Hatena::ブログ(Diary)

高校生活黙示録 RSSフィード

2008-07-29

Harry Potter and The Death Hallows

02:33 | Harry Potter and The Death Hallowsを含むブックマーク

ネタバレあります。

嫌な方はダッシュでブラウザバックを!

いや、半分くらいまで大丈夫。

しかし、読んでいない感動が半減どころではなくなるので、必ずネタバレ注意が出たら、その警告に従っていただきたい。

身の危険を察知してからブラウザバックを!

ハリー・ポッターと死の秘宝、読了。

最終巻、という巻を持つに相応しい巻であった。

そう思う。

とても綺麗に伏線が回収され、華麗なるラストを迎えたハリポシリーズ。

丁度私と同年代の主人公が繰り広げる物語。

私がこのシリーズを読みだしたのは…小学6年生かそれくらいである。

正確言うとすれば、秘密の部屋が出版され、アズカバンの半年くらい前である。

子どもに対して容赦のない400、500代のページ数。

途中から繰り出された「上下巻」というハイレベルかつハイコストな技。

しかし、そんな怒涛のページ数に値するハラハラドキドキが毎回用意されていた。

途中から加わった上下巻というハイコストを後悔させない疾走感が毎回用意されていた。

携帯版でお手ごろ価格になった新装版を手に取った方々はその値段の2倍以上楽しめたことであろう。

さまざまな「面白さ」がその物語に詰まっていた。

シリーズものでも、そうでなくても大好きな作品は

続いてほしい!続きを書いてほしい!

そう思うものだ。

しかし、始まりあるものは必ず終わりもあるのだ。

それについては、まさにこの「ハリーポッター」の世界の中での人との出会い、別れでお分かりのはずだ。

さて、そろっとネタバレの雰囲気が醸されだしたので、嫌な方はブラウザバックボタンを次の行を読んでからクリックすべし。

この作品を読んだのち、もう一度この「高校生活黙示録」を訪ねていただければ光栄である。

ではネタバレに入ろうではないか。

今回、一番かっこよかったのはハリー、と言いたいところだが、ここは彼に譲ってやってほしい。

セブルス・スネイプ。

今作を読むまでセルブス・スネイプだと思っていたことは内緒である。

前作のラストで「貴様、結局敵であったか!」、そう漏らした方も少なくないであろう。

私もその一人である。

そして、今作の下巻のカバー折込部分に、とても気になる文があったのだ。

「セブルス・スネイプ:死喰い人にして不死鳥騎士団員。その真実の姿は……」(ハリー・ポッターと死の秘宝、カバー折込より引用)

ついつい上巻を読む前に下巻のその部分を読んでしまった私は、ドギマギして次へ次へとページを進めた。

結果、2日続けて2時ごろまで起きてしまう、と言った事態に陥ってしまった。

おそらく、それは私の睡眠時間の短縮には関係なく、どちらにせよ2日で読んでいたであろう。

むしろ今こうやって感動に包まれレビューをしていることが私の睡眠時間を削っている、ということの方が確実である。

しかし、スネイプが登場するたび、何とも言えぬ緊張感を抱いていたのは事実である。

一向にハリーたちを助ける様子もなく

「あの登場人物紹介はなんだったのだ!」

と叫びそうになる。

それも、下巻の半分を過ぎたときでも、まだまだわからないのだから

「えぇい、このヘタレめっ!」

と言いそうになるのを抑えるのに苦労した。

しかし、ヴォルデモートにやられ、息絶える寸前に残したスネイプの言葉はなかなかのものだった。

その時点では頭の上に「?」を浮かべた人も少なくはないだろう。

もちろんのことながら私も浮かべた。

そして33章「プリンスの物語」はその「?」を「!」に変える大きな事実があった。

恥ずかしながら、私は目下を疾走する物語に目を奪われ、ふりかえることもなく

「?」を「!」に変えることなく消し去ってしまった。

しかし、あとがきを読んだとき「?」が再び浮かび、少しの間「?」のままで、突然「!!」へと変化した。

何とも粋な書き方である。

そう、今思えばシリーズ通してハリーは「父親似、だが目は母親似」と強調されていた。

そこで一気にスネイプの株があがったのである。

守護霊が牝鹿であることが、ほほえましくも悲しいものであった。

と、いうかできれば石を使った時にスネイプも呼んでやってほしかった。

なんとも薄情なハリーである。

そして、もう1つ書き方が面白かったのは、ラストのドラコである。

こればかりは解釈は人それぞれと思うので、妙なことを書いて他人の感動につばをつけるような真似はしない。


さて、最後に一読書好き、いやプチ読書好きとして、ハリポシリーズで「読む」ことを始めた人へ。

このシリーズとの別れをいつまでも惜しみ、何度も読みなおすことなかれ!

いや、もちろん読み直すことはいいことなのだが。

ぜひここで立ち止まらず、新たな本との出会いを求めていただきたい。

この世界に負けず、劣らずの世界がたくさんあるのだ。

ぜひ他の書を手に取り、新たな世界へ踏み出してほしいと思う。

そして、友人に、恋人に、子どもに、自分が誰かに「本を勧めたい!」

そう思って本を勧めるとき、その本が自分を読書の道へいざなった、

ハリー・ポッター」であれば、なかなかの美談となるだろう。