いいたい砲台 このページをアンテナに追加 RSSフィード

What’s your fun?へ
独り言へ

2017-12-14 *[オートバイ]CBR600RR オイル交換

[]CBR600RR オイル交換 12:51 CBR600RR オイル交換 を含むブックマーク CBR600RR オイル交換 のブックマークコメント

8月の車検の時にオイルを変えたものと思っていたが、明細を見直してみると交換しておらず、今年の5月下旬に交換したきり、だったというのがわかったので急遽オイル交換に行ってきた。

フイルタ交換は無しでオイル交換のみ、次回は2月か3月の定期点検時にフィルター毎交換するということだった。思い出してみると10月の週末は悪天候続きだったということもありままり走行距離が伸びてなく前回オイル交換時から約7ヶ月で5,000kmぐらいしか走っていない。車検の後にヤマルーブPEAカーボンクリーナー投入をまた継続して投入しようとおもっていたところだったのでちょうど良かったかも。次回のフィルター交換までにカーボンクリーナーを投入してみよう。

2017-12-07 *[雑談]大腸内視鏡検査に行ってきた。

[]大腸内視鏡検査に行ってきた。 18:37 大腸内視鏡検査に行ってきた。を含むブックマーク 大腸内視鏡検査に行ってきた。のブックマークコメント

ついにというか、生活習慣病検診でひっかかった。検便で潜血が基準値を超えて、ポリープの疑いあり要検査になっていたので、大腸内視鏡検査を予約していってきた。

検査前の準備が仰々しく、前々日の食事が繊維質の無いものだけを食べるようにと指定があり、前日は大腸内視鏡検査向けの食事(朝昼晩のセット1,500円)だけを食べた後、前夜から下剤系の薬を飲んで就寝。

この薬だけでけっこうな効果があり、夜のうちからトイレ何往復もしてた。当日も当然絶食なのだが、検査があるお昼までに腸管洗浄薬を水で溶いたものを2リッター近く飲むのだ。

これが一気に飲むのならまだラクなのだが、170ccを10分かけて飲むのを3回プラスコップ一杯水を飲んでというのを1セットにして合計3セット飲む。これがけっこうめんどくさいというか辛かった。

出てくる便が完全に水のようになったところで終了。時間に間に合うように病院へ行って検査開始。検査そのものは苦しいとか辛いとか全然なく、喉から内視鏡を通す胃カメラの辛さに比べたら天国のようだ。

しかし検査でやはりポリープが見つかり、3つほど電気で焼ききったのでそのまま一晩入院となった。点滴がずーと繋がっているし、安静にしていること、と言われているのでスマホも見ずにとにかくじーとして娯楽室にあった岩波文庫からテキトーなを選んで読んでいるうちに寝込んでいた。

朝になって、病院食の朝ご飯を食べて、先生に状態を確認してもらってから会計を済ませて無事退院となった。検査+ポリープ摘出の手術+入院費で思わぬ金額になってびっくりしたが、今回検査で摘出したポリープが内視鏡で取り出せる限界の大きさだったことを考えると、この生活習慣病検診でひっかかり、大腸内視鏡検査で開腹せずにポリープを取り出せたことは結果的に考えるとラッキーだったと思う。

生活習慣病検診なんて今までは軽く見ていたが、検査結果で異常値が出たら即断即応で対応して正解だった。大腸ポリープのような本人にまったく自覚がないような疾患ほどほったらかしにしてると後で大事になることが多いので早期対応がカギだと思う。

2017-11-25 *[自転車]心拍計をPolar M450に変えた。

[]心拍計をPolar M450に変えた。 19:13 心拍計をPolar M450に変えた。を含むブックマーク 心拍計をPolar M450に変えた。のブックマークコメント

2003年ぐらいからずーとPolar710系を心拍モニターとして使ってきたが、さすがに本体、スピードセンサーともに不調にであることが多くなってきたので安くなってきたこともあってPolar M450に切り替えた。

自転車に付けるセンサーがAutoStopからの再発進時にスタートしない事象から開放されたのがうれしい。心拍センサーもブルートゥースでの接続なので切れることがないのはありがたい。

17年分溜め込んだPolar Precision Performance SW上のデータと継続して見ることができないのが唯一の難点だが、Polar flowサービス上にはセッションのエキスポートができるようなので調べてないがもしかしたらPolar Precision Performance SWへ取り込めるのかもしれない。

マウントセットは純正を使わずDocoolerのバイクコンピュータマウントセットを使っている。

STRAVAのアプリからだと獲得標高がいい加減でひどく多めに出ていたのがイヤだったのが、Polarデバイス経由からでまっとうな数字になったのがうれしいところだ。


2017-11-13 *[オートバイ]VTR Special Editionのタイヤ交換

[]VTR Special Editionのタイヤ交換 14:01 VTR Special Editionのタイヤ交換を含むブックマーク VTR Special Editionのタイヤ交換のブックマークコメント

嫁さんのVTR Special Editionが納車されて一年経ったのでタイヤ交換に行った。

f:id:kiyoshi-n2:20171103145730j:image

OEMは接地感が無くてホントに「イヤ」だったらしいが、交換時にタイヤのサイズを見てみるとフロントはともかくリアが一個前のVTRよりワンサイズ下げてあった(140/60R17、一個前は140/70R17)

この140/60R17で検索してみるとろくなタイヤが無いので、最終モデルのVTRと一個前モデルとホイールまわりのパーツに変わりが無いのを確認して140/70R17で交換することにした。

このサイズだと選択できるタイヤがいっぱいあるのだ。で、チョイスしたのは在庫があって即納可だったMICHELIN POWER RS。VTRにはオーバークオリティかとも思えたが、ハイグリップタイヤならではの接地感を嫁さんに体感してほしかったのと前車で履いていたPILOT STREET RADIALが嫁さんのお気に入りだったので、MICHELIN POWER RSをチョイスしてみた。

交換後、皮むきが終わっての感想を聞いてみると前輪の安心感が最初のOEMタイヤに比べてかなり良くなったとのこと。特にブレーキをかけた時のフワフワ感がなくなったとのことで、私がロッソ3で感じた絶大な接地感を感じるほどではなかったにしろ最初に履いていたタイヤよりはずいぶん良くなったようで、まずはめでたしめでたし。MICHELINはライフが長めでBSのようにライフの終わり際にガクッと接地感が落ちることもないので長く楽しめることができると思う。

2017-10-22 *[オートバイ]ロッソ3の空気圧に関するメモ

[]ロッソ3の空気圧に関するメモ 16:42 ロッソ3の空気圧に関するメモを含むブックマーク ロッソ3の空気圧に関するメモのブックマークコメント

雨天が続いていて確認ができないので、途中経過までをメモ。

ロッソ3の空気圧だが、最初に空気圧を前2.4/後ろ2.8でスタートしてから徐々に空気圧を下げていき、最近は前2.0/後ろ2.2で乗っていた。抜群の接地感に満足して乗っていたのだが、切り返しが少し重くなったように感じたので空気圧を前2.4/後ろ2.8に戻してみて差を確認してみることにした。空気圧 前2.4/後ろ2.8と前2.0/後ろ2.2の差は、接地感の違いが大きかった。

空気圧 前2.4/後ろ2.8と前2.0/後ろ2.2の間で切り返しと接地感のバランスの最適値を探すを探そうと思っていたのだが、この二週間の長雨で中断中だ。

ダンロップのロードスポーツとの比較ではロードスポーツほど空気圧を下げることで燃費の悪化や切り返しのハンドリングの重さの変化の差は生じなかったように思う。走行距離約2万キロで変えたロッソ3も現在2万6千キロ、6千キロオーバーになったがまだまだ5部山といったところ。ライフ的には1万キロ以上持ちそうな感じだ。