Hatena::ブログ(Diary)

アルテミス ウイメンズ ホスピタル

2017-02-28

3階病棟の室料一部改定の案内

3月1日から3階病棟の室料を一部変更します。

・ ジャスミンの部屋は3室(303、306、307号室)増えます。室料は2,000円/日です。
・ マドンナリリーの部屋は6室から3室(301、308、311号室)に変わります。室料は無しです。
・ マーガレットの部屋は、全室(10室)室料は無しです。

3階病棟は出産の疲れを癒やし、赤ちゃんとご家族も心地よく過ごせるホテルのような佇まいです。タイプ毎に室料無し〜15,000円の部屋を揃えています。全室にシャワー・ド・バスとトイレの完備と全館フリーWi-Fiで無料でインターネット接続ができる環境です。有料個室は、最新のインターネットテレビミニコンポを備え、更に快適性にこだわった仕様となっています。プレシャスタイムプランというプレミアムなサービスパッケージも用意しています。これから迎える出産イベントに備えてお好みの入院プランを立ててください。
詳細はこちらよりご覧いただけます。

2017-02-06

アルテミスオリジナル!「子守唄のすすめ」マンガ小冊子配布のお知らせ

2月7日より、入院中のお母さまに理事長監修のマンガ小冊子「ママのうた、きかせて 〜子守唄のすすめ〜」を配布します。理事長 武谷雄二がマンガ本編にも登場し、子守唄を歌うことの効用をわかりやすく説きます。

赤ちゃんは妊娠20週以後くらいから音を聴くことができるようになります。聴覚は刺激がないと発達しないため、人として成長するには人の声や美しい音楽を聴くことが大切です。昔から子供を寝かしつける時に歌ってきた子守唄には、様々な効用があることがわかっています。子守唄を聴くことで、聴覚の発達だけでなく、母親の体のぬくもり、優しい顔、臭いに触れ、安心して眠りにつくことができます。ママにとっては子守唄を歌うことでオキシトシンという親子の愛情を深める効果のあるホルモンの分泌が高まります。

子守唄を歌うことでママの気持ちが癒やされ、我が子への愛情が増して楽しく子育てができるようになります。子守唄を一人でも多くのママに歌ってもらい、後世に伝えたいという願いをこめてつくりました。ぜひお楽しみに。
f:id:kiyosenomori:20170204142416j:image
f:id:kiyosenomori:20170206105702j:image