kitanoのアレ このページをアンテナに追加 RSSフィード


判断は情報に依存する。
ゆえに情報源の不正は不公正な判断を導く。
判断ではなく、情報源が善悪を決定する。
Re-anger主催(キタノ)北の系2005

20040331 都健全育成条例改正案不当可決/メディア管理法案国会上程/健全育成

東京都健全育成条例改正案を賛成多数で不当可決!

東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案を可決した東京都議会本会議。画面は採決の瞬間。

東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案を可決した東京都議会本会議。画面は採決の瞬間。

2004年3月30日、東京都議会において、都健全育成条例改正案及び東京都健全育成条例の改正に反対する陳情を不採択とする文教委員会決定報告について、討論・採決が行われました。

両案は、都議会自由民主党公明党民主党、生活者ネットワークの賛成多数により、遺憾ながら可決成立しました。日本共産党と市民自治93は、同条例案に反対討論を行い、採決で反対しました。

日本共産党は、反対討論で「事前の審議会の答申を無視して有害指定の包括指定と罰則規定が盛り込まれたが、表現の自由を踏みにじる危険の高いものだ」と条例案を批判。

市民自治93は、「何の論理的根拠も示さず感情論に立った規制強化を進めようとしている」「データそのものが恣意的に使われており、客観性が無いまま短期間に条例改定を進めている」と批判しました。

個人的見解としては、市民自治93の立場を全面支持し、共産党の条例案に対する反対姿勢を基本的に支持します。

■北の系2004

東京都健全育成条例改正案を賛成多数で不当可決!

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020375.html

反対討論をする福士敬子都議

市民自治93福士敬子都議

戦後、経済発展のみを是としてきた社会の中で、子どもたちの心を無視した大人社会ができあがりました。バブルに踊り、いま不況と失業に追われる中で、否応無く先の見通しも無く放り出される子どもは不安を解消する術も知らずに生きています。

このような社会に対して、青少年健全育成条例は、何の論理的根拠も示さず感情論に立った規制強化を進めようとしています。(議場与党席から男性議員の罵声多数あり)

そんな中、都から示されたデータも、少年の割合が高いものとしてオートバイの盗みや自販機荒らしが示されていますが、これらの犯罪はもともと若者が多いと思われます。少年の比率が高くなるのは当然です。

このようにデータそのものが恣意的に使われており、客観性が無いまま短期間に条例改定を進めております。

知事や副知事の私的諮問機関から突然の改訂に向けた様々な施策や条例案が出され、拙速かつ一方的な議論で反対論をねじ伏せた対応に危機感を持ちます。(議場与党席から男性議員の罵声多数あり)

自由民主党 青少年健全育成条例改正案に賛成

今回の条例改正は、このような状況を早急に改善すべく、短い時間ながら活発な議論や多くの都民の声を踏まえて提案されたものと認識を致しております。

ここでも日本共産党はじめ、一部会派は、罰則が設けられていることや、審議の時間が短かったことを理由に、条例改正を否定しております。子どもの治安と犯罪抑止こそ、大人の責任でまもることがわれわれに課せられた使命だと私は思います。

改正された条例の実効性や緊急性を考えますならば、このような考え方はまさに木を見て森を見ないまったく的外れなものであります。到底認め得ないということは明確にしておきたいと思います。

多くの都民の協力と理解を得ながら、この改正条例が子どもたちの将来の健全育成という効用となることを切に期待を致します。

───────────

追加情報

一人会派の友愛、行革110番、とうきょう民主の三会派は、改正条例案の裁決で賛成しました。

一人会派の市民の党(伊沢けい子都議)は、改正条例案の裁決で反対しました。

───────────

関連情報

東京都健全育成条例改定に反対する市民有志Webサイト

http://www.savemanga.com/

東京都健全育成条例改悪案が成立

◆署名有志の今後について◆

・今回の署名有志の活動・その他条例改定に反対する運動への意見・感想を募集します。メール等でお寄せください。本サイトにて公開させて頂く場合もあります。

・本サイトについては、しばらくは現状のまま維持し表現規制に関わる運動情報を掲載します。

・5月中旬をメドに署名有志解散オフ会を行います。準備などを手伝って頂ける方はメール等でご連絡ください。

・メールは必ずotakulawyer@savemanga.comをご利用下さい。

───────────

メディア管理法(青少年健全育成基本法)案国会上程

北の系の立場としては、今後メディア管理法については反対の立場から情報を掲載してゆきます。

参議院

議案審議情報 平成16年 3月26日現在

件名 青少年健全育成基本法案

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/gian/15907159012.htm

件名 青少年健全育成基本法案

種別 法律案(参法)

提出回次 159回 提出番号 12

提出日 平成16年 3月24日

先議区分 本院先議

発議者 中曽根弘文君 外3名

提出者区分 議員発議

衆議院

議案名「青少年健全育成基本法案」の審議経過情報

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D9463E.htm

議案件名 青少年健全育成基本法案

議案提出者 中曽根 弘文君外三名

衆議院予備審査議案受理年月日 平成16年 3月26日

参議院議案受理年月日 平成16年 3月24日

───────────

ちゃんちゃらおかしい青少年健全育成

その健全育成を主張している大人たちが子どもたちに、どれだけたくさんの借金をおしつけているのか、あらためて確認しましょう。

1日あたりの債務  65,753,000,000円

1時間あたりの債務 2,740,000,000円

(2001年年度財務省統計)

これのどこが健全ですか? 

子どもや孫たちに「借金背負わせて申しわない」という気持ちは無いのでしょうか? 無自覚ですか?

選挙の時、子どもや孫たちに借金を支払わせる予算に賛成している候補者に投票したという意味では、支持者たちも同罪です。

予算案に反対してきた議員やその支持者は借金を作らないようにしているという意味で筋は通るかもしれません。が、青少年健全育成のためにメディア規制が必要だと訴えている連中は揃いも揃って借金予算に大賛成してきた人たちばかりではありませんか。

石原都知事もそうでしょう。

2004年度都予算案では、青少年の情操教育に役立ってきた東京都交響楽団をつぶし、福祉予算を削減し、莫大な借金をして東京都が銀行を作って民業を圧迫し、子どもたちから借りた借金を身勝手な大人たちの欲望を満たすために使おうとしています。

青少年健全育成だなんてちゃんちゃらおかしい。

健全育成?

お ま え が な !

───────────

メディア管理法(青少年健全育成基本法)制定に向け自民党政調が議論加速

自由民主党会議情報

http://www.jimin.jp/jimin/kaigi/index.html

3月31日(水)

◆政調、青少年特別委員会

午前8時半 本部701室

若年者の性行動について

各省庁の取り組み状況について聴取

若年者の性行動をとやかく言うまえに、青少年の模範となるべき自由民主党幹事長などの性行動を議論してはいかがでしょうか?

須藤甚一郎の政治に物申す!vol.4(2002年4月30日)

飲尿、中絶、3P、男根ナマ写真・・・と究極の変態。なぜ小泉総理は、こんなヤツを即刻クビにしないのか!

http://www.tanteifile.com/rensai/sudou/04.html

───────────

「健全育成」政策と統一協会の関係?

健全育成政策の発進源を辿ると、統一協会につながるという客観情報があります。

私は、日本国憲法で規定されているように、信仰の自由は認められるべきだと思います。

しかし、個人的な信仰は個人、家族の中だけで実践するべきであって、信仰上の教義を「青少年健全育成」という名のもとで法制度によって第三者に強制すべきではないと考えます。

以下、宗教法人世界基督教統一神霊協会系の反共政治団体「国際勝共連合」の機関紙「思想新聞」の情報を紹介します。

思想新聞2003年5月1日号【ニューススコープ】

石原都知事圧勝「強い日本」求める象徴だ 東京が「国政改革の砦」に 政党再編劇の幕開け

http://www.ifvoc.gr.jp/2003/ss030501nsc.htm

───────────

「思想新聞」2003年7月15日号

【1面TOP】 長崎12歳少年殺人凶悪事件 「家庭崩壊」「道徳軽視」のツケだ 青少年健全育成の法整備を

http://www.ifvoc.gr.jp/2003/ss030715top.htm

第三は、社会環境の問題だ。伊藤隆二・帝京大教授は、最近の子供は善悪の判断が不十分なまま感情が爆発する傾向が強く、その背景には「ゲームとビデオの強い刺激の影響がある」と指摘(読売7月10日)、小田晋・帝塚山学院大教授は「ビデオやインターネットなどの過剰な情報も背景にあるのではないか。読んでいたマンガや、どんなゲームが好きだったかなど、少年の情報環境が今回の行動に影響を与えているだろう」と述べている(産経7月10日)。

こうした背景を直視すれば、青少年健全育成の総合的な法整備が不可欠といえるだろう。

【風声】14歳に疑問符

http://www.ifvoc.gr.jp/2003/ss030715vow.htm

摩訶不思議な「人権真理教」国・ニッポン ――37 「性的自己決定権」の隠された本質 「愛」を徹底的に殲滅してきた現代思想

http://www.ifvoc.gr.jp/2003/ss030715qa.htm

思想新聞 2003年 8月1日号

2003年 8月1日号

【1面TOP】 深刻さ増す少年犯罪 「性モラル低下」が最大原因だ 「有害環境」の一掃を 小6女児監禁事件の教訓

http://www.ifvoc.gr.jp/2003/ss030801top.htm

 戦後日本が価値の多様性の美名の下に性モラルを崩壊させてきたツケが、今回の少女監禁事件で象徴される少年被害者の急増といっても過言ではない。このことは少年犯罪の加害者側にも言える。親の愛情不足がちの子どもが内にこもってホラービデオやアダルトビデオを見続け、猟奇殺人に至った例が多数報告されている。宮崎勤被告も神戸少年事件も、そして今回の長崎事件の12歳少年も「性サディズム」だとする性癖が指摘されているところだ。

 だから性モラルの崩壊に毅然と立ち向かわない限り、少年少女の犠牲を減らすことはできないことは明らかだ。少年が自由に出入りできるコンビニに「有害図書」が並んでいても平気で見過ごしてきた親たちの責任も小さくない。出会い系サイトだけを規制しても始まらない。わいせつ情報が溢れるインターネットなども野放しにしておくわけにはいかない。「有害環境」を一掃し、日本をして道徳大国へと転換させねばならない。

───────────

統一協会系機関誌世界思想2003年 9月号

http://www.ifvoc.gr.jp/2003/sekai030711.htm

◆特集

少年凶悪犯罪

青少年健全育成 待ったなし!

I. 長崎12歳少年の「狂」

  性的サディズムへの堕落

II. 非行の温床「家庭崩壊」

  夫婦の葛藤背負わされる子供たち

III. 犯罪招く「性モラル低下」

  小6女児監禁が象徴する日本社会の断面

IV. 「有害環境」野放しに

  治安再生、道徳大国への国民的課題

V. 「家庭再生」の国づくりを

  青少年健全育成の法整備が不可欠

◆インタビュー

八木秀次 高崎経済大学助教授

ジェンダーフリーという名の文化大革命(下)

【巻頭コラム】

今こそ「家庭の復権」を

統一協会の教義=統一思想・統一史観の解説

http://www.ifvoc.gr.jp/2003/ss031215voc.htm

20040330 大衆派裁判官が左遷/日本人による拉致監禁/脅迫による言論圧力?

良心ある大衆派裁判官最高裁に左遷される

裁判官の独立は憲法で定められていますが、裁判官には守らなければならない義務がふたつだけあります。

それは法と良心。

両方とも守らない悪徳裁判官が激増する中、法も良心も守るある意味あたりまえの仕事をしている裁判官最高裁から「おまえじゃま。あっちいけ」と命じられ、左遷されたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040327-00000405-yom-soci

こういう人事によって、上ばかり見て下を見ない悪徳裁判官を増やし、公正な裁判が減ることになることは間違いないでしょう。

現に、公正な判断をした寺西和史判事を批判する小池勝雅裁判官のような最低な裁判官も出ています。

批判された寺西和史判事は、盗聴法問題が国会で大激論になっている時に令状発行について裁判所の現状について発言したとの理由で分限(=不当懲戒)を受けたことがある公正な裁判官でした。

判決で裁判官が同僚を批判 強制採尿の却下めぐり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040326-00000254-kyodo-soci

小池勝雅裁判官のような最低な裁判官をのさばらせておくことによって社会の公正の実現が阻められ、結局苦しむのは一般の国民です。

一義的には人事を仕切っている最高裁の責任、最高裁人事を仕切ってきた内閣の責任ですが、最終的には最高裁判事国民審査による罷免をせず、最高裁人事をし切ってきた内閣を政権交替させないできた国民自身の責任。

もう何度も口が酸っぱくなるほど言ってきたことですが、全ての悪は国民自身の政治的怠惰に帰結しているのです。

国民自身が政権交替によって最高裁の人事を刷新しない限り、問題は永久に解決しないでしょう。

それができないなら不正義の蔓延という不利益によって責任をとらなければなりません。そして、それに納得できない国民の中から「悪徳裁判官は死んでもらうしかない」と考える人が出てくることは避けられないと私は想像します。

───────────

中国人労働者を拉致監禁強制労働させた日本国に慰謝料支払い命令

ブルーリボン運動だのやっている人は、日本人の手による拉致換金強制労働にも目を向けてほしいものですね。

こういうあたりまえの判決を出す裁判官がまだいるうちに、裁判所の公正さを確保するシステム・体制を国民自身で作らないと、公正さを重視する常識的な裁判官もそのうち絶滅するのではないかと思います。

「身体、自由の権利侵害」 強制連行訴訟

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040326-00000280-kyodo-soci

26日の新潟地裁判決で、片野悟好裁判長は「劣悪な環境下での生活、労働を余儀なくし、原告らの生命、身体にかかわる権利を侵害した」と、国と企業の安全配慮義務違反を認定した。

───────────

家族全員が無事に過ごせる正月はこれが最後だ

暴力で解決しようとする人間は、人として最低です。

って認識は常識でしょう?

月刊誌「選択」元編集長、解任直後に脅迫被害

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040327-00000104-yom-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040327-00000156-kyodo-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040327-00001045-mai-soci

すべての件から手を引きなさい。

さもなければあなたとあなたの娘さんは永遠に幸せになることはないでしょう。

手を引かない場合は実行するのみです。

恨み骨髄の人々があなたの周りにいっぱいいますね。

このままでは今に家族全員が血祭りになりますよ。

取り返しのつかない結果になりくれぐれも後悔しないように。

この世の中、まさかということが現実になるのです。

昔、あなたとかかわっていた闇の世界より

20040329 政治資金収支報告ネット公開、平沢勝栄衆議院議員の場合

政治資金収支報告のインターネット公開がスタート

政治資金収支報告の全文がネットで公開されるとのこと。

以前から公開されていた概要版は、献金や取引先を特定できなかったため、政治資金の集め方、使われ方をこまかく検証することが困難でした。

全文が公開され個人や団体を特定できることによって、複数の政治家や政治団体に対する横断的な検証(名寄せ)が正確にできるようになります。

全文版がネットで公開されることによって、とくに地方在住者にとっては閲覧の困難さかなりやわらいだと思います。東京の人も、沖縄の人も、北海道稚内の人も、東京の霞ヶ関の閲覧所に行かないと閲覧できないというかつての状態は、どう考えても閲覧にかかる交通費負担が不平等でした。

政治資金をネットで公開 総務省、02年分から

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040326-00000220-kyodo-pol

政治資金のネット公開始まる、ダウンロード不可 総務省

http://www.asahi.com/politics/update/0326/004.html

http://www.asahi.com/tech/asahinews/TKY200403260278.html

公開されたのは最新の02年分のみで、今後、公表されるごとに追加していく。ただ、ネット上からデータを取り込んだり、印刷したりすることはできない。閲覧も3年分に限られる。

「閲覧対象は3年分に限定」ということは、公開されて3年以内に全部キャプチャーして記録しておかないと自動的に消えてしまって二度と見れないということになりそうです。

総務省の3年分限定閲覧措置の法的根拠は不明ですが、理由が何であれ、国民の知る権利から考えて、こうした情報サービスは永年公開を前提に利用提供すべきでしょう。そのような制度に変えるべきです。

永年公開・複写ができないのであれば、自動的に情報が消去される前に、国民自ら国民の知る権利、政治的自由権、言論の自由に基き、“閲覧”によって記録・保存・公開していくなどの対抗的措置が必要かと思います。

総務省 政治資金収支報告書及び政党交付金使途等報告書

http://www.seijishikin.soumu.go.jp/

───────────

というわけでさっそくですが…

松文館事件の通報者=平沢勝栄衆議院議員の政治資金収支報告

平沢勝栄衆議院議員の政治活動の検証・考察・言論のため、政治資金収支報告書より勝栄会の政治資金報告を抜粋して“引用”します。

元データはダウンロード不可なため、引用情報は公開情報を肉眼で“閲覧”しオフラインで作成しました。“引用”情報は元データの“改変”はしておらず同一性は保持されますが、金額0円の項目、献金日や購入日等についてはスペースの関係上省略しました。(一部を除く)

脚注は引用者によって新たに追加されたものであり、当然、元データには存在しません。元データと脚注との関連性はあくまでも引用者の認識・判断です。

なお、引用者は平沢勝栄衆議院議員の政治活動に疑問を感じていますが、勝栄会の取引先団体・個人に対する態度は原則として中立です。引用中に存在する団体・個人の情報は、政治家の政治活動に対する評価を目的として引用されるものであり、それ以外の目的で引用するものではありません。

出典:政治資金収支報告書 平成15年9月12日公表(平成14年分定期公表)

総務省 政治資金収支報告書及び政党交付金使途等報告書

http://www.seijishikin.soumu.go.jp/

勝栄会

平成15年3月27日東京都選挙管理委員会事務局収受1216号

───────────

勝栄会(しょうえいかい)

千代田区永田町2-2-1

代表者 平沢勝栄

会計責任者 沖見泰一

事務担当者 山崎京子

届出者 衆議院議員 平沢勝栄

葛飾区柴又2-21-4ダイアパレスグランジュ柴又502

───────────

1 収支総括表

収入総額 71756073

 前年からの繰越金 2192410

 本年の収入 69563663

支出総額 62494859

翌年への繰越額 9271214

収入項目別金額の内訳

個人寄附 27844500

政治団体寄附 10000000

寄附合計 37844500

───────────

その他の事業 21710000 平成14年9月30日開催全日空ホテル(東京都港区)

───────────

1件10万円未満の収入 9163

───────────

寄附の内訳

龍原正  計390000 渋谷区渋谷2-22-7 会社役員 *1

───────────

大林幹雄  計60000 東京都葛飾区堀切4-8-12 会社役員

新井妙子  計60000 東京都葛飾区堀切4-19-12 主婦 *2

この項の合計 120000

───────────

清水敏子  計60000 東京都葛飾区堀切4-58-19オオトモビル303 自営業

秋田快定 240000 東京都葛飾区立石4-11-25 団体役員 *3

大鳥居信史  計100000 東京都葛飾区立石8-44-31 団体役員 *4

この項の小計 400000

───────────

大内浩  計60000 東京都葛飾区花茶屋1-13-10 自営業

───────────

植田栄一  計60000 東京都葛飾区白鳥3-5-6

───────────

若林満  計60000 東京都葛飾区東水元2-8-9-201 会社役員

───────────

原幸男  計100000 群馬県多野郡吉井町吉井412 会社役員

矢萩敏二 12000円 東京都葛飾区白鳥4-1-24-102 自営業 *5

この項の小計 112000

───────────

斉藤勘治  計60000 東京都葛飾区堀切1-30-15 自営業

泉米松 30000 東京都葛飾区亀有3-10-2-307 会社役員

小宮哲也  計60000 東京都葛飾区堀切4-54-2 住職

この項の小計 150000

───────────

井上妙子  計60000 東京都葛飾区堀切7-14-15 会社役員

松村剛  計60000 東京都葛飾区亀有1-14-6 自営業

この項の小計 120000

───────────

杉浦昌和 12000 東京都葛飾区西水元2-13-18 会社役員

大橋英子 120000 東京都葛飾区西水元2-9-16 自営業

金井富雄  計24000 東京都足立区神明2-10-33 会社役員

山根是享 50000 東京都杉並区荻窪4-41-6 会社役員

この項の小計 206000

───────────

西部正毅  計120000 東京都豊島区長崎3-4-7 会社役員

大田武治 36000 東京都足立区花畑1-30-11 会社役員

沢野勇洋  計800000 東京都足立区椿2-3-4 会社役員

小林美津子 100000 東京都渋谷区代々木町22-7萩原ビル501 税理士 *6

この項の小計 1056000

───────────

茂瀬野常雄  計24000 東京都葛飾区四ツ木4-4-2 自営業

永井弘明  計60000 東京都葛飾区細田4-15-1 住職

秋元清  計36000 東京都葛飾区小菅3-10-7 会社役員

この項の小計 120000

───────────

嶋村勝 小計 120000 東京都足立区鹿沼1-10-12 会社役員

星野富哉 小計 60000 東京都葛飾区高砂5-30-3 会社役員

杉浦慶満 小計 36000 東京都葛飾区細田4-11-20 会社役員

近藤節冶 24000 東京都葛飾区立石2-34-1 会社役員

この項の小計 240000

───────────

天野達志  計120000 東京都文京区本駒込2-20-5-1002 会社社長

緒方照久 100000 熊本県熊本市練兵町25-2-903 会社役員

林秀行 12000 東京都葛飾区東堀込2-10-26-501 会社役員

中田進十郎 60000 東京都葛飾区高砂4-6-10 会社役員

渡辺紀位  計170000 福島県二本松市茶園2-47 元教員 *7

伊藤克明 100000 東京都三鷹市井口3-3-27-308 会社役員

山田博道 12000 東京都葛飾区細田5-25-1 自営業

横澤忠 12000 東京都葛飾区鎌倉2-8-3 無職

この項の小計 586000

───────────

渡辺秀雄 12000 東京都葛飾区細田3-10-6 会社役員

森田一 60000 東京都葛飾区立石6-38-13 医師

相川政夫 12000 東京都葛飾区堀込7-29-16 会社社長

杉浦一雄 12000 東京都葛飾区細田4-4-14- 自営業

園山金治 24000 東京都新宿区百人町1-17-14コーポパパ43号室 タレント *8

浅野毅 300000 東京都葛飾区立石7-2-21モナーク立石104 医師

前島一男 12000 東京都葛飾区堀切2-63-4 会社役員

折谷元征 12000 東京都葛飾区細田3-2-9 会社役員 *9

平沢勝栄 10000000 東京都葛飾区柴又2-21-4-502 国会議員 *10

油井飲一 500000 東京都江戸川区臨海町4-2-1 会社役員

坂森浩志 1500000 北海道札幌市南区川沿14条2丁目1-66-504 会社役員 *11

松木雄直 1000000 北海道旭川市末広8条1丁目4-4 会社役員

大久保晃二 1500000 北海道札幌市中央区南8条西25丁目2-12-210 会社役員 *12

松木栄子 1500000 北海道札幌市北区新琴似4条2丁目4-5 会社役員

宇田川鶴之祐 24000 東京都葛飾区堀切5-41-24 団体役員 *13

この項の小計16468000

───────────

榎修一 12000 東京都葛飾区四ツ木1-35-3 会社社長

中戸川新平 12000 東京都葛飾区東金町3-31-17 団体役員

椙山浩一 120000 東京都港区南麻布3-11-45 作曲家

大橋正春 500000 東京都葛飾区東水元2-9-16 弁護士 *14

───────────

自由民主党東京第17選挙区支部 10000000 東京都葛飾区立石8-6-1-102 平沢勝栄 *15

───────────

平沢勝栄政経文化セミナー 31710000 2252名 14年9月30日 東京全日空ホテル 東京都港区赤坂 *16

───────────

政治資金パーティの対価に係る収入の内訳 *17

横矢忠志 300000 高知県高知市一ツ橋町2-378 会社役員

この項の小計 300000

───────────

支出の総括表

経常経費

人件費 18544431

備品・消耗品費 1839461

事務所費 8177223

小計 28561115

政治活動費

組織活動費 7756410

機関紙誌の発行その他の事業 21408287 ア〜エの計

ア 機関紙誌の発行 0

イ 宣伝事業費 1020987

ウ 政治資金パーティ開催事業費 20387300

エ その他の事業費 0

調査研究費 4259047

寄附・交付金 500000

小計 33923744

合計 62484859

───────────

組織活動費 交際費

その他の支出 1007600 *18

合計 1007600

───────────

組織活動費 渉外費

広告料 100000 平成14年12月17日 警察通信社 東京都世田谷区梅丘3-5-22

その他の支出 658900 *19

合計 758900 

───────────

組織活動費 組織対策費

講演リライト 42000 有限会社ピーアイジェイ 和歌山県和歌山市大谷831-135

講演リライト 52500 有限会社ピーアイジェイ 和歌山県和歌山市大谷831-135

講演リライト 63000 有限会社ピーアイジェイ 和歌山県和歌山市大谷831-135

講演リライト 79695 株式会社吉香 東京都千代田区永田町2-10-904

講演リライト 168000 有限会社ピーアイジェイ 和歌山県和歌山市大谷831-135

この項の小計 405195

その他の支出 4169237 *20

合計4169237

───────────

組織活動費 行事費

その他の支出 1415478 *21

合計 1415478

───────────

宣伝事業費 インターネット関係費

ホームページ制作費 106171 株式会社広報室21 東京都渋谷区渋谷2-10-6

ホームページ制作費 271325 株式会社広報室21 東京都渋谷区渋谷2-10-6

この項の小計 377496

その他の支出 643491 *22

合計 1020987

───────────

政治活動費の内訳 政治資金パーティー開催事業費(平沢勝栄政経文化セミナー)

郵便費 242590 国会内郵便局 東京都千代田区永田町1-7-1

郵便費 58500 国会内郵便局 東京都千代田区永田町1-7-1

案内状制作費 998121 株式会社広報室21 東京都渋谷区渋谷2-10-6

記念品代 504000 丸善株式会社 東京都中央区日本橋2-3-10

記念品代 157500 大光堂書店 東京都葛飾区立石4-26-9 *23

記念品代 157500 紅文堂書店 東京都葛飾区堀切4-56-7

記念品代 157500 金剛書店 東京都葛飾区花茶屋1-5-2

記念品代 157500 文教堂書店 東京都葛飾区青戸3-36-1

記念品代 157500 江東社書店 東京都江戸川区南小岩7-28-2

記念品代 157500 有限会社光翔 東京都葛飾区新小岩1-32-5

記念品代 315000 有限会社第一書林 東京都葛飾区新小岩1-38-8

記念品代 157500 有限会社お花茶屋書店 東京都葛飾区1-26-2

記念品代 157500 有限会社大洋堂書店 東京都葛飾区金町6-2-6

記念品代 157500 石井隆(石井書店) 東京都葛飾区亀有3-37-27

この項の小計 3535711 

───────────

政治活動費の内訳 政治資金パーティー開催事業費(平沢勝栄政経文化セミナー)

記念品代 157500 有限会社栄真堂 東京都葛飾区亀有5-32-11

記念品代 157500 長谷川行正(高砂書房) 東京都葛飾区高砂3-16-1

記念品代 157500 有限会社セントラルブックス 東京都葛飾区高砂2-38-6

記念品代 157500 有限会社ケイアイ商事 東京都葛飾区宝町2-33-13

記念品代 157500 有限会社詩泉堂 東京都葛飾区金町1-24-7

この項の小計 787500

───────────

政治活動費の内訳 政治資金パーティー開催事業費(平沢勝栄政経文化セミナー)

記念品代 157500 ブックスこんごう 東京都葛飾区東立石3-25-12

記念品代 630000 株式会社八重洲ブックセンター 東京都中央区八重洲2-5-1

記念品代 157500 株式会社ベストセラーズ 東京都豊島区南大塚2-29-7

記念品代 157500 株式会社紀伊国屋書店 東京都新宿区新宿3-17-7

会場借上費 9896024 東京全日空ホテル 東京都港区赤坂1-12-33 *24

飲料代 63420 峰岸実(c.v.sやまがたや) 東京都葛飾区堀切7-22-6

記念品代 157500 田中淑隆(大和書店) 東京都葛飾区奥戸2-8-14

記念品代 157500 有限会社森木書店 東京都江戸川区南小岩5-17-16

記念品代 157500 河合照夫(ブックスアオイ) 東京都葛飾区立石1-21-4

記念品代 630000 株式会社三省堂書店 東京都千代田区丸の内2-7-2 *25

草団子代 300000 料亭ゑびす家 東京都葛飾区柴又7-3-7

草団子代 300000 有限会社門前亀屋 東京都葛飾区柴又7-7-9

印刷代 88200 ヨシダ印刷株式会社 東京都葛飾区奥戸4-21-4

この項の小計 15503809

その他の支出 560280 *26

合計20387300

───────────

調査研究費 (顧問料 1/2)

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 *27  千代田区永田町2-14-5-11F 

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

この項の小計 2380000

───────────

調査研究費 (顧問料 2/2)

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

顧問料 210000 田宮合同法律事務所 千代田区永田町2-14-5-11F

顧問料 100000 山口英三税理士 豊島区西池袋2-33-1

この項の小計 1340000

合計 3720000 

───────────

調査研究費 (書籍購入費)

本代 117600 株式会社講談社 東京都文京区音羽2-12-21

本代 126000 株式会社講談社 東京都文京区音羽2-12-21

この項の小計 243600

その他の支出 295447

合計 539047

───────────

寄附 500000 日本産業再生議員連盟 *28  千代田区永田町2-9-6十全ビル501 

───────────

資産などの総括表

無 *29

───────────

宣誓書

添付書類

領収書等の写し

この報告書は、政治資金規正法にしたがって作成したものであって、真実に相違ありません。

平成15年3月27日

政治団体の名称 勝栄会

会計責任者の氏名 沖見泰一 (印)

───────────

参考記事

報道資料/松文館事件一審「冤罪」判決

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020357.html

報道資料/松文館事件/平沢勝栄議員の「口利き」釈明

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020359.html

*1:龍原正:ネットセキュリティ株式会社(NESCO)社長http://www.netsecurity.co.jp/、株式会社東宝エージェンシー会長 http://www.lapaul.co.jp/gaiyou.html東宝総合警備保障株式会社会長 http://www.toho-sec.com/main_gai.html http://www.toho-sec.com/main_aisa.html 、株式会社ラポール社長 http://www.lapaul.co.jp/gaiyou.html 、ネスコ株式会社 http://www.nec.co.jp/press/ja/9712/1502-01.html http://www.nec.co.jp/press/ja/9712/1502.html

*2: 新井妙子氏の関連情報?ガールスカウト日本連盟 http://www.mext.go.jp/b_menu/koueki/sports/05/02/midashi.htm http://wwwsoc.nii.ac.jp/jawe2/joseikyoyoubn2000.htm

*3: 秋田快定:源寿院東京本院住職 http://www.butsuji.co.jp/kaikan-kasoujyou/kaikan/genjyuiin/genjyuin.html

*4: 大鳥居信史:神田神社宮司 http://www.oh-edo.jp/aisatu/03ootorii.html神道政治連盟副会長 http://www.kanagawa-jinja.com/jinjacho2/2.html 、明治聖徳記念学会評議員 http://www.mkc.gr.jp/seitoku/yakuin.htm 、(社) 日本国際青年文化協会監事 http://www.silkroad.ne.jp/JICulture/admission.html

*5: 矢萩敏二氏の関連情報?矢萩社会保険労務士事務所所長 http://www007.upp.so-net.ne.jp/katsushika-sr/member.htm http://www.bekkoame.ne.jp/~k-sigeki/G-SHOSHI/kunai-gs.html

*6: 小林美津子: http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8F%AC%97%D1%94%FC%92%C3%8E%71/list.html

*7: 渡辺紀位: 元社会科教諭? http://www.db.fks.ed.jp/txt/47000.kyouiku_nempo/1962/html/00138.htmlhttp://www.db.fks.ed.jp/txt/47000.kyouiku_nempo/1962/html/00140.html

*8: 園山金治: 出雲光一 http://www.enka100.com/hyakusen/singer/izumo-k.htm

*9: 折谷元征:株式会社オリタニ社長 http://www.oritani.net/profile.html http://www.igyoshu-fdn.or.jp/messe01/messe/material_t.html

*10: 平沢勝栄本人の献金。政治資金団体の所得は課税されません。

*11: 北海道経由で多額の個人献金が複数存在しているのはなぜ? トンネル献金

*12: 大久保晃二:ダイシン設計会長? http://jyoho.hokkaido-np.co.jp/fmail/backnumber/show2.php3?y=2002&c=fukagawa&f=20021022 http://members8.tsukaeru.net/sky1202/11isikari.htm

*13: 宇田川鶴之祐:宇田川学園役員? http://www8.cao.go.jp/kisei/giji/02/wg/action/03/siryo2.pdf

*14:大橋正春: 岡崎・大橋・前田法律事務所、財団法人ソフトウェア情報センター理事 http://www.softic.or.jp/lib/info_pub/0308/01_H1508yaku.doc 、平成著作権法改正ハンドブック著 ISBN:4385321760 http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/roppou/minji/heisei_cyosakuken.html 、営業秘密(トレード・シークレット)管理の手引き―技術ノウハウ・事業計画・顧客名簿などの守り方著 ISBN:4806105007

*15自由民主党東京第17選挙区支部:平沢勝栄氏の選挙地盤。

*16: 平沢勝栄政経文化セミナー参加費は、一人平均約1.4万円。

*17: 政治資金パーティの対価に係る収入の内訳: 制度上、一人20万円を超える支払いのみ報告義務がある。会社として政治パーティーに参加する場合、あくまでもたとえばの話だが、役員など15人が分散して1.4万円パーティー券を買えば政治資金収支報告書に社名を出さずに実質21万円政治献金できる。こうした脱法的匿名政治献金の可能性を日常化させ法規制目的を無効化するザル法は改正すべきだろう。

*18: 組織活動費その他の支出:5万円未満はすべて合算して「その他の支出」として公表。

*19: 5万円未満はすべて合算して「その他の支出」として公表。

*20: その他の支出:5万円未満はすべて合算して「その他の支出」として公表。

*21: その他の支出:5万円未満はすべて合算して「その他の支出」として公表。

*22: その他の支出:5万円未満はすべて合算して「その他の支出」として公表。

*23: 記念品代:平沢勝栄氏の選挙区地盤等の書店に15.75万円の注文があるが、これは政治資金パーティに「記念品」名目で配られた平沢氏の本(「日本よ国家たれ」か?)を各書店(一部を除く)を注文したと推測される。余談だが、国会議員の著作が突如として売上ランキング上位に載って話題になることがあるのは、政治資金パーティ用に自分の著作を一度に大量に注文している場合があるという指摘もある。

*24: 東京全日空ホテル: http://www.anahotels.com/tokyo/

*25: 株式会社三省堂書店http://www.books-sanseido.co.jp/

*26: その他の支出:5万円未満はすべて合算して「その他の支出」として公表。

*27: 田宮合同法律事務所:在京高額納税弁護士ベスト100の中に2名が田宮合同法律事務所の弁護士。 http://www.shihoujournal.co.jp/topic/040308.html 、(二弁) 誌上法律事務職員研修講座 http://www.niben.jp/07frontier/2002/no1_2/2002_1_2_30.html 、法と経済学会設立発起人 http://www.jlea.jp/66.htm

*28:日本産業再生議員連盟:小林興起会長、松宮勲事務局長 http://homepage3.nifty.com/imf/ssteigen.htm 、日本産業再生議連中間とりまとめ「“知的産業大国を目指して”〜日本産業再生への5つの基本戦略〜」http://www4.ocn.ne.jp/~akira310/katsudou14.html

*29: 政治資金団体の資産報告:100万円未満の動産・貸付金・敷金・権利金・借入金については報告対象外。

20040328 北の系更新

北の系更新

遠藤衛都議会議員(自民党/2002年都議会「青少年健全育成基本法(仮称)の制定を求める意見書提出に関する請願」の紹介議員)

■都健全育成条例改正資料/H16年第1回都議会予算特別委

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020374.html

○提案説明・総括質疑(第1日) 3月12日(金) 第2号

遠藤衛委員(自民党) 健全育成条例改正案に賛成

木内良明委員(公明党) 健全育成条例改正案に賛成

○総括質疑(第2日)      3月15日(月) 第3号

三原將嗣委員(自民党) 健全育成条例改正案に賛成

初鹿明博委員(民主党) 健全育成条例改正案に条件付賛成

○総括質疑(第3日)      3月16日(火) 第4号

土屋たかゆき委員(民主党) 健全育成条例改正案に賛成

長橋桂一委員(公明党) 健全育成条例改正案に賛成

山田忠昭委員(自民党) 健全育成条例改正案に賛成

執印真智子委員(生活者ネット) 健全育成条例改正案に条件付賛成

石原慎太郎著「魂を植える教育」「真実の性教育」を手にして石原都知事の支離滅裂なダブルスタンダードを紹介する初鹿委員。石原知事はかつて「有害図書が無くなっても、犯罪、非行、反道徳、反社会的な行動は減少しないという説に同感」と書いていた。

〇初鹿委員 時間がないので、速く話をさせていただきますけれども、知事はしばしば、最近の若い親は責任感がないということをいわれますよね。

 今、私、手元に、知事が昭和四十四年、私の生まれた年に書いた「スパルタ教育」という本を持っているんですが、この前書きに、なぜこの本を書こうと思ったかという理由を、「子どもの最大の教育者たるべき世の親たちが、自分の子どもの教育について、まったくその責任を放擲し、自信を失っている事実に、不満と失望を感じたからだ。」って書いてあるんですよ。三十五年前に知事が指摘をしている。それがいまだに続いているというね、やっぱりこの事実というものを受けとめないといけないと思うんですね。

 ここでさらにいっているのは、「将来、どんな人間がこの日本の社会に氾濫するかを思うと、ぞっとする」。まさにぞっとする状態ですよね。そのとき指摘をした親が育てた子どもが、今の親たちになっている。つまり、どこかで断ち切らないと、その連鎖って、なかなか簡単に切れないんだということなんだと思います。

 このころ知事は、三冊の教育に関する本を書いているんですよ。このほかに、「魂を植える教育」そして「真実の性教育」って書いているんですけれども、この本で知事がいいたいことは、学校や社会が子どもにしつけをするんじゃなくて、一番最大の教育者は親だと、親がしっかりとすることが重要だといっているんですね。それでまたその中で、ちょっと関係するところでいうと……(「とっくに時計は過ぎてるじゃないか」と呼ぶ者あり)はい。私は子どもの前でヌード写真の氾らんした雑誌を隠さぬことにしているということも書いてあります。

 また、ここに、『理由なき反抗』の作者で、精神分析医であるアメリカのロバート・リンドナーの、いかなるタイプの書物であろうと、非行あるいは犯行をそそり、教唆したりすることは、ぜったいなく、かりに、好ましくない本のすべてがこの社会になくなっても、犯罪、非行、反道徳、反社会的な行動は減少しないという説にも同感である。」と書いてあります。

   〔発言する者多し〕

〇青木副委員長 初鹿委員、手短にお願いいたします。

〇初鹿委員 はい。

 また、現代の社会では、放置すればだれでも各種のウイルスに感染をし……(発言する者多し)最後まで聞いてくださいね。その抗体を備えていくものだが、同じことが性にもいえるだろう。これだけ俗悪わいせつな出版物がはんらんし……

   〔発言する者多し〕

〇青木副委員長 初鹿委員、再度お願いします。

   〔発言する者多し〕

〇初鹿委員 はい。そうした催しがはんらんしている時代ならば、親がいかにそれを禁じようとも、子どもたちはそうした性的事物に自分の好奇心を踏まえて感染していくはずであると書いてあります。

 そういった、三十年前に……

   〔発言する者多し〕

〇青木副委員長 それでは初鹿委員……。

〇初鹿委員 はい、まとめます。

〇青木副委員長 初鹿委員、時間が過ぎてますから……。

〇初鹿委員 三十年前にこのことをいった知事が、それでもやっぱり、今改正しなきゃいけないような状況になっているというふうにいうわけですよ。三十年間できなかったことを……

   〔発言する者多し〕

〇青木副委員長 初鹿委員、初鹿委員、発言を終わります。

〇初鹿委員 三十年間できなかったことを、これからやるわけですから……。

〇青木副委員長 初鹿委員、発言を終わりにしてください。

〇初鹿委員 どのような決意を持ってこれから取り組んでいくのかということをお伺いいたします。

   〔発言する者多し〕

〇青木副委員長 以上で初鹿委員の発言は……。

 質疑ですか。

〇初鹿委員 これからどういう決意でやるのをお伺いします。

〔「答弁する必要はない」と呼び、その他発言する者多し〕

〇青木副委員長 質疑ですか。−−石原知事。

   〔発言する者多し〕

〇石原知事 ここまで来たら、不退転の決意でやります。

〇青木副委員長 初鹿委員の発言は終わりました。

知事の著作の認識と条例案との救い難い矛盾を指摘されても一言も釈明できず結果を優先させる石原慎太郎知事。こんな信義も合理性も無い条例案に賛成する都議の常識人としての神経を疑う。

20040327 I have a dream、非暴力不服従と非暴力直接行動

I have a dream

先日、某所でI Have A Dream演説とワシントン大行進を知らない人がいて驚いたので、紹介しておきます。

I Have A Dream (1963年8月28日 / Dr Martin Luther King Jr / 音声)

http://www.uefap.co.uk/listen/exercise/dream/dream.rm

http://www.uefap.co.uk/listen/exercise/dream/dream.wma

I Have A Dream (Dr Martin Luther King Jr / 英語字幕付音声)

http://www.hpol.org/mlk/test.smil

テキスト

http://www.mecca.org/~crights/dream.html

私には夢がある―M・L・キング説教・講演集

ISBN:4400421228

日本の政治家、財界関係者、学者で、39歳の時にこれだけの演説をした人っているでしょうか?

私はお目にかかったことがありません。もしいたら紹介してください。

───────────

非暴力不服従と非暴力直接行動

質問です。

もし誰かに殴られた時、殴り返す人と殴り返さない人、どちらが強いでしょうか?

「正当防衛だから殴り返すのは正しいでしょ」「殴り返すのはあたりまえじゃねぇか」って答える人は少なくないかもしれません。

じゃあもうひとつ質問。

もしある人が両手を縛られている状態で誰かに殴られた時、殴り返したいと思う人と殴り返したいとは思わない人、どちらが強いでしょうか?

あえて正解は書きません。

直感的に二者択一の恣意性に気づいた方は、頭の良い方だと思います。

アメリカや日本に限らず、世界に存在する差別や理不尽な支配、管理統制は、殴り返すことのできない人に対して“だけ”に対して行われているのが通常です。

殴り返せばいいという発想は、「パンが食べられないならお菓子を食べればいいじゃない」っていう思考に似ていますね。支配されている側の立場がわかっていない。無知であると同時に想像力が無い。

話は変りますが、黒人関係のネット情報だとココが面白かったです。

いろいろ考えさせられます。

リズム・アンド・ブルースの政治学

http://homepage1.nifty.com/yasumasa-x/japanese/r_and_b_politics/index2.htm

第5章 「激動の60年代」が始まる

http://homepage1.nifty.com/yasumasa-x/japanese/r_and_b_politics/for_print/chapter5.htm

日本で起きている表現規制問題は、差別克服の歴史から学ぶことが多いです。

「非暴力直接行動」という考え方があります。

白人専用バスと黒人専用バスのふたつがあったら両方とも乗るのをやめて歩いて通勤しようというバス・ボイコット。これは「非暴力不服従」の発想。

「非暴力直接行動」は「白人専用バスに黒人が乗って平等の事実を作ってしまえ」という発想です。

この両者を、たとえば東京都の表現物規制、出版流通規制問題に照らして考えるとどうなるか。

ある書店に健全図書専用陳列棚と不健全図書専用陳列棚のふたつがあったら、そういう区分陳列をしている書店には足を運ばず、本を買うのをやめてネットだけの情報生活を送りましょうというのが「非暴力不服従」の発想。

一方、逮捕されてのを覚悟で健全図書専用陳列棚に不健全図書を置き、健全図書専用陳列棚に不健全図書を買えるという平等の事実性をつくってしまえというのが、「非暴力直接行動」。

前者の立場をとっている私は、区分陳列に条件付でも賛成してしまっている出版社の本は、お気に入りの作家がいても買うことはありませんし、区分陳列に粛々と従っている書店にはどんなにいい本が置いてあっても、その本屋から買うことはありません。ネット直販などの別な流通ルートを使用します。

私みたいなことをやっている人や、やってもいいと思っている人って他にもいるんじゃないかと想像しているのですが、どうでしょう?

どうやったら自粛派出版社や規制派書店に対するボイコットをうまく組織化して効果的に実行できるのかということを思案中の今日この頃です。誰かいいアイディア持っていたら教えてください。

───────────

オマケの音楽

キング演説で引用されているMy Country 'Tis Of Theeとか。

My Country 'Tis Of Thee (S・F・スミス作詞、H・カーリー作曲 /旧アメリカ国歌)

http://www.enixine.dabsol.co.uk/MyCountry.mp3

http://www.uspatrioticpictures.com/music/Patriotic%20-%20Mormon%20Tabernacle%20Choir%20-%20My%20Country%20Tis%20Of%20Thee.mp3

http://www.maleckimusic.com/realmedia/6540353060.ram

happy larryのI have a dream ((((;´Д`)ノ

happy larry

http://soundofmuzik.com/

Happy Larrys More More More Mix

http://soundofmuzik.com/mp3/Martin_Luther_KingJr.-I_Have_A_Dream(Happy_Larrys_More_More_More_Mix).mp3

kmiurakmiura 2004/03/27 00:07 キング牧師の演説、キーワードに登録してみました。

kitanokitano 2004/03/27 00:21 (’_’)/

henahenahenahena 2004/03/29 20:54 山宣独り孤塁を守る!だが僕は淋しくない、背後には多くの大衆が支持しているから(39歳動物学者、代議士として治安維持法改悪に反対)

20040326 流対協声明、俗悪番組だよ、全員集合!

流対協が「俗悪番組だよ、全員集合!」という声明をだしたわけではありません。念のため。

流対協「都育成条例改悪反対声明」

中小出版社で構成する業界団体の出版流通対策協議会*1が、「東京都青少年健全育成条例の改悪に反対する声明」を公表しました。

まだ流対協サイトでは公表されていないようですが、とりあえず転載します。

出版の自由を圧殺する

東京都青少年健全育成条例の改悪に反対する

2004年3月25日

出版流通対策協議会会長・高須次郎

東京都千代田区飯田橋3-2-5現代ビル内

TEL. 03-3221-1094

FAX. 03-3221-1193

東京都青少年健全育成条例が、またもや改悪される。

2001年3月に、東京都東京都青少年条例が改悪されたとき、私たちは以下のような抗議声明を発した。

東京都青少年条例の改定案が可決・成立したことは、出版・表現の自由の束縛に向かって大きな一歩を踏み出すものとして、私たちは非常な危惧と怒りを感じています。

青少年の健全な育成のために、という名目であれ、行政機関が出版物を選別する事は間違っています。それも、「自殺・犯罪」に関するものも「不健全図書」の対象にし、それを非公開の場で選定していくというのでは、歯止めなき言論・表現規制に道を開いたものというしかありません。

また中小零細書店へのなんの配慮もなく、罰則を振りかざしての区分陳列の強制も暴挙であるといえます。

管理と罰則で社会を治めようという方向にまた大きな一歩を踏み出したこの改正案の成立に対して、私たちは抗議します。」

そして昨2003年10月に東京都の緊急治安対策本部のもとに置かれた副知事の諮問機関が青少年条例の「改正」を提言、石原都知事が青少年問題協議会に「不健全」図書類の効果的規制のあり方を検討するよう諮問、青少協は条例強化するようにという答申をまとめる。それを受ける形で東京都は条例改正案を作成、3月22日文教委員会で可決、3月30日の本会議で可決成立へと、かつてないはやさで、大幅改悪に向かっている。

その内容は、4年前の改悪をステップとして、さらにひどいものになっている。

まず「不健全図書」の区分陳列どころではなく、包装義務化と罰則が新設され、東京都知事が「自主規制」を版元に勧告する権利を付与するなど、規制強化・厳罰化に向かっている。また青少年の閲覧・観覧が不適当との表示を要する「表示図書」が梱包・区分陳列されて売られているか、あるいは貸し出しされているかどうかを、都の職員のみならず民間の「青少年健全育成協力委員」が書店・コンビニへ立ち入り調査するようになる。

これは言論・表現の自由への権力の介入以外の何ものでもない。

そして、条例では、2年以下の懲役あるいは100万円以下の罰金が科されるというのを筆頭とした罰則規定が明記されているが、その規定による陳列を行わなかったものは30万円以下の罰金が科される。

これはもう、取締りの恫喝で出版の自由を圧殺することに他ならない。

出版物を行政機関が選別することは絶対やってはならないことである。

わたしたち出版流通対策協議会は、この条例改定に強く反対する。

流対協声明が指摘している「青少年健全育成協力委員」の創設と立入調査権付与の問題は重要です。

書店や若者の溜まり場となっているハウスや漫画喫茶などへの立入りによる妨害も問題ですが、誰が「青少年健全育成協力委員」なのか、「青少年健全育成協力委員」は具体的にどんな指導をするのかという点も問題です。

条例改正案が成立すれば、「青少年健全育成協力委員」には都民が支払っている税金で協力金(給与)が支払われる条例上の根拠ができることになります。

ということはたとえば、規制推進派の活動家や活動団体の関係者を「青少年健全育成協力委員」に任命して、都民が支払っている税金を規制推進派の活動家や活動団体の関係者に政治的にまわすこともできるようになるということです。

規制推進派の活動家や活動団体の関係者が規制推進の都知事や都議に政治献金をし、規制推進の都知事や都議が規制推進の条例をつくり、規制推進の条例によって都税を規制推進派の活動家や活動団体の関係者にまわるようにする…。

もし仮にそういうことが実際にあるしたら、政治資金の典型的な資金還流であり、公的サービスの私物化、公権力の私的収奪、都税泥棒にほかなりません。

これは表現出版の自由という問題を超えた「民主政」の問題です。

「青少年健全育成協力委員」に誰が任命されるのか。都知事や都議を政治的にバックアップしてきた規制推進派の活動家や活動団体の関係者が「青少年健全育成協力委員」に任命されるかどうかを監視し、もしそうした事実が発生したら大きく報道していく必要があります。

───────────

俗悪番組だよ、全員集合!

http://d.hatena.ne.jp/dokusha/20040324 を見て思ったのですが、ザ・ドリフターズの「8時だよ、全員集合!」という番組がバッシングされていたことを知らない人って、結構いるような気がします。特に30歳未満の人たちとか。

タブーという曲(の編曲、変曲)にあわせて加藤茶が今はもう無い浅草のストリップの真似して笑いをとったなんてのが有名ですが、テレビ番組に浅草ストリップは絶対に出ないということを逆手に取った「放送のタブー」への笑いが、放送免許の管理をしている人たちや「社会の二面性を知られたくないモラルリスト」たちにとっては不愉快だったようです。

昭和46年、「暮しの手帳」という雑誌で俗悪番組の調査結果を公表し、その中で「8時だよ、全員集合!」が第四位にランキングされていたとことがありました。

この調査は話題になり、後日、鳥取県の故武部文議員(社会党/勲二等旭日重光章受章)が国会でとりあげています。

というわけで、この際、「俗悪番組追放」というくだらない放送番組バッシングがあったということを記録しておく意味で、証拠の議事録(衆議院逓信委員会放送に関する小委員会)を抜粋して引用します。

余談ですが、「放送に関する小委員会」には森前総理も俗悪番組追放派議員として質問に立っています。

65-衆-逓信委員会放送に関する小委員会…-3号 昭和46年05月18日

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/065/0322/06505180322003c.html

○武部文小委員

・・・・

私は先日「暮しの手帳」の十一号、これは四十六年の春の発行でありますが、つい先日のものであります。おろらく皆さんもごらんになっておると思います。これは非常に興味のある内容でありまして、私も詳細にこれを調べてみました。この対象は先ほど申し上げたような三百十三名とか七百十四名とかいうわずかな数字と違いまして、実に有効は四万三千五百八十九票であります。そのうち男が一万、女が三万三千という割合でありまして、この内容をいろいろ調べてみました。そこでこれを具体的にお尋ねをいたしたいのであります。

○武部小委員 この「どっきりカメラ」というのは「困った番組」の一番目であります。票数は八千十四、二番が二千七百七十ですから群を抜いてこれは困った番組になっております。この委員会でも何回か論議をしたのですが、三月で一応おやめになった、そのやめられた理由、これはいわゆる世論でこれはたいへんなことだ。この中には具体的なことが載っておりますが、民間の人が行なえばこれは軽犯罪法に低触するくらいな内容だというようなこれも調査が載っておりますね。たくさん載っておる。

○武部小委員 TBSが十のうちの四つあると言いましたが、この中にもやはり先ほどからちょっと話が出ております「ザ・ガードマン」、これは三位ですね。それから「8時だヨ!全員集合」、これは私もときどき見て、これもちょっとやっぱりおかしいなと思ったら案の定四位。

20040325 秋田県青少年環境浄化条例施行規則制定、モニター炎上、出会わないこ

秋田県青少年環境浄化条例施行規則の傾向と対策

「有害」規制監視隊の情報によると、包括規制を新規導入した青少年の健全育成と環境浄化に関する条例(2004年4月1日施行)の施行規則が3月16日に告示されたとのこと。

■「有害」規制監視隊

http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watch/top.htm

秋田県「青少年の健全育成と環境浄化に関する条例」

http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watch/data/kisei/akita.htm

第3条 条例第9条第2項第一号の規則で定める写真又は絵は、次のいずれかに該当するものを被写体とした写真又は描写した絵(陰部を覆い、ぼかし、又は塗りつぶしたものを含む。)とする。

一 全裸、半裸又はこれらに近い状態での卑わいな姿態で次のいずれかに該当するもの

(一)大たい部を開いた姿態

(二)陰部、でん部又は乳房を誇示した姿態

(三)自慰の姿態

(四)排せつの姿態

(五)愛ぶの姿態

(六)緊縛の姿態

二 性交又はこれに類する性行為で次のいずれかに該当するもの

(一)性交又はこれを連想させる行為

(二)ごうかんその他の陵辱行為

(三)同性間の行為

(四)変態性に基づく性的な行為

2 条例第9条第2項第二号の規則で定める場面は、前項各号のいずれかに該当するものを描写した場面(陰部を覆い、ぼかし、又は塗りつぶしたものを含む。)とする。

秋田県における青少年条例の改定(平成15年10月改定)

http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watch/data/jyourei/revision/akita/H15-10.htm

秋田の施行規則のいわゆる「表現規制コード」は他の県のそれと類似していますが、あらためて、規制派の気持ちになって(笑)解説しておきます。

一 全裸、半裸又はこれらに近い状態での卑わいな姿態で次のいずれかに該当するもの

すっ裸はもちろん、服を着ていても卑わいな姿態の一部は規制されますよ、ということです。

「卑わいな姿態」という定義はとても抽象的なので、(一)から(六)で「卑わいな姿態」を例示し、(一)から(六)の表現だけが可罰性のある表現となります。

「いずれか」ですので、(一)から(六)のいずれかひとつでも該当している表現が20ページ以上または1/5以上含まれているとアウトです。

(一)大たい部を開いた姿態

足が開いた状態です。これは通常股間が見える場合がほとんどだと思いますが、服を着て股間が見えていなくても「開いた姿態」であることがわかればアウトと思われます。

たとえば、ブルマの女子のストレッチング運動のアニメや漫画のカットは「大たい部を開いた卑わいな姿態」なのでアウトと思われます。

駿河電力さんを別にバッシングしようというわけではありません。というか単なる定期巡回先です。あくまでも条例適用を考えるための議論としてリンク引用です。

トップ絵は着衣ですが大たい部を開いた姿態なので、秋田県ではこういう絵が20ページ以上または1/5以上含まれている本があったとしたら、アウトになってもおかしくはありません。

(二)陰部、でん部又は乳房を誇示した姿態

服を着ていても股間、尻、乳を「誇示」した姿勢や視点はアウトです。

ビキニ姿でも股間だけ、尻だけ、乳だけの写真や、他の部位が見えていても股間、尻、乳にフォーカスが当っていてそのフォーカスに視点がいくようなポーズをとっている場合はアウトです。

(三)自慰の姿態

服を着ていてもオナニーの描写はアウトです。

ブラの上から乳を揉んでいるとか、パンティに手を入れているとか、ディルドーを股間に当てているというような描写は、服を着ていてもアウトです。

このスクミズカウンターの例ですと、Cのスクミズの女の子のような表現は条例施行規則第二条一号(三)に該当するかもしれません。そういう絵が20ページ以上または1/5以上含まれているとアウトになるおそれがあります。

(四)排せつの姿態

服を着ていてもしゃがんだ姿勢はアウトです。

男性の排泄は立ったままなので、普通に立って股間に手を置いておくだけでアウトになるのかもしれません。この施行規則ではそういう解釈も可能です。

このスクミズカウンターの例ですと、Eのスクミズの女の子が便器に座っているような状態だったら条例施行規則第二条一号(四)に該当するかもしれません。

(五)愛ぶの姿態

ペッティングやオーラルセックスの写真や描写を想定しているものと思われます。

着衣でもフェラチオに見えるポーズはアウトです。

ですが、愛ぶっていろいろありますからねぇ。指をなめるとか耳にキスするとかいう程度でもアウトかもしれません。そこらへんの解釈は際限が無いと思います。

(六)緊縛の姿態

サディズムというか、服を着ていても縛る表現はアウトです。

犬夜叉でヒロインが悪漢の罠に落ちて拉致監禁されている時に緊縛されるっていうシーンがありますが、そういうシーンばかり集めて「エロ夜叉」というタイトルで表現すると該当する可能性があります。

……。

あぁ、書いててなんだかバカバカしくなってきたなぁ。

施行規則が想定している表現を読むことで青少年が性的になって悪の道を歩み始めるって、どうして言えるんでしょう? そういう具体例って無いですよね? いったいどういう根拠で可罰性のある表現とそうでない表現とを区別しているんでしょうか? 宗教?

宗教的な有害情報論が制度として機能してオトナの社会の本当の現実を隠蔽するという社会の二面性自体が、子どもの育成を阻害していることにいい加減気づけよ、って言いたいです。

「二 性交又はこれに類する性行為で次のいずれかに該当するもの」以下の解説はめんどくさいのでやめます。各自で研究してください。

秋田県青少年の健全育成と環境浄化に関する条例

http://www.pref.akita.jp/kaikaku/reiki_int/reiki_honbun/u6000274001.html

(有害図書類の指定及び販売等の制限)

第九条 知事は、図書類の内容の全部又は一部が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該図書類を青少年に有害な図書類として指定することができる。

一 著しく青少年の性的感情を刺激し、その健全な育成を阻害するおそれのあるもの

二 著しく青少年の粗暴性又は残虐性を誘発し、又は助長し、その健全な育成を阻害するおそれのあるもの

2 次の各号のいずれかに該当する図書類は、前項の規定により指定された図書類とみなす。

一 書籍又は雑誌であつて、全裸、半裸若しくはこれらに近い状態での性的感情を刺激する姿態又は性交若しくはこれに類する性行為(以下「性的感情を刺激する姿態等」という。)を被写体とした写真又は描写した絵で規則で定めるものを掲載するページ(表紙を含む。以下同じ。)の数が、二十以上であるもの又は当該書籍若しくは雑誌のページの総数の五分の一以上であるもの

二 録画テープ、ビデオディスク、シー・ディー・ロムその他これらに類するものであつて、性的感情を刺激する姿態等を描写した場面で規則で定めるものの時間が合わせて三分を超えるもの又は当該場面の数が二十以上であるもの

3 図書類の販売又は貸付けを業とする者は、第一項の規定により指定された図書類及び前項各号のいずれかに該当する図書類(以下これらを「有害図書類」という。)を青少年に販売し、頒布し、貸し付け、読ませ、見せ、又は聴かせてはならない。

条例の沿革

http://www.pref.akita.jp/kaikaku/reiki_int/reiki_honbun/enkaku/ku60002741.html

秋田県青少年の健全育成と環境浄化に関する条例施行規則(改正前)

http://www.pref.akita.jp/kaikaku/reiki_int/reiki_honbun/u6000275001.html

施行規則の沿革(改正前)

http://www.pref.akita.jp/kaikaku/reiki_int/reiki_honbun/enkaku/ku60002751.html

───────────

秋田県

http://www.pref.akita.jp/index.htm

県民文化政策

http://www.pref.akita.jp/seikatu/index.htm

「有害図書類等の規制」についての意見募集(募集終了)

http://www.pref.akita.jp/kaikaku/public/yu-gai.htm

───────────

(キタノ)の すごい モニター

モニター壊れました。

普通にネットサーフしてたら、突然バチッって音がしてモニターからモクモク黒い煙が出て、画面にかつて見たことの無いまばゆい閃光が!![;゜θ゜]

「3月24日××の北野桂さん宅で火事があり、住んでいた北野さんとみられる焼死体が発見された」という新聞の記事とデインジャーという赤い文字が脳内で交互にフラッシュしたので、あわててモニターのコンセントを抜きました。

あーびっくりした。

故障原因は不明。なにかの前兆?(苦笑)

とりあえず次のモニター買うまで別な中古のモニターで代用。中古のモニターは赤が弱くて全体的に緑色がかっているので使いたくないのですが背に腹は変えられません。

───────────

出会わないことは幸せ?

出会い系サイト規制の時にも議論がありましたが、「出会わないことは幸せだ」って考え方、どうなんでしょう?

たしかに後で「出会わないことは幸せだ」と感じるようなアレな人っていますけれど、それは結果論であって、“出会い”を防ぐプログラムって、出会わないのに最初から「出会わないことは幸せだ」と決めつけることにならないのかなぁ。

出会ってから判断するという前提でリテラシー政策なりをとるべきだと思います。

小児性愛者の“出会い”を防ぐプログラム

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0403/18/news053.html

“出会い”を防ぐプログラムにNSPCCのインターネット安全責任者が「本当に素晴らしい」とコメントしているらしい。うーむ…。

英国児童虐待防止協会(NSPCC)

http://www.nspcc.org.uk/html/home/home.htm

英国児童虐待防止協会の作った虐待防止キャンペーンテレビコマーシャル

http://www.nspcc.org.uk/html/home/newsandcampaigns/wncartoonboyad.htm

mms://ms.groovygecko.net/groovyg/clients/nspcc/fullstopep6_lb.wmv

rtsp://rn.groovygecko.net/groovy/nspcc/fullstopep6_lb.rm

虐待防止キャンペーンテレビコマーシャルを観て虐待をはじめる親がいたりして…。(怖)

dokushadokusha 2004/03/24 21:14 スーパーハカーの怒りを買ったか?

kitanokitano 2004/03/25 00:24 (ρ_;)

JonahJonah 2004/03/25 05:02 はじめまして。無闇な出会い系規制には反対ですが、実際に僕の若い知り合いが危険な目にあってることを思うと、安全対策にも何らかの注意を払いたいと思います。思春期くらいの女の子は「恋に恋してる」ことが多いし、悩みを抱えてることが普通なので、やさしい言葉をかけられると相手の本性に気づかず会ってしまうんですね。彼女くらいの腕力では男にはかなわないし。この記事に出てくるソフトはやたら胡散臭いですが、「出会ってから判断する」では手遅れになることも多いような気がします。長々と失礼しました。

20040324 ロリコン血祭りアンケート、ディープな世界、統計のウソ、おとり捜査

よみうりテレビのロリコン血祭りアンケート

よみうりテレビでアレな番組が放送されたそうです。

やるんだったら、たとえば、「暴力シーンを放送したよみうりテレビの放送免許を政府は停止させるべきか」みたいな具体的なテーマなら、それなりに実りある問題提起を含んだ番組になるだろうなとは思います。特に、河村たかし議員は新進党の時に放送免許制度について審議する逓信委員会の委員(規制する側)だったわけですし。

■よみうりテレビ たかじんのそこまで言って委員会

番組運動!国民調査に参加しよう!

http://www.ytv.co.jp/takajin/index.html

調査No.032

群馬県の県営住宅で隣家の女児をいたずら目的で自宅に連れ込み、殺害したとして会社員が逮捕された。その後、容疑者の自宅からは、少女偏愛、いわゆるロリコンものといわれる漫画やビデオ、フィギュアなどが大量に押収された。また2000年に起きた大分県の一家六人 殺傷事件では、逮捕された少年が、事件前夜に殺戮シーンが繰り 返されるビデオを観ていたり過激な暴力表現が含まれるビデオゲームに 熱中していたという・・・。

あなたは、極度な猥褻・暴力を含む表現物が、 犯罪を引き起こす原因になると考えますか?

<調査期間 3月28日(日)14時まで>

パネラー:桂ざこば、宮崎哲弥、橋下徹、川村ひかる河村たかしハイヒール・モモコ岡田斗司夫

調査結果と意見

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=1

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=2

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=3

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=4

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=5

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=6

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=7

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=8

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=9

http://mscw.msec.ne.jp/ytv-cgi/takajin/research/current/form.cgi?page=10

影響があるか?にYESと回答した人の意見の一部

YES ロリコンものや暴力ものは全て無くして欲しい!

YES 書店店頭で購入しょうとしたときから犯罪要因の何%かはあるはず。

YES バカは刺激されやすい

YES 現実に事件になっている 猥褻な表現物は徹底的に根絶やしにしなければならない

YES 本来はならないはずであるが、まともな社会生活ができない人が増えているから、規制しないといけない。

YES 原因になるとは思うが、それは道徳教育がきちんとされていない人間が犯罪を起こすのだと思う。土台がしっかりした人間に育成することが重要でメディアを規制するという方向に持っていくべきではないと思う。

YES 犯人の妄想を増長させるのでは?

YES 犯罪を起こさない者は見ようが見まいが起こさない。だが、犯罪を起こす者は見なければ起こさないかもしれないが、見たことによって起こしたということがあるかもしれない。イコール規制すべきとは思わないが。

YES しかし規制には全く意味がない。ゾーニングが最も適当。

YES ざこばの万引きが当たり前のような発言も青少年の犯罪へのハードルを下げる

ロリコンもの」って書かれると、私の場合、まず最初によみうりテレビと関係の深い宮崎アニメを連想するのですが、っていう意見は却下ですか?(笑) ロリコンだけじゃなく巨乳コンやメガネコンなども平等に扱うべきだ、という意見も却下?(笑)

まあそれは置いておくとして、出会い系サイトで少女を買ってるオヤジはロリコンでもなんでもない普通のオヤジが多いという事実も却下されるようじゃ、お話にならないです。

あえて書きますが、例外もありますが、何度と無く刑事裁判の傍聴をした経験に照らすと、かなりの数で普通の人が犯罪を起すことがあるのは事実であるということ。犯罪の重軽に関係無く、だれでも犯罪の加害者になり得るのだということ。その事実は事実として認識しないといけないと思います。

まあ、そういうわけで、わたしも「NO」に一票入れておきました。

パネラーの発言では、宮崎哲弥氏以外は全員アレだったらしいですね。評論家が「原因になる」って言ったら評論家して終ってましたが、まああたりまえのことを言ったな、と。

他のパネラーは「原因になる」と言わないとテレビで仕事もらえないって事情なのでしょうが、揃って右向け右なのはなんだかなぁ。気持ち悪いです。

特に、河村たかし衆議院議員。議員は、国民の生活や言動を法律を作ることで強制できる立場にいる人ですよ。しかも河村議員は、新進党の時に逓信委員として放送局免許行政を審査する立場にいたわけですし、今は法務委員会で児童買春・ポルノ処罰法その他の法律の所管議員です。

政府のゲームの影響力調査では「相関関係がある」と書き因果関係の証明はないことを認めていますし、政府の担当者も国会で「相関関係あるが因果関係はない」と明確に答弁しています。

政府の答弁よりも規制派の論理に流れた認識を野党議員がテレビで表明して踏み絵を踏まされてどうするっつーのよ。反省してもらいたいものです。

余談ですけど、河村たかし議員(議員年金廃止@民主党)は、最近テレビによく登場しますね。年金問題が焦点になっている昨今議員年金廃止論者を出したいということかもしれませんが、表情が激しくて、喋り方に特徴があって、顔が個性的で、時々声を荒げて反論するっていういかにも見た目重視のテレビ向けのキャラクターといった感じで重用されているのかもしれません。

表情が乏しく、喋り方に特徴がなく、顔が平凡で、質問されても5秒ぐらい考えてからゆっくりとボソボソしゃべりだすような学者は、どんなにまともで正しい意見・情報を語ってもテレビ番組ではまず評価されないようですし。(例外あり)

そういうバイアスがはじめからかかって番組がつくられているんだということを意識して、テレビのスイッチを入れて観るとよいかもしれません。

───────────

他称「ロリコン族」をバッシングするディープな世界

ロリコンおたく族」のディープな世界

http://news.www.infoseek.co.jp/society/story.html?q=21gendainet0511299&cat=3

こうしたロリコン市場は急激に膨張しているというから恐ろしい。裏経済に詳しい第一生命経済研究所副主任研究員の門倉貴史氏がこう言う。

「少女を相手にする援助交際の市場規模は90年当時は300億円程度でしたが、03年の調査では約600億円と、10年ちょっとでおよそ2倍に膨らんでいます。これはインターネットやアニメなどの影響でおたく化が進み、大人の女性に対してうまく接することができない男性が増加したためと考えられます。今後もロリコン男性は増える一方でしょう」

門倉貴史氏の情報ですが、ここまで算定根拠不明&調査主体不明の情報というのもめずらしい。

どなたか情報源をご存知の方、教えてください。

統計でウソをつく法

門倉貴史氏の文献に限りませんが、怪しい調査データを発見したら、こちらも参照して頭を冷やして検証すると良いかもしれません。ブルーバックスは買いやすい値段なのでおすすめ。

統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 ブルーバックス 120

統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 (ブルーバックス)

───────────

「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ

「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書)

───────────

統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門

統計はこうしてウソをつく―だまされないための統計学入門

───────────

おとり捜査という犯罪の“創造”

掲示板のタレこみで知ったニュース(タレコミサンクス)。

たしかにこのニュースを読むと、日本のサイバー自警団のガーディアンエンジェルスのしていることがかわいらしく見えてしまうのがなんとも恐ろしいところです。

以前、日本では厳格な司法制度が布かれおとり捜査は禁止されていましたが、組織犯罪対策の名目で麻薬捜査に限って認められ、最近おとり捜査の捜査範囲が拡大されました。

おとり捜査が一般犯罪で合法化されたら、日本でもおとり捜査でロリコン逮捕が大漁でしょうか?

ネットにはびこる小児性愛者を取り締まる自警団

http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20040322205.html

パーバーテッド・ジャスティス・コム (おとり捜査自警団)

h ttp://perverted-justice.com/

自警団のおとり捜査によって暴露されたチャットログ

h ttp://www.perverted-justice.com/index.php?archive=aries19774

フランク・フェンスポスト (おとりチャット自警団)

http://www.wired.com/news/images/0,2334,62650-11312,00.html

自警団に追いつめられた人の証言

h ttp://www.perverted-justice.com/index.php?ror=intenshurt

h ttp://www.perverted-justice.com/index.php?ror=hammerinaz

ミシガン州で起こった事件

http://www.thetimesherald.com/news/stories/20040303/localnews/3446.html

tomtom 2004/03/25 02:18 よみうりテレビの調査は質問文の前に意見を誘導するかのような余計な文章が入っている時点でアウトじゃないでしょうか。

20040323 都議会文教委大改悪条例案可決、ユニセフ公開セミナー、検索ワード

都議会文教委、大改悪条例案可決!!

3月22日の東京都議会文教委員会で、東京都青少年健全育成条例改正案は、自民党公明党民主党、生活者ネットの賛成多数で可決成立しました。民主党の会派賛成は土屋たかゆき都議(板橋区民主党/石原知事支持者)の影響があったとの情報もあります。

条例に反対する陳情は、自治市民、共産党、生活者ネットが採択に賛成にしましたが、反対多数で不採択となりました。

全委員賛成による条例可決という昨年の時点で予想されていた最悪のシナリオは回避されましたが、残念な結果となりました。

しかし、これで終りではありません。3月30日には本会議での討論、採決があります。条例施行への歯止め、次の選挙公約、条例改正への歯止めをかける意味でも、都議・会派に対して意見を伝えることが必要です。

今回の委員会可決は、選挙結果の反映ともいえます。条例案・陳嬢に対する都議の態度について、次の選挙で有権者として十分に考慮する必要があります。

都議会本会議の開会予定

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/gijiroku/d19bm101.htm

3月30日

○議案(委員会審査報告)を上程、議決。

○請願・陳情(委員会審査報告)を上程、議決

文教委員会  保護育成条例改悪案の採決状況(3月22日)

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/giinmeibo16/c19c8005.htm

自民党

http://www12.ocn.ne.jp/~t-jimin/

×臼井孝 (自民党/西多摩) 賛成

http://www.nana-net.co.jp/usui/

×樺山たかし (自民党葛飾区) 賛成

http://www5b.biglobe.ne.jp/~kabayama/

×村上英子 (自民党渋谷区) 賛成

http://www.gikai.metro.tokyo.jp/giinmeibo16/k10a131.htm

×松原忠義 (自民党大田区)  賛成

http://www.pika1.ne.jp/

×遠藤衛 (自民党/北多摩第3) 賛成

http://homepage3.nifty.com/endou-mamoru/

×山本賢太郎 (自民党墨田区) 賛成

http://www.y-kentaro.com/

公明党

http://www.togikai-komei.gr.jp/

×石川芳昭 (公明党練馬区)  賛成

http://www.ishikawa-yoshiaki.com/

×野上じゅん子 (公明党葛飾区) 賛成

http://www5b.biglobe.ne.jp/~j-nogami/

民主党

http://www.togikai-minsyuto.jp/

×山下太郎 (民主党/北多摩第4) 賛成

http://www.yamashitataro.com/

×大塚隆朗 (民主党港区)  賛成

http://www.otsuka-t.jp/

生活者ネット

http://www.seikatsusha.net/

×△山口文江 (ネット/練馬区) 賛成(陳情も採択賛成)

http://hyamaguchi.islandvoice.net/

共産党

http://www.jcptogidan.gr.jp/

○東ひろたか 委員長(共産党江東区) (条例により採決不参加)

http://www008.upp.so-net.ne.jp/higashi/

○曽根はじめ (共産党北区) 反対

http://www.kitanet.ne.jp/~sone/

戦争ルポも規制対象に? 青少年条例改定で追求

そね都議 差し戻し再検討を求める(赤旗3月22日より)

http://www.kitanet.ne.jp/~sone/nissi.3-1/huyukaraharuhe040315-35.html


市民自治(無所属)

○福士敬子 (市民自治/杉並区) 反対

http://www.asahi-net.or.jp/~pq2y-fks/

http://www.savemanga.com/

東京都青少年健全育成条例改正案に対して意見を送ろう

http://f31.aaacafe.ne.jp/~jyourei/

東京都 分量規定は是か非か 文教委員会

http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watch/news/archive/2004/28.htm

北の系

資料/東京都青少年健全育成条例改正問題

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020338.html

───────────

ユニセフ公開セミナー(児童買春ポルノ問題)

ARC 平野裕二さん

ユニセフ公開セミナー

http://arc.txt-nifty.com/arc/2004/03/post_12.html

ユニセフ公開セミナー報告2

http://arc.txt-nifty.com/arc/2004/03/post_19.html

自己決定権論=バックラッシュ?

http://arc.txt-nifty.com/arc/2004/03/post_20.html

───────────

「児童買春等禁止法改正に関するユニセフ公開セミナー」(2003年6月9日)の報告と疑問点

http://homepage2.nifty.com/childrights/yujihirano/opinions/sexualrights/seminar030609.htm

児童買春・児童ポルノ法改正に関する意見書(2003年7月11日)

http://homepage2.nifty.com/childrights/yujihirano/opinions/sexualrights/cseclaw_ikensho.htm

児童買春等禁止法および児童福祉法の改正案に関するユニセフ公開セミナー

http://www.unicef.or.jp/advocacy/app03_1_2_bod.htm

児童買春等禁止法および児童福祉法の改正に関するユニセフ公開セミナー

http://www.unicef.or.jp/osirase/back2004/0403_07.htm

子どもの売買、子ども買春および子どもポルノグラフィーに関する子どもの権利条約の選択議定書

http://homepage2.nifty.com/childrights/international/crc/crc_op_se.htm

EU(欧州連合)「子どもの性的搾取および子どもポルノグラフィーとの闘いに関する枠組み決定」(PDFファイル、2003年7月)

http://register.consilium.eu.int/pdf/en/03/st10/st10748en03.pdf

───────────

今日も来たアレな検索ワード

「コンドーム 自動販売機 愛知県」

ヒット順位1位、うわーい。(悲)

検索した方は、どんな情報が欲しかったのでしょうか…。

愛知県在住の方で、コンドームを自動販売機で買いたかった人なのでしょうか。だとしたら、ゴメンナサイ。

コンドームは保障つきコンドームが安心です。もしコンドームの破損で妊娠したら出産or中絶費用の一部を負担してくれます。

http://www.woman-ex.com/goods/0312180.htm

20040322 北の系更新、女性セブンロリコン記事、続続週刊文春、石原都知事文献

北の系更新

■北の系

法令資料/防衛秘密の保護に関する訓令

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020373.html

国内産業と米国軍産複合体との一体化により参加特権企業が軍事技術移転で大儲け、の前提として米軍事秘密の保全体制の整備が求められているという議論をしようと思ったら、肝心の防衛秘密の保護に関する訓令のHTMLリソースがネット上にないので自力で公開。

───────────

女性セブンの すごい 記事

小学館

女性セブン

http://josei7.com/

女性セブン4月1日号

ロリコン殺人犯ゾッとする異常性愛部屋 散乱するマニア向けビデオ、雑誌の凄い中身。成績「NO.1」青年が押入に遺体を隠すまで」

↑中吊り(一部)

↑表紙(一部)

見出し、カレイドスターかと思った。(苦笑)

女性セブンのまぼろしの大技か。いや、小技か。(笑)

ロリコンだけ記事にするのは不平等なので、「児童買春ツアーに参加するショタコンOLのゾッとする異常性愛部屋 散乱するショタ向けビデオ、愛読書女性セブンの凄い中身。営業成績NO.1OLが夫のペニスを切断するまで」みたいなバカ記事もあったらさぞかし売りあげ部数が伸びるんだろうなぁと空想したりして。女性セブンや讀賣新聞が押入の中にあっても報道はしないだろうとは思いますが。

とまあ冗談はこれぐらいにして。

論点はいろいろあると思いますが、ロリコンを批判(に同調)している側は犯罪者には絶対にならないという根拠無き確信の補完効果を生む記事であったなぁというのが私の感想。

いつ自分自身も犯罪者や加害者になるかもしれないという不透明な社会状況の中で、不透明な社会状況に耐えられない脆弱な主体しか持たない人たちが、自分だけは高崎事件のような凶悪犯罪、加害者とは無関係であるという仮想現実を強化してくれそうな情報をミスリードすることで、自分と事件との無関係さを可視化し、脆弱な主体を補おうとしているのが女性セブンの記事であった、のではないかと。

自分が異物として排除されるかもしれないと言う恐怖を異物排除によって和らげようと必死になっているっていう構図って、いたるところで見かける「汚い」光景ですが、その汚さに無自覚な人たちが「自分は汚く弱い主体」であることに気づくためにはどうしたらよいのでしょうか?

排除されるのは誰だっていやですが、自分だけ排除されたくないというエゴイズムに基く行動が、結果的に排除の構造を補完・強化するという矛盾、悪循環。

その悪循環の連鎖の輪の弱い部分とは何?

解答はあえて書かず、問題提起のみ書いておきます。

女性セブンのミスリードしまくりに抗議したい方は、下記URLへ直行して書いてください。

間違っても「だから法規制が必要だ」などと言い出してはいけません。

法(強制)ではなく、言論で。

一番いいのは、高貴屋さんみたいにきちんと言論で、意見や疑問を書くことです。

言論には言論で。

なんでもかんでも法の強制力に依存するようじゃ民度が疑われます。

編集部では、より楽しい誌面づくりのため、みなさまのご意見を募集してます。ぜひご協力ください。

http://josei7.com/pages/questionnaire.html

高貴屋さんのダイアリー

http://d.hatena.ne.jp/takanoe/20040319#1079630829

───────────

続続・週刊文春3月25日号

週刊文春3月25日号を買った人で「オレは裁判所の命令通り、記事を切りとって焼き捨てたよ」という人はいますか?

「裁判所の判断支持!」のブログを30ほど眺めましたが、行動が伴っている人はひとりもいませんでした。いたら教えてください。

「買ったよ、週刊文春ケシカラン、裁判所正しい」と言っている人たちの言動のダブルスタンダードの無自覚さっていったい何なの? という疑問については、週刊文春事件にとどまらない問題を含んでいるようにも思えますので、後日改めて。

文藝春秋 声明文 平成16年3月19日

http://202.32.189.64/seimei/index.htm

お知らせ

http://202.32.189.64/mag/shukanbunshun/index.htm

事前の販売差し止めを例外中の例外とした最高裁判例が示した「差止め認定基準」の概要は以下の通り。

・記事が真実でないとき

または

・明白な公益性の不在、かつ、重大で回復困難な損害が発生する恐れがあるとき

この最高裁が判断した基準が正しい認定基準だという前提で考えた場合、プライバシーの侵害を認めるとしても「事前差止め」という方法は不適当だろう、と。

「公益目的」該当性については疑問もありますが、ジャーナリズムの中では、たとえば、議員の子どもの情報は、国会議員の多くが二世、三世議員で占められているという事実に照らして将来の議員候補者の情報としての公益性があるという考え方があります。

また、子どもがどのような人物かによって親の議員の資質を有権者として計ることができるという公益性も認め得るという考え方もあります。

たとえば、最近では、埼玉県参議院選挙の民主党公認候補から現職の藤井俊男参院議員が「長男が大麻取締法違反罪などで実刑判決を出された影響」により外されたという報道

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040311-00000003-mai-l11

がありました。これなどは、「現職の藤井俊男参院議員の長男がなにをしたのか」という情報が有権者にとって投票行動に影響し得る関心事のひとつであることの証左かもしれません。

だとすれば、事前差止めの条件を満たしていないことになります。

もうひとつ論点として、今回の仮処分決定によって、マスメディアの「議員世襲批判」は萎縮し、今後は少なくなっていくかもしれないという可能性があるのではないかと。

たとえば、

《候補者誕生 影落とす「世襲」乱立:中》後継「私物化」に反発

http://www2.asahi.com/senkyo2003/localnews/saga/OSK200310280025.html

のような世襲批判記事は、今後はたくさん出ることは無くなるだろうし、「世襲」を阻むことにつながる候補者に対する情報の報道は、世襲議員おべんちゃら記事は報道されるかもしれませんが、批判的な情報は少なくなるかもしれません。

以前、北の系で「表現の自由合憲性基準メモ」というものを作ったことがあります。参考まで。

表現の自由 合憲性基準メモ

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020121.html

───────────

20040321 続・週刊文春3月25日号、山崎派決起集会

これを書いているのは3月19日。明日や明後日の日記を書いているわけではなくて、「はてなダイアリー」をダイアリーとして使っていないというだけですが。

続・週刊文春3月25日号

■Y!トピックス 週刊文春の販売差し止め問題

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/bunshun/

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/bunshun/news_stories_1.html

■報道いろいろ

週刊文春>差し止め命令に声明「事実上の検閲」 雑誌協会

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040319-00002045-mai-soci

http://www.asahi.com/national/update/0318/025.html

→雑誌協会 http://www.j-magazine.or.jp/FIPP/

週刊文春>文芸春秋の保全異議、審尋終わる 地裁決定は19日

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040319-00002067-mai-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040319-00000067-mai-soci

http://www.asahi.com/national/update/0318/024.html

週刊文春 駅売店は販売自粛、コンビニ大手は継続

http://www.asahi.com/national/update/0317/022.html

信濃毎日新聞 斜面 3月18日

http://www.shinmai.co.jp/news/2004/03/18/002.htm

「「この穴、のぞくな!」。こんな張り紙がしてあると、かえってのぞきたくなる。それが人間の心理ではないか。触っちゃいけない―と言われれば、つい触ってしまう。厄介な心の働きである」

北海道新聞社説 3月18日

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?j=0032

プライバシー重視が行き過ぎれば、言論や表現活動を委縮させる恐れもある。出版を禁止するかどうかは、慎重のうえにも慎重に判断されなければならない。

政治家の家族の場合、プライバシーはあくまで尊重されなければならないが、政治家の公的な活動や有権者の人物評価の材料となる部分については、報道の対象となることが十分ありうるし、現に報道されている例もある。 家族によっては、選挙運動の応援をすることもあれば、後継者として名前が出ることもある。

プライバシーを侵害するからといって、家族にかかわる報道がすべて禁止されるのであれば、政治家の身辺に関する報道が、きわめて窮屈なものになりかねない。 」

長野毎日新聞 社説3月18日

http://www.shinmai.co.jp/news/2004/03/18/005.htm

「命令を不服とする文春側は異議を申し立てた。出版の事前差し止めを受けるといった展開は、よほどの例外的な事情に限られる。

表現の自由に対する著しい制約をもたらす以上、一般論として容易に認めるわけにはいかない。

メディア規制の動きがとかく強まる中で、報道する側が基本的な配慮を欠いていては自らの足元を危うくしかねない。」

中日新聞社説

http://www.chunichi.co.jp/00/sha/20040318/col_____sha_____000.shtml

「出版差し止めは表現・出版の自由や検閲禁止に反する可能性がある。

数年前から報道機関や出版社に対する裁判所の姿勢は極めて厳しくなっている。名誉棄損、プライバシー侵害の慰謝料額が高騰し、記事内容の正確性にわずかな疑問でも残れば免責が認められなくなった。その背後に政治の動きがあったことは意外に知られていない。

一九九九年八月、自民党の「報道と人権等のあり方に関する検討会」の報告書は、慰謝料引き上げ、謝罪文掲載命令の活発な発動を司法に求めた。国会では最高裁事務総局の幹部に慰謝料引き上げを要求する質問が繰り返された。国民の人権擁護のためとされたが、本音は政治家本人や支持団体の醜聞報道、批判に対するいら立ちとみられている。これを受けたかのような形で慰謝料が急騰したのは事実であり、万一の場合の高額慰謝料を恐れ一部では表現・報道の委縮が見られる。」

岐阜新聞 編集余記 3月18日

http://www.jic-gifu.or.jp/np/newspaper/column/main.htm

「元「週刊文春」編集長半藤一利さんが「昭和史」(平凡社)で書いていた。戦前の出版法、新聞法「改悪」で「なんとなく軍事国家の組織化が進められ、同時に後ろ側では言論が統制されはじめ、上に立つ人がやりやすい国家になりつつあった」、きちんと正しく学ぶ意志が無ければ「歴史は何も語ってくれない」と。

ならば、プライバシーを守るにも言論の自由は守られねばなるまい。」

琉球新報社説 3月18日

http://www.ryukyushimpo.co.jp/shasetu/sha26/s040318.html#shasetu_2

「今回のケースは、いきなり出版禁止の仮処分命令を下したことに大きな問題がある。果たして、そのような緊急性があったのか。

それと同時に、最も重要なことは、事前の出版差し止めは「事前検閲と同じ効果を生む」(有山輝雄・東京経済大教授)ことになる。今後、事前検閲と同じ効果を生む、出版差し止めが頻発されるようになると、表現の自由は重大な危機にひんすることは間違いない。」

神戸新聞 社説 3月19日

http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu04/0319ja24850.html

「この発売前の出版禁止決定には重大な問題を含んでいることを指摘しておかなければならない。国民が情報に接する前に、封じてしまうおそれがあるからだ。事前検閲につながりかねず、「報道の自由」が成り立たなくなる。 そんなことが常態化すれば、情報を自由に入手し、知る権利を保障する社会の根幹が揺らいでしまう。」

熊本日日新聞

http://www.kumanichi.co.jp/iken/iken20040319.html#20040319_0000004538

「記事を読んでみても、事前に出版を差し止めなければならないような緊急性は感じられないし、人命にかかわる内容でもない。一方、田中真紀子議員の家族を「公人」とする週刊文春の見方には異論が少なくなかろう。

そもそも、公人か私人かは公判で争われるべきではないのか。プライバシーの侵害か否かもまたそうだ。出版・報道の適否については公表後に訴訟などで争われるのが妥当と思われる。

憲法二一条が保障する「表現の自由」を制限する出版の事前差し止めは、一つ間違えば事前検閲になりかねない重大な問題である。最高裁判例でも「原則として許されない」とされている。」

産経新聞 主張3月18日

h ttp://www.sankei.co.jp/news/040318/morning/editoria.htm

山陽中央新報

http://www.sanin-chuo.co.jp/ronsetu/2004/03/19.html

「今回の場合、出版禁止の必要性と、報道されたときの影響とを比較すれば、出版禁止が及ぼす悪影響の方がはるかに大きいと言わざるを得ない。事前規制してしまうことは、かえって「表現の自由」を著しく侵害するのではないか。

東京地裁は「記事を切除、抹消しなければ販売や無償配布、第三者への引き渡しをしてはならない」としている。このような判断の背景には二つの事情が見て取れる。

一つは個人情報やプライバシーを保護しようという社会的機運である。メディア規制を盛り込んだ個人情報保護法案や人権擁護法案などがその例だ。もう一つは、プライバシーの侵害などを理由とする名誉棄損訴訟で、裁判所が認める損害賠償額が急騰した事実である。」

紀伊民報AGARA コラム水鉄砲 3月19日(金)「家族はそっとしておこう」

http://www.agara.co.jp/column/mizu/2004-03/mizu040319.html

「個人が代議士など公人であるということや、世間を騒がした犯罪者であるということで、その家族までが同じように特殊視されて、人権を制約されるということはあってはならない。最近オウム真理教の松本智津夫被告の三女が、大学を合格しているのに後で断られている。父親が死刑判決を受けた極悪人であっても、子どもに罪は無いだろうに。」

すべてを疑え!! MAMO's Site 03-17

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/

「問題はプライバシー侵害に当たらない場合、当たるか当たらないかの境界線が微妙で慎重な判断が必要な場合、名目はある記事のプライバシー侵害で実は別の記事の差し止めが狙いだった場合などにも、一裁判官の判断で同じような仮処分が出てしまい、これを阻む有効な手段が出版側にないこと。早い話、万一裁判官を抱き込む検閲(当然、憲法違反)があっても、この国では阻止できない。裁判官は神様ではないのだから、現行のシステムは問題があると思います。」

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20040319の読者さんのつっこみは肯定的に考え中。コメントはあえて今は控えます。

───────────

エロ拓山崎派雑誌撲滅決起集会

報道に節度求める意見続出 出版禁止問題で山崎派

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040318-00000123-kyodo-pol

自民党山崎派の関谷勝嗣会長代行は18日の派閥総会で、週刊文春の出版禁止問題に関連し「週刊誌やその他の報道機関が報道の自由をかさに着て恥ずかしいことを記事にしている。報道の自由の規制ということではなく、常識の範囲内で報道するという社会通念をつくるべき時に来ている」と述べ、東京地裁の判断に理解を示した。

政治家なら書かれて恥ずかしいことをするな。 ρ(`O´*)

ヤられたらヤり返せって、そりゃ政治家のやることじゃないですよ。

あ、もしかして彼らは政治家じゃないのかな。なるほど。

参考情報

須藤甚一郎の政治に物申す!vol.4(2002年4月30日)

http://www.tanteifile.com/rensai/sudou/04.html

飲尿、中絶、3P,男根ナマ写真・・・と究極の変態。なぜ小泉総理は、こんなヤツを即刻クビにしないのか!

山崎拓 "変態行為" 懇願テープとおぞましい写真 元愛人の赤裸々手記】と題して、『週刊文春』が記事にした内容は、ただビックリするばかり。

いったいどんな変態ぶりなのか、紹介しよう。 TV、大新聞各紙は、あまりの助平さ、ワイセツさに恐れをなしたのか、内容を詳しく紹介しない。 それでいて、山拓の「事実無根だ」という言い分だけを報道したって、しょうがないぜ。

目黒区議会議員 須藤甚一郎ホームページ

http://home.f04.itscom.net/sudo-j/

須藤甚一郎ウィークリーニュース

http://jin1ro.hp.infoseek.co.jp/

須藤甚一郎支持!(私の選挙区じゃないのが残念)

「政治に物申す!」の情報は週刊文春の既報ですが、須藤甚一郎さんのウィークリーニュースは生っぽくて面白いです。ネットの穴場です。

それにしても。。。

戦場やセックスほどその個人の人間性が剥き出しになる場はない、といいます。

個人の人間性を剥き出しにされると困る人がメディア規制を求める主張の動機のひとつになっているのではないかという疑問は、山崎派雑誌撲滅決起集会でますます深まりました。

───────────

リファ返し

はてなダイアリ 回虫

http://d.hatena.ne.jp/tzetze/20040319#p2

回虫さんって呼ぶのもなんだかアレだな。

寄生虫という言葉は一般的には否定的な意味で使われることが多いと思うのですが、肯定的に解釈し直して使う例は見たことが無かったので目ウロコ落ち。

あ、今思い出したけれど、寄生虫の生存戦略は効率的という話をどこかで聞いたことがある気がする。

───────────

今日も来たアレな検索ワード

「ぬいでいく」

      ○|⌒|_

_○□__

楽しい検索ありがとう。しかもヒット順位2位だし。(T-T)

oremore_enoremore_en 2004/03/21 21:41 コメントするのがムズイなヽ(´△`)ノアハハ

kitanokitano 2004/03/22 09:13 (´△`;)」

20040320 続・サイバー犯罪条約&児童ポルノ選択議定書、放送と青少年委員会の

続・サイバー犯罪条約&児童ポルノ選択議定書

まず訂正&お詫び。衆院外務委員会ですが、18日採決との情報は間違いです。採決はありません。次回の外務委の日程は公報で告知するとのこと。

情報では採決は26日のようです。崎山さんのメールに要注目。

崎山伸夫のBlog 衆議院外務委員会委員長および民主党の理事の方々へのメール

http://blog.sakichan.org/ja/index.php/2004/03/17/p74#more74

18日の衆院外務委員会で質問に立ったのは、丸谷佳織委員(公明党) 、川内博史委員(民主党 ・ 無所属クラブ)、末松義規委員(民主党 ・ 無所属クラブ) 、増子輝彦委員(民主党 ・ 無所属クラブ) 、赤嶺政賢委員(日本共産党)、東門美津子委員(社会民主党 ・ 市民連合) 。

 

関連ログ・資料。

 

共謀罪」に反対する超党派国会議員と市民の集い

国会、議員の共謀罪関連情報

漫談:共謀罪推進派ビラ

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050716

イベント:共謀罪の廃案を求める国会院内集会

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050708

言論テロ:山岡俊介さん宅が炎上

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050703

神の刑罰:「共謀罪」法案、国会審議入り

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20050623

共謀罪反対会/「団体」とは誰か・共謀罪/前科者2人だけでも暴力団

共謀罪」の成立は許さない!緊急集会

「団体」とは誰か(その2):組織犯罪法は形を変えた破防法:共謀罪との関係

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20041023

共謀罪についての情報(追補)

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20041025/p2

思想共有罪:共謀罪国会上程

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20041020

話し合うことが罪になる共謀罪

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20040604

サイバー犯罪に関する条約を可決

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20040424

続・サイバー犯罪条約&児童ポルノ選択議定書

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20040320

───────────

■北の系

資料/法制審議会刑事法部会議事録

共謀罪推進派が多数の会議

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020145.html

法制審議会刑事法(国連国際組織犯罪条約関係)部会 第1回会議 議事録

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020198.html

法制審議会刑事法(国連国際組織犯罪条約関係)部会 第2回会議 議事録

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020142.html

法制審議会刑事法(国連国際組織犯罪条約関係)部会 第3回会議 議事録

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020143.html

法制審議会刑事法(国連国際組織犯罪条約関係)部会 第4回会議 議事録

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020144.html

法制審議会刑事法(国連国際組織犯罪条約関係)部会 第5回会議 議事録

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020199.html

丸谷佳織委員(公明党)は児童ポルノ選択議定書について質疑より抜粋。

丸谷佳織議員は国内法の児童ポルノの改正(議員立法)することを明言しました。

外務省法務省もガンバレ的な質疑に終始した質疑でした。

○丸谷佳織委員 本年、この国会におきまして批准をして承認する予定となったこと、たいへん喜ばしく思います。ようやくここまでこられたのかなという思いでいっぱいでありますけれども、まだまだ議定書、条約に批准をしたからと言って満足はしてはいないという思いでいっぱいであります。

国会において議員立法であります児童買春児童ポルノを禁止する法の改正も行いたいと思っておりますけれども、子どもの犠牲者を把握するためには実態を把握していかなればいけないというのが大原則であろうと考えております。

○丸谷佳織委員 最近のNGOの調べたところによりますと、時間的金銭的に余裕のあるいわゆるOLの方がアジア地域に行って子どもたちを買うという現象を報告されています。こういったところを見るにつけ、ますます国としての取り組み方は副大臣も仰いましたように啓発にもっと力を入れていかなければならないのではないかと感じております。<<

川内博史委員(民主党 ・ 無所属クラブ)

川内博史委員は、ドミニカの移民問題についての質疑のみでした。

末松義規委員(民主党 ・ 無所属クラブ)

末松義規委員はサイバー犯罪条約について質問しました。

通信傍受、リアルタイム収集、エシュロン、共謀罪、管轄権についての質問がありましたが、とりあえず話題に触れたという感じで、詰めの甘さを感じました。

○末松義規委員 批准国がわずか10ヶ国前後という中で批准しても実効的に意味がないと思うのですがどう思いますか?

○石川国際協力部長 欧州協議会の各国は順次批准するものと思われます。

○末松義規委員 テロは最大関心事なんですか? つまりテロのためにサイバー犯罪条約をつくるというような大きな目的になっているんですか?

○石川部長 サイバーテロの確定した定義は無いと承知しているが、国家の根幹を揺るがすものに着目してサイバー犯罪なのかテロと認定するかとの判断があると側聞している。この条約の基本はあくまでもサイバー犯罪を目的にやっております。

○末松義規委員 この条約は共謀罪とは関係が無いと思う。

○末松義規委員 通信傍受法、盗聴法について民主党は安易に認めるべきではないとの立場から通信傍受法に反対し廃案を提出してきました。盗聴法では管理者、NTT職員立合いのもとで令状をとって盗聴を認めていますが、この条約では必要な時に盗聴を行う場合はプロバイダー立合いのもとでリアルタイムで傍受を認めるということになるのでしょうか?

○条約審議官 条約21条で「この条約は国内の権限のある当局に対してコンピューターシステムによって伝達される自国の領域内において伝達される“特定の通信”に係る通信内容について技術的手段を用いることによりリアルタイムで収集しまたは記録する権限を与えること」。すなわち国である当局自身、その当局がISPの既存の技術的能力の範囲内で当該当局の通信の収集にあたりこれに協力・支援させること、すなわち当局がプロバイダーに協力支援することをお願いすること、と定めております。さらにISPに対してはこの権限の行使を秘密のものとして取り扱うよう義務付けること。こういったことを条約の規定で定められております。

○末松義規委員 海外から条約に基いて共助で相互協力の引き合いがでてきた場合、通信傍受をやるということになるんですか?

○刑事局長 国際捜査共助法によれば外国の捜査機関からの要請を受けて通信傍受を行うことはできません。

○末松義規委員 国際捜査共助法第8条の中に外国について「できない」とは書いていないです。

○刑事局長 国際捜査共助法第8条は共助に必要な証拠の収集につき定めているところ、取り調べ、鑑定嘱託、実況見分、書類提出、照会、差し押さえ、検証を列挙しておりまして、通信傍受はこれに含まれておりません。

○末松義規委員 コンピューターでも電話でもできないと理解して良いですね?

○刑事局長 現行国際捜査共助法に基く限りできません。

○末松義規委員 この条約は国家犯罪は対象にまったくされていません。外務大臣、エシュロンはご存知ですか?

○外務大臣 報道では知っていますが、我々としてはその存在を把握しておりません。

○末松義規委員 暗号解読やパスワード解読をしているマニアの方、これは個人的な楽しみでやっている方ですが、こういう人が暗号を解読したと。そのことだで罰せられることになるのでしょうか?

総務省有富総合通信基盤局長 趣味のレベルで暗号解読するという事例については、漏らしたり窃用する目的が無い限りにおいては処罰されません。漏洩窃用すれば罰則があります。

○末松義規委員 どこに裁判管轄権があるのか。たとえば、犯罪の主体が日本人で、場所はカナダで、アメリカの国防総省にコンピューターウイルスをかけてハッキングを行い、メキシコに逃亡したという場合、どの国が裁判管轄権のプライオリティーを持つことになるのか?

○門司条約局審議官 仮説例では日本、カナダ、アメリカに管轄権があり、メキシコは領域外且つ自国民ではないので条約上はの義務はありません。複数国で管轄権が競合し各国が裁判権を主張する場合は協議するという規定が第22条にあります。特段の優先順位を定めるものではないと考えられます。

増子輝彦委員(民主党 ・ 無所属クラブ)

http://www.mashikoteruhiko.com/

○増子輝彦委員 児童ポルノは根絶するということが極めて大事だと思う。実は外務省の委託を受けた冊子、10代の性行動の危機を考え行動する会、略称アクツというNPO法人がありますが、東南アジアや各国の性感染症の問題、人身売買、児童ポルノ、児童買春がきめ細かく調査されている。ご存知ですか? 児童買春、売買、児童ポルノの問題は遅きに失した観があるほどこの問題については感心を持ってまいりました。今回の条約議定書は良かったなぁと思っております。これを徹底的にやっていかないとこの国の存在が危うい! 人材そのものが危ういと言うことがある。

○増子輝彦委員 海外で買春行為をする方々が後を絶たない。これは日本の恥です。特に最近企業ぐるみでということが多くなってきている。条約3条4で「法人の責任を問う」がある。自国の制度が適用されるかどうかが読めない。児童売買、買春、児童ポルノについて法人が、先般も中国で企業ぐるみで数百人が買春したという報道がなされたが、恥ずかしい限りだ。こういうことを行った場合に、個々人の責任とは別に3条4で法人責任を問うことになっているが自国内の刑罰が適用されるのか?

○日本のモラルが問われる。率先して徹底的にやるべきだ。最近暴力団が風俗産業、麻薬等に手を広め資金源になっている。児童の性的被害が増加している原因として児童ポルノが日本で製造され、それが広く輸出され、特に東南アジア等で非常に広く配布されている。これが暴力団の資金源になっている。

○暴力団対策部長 暴力団の資金源活動は覚醒剤の密売、賭博などの伝統的な資金獲得活動に加え、最近は債権回収、企業活動を利用して資金活動をするなど著しく巧妙且つ多様化しているところです。一方暴力団の性風俗産業への関与は、児童ポルノを海外輸出したと言う事案は現在のところ我々として把握してはおりません。

○増子輝彦委員 児童売買、児童ポルノの徹底的な取締りをこれからもやっていただきたい。条約議定書の中に自国の刑法適用が完全に受けられるということが3条の1にある。日本の刑罰は児童売買、ポルノ、買春を含め、諸外国に較べて刑罰が非常に甘いのではないか? これについては法律が甘いということで議員立法でやっているが、それを踏まえたとしても極めて軽い。これは防止策で徹底的に根絶するためにはもっともっと重い刑罰を課さなければ根絶はできない。東南アジアのように重い刑罰にすべきだ。

○石川部長 議員立法について私どもが申しあげるのは僭越ですが、私どもが伺っているところでは、今回の議員立法のご審議でご指摘を踏まえた改正をしていただるものと承知しており、私どもは見守りたいと思っております。

○増子輝彦委員 もっともっと重い刑罰を課することが必要だと思う。今後も私共も法の改正をしながらやっていきたい。

○増子輝彦委員 児童ポルノの単純所持について、その線引きが難しい部分があるような気がする。議員同僚からポルノとしての扱いになってしまうのではないかという疑問が呈された。たとえば自分の子どものプールで裸で遊ぶ写真を撮った。ポルノに該当はしないが、これを他人に見せた時にこれがポルノとして適用されると理解をして困っている、という同僚議員の話があった。どうなるのか?

○門司条約局審議官 ご質問は、写真がこの議定書による児童ポルノにあたるかということであるかと思います。具体的には原因がありますので一概には言えませんが、ご指摘の場合は児童が性的な行為を行っていないのが通常であろうかと思います。また児童の性的部位が仮に描写されていたとしても、通常「主として性的な目的のため」とは認められないものと考えられますので、2条の定義、これを最初に申し上げるべきでしたけれども、「現実の若しくは擬似のあからさまな性的な行為を行う児童のあらゆる表現、または主として性的な目的のための児童の身体の性的な部位のあらゆる表現」といったこの児童ポルノの定義には当たらないということで、犯罪化の対象とはならないものと思われます。ただ、あくまでも具体的な事例によるとは思います。

○増子輝彦委員 線引きが難しいような気がしている。今のケースは児童ポルノには当らないと思っているので対処していきたい。

外務委員会での増子輝彦委員の振る舞いは、推測ですが、ACTS(アクツ:特定非営利活動法人10代の性行動の危機を考え行動する会)やポルノ規制推進団体などから強いアプローチを受け、影響されているようにも感じられます。

参考

■増子輝彦衆議院議員

http://www.mashikoteruhiko.com/

私の日々思うこと 外務大臣の失言 2004年03月18日

http://www.mashikoteruhiko.com/cgi-bin/note/note.cgi

長くなったので、赤嶺委員、東門委員の質疑については後日。。

───────────

放送と青少年委員会の「提言」

子供向け番組で提言=放送と青少年委員会

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040319-00000157-jij-soci

提言では、各放送局に対して、(1)子供の成長を促進するための番組を放送する社会的責務の再認識(2)多様な価値観や生き方を示す番組作り(3)「子供に良い番組」の外部の専門家も入れての検討−を求めている。

■BPO/放送倫理・番組向上機構/放送と青少年に関する委員会

http://www.bpo.gr.jp/youth/index.html

見解・提言について

http://www.bpo.gr.jp/youth/f-kenkai.html

※3月19日現在、供向け番組についての提言の掲載は無い

素朴な疑問ですけれど「良い番組」の基準って何?

その疑問は、喩えば「良い色とは何?」という質問に似ていて、赤色、白色、青色、黒色という具合に、答える人によって想定するものが多様で一概に決められないのではないかと。

にもかかわらず「誰もが単一の基準を想定できる」的な前提にストップがかかることなく議論が粛々と進んでいくのは何故なのでしょう?

「良い番組」の基準を一つにしぼったり、誰か特定の人たちに決定させるさせること自体が問題なのに、表向きは「多様な価値観や生き方を示す番組作り」と表明しつつ、単一の少数者の手による「基準」作りに励むという放送業界のダブルスタンダードに、なんとも言えない「気持悪さ」を感じます。

先日のビデオニュースの丸激トークオンデマンドで「いまのテレビ番組はモノクロだ。良い悪いしかない」みたいな発言がありましたがその通りで、瑞々しい緑や、鮮やかな赤、深い群青といったいろんな形容が無くなった「良い/悪い」だけのモノクローム。

そんなモノクロ社会に贈る「ロストカラーズ

ノベルゲームです。

ロストカラーズ」 (自転車創業/2800円)

http://www.anos.co.jp/anos3/anos3.htm

前作の『あの、素晴らしい  をもう一度』は、嘘と欺瞞にまみれた人たちへの痛烈なメッセージとなりましたが、今回もなかなかです。

20040319 都杉並区議会防犯カメラ制限条例可決、週刊文春3月25日号

杉並区議会防犯カメラ制限条例を可決

まずは杉並区議会の英断に拍手を贈りたいと思います。

週刊文春を批判する人たちは、都杉並区の防犯カメラ制限条例について、どう考えているんでしょう? 

プライバシーは大事だと言って雑誌の差止めを肯定する一方で、防犯カメラについてはもっと作れ、防犯カメラに税金つぎこめと手放しで主張しているとしたら、自己矛盾していると思います。

<防犯カメラ>設置・利用原則で全国初の条例成立 杉並区

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040319-00002104-mai-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040318-00000115-kyodo-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040302-00000151-kyodo-soci

杉並区議会

第3号 杉並区防犯カメラの設置及び利用に関する条例(総務財政委員会に付託) 平成16年03月18日 原案可決

http://www.gikai.city.suginami.tokyo.jp/ugoki/gian.htm

杉並区 監視カメラに関する専門家会議

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/library/library.asp?genre=74

区政資料 > 区議会提案事項 > 平成16年 区議会提案事項 > 平成16年 第1回

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/library/library.asp?genre=411601

議案第3号 杉並区防犯カメラの設置及び利用に関する条例 (PDF)

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/library/file/gikaiteian160103.pdf

第一条 この条例は、防犯カメラの設置及び利用に関し、基本原則及び必要な事項を定めることにより、防犯カメラの有用性に配慮しつつ、区民等の権利利益を保護することを目的とする。

(基本原則)

第三条 防犯カメラを設置し、又は利用するものは、区民等がその容ぼう・姿態をみだりに撮影されない自由を有することにかんがみ、防犯カメラの設置及び利用並びに画像の取扱い( 以下「防犯カメラの設置等」という。) に関し、適正な措置を講ずるように努めるものとする。

(設置利用基準の届出)

第四条 次に掲げるものが、道路、公園その他規則で定める多数の者が来集する場所に防犯カメラを設置しようとする場合には、規則で定めるところにより、防犯対象区域その他の防犯カメラの設置及び利用に関する基準を定め、これを区長に届け出なければならない。届出の内容を変更しようとするときも、同様とする。

一 杉並区

二 商店街振興組合法( 昭和三十七年法律第百四十一号) に基づく振興組合及び振興組合連合会並びに中小企業等協同組合法( 昭和二十四年法律第百八十一号) に基づく商店街協同組合

三 地方自治法( 昭和二十二年法律第六十七号) 第二百六十条の二第一項に規定する地縁による団体

四 その他規則で定めるもの

(防犯カメラ取扱者の義務等)

第五条 前条の規定による届出の義務のあるもの( 以下「届出義務者」という。) で防犯カメラを設置しようとするものは、その取り扱う防犯カメラの管理及び利用を適切に行わせるために、防犯対象区域ごとに防犯カメラ管理責任者を置かなければならない。ただし、自ら防犯カメラ管理責任者となる防犯対象区域については、この限りでない。

2 届出義務者で防犯カメラを設置したものは、規則で定めるところにより、防犯対象区域ごとに、その見やすい場所に、防犯カメラ管理責任者の氏名、防犯カメラを設置している旨その他規則で定める事項を表示しなければならない。

第六条 届出義務者で防犯カメラを設置したもの及び防犯カメラ管理責任者( 以下「防犯カメラ取扱者」という。) は、画像( 当該防犯カメラにより記録されたものに限る。以下同じ。) から知り得た区民等の情報を他に漏らしてはならない。防犯カメラ取扱者でなくなった後においても同様とする。

2 防犯カメラ取扱者は、次に掲げる場合を除き、画像を設置目的以外の目的に利用し、又は第三者に提供してはならない。

一 画像から識別される特定の個人( 以下「本人」という。) の同意がある場合

二 法令に定めがある場合

三 区民等の生命、身体又は財産に対する危険を避けるため、緊急かつやむを得ないと認められる場合

3 防犯カメラ取扱者は、画像を保存する場合には、当該画像を加工してはならない。

4 防犯カメラ取扱者は、画像の漏えい、滅失又はき損の防止その他の画像の安全管理のために必要な措置を講じなければならない。

5 防犯カメラ取扱者は、本人から、当該本人が識別される画像の開示を求められたときは、本人に対し、当該画像を開示するよう配慮しなければならない。

6 防犯カメラ取扱者は、その取り扱う防犯カメラの設置等に関する苦情の適切かつ迅速な処理に努めなければならない。

───────────

週刊文春3月25日号をめぐって

出版前に公開された週刊文春の中吊り

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000205-yom-soci

鬼沢裁判官

「記事を切除または抹消しなければ、販売してはならない」

───────────

長女側の弁護士

「文春側が取材と掲載を強行したため、もはやとるべき手段がなく、やむなく仮処分を申し立てた。申し立て手続きには、(田中衆院議員ら)両親は一切関与していない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040316-00000315-yom-soci

文芸春秋浦谷隆平社長室長

「記事では、長女の人権に十分な配慮をした。訴えには、誠意をもって話し合いを続けたい。しかし、言論の制約を意味する今回の仮処分決定は、わずか1人の裁判官が短時間のうちに行ったもので、とうてい承服できない」

───────────

長女側の弁護士

「公人たる政治家を親族・家族に持つ者であっても、憲法上、法律上、プライバシー権を享受するもので、地裁の決定は理にのっとったもの」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00001041-mai-soci

北海道喜茂別町の公務員安部裕史さん(30)

「田中さん側が文芸春秋に抗議するのは分かるが、販売差し止めはやりすぎだ。都合が悪い記事で、差し止めを悪用するケースも出ると思う。表現や出版の自由も考えないと」

川崎市の会社役員秋葉茂治さん(66)

「田中さんの娘は私人。興味本位で書きたてるのは行き過ぎだ。個人の話を何でも書かれたら、たまったものではない。田中さんの主張や差し止めは理解できる」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000634-jij-pol

福田康夫官房長官

「テレビをちょっと見ただけの判断で言えば、(長女は)独立した人間、社会人で政治家ではない。そこのところはきちんと分けないといけない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000180-kyodo-ent

外務省内売店(霞が関)店員

外務省は『売るな』と言ってこなかった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000737-jij-pol

小泉純一郎ソーリ

「わたしは記事を読んでいないので分からない」

「一般論として個人のプライバシーは尊重されるべきだ」

「整合が大事だと思う」(プライバシー保護と言論の自由との兼ね合いに関して)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000138-mai-soci

上智大の田島泰彦教授(メディア法)

最高裁プライバシーの侵害だけを理由とする差し止めはまだ認めていない。検閲につながりかねない問題であり、重大な要件を課さない限り、差し止めは認めるべきではなく、今回のケースも詳細な検証が必要だ」

立教大社会学部の服部孝章教授(メディア法)

「記事の内容がプライバシーの侵害であることは間違いなく、出版後に裁判で争っても、文春側は負けると思う」「ただ、これで差し止めを認めるのは疑問が残る。原告側にとっても、今週号は流通ルートに乗っているうえ、大手出版社の週刊誌の差し止めとして話題になることで、訴えの利益はあまりないのではないか」

中央大の堀部政男教授(情報法)

「真紀子氏は公人でも娘は私人であり、プライバシー権が出版の権利より優先すると判断したのかもしれない。しかし、こうした出版の差し止めは、極めて限定された条件で認められるべきだ。直前に販売を禁じられた文芸春秋側の損害も無視できない。結論を急ぐ仮処分の申し立てでは、被害事実を必ずしも厳密に証明することが要求されないから、結果として拙速な命令が出る恐れもある。文芸春秋側がおとなしく従うとは考えにくく、今回の命令が妥当だったかどうかが広く議論される必要がある」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000775-jij-soci

週刊文春が田中元外相長女に送ったFAX

プライバシーの侵害には当らない」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000723-jij-soci

都立の中央、日比谷、多摩の3図書館

「裁判所の決定は人格権と表現の自由について、前者に重きを置いているため、田中真紀子前外相の長女に関する記事のページに紙袋を掛けて閲覧できないようにする」

埼玉県立熊谷図書館

「図書館は資料提供を第一の任務とするため、極力制限は加えない」

「裁判で争う可能性もあるため、推移を見守り、変化があれば対応する」

民主党枝野幸男政調会長(3月17日)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000765-jij-pol

「人命にかかわる話であれば事前差し止めもあり得るかもしれないが、プライバシーとの関係では表現の自由が優先するのが一般的な考え方ではないか」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040318-00000848-jij-soci

阪急電鉄大阪市)直営大手書店ブックファースト

「状況を見極めるため会社の方針で販売を自粛する」

朝日新聞社説 3月18日

http://www.asahi.com/paper/editorial20040318.html

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

「不正を暴き、社会的な問題を提起しようとする週刊誌の記事はある。今回はそうしたものとは違い、個人の私生活を暴き立てようとしただけだ。政治家の利権やカネといった問題とも無関係である。雑誌を売るために、公人でもない一個人に痛みを強いる記事には公共性は感じられない。 」

讀賣新聞社説 3月18日

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20040317ig90.htm

「今回の記事に「公益目的」があるようには見えない。文春側は仮処分の審尋で、「政治家になる可能性がある人に関する記事であり公益性がある」と主張したが、説得力はない。 」

毎日新聞社説 3月18日

http://www.mainichi.co.jp/eye/shasetsu/200403/18-2.html

言論統制につながる差し止め命令は最後の手段であらねばならない。「表現の自由」を守るため、とりわけ厳格さが求められるからだ。司法への市民参加を目指す司法改革が進む折、多大な影響力を持つ週刊誌の出版の是非が、仮処分とはいえ、裁判官の非公開の単独審理で決せられる仕組みにも首をかしげたくなる。

しかも、仮処分決定は週刊誌の大半が取次店に出荷された後で文芸春秋社側に伝えられたという。実効性が薄れた段階になってまで下すべき決定だったと言えるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040318-00000954-jij-pol

田中真紀子前外相(3月18日)

「きょうは何もお答えできません」

一般論として、ジャーナリストは、相手が誰であろうと、プライバシーの侵害に該当していようと、報道の価値、報道の公益性があると判断した場合は自己のジャーナリズムの信念とその良心に照らして報道する義務と権利がありますし、その行動を法が制限することは、報道の自由を阻害することになり得ます。

しかし、今回の週刊文春3月25日号の外相長女記事についていえば、どんな報道の公益性があるのか、不明です。文藝春秋のコメントにも報道の公益性の説明が無く、私自身、記事を全部読んでいないのでわかりません。「プライバシーを侵害したけれど報道上正当な行為だから責任はない」と主張するのなら筋は通りますが「プライバシーの侵害はない」という文芸春秋の説明は意味不明。

公人/私人という区分のしかたで報道の公益性を認定する方法は、ある程度合理的だとは思いますが、私人の情報であってもそれが公人の公的活動を評価する情報にもなり得る場合もありますので、そこら辺はケースバイケースで考えるより無いです。

田中元外相の長女が私人か公人かという議論は、議論の対象になっている情報によります。ケ−スバイケースです。それが一般的にはゴシップ記事と受け取られるとしても、法による規制対象外とすべき公益性がある記事もあり得ます。

出版前に公開された中吊り広告を見ると、長女の離婚問題が記事の内容になっているようです。記事を全部読んでいないのでわかりませんが、中吊り広告通りの記事だとすれば、報道の公益性には疑問を感じます。

だからといって、裁判所の判断がすべてOKということにもならず、法の強制力の発動の方法が「出版差止め命令」という方法でよいのかの問題は、別途検討が必要です。

現時点での感想

田中長女は、出版後に謝罪と訂正を求めるという方法でも良かったはずだ、というのが現時点での私の感想です。

喩え話ですが、火力発電所の火は社会にとって必要ですが、タバコの火は個人の必要性しか満たしません。火災は悪であり鎮火させる必要はありますが、タバコの火を一本消すのに消防車がサイレン鳴らしてかけつける必要ありません。

火は必要ですが程度問題。消火も必要ですがこれも程度問題。今回の報道もプライバシー保全も同じではないかと。

火を消す必要はあったが、サイレン鳴らして消防車を呼ぶ必要は無かった、ということです。裁判所の公権力の発動は、Yahoo!BBの個人情報漏洩のような重大な大規模漏洩事件にこそ発動すべきであって、事後制裁可能なゴシップ記事ごときで発動すべきではなかった。困った前例を作ってしまったものだと思います。

事件は今、いろんなところから来た風で火が大きくなって山火事状態だと思います。プライバシーを守る手段が目的を裏切っています。

もうひとつの見方

現時点では、週刊文春事件については、メディア内で評価が分かれています。

テレビと讀賣新聞などは、ゴシッブはアカンという立場。

「テレビ・日本新聞協会主流派 vs 雑誌その他」というメディア間階級闘争のきっかけになっている、という見方もできなくもないです。

メディア間階級闘争なんかやっている場合じゃないと思います、今は、状況的に。

自民党は青健法を用意しているし、公明党は報道被害救済法をつくれと叫んでいるし、内容があいまいな条例が国会で審議されているし、東京都でも条例改正が審議されています。

戦争法制(国民保護法)では取材対象制限についての報道は皆無に等しく、スペインイタリアでは戦争の大義をめぐって国民に動揺が広がっています。

今、報道しなればならない事件は他にもたくさんあります。

テレビは視聴者(率)の減少、新聞も定期購読者の減少、雑誌も実売部数の減少という経済傾向の中にあります。枯れかけた井戸の水(ニュースソース)を奪いあうために喧嘩している、といった連想は私の考えすぎでしょうか?

「仲間同士で争っていやがる。バカメ」と笑っている奴の存在が見えてくる程度に冷静でありたいものです。自分への自戒も含めて。

20040318 補足:サイバー犯罪条約、児童ポルノ選択議定書

サイバー犯罪条約、児童ポルノ選択議定書

サイバー犯罪条約、児童ポルノ選択議定書の「児童ポルノ」に関する規制について、情報を若干補足します。

外務省

サイバー犯罪に関する条約 (略称 サイバー犯罪条約)

平成13年11月8日 ストラスブールで作成

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/treaty159_4.html

和文テキスト(訳文)(PDF

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty159_4a.pdf

第九条 児童ポルノに関連する犯罪

1 締約国は、権限なしに故意に行われる次の行為を自国の国内法上の犯罪とするため、必要な立法その他

の措置をとる。

a コンピュータ・システムを通じて頒布するために児童ポルノを製造すること。

b コンピュータ・システムを通じて児童ポルノの提供を申し出又はその利用を可能にすること。

c コンピュータ・システムを通じて児童ポルノを頒布し又は送信すること。

d 自己又は他人のためにコンピュータ・システムを通じて児童ポルノを取得すること。e コンピュータ・システム又はコンピュータ・データ記憶媒体の内部に児童ポルノを保有すること。

一二

2 1の規定の適用上、「児童ポルノ」とは、次のものを視覚的に描写するポルノをいう。

a 性的にあからさまな行為を行う未成年者

b 性的にあからさまな行為を行う未成年者であると外見上認められる者

c 性的にあからさまな行為を行う未成年者を表現する写実的影像

説明書(PDF

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty159_4b.pdf

我が国が行う宣言

この条約は、締約国の国内事情を尊重するとの観点から、一部の規定の実施に当たって追加的な要件を課すること、一部の規定を適用しないこと(留保)等につき宣言することを認めている。我が国が行う予定の宣言のうち主要なものの概要は、次のとおりであ

る。

(1) コンピュータ・システムに対する違法なアクセス(第二条)及びコンピュータ・データの違法な傍受(第三条)を国内法上の犯罪とするに当たり、追加的な要件を課する。

(2) 提供又は公然陳列を目的とする児童ポルノの所持及び保管を国内法上の犯罪とすることを除くほか、児童ポルノの保有を国内法上の犯罪としない(第九条)。

(3) 児童の姿態を描写するポルノ(実在する児童の姿態を描写したものと認められる場合を含む。)のみをこの条約上の児童ポルノとする(第九条)。

───────────

児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書

(略称 児童の売買等に関する児童の権利条約選択議定書)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/treaty159_13.html

平成12年5月25日 ニューヨークで作成

平成14年1月18日 効力発生

和文テキスト(訳文)(PDF

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty159_13a.pdf

第二条

この議定書の運用上、

(c)「児童ポルノ」とは、現実の若しくは擬似のあからさまな性的な行為を行う児童のあらゆる表現(手段のいかんを問わない。)又は主として性的な目的のための児童の身体の性的な部位のあらゆる表現をいう。

第三条

1 各締約国は、その犯罪が国内で行われたか国際的におこなわれたかを問わず、また個人により行われたか組織により行われたかを問わず、少なくとも次の行為が自国の刑法又は刑罰法規の適用を完全に受けることを確保する。

(c)前条に定義する児童ポルノを製造し、配布し、頒布し、輸入し、輸出し、提供し若しくは販売し又はこれらの行為の目的で保有すること。

説明書(PDF

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty159_13b.pdf

二 議定書の内容

2定義(第二条)

(3)「児童ポルノ」とは、現実の若しくは擬似のあからさまな性的な行為を行う児童のあらゆる表現(手段のいかんを問わない。)または主として性的な目的のための児童の身体の性的な部位のあらゆる表現を言う。

三 議定書の実施のための国内措置

1 この議定書の実施のため、児童福祉法の一部を改正する法律案および児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案が今次国会に提出される。

サイバー犯罪条約では、政府の留保宣言として、単純所持と実在しない児童の性的描写は児童ポルノに関連する犯罪としない、とサイバー犯罪条約の「説明書」には書いてあります。

この留保には道理があることですし、漫画創作・出版関係者などを含めた世論もあるので、評価できます。ただし、国会がこの留保を承認し無い場合は問題です。

児童ポルノ選択議定書の方は、具体的規制対象にあいまいな部分があると思われます。

児童ポルノ選択議定書の「説明書」には、留保に関する情報は書いてありません。

選択議定書第三条1(c)「これらの行為の目的で保有すること」という部分を、単純所持は販売や頒布目的所持ではないという具合に素直に解釈すれば、単純所持は規制対象外と解釈できます。

が、コレクター行為は売買を伴うものであり単にコレクションしていてもいずれ販売され誰かの手に渡ると解釈すれば、コレクション行為は単純所持ではなく販売目的所持として規制対象となるとも解釈できます。

どちらにでも解釈できるので、ここら辺は国会で詰める必要があります。

それから、選択議定書の児童ポルノの定義の部分で、第二条(c)の「あらゆる表現」という文言が、実在児童の描写のみを対象としているのか、非実在児童も含めた描写を対象としているのか、いまひとつよくわかりません。

「児童の…あらゆる表現」と解釈するなら実在児童が対象だと解釈できますが、「性的な部位のあらゆる表現」と解釈するなら非実在児童も含むとも解釈できます。

英語の原文では解釈が明白かもしれませんが、私にはちょっとよくわかりません。おそらく前者だと推測しますが、どちらの解釈も間違いとも言い難いように見えるので、ここら辺も国会で詰める必要があるかもしれません。

───────────

補足

ARCの平野さんがサイバー犯罪条約についてウェブログでコメントしています。

9条部分についてのコメントを引用。

2004.03.17

■サイバー犯罪条約も批准へ?

http://arc.txt-nifty.com/arc/2004/03/post_16.html

批准承認案件の説明書(PDFファイル)では、「我が国が行う予定の宣言のうち主要なものの概要」として、第9条関連の宣言が2つ挙げられています(説明書5頁)。

*提供又は公然陳列を目的とする児童ポルノの所持及び保管を国内法上の犯罪とすることを除くほか、児童ポルノの保有を国内法上の犯罪としない(第9条)。

*児童の姿態を描写するポルノ(実在する児童の姿態を描写したものと認められる場合を含む。)のみをこの条約上の児童ポルノとする(第9条)。

いずれも留保の範囲が不明確で、批准するにしても、もう少し内容をはっきりさせる必要があります。前者について言えば、1eのうち単純所持を処罰対象から除くことは明らかですが、1dの取得行為も処罰対象から除くのか、「他人のために」取得する行為のみ処罰するのか、それともいま保有している児童ポルノはOKだが新たな取得は処罰対象とするのか、この宣言文だけを見ると判然としません。

後者はもっと意味不明です。国内法を踏まえれば2bおよびcは留保せざるを得ず、そのための宣言だと思うのですが、その趣旨がはっきりしません。だいたいサイバー犯罪条約には「児童」の定義は置かれていませんので、素直に「未成年者」という言葉を使うか、または宣言文のなかで「児童」の定義を明らかにしておく必要があります。

さらに、「児童の姿態を描写するポルノ(実在する児童の姿態を描写したものと認められる場合を含む。)」というのはいったい何を言いたいのでしょうか。「実在しない児童の姿態を描写したものも児童ポルノに含まれる」という趣旨なのか(それなら留保・宣言の必要なし)、それとも「絵やCG画像でも、実在の子どもを特定可能な形でモデルにしている場合は処罰対象とする」という趣旨なのか。

おそらく後者だと思いますが、それならたとえば「実在する児童(18歳未満のすべての者をいう。)の姿態を描写するポルノ(実在する児童を特定可能な形で描写したと認められる写実的影像を含む。)のみをこの条約上の児童ポルノとする」のようにするべきでしょう。むしろ端的に「2bおよびcの規定を適用しない権利を留保する」としたほうがわかりやすいとも思います。なお、ここでいう「写実的」は英語ではrealisticで、絵画技法でいう抽象に対する「写実」ではなく、「本物(実在の子どもを撮影した児童ポルノ)と見まがうばかりの」といったニュアンスであることに注意。

平野さんの疑問、指摘は妥当な疑問で、サイバー犯罪条約の留保部分、特に「児童の姿態を描写するポルノ(実在する児童の姿態を描写したものと認められる場合を含む。)」については、もうすこしはっきりさせる必要がありそうです。

特に「描写」という言葉は、翻訳や国内法整備、摘発の段階で様々な解釈が可能な抽象的な言葉ですので、はっきりさせた方がよさそうですね。

たとえば、

a「14歳の人を19歳に扮装させて撮影した記録」

b「19歳の人を14歳に扮装させて撮影した記録」

c「14歳の人を19歳に見えるように写実的に描いたデッサン」

d「19歳の人を14歳に見えるように写実的に描いたデッサン」

e「実在する18未満の児童を写実的に描いた架空表現(絵画、マンガ、CGなど)」

f「実在する18未満の児童を記号的に描いた架空表現(絵画、マンガ、CGなど)」

g「実在しない18未満の児童を写実的に描いた架空表現(絵画、マンガ、CGなど)」

h「実在しない18未満の児童を記号的に描いた架空表現(絵画、マンガ、CGなど)」

このうちどれが留保すべき「描写」に該当するのか。

個人的にはb,d,f,g,hが留保対象になると思われます。そうなるよう、留保の表現を具体化すべきでしょう。

サイバー犯罪条約の留保部分は、国会で修正するなり、外務大臣の国会答弁で明確にさせるなり、何らかの対応が必要と思われます。

───────────

補足2

サイバー犯罪条約と児童ポルノ選択議定書は、提案理由の説明が行われました。

3月18日の外務委員会で質疑が行われる見込み、のようです。

第159回国会3月16日外務委員会の動き

○委員会経過 今十六日の委員会議事経過は、次のとおりである。

△外務委員会(第七回)

サイバー犯罪に関する条約の締結について承認を求めるの件(条約第四号)

児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書の締結について承認を求めるの件(条約第一三号)

武力紛争における児童の関与に関する児童の権利に関する条約の選択議定書の締結について承認を求めるの件(条約第一四号)

右各件について、川口外務大臣から提案理由の説明を聴取した。

付託議案関連情報 サイバー犯罪に関する条約の締結について承認を求めるの件

サイバー犯罪に関する条約の締結について承認を求めるの件(条約第四号)概要

付託議案関連情報一覧 児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書の締結について承認を求めるの件

児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書の締結について承認を求めるの件(条約第十三号)概要

───────────

未確認一行情報

在京5系列テレビ・新聞社はサイバー犯罪条約の可決前報道自粛で合意か?

「kitanoのアレ」は噂眞かよ。私にタレコミ入れてもお金は出ません。(笑)

匿名メール(しかもアノニマイザー)が入ったのでとりあえず。朝日の紙媒体の方に記事あったような?

嘘っぽい情報だなというか単に紙面がとれないので載っていないだけかな思いつつ、毎日のDIGITALトゥデイにもasahi.comにも条約審議入りの記事が無いことに違和感を感じます。

ウェブへの掲載を自粛しているとすれば、いまのところ未確認情報は当っています。

yumeyume 2004/03/17 10:34 >が、コレクター行為は売買を伴うものであり単にコレクションしていてもいずれ販売され誰かの手に渡ると解釈すれば、コレクション行為は単純所持ではなく販売目的所持として規制対象となるとも解釈できます。  /・・・これはかなり無理がある解釈のような・・・譲渡・売買などを行わない コレクターもいるでしょうし。実際に譲渡をくわだててもいないのに「将来的に譲渡する『かも』しれないから譲渡目的の所持罪で罰する」というのは法の恣意的運用もいいところだと思います。児童ポルノの定義に関して議定書はたしかに多少わかりにくいところがありますね。

20040317 blogmap、育成条例規制「案」に萎縮し始めたクラブ業界、茨城県

blogmap - 青少年健全育成

blogmap - 【青少年健全育成】

http://bm.ishinao.net/detail.html/2465382

───────────

育成条例規制「案」に萎縮し始めたクラブ業界

「案」ですよ「案」。

萎縮している店に問います。

なぜ成立するまえに萎縮しているんですか?

自分の利益だけが大事ですか?

文化ってそういうもんですか?

■BUG's LIFE 2004/03/12 (Fri)

東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例

http://www.djbug.jp/

GUHROOVYサイトのCHUCKYの日記にも記載がある上、以前YELLOWのID規制強化の話が出たときにもちょろっと触れましたが、4/1付けで東京都の青少年保護条例が改正されます。

要するに、クラブ等に特に許可を取らずに警察が出入りできるようになるって事です。んで、その場に18歳未満の人がいると30万円以下の罰金、さらに立ち入り検査を拒否しても、ほぼ同等の罰則が科せられるそうです。

この情勢改正により、深夜営業をしていた一部ライブハウス(具体的な名前を出すのは避けますが)は、完全に深夜営業を停止する措置をとり始めています。

■envol! VJ クラブ締め付け

http://envol.info/vj/archives/000453.html

あー、最近大箱が相次いで閉店して、ガキの入店お断りのディスコに変わっていっている理由がわかったような。

───────────

茨城県青少年健全育成審議会提言「青少年と情報環境」

相手が巨大企業(NTTドコモ)だと治安的手法の条例規制を回避して「みんなががんばろう」的な政策を選択するという一例。

茨城県女性青少年課

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/josei.htm

茨城県青少年健全育成審議会

ケータイマニュアル「How To ケータイ」を作成しました

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/seisyonen/howtokeitai/top.htm

○「青少年と情報環境−メディア社会を生きる力の形成について−」

  提言(要旨)

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/seisyonen/howtokeitai/teigenpoint.htm

  提言(全文)

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/seisyonen/howtokeitai/teigen.htm

供.瓮妊ア社会と青少年健全育成施策

1 基本的視点

メディア社会と青少年に関わる施策には、次の三点がまず視点として認識される必要があります。

第一は、固有性と連携性と総合力ということです。

私たちは、何か問題が起こるとすぐ特効薬を期待します。しかし、やはりここでも大切なのは、青少年にかかわる人・機関が、まずそれぞれの立場で固有な役割を真剣に実践することです。そして、足りない部分については謙虚に受け止め連携することです。総合力とは、法機関、教育機関、家庭などが、それぞれの力を発揮した時に生まれてきます。

第二は、青少年の視点に立った情報の発信が求められることです。

今回作成された『How To ケータイ』は、この立場を貫くことができました。

第三は、青少年の参加の工夫です。

この点も『How To ケータイ』の作成では可能となりました。青少年が主体的に参加し、施策についても意見を出した方が行動力にも責任意識にもつながります。

○ケータイマニュアル「How To ケータイ」(PDF形式)

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/seisyonen/howtokeitai/index.htm

茨城県青少年健全育成審議会委員名簿

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/seisyonen/howtokeitai/meibo.htm

茨城県青少年のための環境整備条例の概要

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/young/jorei/jorei-g.htm

有害図書等の販売等の制限(第9条)

有害図書等を,青少年に販売,交換,貸付,頒布をしてはいけません。

※違反すると20万円以下の罰金が科せられます。

有害図書等の陳列の制限(第10条)

有害図書等を陳列するときは,他の図書等と区分し,屋内の容易に監視することができる場所に置くとともに,青少年の目に触れないような措置をとらなくてはいけません。

※有害図書とは?

下記のどれかに当たるもの

●図書又は雑誌などでは,人の全裸,半裸などでのひわいな姿態等の写真,絵(まんがを含む)が

1.表紙やパッケージ等に掲載されている

2.20ページを超える(表紙を含む)

3.総ページ数の5分の1以上を占める

のどれかに当たるもの

●知事が個別に指定したもの

●ビデオテープ,CD−ROMなどでは,人の全裸,半裸などでのひわいな姿態等の場面が

1.表紙やパッケージ等に掲載されている

2.動画では,3分を超えるもの

のいずれかに当たるもの

茨城県青少年のための環境整備条例

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/young/jorei/honbun.htm

道義心や倫理にダブルスタンダードがあるように感じられるのは私だけでしょうか?

「強い者(ドコモ)には媚び」的な政策が作られる一方で、有害図書隔離政策が如き「弱い者(エロ出版社)を叩く」的政策が残されあるいは強化されっていう構図、おかしいと思いませんか?

「青少年と情報環境−メディア社会を生きる力の形成について」が参考にした文献

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/bugai/josei/seisyonen/howtokeitai/teigen.htm

○「教育の危機管理・ケータイ論」『週間教育資料』808号(2003年7月/日本教育新聞社)

○「教育の危機管理・情報論」『週間教育資料』811号(2003年7月/日本教育新聞社)

○「特集・出会い系サイトを読む」『少年育成』(2003年12月号/大阪少年補導協会)

○「特集・出会い系サイトと生徒指導」『月刊生徒指導』(2003年8月号/学事出版)

○「メル友という快楽」『青少年問題』第48巻12号(2001年12月/青少年問題研究会)

○青少年の人間関係に関する調査研究報告書(2002年3月/青少年人間関係調査研究会)

○青少年と生活環境等に関する調査研究報告書(2002年12月/警察庁生活安全局少年課)

○「社会学でわかる対人関係」加藤篤志 『図解 社会学のことが面白いほどわかる本』浅野智彦編(2002年5月31日/中経出版)

○今日の大学生のコミュニケーションと意識(2001年3月/青少年研究会)

○第4回情報化社会と青少年に関する調査報告書(2002年7月/内閣府

○中学生とメディアの接触『モノグラフ・中学生の世界』vol.71(ベネッセ教育研究所)

○電子メディアの中の高校生『モノグラフ・高校生』vol.63(ベネッセ教育研究所)

○平成14年度 有害環境対策推進研究報告書(2003年3月/青少年育成国民会議)

○性感染症予防に関する指導マニュアル(2003年4月/文部科学省

20040316 サイバー犯罪条約、児童ポルノ選択議定書、検索ワード

粛々と、粛々と、くだらないアレな法令が・・・

サイバー犯罪条約締結国会審議入り

18日に採決の見込み。

一言で言うと、プログラマー狩り、アクセスログの保全押収、通信記録のリアルタイム収集などの立法を求める条約。

捜査当局の保全押収権とウイルス作成罪の構成要件についてきっちり国会で議論しておかないと、あとあと解釈が拡大されて手におえないことに。

議案名「サイバー犯罪に関する条約の締結について承認を求めるの件」の審議経過情報

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D943CA.htm

衆議院付託年月日/衆議院付託委員会 平成16年 3月15日/外務

参議院予備審査議案受理年月日 平成16年 2月27日

昨年2003年6月30日に開催された「サイバー犯罪条約を考える超党派議員と市民の院内学習会」を呼びかけた良識派国会議員(前議員)は、以下の通り。

小川敏夫(参議院議員)

河村たかし(衆議院議員)

中村敦夫参議院議員)

中村哲治(衆議院議員)

福島瑞穂参議院議員)

保坂展人(衆議院議員)

条約が成立するにせよしないにせよ、この6人の問題提起には敬意を表します。

───────────

児童ポルノ選択議定書締結国会審議入り

これも18日に採決の見込みらしい。急ぎ過ぎです。

一日間の議論で採決できるような締結案ではないのでは?

この選択議定書も所持規制の構成要件について抽象的な部分があるので、国会審議で条約解釈を詰めておかないと、あとで規制推進サイドによる「選択議定書には賛成していまさら所持規制に反対するのは矛盾している」などという議論が幅をきかすことになるかもしれません。

議案名「児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書の締結について承認を求めるの件」の審議経過情報

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D94596.htm

衆議院付託年月日/衆議院付託委員会 平成16年 3月15日/外務

参議院予備審査議案受理年月日 平成16年 3月 9日

───────────

補足訂正

18日採択との情報は間違いです。18日には採択はありませんでした。

委員会審議については後日コメント。

───────────

検索エンジンからkitanoのアレに来た人

「性器破壊 鬼畜」

検索した人、そんな検索ワードで来ないでください。(T-T) 

やふぅけんさくおぷしょん

http://docs.yahoo.co.jp/docs/search.html

3年ぐらい前はそのテの画像や絵画サイトがたくさんあったのですが、今はほんと、少なくなりましたねぇ。

自己検閲、自己規制、自粛、自己規律。

もういろんな人がいろんな場所で書いていることですが、規制の制度による規制よりも規制の制度を見た人が自分で規制している例の方がはるかに多いという現実、をどう考えるかって問題は、考えると結構大きな問題だったりします。

20040315 メディア管理法/自民党内閣部会/旧青健法案反対声明

青少年健全育成基本法案をとりまとめた自由民主党内閣部会の議員

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20040311#p1

の関連情報。

内閣部会の議員のネット上の情報の一部を、古い情報も含めて集約しました。

この大事な時に、マスメディアのほとんどは沈黙を守っているようです。記者たちは何をしているのでしょうか?

▼山本拓衆議院議員(自民党内閣部会長/福井2区)

自民党内閣部会長就任と役割

http://yamamototaku.jp/

http://yamamototaku.jp/act1311a.htm

▼大野松茂衆議院議員(自民党青少年特別委員会副委員長/内閣部会副部会長/日本の治安と危機管理を考える会・会長/埼玉9区)

http://www.matsushige.org/

国政レポート平成14年10月29日 文部科学大臣政務官に就任!

http://www.matsushige.org/kokusei/rep021029/rep021029_1.html

▼亀井郁夫参議院議員(青少年に関する特別委員会副委員長/内閣部会青少年を取り巻く有害な環境対策の推進に関する委員会委員)

http://www.kamei.com/

▼奥山茂彦衆議院議員(自民党内閣部会部会長代理/京都3区)

脳と教育  03.7.18 幼児教育に大きな期待 〜

http://www.yamabikonet.gr.jp/KOKKAI/2003/_0718/0718_1.html

03.7.16 少年法が守られない 『2ちゃんねる』を見て

http://www.yamabikonet.gr.jp/KOKKAI/2003/_0716/0716.html

02.2.22 青少年有害環境対策基本法の制定に向けて

http://www.yamabikonet.gr.jp/KOKKAI/2002/_0222/0222_2.html

▼衛藤征士郎(自民党内閣部会委員/青少年健全育成小委委員/大分2区/日本青少年文化センター理事長)

http://www.seishiro.jp/

http://www.seishiro.jp/goiken/goiken.html

▼森元恒雄参議院議員(自民党内閣部会委員/内閣府大臣政務官男女共同参画担当/比例代表)

http://www.t-morimoto.com/

▼田中直紀参議院議員(自民党内閣部会/新潟県

▼馳浩衆議院議員(自民党内閣部会委員/比例区北陸信越ブロック)

http://hasenet.org/

はせ日記 平成16年3月11日

http://www.incl.ne.jp/hase/schedule/s040311.html

8時から自民党本部にて「私学振興小委員会」

開始間近に

「701号室で青少年健全育成基本法の審議があります。内閣部会です!」 との情報があり、中座して内閣部会に駆けつける。

ちょうど、とりまとめをされた亀井郁夫参議院議員や田中直紀小委員長のご挨拶。

法案内容説明終了後、発言。

「この法案については、私も参議院議員時代から中曽根弘文先生のもとで、地方自治体の陳情をいただいて対応してきた一人です。まず、この法案で十分、実効性の上がる青少年健全育成対策ができるのか。もうひとつは、そうはいいながらも、個別に有害環境対策をしようとして法案作成に紆余曲折あったのも事実であり、ひとまずこの案で了承いたします。

議員立法として提出されるそうですから、今後は、参議院でどう取り扱うか、あるいは国対において与野党どう調整するかは幹部の皆さんもご検討ください!」と激励演説。

与党としてこの法案の中身で内々了解をいただいていると言うことでもあり、まずは6年越しで国会提出に至ったという事で、一歩前進としたい。

「法案作成に紆余曲折あったのも事実」と認めておきながら、「ひとまずこの案で了承」って何ですか? 

まったく意味不明です、馳浩衆議院議員。

こういう国民の誰の目から見ても納得いかないようなことを書いている議員は、選挙で落選してかまいません。

■柏村武昭参議院議員(自民党内閣部会委員/広島県/元中国放送キャスター)

http://www.kashimura-takeaki.com/

2002年2月23日 柏村のひとことVol.26更新

内閣部会の報告」 20日11:50〜12:50自民党本部702号室

http://www.kashimura-takeaki.com/hitokoto/vol26.html#内閣部会の報告

内閣部会「青少年を取り巻く有害な環境対策の推進に関する小委員会」に出席しました。この会は、青少年が非行に走るのは放送が大きな影響があるので、放送を規制する法案を検討する小委員会です。

先ず田中真紀子元外務大臣のご主人、田中直紀小委員会委員長鴨下一郎 内閣部会長の挨拶に始まり、田中直紀委員長から法案の説明のあと、民間放送連盟などからの意見聴取と議事が進みました。

 民放の代表は、国家の検閲になるので法律は作って欲しくないという統一見解書で反論してきました。

一方議員達は「こう言う法律を作ることになったのは、貴方達のせいですよ」「この番組はろくなもんじゃない」「この番組はとんでもない」ともう大変な攻撃で、私は居たたまれなくなって、手を上げたのです。

 「私は、昨年までは向こう側に座る立場でした、今年はこちらに居ますが、先生方が言われるほどマスコミの各局はいい加減ではありません。モニター制度もやっていますし、番組審議会もあります。殊に番組審議会は各局とも非常に大事にしていますね、メンバーには人格識見とも優れた人を選び、皆さんに番組を見てもらい意見を聞き、出た意見を現場にきちんと伝えていますし、現場の人間は、番組審議会の意見をズシーンと重く、心に受け止めています。かように各局自浄努力をしています。

 現実には、放送法が有って、しかも免許制度でしょう、この上もう法律は必要ないでしょう。 今後の対応として考えられることは、番組の勉強をした議員が、番組審議会とジョイントするとかの方法があると思います。

 この法案を見るとガチガチですね、抽象的でガチガチ。これなら何処からでも攻められるようになっている。それに24時間チェックする人が居ないのだから、この法律はどういう意味か良く解らないですね。われわれのマスターベーションになるのではないですか。

 そして、この法律では、生放送が出来なくなりますよ。まず実際問題としてキャスター選びで、この人物は絶対に自民党の悪口は言わないだろうと選ぶわけには行かないですよ。番組が始まったら、キャスターの人格、識見に任せるしかないでしょう、こんな事を法律で決めるのはナンセンスではないでしょうか」と、反対意見を言った議員は、私一人だけでした。

 終わってから、ニッポン放送の亀淵昭信社長が「有難う御座いました、砂漠の中でオアシスにたどり着いた感じでした」と言って居ました。

 あまり放送を見てない人が法案を考えるのですから少々無理がありますね。

旧案を審議していた内閣部会では柏村武昭参議院議員のような冷静な人もいたようですが、いまの内閣部会にいる自民党議員たちは冷静な議論というものに欠けているようです。

自由民主党の国民政党から思想派閥政党への変質ぶりは、わたしたちが思っている以上のスピードで進行しているのかもしれません。

───────────

関連情報

↓これは2003年7月16日付旧骨子案…ですが、旧案の骨格は党内閣委案でも生きているらしいです。

■ARC

資料:青少年健全育成基本法案/有害社会環境適正化自主規制法案

自由民主党

デイリー自民 平成16年 3月11日

青少年健全育成基本法案を了承 内閣部会

http://www.jimin.jp/jimin/daily/04_03/11/160311d.shtml

▼「小泉改革宣言」

http://www.jimin.jp/jimin/jimin/sen_syu43/sengen/08.html

3.「青少年健全育成基本法」の早期成立

●青少年の健全育成に社会全体で取り組むため、国民の理解と協力を求めて青少年健全育成のための社会的規制を強化する。また、現在、参議院自民党で検討している「青少年健全育成基本法案」の早期成立をめざす。

▼デイリー自民 平成15年12月2日

青少年育成施策大綱案を了承 内閣部会・青少年特別委員会合同会議

http://www.jimin.jp/jimin/daily/03_12/02/151202a.shtml

▼デイリー自民 平成15年7月16日

「青少年健全育成基本法案」の骨子案などを了承 青少年の健全育成に関する小委員会 http://www.jimin.jp/jimin/daily/03_07/16/150716a.shtml

▼デイリー自民 平成15年7月3日

青少年健全育成基本法案について論議 青少年の健全育成に関する小委員会

http://www.jimin.jp/jimin/daily/03_07/03/150703c.shtml

■日本民間放送連盟(民放連

メディア規制に反対します!! 【青少年健全育成基本法案骨子(案)等】

http://www.nab.or.jp/htm/ethics/antireg.html

2003.7.29 (報道発表)自民党「青少年健全育成基本法案骨子(案)」等に対する民放連意見の発表について

http://www.nab.or.jp/htm/press/press20030729.html

2002.2.22 (報道発表)自民党「青少年有害社会環境対策基本法案」に対する意見の発表について

http://www.nab.or.jp/htm/press/press2002022201.html

2002.2.8 (報道発表)民放連、パンフレット「『青少年有害社会環境対策基本法案』の問題点〜有識者5人の論考を中心に」を作成

http://www.nab.or.jp/htm/press/press2002021202.html

2002.2.8 (報道発表)マスメディア9団体共催で、公開シンポジウム「青少年有害環境法案を考える〜法規制とメディアの自律」を開催

http://www.nab.or.jp/htm/press/press2002021201.html

2001.11.15 (報道発表)民放連自民党の青少年有害社会環境対策基本法案に公開質問状

http://www.nab.or.jp/htm/press/press20011217.html

2001.4.4 (報道発表)民主党「子ども有害情報からの子どもの保護に関する法律案」骨子に対する意見について

http://www.nab.or.jp/htm/press/press20010404.html

2001.2.7 緊急・公開シンポジウム「"青少年有害環境"問題とメディアの自律〜規制立法は必要か」を開催

http://www.nab.or.jp/htm/press/topics20010207.html

2000.9.22 「青少年社会環境対策基本法案」(素案)に対する意見発表について

http://www.nab.or.jp/htm/press/press20000921.html

1998.5.22 (報道発表)中央教育審議会がまとめた「新しい時代を拓く心を育てるために−次世代を育てる心を失う危機−」(中間報告)に対する民放連の意見について

http://www.nab.or.jp/htm/press/press19980522.html

───────────

・坂本衛氏2003-12-07

断固として葬れ!!青少年健全育成基本法案/青少年有害環境の自主規制法案

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/anti/houmure.html

http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/anti.html

───────────

・マスコミ研究会『日刊合同通信』

第48巻第11748号 2003年7月7日(月)

http://www.godotusin.com/e_back/H1507/0707.htm

・メディア規制−青少年有害対策法案再燃 自民党内閣部会に小委設置し検討開始へ 民放連、前回と内容ほぼ同一で監視強化

2003-07-07 民放連、青少年有害対策法案再燃の動きに監視強化

http://www.mainichi.co.jp/digital/network/archive/200307/07/8.html

───────────

・2002年2月日本民間放送連盟 青少年健全育成基本法案問題パンフレット(PDF)

http://www.nab.or.jp/htm/press/panf.pdf

・2002年2月21日 メディア総合研究所所長 須藤春夫

自民党「青少年有害社会環境対策基本法案」に対するメディア総研の見解

http://www.mediasoken.org/page032.html

・2002年2月12日 社団法人 日本書籍出版協会

自民党「青少年有害社会環境対策基本法案」に対する意見

http://www.jbpa.or.jp/seishonen2.htm

・Web現代

言論の自由を圧殺する「青少年『有害情報』対策法」に反対する! 環境に本当に有害なのは「政治家」お前たちだ

http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2001_02_07/content.html

原寿雄氏「KSD事件のほうが有害だ」

http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2001_02_07/nwj28.ram

青少年有害社会環境対策基本法案反対声明

この時の国民各層の議論を、自由民主党内閣部会委員たちはどう受けとめ、議論し、判断したのでしょうか?

彼ら内閣部会委員の口から納得できる説明はありません。

説明責任の放棄は無責任です。

■ビデオ倫理協会 2002年2月

声明「青少年有害社会環境対策基本法案」に強く反対する

http://plus1.ctv.co.jp/bro/c04.html

民放連 

http://www.nab.or.jp/htm/press/press2002022201.html

■書籍出版協会 2002年2月12日

自民党「青少年有害社会環境対策基本法案」に対する意見

http://www.jbpa.or.jp/seishonen2.htm

■映画4団体 2002年1月18日

社団法人映画産業団体連合会、社団法人日本映画製作者連盟、全国興行生活衛生同業組合連合会、映倫管理委員会

声明「青少年有害社会環境対策基本法案」に断固反対する

http://plus1.ctv.co.jp/bro/c02.html

■雑誌協会 2002年1月16日

「青少年有害社会環境対策基本法案」に反対する意見書

http://plus1.ctv.co.jp/bro/c03.html

ジャーナリスト会議 2001年12月8日

「青少年有害社会環境対策基本法案」の国会提出に反対する声明

http://plus1.ctv.co.jp/bro/c06.html

■図書館協会 2001年3月21日

青少年社会環境対策基本法案についての見解

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jla/kenkai/seisyonen.html

■日弁連・会長 2001年2月21日

青少年社会環境対策基本法案に対する会長声明

http://www.nichibenren.or.jp/jp/katsudo/sytyou/kaityou/00/2001_3.html

■ペンクラブ 言論表現委員会

2000年12月15日青少年社会環境対策基本法案の撤回を求める声明

http://www.japanpen.or.jp/committee/genron/001215_02.html

2002年3月2日 表現の自由とメディアの自主・自律を擁護し、一連の規制立法に反対するアピール

http://www.japanpen.or.jp/committee/genron/020302.html

■映演総連 2000年12月7日

「青少年社会環境対策基本法案」に反対します

http://www.netlaputa.ne.jp/~ei-en/appeal/seisyou.htm

■書籍出版協会 2000年10月4日

「青少年社会環境対策基本法案(素案)」に対する見解

http://www.jbpa.or.jp/seishonen.htm

20040314 第159国会、グレン・グールド、道具と媒体、サラバンド、北の系更新

第159国会のメディア・表現規制関連立法提出状況。(3月13日現在)

衆議院

・サイバー犯罪に関する条約の締結について承認を求めるの件

衆議院議案受理年月日 平成16年 2月27日

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D943CA.htm

・児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書の締結について承認を求めるの件

※子どもの売買、子ども買春および子どもポルノグラフィーに関する子どもの権利条約の選択議定書

http://homepage2.nifty.com/childrights/international/crc/crc_op_se.htm

衆議院議案受理年月日 平成16年 3月 9日

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D94596.htm

・コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律案

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D94522.htm

提出時条文

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g15901007.htm

・犯罪の国際化及び組織化並びに情報処理の高度化に対処するための刑法等の一部を改正する法律案

衆議院議案受理年月日 平成16年 2月20日

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D942D2.htm

国際捜査共助法及び組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の一部を改正する法律案

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D942DE.htm

平成十六年度一般会計予算 参議院で審議中

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D93EEE.htm

平成十六年度特別会計予算 参議院で審議中

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D93EF2.htm

平成十六年度政府関係機関予算 参議院で審議中

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D93EF6.htm

───────────

国会のメディア・表現規制関連請願提出状況。(3月13日現在)

「青少年健全育成基本法等の法律制定に関する請願」

http://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1590180.htm

受理番号 180号 中根康浩君

http://www.sun-inet.or.jp/~nakayasu/

受理番号 921号 山際大志郎君

http://www.yamagiwa-daishiro.jp/

───────────

衆議院委員会

本会議 審議経過

http://www.shugiin.go.jp/itdb_honkaigi.nsf/html/honkai/kaikai_f.htm

法務委員会 審議経過

http://www.shugiin.go.jp/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Ugoki/houmu159.htm

青少年問題に関する特別委員会 審議経過

http://www.shugiin.go.jp/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Ugoki/seinen159.htm

予算委員会 審議経過

http://www.shugiin.go.jp/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Ugoki/yosan159.htm

内閣委員会 審議経過

http://www.shugiin.go.jp/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Ugoki/naikaku159.htm

───────────

法務委員会名簿

http://www.shugiin.go.jp/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0030.htm

青少年問題に関する特別委員会 名簿

http://www.shugiin.go.jp/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_t5100.htm

外務委員会 名簿

http://www.shugiin.go.jp/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0040.htm

内閣委員会 名簿

http://www.shugiin.go.jp/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_j0010.htm

───────────

衆議院議事録

http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm

本会議 議事録

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/0001_l.htm#159

法務委員会 議事録

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/0004_l.htm#159

内閣委員会 議事録

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/0002_l.htm#159

予算委員会 議事録

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/0018_l.htm#159

───────────

道具と媒体

グレン・グールドの姿を見ていつも考えるのは、表現の道具や媒体によって表現内容が変るという問題。

たとえば漫画でいうと、漫画雑誌で公表せずに同人誌即売会で発表する。同人誌即売会で発表せずに通販だけで公表する。通販で公表せずに、ネットにアップロードする。

そういう媒体の選択それ自体が、表現者の表現の本質を左右し得るということ。

メジャー誌にはメジャー誌なりの、マイナー誌にはマイナー誌なりの、同人誌には同人誌なりの、ネットではネットなりの、独自の表現があっていいと思います。

とにかく金になれば媒体なんてどうでもいいという人もいるでしょうけれど、なぜ商業メジャー雑誌でなければならないのか、なぜ小学館でなければならないのか、というような媒体や道具にこだわって発表している人の方が、私は好きです。

DSLサービス提供数 (2月末現在の速報値)

総務省発表によると、2月末現在で10,904,236回線。

昨年2月が6,589,867回線だから、昨対比165%。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040310_1.html

───────────

20040313 イラク占領統治取材拒否協定

イラク占領統治取材拒否協定成立

マスメディア土下座屈服協定とでも言いましょうか。

どんな合意であれ、市民には「知る権利」があります。

取材は「権利」です。協定なんか関係ありません。取材したい人は、どこにでも取材したいところに行けば良いのです。

報道の自由など4原則 新聞協会、民放連防衛庁

http://www.kahoku.co.jp/news/2004/03/2004031101003155.htm

 日本新聞協会と日本民間放送連盟は11日、自衛隊イラク派遣報道をめぐり、防衛庁との合意を踏まえ、自衛隊の活動に政府は説明責任を負うことや、憲法の表現・報道の自由を政府は最大限尊重することなど4項目を取材の基本原則とする申し合わせを行った。

 これに基づき防衛庁を交えた3者で、イラク南部サマワの陸上自衛隊宿営地での具体的な取材対応や、現地の治安悪化など緊急事態への対応を「確認事項」として具体的に定めた。

 基本原則は、ほかに(1)自衛隊員と報道関係者の安全確保は自己責任を原則に最大限配慮する(2)自衛隊の円滑な任務遂行に留意する−の2項目。

 今後の現地報道で、メディアと自衛隊側の間で「知る権利」と「安全確保」が衝突した場合は、今回の「申し合わせ」に照らして解決を図ることになる。

 一方、協議終了を受けて防衛庁は、宿営地内での取材を対象に、これまで「暫定取材員証」を発行していた「立ち入り制限区域への立ち入り取材」について、報道各社にあらためて申請を求め、正式の許可証を発行する。

■日本民間放送連名(民放連)

イラク自衛隊取材に関する申し合わせ および防衛庁との確認事項について

http://www.nab.or.jp/htm/press/press20040311.html

イラク人道復興支援活動現地における取材に関する申し合わせ

http://www.nab.or.jp/htm/press/press20040311.html#moushi

イラク人道復興支援活動現地における取材に関する申し合わせ」に基づく阿部雅美日本新聞協会編集委員会代表幹事および小櫃真佐己日本民間放送連盟報道小委員会小委員長代行と北原巖男防衛庁長官官房長との確認事項

http://www.nab.or.jp/htm/press/press20040311.html#kakunin

イラク人道復興支援活動現地における取材に関する申し合わせ」ならびに新聞協会・民放連防衛庁3者の「確認事項」について

http://www.nab.or.jp/htm/press/press20040311.html#sankou

大道芸人が芸をやっている時に、たくさん見物人が集まってきて、芸がしにくくなるときがあります。

そういう場合、近寄ってくる見物人をうしろに下げさせるために、大道芸人は何て言うか知ってますか?

「近寄らないで、後に下がって!」とは言いません。

地面に一本線をひいて「はいはい、みんなこの線まで近寄って見てちょーだい!」って言うんです。すると、なぜかみんな線の内側には入ってこない。

見たいという気持ちが強いと、他人がひいた線を、心の中にもひいてしまう。

なんだか大道芸人が地面にひいた線に似ていませんか、報道協定。

本日の教訓

線は自分でひけ。

心に線をひくな。

20040312 コンテンツ保護促進法案の疑問/ネットポルノ取締りを求める葉梨康弘

コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律案(旧コンテンツ事業振興法案)の疑問

コンテンツ創作者に配慮の「義務」を課すのであれば、配慮の基準と適用の「権利と自由」がコンテンツ創作者「だけ」にあることを条例で明記すべきです。

それができないなら、第六条2の削除、または法案の廃案が必要だと思います。

衆議院

提出回次:第159回 議案種類:衆法 7号

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/g15901007.htm

議案審議経過情報

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D94522.htm

議案提出者 甘利明君外五名

衆議院議案受理年月日 平成16年 3月9日

参議院予備審査議案受理年月日 平成16年 3月10日

コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律(要綱)

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/youkou/g15901007.htm

コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律(提出時法律案)

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g15901007.htm

第二条 この法律において「コンテンツ」とは、映画、音楽、演劇、文芸、写真、漫画、アニメーション、コンピュータゲームその他の文字、図形、色彩、音声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの又はこれらに係る情報を電子計算機を介して提供するためのプログラム(電子計算機に対する指令であって、一の結果を得ることができるように組み合わせたものをいう。)であって、人間の創造的活動により生み出されるもののうち、教養又は娯楽の範囲に属するものをいう。

第六条 

2 コンテンツ制作等を行う者は、そのコンテンツ制作等に当たっては、コンテンツが青少年等に及ぼす影響について十分配慮するよう努めるものとする。

■平井卓也衆議院議員(自由民主党/香川1区/元西日本放送社長、四国新聞社取締役)

http://www.hirataku.com/

2004年3月2日(火)

http://www.hirataku.com/contents/top/dairly/04march/040302.htm

引き続き、マルチメディア懇話会・ブロードバンドコンテンツ小委員会に出席する。議員立法で提案されている「コンテンツ事業振興法案」は「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律案」という名前に変わり丸く収まった。役所間の駆け引きで多少手間取ったが、振興法なので目くじらを立てることはなかったのではないか。省庁を跨る法案は、主導権争いが起きることが多い。

■岸田文雄衆議院議員(自民党/広島1区)

http://www.kishida.gr.jp/index2.html

国会レポート コンテンツ事業振興法案、最終取りまとめへ 知的財産関係合同会議

自民党HP デイリー自民より(平成16年2月6日)

http://www.kishida.gr.jp/diet.html

コンテンツ事業振興法案(コンテンツ保護促進法案の前身)

http://www.kishida.gr.jp/contents_01.pdf

振興法としての性格や法理念はともかく、問題は、第六条2の「青少年等に及ぼす影響への配慮」の部分です。

「青少年等に及ぼす影響への配慮」とありますが、「配慮」と「無配慮」を判別する基準とはどのうよな基準でしょうか?

「配慮」と「無配慮」とを判別する基準を作るのは「誰」ですか?

「配慮」と「無配慮」とを判別する判断権の主体者は「誰」なのでしょうか? 

コンテンツ制作者以外の第三者が「配慮していない」と判断し、制作者と判断が対立とは場合はどうなるのでしょうか?

提案者はこうした疑問について説明していません。

コンテンツ制作者以外の第三者が「配慮していない」と判断し、制作者と判断が対立が鮮明になった時、「青少年等に及ぼす影響への配慮」と「無配慮」とを判別する基準を政府が策定し、国民に半ば強制するというようなことが、将来絶対に起こらないという条例上の保障はまったくありません。

そして、政府関係者や与党議員が「野党の××議員の出版物の主張は青少年等に及ぼす影響への配慮に欠けてており、コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律案第六条2に違反している。謝罪と発言の撤回を要求する」などという主張を連日くりかえし、与党政府関係者のリークに釣られたマスメディアが「無配慮議員問題」を連日報道し、議員が袋叩きになって落選するというような状況が100%発生しないという保障も、条文上ありません。

「青少年等に及ぼす影響」についてあたかも「共通の判断基準の合意」がある得るかのような前提での「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律案」には、疑問を感じます。

6条2の削除を認めない議員、平井卓也衆議院議員、岸田文雄衆議院議員、甘利明議員は次の選挙で落選していただいて結構です。

───────────

インターネットポルノ取締りを求める葉梨康弘議員(自民党)

水島委員の軽い批判に立ち往生して審議をストップさせてしまうような政策能力しか持ち合わせておらず疑惑にまみれた小野清子青少年育成担当大臣は、すぐにでも更迭してほしいものです。

(問題の多い大臣を更迭できない小泉内閣を選挙で変えようとしない国民が諸悪の原因ではありますが)

第159回国会 青少年問題に関する特別委員会 第3号(平成16年2月27日(金曜日))

http://www.shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/007315920040227003.htm

より抜粋転載。

○葉梨委員 

 今、お話のありました青少年育成大綱、これについて御質問いたします。

 育成大綱に盛り込まれたプログラム、これが、いろいろな形の、いい政策もあるわけですが、絵にかいたもちに終わらせない、そのためにはやはり計画立ててそれを遂行していく、そのためのアクションプログラムといいますか、具体性が必要になってこようかと思います。具体的には、各省庁が内部的にできるということもあるでしょうけれども、やはり私どもは国会という場ですから、法律ないし予算ということが必要だと思います。

 そこで、まず伺いますけれども、育成大綱の中に、例えば触法少年の調査だとかあるいはインターネット上の児童ポルノの問題、これらの法律的な措置が非常に必要である、このように思います。これらの問題について、具体的にどのような日程で政府部内での検討を行っていくのか、見解をお伺いしたいと思います。副大臣または政務官、お願いいたします。

○西川大臣政務官 今の大綱の方でありますけれども、昨年の十二月に総理を本部長として組織がえをして発足した、こういうことになるわけですけれども、先生御承知のように、この大綱は、基本的な理念の問題と、あとは中長期的にどんな政策をやっていくか、こういう方向性を示した、こういうことであろうと思います。

 そこで、今まではどうだったということでありますけれども、これがスタートするまでは、結局、局長会議で連携をとろうということでやってきたわけですけれども、なかなか、担当課の皆さんも、ぜひ連携が欲しいと言うし、内閣府の方も、現実に取り組んでいる皆さんとも連携をしたい、こういうことでありましたが、どうも組織立った動きになかなかうまくいかない、こういうことでありまして、そういう中で今度の大綱が置かれまして、本部が設置された。

 そういう中で、課長会議、うまくいっていると私は報告を受けておりますけれども、各省の関係の皆さんがしっかりお互いに連携をとってやっていこう、こういうことでありますから、ここを中心にしっかりした中長期的な対策をやっていきたい、こう考えております。

 問題は、予算の措置等の問題もありますけれども、これは各省で要求したものをやっていただくということになりますので、内閣府の仕事としては、連携をいかにうまく図れるか、こういうことになるのであろうと思いますので、私どもも、大綱の実施状況、しっかりフォローアップをしていく、あるいは白書等を通じて公表していく、こういうことを重ねながら、関係省庁の連絡を密にやって取り組んでまいりたいと考えております。よろしくお願いします。

○葉梨委員 

 次に、大人社会に対する施策について伺います。

 私自身の印象としては、残念なことながら、今の現状の日本が子供を大切にしない社会になりつつあるのではないか、そういうような印象を持っています。例えば、少年非行などの問題行動についても、言ってみたら、例えば児童ポルノ、児童買春、そういったものがはびこっている。あるいは、児童虐待の問題もあるかもわからない。大人社会に対する子供たちの反乱、そういったものともとらえられなくもないなというような感じを持っています。

 その意味で、私自身は、児童の権利条約、この問題は極めて大切ではないか。すなわち、子供に対して、子供を愛玩物とすることをかわいがる、これは非常な誤解だと思います。あるいは、子供を愛もない形でしかるということをしつけというふうに誤解する。そうではなくて、子供というのは、一つの人格として尊重もされなければいけないし、また、それだけのある程度の責任も持っていただかなければいけない。しかしながら、いずれにしても、権利の主体として認めていく、そういう形で子供たちに接していくということが一つのかぎではないかと思っております。

酒鬼薔薇聖斗のなど加害行為の問題と、児童ポルノの問題をごっちゃ混ぜにして議論しているのはなぜなんでしょうか? 

酒鬼薔薇聖斗とメディア情報との関係については、因果関係が裁判でもきちんと証明されていませんでしたし、政府、国会でも価格的な議論がされていません。しかし、なぜかその議論は「すでに結論が出て合意が得られた議論」になってしまっています。重罰化の議論にしても、動機の解明を棚上げしただけの効果しか得られていません。

「青少年育成施策大綱」自体を否定したいのではありません。個々の政策の中には良い政策が含まれている一方で、良い政策効果を打ち消す悪い政策が反省されずに残されているという政策矛盾が問題だということです。

非行が増えているのなら、その原因を究明し、非行を増やした失政の責任を政策責任者がとるべきですが、そういうケジメを求める議論というものは、暴言大臣鴻池氏が更迭されたという例外はありましたが、政権内からは起きていません。

責任をとることが責任者の役割であり、モラル中のモラルではありませんか? その最低限のモラルさえ守れない人たちが、青少年にルールやモラルの政策を作り続けるっていう顛倒した今の政治状況は、どう考えてもおかしい。

「子どもを権利の主体として認めていく」とキレイゴトを言いながら、青少年を政治に参加させるシステムは日本には存在しませんし、18歳選挙権や被選挙権適格年齢改革については、与党・政府は一貫してこれに反対してます。

子どもの情報権、意見表明権。これも条例などの制限を受けています。

アクセル踏みながらブレーキも踏む。言っていることとやっていることが滅茶苦茶。言行不一致、自己矛盾。

「子供を愛玩物とすることをかわいがることは誤解」という意見。それは正論です。

しかし、自民党はいままでどういう制度を作ってきましたか? 愛護条例を作って推進してきたのは他ならぬ葉梨議員が所属している自由民主党ではありませんか?

葉梨議員は、青少年の問題を議論する前に、自分の所属している政党の内部矛盾の問題を先に取り組むベきではないでしょうか。

福井県青少年愛護条例

http://info.pref.fukui.jp/seisyounen/aigo/jyourei/jyourei.html

兵庫県青少年愛護条例

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020156.html

20040311 青少年健全育成基本法案自民党機関決定/インターネット協会のアンケ

青少年健全育成基本法案国会提出へ

オヤジ健全強要法案とでも言い換えた方が良いのでは?

自由民主党会議情報

http://www.jimin.jp/jimin/kaigi/index.html

3月11日(木)

◆政調、内閣部会午前8時 本部701室

青少年健全育成基本法案について(議員提出)

◆政調、文部科学部会・文教制度調査会合同会議 私学振興小委員会

午前8時 本部706室

[2]青少年健全育成基本法案(議員提出)

3月12日(金)

国会対策正副委員長打合会 午前9時10分 第13控室

◆役員連絡会 午前9時半 院内総裁室

国会対策委員会 午前9時40分 第15控室

◆総務会 午前11時 第15控室

◆代議士会 午後0時45分 第14控室

オヤジ健全強要法案続報。

自民「青少年健全育成法案」今国会提出へ メディア規制の恐れも

http://www.nnn24.com/14671.html

http://www.nnn24.com/pictures/img42377_200x150.jpg

動画

http://www.ntv.co.jp/news/asx/12-G2.asx

mms://wmt-od.stream.ne.jp/ntv/news/12-G2.wmv

http://www.ntv.co.jp/news/wmtram/rpm/12-G2.rpm

asx動画ファイルのダウンロードはGetASFStreamを使うと吉。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/9000/

───────────

アンケートおひとついかがですかあ?

財団法人インターネット協会

「インターネット上の人権意識(個人情報保護編)」個人向けアンケート

http://web110.com/hotline0403/personal.html

インターネット協会に利用されるのはシャクだという天邪鬼な方は、「ご意見(個人の立場) 」の欄に、「行政部門の個人情報保護法が極めて甘いので、データベース結合の完全禁止や罰則強化が必要」と書いてみるのも一興でしょう。

20040310 このエントリーを含むブックマーク

2004-03-08 鬼畜ルメイに勲章を与えた国

http://d.hatena.ne.jp/kitano/20040308

20040309 秘密接見交通権侵害行為に違憲判決

久しぶりにまともな違憲立法審査判決

文書は検閲禁止でビデオは検閲禁止じゃないっていう判断はおかしな話しで、妥当判決でしょう。

接見に持ち込みビデオ、内容検査は違憲…大阪地裁

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040309-00000011-yom-soci

森宏司裁判長は「検査要求は、秘密接見交通権を定めた刑事訴訟法が由来する憲法などの趣旨に反し違憲、違法」と述べ、国に110万円の支払いを命じた。

原告弁護団によると、弁護士が接見時に持ち込む証拠物などについて、拘置所側に対し、内容検査を禁じた判決は初めて。

20040308 鬼畜ルメイに勲章を与えた国

東京大空襲と日米関係

写真はカーチス・ルメイ。

偶然なのかなんなのかわからないけれど、読者氏と同じ番組観てました、私。

http://d.hatena.ne.jp/dokusha/20040307

http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/kusyu-kusyu.t.htm

3月10日に民放テレビ局で東京大空襲の特集番組を放送するのでしょうか。しないだろうなぁ。

日本人虐殺に勲一等旭日大綬章を与えた日本はキチガイ国家だという認識は、別に特殊な意見ではなくて、批判している議員もいるにはいます。

第71国会参議院社会労働委員会 16号昭和48年07月03日

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/071/1200/07107031200016c.html

○須原昭二君

 そこで、もう一度私はお尋ねをしますが、これに関連をして。厚生大臣、カーチス・ルメイという人を知っていますか。

国務大臣(齋藤邦吉君) よく存じておりません。

○須原昭二君 カーチス・ルメイという人は有名な人ですよ。アメリカの空軍大将です。日本にとっては重大なかかわりのある人です。大臣が御存じないから私は御説明を申し上げなければならないはめに入りましたけれども、戦時中の日本人にとってはニミッツ、マッカーサーに並ぶ「鬼畜ルメイ」といわれた男です。当時は米空軍の第二十一爆撃隊司令官だった。この東京空襲の皆殺し戦略爆撃のみならず、全日本本土の爆撃はもちろん、広島、長崎に投下した原爆の直接的な責任者です。――わかりましたか。(笑声)

国務大臣(齋藤邦吉君) わかりました。

○須原昭二君 このルメイ大将に日本政府は、前佐藤総理の時代ですね、これ。昭和三十九年十二月七日の日に勲一等旭日大綬章を授章さしたという、大綬章を与えた、授章の目的は何でした、授章の理由は何ですか。日本人たくさん殺したから。

国務大臣(齋藤邦吉君) 私はその勲章のほうの所管でございませんので、存じておりません。

○須原昭二君 総理府、見えるだろう。

○政府委員(加藤泰守君) 私も統計局長でございますので、存じません。

○須原昭二君 ルメイ大将は戦後日本の航空自衛隊の育成に協力したというのがその授章の目的だと、授章の理由だと私は聞いています。太平洋戦争末期の日本の爆撃に大きな役割りを果たし、何百万人の人に被害を与えた人に、しかもあの地球上に二回しかない原爆の投下にも深い関係があった人に勲一等旭日大綬章を与えたということは国民的感情としてもいまなお私は納得ができません。このような政府だから人間としての節操と尊厳を忘れたことができるのですよ。生活に困ったら生活保護でお情けにすがりなさい。原爆被災者も、民間の戦災障害者も社会保障の体制でお粗末ですけれどもその中で取り扱えばいいと、こういうきわめて冷淡な、おそろしくけちなことで放任している無神経が私はここにうかがわれると思う、ルメイ大将の一件から見てもですね。このような矛盾を私たちは納得ができません。これは与えたのは総理大臣ですから、佐藤榮作さんですから、所管も総理府の所管でありますから、厚生大臣の所管ではないけれども、この一つの事実を見てもおかしいなと思われませんか、厚生大臣。

国務大臣(齋藤邦吉君) その件について私は答弁する資料も持ち合わしておりませんし、資格もございませんが、私はやはり日本国民全体がしあわせになるように、ほんとうにいろいろな障害を受けておられる方々に対しましてもあたたかい援護の手を差し伸べてしあわせな生活を送っていただくようにということだけを念願して努力をいたしておるつもりでございます。

○須原昭二君 そのルメイ大将が勲一等旭日大綬章を受けたその昭和三十九年十二月の七日の午後には防衛庁を訪れて、当時の三輪事務次官にあいさつをしております。そして、昭和四十年の三月十日付の朝日新聞の「天声人語」にこう書いてこの問題に触れております。「歴史の変転と皮肉を思わずにはいられぬ」、こういっております。日にちがたてばたつほど世の中、変わっていくもんだ、皮肉なもんだということですよ。だから二十八年も民間の戦災犠牲者はほかっておかれておるのですよ。これまた皮肉と言わざるを得ません。厚生大臣は、きょうはぼつぼつ前向きのような御答弁がありますから、あまり攻撃はしたくはございませんけれども、この事実からきても早急にこの問題を解決しなくてはなりませんが、その点の御所見をもう一ぺんくどいようですが、お尋ねをしておきたいと思います。

国務大臣(齋藤邦吉君) 私どもは今後とも社会保障の充実、身体障害者の福祉の充実のためには全力を尽くして努力をいたしたいと考えております。

第120国会参議院内閣委員会-3号 平成03年03月26日にもルメイ問題についての質疑が行われています。どっちらけな答弁なので引用省略。

勲一等旭日大綬章を受けたルメイ大将があいさつのために面会した三輪良雄防衛事務次官は、その後綜合警備保障顧問に天下りました。三輪良雄氏は元警察庁警備局長です。

三輪良雄の息子の三輪弘志は、綜合警備保障の多摩支社長になっているらしいです。┐(´ー`)┌

http://company.nikkei.co.jp/zinzi/zinzi.cfm?Zin_Kiji_ID=20030909NKM0238&Nik_Code=0002397


鬼畜ルメイに勲章を与えた人たち

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/61.html

鬼畜ルメイに勲章を与えた理由を参議院でとぼけた人はこの人

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/65.html

空襲は東京だけではなく日本国中であって、各地で民間人が爆死したり焼き殺されたりしているわけですが、連合国軍は表向きは「軍事拠点だけを目標にしている」と言っていたし、今でもそう言っています。

たしかに連合国軍は、兵器や軍事施設を主目標にはしていましたが、民間人を巻き添えにして殺していたのも事実。

情報公開法で入手された政府機密情報で、民間人のいる住宅を焼き払えば恐怖で降伏が早まるだろうという判断があったことは証明されているわけですが。広島と長崎原子爆弾投下もそう。人道に対する罪だったことは明らかでしょう。

東京空襲については、「青森空襲を記録する会」さんが第21爆撃機集団任務要約などの連合国側の情報も収録しています。

青森空襲を記録する会

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/

第二次大戦に於けるアメリカ陸軍航空軍戦闘日誌

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ww2aaf.html

1945年3月

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/mar45.html

3月10日

〇第20空軍

夜明け前、325機中279機のB−29は東京市街地を焼夷弾で粉砕、267000戸以上市街の四分の一を破壊、83000人以上が死亡。合計死者数は戦争中一日のものとしては(広島への最初の原子爆弾による死者を除く)最大。他に20機が代替目標、臨機目標を攻撃。超重爆14機を喪失。参加B−29はグアム、サイパン、テニアン駐屯の第21爆撃機集団、第73、第313、第314爆撃団から。空襲は4900−9200フィートの範囲で行われた。

第21爆撃機集団任務要約

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/summary.html

ミーティングハウス作戦(東京大空襲作戦)3月9日

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/m40.html

日時 1945年3月09日

コードネーム Meetinghouse # 2

目標 東京市街地

参加部隊 第73、第313、第314爆撃団

出撃機数 325機

第一目標爆撃機数 86%(第一目標279機、第二目標0機、到達目標5機、臨機目標15機)

第一目標投弾時刻 10日0時07分−3時00分

攻撃高度 4900−9200フィート

目標上空天候 雲量3

損失機数 14

任務要約 469146000平方フィートが破壊されたか、被害を受けた。(1080エーカー、16.8平方マイル)爆撃結果は優秀。26機は爆撃失敗。1機が対空砲火により失われ、1機は点検調査の結果廃棄となった。5機は不時着水、7機が失われた原因は不明。敵の航空抵抗は弱く、のべ40回の攻撃を受けた。戦果なし。対空砲火は並から強烈、正確だった。

平均爆弾搭載量:第73爆撃団13880ポンド、第313爆撃団12857ポンド、第314爆撃団9673ポンド 

平均燃料残量:1044ガロン。

任務番号第181号 5月23日 東京空襲

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/m181.html

損失機数 17

任務番号第183号 5月25日 東京空襲

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/m183.html

損失機数 26

本土空襲墜落機調査

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/mia.html

大本営発表

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/dai.htm

昭和20年3月

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/d2003.html

3月4日 ・15時30分 B29帝都盲爆

昭和二十年五月二十四日 大本營發表

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/d200524.html

(昭和二十年五月二十四日十五時三十分)

一、本五月二十四日一時三十分頃より約二時間半に亘り南方基地の敵B29約二百五十機は主として帝都に侵入焼夷彈による無差別爆撃を行ひたり

二、右により宮城御苑内御茶屋及赤坂離宮御構内の附属建物一棟焼失せり

三、都内各所に生起せる火災は七時頃迄に殆ど鎮火せり

四、我制空部隊の収めたる邀撃戰果中判明せるもの撃墜二十七機、撃破約三十機なり

昭和二十年五月二十六日 大本營發表

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/d200526.html

(昭和二十年五月二十六日十六時三十分)  

南方基地の敵B29約二百五十機は昨五月二十五日二十二時三十分頃より約二時間半に亘り主として帝都市街地に對し焼夷彈による無差別爆撃を實施せり

右により宮城内表宮殿其の他竝に大宮御所炎上せり

都内各所にも相當の被害を生じたるも火災は本拂暁迄に概ね鎮火せり

我制空部隊の邀撃戰果中判明せるもの撃墜四十七機の外相當機數に損害を與へたり

これらの資料から、大本営発表が撃墜数を20程度水増ししていたことがわかります。

当時の臣民には、大本営発表の真実性を検証する方法は一切ありませんでした。

いや、2004年の今だって、国民に自衛隊の活動を検証する方法や権利があるのかというと、非常に疑わしい…。

───────────

■訂正

「2004-03-08 鬼畜ルメイに勲章を与えた国」*1の「鬼畜ルメイに勲章を与えた人たち」で第3次佐藤内閣にリンク張っていましたが、第1次佐藤内閣の間違いです。訂正してお詫びします。m(_ _)m

余談ですが、鬼畜ルメイに勲章を与えた第1次佐藤内閣で鬼畜ルメイに勲章を与えよと薦めたと言われている防衛庁長官の名前は、小泉純也、です。現内閣総理大臣小泉純一郎の父親です。

http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/61.html

20040307 北の系更新/都健全育成条例改正資料/生セラ規制

北の系更新

都健全育成条例改正資料/H16年第1回都議会代表質問

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html

■ 大西英男議員(東京都議会自由民主党幹事長)質疑

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#01

  ・石原慎太郎知事答弁

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#02

■ 名取憲彦議員(都議会民主党幹事長)質疑

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#03

  ・石原慎太郎知事答弁

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#04

  ・三宅広人生活文化局長答弁

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#05

■ 石井義修議員(都議会公明党幹事長)質疑

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#06

  ・竹花豊副知事答弁

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#07

  ・三宅広人生活文化局長答弁

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#08

■ 大西由紀子議員(都議会生活者ネットワーク/幹事長)質疑

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#09

  ・三宅広人生活文化局長答弁

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020371.html#10

石原慎太郎知事の答弁(mp3 / 103k)

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/tigi_natori040302b.mp3

石原慎太郎知事

青少年を取り巻く環境の悪化の原因についてでありますが、今日の社会を作ってきたのはあくまで我々大人、社会の先輩であります。大人の無責任な意識と行動が、実は青少年の荒廃の原因となっていると言えると思います。

特に、厭な風俗でありますけれども、着用済みの下着だとか排泄物だとか、そういったものをですね、売買するそういう実態がありまして、そういったものを愛好する「偏執的な大人の嗜好」がですね、風俗として野放しになっているということは現実にあるわけで、まあそれは規制の対象にするわけですけれども、あるいはまた不健全図書の販売方法に配慮しない事業者が問題だとも思います。

外泊を繰り返している子どもにも、親に聞いてみますと携帯を買って与えているから一日に何度か連絡をすればですね親はそれで安心して子どもを監督というのでしょうか、掌握しているという錯覚を平気で口にしますが、それはあくまでも携帯という現代的な道具に象徴される、あくまで「バーチャルな親子の関係」でしかないと思います。

これらは大人の社会の陰の部分の投影でありまして、こうした現象は。まず、我々大人の生き方を反省して正す事がすべての出発点にならざるを得ない、なるべきであると思っております。

───────────

東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案

http://hp1.cyberstation.ne.jp/straycat/watch/news/archive/2004/26.htm

第15条の2 何人も、青少年から着用済み下着等(青少年が一度着用した下着又は青少年のだ液若しくはふん尿をいい、青少年がこれらに該当すると称した下着、だ液又はふん尿を含む。以下この条において同じ。)を買い受け、売却の委託を受け、又は着用済み下着等の売却の相手方を青少年に紹介してはならない。

2 何人も、前項に規定する行為が行われることを知つて、その場所を提供してはならない。

「着用済み下着等」ってどこまでが「着用済み下着“等”」なのでしょうね。

「古着」と「着用済み下着“等”」の違いは結構むずかしいです。

東京都は条例の公報啓発に努める義務がありますが、そうすると東京都東京都民の税金を使って「ウンコ売りは18歳になってから」っていうステッカーとかを配布したりするのでしょうか。

で、そのステッカーを見た業者が「クソー」と叫んで逆上して生セラウンコ売り店を放火して逮捕されて「やけくそでした」と自供する、みたいな事件が発生するのでしょうか。

冗談はこれぐらいにしておきますが、条例が改正されても、売る側も買う側も地下市場に移動するだけで、いなくなることは無いだろうなとは思います。

それから、「着用済み下着」と「着用前下着」はどうやって確認するのでしょう?

女の子の自供・自白がとれない場合は、エタノール反応かなにかで確認するのでしょうか?

エタノール反応は血しか反応しないので、血つきパンツで無いと反応しないですよね。

尿や汗に反応する検査薬とかを使うんでしょうか。そういう検査薬を使えない場合は、青少年当局の役人がパンツを鼻でクンクンして確認するんでしょうか。鼻のいい役人がクンクン担当捜査官になってパンツのニオイを嗅いで「このパンツは女子高生のニオイがする」とか裁判所で証言したりするのでしょうか。

そういうことをやろうとしている東京都の存在自体がこのうえなくワイセツだと思います。

条例案自体が猥褻です。

20040306 独立行政法人港湾空港技術研究所理事加藤一正

どろぼう

独立行政法人港湾空港技術研究所

http://www.pari.go.jp/

港空研理事加藤一正

http://www.pari.go.jp/bsh/riji/index.html

ファーストクラスの機知

http://www.pari.go.jp/bsh/riji/miniko08.html

飛行時間約28時間、片道料金82万円の first class直行便である。最初は、オロオロして、おとなしくしていたが、時間とともに徐々に気が大きくなる。「うどん」、「寿司」、「キャビア」とエスカレートする無理な注文にも、スチュワデスは微笑みながら応じる。

豪華な最後の機内食を食べた後、もう二度とないだろうと、記念に銀製のナイフ、フォーク、スプーン合わせて7本をポケットにねじ込み,狸寝入りをした。しばらくしてやってきたスチュワデスは、食器をかたづけつつ小さな声で優しく言った。「他の方に、見つからないようにお持ち帰り下さい。」不覚にも,私は目を閉じたまま、小さく頷いた。

ファーストって怖い子ね。(怒)

窃盗の手助けした日本航空も共犯。被害届が出ているのか出ていないのかはわかりませんが。

独立行政法人港湾空港技術研究所役員給与規程

http://www.pari.go.jp/sry/ykyt.htm

第4条

役員の俸給は、月額とし、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。

二 理事   854,000円

独立行政法人港湾空港技術研究所役員退職手当支給規程

http://www.pari.go.jp/sry/ytst.htm

第3条

退職手当の額は、在職期間1月につき、退職の日におけるその者の俸給月額に100分の28の割合を乗じて得た額とする。

理事って3年間イスに座ってるだけで3074万円の給料と860万円の退職金をもらえるのか。

天下り禁止法は国会に何度も上程されていますが、そのためびに与党の審議拒否でずっと廃案になっています。

与党は天下り禁止法の審議拒否をやめてほしい。

つか、議論するのが国会議員の仕事だろ。仕事放棄ヤメロ。

20040305 エロ魂!

エロ魂!

この本、いろんな意味で凄かった。

おすすめ。

ダーティー松本「エロ魂!」第1巻

http://www.rx.sakura.ne.jp/~dirty/sinnkann/eroHP01/ero01.html

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4775502255/qid%3D1078755021/250-3696253-5386606

第2巻も楽しみ。松文館事件ネタもあるのかな…

http://www.rx.sakura.ne.jp/~dirty/sinnkann/eroHP01/ero000yokoku.jpg

20040304 仙谷由人議員、いまいいこと言った!

仙谷由人議員

政府がそのルールを完全に守るという法の支配の前提があるから憲法は有効なのであって、守られない憲法は、改正してもしなくても意味が無い。

あったりまえのことですね。

■仙谷由人衆議院議員(民主党/徳島)

法の支配とは何か

http://www.nmt.ne.jp/~sengoku/040122.html

つまり、何が申し上げたいかというと、ここでは、日本の司法当局を含めて、法の支配が貫徹をしない、権力に向けられた法律、規範というものが機能しないで、既成事実がずるずると続いていく、この事態を我々はどう考えるのかということが、私は、この憲法調査会で憲法論議をする前提的な問題、極めて大きい問題だというふうに、この間考えているからでございます。

私は憲法を変えてはならないなどと申しません、法律も変えてはならないなどということは申しません。しかし、変えるべき前提は、法律がある限りは権力を行使する者はその法律を守るというこの前提が約束されない限り、権力を行使する段階では、法律を拡大解釈したり、解釈によって意味内容を変更させることを平然と行いながら、今度は憲法を変える。では、変えた憲法を果たして守ろうとする気があるのかないのか。日本の法律に対する国民の意識も含めてここがとりわけ為政者の最大の問題であろうか、こういうふうに私は思っているわけでございます。

小泉内閣自民党の方々が、しかしながら、憲法違反であり、国際法違反であり、安保条約にすら反しているこのイラク派遣が必要である、政策的に、政治的にこの派遣はどうしても必要だ、やむを得ないと言うのであっても、必要であるとおっしゃるのであっても、これだけ法律を踏みにじってイラク派遣を行うということは、私は、法の支配という観点からあってはならない。つまり、これを認めるとすれば、必要性の名のもとであれば法律を無視することができる、力で何をやってもいいということになってしまうんではないんでしょうか。

20040303 奴隷の平和よりも危険な自由を

奴隷の平和よりも危険な自由を

参議院選挙による喧騒が沸き起こる前に、密かな決意を込めて引用します。

テロ肯定ではありません。念のため。

「民主政もしくは人民政治ほど、内乱・紛争の起こりやすい政治はないということをつけ加えておこう。というのは、民主政ほど、烈しく、しかもたえず政体が変わりやすいものはなく、その存続のために警戒と勇気とが要求されるものはないからである。とくにこの政体においては、市民は実力と忍耐とをもって武装し、ある有徳な知事がポーランドの議会でいった言葉をその生涯を通じて、毎日心の底から叫ばねばならぬ。『わたしは奴隷の平和よりも危険な自由を選ぶ』」

(ジャン・ジャック・ルソー『社会契約論』)

20040302 買春・児童ポルノ選択議定書と児ポ法改正

買春・児童ポルノ選択議定書と児ポ法改正

 買春・児童ポルノ選択議定書について、問題提起と現状確認を兼ねる意味で、児ポ法国会で審議される今この時期に疑問を提起しておきます。

1 買春・児童ポルノ選択議定書の第2パラグラフの(c)にある「あらゆる表現」には、文学、映画、演劇、音楽、歌謡、パフォーマンス、絵画、漫画、アニメーション、CG、造形、創作人形、学術論文、政治政策、デモンストレーション、宗教的行為のすべてが含まれるでしょうか? 

2 このパラグラフの解釈、たとえば「“あらゆる表現”には漫画は含まれない」といった解釈など、加盟国(の政府)に対して条文解釈を制限する何らかの公式な発表、合意のようなものはありますか?

 「第二回・子どもの性的商業的搾取に反対する世界会議」におけるワークショップ「漫画はCSEC(子どもの性的商業的搾取)ではない」の成果と言われている「アピール」や「文化的多様性に配慮する」の一文が入った「青少年アピール」は、加盟国(の政府)の選択議定書の解釈に何らかの法的制限を与えるでしょうか?

3 選択議定書の第2パラグラフの(c)の解釈権は「誰が」管轄しているのでしょうか?

 たとえば、「選択議定書の第2パラグラフの(c)にあるあらゆる表現には漫画も含まれる」という解釈を日本国政府の外務省条約局長が決定した場合、それが最終的解釈となると考えて良いでしょうか?

4  買春・児童ポルノ選択議定書の批准(署名)の前提として、現行児童買春・児童ポルノ法の改正は必要でしょうか?

必要だとすれば、どのような法改正が必要でしょうか?

5 横浜会議におるワークショップ「漫画はCSEC(子どもの性的商業的搾取)ではない」では、「漫画はCSECであるといった誤解を解くだけでなく、積極的にマンガ製作の側がCSECなどの社会的問題にコミットするために、私たちはNGOAMIを組織した」と当時の代表によって報告されましたが、漫画はCSECであるといった誤解は国民の間で払拭されたでしょうか?

1 子どもの売買、子ども買春および子どもポルノグラフィーに関する

子どもの権利条約の選択議定書

http://homepage2.nifty.com/childrights/international/crc/crc_op_se.htm

第2条(定義)

この議定書の適用上、次の用語は次のことを意味する。

(c) 子どもポルノグラフィーとは、実際のまたはそのように装ったあからさまな性的活動に従事する子どもをいかなる手段によるかは問わず描いたあらゆる表現、または主として性的目的で子どもの性的部位を描いたあらゆる表現を意味する。

AMI横浜世界会議レポート

http://picnic.to/~ami/repo/011218.htm

http://picnic.to/~ami/repo/ws1.htm

http://picnic.to/~ami/repo/ws2.htm

児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO052.html

第二条

3  この法律において「児童ポルノ」とは、写真、ビデオテープその他の物であって、次の各号のいずれかに該当するものをいう。

一  児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したもの

二  他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するものを視覚により認識することができる方法により描写したもの

三  衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するものを視覚により認識することができる方法により描写したもの

附則

(検討)

第六条  児童買春及び児童ポルノの規制その他の児童を性的搾取及び性的虐待から守るための制度については、この法律の施行後三年を目途として、この法律の施行状況、児童の権利の擁護に関する国際的動向等を勘案し、検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

20040301 北の系更新/都知事施政方針演説・健全育成条例改正提案

北の系更新

都議会本会議2004年2月25日石原慎太郎知事施政方針演説。治安対策を全国に広げるため条例を改正し、図書の包装等を義務づけることを提案。

資料/都知事施政方針演説・健全育成条例改正提案

http://zirr.hp.infoseek.co.jp/020370.html


 

疑うことをやめること。
それがもっとも真実から遠い行為だ。

kitanoのアレに関するご意見・ご連絡はki@tree.odn.ne.jp まで。
(キタノ)北の系2005
kitanoのアレバックナンバー目次

kitanoのアレをアンテナに追加 /  kitanoのアレを含むご贔屓アンテナ
kitanoのアレをRSSリーダーに追加kitanoのアレを含むご贔屓RSS