Hatena::ブログ(Diary)

ひとり鉄旅(旧館)

各種ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 鉄道ブログ 学生鉄道ファンへ にほんブログ村 高校生日記ブログ 男子高校生へ ベスト進学ネット高校生ブログランキング

2000-01-24 青森遠征 まとめ

青森帰省1日目(09/12/28)

f:id:kitaria000:20100103201938j:image:w200京王相模原線各駅停車 橋本〜京王多摩センター(時刻不明)


今回は資金のいろいろな都合により、京王相模原線橋本駅から。

京王ではマイナー車両の8000系です。

ラッシュ時間帯はかなり混む橋本駅ですが、昼間になると、ほぼガラガラ。

せいぜい階段付近の車両が埋まる程度です。

自分の乗った車両は2人しか乗っていませんでした。



f:id:kitaria000:20100103201939j:image:w200京王線急行 京王多摩センター新宿(時刻不明)


早めに行きたかったので、京王多摩センター各駅停車から急行に乗り換え。

次は個人的にイスが硬くて嫌いな9000系30番台です。

機能的にはすばらしい車両なんですけどね・・・。



f:id:kitaria000:20100103201940j:image:w200中央線快速 新宿東京(時刻不明)


飛んじゃう上に、ひどい写真ですが、新宿駅中央線に乗り換え。

ここまでは普段使うルートなので、詳しくは触れません。



f:id:kitaria000:20100103201941j:image:w200


ということで東京駅到着です。

これから東北新幹線ホームへと向かいます。



f:id:kitaria000:20100103201943j:image:w200東北新幹線はやて」77号 東京11:28〜八戸14:36


乗った「はやて77号」は自分が東京駅に着いた30分ほどあとに発車します。

撮り鉄もそこそこにとっとと乗車します。



f:id:kitaria000:20100103201944j:image:w200


となりには700系300系が見えます。

あと数年もすれば、手前の700系N700系しかいなくなる東海道新幹線・・・。

こちらの撮り鉄もいつかしてみたいものです。



f:id:kitaria000:20100103201942j:image:w200


さて、出発です。

東北新幹線はやて」は全席指定。

取った時期が遅かったせいか取れたのは通路側・・・。

隣の人がマナーのいい人でよかった・・・。


もちろん車窓写真なんぞ撮れないので、おとなしく寝ていたり、本を読んでいたりしました。




f:id:kitaria000:20100103201945j:image:w200


仙台を出たところで少し遅めのお昼としましょう。

選んだのは仙台名産牛たん弁当です。

過去に何回か食べているのいるのですが、いつ食べてもおいしい一品です。

ぜひご賞味あれ。(個人評価★★★★☆)



f:id:kitaria000:20100103201946j:image:w200


盛岡駅付近では雪が積もっていました。




f:id:kitaria000:20100103201947j:image:w200 f:id:kitaria000:20100103201948j:image:w200


盛岡をでて30分ほどで八戸駅到着です。

八戸駅は、東北新幹線が全通すると青い森鉄道に管轄が移るので、右の看板も見納めになるでしょう。

さらに左の東北新幹線の看板も、七戸十和田の表記が右側に出るようになります。



f:id:kitaria000:20100103201952j:image:w200東北奥羽本線「つがる」17号


さて、八戸からは一気に地元路線の始発駅でもある弘前駅まで向かいます。

指定が取れなかったので、自由席にしました。

定期列車で接続するはやて」17号の一本前の「はやて」に乗車したので、余裕で窓側をGETしました。

ちなみに自由席の乗車率は大体9.5割程度でしょうか?

ぽつぽつ通路側だけあいているという状況でした。

自分はいかにも農家経営しています風のおっちゃんと相席になりました。


f:id:kitaria000:20100103201953j:image:w200


しばらくすると、新幹線開業によりJR在来線からは孤立してしまう八戸線と併走しました。



f:id:kitaria000:20100103201954j:image:w200


こちらも新幹線開業によって経営分離化されてしまう三沢駅です。

ここからは、十和田観光鉄道は出ています。

特急が走らないようになったらこの鉄道もどうなってしまうのかとても心配です。

ちなみに相席になったおっちゃんはここで降りていきました。



f:id:kitaria000:20100103201955j:image:w200


ここでリッチにホットコーヒーを頼んでみましたww

自分は砂糖もミルクも使う派なので、ちゃんと最後まで使わせていただきました。

雪が後ろに流れていっているを見ながらコーヒーを飲むのもなかなかおつなものです。



f:id:kitaria000:20100103201956j:image:w200


野辺地到着です。

野辺地からは、在来線も、新幹線とも接しなくなる大湊線が出ています。

大湊線は後に訪れることになるのでここでは深く触れません。



f:id:kitaria000:20100103201957j:image:w200  f:id:kitaria000:20100103201958j:image:w200


浅虫温泉が近くなると、海が見えてきます。

乗ってきた「つがる」17号は浅虫温泉に停車しません。

浅虫温泉も分離化後は行きずらくなるので、開業前に一度訪れてみたいものです。



f:id:kitaria000:20100103201959j:image:w200


八戸駅から約一時間。

このランプのおっちゃんが見えてきたら北海道への玄関口青森は目と鼻の先ですw



f:id:kitaria000:20100103202001j:image:w200


青森到着です。

ここでは進行方向がかわり、東北本線から離れ、奥羽本線に入ります。

そのため、停車時間が数分設けられています。

気分転換に外へでてみました。

雪はあまりありませんでしたが、関東とは違う、少し重みのある寒さを感じました。



f:id:kitaria000:20100103202002j:image:w200  f:id:kitaria000:20100103202004j:image:w200


奥羽本線はどちらかというと日本海側を走る路線です。

そのためか、東北本線より雪が多いという特徴があります。

見た限りでは、30cm以上は積っていた感じがしました。



f:id:kitaria000:20100103202005j:image:w200  f:id:kitaria000:20100103202007j:image:w200


青森からは45分、八戸からは約1時間45分で、東北城下町弘前に到着しました。

ここでの乗り換え時間は10分ほど。

ここでもとっとと乗換えをします。



f:id:kitaria000:20100103202006j:image:w200五能線普通 弘前五所川原


ここからは母の実家のある町まで行きます。

使うのは日本海の景勝が美しい五能線です。



f:id:kitaria000:20100103202008j:image:w200  f:id:kitaria000:20100103201937j:image:w200


ついに今日最後の下車駅、五所川原に到着しました。

夜、農地を走るということもあって、車窓はまったくといっていいほど望めませんでした。

ここからはおじい様が車で迎えに来てくれました。

青森帰省2日目(09/12/30)



[はじめに]今回は、外気温の低迷により、窓が曇り大変見ずらい写真が多くなっていますのでご承知ください。


f:id:kitaria000:20100109233616j:image:w200


今回は、実家のある五能線沿いからいったん離れ、車で40分ほどのところにある、浪岡駅から出発です。

理由は単なる乗り遅れですけど・・・。

いや〜車って便利ね。



f:id:kitaria000:20100109233617j:image:w200奥羽線快速『深浦』 浪岡〜青森



一日一往復しかない、五能線の川辺以北へ直通する列車です。

自分も初乗車だったので、とても新鮮でした。




f:id:kitaria000:20100109233618j:image:w200


幾度か対向列車との待ち合わせをかねて、何回か停車をしました。

ですが、ちゃんとした停車駅は津軽新城のみです。(あと浪岡ね)


余談ですが、奥羽線内は結構飛ばすんですね・・・。

普段ローカル線でしかキハ40系に乗らないので、ここまで飛ばせるとは知りませんでした・・・w



f:id:kitaria000:20100109233619j:image:w200東北大湊線快速『しもきた』 青森〜大湊


乗ってきた『深浦』と、『しもきた』は3分で接続する接続ギリギリ列車です。

写真もそこそこにとっとと乗車します。


この列車乗って驚いたことが二つありました。

ひとつは、大湊線標準車両(?)であるキハ100系ではなく、キハ48系だったこと。

もうひとつは、思っていた以上に大量の人が乗っていたことでしょうか。


この快速は、特急の補助的な意味も持っているので重要視されているのでしょう。

果たしてコイツは青い森鉄道になった後も残るでしょうか?



f:id:kitaria000:20100109233620j:image:w200



東北線は先日に乗っているので、野辺地まではずっと寝ていました・・・。

ここからは進行方向が変わり、大湊線に直通します。



f:id:kitaria000:20100109233622j:image:w200  f:id:kitaria000:20100109233623j:image:w200


快速『しもきた』の特徴は容赦ない停車駅の少なさです。

大湊線内の停車駅は、野辺地を出ると陸奥横浜横浜に少し親近感w)と下北にしか止まらないというほぼ住民無視途中駅超閑散状態となっています・・・。

ということで一区間30分以上かけて運転されます。


しばらく走っていると、海が見えてきました。

晴れていれば美しい光景が広がっていたのかもしれませんが、残念ながらほぼ吹雪の中走行します。



f:id:kitaria000:20100109233625j:image:w200


携帯はなぜか圏外でした・・・。



f:id:kitaria000:20100109233628j:image:w200  f:id:kitaria000:20100109233627j:image:w200


浪岡から約2時間。

ついに念願(?)だった大湊にやってきました!


ではここからとんぼ返りしたのか?

そんなわけありません。

ソコは旅鉄もどきポリシー。


ただこの後、この旅のなかで一番過酷なことになろうとは思いもよりませんでした・・・。



f:id:kitaria000:20100109233629j:image:w200


さて、大湊までやってきたのはいいですが、ここからどうするかは未定でした。

そこで親父と相談したところ、距離的にはソコまで離れていない下北まで歩いて歩いてみることにしました。


ただその選択がこの後いろいろくろ苦労することになろうとは・・・。



f:id:kitaria000:20100109233630j:image:w200


さて歩き始めます。

ですが道にはご覧のとおり雪が積もっています。


車道には雪はソコまで積もってはいませんが、歩道には大量な雪が積もっています。

しかも自分は普通のスニーカーをはいてきてしまったので、くつに雪が入るわ、靴紐はすぐ解けるは、何回も滑って転ぶわ・・・。

とても大変でしたorz

しかも手袋もないし、自分は喘息持ちなので喉はやられるわで・・・。

最悪といえば最悪でした・・・。



f:id:kitaria000:20100109233631j:image:w200  f:id:kitaria000:20100109233632j:image:w200


大変な道のりですが、ところどころにご覧のような光景も目に入り、楽しかったといえば楽しかったです。


左の写真の一番手前の橋は、本当の木で作られた橋でした。

ちょっといってみたのですが、結構な年月がたっていそうな茶色がかったレトロな感じの橋でした。


右の写真は、なんとなく桜が咲いているように見えませんか?w



f:id:kitaria000:20100109233633j:image:w200


歩いているとなぞのドームがありました。



f:id:kitaria000:20100109233634j:image:w200


大湊から約50分ほどでこの大きな橋にでます(名前記憶から消失)。

この橋を渡れば下北駅まではあと少しです。

疲れた・・・orz



f:id:kitaria000:20100109233635j:image:w200  f:id:kitaria000:20100109233637j:image:w200


大湊から約1時間。

お隣の下北駅まで歩いてきました。

最近立替られたらしく、駅舎のなかは新品の香りがしました。


下北駅といえば、下北交通大畑線の起点があったところですが、駅舎の立替が行われた際に、完全に消失してしまったようです。

ちょっと捜索してみましたが、残念ながら何も発見できませんでした・・・。



f:id:kitaria000:20100109233636j:image:w200


駅前広場にはモニュメントが。




f:id:kitaria000:20100109233638j:image:w200


駅前通りです。

下北駅は、むつ市の中心から離れているため、一歩でると閑散としてしまっています。

それでも中心街へのバスの本数はかなり少なめですけど。




f:id:kitaria000:20100109233639j:image:w200大湊線快速『しもきた』 下北〜大湊


せっかくのフリー切符ですので、大湊へ行ってから折り返そうってことにしました。

この列車も、行きどうように混雑していました。



f:id:kitaria000:20100109233640j:image:w200


約5分ほどで大湊に到着です。

さっき1時間歩いたところを5分で駆け抜けられると少し「がーん・・・」ってなります・・・w


おや・・・もしかして左にいるのは・・・。



f:id:kitaria000:20100109233641j:image:w200大湊線東北線快速『しもきた』 大湊〜青森

きらきらみちのく』じゃないですか〜!

どうやら自分の乗る『しもきた』の一本前に走っていたようです。

自分は今まで見たことが無かったので、結構感動(?)しました。

コイツもいつかは乗ってみたいものです。



f:id:kitaria000:20100109233642j:image:w200  f:id:kitaria000:20100109233643j:image:w200


飛びますが、野辺地に到着です。

すみません。大湊から爆睡してしまいまして、気づいたら野辺地到着でした・・・。


ここではなんと(臨時含めて)3本も特急の待ち合わせをします。

ちなみに一本前の特急浅虫温泉に停車しないので、こっちに乗り換えるひとも少なからずみられました。




f:id:kitaria000:20100109233615j:image:w200奥羽線普通 青森〜川辺



さて、今回の最後の写真です。

奥羽線にのり変え、川辺で五能線に乗りかえ、五所川原まで乗車し、最後にはおじい様が迎えに来ていただきました。


今回は初めての大湊線乗車と、初めての雪歩きをしと、初めてづくしの充実した旅となりました。

2010年の12月までに、もう一度訪れたいものです。

青森帰省3日目(10/01/02~03)


f:id:kitaria000:20100115220813j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220814j:image:w200


『3日目』とありますが、2日に渡って日を越します。

さらに『旅行記』といいますが、完全に今日は帰宅の様子の紹介。となります・・・。


とりあえず3日目はまたまた車で弘前駅までやってきました。

弘前には数回訪れたことがありますが、新駅舎誕生から5年もたつんだなぁと。

何故夜に撮影しているのかはあとでわかりますww



f:id:kitaria000:20100115220815j:image:w200


こちらを見れば一目瞭然!

乗るのは下の段に表示されている寝台特急あけぼの」です。


本当は翌日の新幹線でのんびり帰宅する予定でしたが指定が取れず、奇跡的に1席だけ残っていた「あけぼの」で帰宅するという、ある意味での予定変更によってこの行程が実現しました。



f:id:kitaria000:20100115220816j:image:w200


あけぼの」到着の5分前には八戸方面へ向けて「つがる」98号が運転されますが、これに接続する「はやて」98号は仙台止まりとなってしまいます。

実質今から東京へ向かうには「あけぼの」を使うか、駅前のホテルやらで一夜を明かすしかありません。



f:id:kitaria000:20100115220817j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220818j:image:w200


この日は大きな寒波が訪れており、奥羽線やこれから通る羽越線には大雪による運休の情報が続々と入ってきていました。

ちなみに前日の「あけぼの」は運休をしていたため、今日は本当に大丈夫だろうか心配でたまりませんでした。


ごらんのとおり普通列車の前面(正確には最後尾ですけど)にはびっしりと雪が。

テールライトが隠れてしまうため、車掌さんが雪を払っているという場面にも遭遇しました。



f:id:kitaria000:20100115220819j:image:w200奥羽線羽越線上越線高崎線特急あけぼの 弘前上野



今回の最後のメイン。寝台特急あけぼの」です!(ぶれていますが・・・orz

弘前での停車時間は1分ほどとわずか。

撮影もいいほどにすばやく乗車します。



f:id:kitaria000:20100115220821j:image:w200


さて今年も楽しい思い出を残した青森を去ります。

後はずっと乗って東京に帰るだけです。



f:id:kitaria000:20100115220820j:image:w200


さて車内探索といきましょうw

自分は、「あけぼの」に乗るのは3回目なのですが、ちゃんとした車内探索にでたことがありませんでした。

今回は写真を撮りながらじっくり見て行こうと思います。


写真は自分が指定された寝台です。

自分のもっている切符は個室のソロも取れる切符でしたが、すでに満席だということだったのでB寝台になりました。

こちらでも、流行の「ゴロンとシート」なんかよりずっと贅沢ですけど・・・w

ここからは写真の紹介だけ。



f:id:kitaria000:20100115220831j:image:w200


こういう表記があるのも開放型寝台ならでは。


f:id:kitaria000:20100115220827j:image:w200


B寝台廊下。



f:id:kitaria000:20100115220826j:image:w200  


B寝台個室ソロ車両の廊下。



f:id:kitaria000:20100115220823j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220822j:image:w200


B寝台個室ソロ 左:下個室 右:上個室



f:id:kitaria000:20100115220825j:image:w200


A寝台個室シングルデラックス車両廊下。

(室内の写真はさすがに恐れ多いので撮影しませんでした・・・。)



f:id:kitaria000:20100115220828j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220829j:image:w200



あけぼの」は青森秋田県内ではこまめに停車していきます。

大館では、かなりの乗車があり、ほとんどすべての寝台が埋まったようです。

大館は、青森駅秋田駅のちょうど真ん中辺りにあるので、特急の必要性は高いようです。



f:id:kitaria000:20100115220830j:image:w200



線路上はかなり雪が積もっているようです。

現時点で「あけぼの」は約10分ほど遅れを持って運転されていました。

果たして定刻どおりに上野に到着するのか多少心配になってきました。



f:id:kitaria000:20100115220832j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220833j:image:w200



少しずつ遅れていきながら(ぇ)どんどん南下していきます。

あけぼの」は引き続きちょくちょく停車をしてお客様を拾っていきます。



f:id:kitaria000:20100115220812j:image:w200



新幹線しか映っていませんが)秋田に到着です。

ここまでに遅れは15分以上に増加してしまいました。

停車時間が結構用意されている秋田駅ですが、乗務員交換後にはとっとと発車。

果たして遅れは取り戻せるのでしょうかね・・・。


自分は秋田を出てすぐに寝ました。

昔は寝ないですごしていたものですが、今では寝台で寝るという楽しみが多くなり、すぐに寝るようになってしまいました。(それがフツーとかいわない)


それでは皆様おやすみなさい。





f:id:kitaria000:20100115220835j:image:w200


おはようございます。

大宮20分前のおはよう放送で目が覚めました。

北東北で生じた遅れは見事に回復し、定刻どおり走っていました!


大宮から上野までは40分ほど。

短い時間を自席に寝転びながら楽しみます。

写真は川口付近を通過中です。(ブレブレですけど・・・。)



f:id:kitaria000:20100115220836j:image:w200


さて、約12時間に及ぶ大行程をおえ、上野に到着です。

ただこの場に及んで駅表示を撮影し忘れるという大失態・・・orz


変わりに生活感あふれる自席を再び撮影。



f:id:kitaria000:20100115220842j:image:w200


先頭車へとやってきました。

前年の改正で「あけぼの」は機関車を長岡駅でEF81系からEF64系に取り替えるようになりました。

というわけで昨日の写真とは機関車が違うのです。


こちら側のHMは雪で完全に隠れてしまっていますが・・・。



f:id:kitaria000:20100115220843j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220841j:image:w200



客車との連結部分のHMはちゃんと顔を見せていました。


ちなみに、「あけぼの」を撮影しようとかなりの人が訪れていました。

今回(2010年3月)の改正では生き残った「あけぼの」。

果たしていつまで生きていられるのでしょうか・・・。



f:id:kitaria000:20100115220844j:image:w200



こちらの「北陸」の文字は3月には見納めとなります・・・。



f:id:kitaria000:20100115220837j:image:w200


上野駅13番線は地下ホームゆえにかなり暗くなっていて、側幕を撮影するにも相当な苦労・・・。

この写真は露出を相当下げて撮影しているため、真っ暗になってしまいます・・・。



f:id:kitaria000:20100115220838j:image:w200


特急料金のみで乗車できることで知られる「ゴロンとシート」です。

正月、お盆休みなど中心に予約で取れないことで知られています。


考えてみると「あけぼの」は、「ゴロンとシート」やフリー切符と提携してB寝台の切符が取れるという、比較的利用しやすいようにJRがしているような気がします。

これにたいして「北陸」はこのようなサービスは聞いたことがありません。

このサービスの格差によって、今回の改正での生き残りが左右されてしまったのではないでしょうか・・・。



f:id:kitaria000:20100115220839j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220840j:image:w200



最後部までやってきました。

雪がびっしりかと思いましたがソコまでではなかったので少し拍子抜け。

まあしょうがないかもしれませんが・・・。

HM(?)を撮影のため、またまた露出を下げて撮影しているため写真が暗くなっています。



f:id:kitaria000:20100115220845j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220846j:image:w200



ここまでのパートナーとのお別れです。

ちゃんと見えなくなるまで見送りました(ぇ)


続々と消えていっているしブルートレイン・・・。

少しでも長く生きていてほしいものです。



f:id:kitaria000:20100115220847j:image:w200  f:id:kitaria000:20100115220848j:image:w200



13番ホーム。

だいぶブルトレの表示も少なくなってしまいました・・・。


っていうか、「北陸」と「あけぼの」の表示をシールにしているというのはどういうことだ!(怒



f:id:kitaria000:20100115220849j:image:w200京浜東北線各駅停車 上野神田



さて、あとは自宅へと向けてとっとと帰るだけです。

京浜東北神田へ。

とくにコメントもありません。



f:id:kitaria000:20100115220851j:image:w200中央線快速 神田新宿



飛びますが、新宿到着です。

新宿からは、小田急線に乗り換えます。




f:id:kitaria000:20100115220852j:image:w200小田急線特急「はこね」 新宿町田



本日最後に乗車する小田急線

せっかくなので贅沢してロマンスカーにしちゃいましたw


乗車するのは小田急10000型HISEです。

コイツの仲間がいま長野電鉄線で走っています。



f:id:kitaria000:20100115220853j:image:w200



指定されたのはなんと展望車の一番前!(狙ったんだけどねww)

最後の最後に楽しい時間をすごすことが出来ました。

以下は先頭からの車窓です。

写真だけの紹介となります。(面倒くさいから)



f:id:kitaria000:20100115220854j:image:w200



小田急8000型。




f:id:kitaria000:20100115220855j:image:w200



小田急3000型。×2



f:id:kitaria000:20100115220856j:image:w200



展望車の先輩、小田急7000型LSE




f:id:kitaria000:20100115220857j:image:w200



期待の新星、(?)小田急4000型。




f:id:kitaria000:20100115220858j:image:w200



小田急5000型。




f:id:kitaria000:20100115220859j:image:w200



多摩川を渡っている最中、太陽によって川が反射していてとても美しい光景が見られました。




f:id:kitaria000:20100115220900j:image:w200



東京メトロ6000系




f:id:kitaria000:20100115220901j:image:w200



登戸向ヶ丘遊園間は珍しい複線+のぼり副本線という3線になっています。




f:id:kitaria000:20100115220902j:image:w200



新百合ヶ丘では、左から3000型、4000型、3000型、5000型、3000型が並んでいます。

これも支線分岐駅ならではの光景です。



f:id:kitaria000:20100115220903j:image:w200



新宿からわずか30分ほど。

町田に到着です。

久々の前面展望だったため、とても楽しかったです。

次は箱根まで乗りとおしたいものだ・・・。



f:id:kitaria000:20100115220904j:image:w200小田急線各駅停車 町田相模大野



本日の(鉄道では)ラストランナーです。

たかが2,3分ですが、隣の相模大野まで向かいます。




f:id:kitaria000:20100115220834j:image:w200



ついに3日間の中、一番の行程が終了しました!

ここまで疲れた・・・。


ここからは、バスを使って自宅の最寄バス停まで行き、そのまま帰宅しました。


[あとがき]


今回の旅行記は、帰省ということですので、ソコまでの濃い内容では無かったと思いますがいかがでしたでしょうか?

大雪やら、初乗車やら、寝台やらで個人的にとても楽しめた帰省となりました。


さて次はどこへ行こうかな・・・。

期待がどんどん膨らんでいきます。

どんなに小さな旅行でも、大きな思い出や出会いを味わいたい。

そういう旅行をこれからしていきたいと思うような帰省でした。



それでは読んでいただいたみなさま、最後までお読みいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m