶と麺つゆと玉子で親子丼にしようか 066:缶

ねえ今度ジンベイザメを見に行こう大阪府にある大水槽に 067:府

冬空に星はつめたく煌めいてひとつくらいは落ちてもいいよ 068:煌

一円玉以外はみんな銅貨だとさっきググって知りました へえ 069:銅

露悪より攻撃力の無い嘘でやんわり包む本当のこと 070:本

『小麦粉をはたいて溶き卵に潜しパン粉をまぶせ』とある指令メモ 071:粉



おそ松さんで9首(二次創作短歌)』

諸事情により内容が変わります(新型マーケティング戦略) 072:諸

ライブ会場のガールズきゃあきゃあと推しの名前を叫び続ける 073:会場

一番に唾をつけたの覚えてるだからお前は俺のものだよ 074:唾

スター・システムの短編映画祭いろんな生を輪廻がごとく 075:短

たいていの校舎裏には猫がいて僕の安全地帯はそこだ 076:舎

等分で分けても別のものに成る同じ器に違うたましい 077:等

限りなく似ている塩基配列ソースコード暗号化せよ 078:ソース

真夜中の書道教室いつまでも筆を下ろす場所がわからない 079:筆

目標もないまま生きているけれどいまのところはこれでいいのだ 080:標



『ノンセクションその3』

「これ見て」と送られてきたおたよりの添付ファイルが見つかりません 081:付

素晴らしいとは言い切れず悪くなく佳作止まりの人生である 082:佳

悲しみはシェアで減るっていうけれど怒りと憎悪は増殖するよ 083:憎

ARつまり拡張現実で錦を纏う裸の王様 084:錦

掘り返すクローゼットの地層から化石のようなPCパーツ 085:化石

誰かから要らないと言われた物の吹き溜まりから珠玉を探す 086:珠

当たったらどう使うかの妄想を楽しむためにある宝くじ 087:当

憧れはアルムおんじの暮らしぶり 炭焼き小屋で余生を過ごす 088:炭

郷愁の底に仕舞った菓子箱の中身はきっとベルマークだよ 089:マーク

夕暮れがこんなに早いそのわけをアルムの山に聞いてみようか 090:山

「前略」と始めるだけじゃ味気なく 代筆してください直子さん 091:略

約束を違えるひとの罰金は後日まとめて徴収します 092:徴

わざわざに「余計なことを」のニュアンスをどうも感じてしまうんだよね 093:わざわざ

その腹についたのは贅肉じゃなく貫禄だって思っておくね 094:腹

引き出しを探れば嫌なものを見る出し忘れてる申請書類 095:申

賢人は愚かな問いの標的にされてて嫌にならないのかな 096:賢

騙されていたというひと 本当に? 薄々気づいていたんじゃないの? 097:騙

友達は百人なんていらないし それならむしろ独りがいいし 098:独

穏やかな寝息を聴いて寝る夜がなるべく長く続けと願う 099:聴

目を閉じて星に願いを預ければ往復光年あとに叶うさ 100:願

2015-11-30

完走報告(大島幸子)

ギリギリもギリギリですが滑り込みで完走出来たことにホッとしております。
春に転居などがあり時間がうまく作れず大幅に出遅れましたが、何とか百首詠むことができました。
今年もバラエティ豊かなお題と、この場所をありがとうございました!
3回めの挑戦もとても楽しかったです!

099:聴(大島幸子)

穏やかな寝息を聴いて寝る夜がなるべく長く続けと願う

098:独(大島幸子)

友達は百人なんていらないし それならむしろ独りがいいし

097:騙(大島幸子)

騙されていたというひと 本当に? 薄々気づいていたんじゃなあい?

096:賢(大島幸子)

賢人は愚かな問いの標的にされてて嫌にならないのかな

095:申(大島幸子)

引き出しを探れば嫌なものを見る出し忘れてる申請書類

094:腹(大島幸子)

その腹についたのは贅肉じゃなく貫禄だって思っておくね

093:わざわざ(大島幸子)

わざわざに「余計なことを」のニュアンスをどうも感じてしまうんだよね

092:徴(大島幸子)

約束を違えるひとの罰金は後日まとめて徴収します

091:略(大島幸子)

「前略」と始めるだけじゃ味気なく 代筆してください直子さん

090:山(大島幸子)

夕暮れがこんなに早いそのわけをアルムの山に聞いてみようか

089:マーク(大島幸子)

郷愁の底に仕舞った菓子箱の中身はきっとベルマークだよ

088:炭(大島幸子)

憧れはアルムおんじの暮らしぶり 炭焼き小屋で余生を過ごす

087:当(大島幸子)

当たったらどう使うかの妄想を楽しむためにある宝くじ

086:珠(大島幸子)

誰かから要らないと言われた物の吹き溜まりから珠玉を探す

085:化石(大島幸子)

掘り返すクローゼットの地層から化石のようなPCパーツ

084:錦(大島幸子)

ARつまり拡張現実で錦を纏う裸の王様

083:憎(大島幸子)

悲しみはシェアで減るっていうけれど怒りと憎悪は増殖するよ

082:佳(大島幸子)

素晴らしいとは言い切れず悪くなく佳作止まりの人生である

081:付(大島幸子)

「これ見て」と送られてきたおたよりの添付ファイルが見つかりません

080:標(大島幸子)

目標もないまま生きているけれどいまのところはこれでいいのだ

079:筆(大島幸子)

真夜中の書道教室いつまでも筆を下ろす場所がわからない

077:等(大島幸子)

等分で分けても別のものに成る同じ器に違うたましい

076:舎(大島幸子)

たいていの校舎裏には猫がいて僕の安全地帯はそこだ

075:短(大島幸子)

スター・システムの短編映画祭いろんな生を輪廻がごとく

074:唾(大島幸子)

一番に唾をつけたの覚えてるだからお前は俺のものだよ

073:会場(大島幸子)

ライブ会場のガールズきゃあきゃあと推しの名前を叫び続ける

071:粉(大島幸子)

『小麦粉をはたいて溶き卵に潜しパン粉をまぶせ』とある指令メモ

070:本(大島幸子)

露悪より攻撃力の無い嘘でやんわり包む本当のこと

069:銅(大島幸子)

一円玉以外はみんな銅貨だとさっきググって知りました へえ

068:煌(大島幸子)

冬空に星はつめたく煌めいてひとつくらいは落ちてもいいよ

064:裕(大島幸子)

悪いけどうちに余裕はないからとヒッチハイクの猫を断る

062:万年 (大島幸子)

押入れの奥地の古い手紙には万年筆のインクのにじみ

060:孔雀(大島幸子)

さあ諸君 孔雀みたいに着飾って害虫駆除のLIVEを見よう

059:税(大島幸子)

持つ者の持ち物を持たざる者に再分配する建前の税

058:士(大島幸子)

世界から選りすぐられた偽りの紳士淑女の花火が上がる

056:リボン(大島幸子)

仕上げにはトップハットが要るでしょうシルクサテンのリボンが付いた

055:夫(大島幸子)

奥さんが愛した夫のみならず息子までもが謎の組織に

054:踵(大島幸子)

敬礼は踵を鳴らすドイツ式 すれ違いざま潜ませる毒

053:腐(大島幸子)

腐ってる林檎を取り除くことが林檎の箱の為になるんだ

052:サイト(大島幸子)

ハイヒール替わりに板ばねを履いた殺し屋を追えないガンサイト

051:経 (大島幸子)

君のことなら色々と知っている経緯も顛末もこれからも

050:答(大島幸子)

ねえそこに「CQ」誰かいませんか「I seek you」応答してよ

049:尼(大島幸子)

バス停に立って尼僧はバスを待ちどんな色より目立つ薄墨

047:四国 (大島幸子)

うどんとか鰹のたたきを食べたいね 四国八十八ケ所巡り

045:売(大島幸子)

わたくしは売り物じゃありませんからセールスポイントなんて無いです

044:らくだ(大島幸子)

砂濡れのビジネスシューズ 「らくだでの移動は経費で落ちますかねえ」

043:旧 (大島幸子)

国鉄所有跡地に立つビルのダンジョン難易度はどれくらい?

041:扇(大島幸子)

ヘルシーでやさしい湯気を吸い込んで輪り続けている換気扇

040:清(大島幸子)

惜しみなく清き流れは行き渡る川にお堀に側溝にまで

039:せっかく(大島幸子)

座らねば見えぬ景色もありますしせっかくだから楽しむ所存

038:読(大島幸子)

余所者を見分けるための合言葉なんじゃないかな難読地名

037:療(大島幸子)

はつなつのはつねつじわり長引いてスマートフォンで探す診療所

036:バス(大島幸子)

自宅より徒歩圏内のバス停に余白ばかりがある時刻表

035:液(大島幸子)

挨拶の熨斗が掛かった白い粉(液体洗剤派ですと言えず)

034:前(大島幸子)

三ヶ月前まで住んでいた街の駅ビルにあるホテルに泊まる

033:逸(大島幸子)

ルールさえわからないままマウンドへ 後逸しても怒らないでね

032:昏(大島幸子)

黄昏はつるべ落としに日が暮れて足元さえも暗がりのなか

2015-11-29

031:認(大島幸子)

転居してから認識をあらためる あれは便利のいい街だった

030:物(大島幸子)

肌寒く物憂い秋の夕暮の窓の外には照る山紅葉

025:さらさら(大島幸子)

鈴なりの七夕飾りさらさらと葉擦れの音が響くコンコース

024:真(大島幸子)

裏庭で真っ赤に燃える彼岸花 誰そ彼時はひときわつよく

023:柱(大島幸子)

もう居ないあなたを想う春の日に柱の傷は一昨年のまま

022:砕(大島幸子)

屋根のうえ砕けて消えるシャボン玉 僕らの敵は風と太陽

021:小(大島幸子)

靴音も明るく歌え晴れた日におててつないで小道をゆけば

020:亜(大島幸子)

園芸で言うなら変異株でしょう亜種は進化の袋小路

019:靴(大島幸子)

この街の冬はたいそう寒くてね 靴の底から冷気があがる

018:救(大島幸子)

私たち私と彼になる彼をどうか救ってあげてヒーロー

017:画面(大島幸子)

想い出は消えないように鍵掛けて小さなカメラ画面の奥に

016:荒(大島幸子)

荒涼の街の真中に目を凝らす 闇の中にも光はある と

015:衛(大島幸子)

地上から遠く離れた衛星のように見守っているよ君を

014:込(大島幸子)

薄めても消えずに残る焚き込んだ泥の薫りのような恋です

2015-11-28

013:刊(大島幸子)

僕たちを週刊少年漫画誌のヒーローみたいに救ってみろよ

012:おろか(大島幸子)

手も足も出なかったんだ臆病でおろかな僕を叱ってほしい

011:怪(大島幸子)

昨日から続く明日は今日よりも複雑怪奇になる空模様