TOC(制約条件の理論)の人事評価制度 このページをアンテナに追加 RSSフィード

成果主義賃金がうまく機能していないようです。私も、部長以上の管理職に導入しましたが、うまく機能していません。原因は、部分最適化に向かった目標設定が原因のようです。そこで、TOC(制約条件の理論)を参考に、新しい人事評価制度を模索していきたいと考えています。

2005-09-05 期限を守らせるためには

期限付きの仕事の期限を守らせるためには 00:44 期限付きの仕事の期限を守らせるためにはを含むブックマーク

期限付きの仕事(プロジェクトの1タスクと考えています。)の期限を守らせるためには、

 学生症候群に陥ることを防ぐ

◆〇纏に集中できる環境を整えてやる

ことが重要だと思います。

社員は、やったことのないこと、何から手をつけていいか判らないことに対して、なかなか手を付けようとしません。かといって遊んでいる訳ではなく、自分の得意な仕事を見つけてそちらを先に片付けようとします。これこそが、学生症候群です。

これを防ぐためには、毎日の報告から期限付きの仕事に取り組んでいるかどうかをチェックし、期限付きの仕事に取り掛かるように向けさせることです。たいていの場合、他の仕事も結構重要で無視できる内容では無いのでやっかいです。

そのため、プロジェクト・マネージャーは、他の者に仕事を割り振るか、他の者で代替が利かない場合には、後回しにさせます。問題は、担当者がやっている仕事が他部門の偉いさんからの依頼などの場合です。この場合、依頼された仕事を後回しにするための他部門との折衝は、プロジェクトマネージャーの仕事です。


また、仕事が停滞している場合、何から手をつけていいか判らず、むやみやたらと調べものをしていることがあります。そういった場合、とりあえず結果のでるものまで業務を分解し、期限を切って仕事の進捗を管理する必要があります。


期限付きの仕事の毎日の評価のなかで、期限付きの業務に手をつけていない場合の評価点は、1点ですが、なぜ、手が付けられなかったかの報告をあげさせることで、評価は3点に戻します。管理者は、担当者に悪い評価をつけても、プロジェクトの遅れを防ぐことはできません。手が付けられなかった原因を報告させることで、プロジェクトが遅れる前に対処することが可能になります。


また、担当者がわけが判らなくなった状況も、期限にどれくらい後れるかの見当もつかないような状態に陥った状態も、先の評価では2点ですが、なぜ、遅れ日数すらも把握できない状況になったかを報告させることで、プロジェクトマネージャーは、対処することができます。


だれも、怠けている訳ではないのです。目標は、プロジェクトの期限内の完成です。そのために毎日の評価は利用されるべきです。

はいちゃんちゃんちゃん!!!!はいちゃんちゃんちゃん!!!! 2009/08/15 09:47
もーさすがに3回は果てるってーー!!!(>_<)
連続じゃないだけマシだけど1 0 万の為とはいえ3回ヤるとティ ンコさんが火を噴きそうなくらい真っ赤っ赤だよ(^^;
まー何気に足 コ キしてもらったのって初めてだし、得っちゃ得だけどねーwww

http://kachi.strowcrue.net/Bh8DLDY/

2005-08-30 期限付きの仕事の評価 その2

期限付きの仕事の評価 その2 13:27 期限付きの仕事の評価 その2を含むブックマーク



クリティカル・チェーン」に書かれているように、プロジュクトには変動要因が多く含まれているため、遅れるのが当たり前という認識が担当者にあると思う。

過去の経験から、遅れることが当たり前と思っているので、作業日数を見積もる際に、過去の経験から変動要因を考えて余分の日程を申告する。余分の日程を申告しているのだから、早く終わるタスクがあってもよさそうなのに、早く終わったというタスク報告はあまり聞けません。

なぜでしょうか?

答えは、早く終わりそうかどうかを尋ねていないからではないでしょうか?


たとえば、営業目標について、目標を達成できそうかどうかは聞きますが、営業目標をどのていど超えそうかと尋ねる管理者は少ないと思います。なぜなら、営業目標は達成することが簡単ではないという思い込みがあるからです。

同様に、プロジュクトにおいても、期限内において完了することは難しいと考えているのでプロジュクトマネージャーも各担当者にどれくらい早く終わるかと尋ねない。

また、早く終わったと報告したら、最初の必要時間の見積もりが甘かったと叱責されるような雰囲気はないだろうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kitamura226/20050830

2005-08-29 期限付き業務の評価

期限付き業務の評価 13:34 期限付き業務の評価を含むブックマーク


3.期限付き業務の評価(営業目標の達成状況・プロジェクトの各タスクなど)

  5点:早期完了見込みの報告

  4点:遅れ見込み日数の報告

  3点:予定どおりの進捗状況報告

  2点:いつ完了するかわからない

  1点:進捗報告なし

期限付きの業務は、ゴールドラッド氏の著書「クリティカル・チェーン」に書かれているように、遅れることが日常茶飯事となっているのではないだろうか?



「クリティカル・チェーン」に書かれているように、プロジュクトには変動要因が多く含まれているため、遅れるのが当たり前という認識が担当者に取り付いていると思う。

遅れることが当たり前と思っているので、作業日数を見積もる際に各担当者は、過去の経験から変動要因を考えて余分の日程を申告する。余分の日程を申告しているのだから、早く終わるタスクがあってもよさそうなのに、早く終わったというタスク報告はあまり聞けません。

なぜでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kitamura226/20050829

2005-08-25 毎日の評価項目

毎日の評価項目 09:11 毎日の評価項目を含むブックマーク

1.毎日行う業務の評価(出社すると仕事がすぐ始められる業務)


  ―萢スピード

   5点:仕事のやり方を変えることにより、極めて処理スピードが速くなった。

   4点:仕事のコツをつかむことにより、処理スピードが早くなった。

   3点:処理スピードに変化は無い。

   2点:遅くなった。(残業をして、その日の予定を処理した。)

   1点:極めて遅くなった。(その日の予定作業を終わらせることができなかった。)

ただし、遅くなった場合でも、正当な理由の報告があれば3点とする。通常、理由もなく遅くなることは、考えられない。したがって、「しかたがないなあ」という理由が存在するはずである。前回書いた、居酒屋を例にとると、厨房の能力以上に注文が集中し、顧客への料理の配膳が遅れるといったような状態である。

しかし、その理由で納得していては、企業の発展はない。理由報告は、同じような遅れを繰り返さないための仕組み作りのための改善のきっかけとすることが重要である。なにか対策がとれないのか、すぐに配膳できるような料理をストックしておいてその料理を勧めるとか、しかたがないとあきらめないで、改善することが企業を強くする。


 ◆.潺后不良品発生率

   5点:仕事のやり方を変えることにより、極めて少なくなった。

   4点:仕事のコツをつかむことにより、ミスが少なくなった。

   3点:ミス・不良品発生率に変化は無い。

   2点:ミス・不良品発生率が増加した。

   1点:ミス・不良品発生率が極めて増加した。

ミス・不良品発生率の処理スピード同様、理由も無くミスや不良品率が増加する訳は無いわけで、担当者責任と言えないような何らかの理由があるはずである。その理由を報告すれば、評価点は3点にすべきである。これを、担当者のせいにしてしまうと、担当者の不満(上司は、部下の仕事を何も見ていない。)に繋がる。

ミスが増えたことを叱責すると、言い訳を言わない社員は居ない。実に最な理由が出てくる。それを口頭での報告ではなく、文書で報告をさせるのである。

そして、大切なことは、その報告を眠らせないで、必ず改善の種として活用することである。最近は、どこの企業でもグループウエアを活用していると思うが、このような報告は、改善報告が出てくるまで誰もが見られる場所にたなざらししておくことで、あまりにも長い間放置されているようなら、管理者の評価は下げるべきである。









     

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kitamura226/20050825

2005-08-17 期限の無い仕事は、仕事ではない

期限の無い仕事は、仕事ではない 13:01 期限の無い仕事は、仕事ではないを含むブックマーク

期限を決めないで行うことは、仕事ではなく、趣味です。仕事と名がつくからには、期限があります。居酒屋の接客係のアルバイトでも、お客が怒り出す前に注文も料理をお客のテーブルにとどけなくてはなりません。毎日同じ製品を組み立てている作業者も、今日中に作るべき製品の数は、決まっているはずです。


毎日行う業務や、上記の居酒屋のアルバイトのように、期限があいまいだったり、短かったたりすると、一見期限が無いように見えますが期限はあります。そして、期限を守れないということは、仕事が遅いということになります。


居酒屋で、お客が注文してから料理が来るのが遅いと、お客が怒り出します。そうゆうことを繰り返すアルバイトの評価は低く、いつまでも時給は上がらず、場合によってはくびです。


料理をお客様のテーブルに迅速に届けるためには、接客係が迅速に厨房にオーダーを通すとか、正確なオーダーを伝えるとか、接客係の能力が一番大きな要因ですが、厨房の処理能力を超えるオーダーが入ったために、料理ができるのが遅くなるなど、接客係の努力だけではどうしようも無い場合もあります。


接客係の責任範囲外の要因で、料理を運ぶのが遅れ、お客が怒りだすことだってあるはずです。それでも、お客が怒り出した責任は、接客係にあると思います。お客が怒り出す前に、現在の状況をお客に伝え、自分ができることをすることで、客が怒り出すことは防げると思います。

こまつこまつ 2012/07/25 08:36 期限のない仕事は仕事ではなく趣味と言うことに反発します。このような言い方は「趣味」に対して失礼極まりない。趣味は仕事と公言して立派な成果を出している人もいるのです。あなたの言い方は非常に視野が狭い。このような上司の下で仕事をする部下は不幸です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kitamura226/20050817
Connection: close