ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

はれあたまダイアリー

2018-12-16

偶然に出会って

きのうの夜

城端別院北の書院で

本條秀太郎氏による
江戸端唄勉強会があった。

三味線の先生から奨められていたのだが
ひと月以上も前で

手帳に日にちを書き込んでいなかったので
すっかり忘れていた。

それが
この日の前日のおととい、
銀行のATMの前で一緒に三味線を習っている
Mさんに会った。

「明日どうする?」

ときかれて

「え、明日って何のこと?」

と答えたら
例の庵唄のお話明日だよ

と教えてくれて

あー明日だったのかー

と思いだしたのだった。

そこでMさんに会わなければ
すっかり忘れていて
行かなかったと思う。


行ってきたのですが

私は本條秀太郎さんの唄も三味線
初めて聞いたのですが

極上のシルクのような声でした。

三味線も唄もしなやかで
決して大きな声ではなくて
細くてもしっかりとしていて
三味線もしっとりしていて

プロの技にうっとりとしてきました。

3月にじょうはな座の出し物にお出になります。

近くになったら
またお知らせしますね。

InochanInochan 2018/12/17 07:19 最後の2行はオチですか?

kiyo0928kiyo0928 2018/12/18 00:16 終わりがいつもむずかしいです。今のところ、ご質問の「おち」のいみもわからないのです。

InochanInochan 2018/12/18 05:42 最後に
「忘れませんとも!」

と付ければオチになるカモ

kiyo0928kiyo0928 2018/12/18 23:54 なるほど。いのちゃんはまずオチを決めてから書いてる感じなぐらい決まってるものね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiyo0928/20181216/1544972006