Hatena::ブログ(Diary)

反言子


2011年08月27日(土)

第十一回Wikiばな #wikibana でうぃきうぃきしてきた

| 22:50 |

2011年8月27日、第十一回Wikiばなに参加した。Ruby会議でshinoさんに話しかけたら、いつの間にか、スタッフと発表者になっていました

コンセプト:書こう書こうと思って書かない失敗が多発しているのでクソみたいなイベント参加記事をはやく書くんだ自分。

明日はWikiばなだ。早く寝なきゃ。資料は明日でいいや。18切符駆動資料作成や。寝た。起きた。だるい。電車に乗りたくない。お金以上に若さが足りないので新幹線に乗るしかない。10時10分発に乗ろう。間に合わない。11時10分発に乗った。資料をつくるとあたまがいたくなった。

関内に着いた。ゆっこー! http://t.co/UnoiPk2 Googleマップの指す場所にどう見ても目的のビルがない。入り口どこ!? 10分くらいさまよっていた。入ったらスタッフのひととかいた。続々と発表者のひととがやってきた。リキッドにみんなで準備している感じだった。

自分の発表準備がはわわわわであんまりひとの発表を聞けなかった。僕が前日までに資料を完成させてネットにも上げて手近な人間を使えて発表練習できたら地球が滅ぶ。だれも得をしないけれど反省もしない猿以下のクズです。僕が得をしないのでなんとかしましょう。

江草さんの「3つの恐怖症と対策」がおもしろかった。Wikiに限らず、何かしらの参加を受ける活動というのは、その障壁がいくらでもあって、同時に継続の障壁にもなるので、なんとかすべき。しかしそのためのサポートというのはじつにめんどうくさくて、こんなことをやってなんになるのだろうか、もういいや。結果として自分もあまり得しないことになる。参加の障壁、継続の障壁を取り除くことは、本質的でない苦しい活動のように思えるのだけれど、何が本質かわかっているのか。僕だったら、わりと、理解に向き合わない言い逃れだったりする。継続は苦だ。継続の障壁を取り除くことは救いだ。

ハッシュタグクラウドを紹介させていただいた。

僕は格好良いものをみてきもちよくなるただのミーハーであって自分も格好良くなりたいというきもちがそれほど強いわけではないのでどうやって現代社会でしあわせになるか難しみがあるけれど格好良いものをたくさんみつけてきもちよくなっていればちょっとどうにかなるんじゃないかと思う。何かに打ち込んでいるひとは格好良い。何かをうまくこなすひとは格好良い。

スイーツタイムがあったのでしらすパイ(辛口)をもっていった。おいしかった。懇親会で肉とか食ってた。

みなさま、ありがとうございました。

2011年06月01日(水)

Ruby on Railsを2ミリも知らない俺がゾンビになってみた

| 13:47 |

第1回に引き続きRailsForZombiesのレベル1とレベル2をやりました。初参加者が4名増えて8名でやりました。ひとがいっぱいでうれしいです。

レベル1は定義済みの「モデル」クラスを使って基本的なデータ操作をやりましたが、レベル2ではその「モデル」クラスのつくりかたを学びました。おかしなデータを保存しないようにするルールや、データとデータがどのような関係にあるかを、わかりやすい言葉で書くことができます。

たとえば、

Zombie.where(:name=>"Ash").first.tweets.count

という問い合わせをSQL文で書こうとすると

SELECT count(*) FROM zombies, tweets WHERE zombies.name="Ash" AND zombies.id=tweets.zombie_id;

となります。モデルを使って書く場合、はじめから読み下せるので脳みそにやさしいです。「あるゾンビ、アッシュくんのもっている、ツイートの、数は?」という具合に。

ふりかえり

f:id:kiwofusi:20110601124716p:image

みなさんの意見を参考にまとめてみました。以下、その詳細です。

Keep

Problem

Try

きをふしのKPT

以下、いろいろなメモ。

新規参加者の受け入れ

課題をちょっとずつ進めていく系の勉強会で、継続して参加してるひとたちの流れに、新規参加者がうまく合流できるためには、どういう工夫ができるだろうか。やったこと、とくに、問題になったこと、つまづいたこと、を明文化しておきたい。排他的でない和気藹々さとは。(kiwofusi)

教え合いの濃度

あと、どれだけ親身にサポートすべきか、というところで迷いますね。画面覗かれるのってあんまりいい気しないだろうし。となると、やっぱりぼのぼのの汗がソリューション。これも物理的な装置としてあればいいんだけどね。(kiwofusi)

試行錯誤によるマイペースな理解と、教え合いによる効率的な理解とのトレードオフを、どう扱えばよいのだろうか。明らかに「試行錯誤」からは外れた非生産的な行き詰まり(いわゆる「ハマる」)はあって、それをできる限り減らしたい。まあたまに「どう?」と聞けばいいか。まあ勉強会のスタイル自体が教え合いを目指すものだし、そのへんは悩まなくていっか。(kiwofusi)

@kiwofusi 参加者が「ハマった」状態であることを自覚できる場合は、(チョット空気を読みつつ)質問とかができると思うんですけど、マイペースな試行錯誤では解決できない(あまりにも時間がかかりすぎる)ことに気づかない場合はよくないですよね。(lib14)

勉強と目的

「勉強したことを生かして何か作ろう」派と「コレを作るために勉強しよう」派がいて,俺は後者だから前者のタイプの人を見るとどうも危なっかしく見えてしまうのです(shobyshoby)

@shobyshoby 私は前者よりですね…。○○を作るためにはまず基礎が分からないと、と思い基礎を理解し始めた頃にこれだけじゃ出来ない気がする…と思いどうすればいいかあたふたする派です(つまり先輩のあぶなっかしく見えるあたりが見事にヒットしている)(ikasumi_wt)

@shobyshoby 本当は両方あると思うんです。自分が興味があることを勉強してきて、その興味の射程内でつくりたいものが自ずと見つかって、「じゃあもっとこんな事を勉強しないといけないな」って気づく感じ。(lib14)

dolpen.net:text:意識の高そうな会話メモ(何かを始めたい人向き)(dolpen)

ふりかえりとは

ふりかえりって、リラックスしないとできないな。(kiwofusi)

勉強会とは

勉強会っていうのは難しいなあと思う。僕のような非コミュが勉強会を開催することは世界的な驚異だと思うのだけれど、そのへんのことをうまく言語化して世界を照らしたい。(kiwofusi)

KPTとみんな

KPTのProblemについては、とくに「みんな」に起因する問題を考えていただけるとよいなあと思います。個人的な問題はみなさんご自分で思うところがあるでしょうし。まあはっきり分けられるものでもないですが。@ikasumi_wt あ、でも、個人的なPによってみんながみんなの気がかりなことを把握できるのはよいことだと思うので、書いてもいいひとは書いてください!(kiwofusi)

資料

関連

2011年05月23日(月)

Ruby on Railsを1ミリも知らない俺がゾンビになってみた

| 23:58 |

Code School - RailsForZombiesのレベル1をみんなでやりました。

振り返り with 学習パターン

学習パターンでも参照して振り返ってみましょうか。

目的へのアプローチ、ふむ、目的を満たすためのアプローチはいくつかありうるから、ちゃんとそれを見つけないとねということ。はて、このゾンビ勉強会の目的とは何か。僕は勉強会そのmのを目的としてちょっと意識している。勉強会をやってみて、勉強会のことをわかって、よい勉強会のために何かを身につけたいということ。なぜ勉強会をやるのか、ということに決定的な理由、目的はつけにくいような気がする。一人でいつでもできることを、みんなで決まった時間にやる。どっちにも一長一短ある。イメージとしては、道そのものを探っている感じ。あえて目的を考えるなら、よい勉強会をつくること。そのためのアプローチを試す。

「先生役」を決めるような典型的スタイルに、ちょっとなあ、という感覚があって、でも、それを簡単に超えることはできないから、まずはそういう典型に乗っ取って、それから乗り越えようとするのが現実的だ。いきなり「俺は俺らしい理想の勉強会をやりたいんだ」って思ってもいきなりできない。意欲は大事でも、そのこだわりが結果として道をゆがめるかもしれない。自分の強い思いを一旦は捨てる勇気が有効なときもあるかもね。

よい勉強会をつくることの核心は、よい学びの共同体をつくることだ。僕は、「先生役」は「負担の集中」であり、その他参加者の「聴講生化」を危惧する。しかし教えることによる学びによって自分の理解の穴に気づく。自分と前提知識の異なるひとにも理解できる説明を考えることは興味深く興奮する問題だ。また、「先生役」がいるからこそ質問を投げかけやすくなるかもしれない。つまり、漠然とした「みんな」にしゃべるより「Aさん」にしゃべるほうが、きっとしゃべりやすい。参加者同士がうまくかみ合う関係をつくりたい。

資料

http://handsout.jp/slide/4024(なんか変換が終わらない?)

告知

次回は5月30日です。

俺ゾンビっす勉強会(Rails入門)第2回の出欠確認 - 調整さん (beta)

個人的KPT

簡単に。

  • Keep:ちゃんと始まって終わった。
  • Problem:Ruby初心者さんへの対応準備が不足していた。進行がぐだった。
  • Try:自分なりの進行手続き、進行パターンを、言語化して考えておく。

2011年05月16日(月)

日本Androidの会 浜松支部 第1回勉強会でAndroidマーケットをdisってきた

| 23:16 |

2011年5月14日開催日本Androidの会 浜松支部 第一回勉強会に行ってきました。

第1回:開発環境のインストール

勉強会の初回の定番、開発環境のインストールでした。第1回名古屋Android勉強会 - つ部 - Android 名古屋 つくる部の資料を参考に@naoya_24さんに進行していただきました。

全員がうまくいくまでしっかり確認するていねいな進行で恐れ入りました。人数が多いので、経験者をうまく配置してフォローできるようにしたいですね。

LT

LTでは僕を含めた5名の発表がありました。@macha1972さんのライブ壁紙がかわいかったです。

#jaghama マリオのジャンプ音のものまね反復トレーニングに最適なライブ壁紙。Sat May 14 05:47:10 via twicli

僕は本当は怖くない!マーケットのレビューというタイトルで発表しました。最終的にできあがった資料があまりタイトルを反映していなくてちょっと焦りました。

抱いてほしいアプリとフルボッコにされるアプリのレビュー #jaghamaSat May 14 06:15:14 via TweetDeck

ドラ娘のいない、時間にゆとりのある平穏なLTで助かりました。発表者が増えすぎないあいだはまたこんな感じでやりたいなあと思いました。そうえいばLTの発表者が当日までわからなくて心細かったです。

次回は「Androidアプリのコードリーディング」でもネタに発表してみたいですが、自分的にハードルが高いので1ヶ月で間に合うかわかりません。

あと、知らないひとだらけだったのでポジションペーパーはあってもよかったかなあと思いました。

個人的KPT

  • Keep:LTで発表した。一応はLT資料が完成した。わかる範囲で隣のかたに教えられた。
  • Problem:知らないひととあまり交流できなかった。講義中にLTの準備してた。PC重すぎ。発表中わかってはいつつも早口。ピンク字みづらいかも?
  • Try:開始5分前には着席する。
    • Challenge:資料は発表前に完成させてうp。原稿つくるor一回は発表資料。

関連