kitanoのアレ このページをアンテナに追加 RSSフィード


判断は情報に依存する。
ゆえに情報源の不正は不公正な判断を導く。
判断ではなく、情報源が善悪を決定する。
Re-anger主催(キタノ)北の系2005

20040228 反戦歌「脱走兵」/鈴木盛夫氏の有害ゲーム排斥論

Boris VianのLe Deserteur

かつて放送禁止になったシャンソン「脱走兵」について。

反戦歌として歌ってもいいですが、絶望した人間の再起への讃歌として歌ってもいいと思います。

歌詞

http://oznik.com/art/refusenik_song_01.html

http://www.kototone.jp/strings/guitar/deserteur.html

日本語翻訳

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/boris_vian.html

服従を拒むんだ

戦争を拒むんだ

戦争にいってはいけない

出征を拒むんだ

血を流さなければいけないのなら

あなたの血をどうぞ

閣下は 偽善者ですね

大統領閣下

私を追跡するのなら

憲兵たちに伝えて下さい

私は何の武器も もっていないので

撃ち殺してもいい、と

http://d.hatena.ne.jp/skszp/20030320

音楽

http://oznik.com/art/refusenik_song_01mus/Boris%20Vian_Le_d%E9serteur.mp3

http://www.oznik.com/music/Boris%20Vian_Le%20d%e9serteur.mp3

http://francois.emaille.free.fr/renaud/sons/Boris%20Vian%20-%20Le%20D%e9serteur.mp3

このシャンソンで歌われている脱走兵は、ある意味、戦争に参加している兵士よりも死ぬ覚悟ができている人ではないでしょうか。

命がけで、兵士として戦わないことを誓った人。

戦わないことを誓うことで、一度死んでしまった人としての心を、取り戻そうとする人。

兵役を拒否し脱走することで、もういちど人間として生きようとする人。

死んでしまった人間性に別れを告げ、失った人生をもう一度生きるために、脱走する。

反戦歌として歌われたこともありましたが、この歌はただの反戦歌ではありません。

絶望し、傷ついた人間性の再起を歌った賛美歌、のようにも私には聞えます。

明日の朝早く

死んでしまった歳月に

門前払いをくわせるつもりです

私は旅に出ます

───────────

鈴木盛夫氏(民主党小沢派)の有害ゲーム排斥論

鈴木盛夫衆議院議員候補(小沢派)

http://www.morio.org/">http://www.morio.org/

理念政策 PTA復権と有害情報教育を!

http://www.morio.org/others/gougai.html

(自由党新聞号外より抜粋) 2000.5

電車の中吊り広告・テレビ・雑誌・漫画・テレビゲーム・インターネットなどからの過激な有害情報の洪水の中で子供たちは無制限に放置されている。 かつてPTAは地域ごとに結束を誇り教育上の観点からマスコミに対して多くの強烈な警告を発して情報監査をしてきた。

 しかし、今やPTAは非力化し有害情報も野放しになって子供たちを蝕んでいる。

手のつけられない情報の暴走によって子供たちに歪んだ潜在意識が植え付けられ、信じられない凶悪な犯罪を生み出していないだろうか。

『凶悪な画像と残酷なストーリー “テレビゲーム”』

鈴木 親の教育に関する関心は本音では内申書ばかりになってしまい、 情操教育になかなか向けられないといのが現状のようですし、 かつてのようなPTAの家庭教育指導という影響力が全くなくなったと思います。多くの家庭ではテレビゲームに没頭する子供は家にいるから良い子扱いにされて親はつい安心してしまうのではないでしょうか。でもテレビモニターの中に純粋な子供の精神を病ます凶悪な画像と残酷なストーリーが隠されていても親は気づかないですよね。

 

『有害情報から誰が子供を守るのか』

鈴木 私は情報危機管理を行う全国的なPTA情報監視機構を組織すべきだと思うのです。退職教員と法律家から構成された教育に関する情報環境監視委員会のようなものです。昔はドリフターズの番組でもPTAが選ぶワースト1だと家庭に注意を促していたと聞いています。

 

鈴木 出版・報道・表現の自由とは他のいかなる権利を侵害するものであってはならないことを権利の行使を行っているメディアは猛省すべきです。メディアは権力をもってはならないのですから。 だからこそ出版・報道・表現の自由は尊いと思うのです。戦争中には言論統制があり国民の知る権利はありませんでした。

でも今のようなメディアの暴走時代では私たちの「知りたくない権利」が侵害されていないでしょうか? 視聴率という競争で番組の品質を低下させ無料で低俗番組を提供する民放、販売部数拡大のために大衆を煽る出版社過激なストーリーで命をもてあそぶゲームメーカーは子供の精神構造に与える影響をどう認識しているのでしょうか? ましてや選挙で特定政党を支持するように大衆世論操作をする事件がありましたが、世界の民主主義の観点から絶対に許されません。

メディアの暴走をとめるのは親たちの団結した力です。私はそう思っています。

なんかもう、なんだかなーというかんじですね。(笑)

政府の政策実施状況が見えていない方かもしれません、鈴木盛夫候補は。

たとえば、鈴木氏は「PTAは非力化している」と書いていますが、社団法人日本PTA全国協議会は、マスメディア調査委員会という組織を作り、メディアの監視活動を続けてきました。

PTAマスメディア調査委員会は、いわゆる俗悪番組追放運動の主要圧力グループのひとつで、PTAに対する政府からの助成金を対象事業だったことは、公開されていた事業会計報告書や事業活動計画書から事実関係が明らかです。

平成13年10月19日、政府の青少年育成推進会議は、申合せ「青少年を取り巻く環境の整備に関する指針」を公表しましたが、申し合わせの「国の取組」の項目の中で、「日本PTA全国協議会等の第三者の民間団体によるメディアのモニタリング調査等を支援し、その結果を踏まえた関係業界等との意見交換の促進」という項目が入っていました。

青少年政策にPTAの俗悪番組・俗悪図書追放運動は、政府の活動の中に、予算ヒモ付きでがっちり組み込まれています

日本PTAは与党とも深い関係があり、青少年環境対策基本法案とのからみで、昨年の選挙で落選した奥山茂彦前議員がPTAと接触を持っていたことは、下記情報からも読み解くことができます。

奥山茂彦前議員

http://www.yamabikonet.gr.jp/EX/kokkai389.htm

青少年の有害情報氾乱に立向う勇気を出して〜青少年社会環境対策基本法制定に向けて〜

 

これらの有害情報が、特に少年などに与える影響が心配され、5月15日、日本PTA全国協議会の大窪修二副会長などと意見交換をいたしました。

特に検討されている「青少年社会環境対策基本法案」について意見聴取することが主旨議題でありました。このような教育界各界から、青少年を有害情報からいかに守るかということで意見聴取を続けてきましたが、これを規制するための法案づくりで悩み続けてまいりました。

昨年から今年にかけて上映されているバトル・ロワイヤルを巡って、ずいぶん賛否の意見が出されていました。テレビの俗悪、低劣な番組もPTA協議会で取り上げられてきました。現在のところは、これらの映画や番組も映倫や民放連の自主規制にも引っかからず野放しになっています。最近は府県等で条例がつくられ、指導できるようになっていますが、俗悪の基準が明確でなく、罰則もなく、相手の業者に守る気がなければ、何の処置もとれません。

やはり国において基本法をつくり、上位法がなければ地方では規制は限界だとされています。


「PTAは非力化」などという認識がいかに事実とかはなれたものであるか、もはや明白でしょう。

鈴木盛夫氏が単に無知なのか、思い込みが激しい方なのか、その主張に何か隠された意図があるのかは私にはわかりませんが、いずれにせよ鈴木盛夫氏は議員としてふさわしくないと考えます。(もちろん、現職の石原のぶてる議員が良い議員だと言いたいわけではありません。念のため)

民主党は、公認候補を差換えるべきでしょう。

ag(AxGx管理人)ag(AxGx管理人) 2004/02/29 03:10 キタノさん、いつもご苦労様です。早速次の更新で鈴木盛夫大先生を議員リストに加えたいと思います。

kitanokitano 2004/03/01 01:02 AGさんいつもどうも。鈴木氏は、石原のぶてる議員と選挙で争って落選しており、まだ議員ではありません。公認“予定候補”です。勘違いする方がいるとあれなので念のため。ヽ(・ω・。)ノ

20040227 臓器移植関連報道

20040226 北の系更新/二・二六事件判決

二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決

■ 資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(6)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020369.html

■ 資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(5)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020368.html

■ 資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(4)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020367.html

■ 資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(3)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020366.html

■ 資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(2)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020365.html

■ 資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(1)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020364.html

20040225 自民党安倍執行部VSテレビ朝日の顛末 このエントリーを含むブックマーク

安倍幹事長記者会見(役員連絡会後) 平成16年2月27日

http://www.jimin.jp/jimin/kanjicyo/1602/160227.html

テレビ朝日問題について[1]

私から、「テレビ朝日が、今後、藤井孝男衆議院議員に関わるBRC?(放送と人権等権利に関する委員会?)の審理に誠実に協力・対応すること、今後の報道姿勢が公正であることを前提条件に、一般議員については、24日付で出演自粛を解除し、執行部の出演については、幹事長に一任していたところであるが、29日のテレビ朝日『サンデープロジェクト』に私が出演するこの日をもって執行部の出演自粛を解除することとする。ただし、今後、テレビ朝日が、BRCの審理に誠実な協力をしないとき、偏向的、不公正な報道が行われたときは、当然、出演自粛を再開することもあり得る」とご報告申し上げました。

安倍幹事長記者会見(役員連絡会後) 平成16年2月24日

http://www.jimin.jp/jimin/kanjicyo/1602/160224.html

安倍幹事長記者会見(役員会後)平成16年2月23日

http://www.jimin.jp/jimin/kanjicyo/1602/160223b.html

テレビ朝日問題について

私から、「テレビ朝日の『ニュースステーション』の『菅内閣閣僚名簿問題』および、『TVタックル』の『藤井議員問題』について、テレビ朝日が再発防止のための組織改革、製作会社への厳重注意、関係者の処分等を行ったことを受け、我が党は国民への説明責任をより充実させるためにも、今後のテレビ朝日のBRCにおける審理態度や報道姿勢を見守りながら、出演自粛の一部または全部の解除を含めて検討する旨の幹事長談話を発表していたが、検討の結果、一般議員の出演については24日付で解除することとし、執行部の出演については幹事長に一任させていただきたい」と申し上げ、了承を得ました。

安倍幹事長記者会見(役員連絡会後)平成16年2月20日

http://www.jimin.jp/jimin/kanjicyo/1602/160220.html

テレビ朝日問題について

我が党は、以前よりテレビ朝日の報道姿勢に対して逐一注意を与えてきたところである。しかし、昨年10月に最高裁がいわゆる『所沢ダイオキシン報道判決』を判示し、テレビ朝日の『ハコモノ報道・編集』の問題点を指摘し、その後、『TVタックル』で我が党所属の藤井孝男議員に関して捏造報道を行い、さらに『ニュースステーション』が総選挙投票日直前に民主党のPR番組を約30分間にわたって放送した。ここに至り、我が党はテレビ朝日の姿勢を糺すために、やむなく我が党所属の国会議員の番組出演を自粛することとし、今日に至っている次第である。

安倍幹事長記者会見(役員会・役員連絡会後)平成15年12月16日

http://www.jimin.jp/jimin/kanjicyo/1512/151216.html


はっきり言って、安倍執行部の対応はくっだらねぇの一言です。

テレビ朝日の問題というより、「自民党安倍執行部狭量問題」と言い直した方が良いのでは?

ロシアのプーチン大統領みたいに批判するメディアを全部つぶさないと気が済まないとしたら、最低最悪の幹事長ということになりそうです。

自民党議員がテレビに出ないなら出ないでいいんじゃないか、という考え方もあるでしょうね。自民党議員がずっとテレビ朝日に出なくて困るのは自民党議員自身ですし。自分で潰れていけば万歳と思っているひとはたくさんいるでしょう。

幹事長決定で、テレビ朝日はそれなりにダメージを受けていたとは思いますが、ダメージの量で比較すれば自民党議員自身の方のダメージはテレビ朝日の比ではなかったと思います。

オモテ向き、安倍幹事長はBRCでの対応を理由に出演解除したようですが、本当の理由は、自民党内で造反議員の「出演させろコール」がおしよせてどうしようもなくなったというあたりが本音ではないかと私は想像しているのですが、どうでしょうね。

そもそも、政党執行部が議員出演自粛の党議拘束を議員に対してかけるということ自体、疑問に感じます。

議員がテレビに出演するかとないかは各議員が判断すべきことで、政党が議員の言論活動を制限するという党の決定こそあるべき言論を妨げているのではないですか?

議員がなにを考えているのか国民の知る機会が減るという意味で、国民にとってより大きい問題ではないかと感じます。

もちろん、放送免許を使っている以上、テレビ朝日には公平性原則というものを守らなければならないのは当然ですが、議員には公人として有権者に対する説明責任というものがあるわけですから、それを放棄してまでメディアの公平性を糾すというのは、メディアの公平性の糾す「手法」としていかがなものかと思います。

大事なことは、「国民−議員」あるいは「市民−メディア」の関係を再優先に考えるべきで、「政党−メディア」の関係を再優先にしてはならないという点ではないしょうか。

20040224 世界人権宣言「第19条」

国際NGO「第19条」

表現の自由獲得を目指す「第19条」という国際NGOがあります。

表現と公的情報へのアクセスの自由促進、そして検閲との闘いのための世界的な運動だそうです。

「第19条」というグループ名は、世界人権宣言の第19条にちなんで命名されたとのこと。イギリスに本部、南アフリカに支部があるようです。

■第19条 (表現の自由ための全世界キャンペーン)

http://www.article19.org/

・トップニュース

http://www.article19.org/homepage.asp#PageElement70

世界人権宣言第19条

「ただし」とか「公共の福祉の場合を除き」といった例外的制限が無く、絶対的な人権として採択されている点に注意。

■世界人権宣言(1948年12月10日第3回国際連合総会採択)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/udhr/1b_002.html

第19条

すべて人は、意思及び表現の自由に対する権利を有する。

この権利は、干渉を受けることなく自己の意見をもつ自由並びにあらゆる手段により、また、国境を越えると否とにかかわりなく、情報及び思想を求め、受け、及び伝える自由を含む。

20040223 報道の自由度世界ランキング 日本は報道の自由途上国 このエントリーを含むブックマーク

・報道の自由度世界ランキング 日本は報道の自由途上国

■国境無き記者団

http://www.rsf.fr/

・Second world press freedom ranking (October 2003)

第二回報道の自由度世界ランキング

http://www.rsf.fr/article.php3?id_article=8247

1 Finland 0,50 フィンランド

Iceland 0,50 アイスランド

Netherlands 0,50 オランダ

Norway 0,50 ノルウェイ

5 Denmark 1,00 デンマーク

Trinidad and Tobago 1,00 トリニダード・トバゴ

7 Belgium 1,17 ベルギー

8 Germany 1,33 ドイツ

9 Sweden 1,50 スウェーデン

10 Canada 1,83 カナダ

11 Latvia 2,25 ラトビア

12 Czech Republic 2,50 チェコ

Estonia 2,50 エストニア

Slovakia 2,50 スロバキア

Switzerland 2,50 スイス

16 Austria 2,75 オーストリア

17 Ireland 2,83 アイルランド

Lithuania 2,83 リトアニア

New Zealand 2,83 ニュージーランド

20 Slovenia 3,00 スロベニア

21 Hungary 3,33 ハンガリー

Jamaica 3,33 ジャマイカ

South Africa 3,33 南アフリカ

24 Costa Rica 3,83 コスタリカ

25 Uruguay 4,00 ウルグアイ

26 France 4,17 フランス

27 United Kingdom 4,25 英国

28 Portugal 5,17 ポルトガル

29 Benin 5,25 ベニン

30 Timor-Leste 5,50 東ティモール

31 Greece 6,00 ギリシャ

United States of America (American territory) 6,00 アメリカ合衆国(国内)

33 Poland 6,17 ポーランド

34 Albania 6,50 アルバニア

Bulgaria 6,50 ブルガリア

Nicaragua 6,50 ニカラグア

37 Bosnia and Herzegovina 6,83 ボスニアヘルツェゴビナ

Chile 6,83 チリ

El Salvador 6,83 エルサルバドル

40 Paraguay 7,17 パラグアイ

41 Mauritius 7,25 モーリシャス

42 Ecuador 7,67 エクアドル

Spain 7,67 スペイン

44 Israel (Israeli territory) 8,00 イスラエル

Japan 8,00 日本

・ランキングの評価基準

http://www.rsf.fr/article.php3?id_article=8248

・第一回報道の自由度世界ランキング

http://www.rsf.fr/article.php3?id_article=4116

世界的な傾向として、戦争や内戦に参加している国はランクが下降傾向。政治的基盤が弱体化している国もランクが下降傾向。

民衆の批判のエネルギーを政治変革に変えて行ける制度や言論サイクルが発達している国は、どの国も高いランクを示しています。

日本はイスラエル(国内)と同じ第44位。報道の自由に関して言えば、日本は発展途上国に近いランクまで大幅に下がりました。

ボスニアヘルツェゴビナ、チリ、南アフリカ、東ティモールよりも日本の報道の自由度は低いという惨状を、日本の記者クラブにいるテレビ局のヤツらは知っているんでしょうか?

報道悪化に対する市民サイドの防衛策としては、テレビは消す。全国紙は購読しない。これが基本です。

特にテレビニュースを見るのはやめましょう。見るならアニメ。

どうしてもテレビニュースを見る必要がある場合は、音声消して映像のフレームカット等の作為性を意識しながら見て、詳しい情報はラジオで聞くといいです。

本当の情報を知りたければ、ネットで海外数ヶ国の新聞を毎日読み、翻訳報道や海外ルポルタージュにも接する、といった習慣をつけると良いと思います。

tsukimixtsukimix 2004/03/08 21:50 Netherlands 0,50 ニュージーランドとなってますが、オランダの間違いでしょう。

kitanokitano 2004/03/09 00:07 訂正しました ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

20040222 盗聴法廃止請願が法務委員会に付託

盗聴法廃止請願が法務委員会に付託されました。

159国会

犯罪捜査のための通信傍受法の廃止に関する請願

http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1590493.htm

署名者通数(計) 2,700名

付託委員会 法務

紹介議員 金田誠一君

金田誠一衆議院議員

http://www.kanetas.com/index/index.html

過去提出された盗聴法廃止請願。

155国会

犯罪捜査のための通信傍受法の廃止に関する請願

http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1550696.htm

署名者通数(計) 6,078名

付託委員会 法務

結果/年月日 審査未了

紹介議員一覧 受理番号 696号 阿部知子君 受理番号 697号 石井一君

受理番号 698号 鳩山由紀夫君 受理番号 752号 植田至紀君

受理番号 753号 木島日出夫君 受理番号 754号 不破哲三君

受理番号 755号 吉井英勝君 受理番号 796号 水島広子

受理番号 927号 穀田恵二君 受理番号 965号 山花郁夫君

受理番号 1094号 大島令子君 受理番号 1095号 鎌田さゆり君

受理番号 1096号 平岡秀夫君

153国会

犯罪捜査のための通信傍受法の廃止に関する請願

http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1530114.htm

署名者通数(計) 3,597名

付託委員会 法務

結果/年月日 審査未了

紹介議員一覧 受理番号 114号 北川れん子君 受理番号 115号 佐々木秀典君

受理番号 116号 鳩山由紀夫君 受理番号 117号 原陽子君

受理番号 118号 保坂展人君 受理番号 155号 植田至紀君

受理番号 156号 佐々木秀典君 受理番号 175号 枝野幸男君

受理番号 176号 菅直人君 受理番号 233号 土井たか子

受理番号 257号 土井たか子君 受理番号 264号 土井たか子

受理番号 328号 辻元清美君 受理番号 329号 羽田孜君

受理番号 341号 水島広子君 受理番号 425号 大島令子君

受理番号 445号 木島日出夫君 受理番号 527号 不破哲三君

受理番号 998号 平岡秀夫君 受理番号 1123号 平岡秀夫君

受理番号 1253号 河村たかし君 

151国会

犯罪捜査のための通信傍受法の廃止に関する請願

http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1510476.htm

署名者通数(計) 9,289名

付託委員会 法務

結果/年月日 審査未了

紹介議員一覧 受理番号 476号 河村たかし君

受理番号 501号 佐々木秀典君 受理番号 502号 楢崎欣弥君

受理番号 546号 鎌田さゆり君 受理番号 547号 瀬古由起子君

受理番号 548号 鳩山由紀夫君 受理番号 549号 不破哲三君

受理番号 586号 石毛えい子君 受理番号 587号 植田至紀君

受理番号 588号 加藤公一君 受理番号 589号 木島日出夫君

受理番号 590号 保坂展人君 受理番号 610号 池田元久君

受理番号 611号 菅直人君 受理番号 635号 中村哲治君

受理番号 655号 平岡秀夫君 受理番号 748号 阿久津幸彦君

受理番号 778号 山花郁夫君 受理番号 833号 日野市朗君

受理番号 855号 大出彰君 受理番号 893号 水島広子

受理番号 929号 土井たか子君 受理番号 1412号 枝野幸男君

受理番号 4036号 山内功君 

150国会

犯罪捜査のための通信傍受法の廃止に関する請願

http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1500042.htm

受理件数(計) 102件

署名者通数(計) 43,168名

付託委員会 法務

結果/年月日 審査未了

紹介議員一覧 受理番号 42号 江崎洋一郎君 受理番号 43号 北川れん子君

受理番号 44号 佐々木秀典君 受理番号 45号 武正公一君

受理番号 46号 中川智子君 受理番号 47号 葉山峻君

受理番号 48号 鳩山由紀夫君 受理番号 49号 山村健君

受理番号 52号 大島令子君 受理番号 53号 大幡基夫君

受理番号 54号 大森猛君 受理番号 55号 金子哲夫君

受理番号 56号 鎌田さゆり君 受理番号 57号 木島日出夫君

受理番号 58号 熊谷弘君 受理番号 59号 桑原豊君

受理番号 60号 古賀一成君 受理番号 61号 今野東君

受理番号 62号 中林よし子君 受理番号 63号 楢崎欣弥君

受理番号 64号 日森文尋君 受理番号 65号 不破哲三君

受理番号 66号 藤木洋子君 受理番号 67号 藤村修君

受理番号 68号 松本善明君 受理番号 69号 松本龍君

受理番号 78号 五十嵐文彦君 受理番号 79号 伊藤忠治君

受理番号 80号 池田元久君 受理番号 81号 金田誠一君

受理番号 82号 河村たかし君 受理番号 83号 菅野哲雄君

受理番号 84号 熊谷弘君 受理番号 85号 小林守君

受理番号 86号 五島正規君 受理番号 87号 穀田恵二君

受理番号 88号 近藤昭一君 受理番号 89号 鈴木康友君

受理番号 90号 東門美津子君 受理番号 91号 原陽子君

受理番号 92号 平岡秀夫君 受理番号 93号 古川元久君

受理番号 94号 三井辨雄君 受理番号 95号 山口富男君

受理番号 96号 吉井英勝君 受理番号 107号 石井紘基君

受理番号 108号 小沢和秋君 受理番号 109号 加藤公一君

受理番号 110号 鹿野道彦君 受理番号 111号 菅直人

受理番号 112号 北橋健治君 受理番号 113号 東門美津子君

受理番号 114号 永井英慈君 受理番号 115号 永田寿康君

受理番号 116号 日野市朗君 受理番号 117号 矢島恒夫君

受理番号 118号 山口わか子君 受理番号 119号 渡辺周君

受理番号 121号 阿部知子君 受理番号 122号 岩國哲人君

受理番号 123号 大出彰君 受理番号 124号 奥田建君

受理番号 125号 玄葉光一郎君 受理番号 126号 中西績介君

受理番号 127号 中村哲治君 受理番号 128号 日野市朗君

受理番号 130号 釘宮磐君 受理番号 131号 重野安正君

受理番号 132号 辻元清美君 受理番号 133号 土井たか子

受理番号 134号 中津川博郷君 受理番号 135号 前原誠司君

受理番号 136号 志位和夫君 受理番号 137号 辻元清美君

受理番号 138号 春名直章君 受理番号 164号 石井一君

受理番号 165号 辻元清美君 受理番号 166号 細野豪志君

受理番号 167号 横光克彦君 受理番号 186号 横光克彦君

受理番号 196号 長妻昭君 受理番号 197号 横光克彦君

受理番号 207号 佐藤観樹君 受理番号 224号 牧野聖修君

受理番号 264号 後藤斎君 受理番号 340号 植田至紀君

受理番号 341号 枝野幸男君 受理番号 342号 重野安正君

受理番号 385号 大出彰君 受理番号 431号 赤嶺政賢君

受理番号 432号 大石正光君 受理番号 433号 三村申吾君

受理番号 807号 大谷信盛君 受理番号 808号 川端達夫君

受理番号 1068号 山花郁夫君 受理番号 1241号 原口一博君

受理番号 1640号 羽田孜君 受理番号 1940号 鉢呂吉雄君

受理番号 1957号 木下厚君 受理番号 1958号 山内功君

受理番号 2017号 津川祥吾君 受理番号 2152号 田中甲君

149国会

犯罪捜査のための通信傍受法の廃止に関する請願

http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1490022.htm

受理件数(計) 37件

署名者通数(計) 17,587名

付託委員会 法務

結果/年月日 審査未了

紹介議員一覧 受理番号 22号 岩國哲人君

受理番号 23号 大森猛君 受理番号 24号 木島日出夫君

受理番号 25号 穀田恵二君 受理番号 26号 佐々木憲昭君

受理番号 27号 志位和夫君 受理番号 28号 瀬古由起子君

受理番号 29号 不破哲三君 受理番号 30号 細川律夫君

受理番号 31号 松本善明君 受理番号 32号 吉井英勝君

受理番号 40号 菅直人君 受理番号 41号 北川れん子君

受理番号 42号 葉山峻君 受理番号 43号 水島広子

受理番号 86号 大出彰君 受理番号 87号 辻元清美君

受理番号 91号 家西悟君 受理番号 92号 石井一君

受理番号 93号 大出彰君 受理番号 94号 河村たかし君

受理番号 95号 武正公一君 受理番号 96号 春名直章君

受理番号 97号 日野市朗君 受理番号 98号 松崎公昭君

受理番号 99号 三井辨雄君 受理番号 109号 鹿野道彦君

受理番号 110号 佐藤謙一郎君 受理番号 126号 伊藤英成君

受理番号 127号 石毛えい子君 受理番号 128号 菅野哲雄君

受理番号 129号 土井たか子君 受理番号 130号 中西績介君

受理番号 131号 永井英慈君 受理番号 132号 原陽子君

受理番号 133号 保坂展人君 受理番号 134号 横路孝弘君

147国会

犯罪捜査のための通信傍受法の廃止に関する請願

http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1470512.htm

受理件数(計) 47件

署名者通数(計) 16,057名

付託委員会 法務

結果/年月日 審査未了

紹介議員一覧 受理番号 512号 保坂展人君 受理番号 524号 保坂展人君

受理番号 1715号 家西悟君 受理番号 1716号 中西績介君

受理番号 1717号 畠山健治郎君 受理番号 1718号 細川律夫君

受理番号 1724号 鹿野道彦君 受理番号 1725号 河村たかし君

受理番号 1726号 坂上富男君 受理番号 1727号 知久馬二三子君

受理番号 1728号 辻元清美君 受理番号 1729号 中川智子君

受理番号 1730号 葉山峻君 受理番号 1731号 鳩山由紀夫

受理番号 1732号 濱田健一君 受理番号 1733号 横路孝弘君

受理番号 1749号 金子満広君 受理番号 1750号 金田誠一君

受理番号 1751号 木島日出夫君 受理番号 1752号 菊地董君

受理番号 1753号 穀田恵二君 受理番号 1754号 佐々木憲昭君

受理番号 1755号 佐々木秀典君 受理番号 1756号 辻第一君

受理番号 1757号 土井たか子君 受理番号 1758号 中林よし子君

受理番号 1759号 東中光雄君 受理番号 1760号 不破哲三君

受理番号 1761号 保坂展人君 受理番号 1762号 村山富市君

受理番号 1763号 吉井英勝君 受理番号 1825号 伊藤茂君

受理番号 1826号 石井一君 受理番号 1827号 金田誠一君

受理番号 1828号 志位和夫君 受理番号 1829号 寺前巖君

受理番号 1830号 古堅実吉君 受理番号 1831号 松本善明君

受理番号 1852号 伊藤英成君 受理番号 1853号 上原康助君

受理番号 1854号 熊谷弘君 受理番号 1914号 深田肇君

受理番号 1915号 横光克彦君 受理番号 1943号 北村哲男君

受理番号 1944号 中島武敏君 受理番号 1966号 北沢清功君

受理番号 1996号 枝野幸男君

20040219 東京都健全育成条例改正案

東京都健全育成条例改正案

出版物関係規制の概要は以下の通り。

書店に対する指定図書類の包装義務の創設(罰則付き強制義務)

出版社に対する指定図書類の包装義務の創設(努力義務)

知事に出版社などに対する「表示勧告権」を付与

知事に書店監視員(青少年健全育成協力員)の設置権を付与

立入調査権対象範囲の拡大

警察官の立入調査権の創設(ただし書店売り場を除く)

指定図書類の包装義務に違反した場合30万円以下の罰金

東京都

東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2004/02/20e2i101.htm

条例案概要 平成16年第一回都議会定例会

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2004/02/20e2i100.htm

┐(´ー`)┌

20040218 北の系更新/二・二六事件判決、北一輝

北の系更新

二・二六事件の北一輝死刑判決、やっと半分掲載しました。

校正は苦労してます。残り半分、2月26日までに間に合うかな…。

資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(1)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020364.html

資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(2)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020365.html

資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(3)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020366.html

資料/二・二六事件北一輝、西田税、亀川哲也判決(4)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020367.html

関連リンク

北一輝「日本改造法案大綱」

http://homepage2.nifty.com/Bokujin/shiryou1/Nihonkaizou2.html

日本改造法案大綱は、自民党の安倍幹事長のおじいちゃんも手で書き写して学んだという戦後右翼のバイブルらしい。真偽は不明。

北一輝関係のリンクを辿っていたら、こんなの見つけた。

「北一輝の「国体論および純正社会正義」を要約するとともに、その意義を論じなさい」って問題が九州大学で出されていたらしい。

九州大学の平成13年度春季入学試験問題

http://www.scs.kyushu-u.ac.jp/F1/test/01syunki/nihon_shiso.html

国体論および純正社会正義」は北一輝が24歳の時に著した政治論文だそうですが、難解な部分があるので読んで考えこんでいるうちに試験時間が終ってしまいそうです。(笑)

20040217 似顔絵、アリコジャパンのGIFバナー公告

アリコジャパンのGIFバナー公告

某大王板に出ていたバナー公告。

ネタ話ですよ、あくまでも。

入院してみたくなる公告ですなぁ。(嘘)

ところで、三種類のおでん種だけ9本も用意されているのはおかしくはないか?

もっといろんなおでん種を用意すべきではないか?

大根、ハンペン、がんもどき、結び昆布、つみれ、巾着、たこ串も用意すべきなのではないか、日本人ならば。

どう思うもとし君!

haikyohaikyo 2004/02/19 00:55 もとしの人ではありませんがゴボ天とイカ天がなくてどうするのか!と声を大にして言いたいです(´Д`)y-~

kitanokitano 2004/02/19 10:04 ゴボ天とイカ天も支持する!(`□´)/

20040216 Be Still My Heart

Be Still My Heart

ネットで偶然聴いた歌。

音楽が気に入ったのでCD注文した。

歌詞も悪くない。

Silje Nergaard - Be Still My Heart

http://www.leoslyrics.com/listlyrics.php;jsessionid=8D654D31759D0374A52BAE5AE517E8E4?hid=P6k4NFlvKZI%3D

20040215 大量破壊兵器を使用した国とその犠牲者

大量破壊兵器を使用した国とその犠牲者

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 (入館料無料)

http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/index.php

原爆死没者遺影募集ポスター

http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/notice/photographs.html

最高機密扱いだった軍属捕虜犠牲者ファイルの一部の機密指定が解除。

情報公開法により、合衆国の軍人が広島で死亡したことが公式文書で確認された。

これは、アメリカ合衆国によって無差別大量破壊兵器である原子爆弾の犠牲者にアメリカ人が含まれていた事実を、当事国の公文書が示していたことを意味する。

2004年01月04日 米兵捕虜:被爆、死亡者の遺影 初めて広島平和祈念館に登録

http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200401/05/20040105k0000m040055000c.html

1945年8月6日の広島市への原爆投下で、旧日本軍の捕虜として被爆、死亡した米兵の遺影が4日、原爆死没者らの遺影を保存・公開する国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(同市中区)に登録された。同祈念館には3日までに8844人(外国人28人)の遺影が登録されているが、米兵は初めて。

'04/1/5 被爆死米兵の遺影を登録 追悼祈念館に親族持参

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn04010503.html

国立広島原爆死没者追悼平和祈念館

2004年1月30日、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館にアメリカ合衆国によって使用された原子爆弾の犠牲者となった米軍捕虜の遺影が展示された。

ジョン・ロング・ジュニア伍長(当時27歳)の遺影を見る入館者。

アメリカ人犠牲者を指差す平和祈念館の学芸員荒谷茂主幹。

「それは、虐殺がどれくらい無差別だったか示しています。敵も味方も、兵士も民間人も、女性も子供も、すべて殺されました」

■広島ホームテレビ

『Jステーション』8.6平和スペシャル

http://www.home-tv.co.jp/co/press/20030711_1.html

●『キノコ雲の下にいたアメリカ人』 〜自国に殺されたアメリカ兵捕虜〜

捕虜となって閉じ込められたままで被爆したアメリカ兵がいる。

原爆投下の直前、米国は英情報部から「広島に米人捕虜がいる」と通告を受けていたがこれを無視した形で、投下は強行されたとも言われている。

自国の爆弾によって殺されたアメリカ兵士たち。

ワシントンの国立公文書館で「極秘」扱いを解かれた兵士らの「軍歴書」の中に、「ヒロシマで戦死」との記述を見つけ、米兵捕虜被爆死の事実を確認した。

とはいえ、軍歴書は、乗機を撃墜され捕虜になって広島で死んだ、としているだけで、それが原爆によるものであることにはまったく触れていない。

その遺族らも、被爆死どころか広島で死んだことすらも知らされておらず、日本上空で撃墜され戦死、あるいは戦傷死したものと信じていた。

政府が秘密にしていた理由については、米国民の大半が支持した原爆投下で、米兵が殺されていたとなれば、世論は批判にかわり、第2次大戦直後の冷戦激化の中での核戦略に重要な影響をもたらす、と懸念したからではないかとも考えられる。

原爆ドーム

20040214 拝啓 ブッシュ大統領閣下

拝啓 ブッシュ大統領閣下

2004年2月5日、息子の死を知った父親は、大統領に手紙を書いた。

拝啓

ブッシュ大統領閣下

私は、勇敢な兵士だったセツ米国軍中尉について閣下に手紙を送るため、重い心、涙、そして悲しみで満ちた我が家で、ペンを手にしています。

私の息子は、2004年2月3日、戦争中のイラクで戦士しました。

セツはよい子でした。行儀がよく、賢く、ものごとをよく理解していました。

セツはお国のために軍隊に入隊しました。

セツが行ったお国への献身が、最後の犠牲となってほしいと思います。

我が子を埋葬することは、妻と私がしなければならないとても辛い仕事です。

私が閣下にしたいひとつの質問、答えて欲しいひとつ疑問はこうです。

「私の息子と兵士たちは、なぜ死に、不具者にされ、負傷し、苦しまなければならなかったのですか? 彼らは閣下のしたかった復讐を成就したのですか?」

私の息子は死んでしまいました。彼が人生の基盤をこれから作ろうとしていた時に。

ブッシュ大統領閣下、彼の人生は無意味な戦争の中で失いました。

化学・生物兵器大量破壊兵器はどこに貯蔵されているのでしょうか?

どうか、大統領閣下、これ以上の血が流される前に、私たちの死んだ英雄のために祈り、今すぐイラクにいる英雄、息子や娘を帰国させてください。

閣下がサダム・フセインとの不要な戦いを始めて以来、世界は恐怖が住む場所になりました。

私の息子はいま、憎悪も偏見もない神が大統領の座に就いている天上の世界で、平安に暮していると思います。

でも、私は、ブッシュ大統領閣下に問いたいと思います。

なぜ、息子は、こんなひどい死に方で逝かなければならなかったのですか。

敬具

リチャード・M・ダボリン

出典:USA TODAY

oremoreoremore 2004/02/16 01:56 えーと、記事がないよ(;´△`)

kitanokitano 2004/02/16 20:21 ごめーん。書いてなかったのにボタン押してた。もうちょっと待ってε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

kitanokitano 2004/02/16 21:35 書いたε=ε=(o- -)o

20040213 マスメディアと自由主義史観論争

マスメディア自由主義史観論争

京都大学大学院文学研究科現代史学 永井和教授

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/index.html

現代文化学基礎演習(1998年度:永井)自由主義史観論争を読む

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/menu.html

マスメディア自由主義史観論争

産経新聞自由主義史観論争(今田紀子)

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/sankeikij.html

付録:産経新聞記事一覧(今田紀子)

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/sankeilst.html

毎日新聞自由主義史観論争(田河武司)

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/tagawa.html

毎日新聞記事要約(田河武司)

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/mainichikij.html

読売新聞に見る自由主義史観論争(松山剛)

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/matuyama.html

朝日新聞自由主義史観論争(吉田千恵)

http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/yosida.html

こういう研究は大いにやっていただきたいですが、学問的成果を活かす場がもっとほしいですね。

メディアを考えるんならテレビ番組をもっと調べて、各局の放送番組審査会に報告するとか、民放連シンポジウムで発表するとかした方が実りがあるんじゃないだろうかとも思いました。

20040212 「落書き」事件判決/「何が」汚いのか

「落書き」事件判決/「何が」汚いのか

反戦落書き」に有罪判決 被告、法廷にスプレーまく

http://www.asahi.com/national/update/0212/020.html

反戦落書きに有罪 「建造物損壊に当たる」 (02月12日11:57)

http://www.shinmai.co.jp/newspack/2004/02/12/200402120100099707.htm

http://www.kahoku.co.jp/news/2004/02/2004021201000997.htm

この事件ですれど、いろんな論点を含んでいるので、いろんな評価が可能だと思うのですが、評価やコメントによってその人の人格が現れやすい「鏡のような事件」とでも言うのでしょうか。

「汚い/清潔」という単純な議論は、「汚い/清潔」の基準は単一ではなく相対的だという点において無効ですが、汚さの基準に触れてコメントしている例は、残念ながらあまり見当たりませんでした。

何にどんな理由で法の強制を発動させるかという本質的な法的議論ではなく、水に落ちた汚い犬を見てどう思うかというような感覚的不愉快の表明レベルに留まっているコメントを随所で見ます。

「自分が汚いと思っているものはみんなにとっても汚いし、汚いと思うべきだ」みたいな、あるいは「落書き」という言葉の持つ美観の基準の自明性を疑わない批判というか、汚いと思わない奴はやっちまえ的なコメントがあるとしたら、それはそのまま社会の病理として顕れている、と私は思います。

グラフティを描いた人には「表現したいこと」や「表現者としての主体性」というものが明確でしたが、じゃあ感覚的不愉快の表明レベルで被告人を批判している人は、いったいどんな主体性や自己の「内実」を備えているのか。

グラフティを描いた人への批判という形でかろうじて「表現者としての主体性」を獲得するという程度の薄弱な主体性しかないのではないかとの疑いを、私は抱かざるを得ません。

粛々と秩序に従い続ける薄弱な主体性しか持ち得ていないからこそ、共同体的な価値観や公権力への依存傾向が強まり、その依存を脅かす存在への排除として、水に落ちた汚い犬を見てどう思うかというような感覚的不愉快の表明が行われるという構図が見えます。

誤解する人もいるかもしれないので、はっきり書いておきますが、悪法も法ですので、グラフティを描いた人は描いた責任をとって「軽犯罪法違反」の刑に服するべきです。

言動において自由を行使した人は、その言動の責任を自らとらねばならなりません。あたりまえでしょう。

メッセージの正当性はそのメッセージを発した人の行為の責任性を失わせたりはしません。当然のことでしょう。

しかし、です。

たとえば、「平和に対する罪」といった問題に対して、社会全体の人道やモラルが低下している今日、「罪を犯すだけの価値あるメッセージ」というものはあると思いますし、自分の行為に責任をとるという覚悟のもとで「罪を犯すだけの価値あるメッセージ」を表現する自由というものもあると思います。

そして、自分が自分であることのモラルを守った結果として罪を犯すということもまた、ある得ることだと思います。

こう書くと誤解する人がいると思いますので断っておきますが、私はもっと落書きを描けとか罪を犯せと言っているのではありません。私はラスコーリニコフは無実だと言うつもりは毛頭ありません。

私が言いたいのは、人は自由であり、その自由に応じた責任を各自がとる社会が、成熟した近代社会であり、各自の自由に応じた責任を各自がとるという結果において社会の秩序は形成されるということ。

だからこそ、グラフティを描いた人はメッセージを伝える「方法」をもっと考えるべきであったし、グラフティを描いた人を批判している側も、「平和に対する罪」の問題を含め、社会全体の人道やモラルのバランスこそが問われなければならないのだ、ということを言いたいわけです。

ところで、今回の事件の判決理由は、「軽犯罪法違反」ではなく、「器物損壊罪」でもなく「建造物損壊罪」が適用されています。

警察、検察、裁判所が「建造物損壊罪」を適用したということ自体が、なんというかまぁ、「罪を犯すだけの価値あるメッセージ」というものを理解できない人たちの無知というか、法曹としてのモラルの低下を端的に顕わしているとでも言うのでしょうか。

たとえば具体的な話をすると、窓ガラス割ったとかシャッターを壊したとかは建造物損壊でしょうれど、「美観」を損ねたことを理由に建造物損壊罪を適用した判決は、刑法の法解釈が歪んでいます。「軽犯罪法違反」の適用が妥当でしょう。

軽犯罪法

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO039.html

第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

三十三  みだりに他人の家屋その他の工作物にはり札をし、若しくは他人の看板、禁札その他の標示物を取り除き、又はこれらの工作物若しくは標示物を汚した者

刑法

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html

第二百六十条  他人の建造物又は艦船を損壊した者は、五年以下の懲役に処する。よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。

第二百六十一条  前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

壁に望まない文字が描いてあったとして、それをどう処理するかという解決の方法論にも疑問があります。

たとえば、刑事裁判という形で処理するのではなく、建物の管理者が民事で被告人を訴えて原状復帰を求めるとか、被告人を批判して議論を起すという方法もあったし、それ以外にもいくらでも効果的な方法を選択することもできました。

私だったら、「自分で消せ」「消す費用を負担しろ」と描いた人に言うか、美観を損なわないような作品にしろと提案するでしょう。

落書きを消すことはとても困難だと思い込んでいる人もいるようですが、それはデタラメで、落書きを消すのはわりと簡単です。

実験:「グラフィティーキラー」

http://park19.wakwak.com/~otto/raku/g-killer.html

いわゆる「落書き問題」の一番効果的な対処法って知っていますか?

描かれるまえに先に絵を描いておくこと。それが一番効果的です。

たとえば小学生に平和をイメージした絵を描いてもらうとかしておけば、その上にグラフティを描く人はほとんどいません。某市でそういう対策を実際にとって効果をあげた実績もあります。

他の効果的な選択肢がいくらでもあったにもかかわらず、法という公権力に依存し、刑事事件として刑罰を科し、しかも器物損壊ではなく建造物損壊を適用するというあたりに、この問題の異常性、公権力のアンモラルぶりが伺えます。

もちろん、方法論の選択のアンモラルさという点では、グラフティを描いた人も同様です。

どうしてその場所にそういう方法でしか反戦メッセージを表現しなければならなかったのか。もっと効果的な方法はいくらでもあったでしょう。

裁判になったことで逆の意味で注目はされましたが、それだけで終った感は否めません。

建造物損壊罪は非親告罪ですので、建造物の管理者が容認したり告訴しない場合でも、警察独自の判断で捜査でき、検察独自の判断で起訴できることになります。

結果的に、治外法権化し腐敗した検察に、さらに大きな「判例」という名の権限の武器を与えることになったわけですから、法解釈という壁の内側で野放しになっている司法官僚は、笑いがとまらないでしょう。

graffiti is not a crime!(「落書き」事件裁判支援サイト)

http://mypage.naver.co.jp/antiwar/graffiti417/


Art Crimes The Writing on the Wall

http://www.graffiti.org/

グラフィティの雑誌

http://www.graffiti.org/faq/zines/index.html

壁に書くならこういうのも見てほしいもんです。

パレスチナに作られたイスラエルの「壁」に描かれたグラフィティ

政治的言論としてのグラフィティ。

───────────

 

関連ログ。

 

街から反戦の声が消えるとき

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050128#p2

立川反戦ビラ事件:検察が控訴

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050122

立川反戦ビラ事件一審判決:良心の囚人に無罪判決(その3)

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20041223#p1

立川反戦ビラ事件一審判決:良心の囚人に無罪判決(その2)

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20041219

立川反戦ビラ事件一審判決:良心の囚人に無罪判決、ビラ配布に可罰的違法性無し

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20041218

迷惑防止条例改悪案:ビラを持っていると30万円以下の罰金

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20041216

───────────

20040211 石原慎太郎という芸人

石原慎太郎という芸人

読者さんが石原慎太郎芥川賞選評についてコメントしています。

http://d.hatena.ne.jp/dokusha/20040211

野球で喩えると「石原慎太郎は自打球を打った」って感じでしょうか。

アウトなのに「ヒットだヒット!」と叫びながら一塁に全速力で走って、みんながそれを呆気にとられて見ている、みたいな。

編集者は「石原さん、そりゃマズイヨ」って言えなかったのかもしれないですね。チェック入れずに石原氏の原稿を受けとってそのまま掲載、みたいな。

自打球以外にも、振り逃げとか、デッドボールとかも得意そうです、石原氏。そしてそういう芸を拍手する連中もいるのが困ったもんですよね。

ところで、石原慎太郎は高校生の時は左翼で、江口朴郎から唯物史観の勉強を受けていたり、民学同を結成して「なんとかかんとかハンターイ」とかやっていたっていう事実は、案外、知られていないみたいですね。

右も左も「石原は右翼だ」という単純な理解をしている人がいるようですけれど、どっちも不正解。

石原慎太郎はかつて左翼だったという情報を指摘している文があるのでリンク。事実に対する評価は私とは違いますが、情報源としては使えます。「障子に男根」の引用もあるし。(笑)

今週はヤケで石原慎太郎の話をする。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2207/2003/shuchou1222.html

使い古された言葉で言うと「転向」と言うんでしょうか。

「化石の森」は私も読みましたが、読んで、ああこれが石原慎太郎なんだな、とは思いました。

俺は化石のような連中とは違うんだと卑下し殺人さえ罪悪感無しで遂げる男の行為が、結局は化石のような連中にとって思い通りの結果を導くという皮肉を描いた小説。

5年もかかって書き上げた石原慎太郎渾身の最高傑作のわりには、だからどうしたってつっこんで終りという…。

自分では解決できなかった石原氏自身の挫折を他人にも味あわせてみようじゃないかという動機がプンプン臭う小説ですけど、私から見るとやっぱりそれがどうした、39歳にもなって今ごろそのことに気づいて大騒ぎしてんのかってね。

あ、こういうことを書くと、侮辱だ告訴だなんだと大騒ぎになるのかな。ならないか。

というわけで、石原慎太郎氏はいろんな意味でスバラシー芸を持っている芸人であるという結論を書いてペンを置きます。

20040210 不謹慎を楽しむということ

不謹慎を楽しむということ

bomb iraq (Windows Media Player)

http://psychozone.net/psycho_tunes/parody1/bombiraq.wma

ジョーク系、悪趣味系のパロディミュージックとでも言うんでしょうか。

政治的な主張とかメッセージには共感できなくても芸、パロディとしては上手いなぁとという評価はありだと個人的には思います。が、この歌を聴いて「不謹慎だ」と怒り出す人もいるでしょうね、きっと。

人がたくさん殺されているんだぞとか、殺されるかもしれないこの時にとか。

別に不謹慎だと思って規制したければ思う存分規制してもいいんですよ、自分のウェブサイトとか、家の中で流す音楽の選択とか、自分で責任をとっている領域の中でなら。

気に入らない本があるなら焼いたっていいんです、自分で買った本を自分の家で燃やすならば。

大事なことは、個人責任で選択できることは法で規制しない方がいいし、個人責任で選択すべきことは法で規制すべきではないということ。

法で本を焼けという主張には理由がありません。

20040206 福井県の青少年健全育成、意見募集結果と県の考え方

福井県の青少年健全育成、意見募集結果と県の考え方

青少年って「愛護」される存在だったんだ…。

福井県県民生活部青少年・県民安全課

福井県警察本部生活安全部生活安全企画課

安全・安心なまちづくりの実現に向けた方策に関する県民パブリックコメントの意見募集の結果(平成16年2月7日)

http://info.pref.fukui.jp/seisyounen/anzen_pc/pc-kekka.html

2 意見件数(意見提出者数)   14件(11名)

提出された意見の概要および意見に対する現時点での県の考え方

http://info.pref.fukui.jp/seisyounen/anzen_pc/iken.pdf

(4)青少年の健全育成について

・健全な家庭環境が、青少年の健全育成につながる。

・猥褻な雑誌がコンビニや喫茶店に氾濫しており、性的犯罪を助長している。県の条例などによって、厳しく規制し、指導、取り締まるべきである。

【県の考え方】

犯罪を未然に防止するためには、何より犯罪者を生み出さない人づくりが重要であり、このことは青少年の健全育成とも密接に関連していると考えています。したがいまして、学校や家庭、地域社会全体の教育力を総合的に高めるため、県としましても青少年対策をさらに強化していきたいと考えています。

また、著しく性的感情を刺激するなど、青少年の健全な育成を阻害するおそれのある図書等については、「福井県青少年愛護条例」に基づき有害図書として指定し、青少年への販売、閲覧を禁止しており、違反した者に対する罰則も設けているところです。さらに、コンビニや書店等に適宜、立入調査を実施し、必要に応じて指導等を行っています。今後とも、こうした青少年に有害な環境の浄化に努めていきたいと考えています。

「猥褻」は刑法のわいせつ罪を適用すればいいだけなので、県で新たな制度をつくる必要はないです。警察、司法の問題であって県の問題じゃない。

「性的犯罪を助長している」っていう意見は、まあ喩えるなら、魔女がペストの被害を拡大させているという中世の「信心深い群集心理」に似ています。善意だけど根拠が無い。

実際に安心できる状態になるかどうかではなくて、火あぶりにかけることができる魔女がいれば安心なだけなんですよ。恐いなぁ。善意や正義って。

20040205 イラク派兵、放射能汚染対策で2600万円調達

イラク派兵、放射能汚染対策で2600万円調達

先日の国会ですけど、「イラク放射能被害があるとは承知をしていない」のなら、放射能汚染対策で2600万円調達する理由も無いということですよね。

支離滅裂ですよ、石破長官。

被爆被害の事実を確認しているから、2600万円も使っているわけでしょう? 嘘に嘘を重ねも、嘘は嘘です。

自衛官の家族の人は真剣に心配していますよ、なぜ被爆危険のある所に夫を行かせるのかって。

精子症になるからもう子どもは作れないね、これからどうしよう、って。

まず放射能バラ撒いた米英軍に放射能汚染を除去させてから、支援に行くべきではないですか。


第159回国会 国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会 第3号(平成16年1月29日(木曜日))

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/013315920040129003.htm

○照屋委員 外務大臣、この間政府は、今外務大臣答弁のように、米国は使っていないとか、あるいは、少なくとも使ったとは言っていないというふうなことを繰り返し言い続けて、そして、何かしら、イラクにおける米国の劣化ウラン弾の使用を日本の外務省として認めるわけにはいかない、米国をかばい続けているというふうに思わざるを得ないわけです。

 ところが、現実問題として、イラクへ派遣をされる自衛隊員や自衛隊員の家族というのは、劣化ウラン弾による放射能汚染、被曝に対する恐怖を感じているんですよ。

 外務大臣、それじゃ、イギリス軍が使ったということについてはどうですか。

○川口国務大臣 イギリス軍は劣化ウラン弾を使ったということを認めているというふうに理解をしています。

○照屋委員 マスコミ報道によりますと、陸上自衛隊北部方面隊は、昨年の十二月二十日、イラクへの派遣候補要員八百五十名の家族を集めた説明会を開催して、米軍が使用したとされる劣化ウラン弾による放射線の影響には、対策として、隊員一人一人に新型線量計を持たせ、放射線を検知した場所での活動は取りやめる、このような説明をしたと報じられておりますが、それは事実でしょうか。

○石破国務大臣 現在、私が承知をいたしておりますのは、イラクへ派遣される陸上自衛隊の部隊には、放射線を測定するため、微量ガンマ線測定器、ガンマ線用線量計を携行させると承知をいたしております。

 今回、陸上自衛隊イラクに派遣するに際しましては、微量ガンマ線測定器を一台約五十万円で五台調達、ガンマ線用線量計を一台約四万円で六百台調達というふうに承知をいたしておるところでございます。

○照屋委員 防衛庁長官は、昨年十二月十六日の参議院外交防衛委員会で、我が党の大田昌秀議員が「サマワに派遣される自衛隊放射能探知器を持参するとの報道がありますが、それは事実ですか。」と尋ねられて、そういうことを確認しているわけではありません、このような答弁をしておりますが、覚えておられますか。

○石破国務大臣 覚えております。

○照屋委員 そうすると、イラクへ派遣される自衛隊員に放射線の線量計を持たそう、持参させよう、そういうふうに防衛庁が決めたのはいつの時点なんですか。

○石破国務大臣 その後のことでございます。

○照屋委員 いや、私が聞いているのは、その後というのはわかりますよ。そうじゃないと、あなた、また虚偽の答弁をしたということになりますからね。

 それは日付は特定できませんか。

○石破国務大臣 何月何日ということを今特定できるだけの知見を有しておりません。

○照屋委員 じゃ、十二月十六日の時点までは、少なくとも自衛隊放射能の探知器を持参させようなどとはよもや思っていなかった。その後に持参させることになったわけですね。

○照屋委員 私は、自衛隊を派遣するに当たって、劣化ウラン弾による被害というのは、放射能汚染というのは、これはもう防衛庁長官外務大臣も、湾岸戦争症候群と言われるぐらい、アメリカ社会は、帰還した米兵やその家族などを含めて大変大きな問題になっておるんですよ。

 昨年十二月二十五日の公明新聞を見ますと、神崎代表と一緒にサマワの状況を視察した遠山参議院議員がインタビューでこんなことをおっしゃっているんですね。「イラク南部は劣化ウラン弾が最も多く使用された地域でもあり、その放射能被害を危惧する声がありますが。」こういう問いに対して、遠山議員は、「オランダ軍劣化ウラン弾が使用された場所を特定し、立ち入り禁止にするなどの対策をすでに行っています。」こういうふうに言っておるんです。

 要するに、私は予算委員会でも言いましたけれども、イタリア軍は既に、劣化ウラン弾による被曝で、もう七名の者が体を壊して帰還しているんです。そして、この公明党の調査団でも、今私が具体的に読み上げたように、公明新聞に載った記事では、オランダ軍は使用された場所を特定して、それによって対策をしているわけですよ。

 でも、自衛隊はそれをやっていないでしょう。それはやはり、私は、派遣される自衛隊の生命の安全に対する余りにも配慮を欠いた、これでは、今度の政府の自衛隊の派遣というのは、イラクで米英軍が使用した劣化ウラン弾、これに加担をするようなもの、よく言われる、放射能戦争あるいは劣化ウラン弾戦争への日本の参加であると言っても私は言い過ぎじゃないと思うんです。これは大変な問題ですよ。あなたが顔をしかめて、これで許されるような問題じゃないんですよ。だから、公明党の調査団も気を使って、私は関心を持って調査したんだろうと思うんですね。

 なぜ自衛隊は、本当に隊員の安全を考えるのであれば、イラクにおいて使用された劣化ウラン弾の地域、その範囲、これを特定するような作業をしないんでしょうか。

○石破国務大臣 公明新聞の報道というものは確認をいたしますけれども、私、何度もお答えをしたかと思います。WHOやいろいろな機関によって、劣化ウラン弾の被害というものはない、そして、湾岸戦争シンドロームというお話がございましたが、それも、人体に対する影響が劣化ウランとの関連性は確認されていないとの報告を受けておるわけでございます。

たとえば、新聞記者さんが自衛官に「その線量計ですけど、いまどういう表示になっていますか?」と取材して、自衛官が「えっと…いま0.2ですね」とかうっかり答えるとどうなるか。

その自衛官が発言したγ線線量値は、イラクには公式には存在しないはずのγ線線量かもしれないわけですよ。

というか、線量計で計測すれば、イラクには存在しないはずのγ線線量が計測されているわけですけれど。

そして、そのイラクには公式には存在しないはずのγ線線量が全世界で報道されたその瞬間、国際問題というか、ブッシュ政権と日本政府の間で政治問題に発展する場合もあるわけです。

そういう小泉政権にとっての問題を事前に排除するために、いままで自衛隊は「放射能汚染は無いから調べる予定も無い」と言ってきたわけで、線量計を持たせて派兵させる以上、新聞記者は線量計を持っている自衛官に自由に質問できないように管制報道を敷く必要があった、と。

「戦争に行くのではなく人道復興支援に行くのだ」との政府の強弁が仮に正しいのなら、機密にするべき秘密は一切存在しないわけですから、検知機の放射線線量を自由に取材させるべきで、それができないということは結局、発言が自己矛盾していると理解せざるを得ないのではないかと。

アロカ株式会社

http://www.aloka.com/

γ線測定装置 マテルアルカウンタJSM-1403

http://www.aloka.com/japanese/products/radiation/lms1403.html

ガンマ線用線量計

個人被爆線量計 ADM-112

http://www.aloka.com/japanese/products/radiation/adm112.html

20040203 北の系更新,意見書,純一郎グルメ旅,食育

北の系更新

東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部改正」についての意見

[長文注意 / 54kb]

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020363.html

───────────

東京都への意見書

児童人権団体アークの平野さんが公開してます。

私とは違いますが、良い意見だと思います。

東京都青少年健全育成条例の一部改正について(意見書)

http://homepage2.nifty.com/childrights/yujihirano/opinions/kenzen_ikusei/tmo_jorei_ikensho.htm

都健全育成条例改正について

http://arc.txt-nifty.com/arc/2004/02/post_3.html

───────────

純一郎グルメ旅

2月2日の小泉純一郎グルメ。

同伴者:秘書官ら

東京・紀尾井町 赤坂プリンスホテル着 コーヒーハウス「ポトマック」 コース3000円

http://www.princehotels.co.jp/bin/r_view.pl?0203

1月30日の小泉純一郎グルメ。

同伴者:小沢一彦横須賀商工会議所会頭ら

東京・東麻布 中国料理店「富麗華」5000円〜10000円

http://gourmet.yahoo.co.jp/gourmet/restaurant/Kanto/Tokyo/guide/0301/C0000000215.html

http://www.shotenkenchiku.com/Monthly/0110/fureika.html

1月29日の小泉純一郎グルメ。

同伴者:自民党郵政事業改革特命委員会村井仁委員長、額賀福志郎同党政調会長ら

東京・内幸町 帝国ホテル着 日本料理店「なだ万」15,000円〜

http://www.nadaman.co.jp/shop/teikoku/index.htm

http://www.nadaman.co.jp/menu.htm

1月28日の小泉純一郎グルメ。

同伴者:秘書官ら

東京・紀尾井町 赤坂プリンスホテル すし店「橘」

http://www2.princehotels.co.jp/app_room/piq0010.asp?hotel=002

1月27日の小泉純一郎グルメ。

同伴者:二橋正弘官房副長官、伏屋和彦官房副長官補、香西泰内閣府経済社会総合研究所所長ら経済財政諮問会議関係者ら

東京・高輪 ラーメン店「壇太」。

前回の純一郎グルメ旅

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20040126#p2

オマケのリンク

ジュン君度チェック

http://member.nifty.ne.jp/~tomikura/jokereport/koizumi/fortune.html

───────────

食育の大切さ

■小泉内閣メールマガジン第126号 2004/01/29

らいおんはーと 小泉総理のメッセージ

http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2004/0129.html

● 食育の大切さ

小泉純一郎です。

このところ、米国のBSEや鳥インフルエンザなど私たちの食生活の安全について心配なできごとが起こっています。

食べ物というのは、私たちの心やからだの健康をささえていくために、とても大切なものです。教育について、知育、徳育、体育ということはよく皆さん分かっていると思いますが、私は、「食育」も進めていかなければならないと思っています。

私たちの健康にとって大切なことは、休養と正しい食生活、そして適度の運動。食生活の重要性を皆さんも十分考えていただきたいと思います。

小泉純一郎君にだけは言われたくないな、「正しい食生活」って言葉は。(苦笑)

文部科学省

食に関する指導の充実のための取組体制の整備に関する調査研究協力者会議

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/004/index.htm

食に関する指導の充実のための取組体制の整備について(第二次報告)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/004/toushin/030201.htm

第二次報告要旨

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/004/toushin/030201p.htm

いわゆる「栄養教諭(仮称)」制度など栄養に関わる職員に係る新たな制度の創設を検討し、栄養に関わる職員が栄養及び教育の専門家として児童生徒の食に関する指導を担うことができるよう指導体制の整備を行うことが必要である。

学校では既にごはんの炊き方とか味噌汁の作り方とか教えてますが、栄養についても専門の教師が教えようということらしいです。

結局、朝も食え、肉減らせ、野菜と魚を食べろ、洋食やめて日本食喰えってことでしょう?

栄養教諭とやらに教育されなくたって、みんなわかってることだと思うんですどね。

食習慣の改善って一言で言いますが、難しいですよねぇ。

朝食で、肉減らして野菜たっぷりの食事出したら、「こんなのいらない」とか言って食べないで学校行っちゃう子どもって多そうです。

20040202 頭のおかしな人の判定基準,GIF特許

頭のおかしな人の判定基準

2ちゃんねる

おやくそく

http://info.2ch.net/before.html

頭のおかしな人には気をつけましょう

 利用者が増えるに従って、頭のおかしな人もそれなりに出没するようになって来ています。

頭のおかしな人に関わるとなにかと面倒なことが起こる可能性があるので、注意しましょう。

 頭のおかしな人の判定基準

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人

 他人が自分とは違うという事実が受け入れられない人です。自分の意見が通らないとコピペや荒らしなど無茶をし始めるので見かけたら放置してください。

・根拠もなく、他人を卑下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人

 他人を卑下することで自分を慰めようとする人です。実生活で他人に褒めてもらう機会がないがプライドだけは高いとか、匿名の掲示板しか話し相手のいない人です。可哀想なので放置してください。

・自分の感情だけ書く人

「〜〜がムカツク」とか自分の感情を掲示板に書くことに意味があると思っている人です。

何がどのようにムカツクのか論理的に書いてあれば、他人が読んでも意味のある文章になりますが、そういった論理的思考の出来ない人です。もうちょっと賢くなるまでは放置してあげてください。

「おやくそく」に書いてある「頭のおかしな人」の判定基準を厳密に適用すると、東京都庁で働いているあの人とかあの人とか、青少年問題協議会のあの人とか、他にも内閣で働いているあの人とか、あの人も基準にひっかかりそうですね。

個人特定はあえてしません。(わらい)

私は、2ちゃんねるの「頭のおかしな人の判定基準」は、宗教家とか芸術家なんかは、別に何の問題もないと思うんですけど、どうでしょう。

判定基準の「自分の感情だけ書く人」っていう判定ラインは、たとえば、画家がキャンバスに向って筆で「自分の感情だけ描く」とか、詩人が原稿用紙に鉛筆で「自分の感情だけ書く」とかいうのは普通ですから、別に頭はおかしく無いですよね。

というか、普通の人から見て頭がおかしいから芸術家であり宗教家なのであって、それで生きていけるんだと思います。

あ、いま私、さりげなく暴言吐きましたか? 別に悪意じゃないです。

頭がおかしいって誉められたら立派ですよ、芸術家として。

フォローになってませんか。そうですか。ごめんなさい。

───────────

GIF特許

GIFファイルを作るための圧縮アルゴリズム特許権が今年失効することを今ごろ知った私。

日本国内での日本特許失効日は2004年6月20日、らしいです。

ということは、7月あたりからアレなソフトが再公開されるかな?

関連特許もあるのでまだ完全にフリーじゃないかもしれないですが、フリーだとすればウェブへのアクセスによってGIFファイルを自動生成するプログラムとか、新しいソフトもみんなで作れそうですね。というか、もうあるかも。

GIF画像(LZW license)について

http://www9.pobox.ne.jp/~neon/gif.html

UnisysのGIF特許、米国で20日に失効

http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0612/unisys.htm

わかりやすい PNG の話 for Web

http://www.mikeneko.ne.jp/~lab/grp/png/

画像フォーマットアナライザー

http://www.mikeneko.ne.jp/~lab/grp/analyzer/

20040201 派遣記念日

ブーツオンザグラウンドでいいねと大統領が言ったから1月30日は派遣記念日

字余り。(笑)

衆議院ブッシュ政権支援(イラク支援)特別委員会。

暴力によって作られる平和。国際貢献。

青少年の健全な育成環境をつくる大人の責任。

民主主義に対するテロ。

暴力で採決を強行した瞬間をみつめる諸悪の根源の人。

衆議院本会議強行採決直後の小泉純一郎

兵士の出征。これは60年前の光景ではない。


 

疑うことをやめること。
それがもっとも真実から遠い行為だ。

kitanoのアレに関するご意見・ご連絡はki@tree.odn.ne.jp まで。
(キタノ)北の系2005
kitanoのアレバックナンバー目次

kitanoのアレをアンテナに追加 /  kitanoのアレを含むご贔屓アンテナ
kitanoのアレをRSSリーダーに追加kitanoのアレを含むご贔屓RSS