Hatena::ブログ(Diary)

おいしいブログ

2017-02-17

 バレンタインデー『安納芋のトリュフ』 

 こんにちは。管理栄養士の横道友理子です。
バレンタインデーに、安納芋トリュフをご提供しました。大切な人やお友達、日ごろお世話になっている方々に、お菓子のプレゼントをされた方もいらっしゃると思います。
 アルテミスでは、料理長の土屋シェフが、ちょっと面白いバレンタインおやつを考案!普段は和食を専門にしておりますが、今回洋食スイーツに挑戦しました。

 『安納芋トリュフ
f:id:kiyosenomori:20170214180428j:image:w360
 安納芋チョコレートガナッシュを合わせた、和と洋の両方を楽しめる一品。ココア抹茶の2種類で、見た目はシンプルに、ほろ苦い大人のトリュフです。

f:id:kiyosenomori:20170214155915j:image:w360
 半分に割ると、牛皮のようなもちっとした柔らかさが感じられます。中には黄色い安納芋と、それに包まれたチョコレートガナッシュがたっぷり。
 芋の中でも糖度が高く、深みのある甘さが特徴の安納芋。バターを練りこませたことで、優しくまろやかな味に仕上がりました。口に入れると、甘くて柔らかい安納芋と同時に、ころんとしたチョコレートガナッシュが味わえます。この対照的な二つの食感は楽しく、まさに和と洋のコラボレーション!?今までにはない、新しいバレンタインおやつです。
 安納芋の甘さで砂糖の量が控えられ、普通のトリュフよりヘルシーに。お腹にもたまるので、小腹が空いた時にもおすすめです。
  
【材料】
ブラックチョコレート 150g
ミルクチョコレート  150g
生クリーム      140ml
安納芋        450g
バター         30g
砂糖          50g(芋の甘さによって量は調整してOK)
岩塩          少々
【作り方】
チョコレートガナッシュを作る。〉
1.ブラックチョコレートとミルクチョコレートを刻む。
2.ボールに生クリームを入れ、湯煎で温める。(60度程度)
3.1のチョコレートを2の中に入れ、泡立て器で混ぜる。(混ぜすぎると分離するので注意)
4.3を冷蔵庫で冷やす。(冷やしすぎると固まりすぎてしまうので、様子をみながら。)

〈餡をつくる〉
1.蒸し器で安納芋を蒸し、皮を剥いて裏ごす。(電子レンジの場合は、濡らしたキッチンペーパーで芋を包み、その上からラップで包む。500ワット10分が目安)
2.鍋の中にバターと砂糖、1の芋を入れ、水分が飛ぶまで混ぜる。
3.冷蔵庫で冷やし、程よい固さになったらピンポン玉の大きさに丸める。

〈仕上げる。〉
1.チョコレートガナッシュを、安納芋の餡で包む。
2.周りにココア抹茶パウダーをふりかける。

 チョコレートは、健康食品としても注目を浴びていますね。カカオに含まれるポリフェノールは、血圧上昇の抑制や動脈硬化の予防に効果的です。食物繊維も多く含むので、便秘改善やコレステロール値の低下など、生活習慣病の予防にも繋がります。
 今回のように、お芋など他の食品と組み合わせると、苦味も気にならず、量も食べ過ぎずに召し上がれるのではないでしょうか。ぜひ、お時間のある時などやってみてくださいね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kiyosenomori/20170217/1487320022
相模原市の求人就職サイト