Hatena::ブログ(Diary)

反言子


 | 

2008年03月28日(金)

興味って水のなかの水みたいね

| 18:16 |

春休みは本やネットで遊んだり勉強したりしたかったので、とくに外出していない。興味のあったディジタル図書館ワークショップデジタル・ドキュメント研究会にも行かなかった。熱いレポを読んで、見にいってもよかったかな、と。

「L-1グランプリ2008 未来のスーパーライブラリアンは君だ」観戦記(遅ればせながら第34回ディジタル図書館ワークショップ感想) - かたつむりは電子図書館の夢をみるか

図書館情報学には高校生のころから興味があった。なんとなく(高校生のうちに決断して)学部で専攻するものではないという感じがしたので、とくにこだわってはいないが、やはりコレと決めた分野でがんばっている同世代をみるとアセる。

図書館系ブロガーの皆さん、御協力お願いしますm(_ _)m - かたつむりは電子図書館の夢をみるか

図書館ブロガー界隈、熱いなあと思った。さいきんはろくにサイト巡回していないので、いまいち新しいことがわからないし、ある界隈を把握するにはほど遠い。興味があればあるだけ、広く地平を見渡せるのがウェブだとあらためて思う。

卒業研究に大切なこと - かたつむりは電子図書館の夢をみるか

研究について考えないとなあと思う。図書館情報学以外で(笑)


問いとコンセプト - 反言子

香陸という奇跡

| 17:37 |

いろいろエゴサーチとかしつつむかしの文章などを読み漁っていた。

べつに古い記事ではないけれど、この一節を読んで目玉が零れそうになった。

ゆらめき雑記 : ちゃぶろ、ひっそりと

というか、僕の敬愛してやまない 食べたものを淡々と記録するよ さんがこの Web から消滅するのかと思うと大きな喪失感が僕の背中あたりにのしかかってきて非常に重いので、隣に座らせて一緒に落花生を食ってます。やはり、豆は美味いな。

言葉とはなんておもしろいのか、と思い知ったのは、香陸さんがきっかけだったと思う。(むかしに比べれば)いろいろな本を読んだいまでも、やはりこのひとの日本語は格別に感じる。掛値を惜しまず(笑)にいうなら、僕の言葉の世界は香陸さんによって革命した。

北川達夫『フィンランド・メソッド入門』

| 13:52 |

写真がとてもきれい。図やイラストがわかりやすい。フィンランドに行きたいなあ、と思った。

図解 フィンランド・メソッド入門

図解 フィンランド・メソッド入門

授業にマインドマップを取り入れているのは知らなかった。カルタというらしい。

どうして(ミクシ?)という疑問、そして意見に理由をつけること。型にもとづいて表現すること。議論のルールを明確にすることなど、当たり前ではあけれど、それを当たり前のようにおこなっているのがフィンランドなのだなあ。著者は、日本には型自体がないという。個人的には、あるけれど、(国語の参考書など)高度すぎて普及できない印象がある。

考える道具「?」といえば山田ズーニーさん、思考や表現の型といえば樋口裕一さんを思い浮かべた。やり方くらいは、シンプルじゃないと、がんばって考えるのも困っちゃうよね。

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術 (集英社新書)

ホンモノの思考力―口ぐせで鍛える論理の技術 (集英社新書)

高田高史『図書館が教えてくれた発想法』

| 00:41 |

図書館でバイトをはじめた彩乃ちゃんが職員さんの10分講義を受けたりして、調べ物を身につけていく、すてきなラノベです。id:kunimiya:20080212:p1KU。

図書館が教えてくれた発想法

図書館が教えてくれた発想法

分類と空間が密接に関わっていることを学んだ。「右から左へさかのぼる」という考え方なんかは、書棚という制約のなかでひしめくように積み上げられる意味の危うさを思わせるというか。物理空間でありながらも、数直線として表せる一次元な捉え方で書棚は構成される。逆に、直線的に並べなれたに過ぎない本が、空間としてそれを越えうる多層性を装う。うまい言い方が思い浮かばないが、空間としてのインデックスみたいなものがあると感じた。

立体的な観点をもつことの重要性が説かれている。観点とメディア(事典、歴史、民俗学、児童書、雑誌、ネット)は絡み合っていることがよくわかる。いろいろな見方ができるのは、いろいろなモノがあるからこそだ。逆に、モノの特性を知ることでその見方を考えることもできる。もっといえば、いろいろなモノがある以上、いろいろな見方をいつのまにか教えてくれるのが図書館(などの情報機関)なのだと思った。

図書館のお話だと瀬尾まいこさんの『図書館の神様』も好きです。

図書館の神様

図書館の神様

 |