Hatena::ブログ(Diary)

おいしいブログ

2017-02-17

 バレンタインデー『安納芋のトリュフ』 

 こんにちは。管理栄養士の横道友理子です。
バレンタインデーに、安納芋トリュフをご提供しました。大切な人やお友達、日ごろお世話になっている方々に、お菓子のプレゼントをされた方もいらっしゃると思います。
 アルテミスでは、料理長の土屋シェフが、ちょっと面白いバレンタインおやつを考案!普段は和食を専門にしておりますが、今回洋食スイーツに挑戦しました。

 『安納芋トリュフ
f:id:kiyosenomori:20170214180428j:image:w360
 安納芋チョコレートガナッシュを合わせた、和と洋の両方を楽しめる一品。ココア抹茶の2種類で、見た目はシンプルに、ほろ苦い大人トリュフです。

f:id:kiyosenomori:20170214155915j:image:w360
 半分に割ると、牛皮のようなもちっとした柔らかさが感じられます。中には黄色い安納芋と、それに包まれたチョコレートガナッシュがたっぷり。
 芋の中でも糖度が高く、深みのある甘さが特徴の安納芋。バターを練りこませたことで、優しくまろやかな味に仕上がりました。口に入れると、甘くて柔らかい安納芋と同時に、ころんとしたチョコレートガナッシュが味わえます。この対照的な二つの食感は楽しく、まさに和と洋のコラボレーション!?今までにはない、新しいバレンタインおやつです。
 安納芋の甘さで砂糖の量が控えられ、普通のトリュフよりヘルシーに。お腹にもたまるので、小腹が空いた時にもおすすめです。
  
【材料】
ブラックチョコレート 150g
ミルクチョコレート  150g
生クリーム      140ml
安納芋        450g
バター         30g
砂糖          50g(芋の甘さによって量は調整してOK)
岩塩          少々
【作り方】
チョコレートガナッシュを作る。〉
1.ブラックチョコレートとミルクチョコレートを刻む。
2.ボールに生クリームを入れ、湯煎で温める。(60度程度)
3.1のチョコレートを2の中に入れ、泡立て器で混ぜる。(混ぜすぎると分離するので注意)
4.3を冷蔵庫で冷やす。(冷やしすぎると固まりすぎてしまうので、様子をみながら。)

〈餡をつくる〉
1.蒸し器で安納芋を蒸し、皮を剥いて裏ごす。(電子レンジの場合は、濡らしたキッチンペーパーで芋を包み、その上からラップで包む。500ワット10分が目安)
2.鍋の中にバターと砂糖、1の芋を入れ、水分が飛ぶまで混ぜる。
3.冷蔵庫で冷やし、程よい固さになったらピンポン玉の大きさに丸める。

〈仕上げる。〉
1.チョコレートガナッシュを、安納芋の餡で包む。
2.周りにココア抹茶パウダーをふりかける。

 チョコレートは、健康食品としても注目を浴びていますね。カカオに含まれるポリフェノールは、血圧上昇の抑制や動脈硬化の予防に効果的です。食物繊維も多く含むので、便秘改善やコレステロール値の低下など、生活習慣病の予防にも繋がります。
 今回のように、お芋など他の食品と組み合わせると、苦味も気にならず、量も食べ過ぎずに召し上がれるのではないでしょうか。ぜひ、お時間のある時などやってみてくださいね。

2017-02-09

 アルテミスの手作りクッキー 

 こんにちは。管理栄養士の横道友理子です。
 2月になり、まだまだ厳しい寒さが続きます。免疫力が低下すると体調を崩しやすいので、睡眠と栄養はしっかりとってくださいね。
 さて、今回は患者様のご要望にお応えして、おやつと夜食のレシピ”バタークッキー”と”おからクッキー”についてご紹介します!授乳の合間などに手軽に食べられるクッキーは、ちょっとしたエネルギー補給にぴったり。サックサクな食感と、甘さ控え目で優しい味のクッキーです。
 
 『サクサク!昔ながらのバタークッキー』
f:id:kiyosenomori:20170131155329j:image:w350
 こんがりきつね色に焼けた、バターの風味が芳ばしい昔ながらのクッキーです。特別なものは加えず、材料はいたってシンプル。バターと卵の混ぜ具合が、美味しさのポイントです。

【材料】約30個  1個あたり30kcal
薄力粉 120g
バター  60g
きび砂糖 50g
卵    30g

【準備】
1.薄力粉を万能こし器でふるっておく。
2.バターを室温に出して柔らくしておく。
3.卵を室温に出しておく。

【作り方】
1.柔らかくなったバターをボールに入れ、泡立て器でよく混ぜる。(色が白く、マヨネーズ状になるように。ふんわりした感じが出ればOK)
2.1の中にきび砂糖を2〜3回に分けて加え、色が白っぽく滑らかになるまで混ぜる。
3.1の中に溶きほぐした卵を2〜3回に分けて加え、混ぜて全体になじませる。(混ぜすぎると固くなるので注意)
4.薄力粉を2〜3回に分けて加え、ヘラでさっくり混ぜる。(ボールを手前に回しながら、底から大きく混ぜるように。粉っぽさがなくなればOK)
5.4をひとまとめにし、4cm厚さの正方形になるよう整形する。ラップに包み、四角にして冷蔵庫で30分以上寝かせる。
6.好きな幅に当分し、厚さ約5mmにカットしていく。(めん棒で5mmに伸ばし、お好みの型で抜くのも良い。)
7.天板に並べ、180度に設定したオーブンに入れて15〜20分焼く。(オーブンによって焼き時間が異なるので、焼き色を見ながら加減をしていく。)


 『ノンエッグ・低グルテンおからクッキー』
f:id:kiyosenomori:20170131163348j:image:w350
 卵が入っていないので、卵アレルギーの方も安心してお召し上がりいただけます。 小麦粉の半分をおからに変えることで、糖質が減ってグルテンは通常の半分以下に。おから食物繊維も合わさり、血糖値の急激な上昇が抑えられます。その他、おから大豆イソフラボンカルシウム、ビタミンB1、Eなど、体に嬉しい栄養素がたっぷり!水分を含むと膨張するので満腹感にも繋がり、授乳でお腹が空いた時にはオススメですよ。

【材料】約35個 1個あたり25kcal
おから 60g
薄力粉  60g
きび砂糖 30g
バター  60g
白(又は黒)ごま  大さじ1/2
ベーキングパウダー 小1/2

【準備】
1.生おからは、フォークでそぼろ状にして天板に並べ、オーブン180度に10分かける。(水分を飛ばしてふわふわになればOK)
2.薄力粉とベーキングパウダーは、万能こし器でこす。
3.バターは室温に出し、柔らかくしておく。

【作り方】
1.ボールに柔らくなったバターを入れ、泡だて器でよく混ぜる。(バタークッキーと同じように)
2.きび砂糖を2〜3回に分けて加え、色が白っぽくなったらおからを入れてよく混ぜる。
3.薄力粉とベーキングパウダーを入れ、ごまも加えてさっくり混ぜる。
4.粉けがなくなれば、ひとまとめにして直径4僂遼西にする。
5.ラップをして冷蔵庫に30分以上寝かせる。
6.天板に並べ、180度に設定したオーブンに入れて15〜20分焼く。(オーブンによって焼き時間が異なるので、焼き色を見ながら加減をしていく。)※バタークッキーより焦げやすいので注意。

 生地は冷凍も出来ますので、食べる分をラップでくるんで保存しておくと良いと思います。添加物ゼロ、愛情たっぷりなママの味に、お子様もきっと喜ばれると思いますよ!
 

2017-02-04

節分のおやつ 福豆のキャラメリゼとビーツのムース

 こんにちは。管理栄養士の横道友理子です。
 昨日は2月3日、節分でした。アルテミスでは、4階カフェテリアに福豆や鬼のお面、柊を飾り、賑やかな節分の雰囲気に包まれていました。
f:id:kiyosenomori:20170203154337j:image:w360

「おには〜そと!ふくは〜うち!」
 皆様は、豆まきされましたか?
 豆まきには、家の中の鬼を外にだし、福を呼び寄せる意味がこめられています。
 これは言い伝えになりますが、昔、京都に鬼が出たことがあり、「鬼の目に豆を投げつけて退治しなさい。」という神様のお告げがありました。そこから「魔(ま)を滅(め)っする」という言葉が生まれ、その年を無病息災で過ごせるよう、豆をまく習慣が広がったようです。
 炒った豆は、「邪気を祓った豆」ということで福豆と呼ばれます。年の数だけ食べることで、年齢と同じ数分、福を身体に取り入れられると言われていますが・・・。現在30歳の私、30個の豆を食べるのは、ちょっと苦しいものがありました。

 アルテミスでは、美味しく豆を食べよう!というシェフのアイデアのもと、大豆のお菓子を考案。患者様にご好評のビーツのムースに添えて、15時のおやつにお出ししました。

福豆のキャラメリゼとビーツのムース 』
f:id:kiyosenomori:20170203144737j:image:w360
 見た目はおせんべいのような、ちょっと変わったフロランタン?にも見えますが、食べてみると正に”大豆”。キャラメルの優しい甘さと、香ばしい大豆の風味が合わさった新鮮な美味しさです。
 大豆は、大豆たんぱく質大豆イソフラボン大豆オリゴ糖食物繊維カリウムなど、妊産婦さんに嬉しい栄養素をたっぷり含んでいます。大豆たんぱく質は、畑の肉とも呼ばれるほど良質なたんぱく質が豊富です。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ働きをすることから、母乳分泌を促進させます。大豆オリゴ糖食物繊維は、腸内環境を良くさせて便秘改善に効果的。妊娠すると血圧が上がりやすくなるので、ナトリウムを排出させるカリウムも大切な栄養素です。
 ビーツのムースは、下に紫芋のペーストを敷いています。ぷるんとしたムースと、しっとりした紫芋の2層の食感は楽しく、あとの引く味わいです。福豆のキャラメリゼに乗せて食べれば、豆の香ばしさとムースの甘さが口いっぱいに広がります。
 
福豆のキャラメリゼのレシピはこちらです。

【材料】
福豆 50g
砂糖 50g
水 15g

【作り方】
1.鍋に砂糖と水を入れ、ヘラで混ぜる。
2.とろみが出てきて、茶色く焦げ色がついてきたら福豆を加え、更によく混ぜる。(福豆は冷たいので初めは固まるが、火を入れていくと溶けてくる。炒ってある豆なので、茶色く色がつく程度でOK)
3.天板にクッキングシートを敷き、2を一気に流して平らに伸ばす。
4.常温で冷やし固める。

 出来上がったら、食べやすい大きさに砕いてお召し上がりください。
 豆まき用に買った豆。余っているという方もいらっしゃると思います。そのまま食べるのも良いですが、ちょっと一工夫するだけで新しいおやつが出来上がります。栄養価が高く、体にも嬉しい手作りおやつ。ぜひ、やってみてはいかがでしょうか?

 次回は、患者様にお出ししている手作りクッキーについてご紹介しますので、お楽しみください!

2017-01-11

正月料理 『七草粥』と『お汁粉』

 こんにちは。管理栄養士の横道友理子です。
 早いもので、お正月3が日から1週間が過ぎました。アルテミスでは、元旦のおせち料理の後、七草粥お汁粉と、正月料理が続きました。
 七草粥は1月7日の朝食に、お汁粉は1月11日のおやつにご提供しましたので、こちらでご紹介していきますね。

七草粥』 
f:id:kiyosenomori:20170107085010j:image:w350
 蓋を開けると、七草のさわやかな香りが湯気とともに漂います。お米から炊いたお粥はふっくらとろとろ。程よい塩加減で、ほっとする美味しさです。召し上がった患者様からは、「クセがなくて食べやすかった。」「優しい味付けで美味しかった。」などの感想を頂き、皆様完食してくださいました。

 七草粥は「正月にご馳走をたくさん食べ、疲れた胃を休めるために食べる」と言われることが多いですが、本来は、中国から伝わった「人日の節句」という五節句の行事の一つです。人を大切にする意味をもつ「人日」には、七種類の野菜を入れた汁物「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べて、無病息災を祈っていました。
 一方、日本では雪から出た若菜を摘み、自然界から新しい生命をいただく”若草摘み”という風習がありました。それが人日の節句と混ざり、七草粥が食べられるようになったようです。
 
 
レシピはこちらです。
【材料】2人分
米  2/3合(100g)
水      1ℓ
春の七草 2パック
塩     1.0g
白ごま   1.0g

【作り方】
(お粥を炊く)
1.米と分量の水を鍋に入れ、煮立つまで中火、煮たってきたら弱火にする。
2.途中、しゃもじで底の方を混ぜ、蓋を少しずらして40分ほどコトコト炊く。

七草を茹でる)
1.鍋に湯をわかし、塩(分量外)を加える。
2.大根と蕪を茹で、柔らかくなったら取り出し冷ましておく。
3.葉物類は、すずななどの太い茎の部分から入れていき、続いて残りの七草をさっと茹でる。
4.ざるにあげて冷水にとり、軽く絞って粗く刻む。

(仕上げる)
1.お粥が炊けたら、塩1gを加え、七草を入れて軽く混ぜる。
(お好みで、白ごまをふりかけると風味が出て美味しいです。)


 七草の種類は、その時代や地域によって異なりますが、セリ・ナズナゴギョウハコベラホトケノザスズナスズシロが一般的です。日本のハーブとも言われ、それぞれしっかり効能があり、滋養強化に優れています。

春の七草
f:id:kiyosenomori:20150107172037j:image:w250

 それでは、七草の効能についてご紹介します!

『セリ』
f:id:kiyosenomori:20150107172825j:image:w200
カルシウムビタミンA,B,Cを含みます。解毒作用があり、古来より健胃生薬ともいわれています。

ナズナ
f:id:kiyosenomori:20150107172824j:image:w200
 食物繊維ビタミン類の他、カリウムを多く含むのでむくみ予防に効果的です。

ゴギョウ
f:id:kiyosenomori:20150107172821j:image:w200
 葉や茎に白い綿毛があり、舌ざわりが悪いので食用では不向きとされますが、お粥の中に入れれば美味しく召し上がれます。咳止め・利尿作用があるとされ、お茶として飲まれることも多いです。

ハコベラ
f:id:kiyosenomori:20150107172822j:image:w200
 利尿効果、止血作用があり、汁で歯磨きすると歯にも良いと言われています。あまりアクがないので、お浸し、和え物、バター炒めにしても美味しいです。

ホトケノザ
f:id:kiyosenomori:20150107172826j:image:w200
 解熱、鎮痛作用があり、歯痛どめに効果的です。

スズナ』(蕪)
f:id:kiyosenomori:20150107172823j:image:w200
 葉にはカルシウム鉄分ビタミンA,C,Kが多く、根にはでんぷん分解酵素が多く含まれます。胃が重たい時などの消化を助け、精神を穏やかにする働きもあります。

スズシロ』(大根
f:id:kiyosenomori:20150107172827j:image:w200
 冬の健康食材の代表です。蕪と同様、ビタミン類や消化酵素を含むので、胸やけや胃もたれに効果的です。辛味成分であるイソチオシアネートには、代謝促進や抗酸化作用が期待されます。

***************************************************

鏡開きお汁粉〜』
f:id:kiyosenomori:20160112132059j:image:w360
 こんがり焼けたお餅は、箸で伸ばすと長〜く伸びます。弱火でコトコト煮たことで、小豆の粒はふっくら柔らかく仕上がりました。甘くて熱々のお汁粉は、授乳などの疲れを癒してくれますね。

 お正月の間、年神様の居場所になっているのが鏡餅。そのため、年神様がいる松の内の間は飾っておき、松の内が過ぎたら下げて食べ、年神様をお送りします。年神様の依り代(よりしろ)である鏡餅には年神様の魂が宿っているとされるため、鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、1年の家族の無病息災を願うと言われています。
 また、鏡開きはもともと武家から始まった行事なので、鏡餅に刃物を使うことは切腹を連想させるので禁物でした。そこで、手か木槌などで割ることになりましたが、「割る」という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」を使って「鏡開き」という名前で風習化されたようです。
 
 栄養素として、小豆の主成分は糖質ですが、ビタミンB1が多いのでエネルギーに変換されやすいです。食物繊維も豊富なので、便秘ぎみの方にはおすすめですよ。また、小豆の煎じ汁は塩分を排出するカリウムや、血液の循環をよくするサポニンを含むので、むくみ予防に効果的です。
 寒いと血液の循環が悪くむくみやすくなります。お汁粉に限らず、小豆の入った蒸しパン小豆茶などで、おやつとして召し上がっても良いですね。

2017-01-05

2017年 アルテミスのお正月

 明けましておめでとうございます。
 昨年は、おいしいブログをご覧いただき、Facebookにいいねやコメントを下さりありがとうございます。
 2017年も、皆さまに”おいしい”が伝わるよう、食事や栄養の情報を発信していきますのでよろしくお願い致します。

 『七福神鏡餅
f:id:kiyosenomori:20170104093429j:image:w400
〈4階カフェテリアエレベーター前にて撮影〉

  今年はカレンダーの影響でちょっぴり短かった正月休み、皆様はいかがお過ごしでしたか?
 家族と一緒に過ごされたり、お友達とカウントダウンをしたり、福袋目当てに走ったりと様々かと思います。
 アルテミスでは、元旦1月1日におせち料理をご提供し、入院中の患者様にお正月気分を味わっていただきました。

元旦1月1日
f:id:kiyosenomori:20170101160533j:image:w450
♢メニュー
お雑煮
おせち盛り合わせ
カラスガレイのあんかけ

 正月と言ったらお雑煮お雑煮は、地域によって食べ方や味が異なるようですが、アルテミスは関東風に、焼いたお餅と鶏肉、京芋、人参を入れてシンプルに仕上げました。かつお節と昆布で取った出汁に鶏肉の旨味が合わさって、コクと深みのある味わいです。
 こんがり焼けたお餅は、柔らかくて正にモチモチ。箸で伸ばすと、とろーりよく伸びてとろけそうです。「お餅を食べると母乳が詰まる?」という質問がありますが、それは餅の食べ過ぎにより生じるもの。お餅は、消化が良いので糖質の吸収が早く、脂肪に変換されやすいです。その為、過剰に出来た脂肪が血中にたまり、どろっとした血液になってしまいます。血液から出来る母乳は、この状態により、詰まってしまうのですね。

 おせち料理は、見た目にも豪華!黒豆栗きんとん、田作り、えび、なますと5種の盛り合わせです。それぞれには、古くから縁起の良い意味が込められています。ここで少しご紹介していきますね。
 まず、栗きんとん黄金色に輝く財宝ににたとえて、”豊かさと勝負運”の願いが込められています。黒豆は、豆自体に「丈夫、健康」とう意味を持つことから、”元気に働けますように”。田作りは、”五穀豊穣”を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられました。紅白なますは、紅白でおめでたい!という意味は勿論ですが、もともとは生の魚介と大根、にんじん、酢で作ったことから、なますと呼ばれるようになったようです。海老は、腰が曲がるまで長生きすることを願う、”長生きの象徴”です。
 縁起が良いのみでなく、栄養も充実しているおせち料理黒豆は、良質なたんぱく質大豆イソフラボンが豊富です。アントシアニンという色素成分を含むので、目の疲れをとったり、抗酸化作用にも働きます。田作りは、カルシウムや、味覚を正常にする亜鉛などのミネラルが多いです。えびは、高たんぱくで低脂肪。タウリンが豊富なのが特徴です。なますに入る大根は、お雑煮やお餅などに含まれるでんぷんの消化を助けるジアスターゼをはじめ、ビタミンCがたっぷり。人参は、体内でビタミンAに変わるβ-カロテンを含むので、免疫力を高めて風邪予防に効果的です。酢の物にすることで、お酢の効果(脂肪燃焼、血中コレステロール値低下、血圧上昇抑制)があることも、魅力ですね。

 こうして意味や栄養効能を一つ一つ見ていくと、昔の人の知恵とはすごいと感じるばかりです。親から子へ、またその子へと、いつまでも大切な食文化の一つとして、「おせち料理」が受け継がれていけばと思います。
 
 

相模原市の求人就職サイト