Hatena::ブログ(Diary)

kk_Atakaの日記 RSSフィード

2012-04-01

BPStudy#55に参加しました

詳細: no title

  • Heroku大好き

ということで参加しました。

第1部 Heroku @Heroku JP(@herokujp)さん | Twitterさん(相澤歩さん、Heroku Inc., Developer Marketing Advocate)

Herokuとは

Heroku=Rubyと思っていたので、(実際それで使っていたのもある)最近はjsJava使えたというのが個人的に驚き。さらに最近はPHPも多いという事らしい。ただしBPStudyの会場で聞いたところ。

懇親会での話によると「あの空気では手を挙げられない」ということだったらしい。

Herokuって何? 改めて再定義
生産性の低いプログラマを底上げするものではない
  • できるプログラマをさらに引き上げてくれるサービス
  • Rubyの思想と似ているかも(=ある程度できる人向けのもの)
今後Herokuを使う人へ

第2部 SonicGardenでのherokuの実践活用 Sonic Garden 松村さん(@Akihiro Matsumura(@mat_aki)さん | Twitterさん)

Sonic Gardenとは
  • 受託一括納品についての問題点を解決する
    • "納品しない"受託開発
  • 「Heroku」でググると4番目に出る
Sonic Gardenのソフトウェア開発について

Sonic Gardenでは6~7人で人数以上のプロジェクトを走らせている=一人が複数のプロジェクトを掛け持ちしている。以下のようなツールを使っている。

  • no title(ITS)
    • RedmineTracのようなチケット管理システム
    • 何がいいの? →優先度がない
      • チケットに関しては結局は上から順番にやっていくしかない
      • 昔は優先度をつけていたが、「高」が複数できて一体どれが高なんだ状態に
  • youRoom - Task management is communication(社内Twitter的)
    • プロダクトオーナーとプログラマーが密にコミュニケーションを取れる
    • これどうしよっかな? 的なチケットに落とす前の案はまずここに
    • 文字数制限があるので「お世話になっております」とかない
  • GitHub
    • おなじみ
    • ソース管理
    • システムが動かない状態ではpushしない
    • ソースコードレビューもGitHub
  • Skype(週一でのMTG)
  • ホワイトボードMVP
    • 設計書は本当に必要最小限なものだけ作成
    • 設計書はホワイトボード、動くコードが大事
    • 一番キモとなる機能(MVP)をユーザと決定し、まずはその機能を作りこみリリースする

お客にもこの手法に倣ってもらう。メールのやり取りはありません!

Sonic GardenではどのようにHerokuを使っているのか
  • Herokuの課題
    • ログを数年レベルでサポートしたい
      • logglyというアドオンでログを保存
      • そのログをさらにAmazon S3へ退避
  • Heroku自体が死んだ時どうする?
    • サービスレベルを下げない
    • DBをS3にバックアップしておいてどうしても復活しないときはS3でサービスを起動させる

最後はライブコーディング。なんとライブコーディングなのにコーディング一切せず動くところまでいった。その他Git道場というイベントのCMも。

よし! もっとHeroku使う!